★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104 > 331.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅直人の運命 は小沢一郎の手のひら 小沢は暫定的に 菅に塩を送る だろう   (世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/331.html
投稿者 純一 日時 2011 年 1 月 12 日 10:44:12: MazZZFZM0AbbM
 

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/7c8e2ccc293688e2ce69a457bee3388a


2011年01月12日

小沢一郎も大変だ。歯噛みする小沢系肉食議員を、宥めすかすのに苦労している。
現時点で、小沢一郎は民主党内権力闘争に立ち向かう立場は取っていない。ここを小沢シンパも確認しておいて貰いたい。

小沢が考える「権力闘争」の相手は、党内の反小沢派勢力ではない。勿論、半狂乱になっている憐れな菅直人でもない。

小沢は戦後の日本を「見えざる手」で支配している権力構造との闘いをする、と言っているのだ。その「見えざる手」は阿吽の呼吸で動く網の目権力組織だ。 直近で言えば「自民党・清和会」であり、一部野党であり、一部の官僚たちであり、多くのマスメディアであり、テレビ画面に登場する評論家やコメンテータである。また、自民党政権時に圧力団体として既得権で甘い汁を吸い過ぎたJAや経団連である。

これら敗戦後の様々なアメーバー状の権力構造を大きな「見えざる手」で支配していたのが戦勝国アメリカなのである。(一部党内にも居るが、そこまで目くじらは立てていない)

これら日本を牛耳ってきた権力構造と小沢一郎は「権力闘争」をしようと云うのである。その中には、当然裁判闘争も含まれるであろう。 小沢にとっての権力闘争は、「日本を真の独立国・普通の国にしようとするか、隷米で安直な国家を維持するか」の選択の闘いなのである。

この大きな目的と、菅直人の小沢一郎排除の目標とでは、次元が違い過ぎる部分を、日本のマスメディアは触れようとしていない。

彼等は、反小沢vs親小沢のバトルとして報道しているが、小沢一郎は菅直人の政権運営が非常に拙いものだと思いながらも、当面は致し方ないと、国会での予算通過に協力するくらいの腹積もりでいるだろう。 この低次元の菅直人の権力闘争に与する事は、階層の違う「普通の国・日本、自立と共生」と云う小沢の政治理念の冒涜にさえなるだろう。

その意味で、小沢は菅直人に、国会運営を当分させておく決意なのだと思う。いま此処で、民主党を分断する行為は、本予算の成立を危うくすることである。国民生活に重大な支障を来たすことは望むわけがない。予算内容が良いとか悪いとか評論している時間は過ぎた。兎に角通過させる必要がある、と小沢は判断しているのだろう。

そういう意味を込めて、民主党内の亀裂ではなく、挙党一致を延々と主張しているわけである。民主党与党政権が国会運営で行き詰らないように腐心しているだけのことだ。故に、明日の両院議員総会も明後日の党大会も、小沢一郎から何らかの指示が出ることはない。

勿論、小沢の意志に関わらず両日のどちらかで菅直人の政権運営に異論が噴出し、収拾がつかなくなる可能性がないとは言えない。実はこれが意外と厄介な問題を惹き起こすような気がする。筆者は、この二つの重要な場、及び千葉で行われる地方代表との大会は多少揉めても収拾がつかないような事態にならないことを祈っている。

こういう書き方をすると、早とちりの人が、菅直人の政権を容認するのか! と騒ぐが、じっくりと読んで欲しいものだ。(笑)


ここで民主党の内部分裂を明確にしてしまうと、国会が運営出来なくなる。それでは、小沢系が政権を取り戻したとして、同様に国会運営に支障が起きるのは明白だ。マスメディア無視で強行突破と云うのも与党政権としては選択し難いのだ。衆議院で予算が通過する見通しが立ってからでないと、菅直人を退陣させるのは難しいと見るのが妥当だろう。

仙谷、前原等がふてぶてしく構えているのも、その辺までは小沢が本気で怒らないことを知っているからだろう。菅直人の立場は仙谷や前原とは相当違うのが悩みだ。
今や、菅の喉仏に仙谷の匕首が突きつけられている。菅直人は、実は立ち往生しているのだ。「前門の虎、後門の狼」状態なのだ。

仙谷がへそを曲げた所為か、検察審査会議決による弁護士による小沢起訴も足踏みしている。 今さら、12,13日に合わせて起訴という癒着関係を疑われるような行動を弁護士連中も実行したくはないだろう。官房長官兼法務大臣 仙谷が動きを止めた為に、弁護士連中も梯子を外されるかも? と疑心暗鬼状態に陥っている。一生、倒壊する内閣の為に恩を売っても、見返りがないどころか、法曹人生に汚点を残すリスクは背負いたくないだろう。

地検特捜部の資料だけで、起訴状を書く事はマトモナ弁護士なら相当辛い作業だ。
悪意の国策捜査であり、プロの検察が起訴状を書けないと判断した小沢一郎の被疑事実を弁護士が「あらたな新事実無し」に書くことは、法律上相当に困難なことだ。国選専門の無能弁護士なら、ヤケクソで起訴状を書くだろうが、いっぱしのキャリアを持つ弁護士にとって「公訴棄却」など、夢にも見たくないのが本音と云うものだ。

小沢一郎の政倫審出席も岡田のところで糞詰まりをみせている。岡田が「出ろ」と言えば、小沢は「国会が始まったら出るよ」、となり、岡田にその先の道筋が見えている様子もない。現実の政倫審委員会のメンバーを取り替えるなどはマスメディアの嘘で、そんな事は規約上無理である。つまり、議決さえも覚束ないのだ。マスメディアは「強制起訴」されたら、離党勧告だ、除籍だと息まいているが、岡田にも菅直人にも仙谷にも、そんなことが言えるわけもない。


以上の流れは、朝日、読売、毎日、時事が創作したストーリーである。だんだん日本のマスメディアは検察で出世している大鶴や佐久間に似てきた、類は類を呼ぶものだ。

結論ではないが、菅直人にとって小沢一郎は刺し違えても価値のある存在と云う事だ。そして小沢一郎にとって菅直人は相手にしてはいけない存在と云う事になる。

実は小沢が怖れるのは「半狂乱解散」だと思う。明らかに失点だらけの解散は民主党の命取りだ。半減以上の惨状を見せることになり、自民、民主、公明、みんな。それに少数政党が顔を出す、政治的大混乱が起きるに違いないのだ。


筆者の好みから行くと、とても面白そうだ。しかし、小沢にとっては苦々しい政治的局面になる。政党政治の混乱は「普通の国」から遠ざかるし、米国の支配など、既存権力の力を増加させるだけで、小沢の政治理念実現とはかけ離れた政局が現れる事になる。

極めて面白くない菅政権が当面続く按配だが、致し方ないだろう。ただ、小沢が引っ込んだわけではない。菅如きを潰すに造作はないが、今は時期が悪過ぎると読んだのだろう。

筆者は妄想と言われかねないが、ついでに書いておく。

菅直人の内閣改造で、原口や樽床や小沢系議員の閣僚登用も充分あると見ている。立場は変えないが、挙党一致だけは実現する姿を見せる可能性は充分にある。これは菅の小沢系議員切り崩しではなく、切羽詰まって旧トロイカにSOSを出したような内閣改造だ。この場合、鳩山か輿石を通して、菅は小沢に仁義を切る事になるだろう。

その先は、まだ予想もつかない。妄想の妄想を書いても意味はないだろう。否、この時点でも「妄想だ〜」と叫ぶ人が多数存在しそうである。(笑) オヤスミなさい!


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 純一 2011年1月12日 10:53:37: MazZZFZM0AbbM : zMCYPgRlV2
小沢一郎は「権力闘争」について、あいば氏の推論には感心するし、確かに彼はそのレベルの戦略を持っているのだと思う。しかし、現実問題として統一地方選挙を控えた地方組織の怒りはどう破裂するか分らない。
このあたりの推移いかんによっては、小沢戦略に沿わない何か大きなどん電返しが起きるんではなかろうか。杞憂ならよいが・・

02. 2011年1月12日 11:15:08: DXHUmYoOGM
地方の叛乱は菅政権を揺るがすよ。小沢一郎が危惧しているのはそれ。彼の耳には逐一、菅政権のふがいなさが民主党の地方地盤を溶解させていく悲鳴が入ってくるのだろう。
はだかの王様の菅には聞こえてこないのだろう。ということは幹事長の岡田がいかに無能でそれを正しく把握せず、政権に伝えていないかということだが。
小沢の言う挙党一致というのは真実の言葉だ。だが挙党一致と言って挙党一致が実現したためしがないのも事実だ。
もちろん小沢ならそれは承知のうえだろうがさて…

03. 2011年1月12日 11:49:37: AWhoqXxvKE
投稿者のいうとおりになればそれでも良いが、今戦わないと小沢氏は負けるよ。

菅の政策は米国隷属で小泉政権の時よりもっと悪い。
TPPは米国隷属を加速する。
郵政民営化も進むだろう。
早急に政策を変更しないと大変なことになるよ。

菅政権が続くと統一地方選で民主党は壊滅的打撃を受ける。
そして次の総選挙で民主党は間違いなく惨敗する。

また強制起訴の後、菅は小沢氏の追放に動くだろう。
なぜなら小沢氏抹殺が菅の最大の使命だから。

最高裁判所も検察審査会の権威を守るため、小沢氏を有罪にする可能性が高い。
たとえ無罪になるにしても時間がかかる。
マスコミ等旧体制を甘く見てはいけない。
小沢氏は政治的に抹殺される運命となる。

したがって民主党政権が生き延びるには、民主党両院議員総会或いは党大会で菅を罷免するしかない。
それをしないといずれ自民党政権が復活し、民主党による政権交代の意義はまぼろしとなるだろう。


04. 2011年1月12日 11:53:06: X8ZmcRge2Y
投稿者に同意。

予算通過までは小沢派は倒閣に動かないだろう。
また党大会に日程を合わせての強制起訴も無い。
当面は内閣改造をさせて、自分達で勝手にボロボロになっていくのを
静観してれば良い。


05. 2011年1月12日 12:08:02: 942ZxwCOeM
「見えざる手との戦い」?
アホか。阿修羅はこれだから困る。妄想狂の巣窟といわれる所以だ。
そんなものと戦っている場合か!
日本を根底から荒れ野にしかねないTTPなどの想像を絶する売国法案が菅一派によって上程されようとしている。
小沢派のやることはまずは眼前の悪と対峙することじゃないか!
国民の生活が第一というのなら、目の前の悪をひとつひとつ潰してゆくことこそが「見えざる手」?(仮にそんなものがあるとして)戦いじゃないか。
国民生活や目の前の危機を放っておいて、「見えざる手」と戦う?
寝ぼけたタワゴトはいい加減にしろ!
TPPならTPPに明白な反対を唱えないようなら小沢なんかもう支持しないし、どうなろうと知ったことじゃない!
それは民主党の小沢派議員でも同じだ。
今すぐに、目の前の危機と向かい合え! 
それからこのあいばとかいう妄想狂、病院へいって頭をみてもらえ。
ばかばかしい。

06. 2011年1月12日 12:37:38: yW2znE60kE
>菅直人の運命 は小沢一郎の手のひら

さすがは『剛腕小沢』。総理大臣を手のひらの上で弄ぶとは。


しかし肝心の代表選で惨敗したんだよな w


07. 2011年1月12日 12:47:14: kbjD6Oqr1Y

あいばさんの洞察力には、いつも感心しています。
今回は、理解できない部分もありますが、
あいばさんのファンとして、信じます。

08. 2011年1月12日 15:48:52: Qdo2ndWm1w
今、民主党が最も警戒しなければならないのは、菅の精神錯乱だろう。

09. 2011年1月12日 18:27:36: e7wA0nJCsM
小沢さんはタイミングを逃すのではないか?という勘が働きます。どなたかも言ってますが、今戦わなければ負けるよ、と私も思う。

タイミングを逃すと、時間の余裕ができた相手は、更なるずる賢い工作を考え出します。小沢サイドが思うほど馬鹿ではありませんよ、相手は。ずる賢さは世界一ですから。さらに日本国民はうわべの甘言にころっと騙される国民で、菅一派やマスゴミのやり方に「慣れ」てしまう受け身型の国民性があります。時間と共に小沢さんの狙っている線は気の抜けたビールとなり緊張状態がゆるんでしまうでしょう。

一般の国民はいつまでも闘争心を持続させることはいたしません。やはり機運が
もりあがっている今が仙菅をつぶす好機であり、成功する確率も高いと思います。

どうも小沢さんは「機」を逃すくせが以前からあるのが気になります。強くそれを
助言してあげる取り巻きはいないのでしょうか。


10. 2011年1月12日 18:32:27: zuqb5v0WcQ
>>05
いやいや
マスコミや検察と、その背後に有るアメリカの影響力は甚大だよ?

そここそが最大の問題


11. 2011年1月12日 19:56:50: dvldzIXlGA
>05. 2011年1月12日 12:08:02: 942ZxwCOeM

待てば海路の日和ありだろ。

今、がんばっても周り中から矢弾を打たれて終わりじゃんか。
割れたら、自民党以下夜盗の思うつぼで、日本は、もっと悪くなるよ。

菅も仙谷も岡田も枝野も玄場もすぐに行き詰まる。

選挙に勝てないからな。
統一地方選はぼろ負けだろうね。
勝てる見込みがない。

でも、地域政党が立ち上がってるから、昔のような自民党オンリーの地方政治とは大きく異なると思うよ。
逆に、国民が独自の判断で行動を始めない限り総理や内閣だけに任せた政治なんて無理だってことを悟ってるんだと思うよ。

誰が総理やっても、新聞テレビにたたかれる。
新聞テレビに金を出せば、黙らせるけど、国民が信用しない。
今がそれだね。
新聞テレビも信用されない。
菅直人以下も信用されない。地方の反乱で、何も政治できない。

菅直人以下が、これまでの、国政政治の限界を示して、国民は、独自の新しい政治を模索し始めるんだよ。

政権交代で少し変わった。
でももっと変えなくちゃって気づき始めた。それが地方の反乱だ。
官僚の抵抗も強い。
政治主導でやるのはまだまだ時間がかかる。
戦国時代みたいなもんだ。この状態で、出て行っても、くたびれるだけだ。
地方の体制が整い始めてから出て行けばいい。

地方だけでもできない。
国政だけでもできない。
菅直人の国政では駄目だ。

TPPはすぐに始まる訳じゃない。
消費税もすぐできる訳じゃない。
今が我慢のしどころだね。

要は諦めなきゃ良いんだ。
自民党の官僚政治で、64年間も気づかずにやってきたんじゃないか。
1〜2年は待てるだろう。

地方官僚の泥棒ぶりもひどいよ。
地方議員の着服もひどいよ。

新聞テレビや、官僚への憎しみが益々強くなってる。
これが爆発するときが勝負だね。


12. 2011年1月12日 21:55:46: xtlWVCU5v6
”FNNニュース:民主・小沢元代表、仙谷官房長官の進退について問責の重みを強調”
//www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00191040.html
不治のニュースですが。

小沢から菅への助け舟のような気がします。


13. 2011年1月13日 09:42:37: wpkTe85Ar6

国連人権宣言を読んだ。
普遍的な人権について考えた。小沢一郎氏の人権が破壊されているぞ!

第8条すべての人は、裁判所によって救済を受ける権利をもつ。
第9条何人も、ほしいままに逮捕、追放されることはない。
第10条すべての人は、裁判所の公正な審理を受ける権利をもつ。
第11条 何人も、罪が証明されるまでは、無罪と推定される。(国連世界人権宣言より)

裁判所によって救済を受ける権利をもつ?
でも日本の司法は、裁判になったら終わり、という認識。
検察に従う裁判は起訴99%有罪。
小沢さんを捜査する「検察」そして「裁判所」も機能しない。
公正を発揮できない正義の旗印の組織は「解体」しかないのではないか?

菅直人総理大臣、改革の鮮明な意志を示してもらいたい。


14. 2011年1月13日 09:42:46: c3MGH08xSU
今、頓珍管に塩?(笑)そんなことしている場合か?何れにせよ、小沢の抹殺は確実にやるよ、管は。それでも?やるかい?小沢は。投稿者無いし、愛場さんは、アマちゃんかな?(笑)塩を送っても、管は、なんのその、だぜ?暫定予算を組み後に修正?補充でもいいじゃ無いのか?小沢が管に塩を送る事なら、国民の信頼も管レベルにがた落ち?これでは、管も小沢も同じだと!今やらずしてなんとするか!そして、ネガキャン続行!前原総理への段取り、その間に、小沢支持議員懐柔、小沢は二度も三度も大失態を露呈、次第に政治の舞台から消えていく。(笑)管には、そんな度胸は無し、あったとしても、自民党は、いまやがた落ち、人材も乏しい。今が勝負時だよ。解散したとしても、党首を小沢に換え、頓珍管一派無いし、協力議員を除名し、新しい民主党で、出直し選挙だよ。これしかないのでは?出来るかな?小沢よ〜!愛場氏には、同意できない。(拝)

15. 2011年1月13日 09:52:53: mpdXKBVqSw
今の政権で、解散したら、菅直人や仙石は落選するかもしれません。必ずや自民党は、大物候補者を立てくるでしょう。
今の政権で、解散はあり得ません。
与謝野氏が、もし入閣するとしたら、それは、小沢氏の意向ではないでしょうか?
閣内にプロの政治家を送り込み、未熟な菅政権の補佐をと考えているのでは?

16. 2011年1月13日 13:04:22: vEOMjtDVro
>03さん
想いは同じなのですが、残念ながら機は熟していない様ですね!
僭越ですが、[強制起訴]という言葉は検察用語で、検察が二度も不起訴を出している案件を検察審査会が裁判を要求する行為は、[控訴の提起]ではないでしょうか?言葉としての迫力は薄れますが、それを素晴らしい経歴?を有するコメンテーター迄もが「強制起訴」等と軽々に発する様は、メディアがすでに真実を報道する機関で無くなった事を意味するものです!。
メディアの支持率と、菅政権での選挙の惨敗続きを考えると、メディアの支持率調査に信用性は全く無く、小沢氏の言葉通り全く宛にならない事も見えてきますNe!

17. 2011年1月15日 02:49:12: e4XEGGp5gg
小沢を支持する立場からはこのコメントを信じたい。しかし、残念ながら現状の小沢の立場はそれほど強いとは思えない。今度の両院議員総会+党大会で「何事もなく」押し切られてしまったことへの全国の小沢ファンの失望は大きい。おそらく小沢支持は激減したはずである。「菅・仙谷・枝野はひどいがそれに何も言えない小沢もだらしない」である。

1昨年3月の西松問題以来小沢は負け続けである。あの事件が起こってから2カ月後に小沢は代表を辞めた。辞める必要はなかった。郷原氏らの第三者委員会の調査などが功を奏し、小沢体制での総選挙もやむなしの情勢になりつつあったはずである。前原ですらそう言っていた。ところが突然小沢は辞め、それが追い風になって民主党は大勝した。しかし、小沢体制でも民主党単独過半数は可能であるという予測がすでに小沢が辞任する前に有力であった。そして議席数僅差の方がむしろ緊張感をもった政権運営ができたはずである。

昨年6月の鳩山とペアでの幹事長辞任も大きな間違いであった。辞任するならポスト鳩山体制を完備しておくべきであった。それもないままに辞めてしまったから、菅にさらわれた。さらわれただけでなく、仙谷による反小沢体制の成立を許した。

代表を辞め幹事長を辞めても「政治とカネ」の呪縛から逃げられなかった。その呪縛から逃れるただ一つの道は、代表のまま総選挙で勝つことだったはずである。

検察審査会はおそらく小沢の戦略にはない伏兵であった。検察との勝負で最後にうっちゃりをかけられた。もし小沢にきちんとした軍師が付いていれば、検察審査会まで含めた処理が出来ていたはずである。また、このコメントがいうような力が小沢にあれば、あのような疑惑に満ちた検察審査会の議決が最高裁までまかり通るはずはない。

9月の代表選も対策は全く甘かったと言わざるを得ない。小沢は地方やサポータで圧倒的に優勢であるはずだった。地方に強い小沢が、政治とカネのキャンペーンを跳ね返すはずであった。私もそう信じていた。しかし結果は逆であった。6・4で小沢は負けた。国会議員対策もどう見ても拙劣であった。菅陣営と同じようにもっと運動のレベルを上げる(下げる)べきであった。ただしこの選挙で小沢はその真価を国民の前に明らかにした。「小沢コール」は明らかに日本の政治の暗闇にともった小さな明かりである。しかし、その明りはなかなか大きくならない。

今月末から小沢の肩書は小沢元代表ではなく、小沢被告あるいは小沢容疑者になるのだろう。小沢が力を見せる最後のチャンスがこの党大会であった。

小沢の最大の弱点は、自分の利害を超えたところに争点を据える点である。その意味でこのコメントは正しい。小沢は本当に国を思う政治家である。しかし、他の政治家のレベルが下がってしまい、みんな自分の利害しか考えないところで勝負するようになった。おそらくこのことを小沢はまだ認識していないのではないだろうか?小沢の悲劇はここにある。

小沢は確かに国民の覚醒を待つという姿勢に徹しつつあるようだ。その戦略は少しずつではあるが功を奏しつつあるとは思う。しかし同時に小沢への失望も広がりつつある。日本にも小沢にも残された時間はわずかである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧