★阿修羅♪ > 昼休み51 > 843.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日航ジャンボ123便 「ソ連が攻めてきた時には下田」。 JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/843.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 11 日 00:56:49: aijn0aOFbw4jc
 

(回答先: 日航ジャンボ123便 乗客小川様が機内から右側の車窓を撮影した写真の「6枚目」ですが、右上にプロペラ羽根が写っています。 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 2 月 10 日 15:14:13)

JAL123便は伊豆半島川奈界隈から、わざわざ南下して下田港周辺で超急旋回。回避を繰り返しているのです。
海上自衛隊出身の日本で数番目の腕を持つ高浜機長でなければできない技です。

また、
「下田港」まで南下して急旋回回避を行なっている理由は
・天皇家の下田御用邸がある。
・下田開港の下田である。
・下田開港の時、ロシアも開港をせまって、軍艦ディアナ号で来たのですが、11月4日に大津波(安政の大地震)。神力の地である。
ということです。

さらに、
大津波で自力航行不能となったロシア軍艦ディアナ号は、西伊豆の戸田(へだ)へ修理のため曳航中、風と波により数百隻の救助活動もむなしく、ついに宮島村沖で沈没となった。

地震、大風の神力が発生した訳です。
ソ連が攻めてきた時、神国日本の力が出るのが下田なのです。

要は、
「ソ連が攻めてきた時には下田」
と、昔から相場が決まっているのです。

逆に、JAL123便が「下田」に逃げているということは、「ソ連が攻めてきた」ということになります。


欧米が破綻寸前で、ロシアや原住民アジアの世が来そうな流れですが、
この「6枚目」
http://img.asyura2.com/us/bigdata/up1/source/7286.jpg
は、欧米勢力を復活させることのできるほどの重要な1枚なのです。

1985年8月12日で「豊かな時代」が終焉してしまったのは、
JAL123便で欧米の飛行機、軍、及び救助が敗退し、JAL123便は撃墜され生存者は残忍に虐殺され、野蛮な原住民の世が到来したからなのです。
なんとしても、JAL123便の教訓から「豊かな時代」を取り戻さねばなりません。


<参考>下田開港の歴史
http://www.izu.co.jp/~p-boo/kaikou.html
ロシア軍艦ディアナ号とプチャーチン提督
http://www1.cts.ne.jp/~fleet7/Museum/Muse260.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み51掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み51掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧