★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106 > 135.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
水谷功とはどういう人物か?水谷功の証言は信用出来るか?東京地検特捜部も騙されたのではないか? 『毒蛇山荘日記』
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/135.html
投稿者 行雲流水 日時 2011 年 1 月 31 日 15:41:08: CcbUdNyBAG7Z2
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20110131/1296428088
文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
2011-01-31 07:54

水谷功とはどういう人物か?水谷功の証言は信用出来るか?東京地検特捜部も騙されたのではないか?


一連の小沢事件の原点は、「水谷建設元役員」の「嘘の証言」(?)であるが、新聞やテレビ、週刊誌等の「小沢事件」のマスコミ報道に頻繁に「水谷建設元役員」として登場するその人物とは、水谷建設元会長・水谷功のことであるが、この人物とはどういう人物なのか。東京地検特捜部は、水谷建設と「水谷建設元役員」を、全面的に信頼しているようだが、はたして信頼出来る人物なのか?実は、水谷功とは、東京地検特捜部も、まんまと騙されたのではないか、と思われるような「いかがわしい人物」である。水谷功には前科があるからである。すでによく知られていることだが、結果的に裁判で、実質的に「冤罪」、つまり「無罪」ということになった福島県知事汚職事件の中心人物の一人が「水谷功」である。水谷功の「嘘証言」と「検察の暴走」から始まったのが佐藤栄佐久・元福島県知事をめぐる収賄汚職事件だった。水谷功の証言が「嘘」「作り話」だったのである。ということは、換言すれば、水谷功が証言したという、日航ホテルで小沢秘書(大久保隆規秘書と石川知裕元秘書)に、二回にわたって「5000万」ずつ手渡した「一億円裏献金事件」の話も、作り話の可能性が否定できないということだ。東京地検特捜部は承知のはずだったかもしれないが、結果的には検察も水谷功に騙され、検察のリーク情報をそのまま垂れ流した新聞やテレビ、週刊誌も騙されたのであり、さらに新聞報道などを素朴に信用した多くの日本国民も騙されたということになる。むしろ、水谷功の「料亭接待」と「現金引き渡し」で、これは本当だろうと僕が確信する事件は石原慎太郎親子を水谷功が料亭で接待し、息子の当選祝い金として手渡した「現金引き渡し事件」の方であるが、こちらの方は裁判にも政界を揺り動かすようなスキャンダルにもなっていないが、この事件に対して東京地検特捜部がまったく動く気配がないとはまことに不思議な話である。これは、つまり、東京地検特捜部なる官僚組織が、何らかの政治的意図を初めから持っているということであり、つまり東京地検特捜部は、佐藤栄佐久元福島県知事や小沢一郎元民主党代表を「追い落とす」ことには熱心だが、石原慎太郎都知事を「追い落とす」ことなど、初めから念頭にないということだろう。さて、その水谷功だが、こんな話もある。「日刊ゲンダイ」の古い記事から。


───

ゲンダイ 2010年1月23日(22日発行)
■「検察から言われたままを証言した」小沢に1億円
      水谷建設元会長に「偽証」の過去

自らの実刑回避のため、公判でウソ
「胆沢ダム工事の下請け受注の見返りに、04年と05年に5000万円ずつ、計1億円を小沢の秘書に渡した」――。小沢幹事長を狙い撃ちにしている検察の”頼みの綱”は、この証言だけだ。証言の主は、中堅ゼネコン「水谷建設」の元会長・水谷功(64=写真)。法人税法違反(脱税)の罪で実刑判決が確定し、今は獄中の身である。
   特捜部は水谷証言を武器に、強引な捜査を続けているが、ホントに水谷証言は、信用できるのか。水谷には特捜部の□車に乗って、”偽証”をはたらいた前科があるのだ。
   佐久間達哉特捜部長が、副部長時代に手がけた06年の佐藤栄佐久前福島県知事の収賄事件。2審公判中に水谷は服役中の津刑務所で、佐藤の主任弁護士と面会し、次のように語ったという。
 「1審での供述は、当時自分の裁判(脱税事件)が進行中で、実刑を回避しようと、検察から言われたままを証言した」
 アキれたことに水谷は、もはや自分の裁判での実刑は免れないとみて、本当のことを話そうと思ったのか、「戦術を間違えた。話がしたい」と佐藤の弁護士に直接、コンタクトを取ってきたのだ。
 佐藤前知事の汚職事件で特捜部が描いたシナリオは、
@ 県発注のダム工事の入札をめぐり、00年1月に前知事が”天の声”を出した
A その見返りに、落札企業の意向を受けた水谷建設が、前知事の親族会社の所有地を時価よりも高く買い取った――。時価と買い取り額の差額が賄賂にあたるという筋書きだ。
 「水谷は1審で『受注の礼に土地を高く買うのだと思った』と証言したが、面会した弁護士の前で『土地取引は自分が儲けようとしてやった。賄賂行為はない』と翻したのです。
  さらに『ダムの受注は99年5月に、仙台の有カゼネコンOBらとの会合で決まった』と新たに証言。
  これでは、翌年に佐藤前知事が”天の声”を出すまでもなかったことになる」(司法関係者)水谷は「出廷して正直に話してもいい」との意向を示し、佐藤の弁護側は2審で水谷を証人申請。東京高裁は証人申請を却下したが、弁護側は昨年7月の最終弁論で水谷の新証言を暴露した。
 「福島汚職では贈賄側の時効が成立しており、特捜部は水谷建設などゼネコン関係者から都合のいい調書を多数取ったようです。小沢事件も同じ構図で、昨年夏から何度も水谷氏を取り調べて、冒頭の証言を引き出したのです」(検察事情通) いいかげんなオッサンの証言に頼らざるを得ないとは、検察も相当、苦しそうだ。


───

実は、水谷功も、騙したつもりが、結果的には東京地検特捜部にうまく利用され、まんまんと騙されていたということなのだ。佐藤栄佐久元福島県知事の取り調べの過程で、「知事はにほんにとってよろしくない。いずれ抹殺する」(佐藤栄佐久著『知事抹殺 つくられた福島県汚職事件』(平凡社))と東京地検特捜部の検事がささやいたそうであるが、水谷功もまた、その東京地検特捜部の政治的意図にうまく利用されたということだろう。そして、驚くべきことに、東京地検特捜部は、政権交代後、次期総理大臣の椅子がほぼ確実視される政治家・小沢一郎を政界から抹殺すべく、ありもしない「小沢事件」なるものを仕掛け、ふたたび便利な武器として「水谷建設」と「水谷功」を再利用したということだろうか。(続く)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月18日 11:53:13: ODcjcTVzCc
だんだんからくりがわかってきました。大変参考になりました。
ありがとうございました。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧