★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106 > 110.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ただ無心に頑張って名誉を勝ち取ったサッカー・チームと、ふんぞり返って国力を貶める菅直人(晴れのち曇り、時々パリ)
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/110.html
投稿者 判官びいき 日時 2011 年 1 月 31 日 10:30:37: wiJQFJOyM8OJo
 

『ダボス』と『ドーハ』。どちらも、一応『日本代表」が出かけて行った。結果は、言わずもがな。1998年、『ワールド・カップ、フランス大会』の際には、日本のチームがここまでに強くなれるとは、想像も出来なかった。体格も、体力も、戦術も、技術も、モチべェーションも、何もかもが「世界基準」からすれば、遥かに劣っていた物だった。

世界を相手に、勝てる等とは考える事すら不謹慎とすら言える程の、大きな差があった。しかし、あの時、日本中は勝手に沸き返っていた。マスコミも、国民も、日本が決勝リーグに進出する事が当然の様に、語っていた。何の根拠も無く。日本人の特徴である、「願望と実際」とを混同して、怪しみもしなかった。

ヨーロッパに暮らす身として、日夜現地のサッカーのレベルに察していた故、日本で「何故あそこまで」日本が勝てると、信じ込めるのか、不思議で仕方なかった事を思い出す。エース・ストライカー城彰二が、ル・ブルジェ湖畔の合宿地で、シュート練習の際、20本に1本しか「枠を捕らえない」事を見ていて唖然とした。実践ででは無い。練習で。

インタビューに応える彼が、「入りませんねえ〜」と悪びれずに笑いながらしゃべるのに接して、一気に落ち込んだものだった。あれから13年。体力的ハンデも、闘争心のハンデも、歴史的ハンデも乗り越えて、ワールド・カップの決勝リーグに進む所まで、進化した。昨日、アジア・カップで優勝した。感無量であった。その試合ぶりに。

中東ジャッジも、韓国の敵愾心も、OGの体格差も、結果としては乗り越えた。長友のクロス・パスも、李のボレー・シュートも、「もう一度やれ」と言っても絶対に不可能な程、見事にシンクロした。振り返ってみるに。小さな一歩であったが、確実に何かを日本チームに残してくれた『トルシエ』。それからの『オシム』『ジーコ』と続いた流れは、『ザッケローニ』に至って、見事に育った。勿論『岡ちゃん』の功績を否定する者では無い。

しかし、元来肉食人種で<狩猟民族>の為のスポーツは、やはり<農耕民族>の行動神経では、追いつけない部分が有ると思う。ヨーロッパで活躍する第一線の選手達の、<ここ>と言う時の突進力や、決定力は、練習して得られる者では無い。しかし、連携力と作戦と、そして純粋な「勝利への欲求」とで、最後まで勝ち残った。

現在言われる、「草食系」に至ってしまった日本の青年達が。闘争心も、ハングリー精神も、執着心も、希薄になった現代の日本の若者達が。ここまでに案レルとは、想像もできなかった。しかし、期待は裏切られた。結果として、彼等は、世界(少なくともアジア)に於いて、どの分野に於いても引けを取らないスポーツ選手に成長していた。今回の優勝と言う事実を前に、彼等は「日本の為に」等とは、考えてもいなかったと思う。

彼等は、ただ「プロのアスリート」としての、自分の可能性を信じて、本能に従って闘っただけの筈である。そして、その「自分への挑戦」が、結果として、日本に大きな名誉をもたらしてくれた。しかるに、我らが総理大臣は。

風説に依ると、経費1億円を掛けて、『ダボス会議』へと、お出まし遊ばした。ある国の属国状態にある日本が、「開国する」とわめく為に。開国?そもそも、菅直人が『環太平洋パートナー・シップ』の意味を理解しているとは、到底考えられない。ただ、「首相として」「首相専用機で」「外国での首脳会議に」出席したいからだけの目的としか、思えない。

さらには、自分を総理大臣にしてくれた『アメリカ合衆国』への忠誠心を更に伝え、自分の地位の長からん事をひたすら願っての事、としか思えない。そこに有るのは、今現在の「自分の栄達」のみ。子々孫々、末代までに残して行く「祖国」の在り方についての理論的考察も、精神的感情すら無いとしか、思えない。

丸っきり、国家のリーダーとしての姿勢とは、完全に逆の姿勢しか感じられない。情けない人間が、首相になったものだ。今や日本には、かってほんのわずかな期間であったにせよ、存在した「大国」としての存在意義等、雲散霧消してしまってる。正解の目は、中国に向けられている。工業製品やハイテク製品は、韓国産にその地位を奪われてしまった。

世界各地での、日本の影響力や、存在感は、今や大変希薄な物になりつつ有る。すでに、20世紀末にS屡次期の様なウエイトは、無くなってしまった日本である。この現実を、受け入れる事から、これからの日本の採るべき道筋が考えられると言う物だ。そんな現状に有っては。「第3の開国が必要」「開国の後の孤立や格差是正も必要」これらのスローガンの、聞こえは確かに素晴らしい。

日本は、世界に向けて、国内規制解除、特に東アジアとの強調は不可欠であるにも拘らず、それらに取り組むにはかなり臆病である。鳩山前首相の「東アジア共同体構想」も、かなりの危機感を持って受け止められた。小沢氏の、対中国、対韓国に置ける、多様にして広範囲にわたる協力関係の構築の主張も、相当の層からの批判に曝されている。

しかし、日本のありのままの姿を見つめて、自分達の置かれた状況を正しく把握出来るならば、『孤高に徹する』事等、もはや不可能である事が、分かる筈である。だからと言って、世界に向けて日本の内向きの傾向から、広く外向きに変えて行くと言う事は、アメリカに全てを売り渡す、と言う事では決して無い。ましてや、これまでの霞ヶ関と自民党政権と経団連都マスコミとの感覚は、「売り渡す」のですらもなく、ただ単に「総てを捧げ尽くす」事に他ならない物であった。

見返りは無い。精々「官僚」「政治家」「経営者」「マスコミ人」に、一般大衆より優遇される事を認められるだけ、似過ぎない関係であった。そのような、一方敵な対米関係を、更に踏み込んで、菅直人は総てを与えてしまおうと、思い立ったらしい。関税を撤廃する事は、一国の主権に関わる微妙な困難さを伴うのだ。

しかし、ただ自国の産業を「関税で保護する」という前時代的発想だけでは、最早生き延びては行けない事は、EUの動きを見ていると、良く判る。関税も、各種規制も、総て撤廃して、始めて「未来を見据える」大きな共同体としての経済圏が生まれるのであろう。EU は、正にそこを目指している。しかし、それをやり通すには「自国の産業」にそれなりに『抵抗力』が備わっていなければ、結果は無残な物になる。

その為には、手間とヒマとを賭けて、地場産業の基礎を固め、盤石な経営基盤を造り出して行かねばならない。これは、何も工業に限った事では無く、農業にも、金融にも、サービス業にも、同等に作用する原則である。しかるに、今回菅直人が「突如として言い出した」TPP なる機構は、アメリカ主導で、対アメリカ関係の固定化に過ぎない。

その中で、アメリカが「日本に求めている」条件が、一番脆弱にして一番重要な<農産物>を含む、総ての関税の撤廃から始まって、郵貯簡保の資金の凍結解除、云々カンヌン、正に「アメリカが植民地ニッポン」に求める「上意」以外の何物でもない。巨大財政赤字に悩むアメリカ合衆国の、税制援助を行い、アメリカのの異形の発展に寄与し、アメリカの金融業の再生に、「日本が尽くす」為の協定である。

この事を、菅直人は分かって、「6月までにメドを」等と言っているのであろうか。理解して発言しているとしたら、『積極的売国奴』である。もし、例に依って何も知りもぜづ、ただフィーリングで発言しているのだとしたら、『消極的売国奴』である。いずれにせよ、あの男には「国家百年の計」等、微塵も無いらしい。ただひたすら、自分の地位の継続を飲み願っているとしか、見えない。

岡田くん。
枝野くん。
前原くん。
玄蕃くん。
蓮舫くん。
野田くん。
江田くん。

その他大勢の「仙谷菅直人一味」の諸君。この様な政策とも呼べない様な代物に、うつつを抜かしていて、本当に日本の事を考えて「政をおこなっていいる」と、胸を張って言えるのか。「自分達が正しい」願望と現実とを混同する菅直人一味。歩行さえ困難な程にまで消耗しながら、日本に『アジア・チャンピオン』をもたらした「我らが誇るアスリート達」に比べて、なんとまあ、情けないまでに「非愛国的」な事か。

比べる事すら、ドーハの彼等に申し訳ないとは分かっていても、余りの違いに、如何しても比べずにはいられない出来事では有った。サッカー界に置ける、日本の地位は確実に上がった。政治外交の分野で、日本はどんどん自滅して行く。いっその事、アメリカ人以外の「外国人首相」でも、連れて来るか。そうでもしない事には、日本の凋落傾向に、歯止めはかからないだろう。いや、まて。一人居る!彼に、早く活躍してもらわなければならない。
http://blog.goo.ne.jp/veritas21
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧