★阿修羅♪ > 昼休み45 > 709.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「もういや」身寄せ合う避難者ら、東北最大余震・神戸(被災者は、津波と地震の犯人をつきとめ、墓前に報告すべきです)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/709.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 4 月 08 日 19:50:16: 4sIKljvd9SgGs
 

「もうやめてくれ」。7日深夜、東日本大震災の最大余震に見舞われた東北地方。津波警報が出た宮城県沿岸部では、
学校などに避難している住民たちが建物の屋上などに避難。道路では逃げようとする車が路側帯を暴走した。
警報解除まで極度の緊張状態が続いた。(本紙取材班)

「前より早く津波が来るぞっ」。震度6強を観測した仙台市宮城野区。海岸から約3キロ離れた親類宅に身を寄せる
男性会社員(37)は叫んだ。先月の地震で海岸近くの自宅は大津波に流され、妻と三男(4)を亡くしている。
海岸沿いにあった松林も津波に流され、町を守る“防波堤”がもうない。焦る。

揺れとともに停電。情報はラジオのみ。懐中電灯で貴重品を捜し、同居する10人が車3台に乗り込んだ。避難途中、
山側へ向かう道路が渋滞し、パニックになって路側帯を暴走する車もあった。

「どんなに海岸から離れても恐ろしい。こんな余震がまた来るのかと思うと不安でたまらない。もういやだ」と青ざめた
表情で振り返った。

約300人が避難生活を送る市立岡田小学校の体育館。町内会役員らの誘導で高齢者や子どもから順に校舎の3階や
屋上に避難。警報解除まで、近隣住民も含め約500人が停電した校舎で身を寄せ合った。中学1年と小学4年の息子と
避難生活を送る女性(43)は「子どもが次々体調を崩している。いつになったら落ち着いて暮らせるの」と訴えるように話した。

地震直後には、市街地にある市立宮城野中学校の体育館にも、住民が着の身着のままで避難。
「あまりの揺れにもうだめかと思った」「ようやくガスが復旧したのにまた振り出し…」などと口々に語った。

ソース
神戸新聞 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003937198.shtml
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧