★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106 > 418.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
私の小沢一郎論
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/418.html
投稿者 天橋立の愚痴人間 日時 2011 年 2 月 03 日 20:36:41: l4kCIkFZHQm9g
 

小沢一郎に対する評価は極端に分かれる。

 肯定する人たちは、しっかりとした「国家観」を持っている唯一の政治家としてそれに期待を寄せる。 この点については小沢を否定する人たちの多くも認めるところである。 さらに言えば誠実な人柄に感銘を覚える。

 他方で小沢を蛇蝎のごとく嫌う人々も多い。 その人たちは彼の強引な手法、その人の思想による好悪の感情が露で取り付くしまがない態度を指摘する。 また自分勝手で約束を平然と反故にする身勝手な人間であると言う。

 彼に接したこともない私が言う小沢論は想像の域を出るものではないが、それでも情報を駆使し言動を注視することで、誠心彼に近づきたいと願うものである。

 私が彼に注目したのは、25年くらい以前のことです。 自民党の大物として浮上してきた彼がテレビで対談しているのを見たときからです。 大体大物政治家と言うのは、やけに老成ぶって司会者の問いかけにまともに答えようとしない輩ばかりです。 そんな中で小沢は司会者の問いかけに、はにかみながらも自分の哲学で答えようとしていました。 くだんの老成やろうにしては、青臭い奴だと軽蔑の対象であろうが私は彼の中に誠実を見ました。

 以来無条件にファンとなってしまったのですが、その時点で彼がそんなに大物とも意識せず、また大物になるとも思いもしませんでした。

 その後幹事長として、例の次期総裁選びで3人の候補者を事務所に呼びつけて面接したなどと言う問題行為が云々されたときなども、確かに思いも寄せない彼の一面に吃驚もしました。
しかしながら政治家としての国民に対する思いの念は、最初に受けた印象を裏切るものではありませんでした。

 そうこうしている内に自民党を飛び出すことになりました。 私自身驚愕的に受け入れた行為です。 そのとき政治家小沢に対する信頼は不動のものとなりました。 小沢はその判断について最初から現在まで、日本に政権交代を実現するための言い切っております。 自民党の中枢にいながら、政治家としての頂点、総理大臣の座を手中にしながらの決意はまさしく己の栄華よりも日本の改革を優先した判断です。 小沢は自民党政権の中枢にいながら自民党政治の欠陥を読みきっていたのです。

 今になっても、小沢の経歴の中に自民党の中枢にいたことをあげつらう人がいます。 政治家として、また本当に有能な人間が自然とその組織の中で有用な地位についた事に何故不審を抱くのでしょうか。 自民党の中で何も出来ない優柔不断の大人しい人間が国家の変革を目指せるとでも言いたいのでしょうか。 能力のある小沢だからこそ、何処でも力量を発揮し、かつ自民党を飛び出ることも出来たのです。

 その後の小沢の歩みは、折角の細川政権を瓦解させるなど悲劇的に推移し、結果は「壊し屋」などの名称を受けることになりました。 小沢が持ち続けている理想論が原理主義となり、仲間に性急にそれを要求した結果が体制を再び逆転させることになったのです。

 結果から見て、此処では確かに小沢の性急せいは不適切であったと思います。 政治の世界、人間の世界は何処までも理想的には推移しない事実を突きつけられてしまったのです。
その分小沢は政治の社会を甘く見ていたのでしょう。 しかしながら、その後十年の臥薪嘗胆、紆余曲折を経ても小沢の信念は微動もしてないことは明白です。

 最初に挙げた小沢を蛇蝎する人たちの言い分に彼の傲慢、身勝手がありますが、逆に考えて彼が、物分りの良い、すぐに妥協に応じる紳士である事が国民にとってどれほどのメリットになるのでしょう。 それは小沢の周りにいるライバルから見た評価でしかないのです。 その証拠に、小沢の国民に対する態度は常に誠実であり常に腰の低い態度を貫いています。

 小沢のHPなどでも証明できます。 数ある政治家のHPの中で主張者に返事をよこすHPがあるでしょうか。 現在はアクセスが多すぎてやってはいないと思いますが、以前は本人か秘書かは解りませんが短いコメントをつけて随分と後になっても主張に対する返信がありました。

 そこで民主党若手の悪口を書いてみましたが、返信には有能な若手も随分と育っているので今後に期待して欲しいと返信があったこともあります。 私は小沢に政治家を見ております。品行方正な一般人を要求しているのではありません。 国民に何をしてくれるかを基準に評価をして信頼しています。
25年前に聞いた、はにかみながらの青臭い書生論をとつとつと述べる小沢を信頼しているのです。

 年齢を重ね、今では決して気鋭の政治家とも言えませんが彼の心の中には、青春に気概に満ちていることを信じています。 要領の良い政治屋ではないのです。 政治家として豪腕なくしてどうして理想が貫けるのでしょう。 政治とは殺し合いと極論する人もいます。

 歴史的に見ても大きな政権争いは命がけです。 良いも悪いも小沢の全てがなければ大きな政権交代など出来ません。 小沢とは、そうした使命の元に存在する政治家と思っています。 私は、なお一層の激励を小沢に送りたい。


以上は2年前に下記サイトへ投稿したものです。

http://www.kyudan.com/toukou/amano17.htm

その小沢が何の理由でこのような窮地に追いやられねばならないのか、
小沢批判をする人間に問う。
貴方は政治家小沢の何が不都合なのか。

自民党政治を終わらせたのも小沢であり、官僚国家ありようにメスを入れようとしているのも小沢であり、記者クラブ制を廃止して全てのメディアにに情報の発信をしようとしているのも小沢である。

これらの問題に真剣で取り組んでいる他の政治家がいるというのか。
それなのに、小沢を忌み嫌う人間が、70%もいるという。
あまりにも無責任な政治感覚である。

人々は自分の思いに素直でなければならない。
自分が思う国の形を考えたならば、何故、小沢を否定する結論が出てくるのか。
自分自身の社会に対する、政治に対する希求があってこそ、政治が判るというもの。
人々はエジプトの100万人のデモをよそ目で見ながら、何を考えているのか。

暴動が良いと言っている訳ではない。
政治に対する情熱の問題を言っているのだ。
自分達の無気力、無関心が日本の政治を凋落させ、官僚どもの跋扈を生んでいることを認識すべし。

小沢を忌み嫌うことが政治的関心と思うようなことは笑止極まる。
小沢を非難するよりも、現代日本の現状を悲観するよりも先に、自分の無責任さに気つくべし。

気ついた人は
さあ、2月12日の御堂筋デモに参加すべし。
やっぱりデモの宣伝になり、申し訳けなくござ候。

http://www.kyudan.com/index.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月03日 20:57:59: 1Skp6TM81I
私は自由党代表のときのサンデープロジェクト田原総一郎インタビューで。

それまでは小沢一郎と言う男は唾棄すべき人物だと思っていたし、本当に日本の政界の癌だと思い込んでいた。
政策なんてないし政局で人事を強行し斬った張ったを繰り返す豪腕の超保守政治家だと勝手にイメージしていた。

ところがサンプロのインタビューを見てその考えが一瞬で溶解し、イメージが変わってしまった。理路整然で簡潔、非常に合理的なものの考え方ができる人なんだなあと朝から感心して気がついたら魅入っている自分がいた。
なによりあの田原総一郎が小沢一郎の話に彼特有のチャチャ入れや揚げ足取りの反論を挟んで話を誘導しようとする暇(いとま)もないくらいに、質問に対して即座に答えが跳ね返ってくる小沢一郎の論理の一貫性だ。

今、インターネットで小沢の話はイメージとかなり異なると注目を浴びているが基本的に小沢一郎の政策も論理も自由党時代と何も変わっていない。
政権を獲りたいがために政策を変えたと揶揄するものもいるがまったく間違っている。
私が日曜午前10時過ぎに見た自由党代表の小沢一郎と民主党国会議員小沢一郎はなにも変わっていない。
常に一貫している。
なお私は小沢支持派ではあるが、彼の政策のすべてを受け入れているわけではない。個人的に?と感じている政策もある。
したがって支持者でなくあえて派とさせてもらいます。


02. 愚民党 2011年2月03日 21:22:40: ogcGl0q1DMbpk : EX7iymEEf6
天橋立の愚痴人間さん。

わたしは、2月12日(土)の大阪御堂筋デモに参加いたします。

よろしくお願い申し上げます。


03. 2011年2月03日 22:17:34: R7JAcjE9Sg
ぼくは、去年の1月に、マスコミ、検察の民主主義を破壊する
小沢さんに対する攻撃に、なにかしないという気持ちと、
どうして小沢さんが攻撃されるのかと、いろいろ読み出した。

いつも、思うのだけど、小沢支持者自身が、
小沢さんのことを、豪腕だとか、顔が恐いだとか、言うのはなぜ?
いろんなことを見聞きして、小沢さんは、きわめて原理原則で
判断し、動くかただと思うのだけど、菅とか仙谷と比べても
ぜんぜん強引だと思わないし、
まだ、よく知らないので、どこが豪腕か、教えてほしい。


で、エジプトとか民衆の行動について、誤解を恐れずに言う。

暴動も時に必要。チュニジア革命、あれは暴動だ。
ソ連崩壊も、ベルリンの壁も、権力がどの程度暴力を使うかで、
穏やかな革命になるのか、暴動になるかの違いが生じるだけ。

怒りのない国民は、羊の群れ、奴隷の群れだ。

権力に立ち向かうには、いまの小市民の小さな「しあわせ」を
失うかもしれない恐怖に打ち勝つ、怒りがなければできない。

怒れ!日本人。

与謝野の暴言に怒れ!菅の妄言に怒れ!


04. 天橋立の愚痴人間 2011年2月03日 22:22:41: l4kCIkFZHQm9g : 9PVC5S4d6c
愚民党 さん

ありがとうございます。
スタッフにも伝えていきます。
尋ねてきてください。
お待ちしています。


05. 2011年2月03日 22:28:18: buKTZzMp2Y
毎日毎日、小沢一郎を非難するニュースキャスター(こういう英語はない)と称する人間はきゃんきゃん吠える犬のよう。人の悪口ばかり。

小沢一郎は政策を語り政策批判はするが彼が他の個人個人の悪口を言って攻撃するところを見たことはない。

前者を品性下劣という。ずいぶん違うものだ。


06. 日高見連邦共和国 2011年2月04日 01:10:56: ZtjAE5Qu8buIw : GpIUsAuiLs
小沢一郎はね、地元の高校、中学、小学、果ては幼稚園の入学式や卒業式、運動会まで『小沢一郎』の名前で祝電を打ってくれるんだ。

良いかっこしい、って思うかい?

オラは素直に喜ぶようにしてイル。

愛する我が子の節目のイベントに、どんな思惑があるにせよ、あるいは気の効いたスタッフの手配に過ぎないにせよ。

岩手の人間は、水沢の人間は、色んな意味で幸せだと思う。


07. 2011年2月04日 09:05:23: Rg4e8kYURI
本当にマスメディアの偏った意見にはウンザリする。

まず国民に謝罪しなくてはならないのはマスコミ。
明けてもくれても小沢小沢と連呼して厭らしい報道に明け暮れる。
起訴されたって言ったって無理やり起訴しただけで起訴した本人が有罪かどうかは別として....と語ってるくらいの(確実に無罪だと思う)もの。

マスコミが必死に言ったところで朝日新聞の脱税の方が悪いに決まっている。
そっちのが罪深い!


08. 2011年2月04日 14:41:08: j8R62Ka8yk
>3

「怒りのない国民は、羊の群れ、奴隷の群れだ」

激しく同意します。


09. 納豆茶漬け 2011年2月04日 18:37:39: crQEhDEbYl9KY : kuigXqWuzw
「私の支持者は微動だにしません」

小沢さんのこの発言を読んで随喜の涙を流しました。会ったことも無い小沢さんですが、ちゃんと私のことも判っていてくれたんだと。

ここにお集まりの皆様も同じ思いのことでしょう。

今度は私たちが小沢さんの信頼に答える時です。


10. 2011年2月04日 21:45:19: c1J0pMUQ7g
私が20代の頃、金権政治家として土地転がし、ロッキード汚職、豪勢な目白御殿、がやり玉に上げられていたのが田中角栄でした。私は文春、朝日ジャーナル、赤旗などの田中批判記事を貪り読み、田中の所業に腹を立て、その田中角栄氏を圧倒的な得票で当選させる新潟3区の住民を愚弄しておりました。
今はその自分をおおいに恥じております。田中は小悪であり、それは大悪を隠すためのいけにえにされていたのだと、今は考えております。大悪だったのは中曽根康弘の対米従属であり、防衛庁の戦闘機汚職であり清和会だったのです。
今わかるのは、小沢一朗氏は田中角栄直系であり、しかも彼自身が語るように「変わるひと」であり、角栄の轍を踏まないという学習をしていることです。彼は小悪でさえなくなったのです。それでもふたたびはめられようとした。そうはくわなのやきはまぐりが、いましんこうちゅうなのです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧