★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106 > 267.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏起訴にニュースウィーク編集長の竹田氏が「起訴されたこと自体が異常だ」と特ダネで発言! 日々坦々
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/267.html
投稿者 行雲流水 日時 2011 年 2 月 01 日 22:45:01: CcbUdNyBAG7Z2
 

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-868.html
2011⁄02⁄01(火) 10:20

小沢氏起訴にニュースウィーク編集長の竹田氏が「起訴されたこと自体が異常だ」と特ダネで発言!


昨日、週刊朝日編集長の山口一臣氏が、「強制起訴に関する明日の新聞記事はチェックする必要がある」というようなことをニコニコ生放送で言っていた。

その各社の社説

朝日新聞:小沢氏起訴―市民の判断に意義がある

日経新聞:民主党は小沢元代表の起訴でけじめを

読売新聞:小沢氏強制起訴 政治的なけじめをつける時だ

毎日新聞:小沢元代表起訴 まず離党してけじめを

産経新聞:小沢氏強制起訴 やはり議員辞職しかない 国民代表の結論無視するな

一面から三面、社会面まで、まあ予想どおりの展開になっている。

そんな中、東京新聞の本日2月1日付け、三面の『核心』は他の報道は詳しく見ていないが、より客観的報道と言えるだろう。その一部を転載させていただく。


--------------------------------------------------------------------------------

有罪立証ハードル高く

小沢元代表強制起訴 新証拠補強できず  小沢一郎民主党元代表が政治資金規正法違反罪で起訴されたことで、検察審査会の議決に基づく強制起訴事件は四件となった。いずれも検察が犯罪を証明する証拠がないと不起訴にした事件だけに、法曹界では「無罪の公算が大きい」と指摘する声も。小沢元代表を起訴した指定弁護士が有罪を立証するのも、高いハードルが待ち受ける。(社会部・小川慎一)

新証拠 補強できず
■難 航
「有罪と判断されるべき事件だ」
ほぼ百日間の補充捜査を終え、小沢元代表を強制起訴した指定弁護士の大室俊三弁護士は記者会見で、有罪立証に自信を見せた。
だが、強制起訴事件で、指定弁護士が法廷での立証に使う証拠の大半は、不起訴と判断した検察が集めたものだ。同じような証拠を使って有罪を立証するのは容易ではない。
大室弁護士は当初、「証拠に弱い部分はある」とし、小沢元代表や元秘書らへの事情聴取で証拠を補強する方針だった。だが聴取はいずれも拒否された。補充捜査の実態は、特捜部が集めた証拠の分析が中心だった。
検察審査会制度に詳しく、刑事弁護に精通する山下幸夫弁護士は「議決で取り上げている供述証拠などでは、小沢氏と元秘書との共謀の立証は相当難しい」と指摘する。

■基 準
「検察の起訴基準に沿って市民が判断すると想定していたが、審査会は起訴のハードルを下げてしまった」
検察幹部が話すように、検察は「有罪判決を得られる高度の見込み」がある場合にのみ起訴する。中でも国会議員の起訴は「裁判で無罪になることは許されない」(検察幹部)として、より慎重に判断されている。
一方、小沢元代表の強制起訴を決めた東京第五検察審査会の議決は、強制起訴を「国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度である」とし、検察と別の基準が許されると指摘している。
法廷決着を強く望む市民の声が反映される傾向がある強制起訴制度。その是非については、元裁判官の秋山賢三弁護士が「冤罪(えんざい)を生む可能性を高くする」と話すなど、法曹界でも意見が割れている。

検審 在り方に一石
■疑 問
検察審査会の在り方については、民主党内でも議論の過程が不透明であるとする批判があり、審査補助員として審査する市民に法的な助言をする弁護士を選ぶ方法などを疑問視する声も出ている。
日弁連で審査補助員や指定弁護士の研修を担当した山下弁護士は議決に法的拘束力を持たせた制度を評価しつつ、「現行では審査補助員が一人のため、市民が弁護士の意見に左右される恐れが懸念される。補助員を二人にしたり、議論の回数を公表したりするなど疑念を持たれないようにする必要がある」と提言している。

--------------------------------------------------------------------------------

********** **********

昨日深夜までニコニコ生放送でやっていた「緊急討論! 小沢一郎氏強制起訴」の中で郷原氏が起訴状のコピーと思われる紙を持ちながら、これは酷いものだ、と言われていた。

内容は有料の朝日新聞の『Asahi Judiciary』で見られるようだが、産経の記事で大まかにはわかる。

起訴内容の要旨(産経新聞2011.1.31 17:38)

≪【第1】
小沢一郎被告は、自己の資金管理団体である陸山会の会計責任者であった大久保隆規被告と、その職務を補佐する者であった石川知裕被告と共謀の上、平成17年3月31日ごろ、東京都新宿区の東京都選挙管理委員会において、
(1)陸山会が16年10月12日ごろ、小沢被告から4億円の借り入れをしたにもかかわらず、これを16年の収入として計上しないことにより、同年分の政治資金収支報告書の「本年の収入額」欄に、これが5億8002万4645円であったとの虚偽の記入をし、
(2)陸山会が16年10月5日と同月29日、土地取得費等として計3億5261万6788円を支払ったにもかかわらず、これを同年の支出として計上しないことにより、真実の「支出総額」が4億7381万9519円であったのに、収支報告書の「支出総額」欄に、3億5261万6788円過小の1億2120万2731円であったとの虚偽の記入をし、
(3)陸山会が16年10月29日、東京都世田谷区深沢8丁目の土地2筆を取得したのに、これを収支報告書に資産として記載せず、収支報告書を都選管を経て総務大臣に提出し、もって収支報告書に虚偽の記入をし、記載すべき事項を記載しなかった。
【第2】
小沢被告は、大久保被告と、その職務を補佐する者であった池田光智被告と共謀の上、18年3月28日ごろ、都選管において、
(1)陸山会が17年中に土地取得費等として計3億5261万6788円を支払っていないにもかかわらず、これを同年の支出として計上することにより、真実の「支出総額」が3億2734万7401円であったのに、同年分の収支報告書の「支出総額」欄に、3億5261万6788円過大の6億7996万4189円であったとの虚偽の記入をし、
(2)陸山会が前記土地2筆を取得したのは16年10月29日であるのに、収支報告書の「資産等の項目別内訳」の「年月日」欄に取得年月日が17年1月7日であるとの虚偽の記入をし、収支報告書を都選管を経て総務大臣に提出し、もって収支報告書に虚偽の記入をしたものである。≫


従来の検察審査会の虚偽議決の内容をまとめた程度の、あの吉田繁実弁護士と何ら変わらない。
これに3人がかりで何で4ヶ月もかかるのか?この弁護士たちのモチベーションとは何なのか?スタンスは?立ち位置は?など疑問だらけだが、弁護士という職業の性質に視点を移せば、下記の会見内容と合わせ見えてくるものがある。

まず弁護士は、依頼人が極悪人であろうが、法を犯していようが、クライアントとして兎に角守る立場にたっているということだ。

この場合は検察官役とはなっているものの、検察審査会が依頼人でその議決を絶対視して、強制起訴をすることは決まっているが、その議決にそって公判で有罪に持ち込むことが仕事となっている。

会見では記者質問に次のように答えている。


左から村本道夫(56)、大室俊三(61)、山本健一(46)弁護士


――東京地検特捜部が不起訴にした事案です。補充捜査をされて、証拠などに目を通したわけですが、有罪に持ち込む自信というか、有罪の部分を埋めることができたのかお聞きしたい。

 大室弁護士: 結論から言えば、私は、できたと思っております。

 村本弁護士: 私たちの職務というのは、必ずしも、有罪だと確信したから起訴するのではなくて、起訴することが法令で決まっておる。その中で、起訴しない条件はなかった、と判断したから起訴したということです。弁護士は弁護士なりに(東京地検特捜部とは)少し違った目から見れたかなという思いはあります。

 山本弁護士: 私も別に有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、起訴が議決されたから起訴した、ということではありますけども、ただし、検察官の職務を行う弁護士としてこの事件にあたるわけですから、当然、検察審査会の議決に従って有罪判決が得られるよう、できるだけのことをしたいと思っております。


――職責に基づいて起訴しなければならないというご発言があったが、一法曹人として、自分たちで有罪を立証できると考えられて起訴したのか確認したい。

 大室弁護士: まず自分たちが内心どういうふうに思っているのかというのはたぶん語るのは適切ではないと思います。ただ、抽象的な言い方をすれば、私自身は、小沢氏を起訴することが法曹としての良心に恥じない、というふうには思っています。その程度で勘弁してください。

(Asahi Judiciary 2011年01月31日) 

「法曹としての良心に恥じない」?

※メールで情報をいただき、この場合の良心≠ノついては、≪憲法76条3項に「裁判官はその良心に従い」という文言があり、「裁判官としての良心」というときには、法令に従うということがもっとも重要で、自己の個人的良心に従えば基礎すべきでないと考えても、法令に従って起訴することが「法律家としての良心」ということ≫ということだ。

ただ、仙谷由人との関係も取りざたされていて、同じ第二弁護士会の中でも三人ともある会に所属しているというこは偶然とは思えない。

日刊ゲンダイに次のように書かれていた。

≪◆検察官役は皆「身内」だった
仙谷由人官房長官(64)の交代機運の高まりは、意外な人々にも影響を及ぼすことになりそうだ。ズバリ、小沢一郎元代表の強制起訴に向けて捜査を進めている検察官役の指定弁護士3人である。
主任格の大室俊三氏(61)を筆頭に村本道夫氏(56)、山本健一氏(46)の3弁護士とも、仙谷と同じ「第二東京弁護士会」に所属。あまり知られていないが、全員とも「全友会」という二弁内の同じ人権派の“派閥”に仲良く名を連ねているのだ。仙谷と村本氏は、東大法学部の先輩・後輩でもある。
「東京の弁護士会は3つに分かれ、さらに各会ごとに主義主張に応じた派閥が存在します。会長選などでは派閥ごとに所属弁護士が票の取りまとめに奔走してきました。仙谷氏らが所属する全友会は1970年に発足。当初は学生運動経験者で若い人権派弁護士の集団でしたが、その後、多くの新人弁護士を入会させ、二弁を代表する一大派閥に発展したのです」(全友会関係者)
仙谷はよほど派閥に思い入れがあるのだろう。政界進出後も、年1回開かれる全友会の総会にたびたび出席してきた。
先日、大室氏は「われわれの捜査は政治の影響を受けたくない」と語っていたが、小沢裁判の指定弁護士が揃って小沢憎しの仙谷に近い人物なのだ。政治的意図を勘繰られても、仕方ない。
指定弁護士の選定には、二弁内部からも「仙谷氏の意向が働いたのではないか」との声が聞こえる。二弁所属のある弁護士は「指定弁護士の選定には慎重な意見が多かったのに……」と、こう打ち明けた。
「指定弁護士の人選は、東京だと3弁護士会が1年ごとの持ち回りで担当します。昨年は二弁の番でした。当然『政治色を排除すべきだ』との意見が上がったのですが、フタを開けると、3人とも仙谷氏と同じ派閥の弁護士で驚きました」≫
(日刊ゲンダイ2011/1/13) 参照:資料ブログ

********************

今後、気になるのは公判が長期化することだ。

争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きは半年以上かかるとみられ、公判は早ければ9月ごろから始まる見通しだということだ。(共同通信2011/01/31 19:52) 

フジテレビ『特ダネ』でニューズウィーク日本版の編集長・竹田圭吾氏が「起訴されたこと自体が異常だ」と断言していた。

こうした、普通に考えれば誰でもわかる普通のことを言える勇気ある言論人、マスコミ人、テレビコメンテーターが増えることを期待したい。(少しでも小沢氏側の論を張るとレッテルを貼られるから恐れているようだ)

最後に、石川議員がICレコーダーで録音した内容が新聞記事になっていたが、取り上げた新聞社が少ない。

たぶん共同通信が流し、それを記事にした新聞社が少ないということだろう。

これが崩れれば、この証言に立脚している今回の検審起訴は土台自体が崩れるわけだが、法曹界と菅・仙谷・米国が結託した今回の小沢氏追い落とし捏造事件では、常識のベクトルとは違う力が働いている。

森ゆう子議員もブログ上に検察から脅されていると書いている。

≪ある検察幹部が、私の調査に相当ナーバスになっているらしく、「鉄槌を下してやる」と言って、「不祥事」を捜していると司法記者から聞いた。「不祥事」は何でも、いつでも捏造できる。そして、私のやっている事は司法に対する政治介入だとキャンペーンを記者たちに行っているとのこと。≫『森ゆうこブログ』

証拠改ざんで検事総長が任期途中で交代し、検事三人が逮捕という、現在ほど検察が信用されていない時期はないぐらいに組織として弱っているのではないかと思えていたが、とんでもない間違いである。

検察は自分達が最高権力機関であり、今後もその在り方は変わることなく続いていくよう、あらゆる策を尽くして改革をする人間に対しては今まで同様、粛清しようとしているのがわかる。

もし、森議員にそのような動きをするのであれば、我々は断固それを阻止しなければならないだろう。

もう、こんな検察組織は、一度解体すべきである。


--------------------------------------------------------------------------------

●石川議員再聴取やりとり詳報(2011年1月31日 02:02)静岡新聞、西日本新聞 

東京地検特捜部の検事が衆院議員石川知裕被告を再聴取した際の主なやりとりの詳報は次の通り。

 検事「石川さん、録音機持っていない?」

 議員「大丈夫です」

 検事「この前もさ、そういうこと言っててとってたやつがいてさ。大丈夫? 下着の中とかに入っていない?」

 議員「大丈夫です」

 検事「(一部報道にあった別件の疑惑で)『しかるべき時期に議員辞職します』みたいな内容の調書があったじゃない」

 議員「はい」

 検事「そりゃもうそんなの出したら大騒ぎだからね。まあ現状でいく限りね、(上司は)そんなもの世に出そうなんていう気はないと思うけど、これがまた変な方向へね、鈴木宗男(元衆院議員)みたいに徹底抗戦みたいになっちゃうとさ、『やれるものはやれ』と」

 議員「私に今日できることって何ですかね」

 検事「無難なのはさ、従前の供述を維持するのが一番無難だって。検審の、うちの方針もそうだけど、石川さんが今までの話を維持している限り、(小沢一郎民主党元代表は)起訴にはならないんだろうと思うんだよ」

 議員「今日の調書は検審も見るんですよね」

 検事「見るよ。そのために取るんだから。見せて、検審が(小沢氏は)絶対権力者であるというところにどれだけ疑問を持つかっていうかさ。絶対権力者とか何とか言われてるけれど、きちんと話をして、逮捕されている時と同じ話をして」

 議員「圧力はかかってません。今日も自分の思いを、やっぱり変えようと思う部分を、変えられたらいいってことだけです」

 検事「今度の判断は重いからね。強制起訴までは不要と検審の4人が言ってくれれば、不起訴不当で終わるわけだから」

 議員「先に(議決を)出した5人の人がまだ残っているんでしたっけ? その人たちも変えてくれればいいですけどね」

 検事「だから最初に言ったように、ここで全部否定することは火に油を注ぐことになるよね。ここで維持することが彼ら(審査員)の気持ちをどう動かすかだよね」

 議員「今回(再聴取に)応じないっていう線もあったんですよね、選択として」

 検事「あった。あったけど、それは一番最悪だよね、検審に対して。うち(検察)にとっても」

 議員「小沢さんが起訴になったら、それはそれで複雑ですよね、私も。いや、検察内でですよ」

 検事「検察が起訴した場合、いや、しないよ。石川さんが供述を維持する限りそれはできない」

 検事「陸山会の2004年分収支報告書への不記載、虚偽記入の理由ですが、『私(議員)は深沢8丁目の土地を購入するに当たり、小沢先生から提供を受けた4億円につき、小沢先生が政治活動の中で何らかの形で蓄えた簿外の資金であり、表に出せない資金であると思ったため、これを04年分の収入として収支報告書に記載しませんでした』」

 議員「いや、購入した不動産が明るみに、公表されるのをずらすということが一番の主眼点で、4億円が明るみに出るのを避けるためっていうのは、今でもやっぱり、そんなことはありませんとしか言えないんですよ」

 検事「だったらこうしようか。今まで通りの供述をした上で、最後のところで調書を読み聞かせした後、最後にその4億円についてね」

 議員「4億円を隠したいがためっていうのがね、どうしても引っ掛かるんですよ。土地登記の公表をずらすことが主眼で経理操作したっていうのが実際の話なんで」

 検事「修正できるところはするけど、ただ、趣旨を、要するに隠そうとは思っていないというのはまずいと思うから。だからそこをうまく、まず4億円ありきではないんです、という風に修正していくしかないよね」

 議員「4億円がいかがわしいお金だなんて、実際どう作られたかなんて私には分かりません」

 検事「そこは4億円不記載には関係ないよね。不記載で起訴されているから、もうしょうがない。不記載にした理由は何なのってなった時に、みんなはゼネコンからの裏金に決まってると思っていて、だから書けないんだってなる」

 議員「そういう意識はない。汚いお金だから4億円を何が何でも露見したくないっていうのは今でも違うと言いたい」

 検事「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、別に水掛け論になるから相手にしなくていいんだよ。証拠ないんだから」

 議員「そういう疑問を持ったことがないんで」

 検事「俺はそこ責められてるの。上が『本当にこんなこと言ってんのか』って言うわけ」

 検事「例えば、(小沢氏に)報告、了承してませんというふうになったら、強制起訴の可能性が高くなるよね」

--------------------------------------------------------------------------------

この事件は第二の村木事件であり、第二の前田検事がいることの証拠だが、森ゆう子議員に対する脅しといい、民主党執行部の動きと合わせ、まだまだ油断ができないのが現況である。

小沢氏無罪、検察審査会の闇、国家権力の横暴、マスコミの劣化を追及・監視していくと同時に菅政権打倒を声高に叫び続けていくしかない。

※この検察審査会の議決による起訴は「強制起訴」が通名となってしまっているが、法律用語的には「必要的起訴」というご意見をいただいた。「検審起訴」も検察と紛らわしいので、このほうがスッキリするかもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月01日 23:43:23: ISomSy6FCg
村本弁護士:「必ずしも、有罪だと確信したから起訴するのではなくて、起訴することが法令で決まっておる。その中で、起訴しない条件はなかった、と判断したから起訴したということです。」

山本弁護士:「私も別に有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、起訴が議決されたから起訴した」

新聞をとっていないのでわからないが
ネットで見る限り、上記の核心部分すなわち
「有罪だと思ったから起訴したのではなくて、議決されたから起訴した」
という一番大事な部分が、記事から意図的に削除されている。

今日の昼には見れた、諜報局(マスゴミ)に都合よく編集した
指定弁護士の会見記事が
現時点で、各諜報局(マスゴミ)ともきれいに削除されている。


02. 2011年2月02日 00:05:38: X6UaDS33mo
>>01.

指定弁護士の記者会見が起訴の不当性と無罪の確実性を表わしていますね。
だからマスコミは、国民にそれを悟られないよう情報をコントロールしている。
マスコミは国民に真実を知られないためにあるということがよく分かります。
郷原氏は指定弁護士が出した起訴状が極めてひどいものであると云っています。
これも、その酷さゆえマスコミは国民の目から隠しています。
本当に最近はマスコミの役割がよく分かるようになってきました。



03. 2011年2月02日 00:15:04: koST9dN5eY
>私も別に有罪を獲得できると思ったから起訴したというよりは、起訴が議決されたから起訴した」

この発言そのものが裁判の正当性を疑わせるものだ。証拠もなく起訴するということを白状している。弁護側はこの言葉を明記して、裁判に使うべきだ。


04. 2011年2月02日 00:16:08: mGbbAw9IDE
「有罪だと思ったから起訴したのではなくて、議決されたから起訴した」
のであれば、「公訴の提起時において、検察官が現に収集した証拠資
料及び通常要求される捜査を遂行すれば収集し得た証拠資料を総合
勘案して合理的な判断過程により有罪と認められる嫌疑」なくして
起訴したのであり、検察審査会の起訴議決の適否は、刑事訴訟手続きに
おいて判断されるべものとした最高裁の判例に反するな〜。

文中に検察幹部は強制起訴を「国民の責任において、公正な刑事裁判の
法廷で黒白をつけようとする制度である」とし、検察と別の基準が許さ
れると指摘しているとあるが、そんな基準はないな〜。


05. 2011年2月02日 06:43:03: 29QXuu3pBw

指定弁護人の記者会見、弘中事務所ビデオ録音しているかなあ。証拠物件としても価値あるよ。


06. 2011年2月02日 07:40:33: AITbMd0C0M
>>05さま
当然しているでしょう。
そればかりか既存メディアの映像も録画していると思う(当然陸山会関係の新聞記事も)
無罪請負は当然の事、損害賠償もキッチリなさるお方だもの。

07. 2011年2月02日 08:38:24: FRJffeSSka
>検事「例えば、(小沢氏に)報告、了承してませんというふうになったら、強制起訴の可能性が高くなるよね」

なんだこれ!了承していたとすれば、共謀罪として強制起訴(ケンシン起訴)になるのでは?特捜は平気でこの様なウソをいうんですね。


08. 2011年2月02日 09:01:46: kOKDmbjYSI
月曜日検審起訴の日に偶然か村木さんの冤罪事件を取り扱ったTBSの特別ドラマ私は屈しないをやっていたが、検察の取調べの模様の再現ドラマも検事の強引なストーリー立てのやり方がリアル感があった。
役者がやっているからだが村木さんの記憶に基づいてのドラマだけに
これでやられたら普通の人間は必ず犯罪者に仕立て上げられる。

あのTBSがよくこんなドラマを作ったなと思うくらい悪役検察がイメージ作られたものだった。検察からクレームがつくかと思うくらい。


09. 2011年2月02日 13:04:37: RAru7ocPZ8
>大室弁護士: まず自分たちが内心どういうふうに思っているのかというのはたぶん語るのは適切ではないと思います。ただ、抽象的な言い方をすれば、私自身は、小沢氏を起訴することが法曹としての良心に恥じない、というふうには思っています。その程度で勘弁してください。

内心有罪に出来ないと思っていると言っているようなものですね。有罪に出来ると思ってたらそう言うでしょう普通は。


10. 2011年2月02日 14:34:05: a6bulh7TYk
「起訴」っていうのは証拠があり有罪が認められると確信を持った時に出せるのではないのか。

本当に日本は法治国家なのか。

ましてや弁護士の言葉とは思えない。

唖然!


11. 2011年2月02日 15:26:19: uCJn9f8hbA
小沢さんサイドの弘中弁護士は、出来ることなら小沢さん問題に集中してほしい。

あちらこちらの人・組織を対象に、名誉毀損による損害賠償訴訟が無数にころがっている。

仮に・・集中してやったら、莫大な富を手に出来ること間違いなし!!

さらに、悪を暴いた英雄として賞賛の嵐を巻き起こすことでしょう。


12. 2011年2月02日 17:21:05: SYBnefOvOA

玉袋筋太郎、ちょっと見なおしたわ



13. 2011年2月02日 17:30:42: mp6fw9MOwA
検察審査会で2回起訴相当の議決が有っても、素人の判断であり、法律の専門家で有るべき指定弁護士が吟味し起訴するとの意味を込めた法律だと判断されます。
起訴議決が出ているので起訴するでは弁護士に高給を支払う必要はなく検察審査会が直接起訴すれば良いと思われます。
何故この法律が出来たかの原点・意図するものを把握してその精神に則り議論が進まないのは何故でしょう。
有る勢力の意図する方向に結論を出す為に、法律の不備を利用した歪曲した解釈で
議論を進めるので方向性が定まらず時間だけが過ぎています。
裁判で期づれの共謀罪で小沢さんが有罪となったとしたら福島県知事の裁判での収賄額0での収賄の罪での有罪と言う有ってはならない裁判所の現実離れがしており誰もが首をかしげる判決の2番煎じとなりますね。
これを国会が認めたら国の最高権力は裁判所で有ると認めた事になりますね。
司法への政治介入は当然認められる権利でありながら、如何にも可笑しいと言っている人を元気づかせ、国を滅ぼすことになりそうです。

14. 2011年2月02日 18:10:51: t44OgZwYnM
われらの英雄。やまとなでしこ。の森ゆう子議員を脅すとは?。森さんへ伝わるように、記者クラブ記者?を通じて、恫喝する言を吐いた検察幹部が誰か知らぬが、ふざけたことを言う野郎だ。己を何様と思つているのか。森ゆうこ議員の背後の数千万小沢さん支持者は、断固としてこのフアシスト的、ゲシュタポ的検事を糾弾する。

15. 2011年2月02日 19:25:28: mKJV4kJj8k

大室俊三弁護士は記者会見で、有罪立証に自信を見せた。

なんだか、写真の顔を見るとインチキやった前田検事の顔とダブルなあ〜
何を根拠に「有罪」の自信なのか。頭おかしいんじゃないか。
あっ、頭が可笑しい。ふふっ、薄いわ〜

水谷建設、石川秘書会ってない、との見解。
西松建設の運転手、ホテルいった日誌記録ないらしいよ。
また立ち合った男は、石川さんを長身と語っているが、石川さんは長身ちがう。
西松献金は与党だった森、尾身、二階議員をもっと調べなさい。
小沢さんは野党ですよ。天の声は「政権与党議員」でしょう。


16. 2011年2月02日 19:26:09: bcOCo6Ynd2
14さんその通りですね。
その検事は、その発言をした段階で犯罪者だ。
即刻逮捕して、取り調べすきだ。

検察は、この検事を、いつまで隠蔽するのか、見守りましょう。


17. 2011年2月02日 19:39:28: bcOCo6Ynd2
朝日新聞
日経新聞
読売新聞
毎日新聞
産経新聞

時事通信、共同通信も同じだろう。

根拠を公開質問しませんか?
回答内容によって、名誉毀損裁判での賠償金額の算定に役立つでしょう。


18. 2011年2月02日 19:56:47: aHym7CEnuU
今朝のゴミ売り新聞の朝刊の1面・・「小沢政治」大きな転換点・・・

文中で 
・・・・小沢元代表が「刑事被告人」になったことで、求心力の一層の低下は避けられない。・・・・

という記述がある。

今回の起訴が、有罪か無罪か判らないのに自動的に起訴になることをなぜ国民にちゃんと伝えん?
無罪の可能性が高い事には触れない、明らかな、イメージ捜査で世論誘導だ。


19. 2011年2月02日 20:37:06: 2uKiXKZBbQ
菅内閣総辞職に追い込めば、この裁判なくなるんじゃないかな。

20. 2011年2月02日 20:42:49: mB3qcf4GmI
>>
小沢元代表を強制起訴した指定弁護士の大室俊三弁護士は記者会見で、有罪立証に自信を見せた。
>>
小沢一郎が有罪になったり、時間をかけて時間を費やすようなら、そうだ、検察官は「全員首!!」
検察は不要の長物ですね。全ての裁判において弁護士が、検察をし、弁護士もしたら良い。
検察官は「無能!!!!」なんだから。
法律の素人集団<検察審査会>が起訴したのは、本来、検察が対象だったはず。
つまり、「検察を起訴」することだったのでは??
一年以上血眼になり強制捜査もした検察。税金を何億円も使って、証拠をあげれなかった。つまり、今回の例は、「小沢一郎の人格、名誉を根絶やしにするため、つまり日本人全ての尊厳を壊滅する。」ための一部学力優秀人間のなせる業。
とんでもない日本になるか、法治国家として在り続けるかの分岐点になろう。
  M・E

21. 2011年2月02日 21:20:38: t44OgZwYnM
今回、小澤さんに対して残忍な自称市民11人を選抜して、いわれない『疑惑」をデツチあげてまで、「2回の起訴相当議決」をさせた悪党一味『官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力。など」の悪質な謀略を厳しく断罪すべきです。権力チェツクと言う本来の趣旨に反する非合法的運用での検察審査会の秘密検察的暴走のやり方は、マフイアのリンチかナチスの突撃隊がユダヤ人迫害に「ユダヤ人が怪しい」などと市民を扇動し利用した方式の日本版。です。残忍残虐性でスターリン主義やフアシズムそのものです。、悪党一味の大手メデイア11社やクズのようなあの常連のヤメ検弁護士や三文コメンターがなんとコメント使用が、反憲法的で非合法なものだと断定できます。

22. 2011年2月02日 21:22:38: SOBRflzI0M
江田五月法務大臣が、「政治と金」の問題は後世に引き継いではならない。
ここで終りにすると言ったので、その言葉に従って、
指定弁護士らは手段を選ばず小沢さんを終わりにするであろう。



23. 2011年2月02日 21:25:00: 51B5Ucic1I
国民目線で起訴と言うが実態のわからない市民団体、国民目線は担保されない。胡散臭さの塊。実態は謀略であろう。司法がでたらめやったら、だれが司法を裁く?

24. 2011年2月02日 21:34:31: tMSe6Q86FI
起訴内容がいくらひどかろうと、要は「世論」が味方になれば、どんなことでもできるのがこの社会だ。
そしてその「世論」はマスコミが作り出すことができる。
つまりマスコミと検察、裁判所がくっつけばどんなひどい起訴内容だろうと関係ない。
この世の中は「リンチ」社会だといってよい。

25. 2011年2月02日 21:43:57: 51B5Ucic1I
じゃ、社会の役割から逸脱したマスコミ、検察、裁判員を誰が裁く?

26. 2011年2月02日 22:11:27: feaQdm5yVk
単純な話・・・・「起訴された人より 申し立てした側の人間が悪人である」という事も 審査会と指定弁護士は考えないのだろうか。この案件は 誰か(仙谷)の悪だくみで 小沢氏起訴命令が仕組まれた出来事であるから、申立人=悪意の人間だろうが構わないのだが。世の中 申し立てしてまで 人を憎む悪人が潜んでいるが こういう人間こそ 見せしめされるべきだ。

27. 2011年2月02日 22:20:44: NBICMeCSK2
■なぜこれほどにあきらかな国家の犯罪が断罪できないのか理解に苦しむ。

なにが障害になっているのだろうか。
これほどにめちゃくちゃな国家の犯罪を断罪するために何が障害なのか。
その障害を取り除く方法はないのか、叡知を絞りたいものだ。

ジャーナリストの上杉隆さん達が始めた「自由報道協会」は大いに期待できる。

他にないだろうか。

阿修羅の場を通じて国家の犯罪をあばき、事実情報に基づく民意の形成をどうしたら実現できるか。


28. 2011年2月02日 22:23:27: arIjuafsG6
菅、中国廊下会談で虚偽報告。行われていない会話を、行ったと記者団に報告。
拘留中日本人の解放についても、無視。

こっちのほうがよほど悪意ある行為であり被害をこうむると思うんだが。
国会では誰か追求したのかな?

だいたい、廊下会談てなに?お部屋に入れてもらえないの?
廊下で会談なんてできるの? 挨拶してすれ違うことくらいしかできないんじゃないの?
改めて疑問なんですけど。誰か教えてください。


29. 2011年2月02日 22:33:38: 9bcMzYxUjs
指定弁護士らは、法律をおもちゃにしている。社会に常識などなければ、我々は落ち着いて、毎日の生活などできない。

30. 2011年2月02日 22:35:11: 7IiQQYAy0A
いろんな意味でこの事件に関わる真実の『証拠』がない。

まどろっこしい書き方で目くらましのように書かれている
起訴内容。(法曹界のよくある手。)

なんだか気持ちの悪いところで色々と進捗いるような。

一掃の事、血で血を洗う戦いをすればすっきりするのだけれど。


31. 2011年2月02日 22:44:24: cZy3V4LNR6
小沢一郎の起訴から報道が大人しくなってきた。国民がこんな事で起訴したのかと知ってしまった。今まで以上に国民が小沢に厳しくはならないでしょう。すなわちマスコミが出鱈目を言ったり書いたりしにくくなった。

32. 2011年2月02日 23:01:55: GhZPsDZ9Mg
たしか、言いがかりで犯人呼ばわりしたら罪になるんですよね!

「今回の検察審査会の議決で起訴することが決まっていたから起訴しました」って?

言いがかりの責任は審査会のメンバーが負うと言う事で良いんですよね。

今回起訴した弁護士は、ここの所を負いたくないために言い訳で法令の決まりでと
行ったんでしょうね!

弁護士としての責任感ゼロのクズだな〜


33. 2011年2月02日 23:45:24: YLzeKOt8zg
これからは裁判所に注視しよう。
今まで何度も冤罪を有罪にして判決をだして、死刑、無期懲役、控訴中拘置所内死亡
幾人にも残酷な死に方をさせた裁判所特に高等裁判所、最高裁判所が
小澤問題を実事求是をする様注視監督して行かねばならない。
 実事求是: 事実に基づいて、物事の真相・真理を求めたずねる。また、先入観を持たず、風説にも惑わされることなく、真実を求めようとする姿勢をいう。
 裁判官に求められるのは実事求是の姿勢である。
裁判所の裁判官から目を離すな!

34. 2011年2月03日 00:02:35: PwscDRZe8k
言いがかりの責任?
存在しない審査会のメンバーに責任など取れるはずも無い!!

夕方のテレビで大相撲疑惑を一斉に報道していた。

小沢氏強制起訴に対する阿修羅の人々の突っ込みに驚いたマスコミの目くらましかなと思う。

もう我慢できない。
争うことなく消え行く命の灯より、奮い立って消えるなら消えよ。
行動あるのみ。

日本のジャスミン革命を!!


35. 2011年2月03日 00:03:42: zpO0PoF676
この投稿にあるとくダネで竹田氏の発言を見てはいないのでどういうニュアンスで云ったのかはわからないがかつてフジ日曜の夜の報道番組で小沢氏についてこう語ったのを覚えている。
「小沢氏の事について、僕の最も信頼するジャーナリストが事実だと云っているのでいろいろ報道されていることは真実ということで間違えないです」
この発言を聞いてこの竹田氏がジャーナリストとしてまったく信用できないと確信した。
信頼するジャーナリストとやらの名前も云わず、第3者の報道したことを信頼しているということを云って信憑性を持たせることに努め尚且つ具体的な内容を語らないことで自分自身の責任回避もしっかりやっている。
このような人物がたまにはマトモなことを云ったのかもしれないが、そうそう人間の中身は変われないから信用することはない!!

36. 2011年2月03日 00:08:07: W6ogLWtYMg
>>17

同感。
その手の、マスゴミを追求するというか、インチキを満天下に暴くような、効果的な手段ってないのかな?


37. 2011年2月03日 01:01:27: G2LCdZwIx5
日本の法律って言うのは、恣意的(拡大解釈)に、どうにでも取れる
ものですね。だったら裁判いらないか。俺たちも俺たちの意思で、リンチとか、
やってよろしいのでしょうか。

外道弁護士を逆に告訴できないものですか?
こいつら金好きそうだから、弁護士資格剥奪より、民事の賠償請求の方が天誅なのでは?


38. 2011年2月03日 01:13:43: 5OSV8Up776
在特会とかをリンチするわけ?
怖ぇよ。あいつら狂犬じゃん。

39. polluxd8 2011年2月03日 05:19:29: Gi/twJ8/hXLTI : Rgw3iHqtwY
朝日新聞
日経新聞
読売新聞
毎日新聞
産経新聞

とならべるなら、日経よりも部数の多い中日(東京)、
産経よりも部数の多い、東スポを並べるのが筋でしょう。
とくに中日はここんとこなかなかいいこと言ってるし。


40. 2011年2月03日 08:53:59: bnjFreLhHE
検察審査会の「起訴相当」の決議の本音は「有罪」という
ことではないだろうか。そのように指導されてきたのでは
ないだろうか。そして指定弁護士は、民意に
基づき有罪にしましたといえる。そこに持っていける理由付けが
できたので起訴したのではないだろうか。

41. 2011年2月03日 09:48:40: bXFFC1UU9k
40様>
最高裁判所から、第5検察審査会の議決が正しいかどうかは裁判で決めなさい判決されましたのはご承知ですね。
これから始まるのは
1.実態の不明な第5検察審査会が小沢氏に対し、「起訴の提起」をしたことが正しいのか。(特に第2回目の審査など非常にねつ造のかの性が高い。)
2.万一起訴の提起が正しいとなれば、小沢氏の行動に犯罪となる事実があるのかの裁判が始まります。
私の知識では、2.の段階に入るまでは検察の「不起訴」が生きており、小沢氏は真っ白です。第五検察審査会は「起訴」したのではありません。起訴が出来るのは憲法上検察のみです。
たとえ起訴されても、判決が確定するまでは「推定無罪」で有ることはご存じですよね。
<そして指定弁護士は、民意に基づき有罪にしましたといえる。そこに持っていける理由付けができたので起訴したのではないだろうか。>
こんな恐ろしいことを、80様はどの様にお考えでしょうか?
民意で裁判が始まるとは「魔女狩り」と同じことで、法治国家ではありません。
検察が1年以上の時間と30億円以上の費用をかけたにもかかわらず、起訴できる証拠を見つけられなかったのが現実です。これを3名の有能とは思えない弁護士だけで裁判を維持できるとは思えません。
今の菅、仙谷、枝野、前原などの一派は日本の法律を破り、「魔女狩り」で敵対勢力を排除しようとしています。
日本の司法関係者の良識に期待しています。
(私は阿修羅での勉強歴6ヶ月。技術屋のわたしがここまで成長できたことを阿修羅の皆様に感謝します。自己満足と叱らないでください)

42. 2011年2月03日 10:52:25: D53fJnHnI6
指定弁護士たちは、記者会見の場で、どうどうと責任回避の言い訳を言った。
有罪にするのが目的ではなく・・指名されたから起訴しました。
何なのこいつら。法曹人として恥じない・・よく言うね。このヤメ検。こんなヤクザな金に転ぶ汚い雑巾のような、黴菌のついた弁護士がしゃしゃり出るから国是が歪められる。郷原さんが、それにしても酷い起訴状だと。小学生レベルと・・
民間の弁護士が書く起訴状は、起訴に値しないと断言している。検察経験の無い、やはりトーシロー軍団は打ち首となろう。しかし国民は、君たちの責任論は追及するよ。責任回避の発言は許されないからね。覚悟しておきな。

43. 2011年2月03日 12:34:33: 4QIIsM4Kjo
現金や商品券を貰った時以外は、新聞も購読してないし、NHK受信料にいたっては、別に催促もされたことがないが、日本人はまだまだ金持ちだな。どうして黙ってあんなものに自腹で金を払うのかな。このぶんなら消費税30パーセントぐらい平気の平左だろう。どんどん貢いでくれたまえ。

44. 2011年2月03日 12:49:23: Rn1fIypMRc

『まぁ、あまり気乗りがしないけど、規則だからやるよ』

ってなところか?

と、思ってたらな〜〜んとセンゴク君のお友達でしたか。

センゴク君の絶頂期に旨いこと言われて登ったんだろうけど、

もう梯子は外れてるよ!

センゴク君はもうすぐ終わるんだよ。

知らなかったの?

アメ公も日本の空気読んでるよ。

可哀想だけど、仕方ないよね? manuke なんだから。



45. 2011年2月03日 17:03:25: O66Cxrkzb2
“アジア旧正月に宣言します!〜“万国万民主権群は必ず奪還できると!〜

2011・2・3(木曜)大阪・マクドナルドにて)

またそのようにすることが、この世で最高最大の“大自然太陽法の“大恩恵群に沿うものであり、“大自然法からのご加護などが必然的におこりえるもの〜宗教や政治や思想や民族や国籍などの、すべてを超越しているものであり、いま、ようやくにして、“万国万民主権群の奪還実現への大いなる船出ができたのです!〜

“隠ぺい“詐取主義に明け暮れていた“日本体制巨悪側は、その超多大なるその罪滅ぼし(★“罰金刑約50万兆円&★“懲役刑約500万年)をかねて、日本列島には、太古から半永久的に現存&再生産継続している世界最大級の「“地球天然資源群(推定額・約十数万兆円分)」を、正当な受益権利者=“大自然太陽法の“大恩恵群の“傘下万民主権者である“万国万民主権者側へ返還することこそが最高&絶対の正道であり、「“公僕の日本体制側=地方と中央政府とその三権(立法&行政&司法)制度賊」側の正しく生き残る唯一の方策であることを悟り実行すべきである!〜“本件の“発案&誘導&アピ−ル群継続主義の“李とくじつ側からすでに、その係る具体策なども発表しているので、この場では省略します〜

ヨーロッパの人口が激減するほどに、西欧人たちが大挙して“ゴールドラッシュや“石油ラッシュに沸きかえっていたアメリカ大陸へ採掘に向けていた当時のように、自由人によって自由に採掘をしていたのであり、アメリカ大陸では自由人たちの“成金富豪=採掘成功者がぞくぞくと登場しており、まさに、“アメリカンドリームの自由謳歌=自由採取である〜日本列島はそれ以上のことが可能なほどにサウジアラビアをも上回るほどの地球天然資源群の保有物量群を有し続けており、“アメリカンドリームを上回る“ジャパンドリームなのだ〜

これは、加害者である“日本体制側になにかを施してもらうのでは決してない!、古くから侵害群され続けている、“万国万民主権群を返還(奪還)してもらう作業に過ぎない〜この解放がなければ、“万民の裕福&幸福の実現の権利を踏みにじられたままになる〜

☆“万国万民主権者との茶話
交流を!〜
☆ご意見なども〜


0903
27
55519
ririmurata
@docomo
.ne.jp

rimurata3
@yhaoo
.co.jp


46. 2011年2月03日 17:35:53: Rk3TCV8Ph6
怪しいのだから、起訴して裁判で決めればいい

47. 2011年2月03日 19:18:58: EwPR2irWWc
怪しくないんだから、起訴や裁判なんかしたらヤバイんじゃない?

48. 2011年2月03日 21:42:10: w1eKmNlysg
石川議員再聴取やりとり詳報 

長文引用失礼します


 検事「石川さん、録音機持っていない?」

 議員「大丈夫です」

 検事「この前もさ、そういうこと言っててとってたやつがいてさ。大丈夫? 下着の中とかに入っていない?」

 議員「大丈夫です」

 検事「(一部報道にあった別件の疑惑で)『しかるべき時期に議員辞職します』みたいな内容の調書があったじゃない」

 議員「はい」

 検事「そりゃもうそんなの出したら大騒ぎだからね。まあ現状でいく限りね、(上司は)そんなもの世に出そうなんていう気はないと思うけど、これがまた変な方向へね、鈴木宗男(元衆院議員)みたいに徹底抗戦みたいになっちゃうとさ、『やれるものはやれ』と」

 議員「私に今日できることって何ですかね」

 検事「無難なのはさ、従前の供述を維持するのが一番無難だって。検審の、うちの方針もそうだけど、石川さんが今までの話を維持している限り、(小沢一郎民主党元代表は)起訴にはならないんだろうと思うんだよ」

 議員「今日の調書は検審も見るんですよね」

 検事「見るよ。そのために取るんだから。見せて、検審が(小沢氏は)絶対権力者であるというところにどれだけ疑問を持つかっていうかさ。絶対権力者とか何とか言われてるけれど、きちんと話をして、逮捕されている時と同じ話をして」

 議員「圧力はかかってません。今日も自分の思いを、やっぱり変えようと思う部分を、変えられたらいいってことだけです」

 検事「今度の判断は重いからね。強制起訴までは不要と検審の4人が言ってくれれば、不起訴不当で終わるわけだから」

 議員「先に(議決を)出した5人の人がまだ残っているんでしたっけ? その人たちも変えてくれればいいですけどね」

 検事「だから最初に言ったように、ここで全部否定することは火に油を注ぐことになるよね。ここで維持することが彼ら(審査員)の気持ちをどう動かすかだよね」

 議員「今回(再聴取に)応じないっていう線もあったんですよね、選択として」

 検事「あった。あったけど、それは一番最悪だよね、検審に対して。うち(検察)にとっても」

 議員「小沢さんが起訴になったら、それはそれで複雑ですよね、私も。いや、検察内でですよ」

 検事「検察が起訴した場合、いや、しないよ。石川さんが供述を維持する限りそれはできない」

 検事「陸山会の2004年分収支報告書への不記載、虚偽記入の理由ですが、『私(議員)は深沢8丁目の土地を購入するに当たり、小沢先生から提供を受けた4億円につき、小沢先生が政治活動の中で何らかの形で蓄えた簿外の資金であり、表に出せない資金であると思ったため、これを04年分の収入として収支報告書に記載しませんでした』」

 議員「いや、購入した不動産が明るみに、公表されるのをずらすということが一番の主眼点で、4億円が明るみに出るのを避けるためっていうのは、今でもやっぱり、そんなことはありませんとしか言えないんですよ」

 検事「だったらこうしようか。今まで通りの供述をした上で、最後のところで調書を読み聞かせした後、最後にその4億円についてね」

 議員「4億円を隠したいがためっていうのがね、どうしても引っ掛かるんですよ。土地登記の公表をずらすことが主眼で経理操作したっていうのが実際の話なんで」

 検事「修正できるところはするけど、ただ、趣旨を、要するに隠そうとは思っていないというのはまずいと思うから。だからそこをうまく、まず4億円ありきではないんです、という風に修正していくしかないよね」

 議員「4億円がいかがわしいお金だなんて、実際どう作られたかなんて私には分かりません」

 検事「そこは4億円不記載には関係ないよね。不記載で起訴されているから、もうしょうがない。不記載にした理由は何なのってなった時に、みんなはゼネコンからの裏金に決まってると思っていて、だから書けないんだってなる」

 議員「そういう意識はない。汚いお金だから4億円を何が何でも露見したくないっていうのは今でも違うと言いたい」

 検事「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、別に水掛け論になるから相手にしなくていいんだよ。証拠ないんだから」

 議員「そういう疑問を持ったことがないんで」

 検事「俺はそこ責められてるの。上が『本当にこんなこと言ってんのか』って言うわけ」

 検事「例えば、(小沢氏に)報告、了承してませんというふうになったら、強制起訴の可能性が高くなるよね


49. 2011年2月03日 22:07:10: QR3K57T0B2
>>必ず近い中に<検察審査会>の幽霊議決の真相が暴かれる。

>>森ゆう子議員の質問に答えた、辻褄の合わない説明と急いで作った回答は嘘見 え見えで、捏造議決を隠すどころか益々疑惑が真実化している。

>>あとは時間の問題だ。



50. 2011年2月03日 23:12:26: mhY5yQTt9k
>>48
連続ツイートしたら衝撃的だと思う。
是非して欲しい。
昨日の朝日ニュースターのニュースの真相で弁護士で元最高検検証アドバイザーの山本幸夫氏が最後に前田真里さんから小沢さんの起訴について聞かれてあり得ないことと言い、そもそも検審議決からして不起訴相当が妥当で起訴相当は不当だと言っていた。
審査員の発言はともかくとしても審査補助員のアドバイスが見えないのはオカシイと。
検察審査会の異常性こそがこの問題の争点になるのだと思った。
最高検の改革案もかなりオカシイものらしい。
解体の声をもっと上げましょう。

51. 2011年2月04日 00:11:32: N2UpKAdNdU
どこかで、国策起訴 といえばわかりやすいと書いてあった、そうだと思う。

52. 2011年2月04日 00:38:11: XrPed2K2SQ
一生懸命勉強して司法試験に受かって、
こんな仕事を請け負う弁護士ってなによ?
生きてて楽しいワケ?

53. 2011年2月04日 07:00:08: NoB4T4uYVg
阿修羅さんへ
携帯電話番号らしきものを書き込む者あり。
45番。

管理の方、できればこのコメントも削除願います。
(話の流れに関係ないので)


54. 2011年2月04日 20:06:43: moUQjEBksU
こんなくだらない新聞をまだ取っているの。くだらないと思ったらけじめをつけよと新聞各社の社説と同じように言いたい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧