★阿修羅♪ > 昼休み45 > 446.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
石原莞爾は世界統一政府論者のエージェントだった・tak0719(事実なら、軍部は米英のスパイだらけだった事になります)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/446.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 3 月 30 日 16:25:26: 4sIKljvd9SgGs
 

http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/869RGWPWP2Qgw99595.htm
石原莞爾は世界統一政府論者のエージェントだった

(1)
私は、かねてから、太平洋戦争において、日本軍部の上層部の中に敵の回し者がいたと考えていた。

なぜならば、911事件からイラク占領までの流れが、日本の満州事変から太平洋戦争への流れと酷似しているからだ。

それでは、ビン・ラディンやフセインのような男、ひいてはヨーロッパにおけるヒトラーの役割を果たした男とは一体誰だったのだろうか。

私は石原莞爾だと思う。

石原の著書『最終戦争論』を読んで確信を得た。

彼のロジックは、CFRのそれと酷似している。

今翻訳している「イルミナティと外交問題評議会」を読んでいただければ分かると思うが、CFRの親玉イルミナティは、諸国間に戦争を起こし、疲弊させ、戦争の惨状を見せつけることによって、人々に「世界統一政府の登場」を待望させるという計略を何世紀にもわたって取ってきた。

石原は、まさにこれと同じことを語っているのだ。

http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/26861A1Ozbhmw54942.htm

彼は日本人の手前、日本を勝利者として描いたが、実際のところは分からない。

同じく世界統一政府論者のエージェントであった尾崎秀実が、日本の敗戦革命を目指していたことから類推すると、彼も同じ計略を実行したのではないだろうか。

つまり、日本を戦争に巻き込み、徹底した敗戦に導き、日本を世界統一政府の一部に組み込むと同時に、世界に対して戦争の悲惨さを見せつける目的を持っていたのではないだろうか。

あの戦争は普通ではなかった。

1晩で10万人を焼き殺した東京大空襲。人々が逃げられないように、周りから爆弾を落としていった。

無警告で一般民間人の頭上に落とした原子爆弾。人々がちょうど外出する時刻朝の8時を狙った。

従来の「あまりにも抵抗が激しかったから」とか「通常の爆撃では日本は降伏しなかっただろうから」とかいった理由で、説明できるだろうか。

私は、あの攻撃は、「見せしめ」「デモンストレーション」の意味があったと考える。

つまり、戦争の悲惨さ、むごたらしさを世界に示す目的があったと。

これを見るときに、私は、日本とイエスとが二重写しに見える。

十字架にかけられたイエスと同じように、日本は計略にはめられて、世界の人々の身代わりに破滅の運命をたどった。

原爆と悲惨な爆撃によって、世界の人々に戦争の悲惨さを例証した。

(2)
世界統一政府論者の計略を見ることは日本の現状を解釈する上で重要である。

世界統一政府論者は、世界統一政府を実現するために、世界各国の武装解除、交戦権の否定を強制する。

まさに戦後日本に対してアメリカが行った政策だ。

アメリカが憲法までも決定しようとしたのは、その背後にいる世界統一政府論者の意図があったからだ。

各国の自治権を狭め、その政治権力を徐々に国連を中心として将来誕生する世界統一政府のもとに集中するというCFR、ひいてはイルミナティの意図が背景にあったと考えることによって、戦後日本に押し付けられた様々な政策がすっきりと解釈できるようになる。

第9条や、今日の国際的軍事協力の是非については、こういった事情をよくわきまえた上で行わなければならない。

安倍政権がなぜ軍事協力を可能にすべく憲法改正をもくろんでいるのかについても同様だ。

我々は、安倍と統一協会とのつながりに注意すべきだ。なぜならば、統一協会は、世界統一政府論者の実行部隊だから。

(3)
インターネットでの中国人の日本バッシングは異常だ。

反日教育は、たしかに天安門事件の再発を防ぐために始まったと考えることもできよう。

しかし、私はそれ以上のもくろみがあると考える。

それは、第2の日中戦争だ。

中国人の背後には、明らかに両者を戦争に誘導しようとしている人々がいて対立を煽っている。

昔から、大戦争の準備としてイルミナティが取ってきた戦術だ。恐らく、日中間の対立を、極東における第三次世界大戦への準備として位置付けているのだろう。

我々は安易にこの煽動に乗らないように注意しなければならない。

(4)
累進課税制度、義務教育制度、相続税は、国民から富を奪い、国家に集中させるための共産主義の計略である。

共産主義の背後には世界統一政府論者がいる。

世界統一政府論者は、さらにこのようにして集められた国の富を自らののふところに吸い上げようとしている。

おそらく郵政民営化もこの意図があったのだろう。我が国民の膨大な貯金を国際銀行家の手に移すためなのだろう。

我々がどんなに努力して蓄財しても、高率の税金によって国に吸い上げられ、国の富は国際銀行家に吸い上げられる。

我々は、世界統一政府論者の策謀を見抜き、自分の財産を保全するために頭をひねる必要があるだろう。


 

 

2007年8月27日

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年7月29日 13:29:40 : n3GVMSwIGA

東亜連盟戦史研究所

大東亜戦争の電子書籍(目次)
http://touarenmeilv.blog88.fc2.com/blog-entry-1.html

 

●  大東亜戦争は石原莞爾と尾崎秀実が大陸に渡った昭和三年(1928)秋から開始された。

 「戦争の天才と謀略の天才の戦い」国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56は、豊富な第一次資料、入手困難な戦争指導資料を駆使し、この二人の戦いを中心として帝国議会が開かれた1890年から昭和天皇が崩御された1989年まで日本百年史を描いた長編物語です。

● なぜ近衛首相は「爾後国民政府を対手とせず抹殺する」と宣言したのか、近衛首相が公表した「東亜新秩序」とは何か?、我が国が三国同盟を締結した真の目的は何か?なぜ我が国は支那事変を解決できなかったのか、なぜ陸軍中央は敗戦まで支那大陸で大軍を動かし続けたのか、近衛上奏文に登場する軍の革新論者と一部新官僚および民間有志ら右翼―国体の衣をまとった共産主義者とは誰なのか?

● 歴史教科書、教師、新聞、著名な評論家、歴史学者が国民に教えてくれない大東亜戦争の真実がここにある。
●近隣諸国条項に呪われた文部省検定学校教科書を信じる者は公務員試験に合格しません!
 
 以前いただいた読者の方のメールによると、数十年にわたり頑固に悪名高い某反日新聞を購読していた老父が、国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56を読み終えて、自分が反日新聞社に騙されていたことに気付き、激怒して、従軍慰安婦強制連行説を捏造した反日新聞の定期購読を打ち切ったとか(笑)。

● この電子書籍を読んで心に志を宿した方、是非とも親類縁者、仲間友人同僚の方々にこのサイトを宣伝して下さい。
●衰退著しい我が国を再興させる原動力は、国民一人一人の志です。 これまで平間洋一先生をはじめ多くの読者から購読料を頂きました。心より感謝申し上げます。読み終えた方、最低でも10人の知り合いに、この戦史と、平間先生の「『本土決戦』『一億玉砕』を叫んだ敗戦革命論者たち」(『正論別册 中国共産党 野望と謀略の90年』23年6月号)を読ませて下さい。そうすれば日本は甦るでしょう(笑)。 平間論文はこの「戦争の天才と謀略の天才の戦い−国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56」の要約です。

 これは本当に信用に値する戦史書なのか?と訝しがる方、まずこの【新風舎の書評】と【大東亜戦争の本質】と歴史学会の内幕を暴く「閉ざされた戦史研究−第二次世界大戦と日独伊三国同盟−海軍とコミンテルンの視点から」をお読みください(平成18年12月2日註、新風舎は怪しい出版社のようなので、作家を目指している方は御注意を!詳細はこちら)。

 所長は可能な限り第一次史料を読み、時代の全体像の描写を心掛け、戦史を読んで面白いストーリー性と学んで役に立つ学問性を付加しましたが、至る所に所長の錯誤、勘違い、見落とし、誤字脱字等 または画像障害、文字化け、リンク切れ(404forbidden)等があるかも知れませんので、これらを見つけた方、是非ともゲストブック(BBS)でご指摘下さい。

(略)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧