★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104 > 316.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
内閣改造人事めぐる情報戦 (有田芳生)
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/316.html
投稿者 pochi 日時 2011 年 1 月 12 日 00:34:27: gS5.4Dk4S0rxA
 

有田芳生の『酔醒漫録』
2011/01/11

内閣改造人事めぐる情報戦


 1月11日(火)「大変な幕開けになりましたね」ある参院議員からそう声をかけられた。今日から1週間は政治が動く。報道では内閣改造が話題となっているが、その情報の出方によっても、菅直人政権の行方が見えてくる。

 新しい官房長官には参議院からと新聞1面で報じられたのは、年初めのこと。情報源を探っていけば「なりたい人物」からのものであった。人事は漏れればつぶれる。この基本原則に基づいて、ある有力議員の名前が浮かんでは消えていった。情報戦だ。

 しかし内閣周辺から具体的人物名が流れるならば、それは麻生太郎内閣の教訓が生かされていないことになる。失言や政治的ブレの続いた麻生政権は、内閣改造で乗り切ろうとした。首相周辺から党三役人事が漏れることで、反対派が勢いづき、人事に失敗。政治決断ができなくなり、結果として解散、総選挙へと流れ込んでいった。その果実が政権交代だった。

 国会対策に長けた判断があるなら仙谷由人官房長官は続投させるという。そうなれば野党の猛反発で国会は冒頭から動かない。それも7日から10日だ。その間に辞任カードで交渉、予算の通過を約束させて官房長官と国交大臣を辞任させる。しかしこれもまた政略にすぎない。歴史観や国家観が見えないからだ。

 こうした時代情況をどう捉えるべきか。中曽根康弘元首相の情勢分析が新鮮だ。

「政治制度というものが成熟するには3年、5年はかかります。新しい路線を目指して進むといういう以上は、国民にも忍耐する義務があると私は思いますね」

「あと1年くらい経てば、政権も3年目で、落ち着きと慣れが出てくる。そうすれば独自の戦略も生まれてくるかな。しかし首脳部の力量不足が目につく」

(「週刊ポスト」、1月14日、21日号)。



http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2011/01/post_044b.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. pochi 2011年1月12日 00:38:07: gS5.4Dk4S0rxA : oG0N4rvSgc
政府要職に就きたいという者がいるのなら、氏がその職務で本領を発揮出来るのであればやらせれば良いのでしょうが、その大方は、何の能力も無いにも関わらずにその役職を得ることによって付随する利権を得ようと思っているのでしょう。政権交代の意義が、その様な旧来自民党的議員達によって蝕まれているのですね。

もし民主党現執行部が、自民党時代になされてきた「実務を官僚に放任するだけのお飾り大臣人事」を選択するのならば、それは政権交代の目的が政治改革ではなく政治利権であったと言わざるを得ません。

「それならばそれで良い」と、はらわたが煮える思いを抑えて、あえて言いましょう。ただし、公約違反の清算がなされるのであればという条件付きでです。国民との約束を裏切るのであれば、解散・総選挙が最低限のモラルでしょう。

さあ、どうするのですか。

民主党現執行部の各氏よ。その御身に人血が通っているのなら、その胸に手を当てて考えてください。

あのマニフェストは何であったのかを。民主党は一体、何がしたかったのかということを。

答えてみよ、民主党代表・菅直人よ。御氏は権力が欲しかったのか。それともこの国を変えたかったのかということを。

そして応えてみよ、民主党の各議員、党員、サポーター諸氏よ。民主党代表のその意は、諸氏らが予ねて望んだ道なのかを。


02. 2011年1月12日 08:58:45: q554LINsYY
有田芳生は、中曽根発言を借りて、なにを寝ぼけたことをいっているのだろうか。
いまの政権が成熟するまであと三年?
ばかも休み休みいえ。菅政権をすぐに消滅させなければ近い将来、国民生活は破綻する。
そんなこともわからないのか?
いまの政権の延命など考えずに、あたらしい政権を民主党内で模索する動きをするかと思いきや、
........いやはや、有田ですらこれだ。
国会のなかに沈んでしまうと世の中のリアルな状態が見えなくなるのだろうか?

03. 2011年1月12日 10:26:38: i3AqgW03WQ
なんだかトーンダウンしているね。小沢さんを見捨てるための前奏曲かな、これは。

04. 2011年1月12日 15:28:56: l0D0EousDo
菅内閣の問題点は何のために政権に執着するのかわからないところである。いったい何がやりたいのか。小沢の邪魔をしたいだけなのか?
つまり、政権の運営に慣れないなどという問題ではない。菅政権は存在そのものが国民にとって不利益なのだ。
有田氏の意見は従って愚劣である。彼のジャーナリストとしての感性にはかねて疑問を感じていたが、政治家としても疑問を感じる。老害の中曽根などを引用して有難がるとは、何たる愚論であろう!!

05. 2011年1月13日 00:35:26: h239UhCDZw
有田は信用できないが、中曽根の見方はけっこう冷静だ。約60年続いた米国への隷属、馬鹿メディアによる情報操作から、日本人が抜け出すのには時間がかかる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧