★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106 > 603.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
崩壊寸前の日本の議会民主政治〜平野貞夫(日本一新の会メルマガ2/5より)
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/603.html
投稿者 Caccyo 日時 2011 年 2 月 06 日 11:01:33: PThkZ7QRdfmis
 

1月31日(月)、検察審査会の2回にわたる起訴議決にもと
づく「小沢一郎氏の起訴」が、指定弁護士によって行われた。政
治資金規正法違反の虚偽記載と未記載の共犯で、陸山会の土地購
入問題である。指定弁護士の一人は「有罪を確信したから起訴す
るのではなく、起訴議決がされたので職務として起訴した」と発
言した。
 小沢氏は「何一つ、私自身やましいことはない。これからの裁
判で、無実であることは自ずと明らかになる。引き続き民主党の
国会議員として、誠心誠意取り組んでいく決意だ」と力強く語っ
た。
 これに対して、菅首相は小沢氏の処分について検討していると
発言。また、野党は小沢氏の証人喚問や議員辞職を要求し、また
もや国会対策の駆け引きに利用するようである。小沢氏に近い弁
護士政治家は、検察審査会の起訴と、検察による起訴との法的違
いや、「無罪推定がより強く働く」と支援者たちに、法技術的な
ことを必死に説明している。
 「小沢問題」、すなわち政治家小沢一郎の「政治と金」の問題
は、わが国の議会民主政治の根幹に関わる問題である。率直に言
って、私自身が直接・間接に関わっていたことであり、まず私の
真実の叫びを語らせてもらう。「検察審査会の議決にもとづく指
定弁護士の起訴は、日本の議会民主政治を崩壊寸前に落とし入れ
た。小沢一郎が法に問われることは何一つない」。
 このことが日本国民に理解されないことが残念である。特にご
く一部を除いて、ほとんどの国会議員がわかっていないことが、
120年という歴史をもつわが国議会政治の悲劇といえる。週刊
朝日編集長の山口氏が、「自分でさえ少し勉強したらわかること
だから、国会議員も小沢問題の本質を知るべきだ」という趣旨を
ニコ動で語っていたが、まったく以て同感といわざるを得ない。

(小沢問題の経緯)

 小沢氏の「政治と金」が集中的に日本社会の批判の対象になっ
たのは、平成21年3月3日の西松事件で大久保秘書逮捕からで
ある。この時期、日本の政治状況は麻生太郎自公政権で、リーマ
ンショック後の経済混乱で苦慮し、平成19年7月の参議院選挙
で民主党が大勝し、与野党が逆転していた。次の衆議院選挙が行
われると、小沢代表率いる民主党に政権が交代するとほとんどの
日本人が考えていた。麻生首相は政権交代を阻止すべく、あらゆ
る工作を策していたのだ。
 結論から言って、大久保秘書逮捕から始まる「小沢問題」は、
「麻生内閣による政治謀略」であった。その理由は、私自身が当
時の森英介法務大臣から、政治謀略を類推できる発言を直接に浴
びせられていたからである。大久保秘書逮捕2日前の3月1日、
千葉市で小沢氏と私について次の趣旨の発言をした。「平成にな
って日本の政治をメチャクチャに崩したのは小沢一郎だ。小沢は
悪人だが、もっと悪いのは、ここにいる平野だ」と面罵したのだ。
これを聞いて、私は悪い冗談かと思ったが、同時に何か企みがあ
るのかと気になっていた。そして2日後の大久保秘書逮捕である。
名目は政治資金規正法の虚偽記載で、こんなものは最初から犯罪
行為を問えるものではなかった。
 ことの起こりは、小沢事務所の元秘書で、小沢氏を裏切り自民
党政権の手先になった人物が、小沢氏の「政治と金」を情報とし
て偽装し、マスコミを利用して虚偽の世論をつくったことが始ま
りだ。これを麻生政権が東京地検特捜部という国家権力を使って、
小沢民主党代表を攻撃し、政権交代を阻止するためである。
 これが政治捜査であることは、数日後の漆間官房副長官のオフ
レコ記者懇談で証明された。小沢氏とまったく同じ方法で、西松
建設から献金を受けていた数名の自民党国会議員たちについて、
「自民党側には波及しない」と、本音をもらしたからである。事
実、自民党国会議員たちには同じ問題で何のお咎めもなかった。
その後大久保氏の裁判で岡崎元西松建設総務部長が、検事調書の
証言を覆し、この事件での「大久保無罪」は確定的となった。
 しかし、マスメディアは徹底的に小沢代表を攻撃した。そのや
り方は執拗かつ異常で、検察特捜がタレ流す情報を執拗に書きた
て、総選挙を目前にした民主党に不利な状況をつくりだし、明ら
かに政権交代を行わせないようにする意図が表れていた。
 政権交代に政治生命を懸けていた小沢代表は、戦略的に代表を
辞任し、政権交代への国民の声を盛り上げた。シナリオが狂った
検察は、石井一副代表をターゲットとし、「郵政不正事件」をデ
ッチあげ、村木厚労省局長を逮捕した。石井一氏の捜査立証のた
めであったが、同氏のアリバイが成立し、この企みはあっけなく
頓挫した。一方、村木局長については裁判で無罪となっただけで
はなく、担当検事が証拠を改竄したことが判明し、検察史上あっ
てはならない不祥事が明らかになった。
 平成21年8月30日の総選挙で、日本国民は民主党を圧勝さ
せ、歴史的政権交代を実現させた。麻生政権の数々の妨害にもか
かわらず、国民は新しい政治を求めたのだ。しかし、マスメディ
アは「旧さきがけ」の武村正義代表などを使って、鳩山民主党政
権から小沢前代表の排除を繰り返してまくし立てた。その結果、
「政策の協議と決定には関わらない幹事長」という、議院内閣制
を否定するに等しい愚かな人事を断行した。民主党政権破綻の原
因はここに始まる。
 日米にわたる既得権を持つ旧体制の人々は、政権交代した民主
党を渋々ながらも容認せざるを得なかったが、小沢一郎が権力を
握ることのない体制づくりが最重要テーマとなった。本格的な改
革を実現することに恐怖したからである。そこで検察が着手した
のが、「陸山会の土地購入問題」であった。例によって政治資金
規正法の収支報告違反を種に、別件捜査で「水谷建設からのヤミ
献金」を立案しようと企んだ。
 本稿執筆中に次の速報ニュースが入った。「石川議員の弁護側
が承認申請した中堅ゼネコン「水谷建設」の水谷功元会長の採用
が決まった。」と。これがどういう結果をもたらすのか、専門家
なら予想がつこう。裁判のなりゆきを見たい。
 特捜部は、小沢氏を西松事件から始めて約一年半にわたり、約
30億円といわれる税金を乱費して捜査したが、ヤミ献金は立件
できず、秘書たちの政治資金規正法収支報告虚偽記載の共犯容疑
についても、不起訴となった。
 ここまでの経過を総括すると、旧体制に支えられた政治権力が、
あらゆる方法で既得権益を継続させるために、政治家小沢一郎を
政界から葬ることが目的であったと断言できる。

(検察審査会に政治が関与した疑いがある)

 小沢氏が不起訴となったとき、特捜のある責任者は「まだ検察
審査会がある」と、語ったといわれる。正体不明の人たちが小沢
氏を検察審査会に「起訴すべし」と申し立てた。初めて政治家を
審査することになった東京第五検察審査会は、平成22年4月2
7日「起訴相当」を全会一致で議決し、小沢氏を「絶対的独裁者」
と、公文書にそぐわない言葉を理由書に記載した。平成16年に
改正された検察審査会制度は、違憲といわれる「強制起訴権」を
持ち、国会審議が十分行われておらず、きわめて杜撰なもので多
くの問題がある。立法府たる国会に責任がある。
 同年6月8日に成立した菅内閣は、鳩山首相と小沢幹事長の辞
任と引きかえに、挙党体制で参議院選挙に勝利することを願って
成立したものであった。しかし、菅・仙谷政権は「小沢排除」を
最大の政治目標とした。麻生自民党政権がマスメディアと検察権
力を利用した方法を継承することになる。参議院選挙に惨敗した
菅・仙谷政権は、この時期に始まった東京第五検察審査会の第2
回目となった小沢氏の審査に、政権延命のためにも強い関心を持
ったことは想像に難くない。
 この検察審査会の審査員の選び方、補佐弁護士の選任に正当性
があるのか、審査会が適法に開かれたかどうか、適法に議決が行
われたかどうか。議決日が代表選と同日で、発表が二十日後であ
った不自然さ、また議決内容の違法性など、審査会の活動全体に
ついて、菅・仙谷政権の関わりがあったという情報があり、その
疑惑が究明されなければ、わが国は法治国家とはいえない。

(新しいファシズムに組み入れられた国会)

 「ファシズム」の教科書的定義は、「崩壊しそうな資本主義を
守るため、権力が市民の民主的権利を踏みにじり、議会の機能を
麻痺させ暴力的支配を行う」ということだ。現代のマスメディア
は、第四権力ならぬ立法・行政・司法の三権を支配するスーパー
権力という化物となった。「小沢問題」についていえば、マスメ
ディアは「社会心理的暴力支配」を行ってきた。わが国では「新
しいファシズム」が始まっているのだ。
 その証明として国会の機能麻痺を指摘できる。小沢氏の「政治
と金」についていえば、小沢氏の国会での説明責任を与野党が主
張するが、その根拠や理由が不明である。「小沢問題」は何度も
説明したように、政権交代阻止のための政治謀略から始まり、検
察の暴走、さらにこれらを促進したマスメディアの社会心理的暴
力行為によって、政治の世界から小沢一郎を排除しようとしたも
のである。これを反対勢力が行うならまだしも、政権交代をとも
に闘い、勝利した同じ政党から集団リンチ的、かつ内ゲバ的に行
われるのは異常事態である。世界の民主国家では想定できないこ
とだ。
 小沢一郎という政治家を、国会の政倫審なり証人喚問で説明さ
せるなら、その前提として「政治謀略」「政治捜査・検察暴走」
「マスメディアによる検察ファッショ性」、「検察審査会の違憲
性」「東京第五検察審査会への疑惑」などを、国会として究明し
てから、説明を求めるべきだ。国会でこういった議論を行う政治
家はごく一部で、大多数がマスメディアの社会心理的暴力におの
のいて、小沢氏の政治家としての基本的人権を侵害していること
に気がついていない。「明日は我が身」という感性がなく、国会
が新しいファシズムに組み入れられたといえる。これはエジプト
の政治とは別の意味で恐ろしいことだ。
 国会で最も大切なことは、国民の代表として選ばれた国会議員
の憲法上の基本権を擁護することである。国会を構成する議員を、
政治権力やポピュリズムから守ることである。マスメディアが社
会心理的暴力性をあらわにした例は、2月2日の朝日新聞・ザコ
ラム『墓穴を掘った国会証言の回避』である。「小沢排除」の原
因と本質に眼をつぶり、新しいファシスト、菅首相と岡田幹事長
の代弁者となっている。朝日新聞は、昭和ファシズムの先駆とな
った反省を忘れ、平成ファシズムの推進者として、わが国の議会
政治を崩壊させ始めている。
 執筆者の若宮啓文氏に告ぐ。山口週刊朝日編集長の「小沢問題
の本質を知るべきだ」との主張を、朝日新聞社の同僚として、ど
う思うか、是非にも意見を聞かせて欲しい。

******* 以上、平野論説より引用 ********

投稿者です。平野氏が最後に引き合いに出された朝日新聞の若宮
氏による「ザ・コラム」論説は、まったく酷い小沢排除のための
ペンの暴力にほかならない!と憤慨を持って読みました。
平野氏の言われるように、これこそが「平成ファシズム」に向け
ての策謀だと思わずにはいられませんでした。インターネット普
及前の新聞テレビ情報にだけに依拠する国民が、大手メディアを
「社会の木鐸」として信頼している国民が読んだなら、どんなふ
うに受け止めるでしょうか!?

権力を監視している「社会の木鐸」によって、国民は「小沢=悪」
だと思い込まされてしまうのです。それはまさに05年の郵政選挙
において「郵政民営化=善なるもの」だと誘導されてしまったよ
うに・・・
これこそメディアが国民を洗脳する「マスゴミ」と蔑称される所
以であり、世論を一定方向へ誘導しようとする「平成ファシズム」
に他ならないと考える所以なのです。

どうか個人個人がメディアリテラシィの能力を高め、このような
メディアの暴虐的報道の悪意に対抗できるようになって欲しいも
のだと願わずにはいられません。そのためにもこの平野氏の論説
を誰もが理解し、真実に気付いてもらわなければいけないと思い、
投稿させていただきました。日本の将来を憂慮します。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月06日 11:29:57: Yfxy7ql7SE
平野は自分の管理する「改革フォーラム」の金の問題で自分に飛び火しそうになっているのを必死になって阻止すべく「きれいごとのおべんちゃら」をならべている。

平野の顔と話のどこに誠実性があるのか・・・そもそも小沢の悪の金の片棒担ぎ

そもそも小沢の手下であることで日本の政治の敵


02. Caccyo 2011年2月06日 11:44:03: PThkZ7QRdfmis : Ia1envkaxM
>01
さっそく喰いついてきてくれますね!!?

でも正反対の反応してくれるあんたらよりも、メディアの洗脳報道に促されるまま、断崖絶壁に向かって死の行進をしている、多くの国民の存在こそが憂慮すべき大事だと思わずにはいられません。


03. 檀渓の靖 2011年2月06日 11:49:37: BmYUfWCo9WuL6 : dbqX3UamfQ
Caccyoさま、拍手させて頂きました。

戦前のファシズム化を先導した「朝日新聞」を始めとする、大手メディアは、敗戦後、自らを総括する事もなく、GHQの統制下に置かれ、有無を言わさず従属させられていました。
その後60数年経った今日、そのシステムは、なお厳然と引き継がれていると思わざるを得ない数々の現象が明らかになってきています。

この事は、現実に、今の日本の本当の支配者はだれか?という根本問題を解明しなければ、絶対に解決できない問題であると思います。
この根本問題の議論を広めて行くことこそ、大切な事ではないかと考えます。


04. 2011年2月06日 12:04:27: G2kaHlwru2
魔女狩りが横行する日本という蛮族はやっと15世紀ぐらいの欧州レベルにたどり着いたか、日本は500年以上遅れていて、民主化されるにはあと300年はかかりそうだと、欧米諸国に笑い物にされているでしょう。
もう、小沢氏の有罪か無罪かの矮小化された問題ではなく、日本のあり方を根本から見直さなければならない時だと思われます。
大国のバックアップがあるから何をやっても許されるという権力は北朝鮮のそれと一緒で、日本の国際的レベルというものを物語っています。
これでまともな外交ができれば奇跡です。
早く、真っ当な日本のあり方を真摯に議論するべきです。マスメディア解体はもうやむえないところまで来ていると思われます。

05. 2011年2月06日 13:03:58: 8HikxGtgtU

 そもそも 政治資金は どこから出てくるのか 考えてみる必要がありそうだ

 ===

 端的に言えば 三菱重工などの企業から出てくると考えるのが 妥当だろう

 なぜなら 日本の兵器は アメリカの兵器の 5倍の価格であるわけだから

 そのうちのほんの少しが 自民党や 民主党や 小沢や 亀井や ・・・

 に流れている かも知れない って 考えてみると

 平野さんの言ってることも 95%程度は 眉にツバをつけて 聞こうと思う

 ===

 私はね 小沢支持だけど 一番正しいのは 名古屋の河村かもしれないね〜〜

 税金があるから 兵器が作られる だから 政治が乱れる って主張しているのだろう
  
 ===

 でもね 私の本音は 政治には期待していない 世の中は99%経済だと思ってる

 私が悪くいう 三菱重工の兵器が高いのも 八場ダムの アホな工事も

 公共工事という 部類に入り 少なからず 雇用維持に役立っている

 給与の高い 銀行員にしても 国債の金利で 食べさせてもらっているわけだ
 
 ===

 まあね 結論を急ぐけど 国債はパンクして 河村のいう 税金がなくなるので

 日本は 浄化されます
 


06. 2011年2月06日 13:41:11: wou6bTW2RQ
ご投稿、ありがとうございました。
小澤さん、頑張って下さい。国民は出来る限りの応援を誓います。

大本営発表・大政翼賛会に衣替えした現大メデイアを潰したいですが、デモ以外にどんな方法がありますか。皆さんはどうされてますか、日本中から教えて下さい。
第二次大戦前の隠れた≪暴虐的報道の悪意≫は許さないと誓った国民が、今、もし許せば日本の首を絞め子供や孫を殺すことになります。

地方自治体の各部局に、新聞が数部置いてあったのですが、「広報として比較検討」を依頼し、学校現場では「児童生徒にどのように読ませているか」を尋ねてみたいです。ささやかな一歩ですが、県庁の広報部に、出かけて見ます。


07. 2011年2月06日 15:03:11: tYHkjAw4fs
 日本国内のいたる所に洗脳された「植民地主義者」がいる。
誰が日本の国益を蹂躙しているか、まったく考えもしない連中だ。マスコミが「小沢は悪い」と書けば、「そうだ、そうだ」と大騒ぎし、真実を見ようともせず、情報捏造に翻弄されるだけ。永遠に「大人になれない子供」のままだ。他人には厳しく、自分には大甘。
大新聞をこよなく愛し、テレビのバカ・ニュース番組を見ながら知ったかぶりになる。
 最近、新聞社は「子供の教育を新聞で」と、NIEが進めているが、嘘ばかりの情報操作の新聞で子供を教育されてたまるか!
 権力とは縁遠い一般市民が集まり、小沢氏を支援するデモが全国で展開しだした。しかし、糞マスコミは一行も報道しない。相撲の八百長など、30年前から誰でも知っていた。今ごろ持ちだしたのは、国民に対する目隠し報道のためだ。最近、アホ菅が強気になっているのは、アメリカの闇の勢力と取引ができたからだ。小沢氏、平野氏、亀井氏らの身辺警護を充分にすべきだ。

08. 2011年2月06日 15:31:04: L1by7UJfwU
Yfxy7ql7SE「 の顔と話のどこに誠実性があるのか」。「話」のどこにも誠実性はない。「顔」には?アカン、「顔無し」だ。
管理人があなたの投稿を許しているのは、反小沢派の救いがたい愚劣さを確認させるためだよ。わかってるの?

09. 2011年2月06日 16:09:54: tIKZ2xCjc2
Yfxy7ql7SEさんの投稿が無いと寂しくなるからね。頑張って1番に投稿してください。2番じゃダメですよ。あなたの投稿で、反小沢派の考えが多少推測出来るのでね。これだけ罵倒されても書くとは見上げたもんですよ。何時かは素性を明かしてください。英雄になれるかも???   それにしても暇人だね....!

10. 2011年2月06日 19:01:57: CT4FYktyRE
平野さんのメルマガ
「日本一新運動」の原点―40
              日本一新の会・代表 平野 貞夫

崩壊寸前の日本の議会民主政治
を、元産經新聞、花岡信昭さんのメルマガに投稿したところ下記のコメントが掲載されました。

[花岡コメント]
 長文のため、どうしようかと考えましたが、読者のご参考にもなるかと、そのまま掲載しました。平野さんにしろ達増さんにしろ、小沢さんの側近ですから、差し引いて考えなくてはいけないのでしょうが、一連の「小沢問題」の核心をついていると思います。ものごとは、とりわけ政治的なことがらについては、裏表はもちろん縦から横から斜めから見ていかないと、実相は浮かび上がりません。好悪とか正邪の判断を超えたところに政治の世界のリアリズムがあるように思います。

夜明けは近いですね。


11. 2011年2月06日 23:24:01: oFqsMjUMAQ
平野貞夫氏刊『日本一新』、本日購入しました。
これから読みます。

12. 2011年2月07日 10:09:32: sNdrwBpvYc
>>11
本の紹介データを貼ってきますね
  ↓
--------------------------------------
http://www.rokusaisha.com/kikan.php?group=ichi&seq=000081

『日本一新〜私たちの国が危ない!〜』

2010年12月25日発売
平野貞夫(元・参院議員)=著
A四六判/352 ページ/カバー装
定価1470円(本体1400円+税)

緊急出版!
政権交代の初心に帰れ!」
機能崩壊した司法と政治はこうして再生せよ!
小泉政権亜流の新自由主義につき進むのか、国民生活を再生させる脱官僚政治に世の中を変えるのか----
重大な分水嶺に議会生活45年で培った叡知から緊急提言する!

----------------------------------------------------------------------


13. 2011年2月07日 15:31:56: H8uJaOcCyY
平野貞夫さんの卓見に全面的に賛成です。日本の大手メデイア11社は、記者クラブ制度や既得権益の甘い汁を吸い続け、権力の犬です。ネツトに惨敗し片端から倒産し消滅することが、民主主義と真実のジャーナリズムのために、必要です。上杉さんや岩上さん江川さんなどの新しい希望、真のジャーナリストの自由報道協会が大手メデイア11社を消滅させてほしい。支援します。

14. 2011年2月07日 16:15:16: HVyyp18242
小沢さんは私を日本の(学校で習った事とは全く違った)民主主義を教えてくれた方です

読売グループの渡辺恒雄を頭目とする記者クラブ加盟11社の職員による
行政を引きずり込んで
立法府(国民)の上に位置する、闇支配構造
これが日本の民主主義をであると
この日本最大の既得権益グループが
小沢排除の本尊であった
敵は民主、自民でも公明でも共産でもない
行政職員とマスコミの職員とこいつらの家族

現代の最大対立軸
国民 対 行政職員+マスコミの職員連合



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧