★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104 > 786.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
前田検事は、小沢の「政治とカネ」を取り扱っていたから、諸外国なら小沢は絶対無罪に決定なのです、ひとよみにっき
http://www.asyura2.com/11/senkyo104/msg/786.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2011 年 1 月 17 日 19:43:05: 4sIKljvd9SgGs
 

http://hitoyomi.diarynote.jp/201010131233128198/
前田検事は、小沢の「政治とカネ」を取り扱っていたから、諸外国なら小沢は絶対無罪に決定なのです。
2010年10月13日
前田検事の証拠捏造問題に関しては、なぜか村木さんの事件の話しか出ないですな。

しかし、前田検事は小沢一郎氏の政治資金規正法違反の取り調べに関わっていたはずです。確か石川元秘書(いまは、れっきとした政治家さんですが。)を直接取り調べているはずです。

えー、普通ですね。諸外国で、検事が「証拠捏造」などという、とんでもない極悪事件を起こしたら、


●前田検事が関わった事件はすべて「証拠捏造の疑いあり」


となって、最低でも前田が関わった全審議のはじめからのやりなおしをするのが当然なんだそうです。(これは記者クラブ問題を徹底追求している上杉隆さんの指摘。上杉さんは元政治家秘書であり、その後ニューヨークタイムスの記者になり、現在は現場取材を信条とする、世界標準の取材手法を採用している政治ジャーナリスト。)

再審議が最初から行われるのは、おそらく、よほどその他の物的証拠などが確実で、どこからどうみても有罪が確定的な案件のみであって、通常は前田が関わった全事件は「無罪」となるのが当然なのですね。こういう事案でこそ「推定無罪の原則」というのが生きてくるわけです。

この「推定無罪」という事が、いかに民主主義に取って重要であるか、ということが、馬鹿な日本人には全然わかってないので、あえて説明しますけれども、オザワであろうが、トザワであろうが、クザワであろうが、とにかく「検事によって証拠捏造される裁判」などにかけられたら、勝ち目がないに決まっているから、です。そんな恐ろしい事が行われたら「法の前に平等」という大前提そのものが崩れてしまいます。

ですから、まともな裁判制度を取り入れている国なら、「検事による証拠捏造」は、それが発覚した段階で、その検事による裁判は全部無効のするのが当然、ということになるわけです。仮に、それで極悪犯を取り逃がしたとしても、その事で国民が受ける不利益よりも「信用できない検察」という存在があると言うことの方が、はるかに大きな不利益を国民が受けるからです。

つまり、証拠の改竄とか捏造をやられたら、

●全国民が、無実であっても、社会的に抹殺される。

という可能性が発生するからです。

だから、前田検事がフロッピーディスクの書き換えを行った、と言うことが分かった段階で、即、「小沢の政治とカネ問題もこれで無罪確定へ」となるのが、当然であるし、そうすることこそが、正しい民主主義だってことなんです。

ところが!

ところが、ところが!

マスコミはもう、本当にバカだから、前田検事の問題を取り上げながらも、いまだに「小沢の政治とカネ」問題をえんえん報道し続けてるわけです。
まぁなんちゅうか、世界に恥をさらし続けているようなものなのですね。

なんでこういうことになっちゃうか?というと、日本には「記者クラブ制度」というのがありまして、幅広く、多くの雑誌社や一般庶民のメディアへの参入を制限しているからなんですね。

こんなおかしな仕組みを持っている国は、先進諸国の中では日本だけです。
日本以外ではジンバブエと、どこだっけ?名前も忘れてしまうような国が採用してるだけです。

まともに巨大なマスコミなどの報道機関が機能している国なら、「記者クラブ制度」なんてものは、「第一次情報を特定企業だけが独占する既得権益を守るカルテル」ということで、ものすごく批判され、そういうカルテルを結んでいる大手企業そのものが、社会的制裁を受ける、というものなわけです。

で、実際、記者クラブは、海外メディアから、完全に無視されているのです。
どう言うことかというと、日本の駐留していた海外メディアの駐在員は、記者クラブの一員として認めてもらえなかったので、世界のメディアがどんどん日本から駐在員を引き揚げてしまっているんだそうです。
だって政治家の記者会見とかが完全に記者クラブの内々の人間内でしか行われなくて、政治家がどんな事を言ったのかがわからないわけですから、記事の書きようがないわけです。

本当にね、このメディアの問題というのは、とんでもなくマズイわけですよ。

僕はこのあたり、全然気づいてませんでしたが、21世紀になってからこっち、あまりに報道の質が低く、どんどん無茶苦茶になってきているなぁと感じていて、どうしてこうなっちゃったのか?といろいろ本やネットを調べているうちに、この記者クラブ問題にたどりついた、というわけです。

もうね、記者クラブ制度自体が、諸悪の根源なわけですよ。
それは、いろいろ分かってくると、もう、ものすごくはっきりする。
官僚と報道のなれ合いのベタベタしたくっつき方なんていうのは、完全に「官報複合体」というべきもので、この極悪な仕組みをこそ、徹底的にたたき壊さないと、まともな日本は作れないというのは、はっきりしていると思います。

記者クラブ制度というのは、国会だと省庁ごとに別の記者クラブがありますし、地方自治体だと、自治体ごとに別の記者クラブがあって、そこで「一般のメディアからの取材」をはじき出してるわけです。
もう、ここから全部ダメってことなんですね。どうしようもない。

そうい問題があるということ自体を、僕は知りませんでしたから。

なんで知らなかったのか? 当然なんですよ。記者クラブ問題は大手メディア(朝日・読売・毎日・産経・日経の5大紙と、それに付随するテレビ局+週刊文春+週刊新潮)すべてで、


●絶対に取り扱われないタブー


だからです。日本は、5大紙に取り上げられないと「問題」にすらならない事が多いわけですが、もっとも問題にしなければいけない記者クラブ問題を、問題としてメディアが取り上げないわけです。なぜなら、それが自分たちの腐っている部分そのものだから。

これが、はっきりしてきたのが、今年、2010年の、もっとも大きな時代の変化だと僕は思います。

で、この問題がはっきりくっきりしてきたのは、やはりツイッターです。ツイッターによる、「マスコミなみの規模を持つ口コミ」があったから、国民の側に立った問題は一気に広まったわけです。


ただし、ネットの中だけで。

この、


●ネットの中だけ。


というのが、問題なんですね。それでは広く一般社会に力が広まらない。

しかし、この前田検事の話などは、全国民にとって不利益につながる話ですから、それを歪曲して報道することは絶対に許されない事なのです。

ですから、今後はツイッターによる「世論の形成」というものが、嫌でも大きな勢力になっていきます。
いくら記者クラブでカルテルを結んでいても、全国民の目をごまかすことは、もうできないわけです。

で、このことは、おそらく、ペレストロイカでソ連がロシアになったのと同程度の大革命のはずです。そのくらい日本の情報環境は閉鎖的だ、ということなんですね。

そういう閉鎖性に気づいてない人は、いまだに平気で「小沢の政治とカネは問題だ」とか、どうでもいいことをグダグダ言い続けます。

そんなこたぁ、どうでもいいのだ。それより、「全国民の利益のために、証拠捏造疑惑のある小沢問題は無罪確定だ。」と報道することこそが、全国民のためになることなのだ、ということを、ちょっとは考えろ、ということです。

前田検事の問題に続いて、検察審査会の問題もかなりのおかしな話になってますし、この問題は、そう簡単にカタの付くことではありません。おそらくは、地熱のような一般民衆の声が延々とうねり続け、政府のあり方そのものを問い直すということになるでしょう。

であるのに、報道も検察も、かなりの不手際を延々連発しているわけです。
前田の問題が出た段階で、「小沢の政治とカネも無効」と報道すべきをしなかった。このねじれは、とんでもないものになっていくでしょうし、この間書いた検察審査会の年齢の問題も実におかしな事になっています。

ちょっといろいろはっきりしてきたので書くと、20才以上の日本国民の平均年齢は50才くらいになるのだそうです。そして、不作為に11人の審査員を選んで、その平均年齢が30.9才になる可能性は100万分の7なんだそうです。

それはいくらなんでも、偏りすぎですわ。
それも、一国の首相になろうかという人を裁く審査で、その偏りはあまりにおかしい。
100万分の7はいくらなんでもなかろう。

と、そういう声が議員の中から上がってきたら、今度は急に「実際には平均年齢はもう少し高かったのです。10人の年齢を11で割ってしまっていました。」とか言って、ちょっと年齢が上がった報告がなされました。

ちょっと待てぇ!!!

そんな基本的なところでミスするんかぁ!

小学生か、お前らは!

その段階でおかしいやろ!

ほんまに、11人の審査員がおったんか? 自分らでお手盛りでやったんと違うんか? あまりに怪しすぎるやろ!

しかも、その足し忘れていた人の年齢が37才やと言う。でも、それを足して平均を出しても、修正した34才にならんというおかしさ。
なんやねん、これ。

検察審査会。おかしすぎ。

もともと、検察がおかしな事をしないか、国民の目線で審査するという仕組みのはずが、あまりに内容が不明確すぎです。

いったいどういうことになっているのか。

ともかく、おかしなことだらけになっているのが現状で、そのおかしさについては、「記者クラブ問題」がある大手メディアでは知り得ない、ということは、みなさん、頭の中にいれておいてください。

自ら、問題意識を持って、勉強し、学習し、自らネット検索を繰り返して、正解に近づくと言うことをやらない限り、この土人なみの仕組みしかない日本のメディアと司法の世界では、真実に近づくこともできないのだ、ということです。

みんな目隠しされた馬車馬なのだ、ということに、ひとりでも多くの人が気づいて欲しいと願ってやみません。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年1月17日 21:52:05: QR3K57T0B2
内部告発者が現れば、裁判所、検察、政治家、官僚、マスゴミらが私利私欲既得権益維持に熱狂するカラクリもすぐに愚民層にまで暴かれるのだが。

>>天下り組織、裁判所、検察、弁護士、政治家、官僚、マスゴミらが私欲利権だけを守る形で裏でつながっているカラクリ事を内部告発出来ないものか。


02. 2011年1月17日 22:51:33: QXVaulDOhs
前田検事が関係した調書が証拠採用されて、取調者の証言が必要になったら、拘置所から出廷して証言するのでしょうかね。

03. 2011年1月18日 20:44:49: hMNPLjWYcw
社会党江田三郎の息子江田五月が法相になった、検察/裁判所の透明化は遠のいた。
検察の冤罪製造は益々量産化、悪質化するだろう。

04. 2011年1月18日 20:58:13: 9ANIKGouTA
投稿者の言うとおりです。
私は、平成13年に「痛快!憲法学」(著者:小室直樹)を読んで目からウロコでした。
ポイントだけを書きます。

●近代裁判の考え方
裁判には「客観的な真実」は存在しない。
「検察官の真実」と「被告人(弁護人)の真実」のみが存在する。
裁判官の任務は、検察官の主張する「真実」を検討することにある。
その「真実」に少しでも法的瑕瑾(かきん)があったり、あるいは真実の立証が完璧でなかったりすれば検察官の主張は「真実」ではないと判決される。

近代裁判では、検察官や刑事にろくなやつはいない、国家権力を背中にしょっている連中は何をしでかすかわからない、と考える。
国家権力をもってすればどんな証拠もでっち上げられるし、拷問(ごうもん)にかけて嘘(うそ)の自白を引き出すことだって簡単にできる。そこまで意図的ではないにしても誤認(ごにん)逮捕(たいほ)などはしょっちゅう行われているに違いないと考える。

 刑事裁判では検察側に1点でも落ち度があればただちにアウトとなる。
少しでも法に触(ふ)れる捜査をしたり、手続上のミスが1つでもあったり、真実の証明が少しでも不完全ならば検察は負け、被告が勝つ。鵜(う)の目鷹(たか)の目で検察側の落ち度がないかを調べるのが裁判官の本来の仕事である。

 また、マスコミは、国家権力の暴走から人民を守るためにある。
最初から「警察の言うことは本当だろうか」、「検事の調書はどこまで正しいのだろうか」と疑(うたが)ってかかるのが本当の姿である。
実際には自分が調べてもいないくせに、警察や検察の報道を真実であるかのごとく報道するから河野さん(松本サリン事件)のような犠牲者が後から後から生まれてくる。

●なぜ疑(うたが)わしきは罰(ばっ)せずなのか
近代裁判の基本精神は、権力の犠牲(ぎせい)になって無実の人が牢獄(ろうごく)に送り込まれることだけは何としても避けなければならない、権力の横暴(おうぼう)を絶対に許してはならない、というものである。一言で言うと「1000人の罪人を逃すとも、1人の無辜(むこ)を刑するなかれ」という思想である。
 その結果、真犯人が無罪になることがあるかもしれない。しかし、その害より権力の害の方が文句なく大きい。1人の犯罪者が行える悪事より国家が行う悪事の方がずっとスケールも大きい。だから刑事訴訟法をはじめとするさまざまな法律で行政権力をぐるぐる巻きに縛(しば)った上に、さらに憲法という太い鎖(くさり)をかけているわけである。

以上、今は亡き小室先生はこの本で近代裁判の本質を素人でも解るように書いています。私は今までに5回位読みました。今は図書館に行くと「憲法原論」とういう書名に変わっています。オリジナルは北斗の拳の挿絵がいたるところにありましたから・・・
是非、皆さんも読んでみてください。きっと大きな驚きと発見があることでしょう。


05. 2011年1月19日 18:41:16: 9lLEdfe5g6
なんで説明しているのにマスコミは無視するの?

1 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=5KHB-07-sdo&feature=related

2 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=rotZTub0yr4&feature=related

3 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=Gx5Y8uiuKs8&feature=related

4 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=6NM9celP2-c&feature=related

5 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=MqwXr76jgPE&feature=related

6 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=m0jZXzQbZ64&feature=related

7 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=7_P5e9PLq7c&feature=related

8 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=jg9R_LxzUtI&feature=related

9 小沢一郎ネット会見〜みなさん?の質問にすべて答えます2010/11/03(水)
http://www.youtube.com/watch?v=19YnJN3-vfU&feature=related


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK104掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧