★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104 > 441.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
主権在民無視・権力私物化菅内閣終焉は時間の問題(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/441.html
投稿者 大自然 日時 2011 年 1 月 13 日 17:38:30: RYYyLwdLyL10c
 

2011年1月13日 (木)
主権在民無視・権力私物化菅内閣終焉は時間の問題

政治は主権者のものである。主権者の意思が政治に反映されるために各種制度が設計されている。
 
 行政を担うのは内閣だが、内閣は主権者が選挙で選出した国会議員の互選で選出される内閣総理大臣を軸に編成される。国会内の多数派の意向が総理大臣選出に反映される。
 
 2009年8月30日の選挙で、主権者は民主党を軸とする政権樹立を選択した。当時の民主党は小沢−鳩山体制で運営されていた。
 
 民主党は2005年の郵政民営化選挙に惨敗し、その後、偽メール問題の処理を誤り、解党の危機に直面した。政権交代は遠い彼方に消え去った。
 
 民主党の党勢急低下をもたらしたのは岡田克也氏と前原誠司氏だった。
 
 2006年4月に小沢一郎氏が民主党代表に就任した。民主党の大躍進は小沢一郎氏の代表就任とともに始まった。
 
 小沢一郎氏が掲げた「国民の生活が第一」の方針が主権者国民の強い賛同を得た。その結果として、2009年8月30日の総選挙を通じて政権交代の大業が実現したのである。
 
 この2009年8月の総選挙の国会勢力が現在の政権の基本基盤である。民主党では小沢一郎氏を支持するグループが120名、連携関係にある鳩山由紀夫氏のグループが50名であるのに対し、現在の菅直人政権の執行部を占めている三派は、菅グループ50名、前原グループ30名、野田グループ30名にすぎない。これ以外に、旧社会党グループ30名、旧民社グループ30名が存在する。
 
 主権者国民は小沢−鳩山両氏が率いる民主党を支持して政権交代を実現させたのであって、菅−仙谷−岡田−前原氏らが執行部であるなら、政権交代を実現させなかっただろう。
 
 ところが、鳩山前首相が普天間問題の処理を誤ったために、権力を民主党内悪徳ペンタゴン8人衆に奪取されてしまった。鳩山氏最大の不覚である。
 
 6.2政変は悪徳ペンタゴンが主権者国民派から権力の実権を奪還したクーデターである。
 
 このクーデター政権の正統性を問う関門が、7月11日参院選だった。

菅直人氏、当時民主党幹事長だった枝野幸男氏は、参院選が菅直人内閣に対する信任投票であることを明言した。参院選に勝てば信任、参院選に負ければ不信任との位置付けを示したのは、菅直人氏であり、枝野幸男氏である。
 
 この参院選で民主党は大敗した。つまり、主権者国民は菅直人内閣不信任の結論を示したのだ。
 
 菅直人氏は当然、辞任すべきだったが、辞任しなかった。主権在民の根本原則を踏みにじり、総理の座にしがみつく醜態をさらし続けている。
 
 9月14日の民主党代表選では、小沢一郎氏が当選するはずであった。ところが、悪徳ペンタゴンは配下のマスゴミを総動員して、情報を操作し、民主党執行部は不正選挙を実行した。このような観測が根強く広がっている。
 
 民主党執行部は、東京第五検察審査会を不正に利用した疑いが強い。9月7日に補助審査員弁護士が委嘱されて、全委員が入れ替わった新しい審査会メンバーが9月14日に議決を示すのは不可能に見える。審査員が入れ替わらなかったか、審査が行われなかったかのいずれかしか想定されない。
 
 菅直人内閣の正統性を検討するには、民主党代表選が公正に行われたのかどうかの検証が不可欠である。
 
 百歩譲って代表選結果を認めるとしても、国会議員票が206票対200票であったことの重みは否定しようがない。
 
 民主党代表選後、菅直人氏は「ノーサイド」を宣言した。国会議員票の半分を制した小沢一郎氏に近いグループを重用しなければ、挙党一致は確立されない。
 
 ところが、菅直人氏は狂ったかのように、反小沢色に民主党を染めようとしている。1月12日の両院議員総会でも、党所属国会議員の批判は、菅直人執行部の狂ったような反小沢行動に集中した。
 
 何よりも大事なことは主権者国民の意思である。民主党を支持する主権者国民の圧倒的多数は、現在の民主党執行部を支持していないと思われる。悪徳ペンタゴン8人衆が実権を握る現政権を支持していないどころか、倒閣運動が民主党支持者を中心に生まれているのだ。



菅直人氏は枝野幸男氏を官房長官に起用することを検討していると伝えられているが、7月11日の参院選が菅直人内閣に対する信任投票であると位置付けたことについて、枝野氏の説明責任を問うための人事ということであるとしか、考えられない。




   
 日本国憲法は主権在民、国民主権を明確に定めている。主権者国民の意に反し、菅直人氏と民主党な悪徳ペンタゴン8人衆が、政治の私物化をさらに進めても、ますます窮地に陥るだけである。 
 悪徳ペンタゴン8人衆の自滅を待ち、悪徳ペンタゴン8人衆を排除した形で民主党を再編し、再生させるしかないだろう。枝野幸男氏は、参院選が菅直人内閣に対する信任投票であると明言したことについて、参院選結果を踏まえた菅直人内閣の適切な身の振り方について、まずは徹底的に説明責任を求められることになる。
 
 菅直人氏も小沢一郎氏に出処進退の判断を求める前に、菅直人内閣に対する信任投票と位置付けた参院選で惨敗したことを受けて、潔く内閣総辞職を実行することが先決である。天に唾し、自らに降りかかった唾をそのまま垂れ流し続けるのは、いささか醜いものである。






日本の独立
著者:植草一秀
販売元:飛鳥新社



http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-19bc.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年1月13日 18:02:36: tsMWEqoMvs

「国民の生活が第一」・「国民主権」を目指す意思のある民主党議員は、直ちに臨時両院議員総会の実施を要求し、代表を含む党執行部の辞任を要求・可決すべきだ!

 手をこまねいていれば、菅一味の戦後最悪の独裁政権を支持するバカ議員共と事実上変わらない、国民の敵と見なさざるを得なくなるだろう。


02. 2011年1月13日 18:15:41: KLT08CD8lU
 民主党党員は、今すぐ菅直人と闘え!戦ってぶっ潰せ!
それが、国民のためになる。

03. 佐助 2011年1月13日 19:00:04: YZ1JBFFO77mpI : GnuRgcG5J2
リーダの資格
第一の対立要素は政党間の対立要素である。個人や党内の対立ではない。大マスコミは菅氏,小沢氏,鳩山氏など誰が悪人かと個人の調査しても党内の内ゲバを煽る調査をしているだけ。それらは政党間の対立要素ではない。大マスコミのトリックであり,政治家や国民は大マスコミの大合唱に騙されても,有権者の全国投票行動にはならない。目糞鼻糞論議にすぎない,第一の対立要素により有権者は投票行動することを無理矢理,捻じ曲げて誘導しているのである。大マスコミは如何に無能で無知なのかわかる,いや電通や既得利権益を守るために世論操作している。しかしこれもインターネットの普及で少しずつバレてきた。

全国集計では第一の対立要素は75%であり勝敗を大きく判定している。全国では第二と第三の対立要素が優位であることを確認する必要がある。簡単に言えば「おらが郷土の誇り」が投票選択の第一位だから落選しない。第一の対立要素を旨く利用したのが小泉氏で有権者の全国投票行動の第一位は,「現状からの脱出」を認識して「自民党をぶっ壊す」で大勝し「郵政民営化是か非か」で快勝したのである。内ゲバは失敗するし小泉氏も失敗している。それを菅政権は再び小沢氏を排除しようとした間違いである。

第一の対立要素は簡単ですね,調べれば分かる,すべて一番でしょう。しかし第二と第三の対立要素は二番煎じではない,第一の対立要素を75%とすると,第ニの対立要素は25%前後の75%から算出できる。マジックには賞味期限がある,再び同じ繰り返しには効果は発揮しないし逆に批判を浴びる。二番煎じは政治経済には通用しない代物である。

菅政権は現象の結果を原因に倒置すると,75%の要素と1%以下の要素も同列の原因だと錯覚した。だから政治とカネの発生原因を複数要素の複合と判定してしまった,対策には沢山の項目が羅列される、すると現象を決定する要素が無視されるために,小泉氏や竹下氏などの過ちを繰返すのである。従って菅総理にはリーダとしての資格がないことになる。

第一要素が「現状からの脱出」として判断すると30%以上の確率で判定できる,人気や地盤から予測するより誤差は少なく,全国集計で確立が75%にも上がる。この本質を認識できないから,目の前の穴を修復するための目糞鼻糞に終始してしまう。だから国民の危機感は深まるばかり,政権交代はそうして起きるのであって,大マスコミのいい加減な騙しや目くらましにはインタヘーネット電子手帳の普及の時代には通用しない。


04. 2011年1月13日 20:45:12: 5lSSeKxOHo
きもちわるい。

ただ、世界レベルでみると、何にもせずとも菅内閣と日本メディア

は消えそう。


05. 2011年1月14日 00:45:53: c0CloqPQIw
菅の閣僚(厚生相)時代、オリジナル民主党党首時代、の与党批判は官僚作成のものを演じる、財政健全化計画も麻生政権下の与謝野財務相作成のものを流用と、官僚や敵性政党の助けがないと何もできない無能な様が浮き彫りになってきた。こういう政治家にとって田原のような御用評論家は必要不可欠。仙谷や枝野を官房長官にするのもその方法論の延長である、ということだろう。断片化した情報を組み合わせて情報を操作して世論を一方方向へ導くことと、官僚や敵性政党の言いなりになって誹謗中傷役を演じるのには共通点がある。その構造が徐々に見えて来ているのが今の状態だ。

06. 2011年1月14日 10:28:52: TuoNVXVrVg
菅には邪悪に固執する九尾狐(妖怪の一つ、善人のふりををして人を陥れる)がとりついているらしい。だからどんな正義、正論も通らない。岡田などはその狐に取り込まれた哀れなしっぽ。アポ菅とか言ってる場合じゃない。やつは着々と悪を遂行する。我々反菅は正道を貫き真実の本当の強さで悪を潰さなくてはならない。ただ即効性のある具体的な行動方法がわからない。とりあえず心ある民主党議員死力を尽くして戦ってほしい。我々国民の強力バックアップパワーを感じて。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧