★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104 > 417.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
阿久根市長選、竹原信一氏が『対立』した相手の正体
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/417.html
投稿者 gikou89 日時 2011 年 1 月 13 日 10:48:36: xbuVR8gI6Txyk
 

阿久根市長選、竹原信一氏が『対立』した相手の正体(上)

http://www.data-max.co.jp/2011/01/post_13211.html

16日に投開票が行なわれる阿久根市長選。「投票が近づくにつれ激しさを増す」といった文句が各紙面を踊るだろう。しかし、穏やかな阿久根のまちで、激しさが増していくのは市民一人ひとりの心の葛藤ではないだろうか―。

市長就任以来、約2年3カ月の間に2度の出直し選挙に臨むことになった前市長・竹原信一氏(51)。初当選時を含めれば、実に3回目の市長選となる。選挙事務所内には、その歴史を物語る過去と現在の選挙ポスターが展示されていた。「阿久根を変える!」、「阿久根は変わる!」、そして「阿久根が変える!」と変遷したキャッチコピー。しかし、その言葉に込められた阿久根への想いは変わらない。

 竹原氏を支持する阿久根市義・石澤正彰氏は自身のブログで回顧している。
 「何時だったか私は竹原氏に『今度市民にソッポを向かれる事があれば、もう2度と苦労する等必要ない!』と言った事がある、イヤ私は彼が家族、家庭を省みることなく犠牲にして、世のなかの不条理の悲しさをバネに戦っていた事を知っている。私利私欲無く他の誰が出来たと言うのだ。『...2度と苦労する等必要ないで!』と、私が心ない言い方をしたのだが、その時の彼は今まで1度も見たことがない悲しそうな表情に見えた」(原文のまま)。

 『対立』といわれる状況は、竹原氏が市議としての政治活動をスタートさせる以前から続いていると言える。竹原氏の政治活動の源流は、市議会・市役所の問題を徹底批判した内容のビラを配布して回った市民運動だ。
 そして市議時代、市議会の同志は今回の阿久根市議補選で無投票当選した山田勝氏ひとり。竹原氏のブログで実態を暴露されることを恐れた市議たちは、竹原氏と山田氏がいる議員控え室を避け、ほとんど議長室にいたというエピソードも聞く。「好きか嫌いか、それだけで決められる」と、竹原氏は市議会を批判する。そこ(議決)には市民のための議論はない。個人的感情しかないのだと。

 候補者の街頭演説を聞いていた老人は、取材した記者に怒りをぶちまけた。「地方分権なんてとんでもない! 今まで何もしてこなかった。いや、何もできなかった。よっぽど中央集権でやってもらったほうがいい!」と

阿久根市長選、竹原信一氏が『対立』した相手の正体(下)


http://www.data-max.co.jp/2011/01/post_13212.html「自分のためではなく社会全体のために働いてほしいという気持ちで投票されれば、政治家も自分をおいて社会のために働いたはず」という竹原氏の言葉は、決して阿久根市だけに限ったことではない。しがらみで動く票、低い投票率、およそ選挙に関しては多くの自治体が同じ問題を抱えている

決して私利私欲のためにやっていないことは、竹原氏がマスコミに袋叩きにされ、2度も市長職をクビになるに至っても信念を曲げない姿からうかがえる。さらに今ならば、泡沫候補といわれてもおかしくない小ぶりで質素な選挙事務所を見れば一目瞭然だ。自分のためにやっているのであれば、誰もがとっくにさじを投げるだろう。

 そして竹原氏は、Net-IBニュースの独占取材(別途、動画を更新予定)に応じ、「今回の選挙は市民が考えるきっかけ、将来の資源にしてほしい。結果はどうあれ、阿久根のためなら自分は道具にされてもいい」という本音を語った。
 当たり前のことをするのが当たり前ではない社会―。それを身近に感じることがあるはずだ。老人に席をゆずると、周囲から感心され、たいへんな感謝を受ける。道に落ちているタバコの吸い殻を拾うと「立派ですね」と言われる。
 市長の公約に市議会が真っ向から反対し、議論もなく否決する。約束を守るのは当たり前のことだ。しかし、その当たり前のことが通らない。じゃあ、どうするか。ある首長はやる気をなくしたうえに、せめて市長の椅子は守ろうと議会の顔色ばかりをうかがうようになった。公約違反のツケで落選したが、最大の犠牲者はその公約を信じて票を入れ、4年間、怒りとむなしさに満ちた時間をすごした市民である。

 今の日本は「公(おおやけ)のために」という精神を失ってしまった。そう考えると、竹原氏が『対立』した相手とは、議会でも市職員でも、ましてや市民でもない。『公がない社会』こそ、戦ってきた相手の正体なのである。
 「政治家も公務員も市民のなかから生まれます。市民全体が公のことをひたすら考える状態になれば、どのような人間が市長になろうが議員になろうが公務員になろうが良い社会になるんです」という竹原氏の演説には、本当に伝えたいメッセージが込められているように感じる。

 告示日、出陣式に集まった多数の支持者を前に上機嫌だった竹原氏。「市長選も回数を重ねるにつれ、集まる市民の数が増えてきた」と、昔からの支持者は感慨深げに語った。しかし、その出発点は、たったひとりのビラまき活動だった。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年1月13日 11:14:12: oLX08exg3Y
全くその通り。議員たちは誰から何のために給与をもらっているのか自問しろ。自分たちは市民よりも偉いとでも思っているから尊大な考えになる。地方議員たちは全員を解雇して時間給に変えなければならない。

02. 2011年1月13日 11:15:49: bRVeaisTTs
そう、デモより
チラシ投函や手渡しの方が、真意が伝わる

よって、デモを止めて
チラシを渡す活動に変更するのがベスト

新聞の代わりに、手渡しチラシ
テレビの代わりに、インターネット放送を拡散させる
民意の和を輪を拡げる事こそ大切
チラシを渡すデモをしようではないか!」
チラシ=言葉
この方が、デモよりずっと効果的だ!
真っ白の小沢さん
国を思う小沢さん
この人を総理にして独立した日本国を立ち上げなければ
いつまで経っても日本は刈場でしかない



03. 2011年1月13日 11:55:22: LGUfwnafEI
>01

議員自給制大賛成です。これは法制化するべきですよ。

それから地方議会の解散権を首長に与えるべき。


04. 2011年1月13日 12:29:39: h69tTYryng
竹原阿久根市長は住民投票過半数で失職が決まった。
仙波副市長も同時にお役ご免。
日本の地方議会などどこも同じよなようなもの。
阿久根市も2年間大混乱だったが議員や職員達には安穏な日々が戻って来る。

しかし竹原市長が全国に地方公務員給与がいかに民間給与とかけ離れて
高いかを知らせた功績は大きい。
自民党も春の統一地方選で地方公務員給与の民間準拠を公約に掲げた。
地方はいずれ利権談合地方議員・公務員で財政破綻確実だが、
その時には竹原市長は日本の歴史に残る人物として賞賛されるだろう。
しかしまだ若いので1月16日の市長選で頑張って欲しい。
もし落選でも次期鹿児島県知事または衆院選に立候補して
日本の地方分権確立に活躍して欲しい。
大阪府の橋下知事も竹原市長を応援している。
国民も竹原氏を熱烈に支持して行くであろう。


05. 2011年1月13日 13:31:41: R9Iiz4LmSw

30 :名無しさん@十一周年:2011/01/10(月) 17:59:45 ID:Rtt2zrZi0
Twitterから
年末だしつぶやきたかったことを一つ。
阿久根市長選 西平氏は自分の会社の億の借金のことを突っ込まれたとき
自分が市長になればすぐに返済できると豪語した‥どうなんだろう? ホテルキングの出来事
もちろんです。西平氏の負債です。薩摩川内で養殖事業で負った1億数千万だったと記憶してます。 
竹原前市長のやり方もどうかと思いますがw 西平氏よりは‥とも思います。
どなたかに担ぎ上げられたのかもしれませんけど。
万4千人の阿久根市で竹原前市長の選挙事務所は1つ 西平氏は17カ所‥しかも費用6000万円でるなんて‥何者なんだ‥ 
半市長派ででるだけでよっぽど良いことがあるのだろうか‥
西平さん、スーパーの売り値が一個10〜15円の卵で一億以上の借金を返すなど不可能!
しかし市長になって、職員の給料を上げてやれば自治労の組合費から贈り物が来るよ!
あんたが起死回生の一打を放つにはそれしかない!

 


06. 2011年1月13日 13:38:27: R9Iiz4LmSw

―くれぐれも不正に気をつけて―-

投票者数を341人減らす訂正=阿久根市住民投票で市選管

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対するリコール(解職請求)の是非を問う5日の住民投票の開票作業で、同市選挙管理委員会は同日深夜、投票総数の最終発表の5分前に投票者数を341人減らす訂正をした。
 同市選管によると、一つの投票所の男子投票者数で「320」とするべき箇所が「661」となっていた。原因については「集計中に何らかのミスがあったとみられる」と説明した。(2010/12/06-01:22)


07. 2011年1月13日 19:19:00: 5Y44rgPwjc
02さん
デモで、チラシを配れば良い。

デモで、演説すればいい。シュプレヒコールでも良いけど、一人一人が訴えかければいい。

デモで、選挙応援すれば良い。


08. 2011年1月13日 19:20:29: Mn412KzdDo

「政治家も公務員も市民のなかから生まれます」という竹原氏の演説.

どこの議会も、市民のことより議員のことを考えている。
考えることをしないで、無駄な議員も多い。
変えるためには、トップは変質者のごとく極論を言っているようになる。
そうじゃないと、市民は目がさめない。


09. 2011年1月13日 19:47:47: WkjjsZiplI

自分が働いてる会社は竹原派が多くって、それがリコール実行委員長の川原の耳に入ったみたいで、そしたら会社の社長に電話が来て
『竹原が市長にまたなったらおたくの会社が危ないですよ』って脅迫受けた。

 


10. 2011年1月14日 00:43:30: 3QZaPOJeM2
>>09

刑事事件じゃないのか。
情報通りかどうかはわからないが、情けない話である。


11. 2011年1月14日 21:28:10: ONVBbMihao
まあ、いまだによく目にするのは、その「公がなくなった死んだ社会」に対して、当然の批判をするだけで、「この社会を批判するなんてキチガイ!」というような
ヒステリックな反応である。もちろん、そんなリアクションをするのは全て工作員!
所詮はクソどもの戯言である。しかしまことに残念ながら、本当のキチガイがそいつらの方であることなど、誰の目にも明らかであろう。
とにかく、阿久根市民が既得権益者の奴隷でないなら、今度の市長選の選択肢は竹原氏しかないのは確かだ。これからの時代、これだけ歪みきっている「公がない社会」と戦おうとしない政治家は、天に唾を吐くだけのただの役立たずである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧