★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK107 > 384.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鈴木宗男逮捕の真相は、警察・外務省の麻薬・拳銃密売の闇利権確保〜元道警本部長が警察の組織的な麻薬密輸を告発
http://www.asyura2.com/11/senkyo107/msg/384.html
投稿者 むにゃ 日時 2011 年 2 月 13 日 19:19:06: okMc52wnlhCtY
 


オルタナティブ通信より;
「麻薬・拳銃」は、海外から密輸される海産物等の箱に隠されて日本に運び込まれている。外務省の内部を「知りすぎた男」鈴木宗男議員は、こうした密輸経済を正式なルートでの輸入経済に切り替えようと活動していたためにデッチアゲ逮捕された。
(本投稿の下部に詳細)


●警察の組織的な麻薬・拳銃の密輸を告発する原田宏二氏は、元北海道警察本部長です。

*「CEFH:市民の目フォーラム北海道」代表:元北海道警察本部長 原田宏二
http://www.geocities.jp/shimin_me/index.htm
CEFHでは、警察問題に関心のある幅広い市民が集まり、情報や意見を交換し、真に市民のための開かれた警察の実現を目指す。

*原田宏二「道警銃器対策課おとり捜査」より、要旨;
http://www.geocities.jp/shimin_me/doukeijyuuki_otori_s1.htm#21.5.10

警察庁主導の「平成の刀狩り」では、拳銃の摘発にともない、全国各地で数多くの違法捜査が行われたことが発覚している。
北海道警察銃対課の稲葉元警部は、警察の組織犯罪の責任を一人負わされ、現在、入所中である。

稲葉元警部は、所持していた覚醒剤92.92グラムについて、
 *「泳がせ捜査」で石狩湾港に陸揚げされた莫大な覚醒剤の一部であること、
 *その「泳がせ捜査」は、税関と合同で行われたこと、
 *覚せい剤の入手元は香港で、けん銃の摘発は失敗に終わったこと、
 *密輸された覚醒剤は、約130キロ位(コンテナ一台分)と、裁判で証言。

稲葉元警部が所持していた覚せい剤の出所について、道警が捜査した形跡はない。
道警は、「稲葉事件」関係者をごく軽い処分で済ませ、関係した幹部の多くは栄転している。
札幌地検は、「(違法捜査は)自殺した故K警視の発案、主導だった」とし、道警はこの犯罪をヤミに葬った。

●「講談社」、「北海道新聞社」をはじめとする数々の出版社から、過去、警察の組織犯罪を取材した多数の書籍が出版されてきました。
しかし、犯罪の隠蔽には裁判所も関わっており、出版社は、名誉毀損の裁判で敗訴し法外な慰謝料を請求されるなどの嫌がらせを受けています。

●警察の犯罪を取材した多数の書籍案内
http://www.geocities.jp/shimin_me/sho.htm
*“覚醒剤130kg、大麻2t、末端価格150億円の密輸”。警察の闇ビジネスを暴く!
「警察内部告発者」(講談社 原田宏二 著 )

*追及・北海道警察『裏金』疑惑」(講談社 北海道新聞取材班)
架空の捜査協力者、ニセの領収書、、、旭川中央署の内部資料「流出」に端を発した裏金問題で、OBたちの捨て身の告発も黙殺。
不都合はすべて隠して嘘をつき続ける北海道警と疑惑解明に及び腰の議会。その姿は日本の縮図だ。北の地のみならず全国にひろがる警察の「裏金」の実状を暴く。


●検察が、鈴木宗男を強引に「デッチアゲ」逮捕し、刑務所に収監し「ツブサナケレバならない」本当の理由
http://alternativereport1.seesaa.net/article/163190918.html
オルタナティブ通信 2010年09月20日 要旨;

警察では、所轄の警察署が地元の暴力団に「命令」し、拳銃の密輸を行わせている。

暴力団は、日頃から付き合いのある海外マフィア経由で拳銃を密輸し、それを駅のコインロッカーに入れ、公衆電話から、警察にロッカーのナンバーを知らせる。
警察署は、その拳銃を「発見」して「匿名の人物の通報」により拳銃を摘発とし、本庁から褒賞金を受け取る。

所轄の警察署は、拳銃を摘発したお礼として、暴力団の麻薬、拳銃の密輸を見逃す。
日本全国に麻薬中毒患者が蔓延し、末端の暴力団員までがピストルを持っている本当の理由は、こうした、警察・検察の「闇利権」にある。

これらの犯罪で得た裏金は、警察署長の退職金、幹部のボーナス上乗せ金として私的に着服、あるいは、警察庁、検察への「上納金」となる。
「上納金」の少ない警察署の幹部、署長は嫌がらせを受け出世が遅れる。

「麻薬・拳銃」は、ロシアから密輸されるカニ等の海産物の箱に隠され北海道経由で日本に運び込まれている。
一方、こうした密輸経済を、正式な漁協ルートでの海産物の輸入に切り替えようと活動している北海道選出の国会議員たちがいる。

北海道とロシアの「正規の」パイプを太くする事で、地元の漁協、海産加工業者、輸送業者を潤し北海道経済を活性化させるのである。
同時に、暴力団資金の枯渇と地元経済のマフィア化が回避できる。
ただし、「正常ルート化」することは、すなわち、警察、検察、外務省の「闇利権」潰しを意味する。

鈴木宗男をデッチアゲ逮捕し、刑務所に収監しなければならなかった本当の理由は、麻薬・拳銃密輸の「闇利権」の確保・維持である。


●オルタナティブ通信 作者のプロフィール  2007 年 5 月 31 日
http://www.asyura2.com/07/senkyo35/msg/559.html

筆者プロフィール 西山澄夫
http://alternativereport.seesaa.net/article/43254271.html (リンク切れ)
生年不詳。幼少時より両親の凄まじい暴行を受け、左目視力、右耳聴力を失う。
9歳の時、「このままでは両親に殺される」と判断。家を出、しばらくホームレスとしてゴミ箱をあさる生活をする。

右翼に拾われ右翼事務所に住み込み、徹底的な反共産主義の教育を受ける一方、密かにマルクス文献を読みあさり左翼団体に出入りを始める。

奨学金を得て大学に進学、戦中戦後の日本を代表する大物右翼R・Sの組織で資料・書庫整理を担当。日本の歴史の裏目史の生の膨大な資料に目を通す。

在学中、家庭内暴力の被害.登校拒否児童の施設を作り、相談、勉強を教えたり等を担当。施設運営に関し市民運動からの強い協力を得つつ、右翼組織で見た生の日本と世界の現状と市民運動の現状認識の溝に愕然とし、「このままでは市民運動が敗北、潰されてしまう」という危機感を抱く。

「情報屋になり市民運動をバックアップしなければ」と考えるようになる。その後大学院に進学しながら、自民党の金権政治の代名詞である元首相の経営するゼネコンの資料整理の職に就き、政治、経済の裏面史の生の膨大な資料に目を通す。

卒業後、軍の情報関連の仕事に就き、一昨年退官。その頃から「オルタ通信」を配信開始。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年2月13日 22:25:25: 8HikxGtgtU

 オームと自衛隊の関係なんかも 書いてあったかもね〜〜〜

 ロシアのヘリコプターが有ったり 警察はなぜか 松本さんや

 一家失踪事件を まっとうに調べようとしなかった よね〜〜
 


02. taked4700 2011年2月15日 00:51:29: 9XFNe/BiX575U : zGeE4oA9uU
何か、また、世論操作が目的の投稿が上がっていますね。上の投稿自体では何も鈴木宗男氏の逮捕理由について説明がありません。単に、

>鈴木宗男をデッチアゲ逮捕し、刑務所に収監しなければならなかった本当の理由は、麻薬・拳銃密輸の「闇利権」の確保・維持である。

と決めつけているだけです。更にリンク先の記事にもまともな説明はありません。

リンク先にある説明は

>なお、ロシア・マフィアからの密輸拳銃は、ロシアから密輸されてくるカニ等の海産物の箱に混入され、隠され、北海道から日本に入って来る。これが、日本の警察・検察全体の「裏金の源泉」である。北海道選出の国会議員の中には、こうした、日本の暴力団とロシア・マフィアの連携という、陰湿な経済関係を問題化し、正式な漁協ルートでの海産物の輸入に切り替えさせようとする活動を行っている議員がいる。正式なルートに切り替えさせる事で地元の漁協、海産加工業者、輸送業者の仕事量の増加につながり、地元経済が活性化し、同時に、暴力団資金の枯渇と、地元経済のマフィア化が回避できる。北海道とロシア経済の「正規の」パイプを太くする事で、北海道経済を活性化させる試行である。この闇経済の、「正常ルート化」は、そのまま、警察・検察の裏金ルート「ツブシ」になる。

と言う部分でしょうが、この記事は様々な点で信憑性がありません。

1.鈴木宗男氏が「正式な漁協ルートでの海産物の輸入に切り替えさせようとする活動を行っている議員」であるかどうかは分かりません。少なくとも、鈴木宗男氏の経歴などを見る限り、そういった活動をやっていたと言う形跡はありません。ネットで調べても何もそれを裏付ける記事はないはずです。

2.漁協を通したからと言って、密輸が止まる保証はありません。そもそも、輸入したものは漁協で全て荷開け、つまり、中身を出して調べるわけではありません。漁協を中間に置いたとしても、輸入したものの大部分は、そのままの形で実際の輸入業者へ引き渡されるはずです。更に、漁協の関係者が買収されてしまう可能性もあります。

3.普通、闇経済はその方が儲けが多いからやるわけで、それを正常化したら儲けが減ります。つまり、経済は冷え込むのです。ですから、「正式なルートに切り替えさせる事で地元の漁協、海産加工業者、輸送業者の仕事量の増加につながり、地元経済が活性化」すると言うことは、まずありません。

鈴木宗男氏逮捕の真相は多分、次に引用するコメントに書かれていることだと思います。


08. taked4700 2011年2月12日 17:32:21: 9XFNe/BiX575U : LumXI9KN8U
他の記事のコメントとしても書いたのですが、北方領土問題について、森政権時代まではロシア政権と非常にいい関係にありました。いい関係というと変な表現かもしれませんが、ロシア側は領土問題が懸案事項であり、まだ国際的に決着がついていないことを少なくとも、認めていたのです。1993年の東京宣言では、「北方四島」の島名を列挙して「北方四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結する」と述べられていたのです。なぜ、そういう態度をロシアが取っていたかと言えば、いくつかの要素があります。
1.ロシアの国力がまだあまりついていなかった。つまり、ソ連崩壊の余韻が残っていて、インフラ整備、つまり、石油や天然ガスの採掘、輸送インフラなどがまた整っていなかった。資源価格がまだあまり高くなっていなかった。

2.ソ連崩壊の実質的なシナリオを描き、裏でそれを取り仕切ったアメリカの勢力とロシア政府内部の人間のすり合わせがまだあまり進んでいなかった。つまり、ロシア政権内部の大臣などが実際に何が起こっていて、どんな仕組みになっているかを理解していなかった。そのため、日本に対する態度を決めようとしても統一見解を作ることができなかった。そのため、従来方針を踏襲することになった。

3.ソ連崩壊の工作資金の多くが、日本のバブル発生とその崩壊にともなう投機によって作られていたはずで、そのことを日本政界の中心人物は理解した上で対ロシア外交をやっていた。そのため、かなり強気に出ることができ、当然、そういった強気の姿勢はアメリカ政権の了解するところでもあった。

ところが、1993年8月に自民党政権が崩壊し、細川政権が成立してしまうのです。そして、その細川政権のもと東京宣言が出されるのですが、本来であれば、この東京宣言で2島返還を決めておくべきでした。それがされず、単に、ソ連時代の交渉を考慮するという確認で終わったことが大きな禍根を残したのでした。もっとも、細川政権は、内政だけで手いっぱいの状況で、ずっと混乱続きでしたから、2島返還など言い出す余裕はなかったと思います。

ともかく、1から3にあげた事情は2000年までは一応、その効果というか実態があったのです。そのため、当時の森首相とプーチン大統領のもと、次に示すような共同声明がされます。
以下、平和条約問題に関する日本国総理大臣及びロシア連邦大統領の声明
http://www.hoppou.go.jp/library/document/data/20000905.htmlより部分引用:

双方は、1993年の日露関係に関する東京宣言及び1998年の日本国とロシア連邦との間の創造的パートナーシップの構築に関するモスクワ宣言を含む今日までに達成された全ての諸合意に依拠しつつ、「択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島の帰属に関する問題を解決することにより」平和条約を策定するための交渉を継続することに合意した。

 交渉のプロセスの効率性を高めるとの志向に則り、双方は、平和条約締結問題合同委員会における各々の代表者に対し、以下の措置をとるよう指示を与えた。

−平和条約締結問題合同委員会及び国境画定に関する委員会の作業を一層加速化するための新たな方策を策定すること。

以上引用終わり。

そして、森政権の次に登場した小泉純一郎政権では、一切、ロシアとの間で北方領土問題では進展せず、http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/hoppou_ryoudo4.htmlより次に引用するように、日ロ間の関係が変化してくる。

以下引用:

2002(平成14)年3月13日 日露次官級協議(モスクワ)

モスクワに於いて、日露次官級協議開催。イルクーツク首脳会談等でのやりとりを踏まえ、率直な意見交換が行われた。この中で、ロシア側は、歯舞・色丹の議論と国後・択捉の議論を同時並行的に進めていくと言う形式はロシア側にとり「都合が
悪い」との立場を表明。

以上引用終わり。

つまり、小泉政権はブッシュ政権とほぼ同じ時期に成立していて、ブッシュ政権はソ連崩壊を仕掛けた共和党政権の系列であり、上に述べた1から3の事情をロシア側とすり合わせることがよくできたはずだからだ。

また、鈴木宗男氏が事件に巻き込まれていくのも2002年であり、上に引用した日露次官級協議のほぼ一月前だ。だから、鈴木宗男氏の疑惑というのも、バブル発生とその崩壊がソ連崩壊の内情を知っている鈴木氏の政治生命を断とうという意図のもと画策されたとみることができると思う。


03. 2011年2月17日 17:51:03: 1YataSbVoA
>>02
『密輸経済』の最大メリットは、『書類が存在しない』ため責任者がいないことです。
すべてが公に存在しないことが、非常に都合がいいのです。
このような話は、身近に省庁関係者がいればいくらでも聞けますし、警察の麻薬密売については今や公然の秘密ですよね?
人の口には戸は建てられない、ということです。

稲葉事件の発端となった小樽事件では、ヤラセの麻薬摘発捜査が行われていて、130sもの麻薬と2トンの大麻が行方不明となっています。
税関もグルなので、この日、これらの麻薬を運んだ船の入港記録が無いことを、元北海道警察本部長の原田氏が指摘しています。
道警幹部らは、不審死した二人と稲葉元警部補にすべての責任を押し付けたのです。

*「白の真実-警察腐敗と覚醒剤汚染の源流へ」著:曽我部 司、発売日:2007/2/28
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4767806127/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

日本政府は、マフィアの元締めから下記のような脅しを受け続けている経緯もあり、内部の腐敗だけの問題でもありません。

●恥部発見!赤かぶ板から即効削除された内容こそが闇権力の最大の暗部だ
〜地震&気象コントロール技術の特許、関連法律etc.へのリンク集〜
『軍産複合マフィアの人工地震による恐喝とインサイダー取引』

●世界最大の企業にして株式未公開の個人会社「死の商人ベクテル社」の、
公共サービス民営化による「貧乏人は水を飲むな」政策
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/878.html
ボリビアで民営化された水道事業をベクテル社が買い取るや、水道料金はハネ上がり、平均的サラリーマンの収入の4分の1〜3分の1が水道代で消えた。
更に、雨水を貯めて使うという水の利用にさえ、「天から降る水の利用権は我が社にある」として、スラム街の住人から料金を徴収した。

●CIAの一機関である世界最大のゼネコン、ベクテル社
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/275.html
“核の中核”ロスアラモス研究所の運営業務は、不気味な連続不祥事の後、「ベクテル社」に委託された。

●2007年、新潟大地震を事前に知り、何十億円も金儲けしている謎の存在
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/207.html
2007年、新潟長野大震災では、
復興関連の北野建設株が、震災発生の数日前から、突如、大量に売買された。
その売買高の異常さは、異例ともいえる「貸借申込の停止措置」が取られたほど。

7月10日以前の一日の売買高     3万  株 前後
  11日( 水曜・3営業日前 )   6万6千株
  12日( 木曜・2営業日前 ) 963万9千株
  13日( 金曜・1営業日前 ) 794万8千株
  14日( 土曜・市場は休み )      ←日経が「貸借申込停止」を報道
  15日( 日曜       )
  16日( 祝日で市場は休み )      ←大地震が発生!!
17日( 火曜・市場が再開 ) 635万7千株

*自民党がすがる「大地震は与党有利のジンクス」(週刊新潮 2007年7月26日号)
「困ったときの天変地異」、むごい言い方だが、選挙に臨む自民党は、震災の類に何度も救われてきた。

●岩手宮城大地震が人工地震である証拠:HAARPチャートと株チャート
2008年の岩手宮城大地震でも、発生前に岩手の復興株でインサイダー取引

*株チャート:東日本ハウス株のインサイダー取引で大儲けの謎の存在が出現
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/246.html
通常の一日出来高が数千株だったため、大きく仕込むために一ヶ月ほどかけたことが、チャートを見れば一目瞭然。

*2008年、岩手宮城大地震の時のHAARPチャート
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/204.html
米国からの警告は、小沢氏の地元岩手への攻撃

●「原発の根元で地震を起こすぞ」人工地震で最高裁を恐喝&インサイダー取引
http://www.asyura2.com/11/senkyo107/msg/170.html

*米国には、すでに気象操作に関する法律もある
The U.S Government Printing Office (GPO) のHPより;
”Weather Modification Research and Technology Transfer Authorization Act of 2005”
http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/BILLS-109s517is/pdf/BILLS-109s517is.pdf

*気象改変の方法に関する特許。
米国特許番号4686605 August 11, 1987
Bernard Eastlund(HAARPの開発者)
”Method and apparatus for altering a region in the earth's atmosphere,ionosphere, and/or magnetosphere ”
「地球上の大気圏、電離層、地磁気圏の一部を改変する方法および設備」
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=/netahtml/PTO/src

*HAARP Fluxgate Magnetometer
http://137.229.36.30/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi
過去36時間のHAARP チャート(アラスカ大学のGeophysical研究所)

*HAARPの動きが活発な時、チャートはこうなる↓(静止画像)
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=HARRP%20%E6%B3%A2%E5%BD%A2&sourceid=navclient-ff&rlz=1B3GGGL_jaJP328JP328&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi&biw=1024&bih=653

●ミャンマーのサイクロンと中国の地震は、HAARPによる人為操作だった証拠発見!
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/455.html

●軍産複合体を潤す新たな戦争ビジネス、狙いは『 内戦 』
→混乱を演出され、日本版「愛国法」制定へと誘導されぬよう細心の注意を!
http://www.asyura2.com/11/senkyo106/msg/536.html
更に、警察を解体してブラックウォーター社などの傭兵派遣会社を参入させたがっている。
(”ブラックウォーター”で阿修羅検索して下さい。)


04. 2012年1月01日 10:15:05 : BdjXh87bbk
命が惜しいんで余計なこと書けないが 北洋船の漁業基地の人間なら知ってるよ。最近はロシアからの中古車の輸入業者が来る港。北海道に限ったことではないよ。漆間巌はロシア語に堪能だったね。漆間の父親もさ。経歴にはっきりしない部分がある。そこで何をやってたかさ。イスラエルからやってくる「別なモノ」ってのもあるのさ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK107掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK107掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧