★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106 > 905.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリーズ小沢一郎論(14)── 小沢攻撃をめぐる最終戦の行方 (日本一新の会 達増拓也)
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/905.html
投稿者 pochi 日時 2011 年 2 月 09 日 22:12:58: gS5.4Dk4S0rxA
 


News Spiral

シリーズ小沢一郎論(14)── 小沢攻撃をめぐる最終戦の行方

日本一新の会 達増拓也
(岩手県知事)


■小沢攻撃をめぐる最終戦の行方

 1月31日、小沢一郎氏が検審起訴された。マスコミが総じて「起訴される=(イコール)悪」という決めつけ報道を垂れ流し、反小沢の政治家たちがそれに便乗している。ネットでは、そのような理不尽な報道や政治に対する批判が怒涛のように書き込まれている。マスコミ論調が支離滅裂さの度を深めるのに対し、ネット論調は資料分析の的確さや論旨の合理性に磨きをかけている。

 ネットの盛り上がりは、質、量、共に、去年の民主党代表選の時をはるかに上回る。また、多くの政治家、ジャーナリスト、有識者が、より直接に、より濃密に、ネットに関わるようになり、ネットとリアルの相互作用が格段に深まっている。脳科学者の茂木健一郎氏はツイッターでの発言を基盤にしつつ『週刊朝日』や『新報道2001』にも登場した。森ゆうこ参議院議員はツイッターでリアルタイムの発信を続けながら、国会やその周辺でリアルの活動を展開し、その成果を資料満載のホームページにまとめている。さらに、ネットでの呼びかけを活用した、草の根のリアルの運動に、多くの人々が参加している。

 菅首相が、消費税引き上げ、TPP参加と並ぶ、政権の三大重要事項の一つとして小沢攻撃を位置づけた(政権の最重要事項としているようにも見える)ため、小沢問題は小沢一郎氏に関する問題から、天下人となっている菅直人氏のありようの問題に広がった。天下のありようが問われる問題となったのである。小沢攻撃を天下の重要事と位置づけた菅直人という人が天下人でよいのか、日本はそういう国でいいのか、という問題になっているのだ。マスコミは総じて「それでよい」という側に立ち、ネットは総じて「それではまずいのではないか」という側に立っている。

 小沢問題は、そもそも、よくある一政治家の疑惑問題ではなく、政権交代つぶしにつながる検察の攻撃だった。小沢氏は、検察の暴挙のせいで衆院選が混乱し、政権交代がつぶされないように、自ら犠牲になって代表を辞し、総理への道を鳩山氏に譲った。参院選前に幹事長を辞したのも同様の自己犠牲である。これで終わっていれば、小沢問題はせいぜい(といっても歴史に残る大問題だが)検察暴走問題で済んでいたのだ。それが、菅首相が小沢問題を国を挙げての大問題と位置づけて、小沢攻撃の先頭に立ち、小沢攻撃で自民党にすり寄ろうとしたため、小沢問題は菅問題となり、総理のあり方や日本のあり方が問われる問題に発展したのだ。

 もはや天下の大問題なので、小沢攻撃に加担するか、それとも小沢攻撃を批判するか、あらゆる人が、そのスタンスを問われる。政治家や言論人はもちろん、全ての人が、天の仕分け、お天道様の仕分けを受ける時が来たのだ。

 小沢攻撃に加担する側が、総じて知識・情報を軽視するのに対し、小沢攻撃を批判する側は、総じて知識・情報を重視している。

 マスコミ対ネットの図式にも見えるが、ネット論者はマスコミをかなりフォローした上でネットをもフォローしているのであり、知識・情報を軽視する「マスコミ従属」と、知識・情報を重視する「マスコミ+(プラス)ネット活用」の対立なのである。1月31日をもって小沢攻撃をめぐる最終戦が始まったわけだが、知識・情報を軽視する側は滅びへの道を歩むであろう。勝敗は既に決したと思う。


投稿者: 《THE JOURNAL》編集部 日時: 2011年2月 9日 14:03


http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/02/14_1.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月09日 23:01:49: iEnb4Inc0Q
菅一派が望んでいたのは、バッシングによって小沢派が決起し民主党を割ってくれること。そうすれば、晴れて救国政権を自公と組むことができる。総選挙を決断しても
悪のイメージ(小泉の抵抗勢力)を小沢派に擦り付けることができる。菅の使命は、
2009年総選挙で当選した民主党の新人議員たちを潰すこと、ひいては民主党を潰すこと。オールドボーイによる、新風すなわちフレッシュマン政治参画阻止行動。
昨年の参議院選での消費税値上げ発言、その後のTPP参加問題、反マニュアル的政策の指向、与謝野氏取り込み、すべて、間違いなくこの方向を指し示している。

02. 2011年2月10日 12:13:02: nNPddbW4SY
確かに反小沢の論はきわめて情緒的、感情的、予断と偏見に満ちている。

マスコミがいかに予断と偏見で報道しているかと言うことが、よく判った。おそらく新聞を、よく読んでいた人たちが、あきれた事だろう。

勝負あったな。


03. 1234563 2011年2月10日 15:40:42: dhqC3RWcV2mgw : 2mdXnTlM06
新聞読まないそりにつきるたとえば日本経済新聞を購読して株式投資をすれば
必ず破産するそれは昔からのプロの常識です。

04. 2011年2月10日 20:20:25: 9lLEdfe5g6
やりやがった。恩知らずども

小沢氏処分「時間かけず」=菅首相
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/rikuzankai/?1297320593

 菅直人首相は10日夜、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党の小沢一郎元代表の処分について「そう長くは時間をかけないで決着をつけたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 (時事通信)


05. 2011年2月10日 23:50:11: t0YNtD8diM
今までの常識通りの裁判が行われれば、石川元秘書等の裁判は無罪、結果小沢氏も無罪となるでしょう。

しかし、油断は出来ません。
一連の検察、大新聞社の動きはもはや完全に常軌を逸して来ました。
特に大新聞社の偏向報道はここにきてさらに強きになっている感じを受けます。
単なる焦りにも見えますが、判決に自信を持っているようにも感じます。
裁判の中身に一喜一憂していると足下を掬われる可能性が有ります。

一刻も早く小沢氏に権力を握って貰う必要がある。


06. 2011年2月11日 08:24:21: yLqpARDVIg
国民は、参院選のときから奸政権を見捨てている。

民主党は、統一選前に奸派を生ゴミ処理しようよ。
オープンメディアの世界では、ヤツラの腐臭に苦情の嵐なんだから。

生活が第一。
環境も大事。


07. 2011年2月11日 14:25:24: dqOGrovsAo
正におっしゃるとおりです。

但し、
我々ネット市民は、圧倒的に「小沢有利」を信じていますが、マスコミx検察連合の悪辣さは半端でないことも分かってきました。
これにアメリカの何らかの力が加わっていることを考慮すると、“小沢潰し”に向けられた悪魔連合のエネルギーはとてつもないほどの大きさを感じます。

小沢一郎を先頭に、これらの巨悪な悪魔連合と闘う意思のある真の味方は、“声こそ未だ出していない”国民を含めると最低でも1000万人はいると思っています。(・・・諸々の世論調査結果から逆算)

これらの人達が、一斉に声を上げ行動したときに、初めて彼らを打ちのめし、「国民生活が第一」の日本が小沢一郎の手によって実現するものと考えます。

それまでは、楽観視したり、敵を侮ったりしてはいけません。
(it)

 



08. 2011年2月12日 15:06:41: EA2ImDqezM
その国が民主化されているかどうかのバロメーターは、国民が、起訴=有罪ではないという意識をもっているかどうかで決まると言われている。

日本のマスゴミから論説委員、政治家、法曹界、国民の多くが、起訴は有罪だと決め付けている。 彼らは、小沢さんを権力者であるという理由だけで罪にしている。

日本は経済大国であっても、精神面が未熟で、思いやりに欠けるいじめ大国だ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK106掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧