★阿修羅♪ > 昼休み45 > 893.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
が効かない「超多剤耐性」結核の脅威・newsweekjapan(インド・中国・日本が狙い打ちされているようで不自然です)
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak45/msg/893.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 4 月 16 日 15:01:07: 4sIKljvd9SgGs
 

http://www.newsweekjapan.jp/picture/22068.php
薬が効かない「超多剤耐性」結核の脅威
Ravages of a Killer
Photographs by David Rochkind


1 2 3 4 5 6 7 8 9
手前から)結核患者レマット・シーク、息子と母。10分も座っていられないほど衰弱しているが、治療を断念せざるを得ない

 世界保健機関(WHO)は3月18日、薬による治療が困難な「多剤耐性」(MDR)結核の感染者は08年で年間44万人、その約半数はインドと中国で発生しておりMDR結核の中でも主要な結核治療薬のほとんどが効かない「超多剤耐性」(XDR)結核の感染が、今年3月時点で世界58カ国で確認されたと発表した。

 不定期な治療が耐性菌を生む原因になる。ムンバイの母親の家の床に横たわる結核患者レマット・シークは、DOTSという患者が薬を飲み込むのを医師やスタッフが目で確認する療法を徹底することで成果を上げている治療センターの近くに身を寄せたものの、夫の仕事の都合で治療を中止して自宅へ戻る予定だという。経済的理由から結核治療に必要な6〜8ヶ月間、週3回定期的にセンターへ通うことができず、シークのように途中で薬の服用をやめてしまう人々が後を絶たない。

 人々が密集して暮らす貧しいスラムでの感染率は高く、栄養状態の悪さや不衛生な環境から死に至るケースも多い。結核菌は患者が亡くなった後も周囲で暮らした者の体内に潜み発症を待っているのかも知れない。

 世界結核デーの今日も、貧困と病の連鎖により多くの患者たちに死の影が迫まっている。

――編集部・片岡英子

Photographs by David Rochkind-WHO Stop TB
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み45掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧