★阿修羅♪ > 昼休み45 > 877.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロバート・ゲラー東京大教授はジェーソンの工作員ですナ!:早く首にすべきでは!?・quasimoto
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/877.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 4 月 15 日 11:55:52: 4sIKljvd9SgGs
 

http://quasimoto.exblog.jp/14604278/
2011年 04月 14日

ロバート・ゲラー東京大教授はジェーソンの工作員ですナ!:早く首にすべきでは!?
みなさん、こんにちは。

いやはや、東大は税金で成り立っているにもかかわらず、米イルミナティーNWOの下部組織機関であったことが今や明白ですナ。以下の記事は、実に驚く。

「地震予知、即刻中止を」 東大教授、英誌に掲載

(洗脳を受けると左目が飛ぶ)

「日本政府は不毛な地震予知を即刻やめるべき」などとする、ロバート・ゲラー東京大教授(地震学)の論文が14日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 「(常に)日本全土が地震の危険にさらされており、特定の地域のリスクを評価できない」とし、国民や政府に「想定外」に備えるよう求めた。
 「今こそ(政府は)地震を予知できないことを国民に率直に伝えるとき」とも提言しており、世界的な学術誌への掲載は地震多発国・日本の予知政策に影響を与える可能性もある。
 論文では、予知の根拠とされる地震の前兆現象について「近代的な測定技術では見つかっていない」と指摘し、「国内で1979年以降10人以上の死者が出た地震は、予知では確率が低いとされていた地域で発生」と分析。マグニチュード8クラスの東海・東南海・南海地震を想定した地震予知は、方法論に欠陥がある、としている。
 教授は「地震研究は官僚主導ではなく、科学的根拠に基づいて研究者主導で進められるべきだ」として、政府の地震予知政策の根拠法令となっている大規模地震対策特別措置法の廃止を求めた。
 また、福島第1原発事故についても「最大38メートルの津波が東北地方を襲ったとされる1896年の明治三陸地震は世界的によく知られている」とし、「当然、原発も対策されているべきで、『想定外』は論外だ」とした。


東大出身の地震予知の権威であった、上田誠也博士みなさん、こんにちは。

いやはや、東大は税金で成り立っているにもかかわらず、米イルミナティーNWOの下部組織機関であったことが今や明白ですナ。以下の記事は、実に驚く。


「地震予知、即刻中止を」 東大教授、英誌に掲載

(洗脳を受けると左目が飛ぶ)

「日本政府は不毛な地震予知を即刻やめるべき」などとする、ロバート・ゲラー東京大教授(地震学)の論文が14日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。
 「(常に)日本全土が地震の危険にさらされており、特定の地域のリスクを評価できない」とし、国民や政府に「想定外」に備えるよう求めた。
 「今こそ(政府は)地震を予知できないことを国民に率直に伝えるとき」とも提言しており、世界的な学術誌への掲載は地震多発国・日本の予知政策に影響を与える可能性もある。
 論文では、予知の根拠とされる地震の前兆現象について「近代的な測定技術では見つかっていない」と指摘し、「国内で1979年以降10人以上の死者が出た地震は、予知では確率が低いとされていた地域で発生」と分析。マグニチュード8クラスの東海・東南海・南海地震を想定した地震予知は、方法論に欠陥がある、としている。
 教授は「地震研究は官僚主導ではなく、科学的根拠に基づいて研究者主導で進められるべきだ」として、政府の地震予知政策の根拠法令となっている大規模地震対策特別措置法の廃止を求めた。
 また、福島第1原発事故についても「最大38メートルの津波が東北地方を襲ったとされる1896年の明治三陸地震は世界的によく知られている」とし、「当然、原発も対策されているべきで、『想定外』は論外だ」とした。


東大出身の地震予知の権威であった、上田誠也博士

の「地震総合フロンティア計画」

が採用されていれば、まず間違いなく今回の東北関東大震災は予知で来たはずである。
無念の上田誠也博士の「地震総合フロンティア計画」:もしこれが採択されておれば、多くの人命が。。。
「地震予知はできる!特に短期予知なら」:上田誠也博士の講演より

しかし、この計画を突然アメリカから東大に入り込んで、邪魔して来たのが、このロバート・ゲラー博士である。私は正直この人物が地震研究で何を成し遂げたのかはまったく知らない。私が調べた範囲では、「地震予知は出来ない」という論文ばかりで、地震そのものの研究は皆無のようである。まあ、食わせ物ですナ。

その昔、UFOの目撃がさかんになった頃、アラン・ハイネック博士という人物が突然「UFO研究の第一人者」といって現れ、世界中のUFO目撃事件を偽物だといって潰して行ったが、のちのちこのハイネック博士は、米軍のMJ12のUFO事件の書記官であったことが解り、この人物がスピルバーグの「第3種接近遭遇(未知との遭遇)」(これは、アイゼンハワー大統領の実話を基にしたもの)のアドバイザーであった(リークした)ことが暴露されたのであった。
ウィリアム・クーパー講演パート4:米政府と宇宙人の密約

ウィリアム・クーパー講演パート11:ニクソン以後と「UFO学者」の真相

上のパート4に私は以下のようにメモしていた。

昨日もちょっと書いたように、この辺りから、日本の矢追純一氏の番組や本やちまたで流れてきた情報や歴史とは全く違う姿が明らかとなってくる。特に面白いのは、スティーブン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇」が”現実に起こったこと”を描いた映画であり、テクニカルディレクターとしてこの情報をスピルバーグにリークしたのが(おそらく、ジェーソンスカラーの一員であった)通称「UFO研究家の第一人者」と言われたアレン・ハイネック博士

であったという部分である。

この博士こそ「グラッジ13」を書いた張本人であった。実際、ハイネック博士の「科学的研究の価値があるUFO」という論文には、
1.UFOを報告するのはUFO“マニア”に限られている.
2.UFO報告は頼りない,信頼できない,教養のない人物から寄せられる.
3.科学的素養のある人物がUFOを報告したことは一度もない.
4.UFOが至近距離で目撃されたことはなく,報告はいつも曖昧である.
5.空軍は,UFOが地球外起源の存在である,あるいは、ある種の高度なテクノロジーを示している,という証拠をつかんではいない.
6.UFOの報告はマスコミが世間に広めた.
7.UFOはこれまでレーダーで捕捉されたこともないし,流星カメラや衛星追跡カメラで撮影されたこともない.
などの条件があることから、実はこの博士こそ「カバーアップ(隠蔽)工作」のエージェントであったということになるだろう。まずそう見て間違いない。(ついでに付け加えると、上の条件の中の「UFO」の部分を「超能力」、「テレパシー」、「宇宙人」、「マイナスイオン」、さてまた「偽科学」などに置き換えても大筋においてそのまま成り立つ。このことからも、こういったキャンペーンはすべて「スノーバード」プロジェクトに端を発していると考えられる。同時に、こういう論法で物事の真実を覆い隠そうとする人々は同じような精神構造の持ち主と言えるだろう。)

このハイネック博士のやり方と同じことを一生懸命にこのゲラー博士が地震予知に関して行っているということですナ。上の話の「UFO」を「地震予知」と置き換えれば、すべて成り立っていることから明白だろう。

要するに、このゲラー博士は、アメリカのジェーソン・スカラーのメンバーだろうということである。ジェーソン・スカラーというのは、米軍や米国の大学/研究所などの職員の形式をとるが、実際にはMJ12の科学部門の研究者というものである。簡単にいえば、「秘密結社の科学者」という意味である。
ウィリアム・クーパー講演パート6:「MJ−12」の登場
まあ、日本では全く知られていないが、世界では超有名な連中である。もちろん、それぞれが普通の研究者の肩書きを持つから、それぞれの研究者は表の世界でもかなり有名である。しかし、裏からの指令を受けて、表の世界を混乱させたり、陽動作戦をとったりするというわけである。そして、いつしかこのメンバーが学会を乗っ取り、手下を仕込んで、完全にコントロールしてゆくというわけですナ。

まあ、日本の地震学界は、完全にこの謎の地震学者ロバート・ゲラーとともに、死んでしまったわけである。困ったものですナ。

東大はいつまでこんなジェーソン・スカラーを税金で雇っておくのか知らないが、この御仁は雇ってくれた官僚組織を批判してまでして、地震予知学会潰しを画策しているというわけである。このゲラー教授は、「「地震研究は官僚主導ではなく、科学的根拠に基づいて研究者主導で進められるべきだ」として、政府の地震予知政策の根拠法令となっている大規模地震対策特別措置法の廃止を求めた。」というから驚く。完全に狂っていますナ。

一介の東大教授に過ぎない人物がどうしてここまでやるのか不思議だろうが、その理由はもう分かるだろう。要するに、地震予知されては人間が生き延びるから困るということである。

いやはや、日本という国が、東大が、いかにNWO側のエージェントによって食い物にされているかよくわかるニュースですナ。世も末ですナ。

ついでに、東大もはやく潰した方がいいと俺は見ているが。というのも、東大医科学研もまた米軍イルミナティーの手先となっていて、ここの河岡博士が、鳥−豚−人間インフルエンザウィルスの合体したキメラ・ウィルスを作っているからである。
日本人のウィルス研究全部CIAに筒抜け?:「インフルエンザ危機」より
また、東大の地球物理学者が、アラスカHAARPに地磁気モニター装置をくれてやっていたのである。これが大事な今閉鎖中というわけである。

文部科学省も大分前に米軍の手下になっているから(もちろん、米軍の中にも護憲派米軍もあるが、今や主流はNWO/MJ12の手中にあると言われている)、いっしょに潰した方が良いだろうがナ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧