★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110 > 421.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
名前も認否も黙秘、無罪主張 南青山強殺(初公判で心象悪化?)
http://www.asyura2.com/11/senkyo110/msg/421.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2011 年 3 月 22 日 02:45:44: N0qgFY7SzZrIQ
 

(回答先: ’11裁判員:完黙で無罪主張、被告に死刑判決−−東京地裁(冤罪の可能性は?) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2011 年 3 月 22 日 02:35:23)

 仮に被告が犯人で無いとしても,前があり不利な状況であったなら黙秘は自然かもしれない。けれど素人裁判員には、それが犯人の自己防衛との印象を抱く事は無かったか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここから)

「名前も認否も黙秘、無罪主張 南青山強殺」 2011年2月24日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011022402000197.html

 妻子に対する殺人や放火などの罪で服役し、出所した半年後に強盗目的で男性を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた無職伊能和夫被告(60)の裁判員裁判初公判が二十四日、東京地裁(吉村典晃裁判長)であった。伊能被告は名前や起訴内容の認否など、すべて黙秘。弁護側は「被告は部屋に入っておらず、殺してもいない」と起訴内容を全面否認し、無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、伊能被告が犯行当日に洋包丁を買ったことや、室内に被告の指紋や掌紋が残っていたと説明。「被告が犯行時間帯に室内にいたことは明らか。就職できず借金があり、強盗に及ぶ動機もあった」と指摘した。一方、弁護側は「ドアが開いており誰でも入ることができた」と主張した。

 伊能被告は一九八八年に妻子を殺害して懲役二十年の判決を受け、事件の半年前に刑務所を出所した。起訴状などによると、伊能被告は〇九年十一月、東京都港区南青山、飲食店経営の五十嵐信次さん=当時(74)=の部屋に侵入し、室内で寝ていた五十嵐さんの首を洋包丁で刺して失血死させた
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(ここまで)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK110掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧