★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105 > 731.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高知県バス運転手冤罪事件  警察、検察、裁判所が共謀した司法の腐敗
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/731.html
投稿者 天橋立の愚痴人間 日時 2011 年 1 月 28 日 13:39:16: l4kCIkFZHQm9g
 

(事件)

2006年3月3日午後2時30分頃、高知県高知市(事故当時は吾川郡春野町)で、道路左側のレストラン駐車場から出てきたスクールバスが、国道56号の交差点に道路外から右折横断進入しようとしたところ、高知県警交通機動隊の巡査長が運転する白バイと衝突し、白バイに乗っていた巡査長(当時26歳)が、胸部大動脈破裂で死亡した。バスの乗員乗客にけがはなかった。

スクールバス運転手(当時)が、安全確認不十分のまま道路に進入したことによって、事故を起こしたとして、逮捕・起訴されたが、運転手は、起訴事実はなく、バスは停止しており、複数証人もいるとして、無罪(冤罪)を主張した。

スクールバス運転手(当時)が、安全確認不十分のまま道路に進入したことによって、事故を起こしたとして、逮捕・起訴されたが、運転手は、起訴事実はなく、バスは停止しており、複数証人もいるとして、無罪(冤罪)を主張した。

また、弁護士と一部メディア[1]が、交通事故鑑定人による検証実験、目撃者取材などを行った結果、「バスは動いていて、急ブレーキをかけた」とする警察・検察側の主張には疑義があり、提出された証拠は捏造された可能性が高く、当時、現場周辺では違法な白バイの高速走行訓練が行われており、事故は自損事故であると主張。一方、高知県警は、高知県議会や記者会見で、証拠捏造や白バイ側の過失を否定した[2][3][4]。

2008年、最高裁は上告を棄却し、一審通り禁固1年4ヶ月の刑が確定。元運転手は10月23日、高知地検に出頭して高知刑務所での数週間の収監を経て、同年11月からは加古川刑務所(交通刑務所)に収監され服役し、2010年2月23日出所。身元引受人が居るにも関わらず仮釈放が認められなかった為、満期での出所となった。

(以上ウィキペディアより引用)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%9F%A5%E7%99%BD%E3%83%90%E3%82%A4%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E6%95%85

(その 1)

中学生22名を乗せた大型バスが交差点の中央近くで右折のために待っていたところへ右側から白バイが突っ込んできて衝突、その警官が死亡した事件です。

運転手は右折のために止まっていたところへ、白バイが猛スピードで突っ込んできたと言い、同乗の生徒達も、先生も止まっていたことは証明し、右の窓際に座っていた一人の男子生徒は丁度白バイが突っ込んでくるのを目撃したと証明しました。

ところが、1審で採用された証拠としては、其のとき対抗斜線を走ってきた同僚の白バイの警官の意見を取り入れて、バスが進入してきて白バイと衝突した事にされて、運転手は禁固1年4ヶ月の刑罰を言い渡されました。業務上過失致死にもとわれ職も辞すことになりました。

生徒がはっきりと止まっていたことを証明し、当時付近を走行していた他の自動車の運転手も、遠目であるが、動いていたようには思わないと言っています。
第一、交差点に右折をするために進入する場合、衝突によって死亡をきたすようなスピードで入るわけがありません。

事故の場所は殆ど交差点の中央なのです。
ところが事件から8ヶ月過ぎて、警察はバスが急ブレーキをかけた証拠とタイヤ痕の写真を提示しました。
1mあまりのタイヤ痕など、それなりのスピードが無いとつく訳がなく、この事件を取り上げていたメディアによって再現実験も行われました。

それによると交差点に入る通常と思われるスピードで急ブレーキをかけてみても、たかだか30cmくらいの、それもよほど見なくては解らないくらいの痕跡よりつかなかったそうです。

こう言う状況説明がありながら、生徒や他の目撃者の後述調書は殆ど裁判には用いられることはなく、一部の生徒(窓際には座ってなかった)の口述も其の生徒の意に反した形で採用しました。

全ては、対抗斜線を走ってきた同僚の警官の言うなりとなったようです。

警察のデッチ上げである事は明白なのですが、控訴した高裁も殆ど審議せずに地裁を支持しました。
今回報道があったのは、最高裁の判決が出たからです。
最高裁では、30分くらいの審議1回で、却下の結論が出たそうです。

警察と司法界がこぞって、一人の無実な人間を罪に落としいれた例なのです。
たかだか、事故で無くなった同僚警官の名誉、おそらく保険など金銭関係の優遇が目当てと思われますが、そんなことのために、人の人生を踏みにじりました。

本人は、今頃、刑に服しているでしょうが、インタビューに答えて、出てきてからも生涯をかけて不正と戦うと言っていました。
自分は何もして無いのに、ただ交差点で右折のために止まっていただけなのに・・・

皆さん、こんなことが現実に起きているのです。
幸いにも、彼を支援しているメディアもあるようです、事件は終わった訳ではありません。
直接の支援は出来なくとも、このような官憲の横暴を糾弾し、彼を励まそうではありませんか。

(その 2)

忘れかけていた事件ですが、3年前にこのようなことがありました。今日はテレビアサヒでその事件と特集を深夜ですがやっていました。
当事者及び支援者達は、いまだにめげることなく司法の暴走に抗議を続けているようです。


それによりますと、裁判結審後の粘り強い要求で裁判に使った証拠写真130枚を公開させることに成功したらしいです。

その写真の中に、衝突してバスに2〜3m引きずられたと言う(検察の主張でこれが結審の基準になっている)のに、白バイの破片がバスの前面、バンパーの真下に散らばっているものを写したものがあります。

これはバスが止まっていたと言う証拠であり、その写真の小さな破片などは写真を拡大しなければ解らないようなものであります。

その他の大きな破片は、これもまた白バイの損傷と部位とはつながらない様な位置のものも見つかるそうです。

と言いますのは、白バイ本体は衝突してから2〜3m引きずられたとしても、微小な破片など全ての破片も引きずられたとは考えられないのです。

衝突位置のままなのに、引きずられたと強引に主張し、タイヤ痕まで、後日作って写真を取っているのです。

これに対して、バスの運転手、同乗の生徒、バスの後ろで停車していた学校長の証言全てを検察も、裁判も取り上げませんでした。

要するに事件直後から、意図的にでっち上げが図られ、あわてめいていたために極少の破片の位置に気がつかなかったのでしょう。

運転手が有罪となったあとも、再審請求や、検察の捜査の資料の公開を求める色々な訴訟を起こしても、裁判所は一切門前払いとするらしいです。

勿論、検察を相手に訴訟を起こしても不起訴で応対し、検察審査委員会が起訴するように異議を挟んでも、法改正前(現在は2度繰り返せは検察は従わざるを得なくなっている)なので知らぬ顔の通してしまっています。

こういうあからさまな、裁判官でさえも加担する司法の腐敗の存在を許してよいものでしょうか。
同じようなことが、ごく最近だけでも、このサイトでも重要視している三井氏や、姉歯事件の藤田建築士、それに遂犯無罪さんのことも入れねばならないでしょう、でおきています。

高知の件でまだ取り上げているテレビに敬意を払うと共に、この運動を大きく取り上げて、腐りきった司法界の膿を出さねばなりません。

高知県バス運転手の冤罪事件では、数名の裁判官、高知検察のトップグループ、それに高知県警の本部長を(県議会でこの件について答弁している)はじめとする相当数の幹部職員など、数十人を懲戒免職にしなければなりません。

刑事事件としては時効の壁があり、現在では、それゆえ、どんな申し立ても全て門前払いということです。
ここで言ってます写真の件も、検証する態度は一切なく、門前払いであったそうです。

(その 3)

この事件を取り上げた、KSB瀬戸内海放送の特集です。
是非ご覧下さい。

http://www.ksb.co.jp/newsweb/indextable.asp?tid=4&sid=7
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年1月28日 13:59:09: tYHkjAw4fs
 土佐の「イゴッソ」は全国に知られているが、高知新聞にはそんな記者はいないのか?
「龍馬伝」で人気は出たが、いまの高知県人は“金儲けに走る”商売繁盛だけか!

02. 2011年1月28日 14:10:55: 5uFLnyd8U2
白バイの通ってきた道は黄色点滅の優先でバスの来たコースは非優先。

バスとかタクシーはとかく、公共の道路で商売している身分なのに
先の道に右折して出られる見通しもないのに強引に交差点内に進入してコースをふさいでいることがあるのできわめて危険。
この事故も結局はそれが原因なのですから、ブレーキ痕の原因(本物か捏造かこぼれた液体か)に関わらず優先道路をふさいで事故では実刑は免れなかったでしょう。
刑の期間が1年4カ月というのもそのへん(ブレーキ痕の疑問)を考慮して比較的短期間だったのかもしれませんね。

アメリカなどですとブレーキ痕に疑問があれば無罪になることもありえたかと思えますが、同時にアメリカなどですと警官を死なせた場合の刑はきわめて不利になるので、結果的にはそのへんが相殺されているのか?


03. 2011年1月28日 14:36:47: Iz3WhxDRpQ
>2 日本はアメリカではない。

04. 2011年1月28日 14:54:49: dGYcXhhhe6
>02
道路をふさいでいたバスに、死亡するような速度で激突したプロの白バイ?。

この事件で一番心を傷めているのは白バイ隊員のご遺族だと思いませんか。
それに、バスに乗っていた中学生徒諸君、一生心のモヤモヤから開放されません。
冤罪が晴らされることをお祈りします。


05. 2011年1月28日 15:08:23: ZTceO6aYDc
>>02の言うとおり。
優先道路の交通を妨害して、強引に右折する大型車は珍しくない。止まっていようが動いていようが、他に誘因があろうが、ルール違反である優先道路遮断と事故は明らかに因果関係があるのだから、有責でしょう。

06. 2011年1月28日 15:16:26: DJGkvEtYtY
これについては、県警、検察、裁判所はもとより、高知新聞、テレビ高知、
高知放送、さんさんテレビなど地元マスコミの報道腐敗がすさまじい。
地元民だが、まさに暗黒の地。土佐人=土人ってことだよ。

07. 2011年1月28日 15:30:06: 8HikxGtgtU

 >止まっていようが動いていようが、他に誘因があろうが

 有責でしょう ??

 ===

 白バイが 100キロ出していようが 200キロ出していようが

 そんなことは 

 > なかったことにする     by おバカちゃん

 


08. 2011年1月28日 15:48:41: oLX08exg3Y
02も05も警官か?
正気なのかこいつら、警官を死なせた? 勝手にぶつかって死んだんだよ、止まっていたバスに向かって。何人の目撃者とバスにいた同乗者が証言していると思ってんだ、こういう奴らがいる事自体、絶対に許せない。

09. 2011年1月28日 15:54:54: ZTceO6aYDc
単細胞が多いねえ
>白バイが 100キロ出していようが 200キロ出していようが

そうだとしても、優先道路を遮断して優先道路の交通を妨害して事故につながったら有責でしょう。もちろん白バイも同時に有責だけどね。

権力が白バイを無責だと捏造しているからといって、バスは無責にはならないよ。別々に責任が生ずるということ。


10. 2011年1月28日 16:44:58: ZTceO6aYDc
>勝手にぶつかって死んだんだよ、止まっていたバスに向かって。

動いていたか、止まっていたかは些細なこと。重要なのはルール違反をしていたか、していなかったか。右折は優先交通を妨害しないように一気に完了しなければならないのだが、止まっていたとすると、その時に優先交通を妨害していたことは明白になるから、動いているより分が悪いんじゃないの。

違法駐車(ルール違反)の車に自転車が追突して、自転車の人間が死亡した事故があったが、違法駐車の車は有責になった事例がありますよ。自転車の人間に「止まっている車に勝手にぶつかって死んだ」なんて言えるかな?それと同じこと。


11. 2011年1月28日 18:00:33: DyU3A1kkvg
優先、非優先の議論は、この事件の場合、一切関係ない。
この裁判の争点は、バスが動いていたか、いなかったかだったんだろ。
それを根拠に有責にするのなら、裁判でもそれを争点にすればいいし、警察側も堂々としてればいい。
わざわざありえないタイヤ痕なんぞ用意して、子どもの証言をブロックし、身内の証言だけ採用するような真似をする必要はない。

本筋と関係ない話を持ち出して、いったいなにがやりたい?


12. 天橋立の愚痴人間 2011年1月28日 19:42:01: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
道路の優先順位何とか抜かしている連中、お主は自動車を運転したことがないのと違うか。
信号のある交差点は優先も何もなく信号に従うだけのこと。
優先道路と言うのは、具体的に言えば、信号機のない交差点で、どちらかに一旦停止の義務があるということであり。
一旦せずに徐行することで通行できるのが優先道路と言うのだ。

この場合、バスが片方から白バイが来るのが判っていながら強引に交差点に進入することは許されないが、バスはすでに交差点の中心付近まで出て止まっていたと言う、同見ても強引に進入した訳ではない。
白バイのほうの前方不注意と言うことだ。
バスがすでに止まっていたことが最大の問題であり、それは同上の中学生が証言している(裁判では取り上げていない)。

その証拠に、白バイと同じ方向から走っていた軽トラックの運転手が、バスを確認し、その上で白バイが猛スピードでトラックを追い抜いて行ったことを証言している。
最も、この証言さえも無視されているが。

こんなことも判らないで、トンでもないことを抜かすものがいるものだ。


13. 天橋立の愚痴人間 2011年1月28日 19:43:23: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>こんなことも判らないで、トンでもないことを抜かすものがいるものだ。


警察の犬だ!


14. 2011年1月28日 20:38:46: VlflzVLIU2
犬だ!犬だ!犬だ!犬だ!犬だ!

犬がいっぱいいて、無罪のひとを落とし込めて、のさばっている、そんな日本に誰がした!

ポチも怪しからんが、犬もとんでもねー! あっ!? こいつら、同じ????


15. 2011年1月29日 01:10:00: 5uFLnyd8U2
詰まった交差点(しかも非優先)に強引に入り込んでそれ以上進めず交差方向から来る車の進路をふさいで衝突されたら、責任割合としては60%くらいかな。

高速道路で故障して走行車線に停車して後続車に衝突されたケースよりは
(故障という理由がないだけ)明らかに悪質だし。

このようなバスが都会でもよく見られるが、バスやタクシーの傲慢運転というのは
どうにかしてほしい。公共の道路を使って金を稼いでおいて「こっちは仕事だからお前らより偉い」という態度だから。

しかし宅間といい、栃木の冤罪といい、最近はバス運転手の事件が多い気がする。


16. 2011年1月29日 02:59:30: RD4Fyk10Jo
無実で逮捕されひどい目にあう人もいれば
うつという理由で障害年金を支給され その金で新車を買い
毎日車を乗りまわし遊んで暮らして 2ちゃんねるの短歌板などて
長谷川櫂氏の誹謗中傷を何年間も大量に書き込んでいる人間がいる。
東京都の役人が税金搾取で調べないのか不思議だ
誹謗中傷を警察が何も言わないのも不思議だ
東京都が犯罪者に税金15万くらいただで配って援助している感じだ
冤罪で苦しむ人もいれば こうゆうとんでもない奴もいるのだ。


17. 2011年1月29日 03:59:09: JF4cV8sViE
この世は不条理だ、

不条理だと言った本人 僚友小澤に議員辞職を頼んでいる。

これが まことに 不条理内閣アホ内閣アホ菅夫妻、日本の恥。

 世界の笑い物 奸尚戸。

消えてください 人間の屑夫妻 大海へ ! 


18. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 05:31:40: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>詰まった交差点(しかも非優先)に強引に入り込んでそれ以上進めず交差方向から来る車の進路をふさいで衝突されたら、責任割合としては60%くらいかな


警察、検査は、このような状態をでっち上げているのである。
止まっていたはずのバスを進入してきたと言っているであろう。

そのために、中学生や関係者の証言を全て取り上げていない。
片岡氏が無罪か有罪かは、ここに絞られている。
我々は、中学生、及び付き添いの教師、同じく走行中の軽トラックの運転手など片岡氏に有利な証言を全て無視して、ありもしない状況を演出しているものを糾弾しているのであり、それが冤罪なのだ。

警察が只一人取り上げた証言が、偶然に、対向車線から来た白バイの警官の証言であることが判っているのか。
その理由が振るっている。
多くの一般の目撃よりも、警察官のそれの方が専門職であるので信頼できるそうだ。
対抗斜線からきたものに、バスがさえぎって真実が判るはずがない。
全てが仕組まれた演出である。

冤罪を作るための警察の見解を繰り返すおぬしは、この問題に口を出す資格がない。

警察の犬としてなら別であるが。
いや、この問題が大きくなれば、大変なので、警察、検察は工作員を貼り付けていると思われる。
このスレッドを立ち上げると同時に出てきたことを考えると、
ネット上に「高知県バス運転手冤罪事件」などという言葉で検索網を張り巡らせているのであろう。

藪とつついて蛇を出すと言うことだ。
不埒な工作員が存在すること事態、警察、検察、最高裁までが吊るんだ重大な犯罪行為であったことを証明する。

別スレッドの「バス運転手冤罪事件に抗議する高知のデモ」を全力を挙げて支援しよう。


19. 2011年1月29日 05:36:15: 5uFLnyd8U2
>>18
そうじゃないですよ。
非優先側が優先側の交差点または道路内に縦に停止しているだけで責任が相当あるんですよ。
それで優先道路側の人が死んでれば、死んだ人の前方不注意を数十%割り引いても実刑はありえます。(故障で止まっていたのなら実刑はないだろうけど)

20. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 06:14:04: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%9F%A5%E7%99%BD%E3%83%90%E3%82%A4%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%AD%BB%E4%BA%8B%E6%95%85
(ウィキペディアによる検証)

争点 [編集]
とりわけブレーキ痕がバスによってできたものか、警察に捏造されたものかという点に争いがある。

ブレーキ痕がバスの急ブレーキによってできたものか、警察に捏造されたものか
弁護側
白バイは一旦停止中のバスに衝突したものであり、白バイの高速走行と前方不注視による自損事故である。
警察は身内の違法走行を隠蔽するため、事故形態を捏造、バスが走行していた証拠としてブレーキ痕などを捏造し被告人を犯人に仕立て上げた。
写真のブレーキ痕にはタイヤの溝がない。同様のブレーキ痕は飲料水を塗ることで捏造可能。

警察
捏造、飲料水を塗ったと言うことはない。(交通部長)
捜査上、反省すべき点はない。(同上)

検察
裁判所
事故直後とされる写真にブレーキ痕が映っていることに加え、多くの見物人や報道関係者が居合わせる中、捏造の可能性は「ほとんどない(高知地裁)」「全くない(高松高裁)」。

>その写真が捏造されていない証拠はない。元々冤罪を捏造しているのであるから写真を合成することなどやるであろう。
ネガ提出に応じていない上、ブレーキ痕のみを撮影した写真は後日のものであることは証明されている。

弁護側
交通事故としては異例の30名の捜査員が派遣されていた
元運転手に現場で確認させていない
バスの乗客の証言(急ブレーキのショックを受けていない)と食い違いがある。
白バイの公道での高速走行訓練の有無
弁護側の提出した証拠・証人を採用しない裁判所

検察側の主張 [編集]
公訴事実
元運転手には『道路進入時の安全確認不十分』という業務上の過失があった。
内容
時速5kmないし10kmで車道を進行中に時速60kmで通常走行中の白バイと衝突、発進して6.5mを5秒掛けて進んだ地点でスクールバスは急ブレーキをかけ、白バイを轢いたまま約2.9m先で停車した。白バイが引きずられたことを示す車体のブレーキ痕(擦過痕さっかこん)が残っている。
約3.6m前方に跳ね飛ばして転倒させ警官を死亡させた。
白バイは制限速度いっぱいの時速60km程度の速度であり、バスが停車していればありえなかった事故である。緊急走行や追跡追尾訓練のために制限速度を超えて高速で運転したことはない。高速で運転するのは速度違反を取り締まるために追跡するときだけである。
同僚の白バイ隊員が約130m離れた交差点のバスと178m先の白バイを目視、交差点から約80m離れた場所で事故を目撃した。8年のベテラン隊員であり、バスは時速約10km、白バイは約60kmであると確認できた。

>同僚の白バイ運転手の目撃状況を正すれば、白バイとバスの車間距離は48mあり、時速60キロで走行しきた白バイが危険を感じて停車できる十分な距離がある。
かつ、対向車線から走ってくる自動車の時速が容易にわかるものではないことは自動車を運転する人間には良く判ること。

死亡事故という重大な事案であり、事故直後の逮捕は正当である。
ブレーキ痕について
前輪左側のタイヤによって1.2mのブレーキ痕が、前輪右側のタイヤによって1mのブレーキ痕があり、急ブレーキをかけたのは明らか。
ブレーキ痕に一部濃いもののある写真は事故で流出した液体が付着したもので、そうでない写真は液体が乾いた後に撮られた写真である。
事故直後の写真でもブレーキ痕は映っており捏造したものではない。

>その液体が、白バイが衝突した側につく事を認めたとして、反対側のタイヤ痕まで流れ出したとは到底理屈に合わない。
かつ、液体と言っているが、具体的になんであるのか。
白バイに付いている液体とはガソリンを示しているのか。それともオイルのことなのか。こんなことにも言及していない。出来ないから言及していないのであろう。
茶番である。

弁護側の主張 [編集]
公訴事実について
業務上の注意義務を怠り、右方道路から進行してくる車両の有無及び安全確認が不十分のまま発進した事実はない。
ブレーキ痕について
スクールバスの移動距離はわずか6.5メートル。しかも一旦(いったん)停止からの発進。仮に急ブレーキをかけたとしても、乾燥した舗装道路上で1メートル以上のブレーキ痕がつくとは疑問。バスに乗っていた教諭は、急ブレーキも体が前に倒れるような衝撃も、全くなかったと証言している。

証人
スクールバスに乗っていた学生も、スクールバスの後ろの乗用車を運転していた校長もスクールバスは停車しており、急ブレーキの事実がなかったと証言している。

衝突地点について
衝突による破片の散乱状況はスクールバスの最終停止位置に集中している。これは同位置が衝突地点であることを裏付ける重要な物証であり、衝突後、白バイを引きずったまま約2.9m先で停車したとする一審判決の事実誤認はあきらか。
衝突直前の白バイの速度について

>この2.9m引きずったと言う検察の言い分を否定する証拠が出ている。
裁判結審後に公開された写真で、事故直後の写真の中で、バスの前面に微細な物質が散らばっていることが判明したそうである。
これは写真を拡大して初めて識別できるもので、現場では視認できないはすであるそうだ。
事故後、警察が行った現場状況の誤魔化しがばれたと言うことである。
現場では視認できるものは移動させたが写真の拡大でよりわからないものは見落としたと言うことである。
要するに、バスは白バイを引きずらなかったと言うことである。

別の白バイ隊員が、約80メートルの距離から正確に事故を見ているかは極めて疑問。そのうえ、対向してくる白バイの速度を目測で判定するのも極めて困難だ。県警科捜研の算定結果は、すべて検察側の主張を前提としている。「事故前の白バイの速度は時速約100キロ」とする被告側証人の証言は、体験を基にした推定で信用性は極めて高い。

被告の逮捕と実況見分の方法について
実況見分は事故現場が保存されている状況で、事故当事者の直接の立ち会いと説明の下で行われるものである。それが全く行われていない。被告は事故後、被害者を救急車に乗せるなどし、一切逃げようとも証拠隠滅しようともしていない。逮捕の必要性はなかった。

検察官調書について
被告は、高知地検で検察官に実況見分の図面やスリップ痕なるものの写真を見せられた(事故発生直後、現場での本人による確認を受けていない)。「事故が作りかえられている。ここで何を言っても太刀打ちできない」と考え主張をあきらめ、「早く取り調べを終わらせて弁護士に頼むしかない」と考え、検察官の言うとおりにした。

量刑の不当性
一審が有罪なので、無罪を強く主張しつつもあえて情状意見を述べる。被告は、極めて慎重な注意を払って道路に出ており、業務上の過失を認定することは困難。さらに、捜査そのものに数々の重大な疑問がある。一審判決が、被告が争っている事を取上げ「真摯な反省がない」と量刑を重くしているのは極めて不当だ。
以上は控訴趣意書の要旨である。

裁判所判決要旨 [編集]
高知地方裁判所(片多康裁判官)
バスが安全確認をおこたって道路に侵入した結果起こった事故である。
バスの破損状況から白バイの速度は衝突時で時速60kmあるいはそれを若干上回る程度であり、あえて無謀ともいえる高速度で走行したとはにわかには考えがたい。
実況見分調書のブレーキ痕や、路面に残された擦過痕、バスの損傷を総合的に判断し、バスは動いていた。
ブレーキ痕の一部濃い部分は、事故でバスまたは白バイから流出した液体がタイヤの前輪に入り車両を撤去した際に出現したものである。
多くの見物人や報道関係者が居合わせる中、捏造の可能性はほとんどない。
死亡事故であり逮捕は正当である。

被告人は当該事故の約半年前にもジャンボタクシーでの一時停止違反で検挙されており、かかる違反歴も見過ごすことができない。
被告人は反省の弁を述べるものの、客観的証拠から判断できる事故形態とは異なる独自の主張に固執し、それに反する証拠はすべて捏造と主張し、過失によるものとはいえ自らの責任を真摯に反省するところがない。遺族が憤慨するのも当然である。地裁判決文

>一時停止違反、スピード違反など運転をする人間にとってほとんど経験しているものである。
こんなことを言われたら、全ての交通事故は犯罪性があることになる。
裁判官の言いがかりにすぎない。

高松高等裁判所(柴田秀樹裁判長)
高知地裁の原判決には正確性を欠く部分はいくつかあるが、おおむね正当であり判決に影響はない。
仮に急ブレーキでなくても、白バイとの衝撃により1メートルのブレーキ痕ができてもおかしくない。液体は白バイから流出したものであると思われる。
生徒や教員のほか野次馬等もいる中、警察官が被告人を逮捕して警察署に引致し、現場に戻すまでの間に捏造し得る状況ではなかったから、ブレーキ痕様のもの等を捏造した疑いは全くない。

弁護側の証言は事故車両の状況と合致せず信用できない。
白バイにも前方不注視の過失はあったが、被告人が右方向の安全確認を十分にさえしていれば事故は容易に回避できた。

>検察の証言を100%採用し、言語側の言い分を全て却下して初めて言える文言であり、裁判官が共謀してでっち上げた冤罪の証拠である。

原判決の死亡事故であるからというのは正確性を欠くが、逮捕時被害者は生存していたとはいえ致命傷を負っており重大な事案であることに代わりはなく逮捕は正当である。
人一人の尊い命を奪った結果が重大、被害者感情は厳しく、被告は過去に2度の交通違反があり交通法規に対する遵法精神が希薄、責任を免れるため明らかに不合理な供述をして真摯な反省の情に欠けており、原判決は不当に重いとはいえない。高裁判決文
最高裁第二小法廷(今井功裁判長)
本件上告を棄却する。
刑事訴訟法405条の上告理由に当たらない。


21. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 07:04:34: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>そうじゃないですよ。
非優先側が優先側の交差点または道路内に縦に停止しているだけで責任が相当あるんですよ。
それで優先道路側の人が死んでれば、死んだ人の前方不注意を数十%割り引いても実刑はありえます。(故障で止まっていたのなら実刑はないだろうけど)

そうじゃないとは、そのままお返しする。

右折のために道路中心付近で一時停止することは運転者なら常に経験すること。
現場は片側2斜線の広い国道であり、交差点に進入前に一時停止した車がさらに安全確認のために停止、又は停止に近い状況であることは非難されるべき問題ではない(通行の邪魔になるために停止していたのではない)。

さらに右方向から白バイが来ることを確認しながら無理な右折をするような事も通常はないであろう。
この場合、白バイのスピードがバス運転手の予測を超えるものであったと言うことである。
グーグルの写真で見たが、確かに広い国道で、かつこの付近は民家も少なく白バイが練習に使うには適している。

軽トラックの運転手が白バイが猛スピードで走行車線を使い追い越して行ったという証言が理解でききる。

さらに、白バイがぶつかった位置は、バスの先端ではなく、警察が言っている位置から2.9m後部のどてっぱらであったと言う証言がある(全て無視しているが)。
この位置は走行車線の中心で、バスは反対側の斜線に入る直前で止まって安全確認をしていたものと思われる。
これも交差点が広い場合は良く経験することでもある。

こういう状況で、白バイの警官はいくらでもスピードを緩める判断が出来たはずである。
バスが右折行為を慎重にしていることは、非難するべきことではなく、これを見逃した白バイの警官の前方不注意が事故の原因であることは明白である。


22. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 07:17:17: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>非優先側が優先側の交差点または道路内に縦に停止しているだけで責任が相当あるんですよ。
それで優先道路側の人が死んでれば、死んだ人の前方不注意を数十%割り引いても実刑はありえます。(故障で止まっていたのなら実刑はないだろうけど)


何処まで警察、検察、裁判官を擁護するつもりだ。

死亡事故を起こした運転手に実刑を課すのは、飲酒運転、無免許運転、ひき逃げなど悪質なものに対してである。

仮に運転手に判断ミスがあったとしても、交差点付近で死亡事故になるようなスピードで走行していた白バイ警官の過失も明白であり(バスが白バイに故意にぶち当たった場合は別であるが)、実刑の対象にはなりえない。

それでも実刑に持ち込んだのは裁判官であり、裁判官が警察、検察と共謀している証拠である。
何のためにと言えば、白バイの警官に何の過失もなかったことを立証し、警官の名誉を守り、殉職とし遺族への保障を最大限するための冤罪であるのである。
そのために、無実の片岡氏を犠牲にした、決して許されない犯罪であるのだ。

これは単なる判断ミスの冤罪ではなく、国家の犯罪であるのである。


23. boruchiyan 2011年1月29日 07:18:59: Qc8KBuskfiDCI : 0RyuTPuxJQ
2,12大阪デモ用に プラカードを 10枚 ばかり作成したが
こりゃぁ やはり
  警察官、検察官、裁判官は犯罪を犯すな
  警察、検察、裁判所は 証拠を捏造するな
  裁判所は 被告有利の証拠を 無視するな
  日本の司法に正義を求める
このような文面のプラカードを追加の必要ありか

24. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 07:27:13: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
boruchiyan さん

御願いしますよ、検察、裁判所の不正は許されるものではなく、常にデモの重要なスローガンです。


さらに 19 氏に言う。

バスが停止していたことが重大な違反行為ならば、何故警察はバスが突っ込んできたことを嘘をついてまで立証しようとしているのか。

止まっていたから衝突してと言えばよいではないか。


25. 2011年1月29日 09:25:08: ZTceO6aYDc
>>24
>バスが停止していたことが重大な違反行為ならば、何故警察はバスが突っ込んできたことを嘘をついてまで立証しようとしているのか。

そうだとしたら、それは白バイに僅かの過失でもあったら警察が困るからでしょう。白バイの過失割合がOでないと、警察の威信に傷がつくからでしょう。
しかし、そうだとしてもバスの過失は0とは言えない。

--------------------
道路左側のレストラン駐車場から出てきたスクールバスが、国道56号の交差点に道路外から右折横断進入しようとしたところ、高知県警交通機動隊の巡査長が運転する白バイと衝突
----------投稿本文より
これを踏まえて
>>21>右折のために道路中心付近で一時停止することは運転者なら常に経験すること。

少なくとも私はレストラン駐車場から右折で出ようとするときに「右折のために道路中心付近で一時停止する」などという危険極まりない、他者に迷惑をかける運転はしませんね。左右ともに交通が無いことを確認し一気に右折しますがね。


26. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 09:47:47: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
25 さん、

>少なくとも私はレストラン駐車場から右折で出ようとするときに「右折のために道路中心付近で一時停止する」などという危険極まりない、他者に迷惑をかける運転はしませんね。左右ともに交通が無いことを確認し一気に右折しますがね。

それこそ、実際の状況によるのとは違いますか。
道路が広い場合、右側からの通交を確認し、道路にでてさらに左側の通行を確認するために停止する場合もあるのです。
いつでも一気に駆け抜けることが正しいとは限らないでしょう。
また通行量がある程度多い道路では、完全に安全な状態でなくても予想される安全性の判断で持って通交する場合は常に起きています。

この判断に僅かな瑕疵があったとしても(僅かであると言うことは、白バイが減速すれば回避できる程度と言うことであり)、それで持って実刑を課すことにはならない。

大体において現実の問題に法律論を当てはめる場合は、白黒が鮮明な場合はほとんどなく、判断の軽重を問う場合である。
それなのに一般論を持って云々すること事態がナンセンスである。

今回の問題は、白バイのスピードがどれくらいであったのか、バスが止まっていた状態であったのか、それとも白バイの接近にあわせて交差点に進出してきたのか、そのあたりの認識が問題となっている。

そのことに付いて警察、検察、裁判官の犯罪行為があるといっているのである。


27. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 09:56:08: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
25 さん、
この事件については、沢山の情報が出ている。
ビデオもあり、検証すべき問題は山ほどある。
まず、それらを頭に入れてから、持論を展開される必要があるのでは。

単純に「私なら一気に右折してしまう」と言うような状態ではないですよ。


28. 2011年1月29日 10:15:09: ZTceO6aYDc
>まず、それらを頭に入れてから、持論を展開される必要があるのでは。

この事件に関しては私も興味を持っていたので、全部とは言えないでしょうが、かなりの資料に目を通していますよ。ブレーキ痕の写真も見ていますよ。まあ、事件を左右する写真だとは思いませんがね。たくさんある資料のうち、どれだけの資料に目を通せば発言が許されるのかは、俺様ルールですか?

>道路が広い場合、右側からの通交を確認し、道路にでてさらに左側の通行を確認するために停止する場合もあるのです。

私なら、あらかじめ左から来る交通状況が確認できない場合は、たとえ目的地が右折方向であっても、一旦左折してから、安全な場所でUターンするか、別ルートで目的地に向かいます。つまり、安全が確認できない状況では、そもそも右折はしてはいけないのですよ。

安全が確認できない状況でも無理やり右折するのは、大型車に多いですね。


29. 2011年1月29日 10:34:30: ZTceO6aYDc
権力による捏造を糾弾するためには「捏造により罪が重くなった」と言うより「捏造による冤罪だ」と言うほうがインパクトが大きいから冤罪に拘るのでしょうね。

しかし、過失が0ではないものを0だと言い張るのも捏造なんです。権力と同じことをしているのです。大義のために少々の誇張は許されると考えるなら、権力と同じですよ。


30. 2011年1月29日 11:15:03: Mvjye4eeiU
>29

まだやってんのかよw

しつこいようだが、優先・非優先による過失割合はまったくべつの話で、そもそも争点にすらなってない。
問題になってるのは、証拠捏造の可能性と、証拠採用の不公平、でもってそれによって導かれたこの判決。
いかなる過失があるか、罪があるか、という前に、まともな裁判にもならんという話をしてるのだ。

で、その最大の疑惑であるブレーキ痕がどうでもいいというのなら、そもそも、ここで語っててもしょうがねえだろ。
よそ行ってやれよw


31. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 11:20:01: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>この事件に関しては私も興味を持っていたので、全部とは言えないでしょうが、かなりの資料に目を通していますよ。ブレーキ痕の写真も見ていますよ。まあ、事件を左右する写真だとは思いませんがね。たくさんある資料のうち、どれだけの資料に目を通せば発言が許されるのかは、俺様ルールですか?

こりゃ 益々驚きだ。
貴方の言われていることは、その多くの資料を無視して、単なるバス運転手の無謀運転(無理な交差点進入)と決め付けておられる。

しかも、問題のタイヤ痕について事故を左右する写真だとは思わないなどと、何処からそんな判断が出てくるのですか。

1.2mのタイヤ痕が出来るには時速60kmは必要とされている。

交差点で一旦停止をした車が、数メートルで時速60km出せるはずがない。
であるならば、何故そんなタイヤ痕が出来るかと、皆が議論しているものを、どんな根拠で無用のものとされるのか。

なを、バスが停止状態であったことを証言する同乗者(中学生など)の話も資料の中に入っているはず。
それらの資料はどのように解釈されたのか。

検察と同じように、未成年だから信用するに足りないとされたのか。

やはり貴方は警察関係者から依頼を受けているとしか考えられない。
必死で、あらぬ方向へ、執拗に誘導しようとしているだけの方のようだ。
私が指摘したことを無視する態度が、それを証明している。

ほとんどの資料に目を通した上での発言と聞き、改めてそれを認識する。

>しかし、過失が0ではないものを0だと言い張るのも捏造なんです。権力と同じことをしているのです。大義のために少々の誇張は許されると考えるなら、権力と同じですよ。

この文章の意味も御分かりか。
「権力」と言う言葉を使う場合、それなりの支配権(裁量権)を持っているものの有り様を言うのであって、それに抗議する人間の行動を、同じ「権力」と言う言葉で括るとは、これ如何に!

これじゃ、全てお上に逆らうなと言う、まさに検察の横暴を擁護するものである。


32. 2011年1月29日 12:30:38: 5uFLnyd8U2
>>21
この事件は、片側数車線の道路の片側を横断して遠く側に右折しようとしたバスがいたということで始まりますね。

ここで注目すべきなのは、事故の目撃者として反対方向から走行してきた白バイがいたことです。この白バイの証言が嘘か本当かと弁護側は騒いでいますが、それは大した問題ではなく、ここからわかる事実は、バスが行こうとした車線側には走行車両がいたのにバスが強引に右折しようとしていた、ということです(渡る時に右を見たとしても左はろくに見ていなかった?)。このせいでバスは右折できずに道を塞いだために事故が発生したのですから、
死人まで出た事故では有罪は免れず、業務上過失致死の最高刑は5年くらいだったと思われますから、他の違反のないバスの運転手は懲役2−3年で執行猶予5年か、または実刑1年以上は当然の事例です。(酒酔いとかはないのでこの程度ですむ)。人殺し事故はそんな甘いものではありません。

この場合、バスが急ブレーキをかけようが停止状態にあろうが、非優先側が優先の道路を無理に横断して事故を発生させた時点で有罪は覆りません。
判決が1年4カ月になったのは、弁護側が一発逆転を賭けた弁護を行って裁判官の心証でも害したのでしょうかね。

この死亡事故を冤罪で無罪にしろなどと騒ぐ人は、「警官なんだから死んでもいい」という潜在意識でもある人なのではと疑えてしまいます。


33. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 13:38:00: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
32 さんよ
いい加減にしたらどうだ。

優先順位云々など、裁判で誰も問題にしてないと、30 氏も言っているではないか。

右折にせよ、左折にせよ、信号機のない交差点で道路に割り込んで行くには、それなりの危険性があるものだ。

その危険性の認識のことは問題にしてないということは、そういうような車両の流れであったと言うことだ。
バスが停止していたと言っても何分も停止していた訳じゃないだろ。
バスとしては通常の安全確認をしながら右折したに過ぎない。
問題は白バイは100kmのスピードで突っ込んできたことであろう。
その証拠に、白バイより前を走っていた軽自動車はなんら問題はなかったのである。

この事件の資料を概ね読んでいるというならば、私の指摘したことに対する回答をすることだ。
何故、1.2mのタイヤ痕があるのだ。
何故、同乗していた中学生の証言を無視して、タイヤ痕が付くほど、バスがスピードを上げて交差点に進入したことにするのだ。

衝突後、バスが白バイを2.9m引きずったと言うことが嘘である写真の証明は何とする。
(バスの全部に白バイの微細な破片が散らばっている)
これも、本当にバスが時速60kで走っていたら納得も出来る。

要するに、バスが止まっていたか、時速60kで進入してきたかが問題なのだ。
この行方によって、物事が全て変わってくる。

その重大用件を意味がないものとするあんたと話をしても拉致があかない。
そんなに検察を擁護したいのか。

>この死亡事故を冤罪で無罪にしろなどと騒ぐ人は、「警官なんだから死んでもいい」という潜在意識でもある人なのではと疑えてしまいます。

これは誰に向かってほざいているのだ。
この事件を冤罪だとする人は全国にゴマンといる。

>「警官なんだから死んでもいい」という潜在意識でもある人なのではと疑えてしまいます。

皆、そうだと言いたいのか。


34. 2011年1月29日 13:42:10: vFoTT6F96I
バスに乗っていた乗客一人一人と運転手の間に利害関係は無いと思われる。従って乗客が嘘をつく必要はないと思う。一方同僚警察官は前方不注意、スピードの出しすぎの自損事故であっても、警察官の不祥事と見るのではないか。警察の不祥事と思ったらとっさに事故の真実を隠そうとするのは同僚警察官の方では無いか。

最初の警察官の嘘に後戻りできなくなった警察、検察、裁判官がそろって加担して冤罪を作ったのではないか。バスの運転手が泣き寝入りするくらい思ったのだろうか。検証をテレビで見たことがあるが、だいたいバスが右折するのに急ブレーキをかけるくらいスピードが出せるわけが無い。常識的に考えて直線を猛スピード走行した白バイの前方不注意の自損事故ではないか。

調書なんて検察が都合のいいように作り上げることは、今回の村木さんの事件で明らかになった。そこまで酷いとは思いもしなかったが、それが警察、検察、裁判官の実態なのだろう。


35. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 14:42:27: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
34 さん、
そうなのです。
私は、この問題が騒がれはじめた頃からフォローしています。

結局は自損事故の警官を殉職扱いにしてやろうとした仲間、高知県警の上司、
検察が共謀した冤罪、ミスではなく、最初かや企んだ犯罪に、最高裁判所までもが加担したことにあるのです。

片岡さん(バスの運転手)達が上級裁判所に正義を求めてあらゆる努力をしたが、最高裁まで聞く耳持たず(当時はこの問題は相当流布されていた)30分で却下したことです。

まともな裁判をやる気がない裁判所に期待を寄せて、冤罪を証明するために必死の思いで取り組んだ人々をこれほどコケにした事件はありません。

この問題は何年経っても風化させることは出来ない問題であり、これに関わった警察官、検察官、裁判官を断罪するところまでやらねばなりません。


36. 2011年1月29日 15:42:34: FJNWOR4okp
>>35 さん

>自損事故の警官を殉職扱いにしてやろう・・

それだったら、路上で高速訓練を行っていた事を
認めれば良いわけで、警察の体質の問題でしょう


37. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 16:58:23: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
36 さん、
皮肉ですね。

その通りで、普通はそれで高知県警の体質で終わる、全国各地の警察で起きている不祥事ですが、この場合は、最高裁までつるんだ我が国司法の腐敗まで行き着いています。

我が国には無法地帯が存在するのです。
そこでは我々にとっての正義はないのです。

それなのに、優先道路の問題に置き換えている方もあるようだ。


38. 2011年1月29日 19:42:24: KhDTPhVFJ2
>バスが行こうとした車線側には走行車両がいたのにバスが強引に右折しようとしていたというのは違うと思います。バスが止まってたから、行けなかったが正しいと思います。だから左車線に車がいたのであって右車線にも中央車線にも車が写ってなかったのですよ。これから見てもわかるように、この右側の道は見通しもよく交通量も少ない道です。ただ、左車線は違います。このグローバルというレストランも何度か行き、全くバスと同じような形で右折したことがあります。右側から全く車が来なくても、一旦中央で止まって左から来る車を確認しないと行けない構造です。
●左車線は先に右カーブのトンネルがありその延長カーブが続いたすぐの交差点。
●中央分離帯に植え込みがある。
 見通しの悪い所です。トンネル内は暗いので、どのくらいの速度で車が出てくるか計りにくいです。
運転者は、いろいろな事を想定して運転しているので、警察もそのことは争点にしていないのではないでしょうか?交差点に止まってるバスにぶつかっっているようでは、しょっちゅうぶつかってないとならないです。
完全に前方不注意と、操作ミスです。

39. 2011年1月29日 20:01:15: 5uFLnyd8U2
バスが動いていたか止まっていたかは偽の争点です。止まっていても罪は免れません。違反常習の運転手が強引な運転(右折というより道路横断かも)をしたための事故で、自損事故ではありません。夜間に保管義務違反で路上駐車または駐車違反中のトラックにバイクが追突して死んだ場合のトラック運転手の罪よりはるかに悪質です。
(こういったトラック運転手に対する判例は見つかりませんが)

運転手は人殺しの原因になっておいて1年4カ月ならば感謝すべき。

どこのサイトを見てもまともな討論はなされているのだから、ここでも討論が起きているのは正常でしょう。


40. 2011年1月29日 20:57:09: 1rEzk1luls

39馬鹿野郎、分かったようなことを言うな!

裁判所では判例などバンバン無視してるよ。何が判例だ!

違憲違法判決がバンバン乱発されている現状では判例など何の意味も持たない。

39お前、今、裁判所で日常的にインチキ裁判が行われているのを知っているのか?


41. 天橋立の愚痴人間 2011年1月29日 22:01:15: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>バスが動いていたか止まっていたかは偽の争点です。止まっていても罪は免れません。違反常習の運転手が強引な運転(右折というより道路横断かも)をしたための事故で、自損事故ではありません。

>夜間に保管義務違反で路上駐車または駐車違反中のトラックにバイクが追突して死んだ場合のトラック運転手の罪よりはるかに悪質です。

39、馬脚を現したな!

・・・保管義務違反で路上駐車または駐車違反中の・・・

こんな言葉は一般人は使わない。

お前が警察関係者であることは明白だ!


42. 2011年1月29日 23:40:47: 5uFLnyd8U2
そんなに無知が偉いのか……



43. 2011年1月30日 00:00:43: MDBkhpBuOU
>02. 2011年1月28日 14:10:55: 5uFLnyd8U2
>白バイの通ってきた道は黄色点滅の優先でバスの来たコースは非優先。
>バスとかタクシーはとかく、公共の道路で商売している身分なのに

右折しようとするバスが、道路に出てくるのは当たり前だ。

それを見て止まるのが、普通の車だ。
他の車は、バスに気づいて止まっているのに、この白バイは止まれなかったんだよ。

なぜか?この白バイがスピードを出しすぎていたからだ。

もし、バスが、急に飛び出てきたのなら、白バイは、バスのもっと前方にとばされる。ばかでもわかる。

この事故では、バスの前輪に白バイがぶつかっている。
バスは止まっていた。ばかでもわかるよな。

おまえばかだね。
白バイはそれを補佐するのが役目だ。
白バイは、バスとかタクシー、国民を守るためにあるんだよ。

主役は国民だ。間違えるな。

>アメリカなどですと警官を死なせた場合の刑はきわめて不利になるので、
じゃあすぐアメリカへ行け。
死なせたんじゃなくて自分で死んだんだろうよ。


44. 2011年1月30日 01:02:15: Mvjye4eeiU
まあ、みなさん、煽りなんぞに踊らされて感情的になるのはやめましょうやw

しかし、偽の争点とは恐れいった。
だったら、どうして、検察側は非優先側が出ていたから過失があると主張しなかったんだろねw
ブレーキ痕などの関係ない証拠で、動いてただの引きずっただのと主張するなんざ、単なる時間のムダではないかw

警察、検察、裁判所側は、頑張って論点をずらしたいんだねw


45. 天橋立の愚痴人間 2011年1月30日 04:44:52: l4kCIkFZHQm9g : klfUvyokrM
>白バイはそれを補佐するのが役目だ。

こりゃ いい

仮にバスが違法に交差点に進入したのなら
白バイは直ちに止まって
バスの運転手に注意を与えるべき立場にあるのだ。

それを先行の軽トラックを追い抜いてまで、
バスにぶち当たることはあるまいに。

色々言ってきたが
このような平易な言葉でこの一件
落着ですな。


46. 2011年1月30日 16:38:17: 5uFLnyd8U2
しかしこの被告の人は馬鹿ですね。
普通ならば執行猶予も行けたかもしれないのに、生田暉雄とかいう弁護士に騙されて謝罪も賠償(全部町にさせた)もせずに無罪を主張したりするから1年4カ月も仮釈放なしになるなんて。典型的な賭けに負けた人です。

弁護士が依頼人の利益を考えずに自分の実績を上げることばかりを考慮した疑いがあることを考えると、依頼人(被告の人)はこの弁護士を訴えることはできないのですかね。弁護士どうしは仲間意識なのでこのような訴えを引き受ける人はいないかもしれないけれど。


47. 2011年1月31日 00:19:09: EIcO8Lc0QY
なんだか、警察関係が、チームを組んで書き込みしているんですかね?

阿修羅にも警察が偵察にきているんですね。

この事件に対する世論を誘導するチームができているんでしょうか?

それだけ必死なんですね。

事故や事件の加害者に警察の関係者が係わっていると、国民は加害者役を押し付け

られ冤罪に持ち込まれ、中には死刑にまでされちゃって強制的に一件落着させられ

ちゃう、なんてこと、今までにもありそうですよね。

失職させてまで、自分たちの組織を守りたいんですかね。

中には本当に素敵なおまわりさんもいて、私も個人的に感謝している方々も

いらっしゃるのは事実ですが、こんな事件の係わり方みてると暴力団より性質が悪

いぞって印象ですね。どちらにしても、こんなところで書き込みしてないで、

国民のために本当の「正義」を貫いてほしいよ。税金で働いてるんだからさ。

TVドラマみたいなお仕事してよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK105掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧