★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110 > 400.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
副島センセが安全宣言! (爆)(飯山一郎のLittle HP)
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/400.html
投稿者 行雲流水 日時 2011 年 3 月 21 日 19:25:08: CcbUdNyBAG7Z2
 

http://grnba.com/iiyama/index.html#ws1121
◆2011/03/20(日)

 副島センセが安全宣言! (爆)


福島原発から8キロの地点で,副島隆彦が“啓示”をうけ,従来の自説を撤回した!
どんな“啓示”をうけたのか?
まずは,副島の“現場からの報告”.
これは,[悪い意味] で読んでみる「価値」がある.↓

 私は、この原発事故地から、8キロの地点で、自分のガイガー・カウンターで
計測して、放射能の線量(せんりょう)が、わずか、15マイクロシーベルト毎時
(15mSv/h) であることを、自分の目で目視し、確認しました。
 ですから、3月11日から、日本民族に襲い掛かった危機である巨大惨事の
大事故は、大きなところでは終息に向かうと確信しました。
地震・津波の惨事よりも、放射能汚染と、被曝が、日本国民すべての体に襲い
掛かることが、ものすごく恐ろしいことでした。
この巨大な日本民族の存亡の危機から、私たちは、何とか逃れることができま
した。

 学問道場の、会員のみなさん、喜んで下さい。もうこれ以上の放射能の飛散
は、ありません。微量の放射能の拡散には、私たちは、健康のままあ、耐えて
行けます。全国の空に広がっている、こんな微量の2〜10マイクルシーベルト
毎時(2~10μSv/h)の放射能なんか、私たちは、がぶがぶ食べて、慣れきって
ゆけばいい。いちいち、微量の放射能の飛散になど、もう、私たちは、怯(おび)え
てはいけない。 私は、自分の体で現地まで到達し、このことを確信しました。

(途中省略)
 私は、今度の凶悪な原発事故は、終息に向かうと確信しました。
 もう、核分裂の進行も、メルトダウン(炉心溶融)の進行も、再臨界(さいりんかい)
も、水蒸気爆発も起きないでしょう。日本国民は、存亡の危機から救われました。

 私は、巨大事故原発の現場まで来て、そのことを体で確信しました。
なにごとも現地までまできて、実際に自分の体で調べないと分かりません。

(途中省略)
私、副島隆彦が、福島の現地で、19日に、自分の体を使って、現地投入して、体感
と霊能者としての能力で、この真実を知った。
どうしても、このことは公然と書いておかなければならない。
私は、日本の国家戦略家として、先に、先に、事態を読んで、予測してゆくしかない
のだ。

 強度の放射能による東京(首都圏)汚染と言う巨大な凶事の、地獄の淵から、
寸(すん)でのところで、 とりあえず逃げ延びた日本国と日本民族 万歳。
苦難は、これからも続いて行くが、それでも私たちは、雄々(おおおお)しく、生き
延び続けなければならない。私も、生き伸び続ける自信が湧いてきました。
福島の現地で、淡々と生きている福島県人の強さに、一番、大切なことを、私は、
自分の体で学びました。

 地獄の淵から逃れた、日本国、万歳。   副島隆彦拝


--------------------------------------------------------------------------------

もう一度,副島の文章を確認しよう.
>原発事故地から、8キロの地点で、自分のガイガー・カウンターで計測して、
>放射能の線量(せんりょう)が、わずか、15マイクロシーベルト毎時(15mSv/h)
>であることを、自分の目で目視し、確認しました。 →【A】
>ですから、3月11日から、日本民族に襲い掛かった危機である巨大惨事の
>大事故は、大きなところでは終息に向かうと確信しました。 →【B】

副島の【A】→【B】という推理は,短絡的も短絡的,完全に短絡(ショート)している!
副島の短絡ぶりを少しだけ解説しよう.
1.副島は,福島原発から8kmの地点で,放射線の微量な線量を計測した.
2.ある「一刻」,ある「一点」で計測したデータで,すべてを判断する.
3.副島の目に見えるのは放射線だけで,「放射能の拡散!」は無視!
4.副島は完全に勘違いしている! 間違っている! と言いたいが…,
5.副島が「霊能者としての能力で,この真実を知った」と言っている以上…,
6.言っても無駄・無理・無意味.…すでに宗教の領域なのだから.

副島隆彦真理教.誕生の瞬間!である.

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年3月21日 19:34:33: 3QbeWKbmc9
副島は原発から8kmのところにまで行く間に極度の緊張状態が続き、
論理的思考から神秘的世界に移行して、神懸かりになったようだ。
神秘家副島隆彦氏の今後の活躍に注目していきたい。

02. 2011年3月21日 19:35:24: C35HEVLnZ6

副島へのツッコミはそのとおりだな。

副島はバカすぎる。

たまたま行った場所で放射線量を測ったら、政府発表のとおりだった。
だからもう大丈夫。
これ以上の拡散もない。

どういう思考回路だよw

まだまだ炉心の溶融は進む可能性がかなりあるし、そうなれば水蒸気爆発が起きて多くの放射線がバラまかれる恐れがある。
もう大丈夫などとはとても言えない状況だ。

副島は、ちょっと前までは決死隊となって原子炉のコンクリート詰めの作業に自らあたって犠牲になると大口を叩いていた。

結局、土壇場になってビビって逃げようとしているということだろう。
このように、いつも副島は口先ばかり。

こいつほど信用のできない人間はいない。


03. 2011年3月21日 19:40:08: 4JHXKXxRos
副島氏もとうとう自ら本性を暴露したものである。宗教とは「生・死」を論ずるものはいかがわしい者でも宗教家と言われる。
 マトモな人物であると思っていたが、とうとう馬脚を現したのだろうか。
 悲しきかな人生、悲しき人間よ。死後に何を期待しているのか。
 これが『小室直樹』の教えを受けた者なのか。ああ、ミゼラブル、、、、

04. パルタ 2011年3月21日 19:53:56: BeExvDE2jO5d2 : fhqMEypoT6
あまりにも極限状況が続いて発狂したんじゃないだろうか。
ご愁傷様です

05. 2011年3月21日 19:58:29: Z9yP73xe0I
01、02、03さま

副島氏を誹謗するのは自由です。
人間だから、長所もあれば、短所もあるし、正解もあれば、間違いもある。
けれど、あなた方は自ら被災地へ出向いて、自分の命を張って、事の真偽を確かめる気持ちはありますか?
一生懸命人のために頑張っている人を、高みの見物でせせら笑うのは、いかがなものでしょうか?
ちょっと考えさせられます。


06. 2011年3月21日 19:59:41: Z9yP73xe0I

04さまの同じです。


07. 2011年3月21日 20:04:17: YYivQ6JYPo
タクシーの運動手巻き添えにする可能性まで考えると
物見遊山で行く気はしないな。


言い訳がましくガス車がどうの言ってるが
今時300q程度しか走らない車とか乗ってるんじゃないよ。
てか、近くまで行ってレンタカーって手もあっただろうに。


08. 2011年3月21日 20:09:53: 2gegVeZZgQ
今日、三号がまた煙り出したようです
この一報が出るのに時差にして一時間ほど
東電は未だに情報を隠蔽していますどうしようもありません

>>05
それは副島の仕事の一環です 良いとか悪いとか勇気があるとか使命感とかじゃない
副島はそうやって生きてるのです

勘違いしない事です


09. 2011年3月21日 20:11:26: dhiYVAKzRQ
何百人も死んだと言う件はどうなったんだ

10. 2011年3月21日 20:14:51: 4JHXKXxRos

公の場で影響力を行使する意見を述べる者は、それなりの批判やクリテカル・エヴァリュエーションを受けるのは当然至極であり、決して「高みの見物でせせら笑う」意見でははない。
 我が国のロジックが成長しない背景には、理論的な議論展開を忌避し、感情的・情緒的な思考形態に極度に依存し、逃避し、より客観的な遡上にのせることができ得ないことにあるのではないか。この際、徹底的に議論を交えていこうではないか。考え方が即、生き方に他ならないから。、、、

11. 2011年3月21日 20:14:55: Z9yP73xe0I
>08さま

仕事内容云々ではなく、人格を非難する事を問題にしているのですが…

あなたは、副島氏の人格を非難しているのではありませんか?


12. 2011年3月21日 20:18:15: C35HEVLnZ6
>>05
>一生懸命人のために頑張っている人を、

頑張りさえすればいいというものではありません。

副島の行為は何の役にも立っていない。
というよりも、デマを飛ばして市民をかく乱させているだけです。

最初は何の根拠もなく東日本は壊滅すると断言して、市民を惑わせた。
と思ったら、現場に行ってたった1か所の数値を測っただけで、もう大丈夫だ、拡散することもないなどと根拠ゼロのとんでもないデマを飛ばした。

原発がまだまだ全く安心できる状況ではないのは、>>02で説明した通りです。

論理的な思考ゼロで、根拠のないデマを拡散させている副島。
根拠のないデマを平気でバラまく以上、副島が全く信用できない人間であることはたしかなのです。



13. 2011年3月21日 20:18:58: R0CX945mHs
副島・ムーンホークス・隆彦がどうやれば原発事故を語れるって。

14. 2011年3月21日 20:20:06: 3UbsnckrEQ
人間は弱い生き物。安全と思いたい気持ちぐらい、わかってあげろよ。

15. 2011年3月21日 20:24:14: Z9yP73xe0I

何だか読んでいると変に感じるは、自分だけなのだろうか?

みんな高見から見下ろしている感じがするのだが…



16. 2011年3月21日 20:24:21: 3QbeWKbmc9
副島氏の人格を非難しているのではない。
極限状態の中で、副島氏が論理家から神秘家へ変貌したのも、副島氏らしいと思い、今後も氏の活躍に注目していきたいと考えている。

17. 2011年3月21日 20:47:02: 3CO3rYDZr2
副島センセが放出する強力な電波で
ガイガー・カウンターが故障したのでは?

18. 2011年3月21日 20:51:03: wHPTgswIsQ
もうこれでフクシマ信者の多数は洗脳からさめるだろう。
いいことじゃないか?

19. 2011年3月21日 20:56:27: 4JHXKXxRos

 「神秘家」、「神懸り」などと言う次元の話に帰するなら、それは神秘だのトーテムだの、伝説や御伽噺、昔話の類のはなしになりはしないか。分野・専門の違う話である。どのレベル、どの次元での話しなのか。少なくとも、テーマの前提となる条件が共有されなければ噛み合わないのではないか。誰が悪い、誰が良い、誰が高み、低めの問題ではないと思うのだが、いかがでしょうか。

20. 2011年3月21日 21:06:48: xDSRSBQsrs
人間、危機的な状況のときに見る「光明」(菅の言葉)は魔力を持ってるからね。
見たいものしか目に入らなくなり、見たくないものは目に入らなくなる。
だけど、ある程度の集団なら必ずちゃんと目が開いている人間がいる。
そういう人間が勇気を持って親分を羽交い絞めにしないといけない時ってあると思う。

21. 2011年3月21日 21:25:55: 2gegVeZZgQ
>>11
>仕事内容云々ではなく、人格を非難する事を問題にしているのですが…

>あなたは、副島氏の人格を非難しているのではありませんか?

非難してない 非難出来る程その人の人格を私は知らない
単純に、彼はその仕事上行かねばならなかったと言ってるだけ

もう一度言います 仕事なんです 人格云々は今回の彼の行動に何の関係もない
彼はそうやって食ってるんです

そうしてそうやって副島が食ってる事を私は非難しないししていない

今度こそ分かって頂戴ね


22. 2011年3月21日 21:46:26: FmB0JlnSpg
02氏が仰る通り、下記の記述があったが、見つからん、削除したのかな。
そのときが来たら、決行されることでしょう。
何せ、口先だけの菅と違って、有言実行の傑物ですから。

『決死隊となって原子炉のコンクリート詰めの作業に自らあたって犠牲になる。』


23. 2011年3月21日 21:57:41: FmB0JlnSpg
正確に言うと、

『決死隊を組織して、炉心をコンクリートでシートで覆う作業を行い日本民族のために死んでいく・・・』
だったかな。

原文が見つからず記憶で書いた。


24. 2011年3月21日 22:08:52: rWmc8odQao
これは一段と「ゆんゆん」してるなぁ…
でも、嫌いじゃないです。副島氏、現地視察お疲れさまでした。これからもがんばってくださいませ。

25. 2011年3月21日 22:12:54: Ec3pld5UFI
>21 そおかあ〜。ミッションなのですね。納得。
「恐慌前夜」って本を読んでから、氏の書籍をかなり読破してきたけど・・
苫米地英人氏のゆうちょ問題のコメントがすぐれてます!って学問道場で紹介してた
ことを思い出す。苫米地氏もググるとなかなか・・教祖っぽいニオイがプンプン!
霊能者・占い師・予言者と自画自賛してるって事は、「教祖」を目指してるのかな?
段々、言動についていけないのに気付いた。尊敬してたのにな。顔色を変えずに、
身体を張る人って怖いです。震えながら、赤い眼をして、泣きながら会見に臨んだ
消防隊員の方々とあまりにも・・対極で。

26. 2011年3月21日 22:21:34: 5iEjTpTk0I
止むに止まれぬ心情は分かります。

今回、副島氏と共に福島第一原発を
望む8キロ地点まで到達した方々の
勇気は、(今のところ安全な場所に
いて、遠巻きにするだけの我々に
比して、)賞賛に値します。ジャー
ナリズムの精神ここにありです!

ガイガーカウンターの数値が発表と
さほど変わらない…安全だ!はその
場にたどり着いた者の実感の範囲で
理解しましょうよ。


27. 2011年3月21日 22:35:49: Ec3pld5UFI
>2 >22&23  逃げてください!から綴られた文ですよね。
        あれ?ホントに見当たらないです。削除した???
        随分、煽るな〜と思ってました。

28. 2011年3月21日 23:14:26: FmB0JlnSpg
27氏

それ、そのタイトルだった。
57歳まで日本国、日本国民にお世話になったから、思い残すことはない。自ら決死隊を募って、炉心をコンクリートでシートで覆う作業を行い日本民族のために死んでいく・・・」と書かれれていた。
そういえは、国会を50万人、100万人のデモで覆い尽くすとも話されていたのをユーストリームで見たけど、小沢支援デモに参加したことはあったのかな。

商品先物会社主催で講演をおやりになられる方は、変わり身が鋭いですなぁ〜。


29. 2011年3月21日 23:34:16: vuVPKch6Ek
本当に行ったなんて思えないし。
行く必要も無い。
テレビ中継の真っ只中で、
あの東電の保安院の連中に飛び掛って、一発殴りつけてくれた方がよっぽど被災者の気がすく。
アメリカの糾弾まではいいが、裏で支那と手を結んだ(ように見える)福島
彼の口から支那(と支那のエージェント汚沢)の批判を聞く事はできない。
今度はあの電力マフィアと手を結ぼうというのか。


30. 2011年3月21日 23:35:30: FHKDGH9WGU
>28 しかも・・学問道場の会員の方々にも募ってましたよね?
  お金出して会員になってるお客様にまで呼びかけていた。
  いくら、50歳を越えた方々だって、子や孫だっているでしょうに。
  人の人生や命をどのように考えていらっしゃるのか???
  弟子と心中するなら、まだ、わかるけど。
  意味不明な文面で、ドン引きしてました。

31. 2011年3月21日 23:57:25: FmB0JlnSpg
自ら名乗りを上げて出動した消防隊、自衛隊、機動隊の方々が、「決死」という言葉を使うならばともかく、他人を道連れにしてまで売名行為をやるとは、なんとも至極。本当の国を思う愛国者は、黙って人知れず行くのでしょう。
あれだけの大言壮語をして、ほんの一時一箇所調べて「安全です。」とは!?
子供ですよ。
何か事あると裏社会、ユダ金、在日の陰謀とがなり立て絶好の売名のチャンスと捉える越水と全く同じ行為。

五省
一.至誠に奢るなかりしか

★一.言行に恥ずるなかりしか

一.気力に欠くるなかりしか

一.努力に憾みなかりしか

一.不精にわたるなかりしか


32. 2011年3月22日 00:03:57: FmB0JlnSpg
要は原発事故は収束に向かい、放射線(放射能ではない)は弱いから安全だと宣言することにより、暗に「自ら決死隊を募って、炉心をコンクリートで覆う作業を行い日本民族のために死んでいく」必要はなくなったとしたいのでしょう。
さすが、深謀遠慮、神がかり預言者は、聡明ですな。
確か、コンクリートで覆うための資材や特殊車両も手配するとか仰っていませんでしたか。記憶があいまいで申し訳ありません。
何せ、原文をいくら探しても見当たりませんもので。

33. 2011年3月22日 00:05:44: C35HEVLnZ6

副島センセイもここまで落ちるとはビックリ。

ここのコメント欄を見てもわかるとおり、センセイの発言はボロボロだ。

さてさて、信者は騙されていたことに気づくかな?


34. 2011年3月22日 00:08:56: RFm9zQsIR6
親分格に痛い意味でもこたえるかが問題。それこそ高みの見物よろしく茶化されてはね。しかも、菅首相だけじゃないより悪い可能性も。

人間、危機的な状況のときに見る「光明」(菅の言葉)は魔力を持ってるからね。
見たいものしか目に入らなくなり、見たくないものは目に入らなくなる。
だけど、ある程度の集団なら必ずちゃんと目が開いている人間がいる。
そういう人間が勇気を持って親分を羽交い絞めにしないといけない時ってあると思う。


35. 2011年3月22日 00:21:45: FHKDGH9WGU

責任を取る、トップがいないから、自分が死んでお手本見せる!って
うろ覚えだけど、確かに書いていた。
前にも「死んでもいい」って書いていたような・・
そんな人に限って、「生き抜くずるさ」を秘めまくってるんだな。

36. 2011年3月22日 00:25:21: FmB0JlnSpg
2氏がいみじくも述べていられるが、大教祖・預言者も、「放射線」と「放射物質」の相違くらいは、ご存知でしょう。
それにもかかわらず、『強度の放射能による東京(首都圏)汚染と言う巨大な凶事の、地獄の淵から、寸(すん)でのところで、とりあえず逃げ延びた日本国と日本民族万歳。』と断言された根拠及び意図は、『自ら決死隊を募って、炉心をコンクリートで覆う作業を行い日本民族のために死んでいく』が不要となったとするための正当化事由としか理解できません。
どうしても、『逃げろ・・・』というタイトルの原文中の『決死隊を募って・・・』の文章が見つかりません。これって削除されたからでしょうか。もし削除したとするならば、これを以って菅レベルの薄汚い卑怯者とみなされてもやむをえません。

37. 2011年3月22日 00:46:12: FmB0JlnSpg
12氏が言うとおり、「東日本は壊滅的打撃を受けた。将来がある若者、子供、女は今すぐ西に逃げろ。」「新幹線だけは動いている。天皇も京都に逃げた。」と恐怖感を煽りに煽っていた。
この言については、謝罪も何も一切触れずに、一箇所測定して突然安全宣言。今後どんなことが起こるか未だ不確定にもかかわらず。余りににも、子供じみているというか、幼稚というか、独断というか、自己中心の唯我独尊というか、表現のしようがありません。
一言で言えば、虚言妄想、統合失調症、ヒステリーとでも言うべきものではないでしょうか。

38. 2011年3月22日 00:50:50: IPF3aYsKnc
ソビエト帝国の崩壊を記した小室直樹もあきれ果てているだろう。彼の2005年ごろの著作もお偉いさんには届いていないみたいで。

39. 2011年3月22日 00:51:20: FHKDGH9WGU

探しても、ないものは「ない!」です。削除です。
「関西に逃げてください!」って。
家も家族も仕事もある、東日本に住む皆様に、煽りまくっていた。
西日本に逃げて、移り住んで、今までと同じ生活が維持できる人なんて・・
いるのでしょうか?
せいぜい、お金にゆとりのあるご年配や春休み利用した家族旅行レベルが
1〜2週間の滞在で、その後「どうしましょう。」って帰ってくるしかない。

40. 2011年3月22日 01:17:18: FmB0JlnSpg
39氏

やはり、黙ってこそこそと削除しましたか。
預言者氏は、語るに落ちたですな。
薄汚い卑怯者であったことが判明しました。

そういえば、計測器を得意げに持った写真、なんとも嫌らしい顔をしていますな。
巨額の詐欺容疑で逮捕された原女史主催の株式講演もやられていたそうですな。


41. 2011年3月22日 01:22:38: 3CO3rYDZr2
ちょっと測って安全宣言って
東電のまわし者かよ

42. 2011年3月22日 01:23:17: FmB0JlnSpg
3号機の建屋も爆発。
使用済み廃棄物質を貯蔵していたとしたらどうなるのでしょうか。

「地獄の淵から逃れた、日本国、万歳。副島隆彦拝 」

多分数日後にはこそこそと↑も削除しますかな。


43. 2011年3月22日 01:52:01: FmB0JlnSpg
39氏、見つけました。
武士に二言無し。メルトダウンしたら決行されるのでしょうな。

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/page:8

若い人たちは、西に逃げてください。 老人と、公務員は、決死隊員になる覚悟を決めてください。(報告 5)副島隆彦

私、副島隆彦は、この超危険の事態を受けて、決断しました。私は、東京で、決死隊を組織します。60歳以上の老人で、ある程度元気な人で、もう 家族の心配をするよりも、心配される立場になっている人たちで、学問道場の会員の人で、若い日本人たちの為に、もう死んでもいい、と決意出来る人は、東京の中心の場所(あとで、その建物を、順次、指定します)に集まりましょう。
災害ボランティアたちの多くは、福島県の被災地に近寄っても、足手まといになるから、ある程度の所で、警察に制止されて、それよりも前には行けないようだ。

私、副島隆彦が、組織しようと思うのは、福島第一原発の 炉心の爆発が起きたあと、多くの人間が、現地から逃げ出すだろうから、どうせ、人手が足りなくなる。その時に、原発の事故現場を目指して、放置してある自動などを確保して、進みます。そして、
最後の最後の作業である、 破壊された 炉心を、鉛・鉄・コンクリートで覆い隠す作業が残る。 その 現場の作業の私、副島隆彦は、国家と民族が、必要とするのであれば、この作業員の仕事に 応じます。若い国民たちのために、もう、命は要りません。 現場にいる公務員(警察、消防、救急、自衛隊など) の 足手まといにはなりません。 彼らでもやりたがらない仕事があったら、それを現場の指図に従って、やりにゆきます。

 祝無に忠実な まじめな公務員たちも、決意してください。現場に、どんどん全国から、業務命令で応援で動員されているだろう。 すでに、私が聞きましたが、自衛隊で、原発事故の現場に、新たに投入される 自衛隊員たちは、定年間際で、すなわち 55歳近い人たちだと思う。

 「自分は、もう、子供も大きい。自分の部下たちを死なせるわけにはゆかない」と、決意して、現地に向かいつつあるという。 もう、こうなったら、どれだけ公務員は、死んでもいい。自分と家族のことを考えて、逃げたい人間は、逃げられるようにしてあげるべきだろう。警察も同じように、現場にどんどん人員を送るべきである。 

 どうやら、天皇陛下は、京都にお移りになったようである。だから、計画停電というアナアウンスをして、都心を静かにして 移動したようだ。東海道新幹線だけが、今日(15日)も平常のように動いている。外国人と、金持ち(資産家)たちを先に、西に逃がすためだ。一般大衆と、企業の会社員たちは、仕事という義務があるから逃げられない。生徒、学生たちは、すでに学校は休校になっている。

 東京の虎ノ門の アメリカ大使館は、すでに、早く 11日(地震発生)の時点で、都心の機能を、横田基地に移している。横田の巨大な米空軍の基地から、大型輸送機で、どんどん逃げ出すだろう。 フランス政府は、12日の時点で、日本にいるフランス人に、「関東地方を捨てて、関西に移動しなさい」という 国民退避勧告を出している。

 もう、東京圏 は、スーパーの食糧も、災害用の備品も売り切れて、会社に出勤している人たち以外は、自宅で、じっと待機しているのだろう。 そして、まず、妻子だけ、関西に逃がした、という人たちが、13日からいる。 私、副島隆彦が、「決意して、300キロの離れたところまで逃げなさい」と書いたのが、12日の午後6時からだ。

 さあ、もう、こうなったら、腹を決める。 何ごとも、夢みたいなことに、すがりつかないで、日本人それぞれが、決意して、自分は逃げる、という人は逃げ延びてください。そして、私、副島隆彦と同じように、若い人たちに、「生きる席」を譲る、という人は、今から、死ぬ決意をして、原発の事故現場に向かう、準備を始めましょう。 私は、もう決めました。

 軽挙妄動はしません。 流言飛語を流す気もない。誰にも迷惑をかける気はない。 私は、自分が生まれて、57歳の今までお世話になった日本国と日本国民の為に、恩返しのつもりで、時期を決めて、事故現場に向かいます。 愚かな情報や、知識や、ウソばっかりの報道や、無能な指導者たちや責任を取らない官僚たちのに、だまされて、これ以上、愚かな 夢、希望、願望、期待などには、振り回されません。 

 東大法学部卒の、官僚ども。そして、長年、体制派の政治家として安穏としてきた醜悪な人間たち用。 無能極まりない、お前たちが、総体として、こんなヒドイ現状を作ったのだぞ。その責任を感じる、とことさえ、出来ないだろ。お前たちは、まとめて、本当に縛り首だ。  

地獄の淵にある 日本民族に 幸運がありますように。  副島隆彦拝 



44. 2011年3月22日 02:13:01: FmB0JlnSpg
「若い人たちは西に逃げてください。」
その数日後、ほんの一時、一箇所測定して、一転してにっこり「安全宣言」。

これって、「軽挙妄動はしません。 流言飛語を流す気もない。誰にも迷惑をかける気はない。」と、どう整合性が取れるのか。

これこそが、軽挙妄動、流言飛語、迷惑でないのではないか。


45. 2011年3月22日 03:55:44: FmB0JlnSpg
セシウムは長期間残留する。現地に行ってがぶがぶ食べろよ。
はっきり言って、この世の終わり→安全極楽、

>自分の体を使って現地投入して体感と霊能者としての能力でこの真実を知った。

両極端な発言の狙いは、売名行為としか理解できない。
度が超えている。
壊滅的打撃発言から、一瞬、一箇所測定して安全だに転向。
無責任すぎる。自分の妄言に責任を取れ。
さんざん馬鹿菅を非難していたことを今こそ身をもって示せ!
多くの日本国民が亡くなり、かつ今また生命財産を脅かされているというのに、
何が、「自分の体を使って、現地投入して、体感と霊能者としての能力で、この真実を知った。」だ。世の中を舐めるのも大概にしろ!
商品先物会社の講演に出て、金の売買でもいってろ。
次は原油と農産物か。


>毎時(2~10μSv/h)の放射能なんか、私たちは、がぶがぶ食べて、慣れきってゆけばいい。いちいち、微量の放射能の飛散になど、もう、私たちは、怯(おび)えてはいけない。 私は、自分の体で現地まで到達し、このことを確信しました。


東京電力によると、福島第一原子力発電所の放水口近くで21日、海水をサンプリング調査したところ、国の規制値を上回る放射性物質が検出された。

 放射性ヨウ素131は規制値の約126倍、放射性セシウム134は約25倍だった。東電は原子力安全・保安院と福島県に連絡した。

 同原発3、4号機への放水や雨で放射性物質を含んだ水が海に流れた可能性があるという。 .最終更新:3月22日(火)2時17分


46. 2011年3月22日 04:08:33: FmB0JlnSpg
何が霊能力者だ、当るも八卦の商品相場とはわけが違う。
人の命と財産がかかっている瀬戸際の事象だ。
それを霊能力者として安全だと確信しただと!
「私、副島は、体感と霊能者としての能力でこの真実を知った。」
「毎時(2~10μSv/h)の放射能なんか、私たちは、がぶがぶ食べて、慣れきってゆけばいい。」

馬鹿も休み休み言え!
どうしようもない愚か者、俗物、目立ちたがり屋。
怒りで眠れん。


47. 2011年3月22日 04:10:04: EGaQ73B5yp
だから〜

「そえじま」ではなく、
すでに「ウソえじま」ですよ。


48. 2011年3月22日 04:14:54: FmB0JlnSpg
体内被曝の恐ろしさを知らんのか!

遺伝子が切断され、時間を経て正常細胞がガン化し、数年後には発ガンする。

私たちはじやなく、おまえだけがぶがぶ食べて、慣れきってゆけ!

その前に、メルトダウンを防ぐために、現地行って放水作業を手伝え!

この薄馬鹿野郎!!!


49. 2011年3月22日 04:20:28: FmB0JlnSpg
行雲流水市に願いする。

警告の意味を込めて、毎日一つ副島スレを立てていただきたい。

本当に心底怒りがこみ上げてきた。

こんな愚劣な奴が知識人ずらし、

その裏で商品相場講演、詐欺で逮捕された人物主催の株式講演!

そして、純粋な市民を戸惑わせる思いつきの妄言、憤りで一杯だ。


50. 2011年3月22日 04:23:39: FmB0JlnSpg
行雲流水市は、行雲流水氏に訂正します。

失礼しました。


51. 2011年3月22日 11:56:32: SYFqdzwakQ
05様の意見に、賛同いたします。

こちらのコメント欄に現れている工作員の各々方、
貴殿等が懸命に叩けば叩こうとするほど、
貴殿等の命令主が、疎ましく思う人物=我々日本人に真実を伝える人物
が、誰なのかを、阿修羅民が知るだけなのです。

それから聡明炯眼な阿修羅の方々、
確かに副島先生の記事には、放射能が15マイクロシーベルト毎時(15mSv/h)でも、一ヶ月、一年蓄積すれば相当な被曝量になること、
また放射性物質による内部被ばくの危険性が過小評価されているなどの、問題点が確かにあります。
けれど、危険な地に足を運び、現地の真実を私たちに届けてくださいました。

バ菅のような、自己愛の肥大した人非人は、敵なので全力で叩くべき、と思いますが、他者を助けようとしているが多少落ち度のある方に対しては、指摘しつつも応援していくのが、官僚や米戦争屋のもっとも嫌がることかと思います。数は力ですから。
敵共は、変わることができない。それは敵の使う手法が、毎回同じなことからも明らかです。自らに巣食う欲望が彼らの目を曇らし、がんじがらめにしているのでしょうか。
でも、私たちはお互い切磋琢磨し、これからも成長していくことができます。
これからも仲間や同志を応援して、もっともっと敵を嫌がらせましょう(笑。


52. 2011年3月22日 13:00:09: wNLHnh01OY
<43 スゴイです!!よくぞ・・復元アップしてくださいました!
  コレ、コレですよ!コレ!! ドン引きした、眼を疑った。
  ここまで書いて、削除だよ! キレイに削ってましたね!!
  「命」を何だと思ってるんだ!! バカにするな!!

53. 2011年3月22日 13:09:44: oPXZ19qY9w
確かに最近の副島さんの発言はおかしい。
CIAに洗脳されたか、薬でも盛られたんとちがいますやろか・・・。

54. 2011年3月22日 13:43:45: iT99zvVy8U
あの副島先生が、この内容を書かれた「意味」を考えたいです。
これを書くしかなかった/書かされた/外部工作/裏の意味に気づく方へのメッセージ/等々
情報は、その「背景」も含めて読みとるべきではないでしょうか。

55. 2011年3月22日 13:56:33: LnDx9KXhHc
若い人は逃げてください・・・夜中一人で号泣した自分が今猛烈に情けない。
決死隊になるんじゃなかったの?ジャーナリストじゃなくて完全に教祖様。
アホくさ。

56. 2011年3月22日 14:33:32: fFhtmkaiog
51様
確かにおっしゃるとおりですが
15マイクロシーベルト=15μsv/h
でmじゃないですよね。
15μsv/hという数字は、普通の人が受けても大丈夫という数字の1ミリシーベルトに達するのに36時間ほどで達する数字でしょ。
武田邦彦教授のブログを読んでみてください。
副島先生は影響力のある人です。
安易に安全だと言ってはいけない。
副島先生は「私が安全と言ったことは間違いでした。申し訳ございませんでした。
直ちに命の危険はないが、自分の目で見てきた数字によれば、ここにい続ければ必ず被爆するので、病気になる前に落ち着いて安全な場所まで逃げてください。」
このように認めなければ余計な混乱を生むだけです。
ネトウヨどもの要らぬ誹謗中傷は無視していいですが、間違いは率直に認める事が
この危機の最中では大変重要です。



57. 2011年3月22日 16:47:54: kFC5TEBIb6
どうも副島センセはあくまで安全宣言を肯定したいようですね。
ところどころ、私が疑問に思ったところを()内で書いてありますができるだけ消したつもりです。お見苦しいところがあればスイマセン。


副島隆彦です。 今は、2011年3月22日 午前3時です。

 私は、21日には 自宅に戻ってきました。 19日に続いて、20日も、私たちは 福島第一原発に、今度は、県北の方の南相馬(みなみそうま)市の方から、原発10キロメートル圏内の浪江(なみえ)町、双葉(ふたば)町(5キロ圏)まで到達して、真実の放射能の線量(せんりょう)を測定しました。 

 たしかに、浪江町(なみえまち)、双葉町(ふたばまち)では、220マイクロシーベルト毎時( 220μSv/h) の やや高い数値が出ました。新聞記事にある 福島県の対策本部が毎日、地元で 発表している 「放射能測定値(暫定値)」の数値と、一致しました。

 これぐらいの数値は、人間の体には全く影響はありません。福島県の人たちは、これぐらいの数値は、当たり前として受け止めて、淡々と生きています。

 15日の、2号機の水素爆発があった(1号機=12日、3号機=14日に続いた、第3回目の水素爆発)あとには、横浜市でも、160マイクロシーベルト毎時(160μSv/h) が測定されたそうです。 この 15日が、一番、危険な日でした。 そして、緊迫の山場は16日まで続きました。

 そして、17日(木)には、巨大原発事故は、危機の峠を越して、現場で奮闘する“フクシマ50の英雄たち” と世界中から称賛されている、東電の下請けの作業員と日立・東芝からの派遣社員たち自身が、そのことを実感したでしょう。

 そして、4つの各号機の、格納容器爆発(水蒸気爆発)=高濃度の放射線の数百キロへの飛散 という 日本人どころか、人類すべてにとっての最凶悪事は、終息に向かいました。この真実を、アメリカは、17日 昼に、グローバルホークという無人偵察機を使って、4つの原発の上空から調べて、真実の放射能数値を知った。

 真実をいち早く知った、アメリカ政府と、最高支配者たちと、ニューヨークの金融財界たちは、17日の夕刻には、最高会議を開いて、「フクシマの危機は去った」と確認したようです。そこで、18日(金)には、ニューヨークの金融市場では、狼狽(ろうばい)売りの投げ売りで、暴落していた株価が、早くも上昇に転じています。 東京市場(日経平均株価)も、18日には、大暴落(一日で1250円の急落)から立ち直りを見せています。

 私、副島隆彦は、自宅に帰って、急いで、金融・経済の分析を始めています。これらの分析は、会員ぺージの方に載せます。 災害からの復興銘柄として、仮設住宅(被災者用の応急のプレハブ住宅)20万戸とかを作る住宅メーカーが、22日(火)からの株式市場で、棒上げ、急上昇すると、盛んに推測されています。


 私、副島隆彦は、「こんな悲惨な巨大災害の時でも、ある種の人間たちは、自分の金融投資(バクチ、博奕)での大儲けの為に動くのだ。それが、人間と言う悲しい生き物なのだ」 と、達観しています。

 私は、浪江町や、南相馬市の海岸で、ものすごい数の家が津波で破壊され、一面に瓦礫(がれき)が散乱している光景を、前日の県南の四倉(よつくら)、新舞子(しんまいこ)の海岸の悲惨な現状に続いて見ました。 美しい景勝の地の 家々は、無残に破壊されて、車も多くが海中に没しているでしょう。 この世の地獄そしてそのまま浄土(じょうど)の姿です。

 今も、車の中にいたまま、津波で死んだ人たちの死体の多くは収容されていません。波打ち際に打ち上げた死体だけが自衛隊の手で集められ、遺体安置に並べられているのです。

 救援に駆け付けた5万人の自衛隊でさえ、災害3日目の14日の深夜には、「原発が非常に危険なので、、上からの命令により退避します」と、避難場所(小学校の体育館とか)の被災者たちに伝えて、置き去りにして、一気に立ち去っていったのです。私は、その現場に、こうしてやって来たからこそ、この真実を体得できました。

 そのことの衝撃(ショック)で、今、自衛隊全体が、深い鬱屈の中にあります。国家戦略家(ナショナル・ソストラテジスト)である、私、副島隆彦には、この核戦争・化学戦争に全く対応していなかった、そして、自分たちだけ、我さきに国民(一般住民)を残して逃げて行った、災害出動の自衛隊の、不甲斐なさを、彼ら自身が、大きな危機が峠を越した今だから、全身が震えるような悔悟の気持ちに襲われているだろう。

 同じ日本国民を戦争の脅威から助ける盾(たて、シールド)となると決意して、進んで自衛官になった者たちの、無念と屈辱感が、私にはよく分かる。だから私は、今の自衛隊を絶対に批判しない。この時、自分たちが強度の放射能で被曝することを恐れて、一目散に災害地から先に撤退していった自衛隊を、私は決して非難しない。この問題は、不問に付されて、皆が忘れ去ってゆくだろ言う。

 誰もが、原発の事故現場から、10キロでも遠くに逃げたい。そして、多くは、福島県の西隣の新潟県にまで避難したようだ。 同じ被災地である北の宮城県(仙台)方面に逃げるわけにはゆかず、そうかといって、南に逃げて、東京(首都圏)を目指しても、大混乱する、と分かっている福島県民は、新潟県に活路を求めたのです。 

 家と家族を失い、命からがら逃げてきた先の避難所で自衛隊に、「私たちは先に退避します。原発が大変危険です」と言い残された被災者たちが、阿鼻叫喚(あびきょうかん)の地獄に落とされたことは、火を見るよりも明らかだ。今も、ガラーンとして、運動場に軽自動車が、100台近く散乱していた小学校を目撃した私には、いつが、最大の危機のピークだったのかまでが、体で分かる。 

 被災者たちは、自衛隊のあとを追うようにして、沿道12号線を、西の方(福島市へ)に、15日の暗闇のなかを、ぞろぞろと移動していった。途中でガソリンが切れて、乗り捨てられた乗用車が、たくさん、いまも路肩に置かれている。 22日からの今週も、ずっと、ガソリン切れは続くだろう。

 ゴーストタウンと化して、ガラーンとした町が続きました。浪江(まみえ)の駅の前の半倒壊している酒屋の中で、コンピュータだけが不気味に動いて、音をだし、点滅しているのを見ました。電気は通っているのです。

 原発から5キロの地点である 双葉(ふたば)の駅のすぐ近くまで行けたのですが、そこから先は、道路に倒壊した家の瓦礫と、垂れ下がった電線がたくさんあったので、ここで私たちは前進を阻(はば)まれました。この地点で、220マイクロシーベルト(220μSv/h)を測定したのです。あとで、写真を示します。

 私に、決死の覚悟で同行してくれた弟子の石井利明(いしいとしあき)君が、下の 重掲「308」番の報告文に引き続いて、翌日の20日の調査、現状の目視、放射能測定の結果を書きます。 19日(土)の初日の、富岡(とみおか)町からと、それから、県南の いわき市からの 巨大事故原発 への接近による 視察、目撃、放射能測定 のことも引き続き書きます。

 私が、今、強調しなければいけないことは、被災地の現地で生きる福島県民を応援するために、私たち日本国民は、福島県産の 野菜、果物、コメ、そして魚を進んで食べる、ということです。 私たちは、同じ日本国民として、悲惨な大災害から福島県が急速に復興することを、徹底的に、支援しなければいけないのです。 そのためには、「今こそ福島県産の産物、食品を進んで食べよう」という運動を始めなければいけない。  

(転載貼り付け始め)

●「 自宅待機で出荷ストップ 風評被害「放射能」って? 農業も二重苦 」

産経新聞 2011年3月16日 20:41

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110316/biz11031620440075-n1.htm

 福島第1原発の事故で高い放射線量を観測した問題は地元の農業関係者に深刻に受け止められている。震災で出荷がストップした地域がある上、風評 被害が起こりかねず、二重の衝撃に見舞われている。

 「放射線は目に見えない上、今まで経験したこともなく、どうしようもない」。福島市のJA新ふくしまの担当者は声を落とす。現在、特産の イチゴ「ふくあや香(か)」が出荷のピークを迎えている。

 同市は原発から約60キロ内陸にあり、特に影響はないとされるが、担当者が頭を悩ませるのは風評被害だ。「農薬だと残留量のデータを消費 者に示して大丈夫だと説明できる。放射線だと何が悪いかも分からない」

 原発の南に位置する福島県いわき市では15日、30キロ圏内に入らない地域でも市の呼び掛けで多くの農家が自宅で待機した。

 地元JA担当者は「外にも出られず、様子を見るしかない」と頭を抱える。「イチゴやトマトが地震以来、出荷できない状態。さらに熟成が進 むと本当に出荷できなくなってしまう」福島県は豊富な水資源でも知られる。田村市は湧き水を使ったミネラルウオーター「あぶくまの天然水」を販売。取水地は原発からの距離が約 35キロだ。

「風評被害を考える余裕はないが、不安だ」と販売を担当する同市あぶくま洞管理事務所の担当者は懸念を隠さない。 食品の国際品評会「モンド・セレクション」で最高位の「大金賞」を7年連続で受賞するなど定評を得ているが、震災でボトルや煮沸用の軽油 が底をつきつつあり、製造を取りやめている。担当者は「先が読めない。一体どうしたらいいのか」と悲嘆した。

 農林水産省では地震と原子力災害の2つの対策本部を立ち上げているが、担当者は「事態はまだ動いており状況把握もできていない」と対応に 追われている状態だ。

●「 茨城  風評被害対策 を国に要請 」

NHKニュース 2011年3月21日 21:08
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110321/k10014812461000.html

 茨城県産のほうれんそうから国の基準値を上回る放射性物質が検出され、出荷を自粛していることを 受けて、茨城県の農業団体は、21日、農林水産省に対して、ほかの農産物について風評被害が起きないよう、安全性について早急に調査するよう 要請しました。

 茨城県産のほうれんそうから国の基準値を上回る放射性物質が検出されたことを受けて、茨城県は当 面の間、県の全域でほうれんそうの出荷を自粛することを決めています。これについて、JA茨城県中央会とJA全農いばらきは、21日、農林水 産省の筒井副大臣に対して、ほかの農産物にも風評被害が広がらないように対策を講じることを要請しました。

 具体的には、ほうれんそう以外の農産物について、安全性の調査を早急に行い、その結果について国民に周知することや、農家が受けた経済的な被害について東京電力や国の責任で補 償することを早く明確にすることも求めました。

 JA全農いばらきの柴田誠県本部長は記者団に対して、「ほかの農産物についても風評被害が懸念 されるので、安全性についてしっかりと検査をして、国から情報を出してもらうことが大事だ」と話していました。

●「 【Q&A】農作物から放射能、食べても平気? 」

朝日新聞 2011年3月20日 8:54

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103200071.html

 福島第一原発の事故の影響で、牛乳やホウレンソウから放射性物質が見つかった。飲んだり食べたりしても大丈夫なのか、まとめ た。

 *■健康害するリスク小さい*

 Q ホウレンソウや牛乳が放射能で汚染されているの?

 A 福島第一原発の事故では、ヨウ素やセシウムなどの放射性物質が周辺に広く飛び散った。それが、ホウレンソウの表面に降り 注ぎ、検出された。汚染された草や水をとった牛の乳からも見つかった。

 Q どれぐらいの値なの?

 A 厚生労働省の規制値に比べると、ホウレンソウからは3〜7・5倍のヨウ素が見つかった。牛乳からも最高5倍のヨウ素が出 た。規制値は、今回の事故をきっかけに、厚労省が暫定の値として設けたものだ。

 Q 汚染された食品を食べたり飲んだりしても大丈夫なの?

 A 食品の安全性基準は厳しい値に決められている。健康に影響を与えかねない値より、かなり余裕をもって設定されている。だ から、「ただちに健康に影響が出るわけではない」という見方で専門家の意見は一致している。あまり心配し過ぎてもいけないよう だ。

 Q 汚染された食品をとると、体はどれぐらい被曝(ひばく)してしまうの?

 A 今回、ヨウ素に汚染されていることが分かった福島県の牛乳を約1リットル飲むと、人体が受ける影響は、約33マイクロ シーベルトという値になる。これは胃のX線集団検診を1回受けた時に受ける放射線量の約20分の1。

 最も高い値が出た茨城県のホウレンソウを洗わずに1キロ食べたとすると、約330マイクロシーベルトになり、胃のX線集団検 診を0・5回受けた値にあたる。

 Q それは、どのぐらいのリスクなの?

 A そう大きくはない。単純に比較はできないが、妊婦がX線撮影などを受けるとき、胎児へのリスクは、少なくとも5万マイク ロシーベルトまでは問題がないとされている。ただ、上限の判断は難しく、米国の学会や審議会の間でも15万マイクロシーベル ト〜5万マイクロシーベルトと幅がある。

 Q 時間がたてば、放射能は弱くなるの?

 A 放射線の量が半分になるまでの期間を「半減期」という。ヨウ素の場合は8日と短い。セシウムは30年と長く、長期間、放 射線を出し続ける可能性がある。その土地で育った草を家畜が食べ続けると、肉などの畜産物も汚染されてしまうかもしれない。

 Q 今後はどんな注意が必要なの?

 A 汚染地域は広そうだ。農産物が流通に乗る前に、どれぐらい汚染されているか、早く調べる必要がある。ヨウ素は半減期が短 いとはいえ、大量に取ると子どもでは甲状腺にたまってしまい、がんになる危険がある。とりわけ、原発周辺地域に住む子どもには注 意が必要だ。

 *■水で洗えば流せる*

 Q 食べる時にできることはないの?

 A 元原子力安全委員の松原純子さんは「気になる人は流水で洗って。葉の表面についた放射性物質を落とすことができる」と話 している。ホウレンソウをお浸しにするとヨウ素、セシウムを50〜80%除去できるとの実験結果もある。秋田大名誉教授の滝澤行 雄さん(公衆衛生学)は「熱湯でゆでてあく抜きするのも有効」と言う。熱で放射性物質は分解しないが、洗い流す効果があるよ
う だ。

 Q 牛乳はどう?

 A 液体はこうした方法は採れない。ただ、牛乳で規制値を超える値が検出された福島県川俣(かわまた)町では全酪農家が震災で出荷してい なかった。仮に同程度の値の他地域の牛乳を続けて飲んでいたとしても、事故から1週間と時間が短く放射性物質の総量は限られる。 いま店頭や家庭にある牛乳を捨てる必要はない。

 Q どういう経緯で分かったの?

 A 17日に厚労省が地方自治体に調査を求め、19日に結果が出た。全国消費者団体連絡会事務局長の阿南久さんは、すぐに調 査を始めて結果を公表し、問題の食品を1年間食べ続けた場合の影響を示したのはわかりやすいという。ただ、調査の全容が明確でな いのが気になるという。「調査内容や数値の意味をわかりやすくかみ砕き、消費者はどうすればいいのか、具体的行動に結びつく説明 を添えてほしい」と注文している。

 *■Qこれからどうなるの 出荷停止を政府検討*

 Q すでに出荷された農産物はどうなるの?

 A 食品衛生法では、有害物質を含む食品の販売を禁じているが、放射能についての基準はない。このため、厚労省は今回、根拠 のない風評被害を防ぐため、急きょ暫定規制値をつくり、対応した。でも、規制値を超えるサンプルが出た日の出荷分しか止められな い。検査日より前に出荷されたものについて、大塚耕平厚労副大臣は「自主的な対応になる」と話している。

 Q 今後の対応は?

 A 規制値を上回っても食品衛生法では、調査対象となった農産品をつくった農家の出荷だけしかとめられず、出荷停止の判断も 都道府県に委ねている。このため、政府は、原子力災害対策特別措置法に基づき、福島県と茨城県のホウレンソウ、福島県の牛乳の出 荷を政府判断で停止する検討を始めた。

 これまでも、茨城県で起きたJCO事故などで周辺から出荷される農水産物の風評被害が起こるなど、食品の放射能汚染は問題に なった。風評被害や消費者の不安を解消するため、食品安全委員会などによる丁寧な説明も必要だ。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 風評被害や、体内被曝を言う人間 や、新聞記事や役人(官僚)たちほど、ビクビクして、彼ら自身が、風評被害をまき散らしているのだ。 大丈夫だって。 大丈夫。 いちいち、小さな数値のことなんか気にするな。もう、高濃度の放射能の恐怖は去ったのです。あとは、微量の放射能がくっついている野菜や魚を、私たち、日本人全部が、がぶがぶ食べればいいんだ。子供が食べても大丈夫だ。

「副島さん。あなたは、そんな無責任なことを書いて、あとで責任を取れるのですか」と、私に、書いてくる人間を、私は許さない。目の前にいたら、殴り倒してやる。

 お前こそは、偽善者(ヒポクリット)だ。自分を善良な人間で、インテリだと気取った、悪人だ。 私は、善人を装う 偽善者が大嫌いだと、ずーっと、書いてきただろう。私の本から、一体、何を学んだのだ。自分だけ助かればいいのか。その神経質(しんけいしつ)の、生き方をやめろ。泥だらけの食べ物でも、何でも食べて、人間は生きて行けばいいのだ。

  

 福島の東半分の人たちは、(避難した少数の金持ちだちを除いて)今も、ここで、生きているのだぞ。福島県人を食べ物で、差別する気か。どうせ、これからは、日本人だ、というだけで、世界中から、放射能で汚染されているかもしれない国民、と、これからは、世界中から、私たちは差別されるのだぞ。外国の空港に着いたら、日本人だけは、ベクレル検査を受けさせられるのだぞ。 それなのに、福島県を、内心で微妙に差別して一体どうなるというのか。

 私たち日本人は、今こそ、福島県産の食べも二を食べる運動を始めなければならないのだ。

 私が、海沿いの 6号線で 目撃したのは、ブタが2匹(つがい、夫婦のように)、木の茂った 草むらの中を、元気そうに走ってゆく姿だった。このブタたちだけが、この人間の姿をすべて失った地で、生き生きとしていた。「私たちは、もう、人間には、殺されない。食べられない。自由だ」と二匹のブタが叫んでいたようにも聞こえた。 

 それに比べたら、犬と猫の姿は、かわいそうだった。海岸線近くは津波で破壊された家の瓦礫が続く。そこで、飼い主が死んだのか、置き去りにして避難したのか、立派な犬たちが、食べ物を探して、痩せ衰えて、近寄って来た。津波に遭ったのだろう傷ついているのもいた。 私たちは、手持ちのおにぎりとお菓子を与えた。が、ご飯をあげられたのは、近寄って来た2匹だけだ。 猫も路肩にうずくまっていた。 川沿いの瓦礫の上をカラスだけが、20羽ほども、飛び回っていた。あとは、あたり一面、生き物の姿はない。
 
 原発事故の放射能漏れのこれ以上の危険はもう無い、と分かったら、どんどん住民が、帰って来るだろう。地震・津波と違って、原発事故は、災害だとは政府によって認定されていないだろうから、警察も道路で規制することは出来ないのだ。 だが避難勧告だけは出ている。おかしなものだ。政府は、「原発事故」とは、言っていない。「原発事象(じしょう)」という奇妙な言葉を使っている。政府と東電が折半することになる、巨額の被害補償のことが頭から離れない。

 私たち日本国民が、いますぐ始めるべき、福島県民を助ける運動は、それは、福島県産の、野菜、果物、コメそして魚介類を、どんどん食べる運動である。「風評被害」も、「体内被曝」も、なにも有るものか。 私たちは、今も現地で淡々と、生きている福島県民と一緒になって、福島県産の食産物を、どんどん食べる運動を始めなければならないのだ。

「体内被曝の恐れ」などと、難しそうな、専門家ぶったことを言って、自分に知識がある振りなどするな。その前に、現地に飛んできて、現に生きて生活している福島県の東半分の(浜通り、中通り)の人たちと、話せ。

 地元の人が言った。 「東京のテレビのアナンンサーが、『今日は、南風(北のように吹く)です。安心してください』と言ったのよ。福島県民のことなんか、東京の人たちは何も考えてくれないんだ。東京の為に、電力を作って、そして、私たちはこんなひどい目にあっているのに」 と。  

 私、副島隆彦は、人間(人類)と言う、おそろしく悪意の生き物の、底意地の悪さを、今、感じている。「自分は、風評被害で、体内被曝とかを、神経質に言う人間ではない」と書くような人間が、一番、底意地が悪いのだ。「副島先生が、書いていることは、科学的な根拠が示されていない。先生の本はたくさん読んでいます」と書くような人間の、ロクなやつはいない。 なぜ、自分だけが、そして、自分の子どもだけがかわいいのだ。それは、当たり前だ、というのなら、言え。 

 私は、決めた。私は、福島にも住む。家を買って、出来れば、福島第一原発が見えるところに、家を買って暮らして、そして、毎日、福島県産の野菜、果物、コメ、魚を食べる。

 大きな危機(高濃度の放射能の飛散はもうない)が去った今だからこそ、私は、そうする。私は、次は、福島県(および、北茨城)の復興の為に命がけになる。 宮城県(仙台)と、岩手県(三陸海岸)の復興は、他の人たちに任せた。

 学問道場の会員たちで生活に余裕のある人は、私と弟子たちが、すぐに家を買って住み始める おそらく、原発20キロから30キロ地点の家に、現地視察を兼ねて、訪問してください。ぐだぐだ、言うな。現地に来なければいけないのだ。 ぐだぐだ、遠くから言うな。書くな。馬鹿どもめ。 福島の人たちは、ここで、生きているのだぞ。

 何が恐ろしいことがあるか。1000マイクロシーベルト毎時(1mSv/h)や、5000ベクレルぐらいの、微量な放射能など、全く問題ではない。何を、そんなに騒ぐのだ。馬鹿ども。ワーワー、自分の知ったかぶりを言いたいのなら、現地に来て、言え。危機は去った、と、私、副島隆彦が言うのだから、そうなのだ。「私は、副島隆彦を尊敬していますが、まだ、半信半疑です」というような人間は、学問道場の会員である必要はない。いなくなれ。 福島県なんて、来ようと思えば、自動車で5時間も運転すれば来れるじゃないか。今は、東京からこっちは、ガソリンが無いだけのことだ。

 ところで、福島県の南部の海沿いの いわき市 に、 もう要らなくなった家をお持ちの人は、どうか、私たち学問道場に、寄付するか、超安価で売ってください。500万円ぐらいまでにしてください。たとえば、いわき市の中心の商業地区の平(たいら、いわき駅もある)は、生活インフラも壊れていません。 

 ここを、私たちの活動拠点にして、まず、「福島県産の食品を食べる。それから、さまよっている犬猫を助ける 運動」 をすぐに、始めます。訪れて来る 会員たちの宿泊施設にもします。ここは、原発から40キロの地点です。

いくら災害地と言っても、半壊した家に、勝手に住み着くことはできない。住宅への不法(違法)侵入になる。だから、人が住む気のなくなった売り家を買うか、借りるしかない、

 有名なJビレッシは、ここから、海沿いに6号線(古代からの常磐道)に20キロ行ったところにあります。このJ(ジェイ)ビレッシが、今も、東電の事故対策の最前線基地になっています。いくらなんでも、東電の幹部や、原子力安全・保安院の経産省の官僚たちでも、このJビレッシまでは、来ているだろう。 

 プロウ pro のサッカー選手たちが合宿をする大きな施設だそうだ。 ここは、福島第一原発から20キロ、福島第二原発から10キロの真南です。今は、緊急車両以外は通行禁止になっていますから、近寄れません。しかも、20キロ以内は、電気も上下水道も、通信(電話線)の生活インフラを回復させないのではないか。だって、誰も、こんなところには近寄りたくないのだから。

 だから、いわき市の平(たいら。海から10キロだから、次の津波が起きてもここまでは来ません)あたりがいいのか、それとも、郡山(こおりやま。新幹線が停まる)がいいのか。やはり、南のいわき市がいいのだろう。そのうち、余裕が出来たら、北の方の南相馬市(原発30キロ圏。住民たちが今もいる)にも、あと一軒、家を手に入れたい。この購入資金を少額ずつ、援助してもいい、という人は、どんどん学問道場に、送金してきてください。

 私は、災害義捐(ぎえん)の募金とか、寄付金というような、考えはしません。税額控除が受けられるとか何とか、クソ国税庁・税務署が、この世で一番、大嫌いですから。彼ら税金官僚=カネ取の国家暴力団 とは、私は、死ぬまで徹底的に戦うのだ、と決めていますから。

(転載貼り付け始め)

●「 茨城産ホウレンソウ、撤去の動き続々 放射性物質検出で 」
朝日新聞 2011年3月20日 19:33
http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY201103200214.html

 首都圏の大手スーパーなど小売店では茨城県産のホウレンソウを撤去する動きが出ている。福島や茨城産の他の農産物も不安視する消費者もいて、各 社とも難しい対応を迫られている。

 首都圏を中心に展開するスーパーのマルエツは、19日夕方の発表を受けて茨城産のホウレンソウを棚から撤去し、他の地域産に 切り替えた。

 他の茨城産の野菜は従来通り扱っている。ただ、福島、茨城産の米や野菜、肉について「大丈夫か」と客からの問い合わせが相次 いでいるという。健康への影響はないと説明しているが、買い控えが広がれば「両県産商品の取り扱いの見直しも、検討しなければな らなくなるかもしれない」と話す。

 大手スーパーの西友でも、関東地方の十数店で販売していた茨城産のホウレンソウを店頭から撤去した。他の産地に切り替えて対 応する。両県産の他の生鮮食品は「行政から指示されない限り、販売を続ける」(広報)という。

 大手スーパーのダイエーも関東地方の25店から茨城産のホウレンソウを外した。両県産の他の食品は引き続き販売し、客からの 問い合わせには「健康に影響はない」と冷静な対応を呼びかけている。

●「 農畜産物から放射性物質、JAが補償要請 国・東電に 」

朝日新聞 2011年3月20日 18:54

http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103200165.html

 福島第一原発事故の影響で牛乳やホウレンソウから放射性物質が見つかった問題で、JAグループは20日、厚生労 働省、農林水産省などの関係省庁と民主党、自民党に対して、出荷停止などの措置がとられた場合、国や東京電力が農家に万全の補償をするよう要請した。

 要請文では、「生産現場から強い怒りと今後の生産・販売に対する懸念の声が上がっている」と指摘。風評被害で価 格が下落した場合の補償も求めている。また、基準値を超える農畜産物が検出された場合、出荷を停止する地域や品目を限定して早急に周知すること、消費者への正確な情報提供、被災地の土壌の安全確保なども求めた。

 東電は19日の会見で「損害賠償の申し出があれば、国と相談しながら準備したい」との考えを示している。

●「 福島第1原発:ホウレンソウなどの出荷停止「当分の間」 」

毎日新聞 2011年3月21日 19:44

http://mainichi.jp/select/today/news/20110322k0000m040085000c.html

 菅直人首相は21日、福島、茨城、栃木、群馬4県の知事に対し、4県全域で生産されたホウレンソウとカキナ、福島県産の原乳について「当分の 間、出荷を控える」よう指示した。東京電力福島第1原発の事故発生後、茨城県産のホウレンソウと福島県産の原乳から食品衛生法の暫定規制値を超え る放射性物質が検出されたのを受け、原子力災害対策特別措置法に基づく措置として、初めて全県単位での農作物の出荷停止に踏み切った。

 出荷停止は枝野幸男官房長官が21日夕の記者会見で発表した。枝野長官は「直ちに健康に影響を及ぼすものではない。出荷制限措置は、 暫定基準値を超える状態が長く継続することは好ましくないため決定した」と説明。「過剰な反応のないよう、冷静に対応をしていただきた い」と呼びかけ、農家などが受ける損害に関しては「適切な補償が行われるよう万全を期す。東京電力が責任を持つが、十分でないなら国が責 任を持つ」と明言した。

 出荷停止を行う「当分の間」の見通しは「放射線の観測による」とし、「今後、各地でモニタリングし、調査結果を分析したうえで必要が あれば追加の指示をする」と述べ、対象品目・地域を広げる可能性にも言及した。今回の対象地域が県単位になった理由については「原産地表 示が県単位で行われている」と語った。

 福島第1原発周辺の避難指示(20キロ圏内)、屋内退避指示(20〜30キロ圏内)と出荷停止の対象地域の違いについて、枝野長官は 「大気中のものに接する場合と飲食し体内に取り込む場合に違いがあるのは当然。日常生活をする大気中の放射線濃度には問題がない」と強調 した。【小山由宇】


 ◇茨城の最高値は5万4100ベクレル

 厚生労働省によると、21日までに茨城、栃木、群馬県内で採取されたホウレンソウと千葉県産の春菊から、暫定規制値を上回る放射性ヨ ウ素(規制値は1キログラムあたり2000ベクレル)、群馬県産のカキナから放射性セシウム(同500ベクレル)を検出。福島県産の原乳 から、放射性ヨウ素(同300ベクレル)を検出している。それぞれの最高値は、ホウレンソウが茨城5万4100▽栃木5700▽群馬 2630、カキナが555、原乳は5300(いずれも単位はベクレル)となっている。

 このうち春菊については、現時点で検出されているのが千葉県旭市だけで、地域が限定されていることなどから対象外とした。今後地域的 な広がりを見極めた上で制限を検討する。【市川明代】


 ◇「誠に申し訳ない」東電副社長

 農産物に放射性物質の被害が生じていることについて、東京電力の藤本孝副社長は21日の会見で「誠に申し訳ない思い。賠償についてど ういう方法があるか、国と相談したい」と述べた。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。こんな、食べ物ひとつ の ことで、ぐだぐだ書いていることが、私は、もうイヤになりました。 みなさん、もう、 日本人は、これまでのような、過剰なキレイさ(除菌)とか、清潔さ、とか、無菌とか、見た目の美しさとかの、過剰な神経質の、神経症の国民性を、止(や)めることにしませんか。そうしないと、この先、生きて行けないのです。

 私たちの日本が、まさしく「風の谷のナウシカ」だったのです。巨匠・宮崎駿(みやざきはやお)は、日本こそは、死の空気で汚染された、二つの強大な政治体制の間、狭間(はざま)で、かわいそうに、しかし健気(けなげ)に生きる「風の谷」に住むナウシカという国民、民族だったのです。 微量の核汚染で、薄く汚れた空気の中で生きて行くことを、私たちは、覚悟して、受け容れて、強く生きていかなければならない。

 だから、私たち一般国民に出来る、一番、大事なことは、福島県産の食品を、進んで食べて、そのことで、福島県の復興を助ける、ということだ。 私は、このように確信しています。現地に行って、このことが、体で分かりました。体で分かることは、頭で分かることの百倍、すごいのです。 生来の知識人である私は、小賢(こざか)しい、低知能の人間たちが振り回す、下らない「科学的な根拠に基づく 証拠と 証明が、必要」などと したり顔をした人間が、大嫌いだ。あっちに行け。

(今回の1回定点放射線測定の批判がかなり答えているのですか?会員らしき方も副島先生の文章に違和感を感じたと掲示板に投稿されておりますが。)

 私は、だから、弟子たちと、出来るだけ、凶悪事故を起こしたが、やがて、癒(い)えて行く福島第一原発の 出来るだけ近くに、家を買って、順番に、住みます。会員の皆さんも、どんどん視察に 来てください。私は、本当は、原発が見えるところに住んで、毎日、工事が進んでゆく様子を見ていたい。 だが、こそらの生活インフラは意図的に回復させないだろう。

 すでに、日本政府と、管理され尽くしているNHKはじめメディア(テレビ、新聞)は、福島原発巨大事故から、どんどん、計画的に、離れて、消してゆくだろう。日本人は、フクシマの問題を、次第に忘れ去されされるようになるだろう。そして、福島県人が、取り残される。災害からの 復興の掛け声だけが掛かるが、誰も関心を示さず、福島には近寄らない。

 原発から20キロ圏内の住民は、すべて、他の県に、移住させる計画が、早くも始まっている。すべては、計画的に、「現地の人たちを口封じする。裁判なども極力起きさないようにする。嘆(なげ)いて、無力させて、怒りや悲しみだけのまま、次第に風化させて行く」という計画だろう。 だから、「○○号機から、また、煙が出ました。危険です」と、ヤラセの報道を続けて、現地に人間を近づけないようにする気だ。

 だから、私は、福島県で出来るだけ原発に近いところに住んで、そこの食べ物を、そこの住人たちと同じように、食べて生きる。 会員の皆さん、私がその家にいますから、遊びに来てください。「遊びに来て」と、書いたら、また、目くじらを立てて、被災地に対して不謹慎だ、と、私、副島隆彦を非難する気か。 お前たちの、その、過剰な「優しさコトバ」の偽善体質の 偽善汚染を、なんとかしたらどうだ。 

 やるべきは、だから「ようそこ福島へ」「福島県産の生鮮食料品を食べましょう」運動だ。他に何をやることがあるというのか。 今、テレビで、言っていた。「 どこまで、数値を信用したらいいのか。正直、食べるのは、不安ですね」などと、言うな。 福島産品を私たちは、進んで食べましょう。

ここまで、書いたら、午前6時40分になっていました。

副島隆彦拝

なんかもう。ここまでくると周章狼狽ぶりにどう言ったらいいのか?
学問道場の掲示板で副島先生の安全宣言を疑った方がよいと警告されている会員の方がいらっしゃいます。この方の方が冷静ですがこの様子では破門されるのでしょうか?


58. 2011年3月22日 17:41:59: DCHDReL3A2
今回の副島さんのアタフタドタバタのパニックぶりはすごかったね。
それはともかく、記事のような浅はかな思考能力しかないことがバレてしまった
俺も、放射線測定しました→小さいのでもう安全です、という単純脳ミソの話にはかなり失望した。
完全に信用なくしたね。

59. 2011年3月22日 18:04:12: r7tigk2mVg
57さん、本当にお疲れさまでした。
よくぞここまで比較書き起こしされた事に尊敬の念を抱きました。
又、さぞ優秀な編集者と推察しました。これからも比較記事楽しみにして居ります。勝手なお願い御容赦の程、宜しくお願い申し上げます。

60. 2011年3月22日 19:29:02: kFC5TEBIb6
副島隆彦学問道場の掲示板より。

306]せっかく関西に避難した人は慎重に判断をしてください 投稿者:近江太郎(おうみ たろう) 投稿日:2011-03-21

今日は2011年3月21日です。

昨日(3月20日 日曜日)、「今日のぼやき」の1202番で副島先生の現地調査の報告を読みました。

土曜の夜は重苦しい気持で寝床に入ったのに、この報告文を読み気持が一気に明るくなり、光明が見えてきました。

下の299番のゆみこさんの安心した気持はよくわかります。多くの会員の皆様も同じくほっとされたのではないかと思います。

しかし、私は副島先生のこの文章を読みながら多少の違和感を感じました。これまで30冊近くのご著書を読み、「今日のぼやき」で膨大の文章を読んできました。

その中には私の信じてきた事を根底から覆すような記述がいくつもありましたが、今回のような違和感を感じたのは初めての事です。

「強運により、原発事故の凶悪事(強度の放射能汚染)から日本国民全体が、のがれることができました」と述べられていますが、その根拠として原発から8キロメートルの地点で、ガイガーカウンターの数値が15マイクロシーベルト毎時(15μSv/h)であったということです。

「すべてを疑え」「真実を暴け」というのが副島先生の教えであると私は理解しています。ゆみこさん、先生の文章も疑がってください。

その数値が正しかったのか(たまたま風上になっていたとか、ガイガーカウンターが壊れていたとか、極端な疲労で計器の設定の誤りで読み違いの可能性とか、、、)その数値が正しかったとしても、8キロメートル付近の数値を計っただけでどうして強度の放射能汚染がこれからもないと結論付けられるのか?

現地からの報告の文章は先生が極度の緊張と極度の疲労の中で書かれたものであろうと想像します。(事実この文章を午前12時10分から書き始め十数行書かれた時点で先生は激しい睡魔に襲われて午前3時まで昏睡されたようです)そのような疲労と一時的な楽観の感情に支配された中で書かれた文章である事を会員である私たちは正いく理解しなければなりません。

私は先生が決死隊を組織して予想されるメルトダウンの後、炉心をコンクリートで覆う作業を行い日本民族のために死んでいく覚悟を表明されたことを重い気持で受け止めました。本物の思想家はその思想により自分の死に場所を知って行動するのだと思いました。

現在決死の覚悟で冷却作業を行い、電気システムの復旧作業をされている原子力プラントの技術者の方々、自衛隊、消防隊、警察官らのすべての関係者の努力が成功して、事故を起こした原発が一刻も早くコントロール下に置かれるように祈っています。

そして、我らが副島先生がこれからも我々の先頭に立ち日本の真実を暴き続けられることを期待します。

もし、この投稿が削除されれば副島センセは裸の王様決定ですね。

>何が恐ろしいことがあるか。1000マイクロシーベルト毎時(1mSv/h)や、5000ベクレルぐらいの、微量な放射能など、全く問題ではない。何を、そんなに騒ぐのだ。馬鹿ども。ワーワー、自分の知ったかぶりを言いたいのなら、現地に来て、言え。危機は去った、と、私、副島隆彦が言うのだから、そうなのだ。「私は、副島隆彦を尊敬していますが、まだ、半信半疑です」というような人間は、学問道場の会員である必要はない。いなくなれ。 

って仰っていますから。


61. 2011年3月22日 19:48:12: I6QUcyIOvo
ガイガーカウンター片手に

値が安全だからと

タクシー運転手を事実上無理やり決死隊に仲間入りさせ

その時は良くても急に各種爆発で数値が急上昇したら

運転手は死んでも死に切れないだろうな。

なんでこんなヤツのために・・・

そして重度の被爆をして

電話でタスケテ〜♪と連絡を受けた関係者は、

こいつを見捨てるのか

それとも、

119番にでも電話して

このクソ忙しい中

ガソリンと税金と貴重な時間を犠牲にし

隊員を無駄な危険にさらし

救出に向かわせるのだろうか。

非難しろってエリアに

勝手に進入し

まったく迷惑なヤツが舞い込んだもんだ。

口蹄疫蔓延中だった韓国に旅行をするように。

頼む・・・ひとりでやってちょうだい・・・


そして今度はど素人が勝手に安全宣言。

何をいまさらw

ある程度の安全性は別な情報かき集めればアホ以外はわかるのに。

いやいやさすがに呆れます。

こいつがその場に残って

もう少しそこで生活してれば多少の評価はされるでしょう。

なーに、心配するな

公務員は250ミリシーベルトで打ち止めだが

一般人はそれ以上浴びてもオッケーだ。

本当に現場に行っているのだろうか。

写真を一枚も撮ってないというなら

「ハイハイそうですか。観光じゃないしね。」

「ゴーストタウン化した周辺画像が見たかったな。」

「安全な数値が表示されている画像も見たかったけどね。」

とか言いながら諦めるのですが

原発背景にピースサインのカッコイイ写真お待ちしてます。


カッコイイ写真・・・どこかで見たような。。。

【売名】 中国の富豪、陳光標氏が被災地で大活躍中!
http://www.youtube.com/watch?v=ZoCfph25_ls


62. 2011年3月22日 21:51:25: yc44GteX02
いずれにしても、放射能で汚染された日本というか世界で、放射能とともに生きていく覚悟を、もう誰もがするべきだとは思います。直接の被災地でなくても。

「風の谷のナウシカ」…そう、思います。
ヒロシマの「黒い雨」は1度で降り止んだかもしれないが、現在の汚染には終わりがないように見える。

この先、完全に安全な空気と水なんてものは、もう望めないところにいるのだろう。
いっそもう「そういうものだ」と前向きに受け止めよう・受け入れようという姿勢も、学ぶべきかもしれない。


63. 2011年3月22日 22:27:06: kFC5TEBIb6
余計な御世話だが、学問道場の会員でありおそらく医師であると推測される崎谷氏なんぞの今後の掲示板への投稿はありえるのだろうか?

ところで、放射能で汚染されているとしても全体ではないのだから食べられるものは食べたら良いのではないか?まだ、部分的なので「ナウシカ」よりマシだと思う。

市場に福島産や茨木産の農作物が出回っても風評に惑わされずに食べたら良いと思う。

それより放射能物質が付いた野菜をどのように洗浄したら有効か洗浄方法を提示して欲しいものである。

副島センセの世代は、チェルノブイリ事故で62さんのようにある程度覚悟ができているものと思っていたが。

私はチェルノブイリ事故当初中学生で恐ろしかったが、父が医師であったため、ある程度の影響は仕方が無いと言われ腹が据わった。


64. 2011年3月22日 22:47:36: yc44GteX02
>63.さん
そうですね。まだ野菜が「体外被曝」であれば洗い流して食べればいいと思います。
「体内被曝」してしまった野菜も、ある程度受け止めるべきかもしれません。
この土地と水と空気と、ともに生きてく方向で。「ナウシカ」よりはマシですね。
たしかに。

有効な洗浄方法、知りたいですね。


65. 2011年3月22日 23:04:23: FmB0JlnSpg
9時のNHKで、生協がチェルノブイリ事故を契機に、放射能物質を計測できる計器で正確な数値を計り、クリアーしていれば茨城産だろうが、福島産だろうが、、顧客に販売すると放送していた。これこそが正しいことだと思った。
ただ単に、薄っぺらな精神論か計算づくか知らんが、「福島産は安全だから食べろ。」。氏特有の見え透いた売名行為である。

正直言って子供以下の幼稚な思考回路。何をかいわんや。
越水と同じく、大地震は売名、会員増員の絶好のチャンス、ここぞとばかり、センセーショナルな妄言を、ネットを利用して撒き散らしているとしか理解できない。本当に真の思想家としてやるべきことは、人類を危機に陥れる原発の廃止だろう。一度でもいいから、東電の前で、演説でもしてみろ。実践してみろ。

独●党とおなじく、所詮とっぴなことを言って講演料、会費、書籍販売稼ぎの営業マン。


66. 2011年3月22日 23:35:52: FmB0JlnSpg
52氏
ご好評に応え再度掲載しておきます。

武士に二言無し。メルトダウンしたら決行されるのでしょうな。
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/page:8

若い人たちは、西に逃げてください。 老人と、公務員は、決死隊員になる覚悟を決めてください。(報告 5)副島隆彦

私、副島隆彦は、この超危険の事態を受けて、決断しました。私は、東京で、決死隊を組織します。60歳以上の老人で、ある程度元気な人で、もう 家族の心配をするよりも、心配される立場になっている人たちで、学問道場の会員の人で、若い日本人たちの為に、もう死んでもいい、と決意出来る人は、東京の中心の場所(あとで、その建物を、順次、指定します)に集まりましょう。
災害ボランティアたちの多くは、福島県の被災地に近寄っても、足手まといになるから、ある程度の所で、警察に制止されて、それよりも前には行けないようだ。

私、副島隆彦が、組織しようと思うのは、福島第一原発の 炉心の爆発が起きたあと、多くの人間が、現地から逃げ出すだろうから、どうせ、人手が足りなくなる。その時に、原発の事故現場を目指して、放置してある自動などを確保して、進みます。そして、
最後の最後の作業である、 破壊された 炉心を、鉛・鉄・コンクリートで覆い隠す作業が残る。 その 現場の作業の私、副島隆彦は、国家と民族が、必要とするのであれば、この作業員の仕事に 応じます。若い国民たちのために、もう、命は要りません。 現場にいる公務員(警察、消防、救急、自衛隊など) の 足手まといにはなりません。 彼らでもやりたがらない仕事があったら、それを現場の指図に従って、やりにゆきます。

 祝無に忠実な まじめな公務員たちも、決意してください。現場に、どんどん全国から、業務命令で応援で動員されているだろう。 すでに、私が聞きましたが、自衛隊で、原発事故の現場に、新たに投入される 自衛隊員たちは、定年間際で、すなわち 55歳近い人たちだと思う。

 「自分は、もう、子供も大きい。自分の部下たちを死なせるわけにはゆかない」と、決意して、現地に向かいつつあるという。 もう、こうなったら、どれだけ公務員は、死んでもいい。自分と家族のことを考えて、逃げたい人間は、逃げられるようにしてあげるべきだろう。警察も同じように、現場にどんどん人員を送るべきである。 

 どうやら、天皇陛下は、京都にお移りになったようである。だから、計画停電というアナアウンスをして、都心を静かにして 移動したようだ。東海道新幹線だけが、今日(15日)も平常のように動いている。外国人と、金持ち(資産家)たちを先に、西に逃がすためだ。一般大衆と、企業の会社員たちは、仕事という義務があるから逃げられない。生徒、学生たちは、すでに学校は休校になっている。

 東京の虎ノ門の アメリカ大使館は、すでに、早く 11日(地震発生)の時点で、都心の機能を、横田基地に移している。横田の巨大な米空軍の基地から、大型輸送機で、どんどん逃げ出すだろう。 フランス政府は、12日の時点で、日本にいるフランス人に、「関東地方を捨てて、関西に移動しなさい」という 国民退避勧告を出している。

 もう、東京圏 は、スーパーの食糧も、災害用の備品も売り切れて、会社に出勤している人たち以外は、自宅で、じっと待機しているのだろう。 そして、まず、妻子だけ、関西に逃がした、という人たちが、13日からいる。 私、副島隆彦が、「決意して、300キロの離れたところまで逃げなさい」と書いたのが、12日の午後6時からだ。

 さあ、もう、こうなったら、腹を決める。 何ごとも、夢みたいなことに、すがりつかないで、日本人それぞれが、決意して、自分は逃げる、という人は逃げ延びてください。そして、私、副島隆彦と同じように、若い人たちに、「生きる席」を譲る、という人は、今から、死ぬ決意をして、原発の事故現場に向かう、準備を始めましょう。 私は、もう決めました。

 軽挙妄動はしません。 流言飛語を流す気もない。誰にも迷惑をかける気はない。 私は、自分が生まれて、57歳の今までお世話になった日本国と日本国民の為に、恩返しのつもりで、時期を決めて、事故現場に向かいます。 愚かな情報や、知識や、ウソばっかりの報道や、無能な指導者たちや責任を取らない官僚たちのに、だまされて、これ以上、愚かな 夢、希望、願望、期待などには、振り回されません。 

 東大法学部卒の、官僚ども。そして、長年、体制派の政治家として安穏としてきた醜悪な人間たち用。 無能極まりない、お前たちが、総体として、こんなヒドイ現状を作ったのだぞ。その責任を感じる、とことさえ、出来ないだろ。お前たちは、まとめて、本当に縛り首だ。  

地獄の淵にある 日本民族に 幸運がありますように。  副島隆彦拝 


67. 2011年3月22日 23:55:34: I6QUcyIOvo
売名失敗
注目されず

68. 2011年3月23日 01:01:26: FmB0JlnSpg
よくもまあ、いとも簡単に「決断」、「決めた」などといえるものだ。
副島にとって、いかに言葉とは軽いものか。
はっとさせるセンセーショナルな言は、副島にとって、売名=金儲けの道具か。
東京で弟子を集合して事故現場に行って放水活動をしたのだろうな。
福島産の野菜、果物、米、肉、魚を食べているのだろうな。
今後ずっと食べ続けるのだろうな。

私、副島隆彦は、この超危険の事態を受けて、決断しました。私は、東京で、決死隊を組織します。60歳以上の老人で、ある程度元気な人で、もう 家族の心配をするよりも、心配される立場になっている人たちで、学問道場の会員の人で、若い日本人たちの為に、もう死んでもいい、と決意出来る人は、東京の中心の場所(あとで、その建物を、順次、指定します)に集まりましょう。

私は、決めた。私は、福島にも住む。家を買って、出来れば、福島第一原発が見えるところに、家を買って暮らして、そして、毎日、福島県産の野菜、果物、コメ、魚を食べる。


69. 2011年3月23日 02:48:15: NwS2FbBZe6
掲示板チェックしましたけど
削除されてなんかないですね。
副島センセーハンドラーズっすか。

70. 2011年3月23日 03:28:47: JU3IvUWnEA

安全か、危機はまだ続くか、は今後の事態の推移を見守る必要はあると思います。

しかし、楽観視は禁物ですが、われわれには当初危惧されたよりもう少し長い時間的余裕が与えられていると思われます。

副島さんがとった行動により、「当初危惧された最悪の事態に今すぐ進む可能性は薄まり一定の安心感を得ることができた」ことは、大きな意味があると思います。

それよりも、欧米の過剰反応のほうが、許せない気持ちです。

どうやら、今回の原発の被害状況は、日本・中国・ロシアなどの報道のほうが中立・冷静で真実に近いようです。CNN、BBC等は必要以上にパニックを煽り、日本を心理的に追い詰める作戦のようです。

今回の地震・津波は、地震兵器・津波兵器を使用して起こしたものです。海中で原子爆弾を爆発させて「津波」を起こし、海中での放射能発生をごまかすために原発を狙い、原発の放射能が海中に漏れるように仕向けたものです。

地震兵器・津波兵器を使用したのは、もちろんアメリカです。

倒産寸前のアメリカが、日本を脅して、金を巻き上げるためです。

韓国は、2月にカナダに大量の放射能対策の「ヨード剤」を発注していたそうです。事前にこうなるとの情報があったのでしょう。

また、福島第一原発の1号・2号・4号・5号・6号は「ウラン」が燃料ですが、3号の燃料は「プルトニウム」です。プルトニウムのほうが放射能被害が大きいそうです。福島県民がプルトニウムに反対していたのに、2010年11月から3号がプルトニウムで稼働し始めたそうです。

この計画は、2010年11月には立てられていたと思われます。

さらに、「【1873】 東日本ハウス (JASDAQ 監視区分に指定) 、在来型注文住宅大手。岩手本拠に全国展開。子会社で観光・ホテル・地ビール。マンション進出」の株価が、最近では2010年11月1日を底値に大幅に上昇しています。

この不景気に、何で注文住宅の会社の業績が良くなり、同社の株価が上昇すると予測して、同社の株の「買い」が増えたのでしょうか。事前に地震・津波で多数の住宅が損壊するのを知っていて、それ以降の「復興需要が見込める」との「インサイダー情報」があったからだと思われます。

そして注目点は、「東日本ハウス」は、「岩手本拠」というところです。

これも単なる偶然ですか。

https://qweb14-2.qhit.net/nikkob/nb1/729c5ba44203515c64c995e564d47fc35b0ca835/contents/quote.cgi?F=toyokeizai/tkshikihou1&menu=n&mop=&sid=&rf=r&id=Vcmty4HNQXfp&DM=www&QCODE=1873&MKTN=JQ

【1873】 東日本ハウス (JASDAQ 監視区分に指定)

銘柄名(かな) ひがしにほんはうす
決算

10月
設立 1969.2
上場 1988.8
特色 在来型注文住宅大手。岩手本拠に全国展開。子会社で観光・ホテル・地ビール。マンション進出
連結事業 住宅83(9)、ホテル15(9)、他2(6)
業種コード 2050
業種名 建設業
増 配 建て売り含め戸建ては9%増の1435棟へ拡大。単価減は現場コスト低下でこなし採算改善。ホテル、ビールとも黒字漸増しマンション途切れるが増益。増配。配当負担重い優先株(30億円)消却進める。
ホテル 阿蘇の保有地でホテル新設、12年夏開業目標。函館の大型マンションの第1期は11年春売り出し。営業所に併設の展示場は順次設置。将来は東証上場目指す。
本社 102-0072東京都千代田区飯田橋4-3-8東日本飯田橋ビル
電話番号 TEL03-5215-9881
【盛岡本社】020-8586盛岡市長田町2-20 TEL019-624-3261【支店】釧路,札幌,盛岡,仙台,栃木,横浜,長野,名古屋,大阪,姫路,福岡,鹿児島,他 計73
従業員 連1,562名 単1,214名(37.7歳)[年]449万円
東経業種別時価総額順位 住宅建設 20/35社
証券 [上]JQ(S)[幹](主)みずほイ(副)野村,みずほ,日興,三菱Uモル[名]中央三井[監]優成
銀行 みずほ,三菱U,農中,北日本
URL http://www.higashinihon.co.jp/
株式 1/31 45,964千株 時価総額 80.8億円
採用 初20.1万円予100 内定88(女3)中途112


【財務】 百万円
総資産 42,849
株主持分 9,689
株主持分比率 22.6%
資本金 3,873
利益剰余金 5,837
有利子負債 19,021

東ハウスが4日続落、第1四半期連結は8億900万円の営業赤字 03/11 11:49

東ハウスが4日続落、第1四半期連結は8億900万円の営業赤字
 東日本ハウス が4日続落。前場は16円安の199円まで売られた。

 10日引け後に11年10月期第1四半期(10年11月−11年1月)連結業績を発表。売上高は80億7900万円(前年同期比11.2%減)、営業赤字は8億900万円(前年同期は6億9200万円の赤字)となった。主力の住宅事業で工事進行基準による売上高が減少。ホテル事業とビール事業では、前年同期に、決算期を変更した連結子会社に関して4カ月間の業績を連結していた反動が出た。

 通期連結業績予想は従来見通しを変えていない。売上高予想は508億円(前期比1.9%減)、営業利益は45億円(同11.1%増)。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]
提供:モーニングスター社 (2011-03-11 11:49)


ベンジャミンフルフォード;
緊急特番・東日本関東大震災地震の真相は!?第一弾
http://www.youtube.com/watch?v=-PwmAT7Bdf0&feature=related
緊急特番・東日本関東大震災の真相は!?第二弾
http://www.youtube.com/watch?v=Er80i-Lf8vY&feature=related


71. 2011年3月23日 03:42:16: 5fBmRmkpQM

まあ、スゴイですね、この記事といい、コメントといい。

70件近いコメントのうち、50件ぐらいが、カルト信者の
方々のようで、「東北関東大震災万歳!」って感じのコメント
ばかりですね。

で、これらの方々に、お聞きしたいのですが、

今回の地震と津波と原発危機のあと、皆様はどのようにこの国を
「料理」したいのですか?

国民の側に立っている人々を排除したいのは、文面を見れば、
よくわかります。

皆さんにとって、「日本国」は、貢ぐべき「邪悪な国」なんでしょ?

だから、「こんな国」は、破滅させなきゃ、いけないんでしょ?

地球上の人口が増えすぎたから、減らさなきゃいけないんでしょ?

で、皆さんは、「十四万四千人」の中に入りたいんでしょ?

だから、競争相手を、蹴散らしたいんでしょ?

でもね、そんな邪悪な「十四万四千人」の中になんか、
入りたくないって人間も、おおぜいいるんですよ。

あなた方、それで、「天国」にでも、行けると思ってるの?

バカだね。

誰が、「天国」を見たことがあるの?

「天国」というニンジンをぶら下げられて、「奴隷」になった
君たちは、知能のレベルが低いんだと思うよ。

コメントを全部読んだけど、「知性」は、微塵も感じられなかった。

結局、カルトの教本だけ読まされて、毎日、「命令」にだけ、
忠実に従っているのだろうね。

その結果が、この50件に及ぶ空虚なコメント群。

少しだけ、秘密をバラしておくと、君らの教祖は、
今回の大地震の仕掛け人に取り入って、
70年代から、いろいろやったけど、結局、捨てられて牢獄入りして、
この世を「救う」ことはできずに、もうすぐ鬼籍に入るのだよ。

嘘は大きければ大きいほど効果がある、という「信念」で、
騙し、たぶらかし、人を殺し、ドロボウの限りを尽くしてきたわけ
だけど、結局、人類を「救う」ことは、できなかったんだよ。

まあ、初めから、「嘘も方便」で来たわけだから、
何の呵責も無いし、舌を出して笑ってるだろう。

だから、皆さんの人生は、哀れなものだなあ、って思う。

日本国民と人類を「敵」にするように仕向けられて、
闘犬場の「噛ませ犬」をやらされて、結局、「天国」になんか、
行けないんだから、笑ってしまうよね。

他力本願を、捨てなさいよ!

あなた方の誰一人として、「天国」に行けるわけがない。

なぜなら、あなた方は、人類を愛していない。
日本国民の危機に際し、国民のために体を張って調査している
副島氏を、あざけり、笑い、ののしっている。

つまり、日本国民の不幸を、これ見よがしに喜び、ザマアミロと
コメントを書いている。
このような災害時に、これほど面白おかしく、被災地に向かった
人を、ののしり、あざけっているコメント欄は、この欄ぐらいだろう。

この記事を書いた「行雲流水」というのも、カルト信者なのだろう。
信者同士が申し合わせて、面白おかしく、火事場ドロボウ的な企画を
ぶち上げてみたのだろう。

で、最後に訊く。

いつまでに、人類を6分の1に減らすの?

内部情報で、お前らは、知っているだろう。

日本の次は、どこで、その次はどこなの?

その場合、何を使うの?

戦争?核?地震?津波?

誰が、邪魔者なの?
(国民や人類の側に立つ指導者たちだろうけど)

で、来るべき「人類奴隷社会」で、君らは、どんな仕事を任されるの?

君らは、もう、「チップ」を埋め込まれてるの?

今、どこに住んでいるの?
(アメリカ?オセアニア?インド?ロシア?北朝鮮?)

ざっと見て、このコメント欄の8割は、カルト信者のようだ。

日本国民は、こんなデタラメ洗脳記事には、騙されないだろうが、

ともかく、狂った信者どもの「実態」を覗くには、おススメの
サイトだ。

笑ってしまうのは、「予言」がこうなっているのだ、という話だ。
例えば、「2012年が***だ」という。

裏では、それを実現させるために、膨大なカネを使い、科学者を
大量に動員し、あたかも、それが「自然災害」であるかのように
装う。

災害を起こしておいて、「起きた」というのだから、タチが悪すぎる。

今回の「攻撃」は、どこまでやるつもりなの?

知ってるくせに、吐けよ!この、大量テロリストめ!


72. 2011年3月23日 07:22:03: 85bZd4unOc

相変わらず、「アホ・ボケ・カス工作員」が多いのう。

「アホ・ボケ・カス工作員」の全レベルに警告する。

‘流出「公安テロ情報」全データ‘とう本の7ページから19ページを見ている。

さてと、これからどうするかな。


73. 2011年3月23日 16:37:05: 9kMSboacTk
一人の馬鹿のせいで皆冷静になれる。

ありがたや。


74. 2011年3月23日 17:41:17: fBCl2E32Os

まだ、わかっておらんのかのー。

副島氏に難癖つけて、誹謗中傷・揶揄するなら、今度こそ無警告で手始めに、「‘流出「公安テロ情報」全データ‘」という本の7ページから19ページ」の内容を転載する。

これは、ハッタリではない。


75. 2011年3月23日 19:30:43: EHLxx6UHe6
>54 そうだよね。スポンサーの意向で右往左往させられてる気もする。
  そこまでして、身体はっての現場取材させられたら、「ブチッ!!」っと
  キレてしまわれたような。それで、先週から支離滅裂なのか?!

76. 2011年3月23日 22:06:35: FmB0JlnSpg
逃げろ、安全宣言、福島産食べろ、福島に住むと決めた・・・

原発の危険性については一言も触れていない、と言うか避けている。

それって何でだろう?!


77. 2011年3月23日 23:04:00: dGaOqKfPJk
○役に立つ行動

 例)
 江頭2:50、いわき避難所に物資届ける
 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110323/ent11032311020004-n1.htm

○役に立たない行動

 例)
 副島決死隊



78. 2011年3月23日 23:43:42: kFC5TEBIb6
今回の大震災について、俗に言う陰謀論者の中で@副島隆彦、Aリチャードコシミズ、Bベンジャミンフルフォード(年齢順)この3人の行動(言動)を見てみると、地震の原因を追求してこの地震は人口地震だと言ったのはA、B。

この地震がアメリカというかロックフェラーが絡んでいると言ったのはA、B。

この地震が核兵器絡みだと言ったのはA、B。

経済評論家の副島氏は今回の地震について陰謀とは表明されていない。

今回の震災については原発事故について言及し始め、放射能危機についての発言に終始一貫。

最終的には福島にドンキホーテよろしくのりこんで、「直ちに、健康に害が無い」ことで安心したのかそれともプロパガンダか安全宣言。

まるで今のふくすま産の農産物を食べて良いとのこと。なんか私が例に出した2人とまるで違う異様な行動。J.ロックフェラーの擁護者ですかぁ〜。

菅政権が福島産の農産物を危険と同定したらそれは反対なんですか?

小沢さんが仮に総理になってこれらの農産物を危険と決定したらどうなるんでしょうか?

風評被害というのは福島や北茨城産の農作物が安全だとして市場に流通した時に買わない時に言うんでしょうが?

ガイガーカウンターでほんの数ポイントをそれも1日測定しただけで安全宣言なんて止めてください。

科学的とは言いません。客観的ではないと私は思います。


79. 2011年3月24日 10:19:11: FmB0JlnSpg
霊能力者よ、「危機は去った。安心宣言。】こそ風説の流布だ。
この宣言を受けて逃げそこなった福島の人が、一人でもいれば万死に値する。
日本国民に謝罪しろ!

福島第一原発一号機 核燃料溶融(メルトダウン)の可能性・・(nevada/読売)
■読売は【福島第一原発一号機 核燃料溶融(メルトダウン)の可能性】という報道を行っています。
今まで海外ではこのような指摘がされてきていましたが、日本では「報道規制」があり殆ど報道されず、殆どの国民は「知らなかった」事実となります。
国の原子力政策の安全規制を担う、原子力安全委員会の班目委員長は23日夜、事故後初めて記者会見を開き、原子炉の被害について尋ねられ、以下のような発言をしているのです。
■「爆発した1号機の核燃料はかなり溶融している可能性がり、2、3号機に比べて最 も危険な状態が続いている」
■「原子炉内の温度、圧力の異常上昇が続き危険な状況にさしかかっている。
■「(炉心が入っている)圧力容器の蒸気を放出する弁開放を行い、炉の破壊を防ぐ検 討をしている」
■「1〜3号機の原子炉の燃料棒は露出し、海水の注水作業が続けられている」
■「メルトダウンしている可能性があり、危険な状態が続いている」としており、一部 で指摘されています【原子炉爆発】がいつ起こっても不思議ではない状態になってい ると示唆しています。

この爆発を防ぐために容器を解放し、中の高濃度の放射能を放出するとしており、これで更に濃い放射能が放出されることになります。
原子炉の「暴走」が始まっていると公式に述べていますので、今後は今まで隠してきた事実をすべて明らかにして、国民を避難させる時期に来ていると言えます。

政府が国民が混乱するからとして避難命令を出さないのであれば、原子力安全委員会の委員長の見解で、今までこのような欠陥原発を放置してきたせめてもの罪滅ぼしに、一人でも多くの国民を救うためにも「国民へのメッセージ」を出し、避難を呼びかけるべきだと言えます。


80. 2011年3月24日 13:24:57: ZWVCxo5ORg

20日に、下地氏&田中康夫氏が、現地入りしてる。
テレビで生方(元・読売)までが現地入りしてる報告。20日に議員の先生方が、
現地入りするという情報より、1日早く入ってタイムリーに皆様にご報告するって
いうのが、「予言者」のお仕事なのかな?先を越してみました、みたいな。

81. 2011年3月24日 19:08:29: FTP2PEnsaU

これから、「‘流出「公安テロ情報」全データ‘」という本から転載する。

7ページ

(転載開始)

これがテロ対策刑事の素顔だ

国際テロリズム緊急展開班班員名簿

所属都道府県警察本部名「警視庁」  平成20年9月12日現在

氏名:井浦 一光 (イウラ カズミツ)

(転載終了)

どう?ハッタリじゃないでしょ。

まだ、続ける?

即刻、副島氏への下劣な難癖・誹謗中傷・揶揄を止めよ。



[削除理由]:2重投稿
82. 2011年3月24日 19:47:00: DprNjXc3KE
>>81 どーして止める?続けろよ

テロ対策刑事 いいじゃないか 公開しろよ

だが分からんのは このスレとなんか関係あるのか??

とにかく 止めずに続けろ テロ対策刑事名簿公開には それなりに価値があるだろ

続けろ 


83. 2011年3月26日 00:19:48: FmB0JlnSpg
願わくば、会員の方々、虚心坦懐、素直な澄んだ瞳で、下記の放送をご覧ください。
本当に危険は去った、絶対安心かどうか、なぜ原発廃止を一言も触れないのか。
時間がない方は1時間20分からご覧ください。
放射線は関東までこないが、放射物質は東京でも関西でも飛んでいきます。
鼻、口から入った放射線両氏は、体内に入ると1万倍に増殖します。
霊能力者がガイガーで計測したのは、放射線量のみです。

http://www.ustream.tv/recorded/13509353


84. 2011年3月26日 02:20:39: SQuEAYOMc2

やはり、工作員どもは物事を歪曲して捉えている。

副島氏は「重掲」の中で、こう書いている。

[216]福島第一原発は、すでに放棄されていて、30キロ圏は人影もないようだ。放射能が飛散しています。少しでも逃げてください。(報告4) 副島隆彦 投稿者:副島隆彦 投稿日:2011-03-14 09:35:16

(転載開始)

人間は、本当に無力な生き物です。 やっぱり原発 は やるべきではなかった。 私は、10代の高校中退の 17歳の頃から、全国各地の 原発反対闘争(女川にも行きました。四国の伊方=いかた=原発にも行きました) の 現地闘争本部での集会とかを、ぶらぶらと回っていた人間です。 そしてあれは、まだ少年であった私には、ただの 時代のファッション、熱病 でした。 そして、大人になって、次第に 保守化して、この強固な政治思想を持つ私でさえ、 現実と取引しながらいい加減な人間になって、「物わかり良くなって」、 そして、 原発を嫌がりながらも、 現実肯定派の、 「電力が必要だから」という くだらない 思想に 、私も 半分以上 負けてしまっていました。反省することしきりです。自分の過ちを、今、天に向かって、謝罪し、悔いているところです。

(転載終了)

ここにはっきりと、「やっぱり原発 は やるべきではなかった。」と書いている。これでどうして「原発廃止を一言も触れない」と言えるのか。

また、「中国バブル経済はアメリカに勝つ」(副島隆彦著)のP159〜P160には次のように書かれている。

「優れたジャーナリストや言論人は、自分の報道文の誤記があとで判明したらそれを公然と訂正すればよい。優れたジャーナリストの精神は、常に報道の自由のために闘い、世界民衆に、その時その時の、自分の知りえた限りの情報と知識を勇気を持って伝えることだ。」

つまり、現時点では、副島氏は「こう考え、こう判断する」と思う意見を述べている、と常識ある人間なら考える。しかし、状況が変われば、当然意見も変わってくるのは当たり前、とも常識ある人間なら考える。

それを、工作員どもは、鬼の首でも取ったかのように、いかにして副島氏の粗探しをするかということしか考えず、それに終始している。

そもそも、工作員どもは現時点での意見を述べ、その後変わった、といったことが全くないのか。自分のことは棚に上げて、人のあげ足ばかりとることしか考えないのが工作員というものである。

工作員どもの副島氏に対するバッシングは何も国民のためを思ってしているわけではない。副島氏に真実をいろいろと暴露されて、その逆恨みの気持ちからバッシングしているにすぎない。

よって、今回も副島氏への下劣な難癖・誹謗中傷・揶揄が続いていると判断し、「‘流出「公安テロ情報」全データ‘」という本からの転載を続行する。

7ページ

(転載開始)

これがテロ対策刑事の素顔だ

国際テロリズム緊急展開班班員名簿
所属都道府県警察本部名「警視庁」  平成20年9月12日現在
氏名:井浦 一光 (イウラ カズミツ)
生年月日:1973年12月20日(34歳)
携帯電話番号:090−2255−8205
現所属:公安機動捜査隊、階級:警部補、警電:841−7855−5962
現所属長:階級 警視、氏名 庄司敏夫 警電:841−7855−5900


(転載終了)

尚、ここに表記した内容は、まだ全てではない。つまり、まだ未記載の内容のものがある。

工作員どもの中には「公安の人間」もいるだろう。当然、工作員どもはこの内容が真実かどうか、まだ未記載の内容にどんなものがあるかよくご存じのはずだ。

今後も、副島氏への下劣な難癖・誹謗中傷・揶揄が続いていると判断した場合は、掲載を続行し、その内容も増えていくことになる。

よく肝に命じられよ。


85. 2011年3月26日 16:32:19: FmB0JlnSpg
↓見ても安全といえますか

http://www.ustream.tv/channel/tanpoponews


86. 2011年3月26日 18:40:08: FFos8qev8I

どうもまだわかっていないようなので、「‘流出「公安テロ情報」全データ‘」という本からの転載を続行する。

7ページ

(転載開始)

これがテロ対策刑事の素顔だ

国際テロリズム緊急展開班班員名簿
所属都道府県警察本部名「警視庁」  平成20年9月12日現在
氏名:井浦 一光 (イウラ カズミツ)
生年月日:1973年12月20日(34歳)
携帯電話番号:090−2255−8205
自宅住所:東京都府中市紅葉丘3−7−21
電話番号:042−302−3322
現所属:公安機動捜査隊、階級:警部補、警電:841−7855−5962
現所属長:階級 警視、氏名 庄司敏夫、警電:841−7855−5900

(転載終了)



87. 2011年3月27日 00:55:45: FmB0JlnSpg
直視し、思考せよ!

http://www.ustream.tv/recorded/13569972


88. 2011年3月27日 05:46:39: ysDaQnPqKg

さらに、「‘流出「公安テロ情報」全データ‘」という本からの転載を続行する。

7ページ

(転載開始)

これがテロ対策刑事の素顔だ

国際テロリズム緊急展開班班員名簿
所属都道府県警察本部名「警視庁」  平成20年9月12日現在
氏名:井浦 一光 (イウラ カズミツ)
生年月日:1973年12月20日(34歳)
携帯電話番号:090−2255−8205
自宅住所:〒183−0004 東京都府中市紅葉丘3−7−21
電話番号:042−302−3322
現所属:公安機動捜査隊、階級:警部補、警電:841−7855−5962
現所属長:階級 警視、氏名 庄司敏夫、警電:841−7855−5900
家族関係 続柄  氏名   年齢  職業   同居の有無 健康状況
     妻  井浦 元絵 34 当庁警察官   同    良
     長男    光翔  8 無職      同    良
     次男    悠翔  3 無職      同    良
     実父 井浦 明夫 58 会社員     別    良
     実母 井浦 孝子 59 無職      別    良

特技(語学、専門、資格等):NBC事件捜査専門、毒物劇物取扱責任者
    
(転載終了)


89. 2011年3月27日 10:10:21: Ezi1IEZ5pc

原発が危険なことは事実である。
今後は廃止の方向にもっていく必要がある。
今は、復旧作業を見守るしかなく、うまくいくことを祈るのみである。

しかし、風評被害についても考える必要がある。

ベクレル:放射性物質が放射線を発する力
シーベルト:放射線による人体への影響度合い

例)放射性ヨウ素

国際基準(ICRP):50,000マイクロシーベルト/年

日本      :33,000マイクロシーベルト/年(飲料水11,000マイクロシーベルト/年+牛乳・乳製品11,000マイクロシーベルト/年+野菜(根菜・芋類除く)11,000マイクロシーベルト/年)

今回

水道水(東京都):210ベクレル/L(3月23日発表)
⇒6.5L/日を1年間飲み続ける

ホウレンソウ(茨城県・つくば市):2,300ベクレル/kg(3月21日発表)
⇒600g/日を1年間食べ続ける

放射性ヨウ素(131):蓄積臓器「甲状腺」、物理的半減期「8日」、実効半減期「8日」
放射性セシウム(137):蓄積臓器「全身(筋肉)」、物理的半減期「30年」、実効半減期「70日」

胸のX線検診(1回):50マイクロシーベルト
東京〜NY往復飛行(往復):200マイクロシーベルト
1人あたりの自然放射線(世界平均/年):2,400マイクロシーベルト
全身CTスキャン(1回):6,900マイクロシーベルト
直ちに健康に健康に影響を及ぼすことはない値:100,000マイクロシーベルト
福島原発作業員の限度:250,000マイクロシーベルト(厚労省100,000⇒250,000)
リンパ球の減少(1回):500,000マイクロシーベルト
10%の人が気持ち悪くなる、嘔吐(1回):1,000,000マイクロシーベルト
死亡(1回):7,000,000マイクロシーベルト

日本では「今まで全く放射線を浴びていない」という考え方が多いが、我々が生活をしていくうえでは今までも放射線を浴びてきている。
実際ボリビアやメキシコでは日本の10倍の放射線の中で暮らしている(大地からの放射線が日本より多いため)。

当初危惧された「チェルノブイリのように被害が直ちに甚大に拡大していく」状況は今のところ回避されている。幸運にも与えらたこの時間の中で、復旧作業・廃炉作業を進めていくしかない。


90. 2011年3月27日 14:12:39: kFC5TEBIb6
副島氏が学問道場で以下の文章を書いているのですが、関西以西の人間をバカにするのもいい加減にしろ。

>国あちこちで、まだ、震度4ぐらいの余震(よしん、aftershock アフターショック)が続いている。茨城 や 福島を震源とする震度5ぐらいの地震がまだまだ治まらない。余震は、西日本(中部地方、関西、九州、中国・四国地方 など)に向かっているように感じたが、急には来ないのだろう。関西以西の日本人にも、震度5ぐらいは、今のうちに味あわせて、ずこしはゾッとさせておかないと、これからの日本国民の心構えと団結を作ってゆけない。

 関西以西の日本人は、全く何事もないように暮らしているという。関西方面に避難して帰ってきた人たちが、一様にこのことの違和感を言っている。日本人は、皆、全国に知人、親戚がいて散らばっているから、決して、他人事(ひとごと)ではないし、情報は伝えあっているのだろうが。

副島氏は関西の大震災に会ったことがあるのか?その時に上記のように関東より以東の人間にも震度5ぐらいは、今のうちに味あわせてすこしはゾッとさせておかないと、これからの日本国民の心構えと団結を作ってゆけない。と書いたのだろうか。
自分が経験した範囲内のことでしか物事が見えてこないのは人の常だが、九州でも雲仙普賢岳から現在の新燃岳の噴火など経験している。それを考えないでよくもこんな無神経なことが言えるもんだ。この震災が東北ではなく、東京中心に起きた場合、あんな皆がゆずりあい、辛抱強く秩序だった避難生活ができるのだろうか?
副島氏の発言にまどわされ会社を放り出して西に逃げた人間のは副島氏のせいで危機感と恐怖に平均的な人々よりとらわれていたのではないのか?
関西に住んでいる私として交通機関も不十分だし、ボランティアは震災発症が無理だと思い、は寄付しかできないと粛々と寄付している。
私の実家では震災後全てのガラス戸の戸棚はできるだけ排除し、どうしても使用するものはガラスが飛散しないようなシールを貼っている、箪笥や書棚は突っ張り棒で転倒を配慮している。

震度5で関西の人間をゾッとさせるなら、また食料、水の買占めに全国規模になると思うが。浅慮なことを言うな!心底副島隆彦は軽蔑する。そこまで落ちたとは見損なった。


91. 2011年3月27日 14:46:16: FZtkxKL9VA
最近、頭が逝ってしまわれたと思われる。

92. 2011年3月28日 21:07:06: 5oxoJvZpLw

「関西以西の人間をバカにしている」など解釈するのは、被害妄想というか単に歪曲して捉えているだけだ。

2008年1月現在、日本では55基の原発が運転中で、3基が建設中、11基が計画中で合計69基である。これはアメリカの105基に次いで世界で2番目に多い。

阪神大震災は大惨事であったが、津波・原発事故の被害・恐怖はなかった。
今回の東北関東大震災は、大地震・津波・原発事故と重なっている。
特に今回の原発事故は、東北関東はもちろん世界を震撼させた。
副島氏の言わんとするところは、「ところが、当の日本では西日本の人は危機感・警戒心が薄いように感じる。だが、原発は日本中にあり、ひとたび原発事故が起これば他人事ではなくなるので、日本全国で警戒心をもたないと駄目だ」ということだと思う。
それを「関西以西の人間をバカにするのもいい加減にしろ。」などと解釈するのは、全くのピントはずれで勘違いもはなはなだしい。

また、「副島氏の発言にまどわされ会社を放り出して西に逃げた人間のは副島氏のせいで危機感と恐怖に平均的な人々よりとらわれていたのではないのか?」というのも全くのピントはずれで勘違いもはなはなだしい。

以下に「副島隆彦の学問道場」の「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」から次の投稿を転載する。

(転載開始)

[299]明日、群馬に帰ります。 投稿者:ゆみこ 投稿日:2011-03-20 16:40:18

京都に避難している、群馬のゆみこです。

副島先生、石井利明さん、命がけの調査をして報告してくださって、本当にありがとうございます!お二人の勇敢さと冷静さは素晴しい!心から感謝します。報告を読んだ人たちみんながほっとしていると思います。わたしは京都の叔母に「ほっとした顔してるわ」と言われました。

わたしは数日前、崎谷博征さんの【[275]原発は最悪の選択である】を読んで、また広瀬隆さん出演のテレビを見て、日本は原発がなくてもやっていけることを知りました。それでわたしは原発がとても不憫(ふびん)に思いました。利権のために建てられて、自分自身がすごく危険な存在だと知りながら40年間働いて、今ほんとうに危険な姿をさらしている。わたしは観音さんになって、原発を抱いたろうと思いました。二晩、観音さんになって、原発と原発の悲しみを抱いて眠りました。
そもそも女の人はみんな観音さんです。たぶん。
これからまだしばらく原発が静まるまで、女の人みんなで原発を抱いてやりましょう。原発さん、いい子ね、大丈夫よ、あなたが身を挺(てい)して人々にもっと違う安全なエネルギーを使うことを考えさせてくれた、ありがとう、って、なだめてやりましょう。

わたしは明日、群馬に帰ります。嬉しいです。
先生、石井さん、本当にありがとうございます。


[321]お土産と福島と原発と 投稿者:ゆみこ 投稿日:2011-03-24 06:48:09

群馬のゆみこです。3月21日(月)に避難していた京都から群馬へ帰ってきました。
避難していた一週間、わたしは所かまわず(電車の中、大通りを歩きながら、ネットカフェなど)ぼろぼろ泣いてばかりいました。たぶんきちがいだと思われたでしょう。関西はお店から乾電池が無くなるくらいで平和なものですから、わたしのような切迫感はなく、それで孤独感が増していたとき、この掲示板がよりどころでした。ありがとう。(迫感のない関西を責めているわけではありません。原発から700km離れていれば切迫感がなくて当たり前です。)京都から群馬に向かう新幹線の中で、自分がぐんぐん元気になるのを感じました。高崎に着くころには、3月11日の最初の地震すらなかったような、晴れやかな気持ちになっていました。やっぱり群馬はいいです。

翌3月22日(火)から出勤して、課のみんなに謝りながら、「もう炉心の爆発というような危険はなくなりましたので帰ってきました」と言うと、にやにやして許してくれる人、顔をしかめながらも許してくれる人、声を上げて笑いながら(受けてる)許してくれる人とさまざまに、みんな許してくれました。帰りに京都駅で急いで買ったお漬物と阿闍梨餅(あじゃりもち)を職場に宅配便で送ってもらってあり(すごく重たい)、それを課のみんなに配って許してもらいました。
「一人だけ助かろうなんて思っちゃだめだよ!」と言ってくるいつも正しいおばさん(ペットボトルのキャップを集めたりしている)もお漬物と阿闍梨餅のお土産で懐柔(かいじゅう)。わたし今までお土産をばかにしていたけど、すごく効果がある。勉強になりました。

さて、わたしは先生の「福島県産の生鮮食料品を食べましょう」運動に賛成します。やっぱり副島先生はすごい!

落語の「親子茶屋」で、ある若旦那が「もし火事で焼け出されたら」という話をする場面があります。
「そら、焼け出された当座はみな親切にしてくれはります。うちへ来てお泊り、これ持って往(い)んでお使い、と言うてくれるが、これは続かん。そのうちあっちへ行っては嫌がられ、こっちへ行っては嫌われして・・・」

これが世の中です。自活できない大人は厄介者。そんなの当たり前。カフカの『変身』のグレゴール・ザムザです(『日本のタブー』18頁参照)。だから福島の人たちが仕事ができるように、商売ができるようになることが大事です。一時の義捐(ぎえん)金では完全な復興はできません。わたしたちが福島県産の商品の消費者になろう。もう始めてる人もいて、すばらしいですね。

副島先生が、ついこの間は西へ逃げろ、今度は福島に住むとおっしゃるので、その変わりようについて行けないという人もいると思います。でもね、君子は豹変(ひょうへん)するんですって。養老猛(ようろうたけし)が『バカの壁』で書いてたでしょ。

語源由来辞典 「豹変」:『易経(革卦)』の「君子豹変す、小人は面(つら)を革(あらた)む」に由来する。これは、豹の毛は季節によって抜け替わり、斑紋が鮮やかになるように、徳のある君子は過ちを改めて良い方に移り変わるが、小人(徳のない人)は表面的に改めるだけで本質は変わらないといった意味である。
http://gogen-allguide.com/hi/hyouhen.html

この場合、西へ逃げろというのが過ちというわけではなく、あの時点では正しいご判断であり、原発の状況が変わった(落ち着いてきた)ことが先生と石井さんの命がけの調査とそのほかの世界の動きの分析から、今度は「福島へ」という風にお変わりになったのだと思います。
「信念がない」と見る人もいると思いますが、信念とはただの凝り固まった考えのこともあります。先生はもっと広い視点からの信念でお考えなんだと思います。

今後の日本の原発について、わたしなりに考えました。やっぱり原発は減らしていって、終(しま)いには無くすのがいいと思います。原発が無くてもほかの安全な方法で電力は十分まかなえるそうですから。
しかし、56基もある原発をどうやって無くしていくのか、途方にくれてしまいます。そこで、まず、こんなにたくさん原発があるという現実は、自分にも責任がある、と日本中の人が認識することが大事だと思います。

福島の原発で発電された電気は全部東京へ送られているかもしれないけど、原発を推進する佐藤雄平福島県知事を選んだのは福島県民です。そして息子さんや娘さんが東京の学校に行ったり、東京で就職している人もたくさんいるでしょう。

今は疲れきっているけれど、立ち直ったら福島の人もその責任を考えたほうがいいと思います。これは、別に福島の人を責めてるわけじゃないんです。「責任を持つ」というのは「自分を責める」のとは違います。「あいつが悪い!」と言っているうちは、あなたの人生は始まらないんです。ぜんぶ自分に責任がある、と思って初めて人生を動かせるようになる。つまり、結果を変えたければ原因を取り除かなくてはならない。人生は自分の意思とは関係なくふらふらとあてどなく流されていくように思えるのは、いろいろなことを他人(ひと)のせいにしてしまい、本当は自分が原因だと気づいていないからです。

とても偉そうなことを書きました。こんなことを、いま公(おおやけ)に書いてはいけないかな、とも思いました。でも、書かないと忘れちゃうので、書きました。わたしもまだぜんぶ思い通りに人生を動かせているわけではありません。練習中です。でもね、何事も訓練です。だんだん出来るようになる。 以上です。

(転載終了)

副島氏の行動と発言に安堵した人間の方がはるかに多いのである。

「心底副島隆彦は軽蔑する。そこまで落ちたとは見損なった。頭が逝ってしまわれたと思われる。」などと言う人間こそ真に「心底軽蔑」すべき人間である。



93. 2011年3月29日 14:28:41: tyaeV4uelw

ネットゲリラ 原発事故「絞首刑に値するA級戦犯リスト」拡散希望!!

売国奴ゾロゾロいるよ。


94. 2011年3月30日 15:22:33: kFC5TEBIb6
>92

西日本の人間の意識が低いからといって西日本は震度5位の地震を経験させるべきだとう言葉そのものが軽蔑に値しないと?

会員の群馬のゆみこさんの文章を拝見するとカルト教団の熱狂的な信者のようで気持ちが悪いというのが私の印象であるが。

それとあまり知りもしない人間に対して心底軽蔑するなどとネットだからといって軽々しく言うのはあなたも副島氏と同様の癇癪型の人間とお見受けするが?

副島氏の行動と発言に安堵した人間がはるかに多いとはどこから判断しておられるのか?エビデンスは?


95. 2011年4月01日 02:20:51: nOYZ9VXacE

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

「副島隆彦の学問道場」の「気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板」から次の投稿を転載する。

(転載開始)

[347]ホルミシス療法の先生の映像。 投稿者:会員番号1138@入江 投稿日:2011-03-31 23:55:10

こんにちは。副島先生と道場の皆さまの御活動をいつも応援しております。
低線量率放射線療法(ホルミシス療法)の稲恭宏博士の映像です。2ちゃんねるに貼られていました。
非常〜〜〜に興味深いです。
副島先生がガイガーカウンターを持って、玉川温泉で温泉療法をされた「ぼやき」記事と併せて見せていただきました。
ごみ焼却施設に併設されている浴場と同じように、核のゴミや廃炉処分の原発を、皆の健康のための岩盤浴に使える!そうです。
副島先生のぼやき1202番より
 「私は、今、福島県の現地にいて、「この原発事故から、福島県は、すぐに立ち直らなければいけない」と、強く思った。 「福島県が、今も、味わっている、そして、これからも長く味合うことになる、 放射能漏れは、たいしたことないのだ」 と、私は、まず自分が、急いで、言い始めることが、大事だと、今、強く感じている。 空中や雨の中に飛散している放射能の、2.5マイクロシーベルト毎時ぐらいは、人間の生存と、生活にとって、どうということないのだと、私は、敢(あえ)て断言する。
 私が、時々、抱いて寝ているラジウム鉱石は、88マイクロシーベルト毎時(88μSv/h)も ある。 だから、2〜10マイクロ(μ)シーベルト毎時 ぐらいの放射能は、幼児や少女であっても、普通に背負って、健康に生きて行ける 数値なのだと、私たち、日本人は、今後は、居直って、生きて行く国民になるべきだ。」
副島先生のこの言葉はやっぱり正しい!学問的に証明されている。
恐れることなんて何もない、大丈夫なんですね!
(貼り付け開始)-----------------------------------------------------
93 :名無しさん@十一周年:2011/03/31(木) 19:09:29.30 ID:eMtoT8sF0
■放射線の人体への影響の理解、日本・世界トップレベルにある東大の稲恭宏医学博士の話
(予算のつかない研究ばかりしている、いわゆる御用学者ではない)
福島原発事故の医学的科学的真実 とちぎテレビ
http://www.youtube.com/watch?v=qXgsQ_nwyLA
緊急特別講演 1(6まであり)
http://www.youtube.com/watch?v=PQcgw9CDYO8
WHOやIAEAや各国の規制値は、チェルノブイリからの単純な類推値であり、最新の検証論文ではそれらの数値はあやまりであると証明され、論文もとおっている。
現場敷地内の放射線量でさえ安心。そのままの服装でいっても大丈夫。なんなら自分が現場で消防の活動をしてもいい。
「ただちに」どころか、「絶対に」被害はでない。水道水もごくごく飲んで、ほうれん草もどんどん食べてよい。
既存の放射線への理解が訂正されないままなのが原因。
チェルノブイリは内陸でヨウ素摂取が行われていないまま、今回の10万〜1億倍の放射能を「一気に」摂取・蓄積したからおきたこと。
日本人は海産物に含まれるヨウ素などを日頃から体にとりいれているので、放射性ヨウ素はほとんど蓄積しない。
日本人の体内は日常でも数千ベクレル、放射線をいつも発しているのさえ報道しない。
現在は世界を見ても放射線が高い地域のほうが健康であり、弱いレベルの放射線は体に良いことが分かっている。
それなのに旧式の知識のまま数値訂正が行われていないからこのような不安が起きている。
間違った知識とプロパガンダが原因。
弱い放射線の研究は無駄であるとされて、ほとんど世界でも研究がされてこず、数値訂正がされてこなかった。
IAEAの科学長官はこれを理解していて、弱い放射能は問題がないことに今回も絶賛のメールがきたが、IAEA自体は天下り役所体質であり、放射能は危険であってくれないと仕事がなくなる人たちだから、訂正がされない。
トップも日本人で、出資も日本が一番多い機関。
マスコミが使用単位が/hやベクレルと移って来たのもこの博士が忠告しだしてから。
すべてこの博士のあと追いで、本人たちは全然分かっていないから。
学者たちや安全委員会の人たちでさえ原子力工学や統計学が専門の人ばかりで、医学的な放射線の影響に関してはまるで素人。
今回もこの博士に助言をもらいに来る始末。

(貼り付け終わり)

(転載終了)


96. 2011年5月12日 07:03:50: AJAWC4Tglg
>>84. 2011年3月26日 02:20:39: SQuEAYOMc2

>やはり、工作員どもは物事を歪曲して捉えている。
>副島氏は「重掲」の中で、こう書いている。

>[216]福島第一原発は、すでに放棄されていて、30キロ圏は人影もないようだ。>放射能が飛散しています。少しでも逃げてください。(報告4) 副島隆彦 投稿>者:副島隆彦 投稿日:2011-03-14 09:35:16

>。ハ転載開始)

>人間は、本当に無力な生き物です。 やっぱり原発 は やるべきではなかった。 >>私は、10代の高校中退の 17歳の頃から、全国各地の 原発反対闘争(女川に>も行きました。四国の伊方=いかた=原発にも行きました) の 現地闘争本部で>の集会とかを、ぶらぶらと回っていた人間です。 そしてあれは、まだ少年であっ>た私には、ただの 時代のファッション、熱病 でした。 そして、大人になっ
>て、次第に 保守化して、この強固な政治思想を持つ私でさえ、 現実と取引しな
>がらいい加減な人間になって、「物わかり良くなって」、 そして、 原発を嫌が
>りながらも、 現実肯定派の、 「電力が必要だから」という くだらない 思想
>に 、私も 半分以上 負けてしまっていました。反省することしきりです。自分の>過ちを、今、天に向かって、謝罪し、悔いているところです。

>。ハ転載終了)

>ここにはっきりと、「やっぱり原発 は やるべきではなかった。」と書いてい
>る。これでどうして「原発廃止を一言も触れない」と言えるのか。


歪曲しているのはあなたの方だと思いますよ。
事故直後にこのような感慨をもらしたからといって何の論拠にできますか?
あの時ほとんどの人間はそう思ったでしょう。
その後、副島さんは原発廃止運動を展開していますか?
ただの一言も原発全廃には論及していない。
重掲で「おいおい減らしていくしかないだろう」といっているだけです。
街角アンケートに答えて言うようなことを言っているだけです。
そんなことは大事故が起きているのだから小学生でも言えます。
いや小学生だって全廃を言うでしょう。

しかるに副島さんはいち早く安全宣言をして、
安全基準値を上げれば何の問題もなくなるなると言い続けています。
そもそも副島さんは霊感と呪術的才能で安全宣言をしたのです。
だったら何で色々なデータを張ったり、
原発の幽霊と言われている医学者の見解を依拠にしたり、
協会の重鎮の権威を借りたり、
IAEAの安全基準値を用いたり、
見苦しい支離滅裂な言い訳をするのですか?
副島さんが安全基準値100の論拠としたIAEAは、
WHOと組んでチェルノブイリ原発事故の正確なデータを改竄しました。
人類史上最大の隠蔽工作をしてきた最悪の組織です。

あなたはチェルノブイリがいまだに現在進行形で、
ダダ漏れしていることをご存知ですか?
一部はまだ操業していて、
小さな地震がきたらまた倒壊する恐れがあることをご存知ですか?
放射能汚染の悪影響を極力小さく見せる工作をしているIAEAのやり方と、
副島さんの叫んでいるスローガン「安全基準100」は同一のものです。
副島さんは「チェルノブイリ級レベル7」という政府見解に対して、
「福島県人を政治的殺処分しようとしている捏造だ」と非難していますね。
レベル7が捏造でなかったら腹を切る覚悟はあるのでしょうか?
副島さんは権力者や権威者を非難することに終始して、
ご自分の言論に責任を取ったり自省したりするがほとんど皆無です。

そんな無責任なセマゴーグ副島さんの安全宣言を、
ファイルにして避難所に配っている会員がいますね。
あなたは副島さんを救国の英雄のように持ち上げていますが、
副島さんがやっていることは会員を使った殺人教唆です。
会員は後悔しても追いつかないことをしている自覚さえない。
君子は豹変する?副島さんのどこが君子ですか?
副島さんは破廉恥な変節漢で詐欺師です。
副島さんの著書を7冊読みましたが、
書いているものを読むとどこもかしこもそうです。
副島国家戦略研究所というのは本とDVDのネット販売をする詐欺集団です。

あなたは今回の安全基準値20ミリシーベルト引き上げについて、
各方面で大きな波紋が起きているのをご存知ですか?
福島の母親たちが世界に向けてSOSを発しています。
佐古内閣参与は基準値引き上げを阻止できなかったので、
無念の涙を呑んで辞任したのです。
「これを許したら自分の学者生命は終わりだ」
とまで言っているのです。
100を叫んでいる副島さんは言論生命どころではない。
どういう生命を終わりにして責任を取れますか?



97. 2011年5月12日 07:07:19: AJAWC4Tglg
訂正

誤 セマゴーグ

正 デマゴーグ


98. 2011年5月12日 07:10:18: AJAWC4Tglg
訂正

誤 佐古内閣参与

正 小佐古内閣参与

大変失礼しました。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧