★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105 > 416.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
愛知県知事・名古屋市長選 菅政権崩壊どころか既存政党の崩壊も(世相を斬る あいば達也)
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/416.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 1 月 24 日 05:06:48: igsppGRN/E9PQ
 

“腐れマスメディア” がスポットライトをあまり当てない政治的シーンと云うものが、後になって歴史的大転換点であったことに気づくことがある。

2月6日投開票の愛知県知事選と名古屋市長選は、単に4月からの統一地方選の前哨戦と位置づける論調が大勢だが、筆者の考えは違う。意外に、これからの日本の国家のカタチを示唆、乃至は暗示する選挙になるのではないだろうか、予感が働く。

日がな一日“オタク君”のように政治コラムを書いていると、“当たらず雖も遠からず”な先々の眺望と云うものが見えてくることがある。時に外れるが政治評論なんて、そのようなものだがマスメディアの論調よりは確率は上々だと自負している。マスメディアや菅・岡田が、どれほど狂騒的に強弁しようと、流れと云うものには逆らえない気がする。渦中にある人間には、この眺望が殆ど観えないの現実だろう。

石川議員の公判にせよ、小沢一郎の起訴騒動にせよ、あれは何だったのだと云う結末を迎え、特捜検察の解体への動きは早まるだろう。記者クラブで御用商人のような無様な姿を晒してしまった我が国のマスメディアも解体の危機に直面するだろう。既得権擁護派言論人と呼ばれる人々の多くが、メディアと呼ばれる世界から放逐されるか、損害賠償訴訟で裁判の日々を送る姿が目に浮かぶ。

小沢一郎が内閣総理大臣に就任しているかどうか判らないが、彼の政治理念が活かされた政権が誕生する事は、敗戦国日本の戦後の総決算になるだろうし、独立国としての初めの一歩を踏むことになる可能性は大いにある。勿論希望的観測も含まれるが、そのような道筋を示す小さな事実が重なり始めた。こういう現象こそが、時の流れなのではないだろうか。歴史の力と云うものは、過去にのみ存在するものではなく、現在や未来にも影響を及ぼすものだ、とつくづく考えさせられる。

マスメディアの世論調査の数値など、民主、自民の議員連中は気にするだろうし、所謂B層等いう人々は惑わされるに違いない。なにせ、腐れマスメディアの広報活動から未だ抜けださないのだから、暫くは放置するしかないだろう。

しかし、B層という人々を小馬鹿にするのは賢明ではない。日々の生活に追われていて政治に関心がなかったり、腐れマスメディアの隷米プロパガンダに惑わされているだけだ。必ず、ある日気づくのである。気づくまでは邪魔な存在だが、気づけば味方にもなる。厄介だが、常にそういう存在はあるものだ。彼等の常識は、マスメディアのオーム返しであり、生活実感とはかけ離れたもので横並び日本人そのものだ。長い目で見つめるしかないのだが、政治に興味が薄いから馬鹿だとは言い切れないわけで、頭脳明晰なB層も居ることを自覚する必要はある。

最近筆者は、日本の戦後政治は、あらゆる対立軸を隠ぺいする政治だったような気がしてきている。無条件降伏の敗戦のトラウマが日本の戦後の歴史の中で、脈々と流れている感じだ。小沢一郎の政治理念が一定の国民に激しく訴えかけられる源泉も、この無条件降伏と云う敗戦の敗北主義というか、負け犬根性から逃れようとする日本の叫びなのかもしれない。

戦後の自民党を中心とする政治と官僚組織には、戦後復興と云う切羽詰まった目的が存在した。彼等はその目的に邁進し、一定の成果を得たのである。勿論、そこに敗戦国家の国民が有するであろうコンプレックスの爆発を回避する、戦勝国・米英の戦略があったことは事実だ。政治家も官僚も、その不安が故に、国民の怒りが沸点に達しないよう、あらゆる努力を惜しまなかった傾向はある。

その意味で、戦後の政治家は国民の心情に敏感だった。国民も統治されると云うコンプレックスに敏感だった。マスメディアも、それら国民の心情にセンシティブな報道を心がけたに違いない。

大雑把な括りで語ると、そこに復興を超越した経済成長とテレビと云う文化が入り込んできた。この二つがとてつもなく愉快でコンフォタブルだったのが運の尽きである。

昔の社会の教科書ではエンゲル係数という言葉が、金科玉条な言葉として語られた。つまり、国民が衣食住で最低限満足できる国家を復興させようと、働き続けたわけである。ところが、思いもよらぬ急速な経済成長で、あっさりと復興の到着地点を通り越した。

何も考えず、心構えも無しに、日本の文化はエンゲル係数とは異なる生活水準世界に突入していた。 その速度はあらゆる人間に立ち止まり考える余裕を与えず突き進み、国境を超えたグローバルな経済構造にまで達してしまった。

気がついてみると、少子高齢社会が目前に迫り、助けあう日本社会の文化は消え去り、家族単位の幸福とか個人の幸福を絶対視する世間が出来あがってしまったのだろう。 そのような世界が善か悪か、正しいか間違っているか、好きか嫌いか、そのどちらでもないのか。今一定の国民が考えだしたような気がする。

復興と云う時代には、政治的思想信条として「明確な対立軸」を極力避ける政治行政が必要だったに違いない。つまり、明確な対立軸を持たない政治行政がベストの選択だったのだ。 しかし、此処に来て日本と云う国家を取巻く環境はあらゆる面で「明確な対立軸」を見せはじめている。

政治家vs官僚、中央vs地方、年金生活者vs勤労納税者、米国vs中国、既得権益vs新たな権益、既存システムvs新たなシステム等々、明確な対立軸が現出している。おそらく、このような対立軸を「ことなかれ主義」では見逃せない時代に日本は突入したのだと思う。ネットのツールが発達したからだけでは説明できない、市井の言論対立もその証明の一つだろう。反小沢vs親小沢と云う対立軸も、まさに上述のあらゆる対立軸の一つの現象と捉えることが可能だ。

そのような意味で、2月6日に投開票される愛知県知事選、名古屋市長選は単なる地方統一選の前哨戦と位置づけるのは間違いだと考えている。多くの予想を総合的にみて行くと、「既存政党vs新たな政治を主張する政治家」と云う奇妙な対立軸につきあたる。所謂地方の反乱と云うより、既存政党への個人的反乱のようにも見えてくる。

そして、明らかに「新たな政治を主張する政治家」が有利な選挙を戦っているようだ。これをもって、日本の対立軸の先鋭化を証明するつもりはないが、考えさせられる問題を提起している。大阪でも橋下知事を中心に「新たな政治を主張する政治家」の台頭が市民の支持を得ている。

これを、誰それは革新だとか、保守だとか論評するのは間違いだ。既存政党への市民の主張の一種であり、ウッカリすると既存政党を凌ぐ大旋風を巻き起こす可能性すら包含している。個々の政策云々ではない市民の価値観と既存政党の価値観に齟齬が激しく生まれてきている現象を捉える方が自然だ。

このような政治シーンにおいて、みんなの党さえも、既存政党にみられている点も注目に値する。国民的対立軸の先鋭化と愛知や大阪で起きている現象が同一円周上にあるかどうかも不明だが、上記のような目線でこの地方選をみつめる事も必要だと考える。

此処まで来ると、菅直人がどうしたこうしたを論評するのは意味のないことだろう。拙コラムはそう云う意味で、今後菅直人へのバッシングは少なくなる。(笑)もう意味のない政治家への論評はアホくさいし、徒労な作業だ。

幸せに暮らせとエールは贈れないが、伸子夫人と早く政界を引退する事を切に祈っている。ついでのようだが、仙谷・枝野・玄葉にも同じ言葉を贈ろう。筆者は平和主義者なので“死ね!”等と云う粗暴な事は言わない。“去れ!”その一言で充分だ。オヤスミなさい。

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/93470c12602015c54eabd90d387f86ff  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 檀渓の靖 2011年1月24日 06:58:57: BmYUfWCo9WuL6 : dbqX3UamfQ
あいば達也さまの仰る事に全く同感です。
転載して下さった投稿者様に感謝いたします。

今回の「2・6トリプル選挙」は、日本の「地殻変動の魁」になるかも知れない、と思います。その意味では、今まで各地で行われたデモと、

1月29日の名古屋デモと30日の西宮デモ、2月の大阪デモは、日本の将来にとって、大変重要な「行動」であることは間違いないと確信しております。


02. 2011年1月24日 11:30:44: TxogqlMtsY
小沢一郎の政治理念って何?(笑
アメポチ卒業してシナポチに変わるのが政治理念?
私はアメリカと組もうが、中国と組もうが、日本に待ってる未来は
同じだと思ってますが。
何故なら両国とも新自由主義信奉者だから。
イデオロギーじゃなく、好き嫌いで外国と付き合うのは、世界でも
日本人ぐらいでしょうね。
結局、この性癖こそが、日本を政治小国たらしめてる所以だし。

小沢一郎に過大に期待する一部の勢力ってほんと分からん。
小沢が過去にやった仕事なんて、バラマキしかない。
この前の選挙でも、相変わらず官僚打破しか言えない。
何の目新しさも、期待感もない。
小沢は選挙屋であって、政治家じゃない。
彼には何のイデオロギーもない。

大国というのは、その国独特のイデオロギーを作り、それを
世界に広げるのが仕事です。
何処に隷属するのが一番得かしか考えてないのは、三流国家。
小沢は三流国家の三流政治家です。


03. 2011年1月24日 12:17:45: DSyvgspLX2
アメポチ側は、苦しそうだナ。

04. 2011年1月24日 16:56:07: l0D0EousDo
あのう、02さん、
あなたは何を言いたいのか、自分でわかってますか。どうせネガキャン屋でしかないにしろ、ネガキャンはるなら、少しは理屈でもこねてごらん。
中国は新自由主義の国ではありません。それから、好き嫌いで日本は外国とつきあってきたんじゃありません。敗戦国の弱みを握られて、アメリカに搾り取られてきたわけですが、敵もさるもの、非常にソフトにやっていたので、見る目のない庶民にはアメリカが親切な隣人に見えていただけです。中国と組んでもアメリカと組んでも一緒ということはありません。それにしても、そもそも、どうしてどこかと「組まないと」いけなんですか。「組む」って、どういうことですか。別にどことも組まず、互いの利益をはかりつつやっていくのが、外交というもの。あなたはアメポチでもシナポチでも同じことと、投げやりに思考停止しています。どこかの国に隷属するという発想しかない方が、なぜ小沢さんを奴隷などと言えるのですか。奴隷はあなたです。
我々阿修羅の仲間は奴隷でありたくない人間たちです。奴隷のあなたはここに来ても誰も評価してくれません。奴隷小屋にお帰り!

05. 2011年1月24日 21:26:00: DwJmUTvhRo
あなたの言うとおり、菅直人なんて相手にしたくないよ。

どこにもいる、ダメ男じゃないか。


06. 2011年1月24日 21:40:51: r4bB2WoODo

菅直人は、官僚のパシリ?
菅直人は、アメリカのパシリ?

そうだよね。


07. 2011年1月24日 23:03:45: Gs3zvHEIsc
菅執行部は完全に米国務省の方に顔を向け、国民の方には顔を向けてません。
なんか気が狂った人達に見えます。

08. 2011年1月24日 23:03:54: J6wmjLVKsE
>>TxogqlMtsY
お前はミジンコなのだから、巨像である小沢氏のことがよくわからないんだよ。
あわれなゾウリムシよ。君は君の世界で生きていなさい。
単細胞生物が人類のことに口出してもせんなかろう。ゴミ虫の叫びなどわしらに聞こえるわけも理解が出来るわけない。君らが私らの言葉がわからないのと一緒なんだよ。

09. 2011年1月25日 00:42:18: EA2ImDqezM
>>02. 小沢は三流国家の三流政治家です。

小沢さんは、2009年に世界の政治家ランキングで3位になった人です。
一位が中国、オバマ大統領は2位でした。

小沢さんの理念を知らずして、話すべらからず。 もう少し勉強してから発言しないと恥を書くどころか、相手にされなくなりますよ。

次に登場するときは、小沢さんに勝る現役政治家名とその理念を述べて欲しい。


10. 2011年1月25日 03:26:27: SOrFV1bxHg
「アジアの価値観VSアメリカの価値観」と云う図式も有るのでしょうか。

いわゆる「売国奴」と呼ばれる政治家がいる事が理解出来なかったのですが、テレビで中田前横浜市長が「日本は、アメリカと価値観を共有している。」と発言しているのをを聞いて、やっとで気づきました。本来、日本人の価値観は、アジアの国々に近いと思うのですが。正確では有りませんが「農耕民族VS狩猟民族」と言い換える事も出来るのでしょうか。


11. 2011年1月25日 16:06:36: TxogqlMtsY
>>04

俺の投稿キチンと読んでから反論してくれ。
あと相変わらず小沢シンパってのは、政策を語らず、
世界の政治家ランキングで3位とか、訳の分からん印象誘導ばっかりやってるな。
TVで小沢を推してる知識人と同じ。
下らない。

少なくとも一般大衆は小沢なんかに何も期待してない。
この人の魅力なんて全然伝わらない。
魅力が伝わらないということは、政治家として無能ってことだ。
大衆に支持されない政治家が、改革なんて出来るか。w


12. 2011年1月25日 16:16:40: TxogqlMtsY
中国と組もうが、アメリカと組もうが、日本に待ってる未来など同じ。
両国の最大のイデオロギーは「金儲け」であり、自由も民主も人権も
その為のツールに過ぎない。
コインの裏表と同じで、中国が裏で悪役を演じ、アメリカが善役を演じ、
アジアでお互いに美味しい汁を吸いあってるだけ。
ヤクザ組織が敵対を演じて、みかじめ料取るカラクリと同じ。
何故こんなミエミエのことが分からない?

管がアメリカとベッタリだから「売国奴」w
小沢は中国とベッタリだから「反米的で本物の政治家だ」w

実に下らない。
こんなことで政治家の良し悪しを選んでる奴は、実に低レベルの小学生並だ。
俺に言わせれば菅も小沢も、全く大差ない売国奴。
金さえ儲かれば、中国米国の靴の裏だって舐めるお笑いポチだよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧