★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111 > 302.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中曽根と読売が原子力発電で日本を地獄にした
http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/302.html
投稿者 いにしえの 日時 2011 年 4 月 08 日 10:01:53: .mgHwtSne6rXM
 

中曽根と読売野正力が原子力発電を推進して、日本中に原子力発電所を作り、日本の核装備を試みたことは歴史的な事実だ。その結果が東京電力の福島発電所の爆発であり、そのために日本を地獄にしたのに、中曽根は大勲位で胸を張っているが、これからの日本には原爆病の患者がたくさん生まれるとしたら、どうやって責任を取るつもりか。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月08日 10:28:22: 0E9TTIiBOM
イヤ君の言う通りなんだが、厚顔無恥の極致の中曽根には通じないよ。
買春谷垣に招聘されて平然とシャシャリ出て来ている、こんなことが平気でまかり通るのが日本社会なんだ。
要するに日本人は全く「ケジメをつける」ことを知らない希有の人種だ。

02. 2011年4月08日 13:45:08: rWmc8odQao
島田雅彦氏
「復興資金をどうひねり出すかを考えた時、これまで日本が大量に買い支えてきたアメリカ国債を売るという手があるわけだが、「それだけはやめて」とトモダチが囁く声が聞こえた気がしたが、空耳か?」
https://twitter.com/#!/SdaMhiko/status/56196159420628992

私にも聞こえました。不思議なピアノのような声でした。
左手で恫喝するような暗い伴奏。右手でさわやかな笑顔のような明るいメロディ。「ソレダケハ、ソレダケハ…」


03. 2011年4月08日 16:39:45: rFD4bFvk6w
一刻も早く巨悪中曽根康弘に地獄の使者から赤紙が来ないのか?!

04. 2011年4月09日 11:23:20: PoLvGeuSpg
■A級戦犯は、自民党元総裁の中曽根
■原子力発電を推進した元凶としての中曽根康弘と正力松太郎
(前略)中曽根康弘については、中曽根康弘『天地有情−50年の戦後政治を語る』(文藝春秋、1996年)をお読み下さい。
その166〜172頁の「原子力推進の原点になった原爆雲遠望」という項に、
原発推進のためにいかに尽力したか、その苦労話が得々と書かれています。
「私は科学技術庁長官になった正力松太郎さんを助けて働きました。
それから、原子力委員会設置法、核原料物質開発促進法、原子力研究所法、
原子燃料公社法、放射線障害防止法、そして科学技術庁設置法といった法体系をつくったわけです」(同書、170頁)と……。
ただし、この本は600頁を超える大著で、入手するのも読み通すのも難しいかもしれません。
もう少し一般的な本として、中曽根康弘『自省録−歴史法廷の被告として』(新潮社、2004年)が良いでしょう。
その41〜46頁の「原子力推進に奔走する」という項をご覧下さい。
ここにも、「国会に一挙に8本の原子力法案を提出し」たことや、
「このとき、科学技術庁も作って、正力松太郎さんが長官になり」、
「正力さんは電子力委員会の委員長も務め」たことが書かれています。
この本を書いたとき、中曽根さんは、まさかその7年後、
これほど苛酷な「歴史法廷」に立たされることになるとは夢にも思っていなかったことでしょう。
まして、このような形で明確な有罪判決を下されることになるとは……。
自宅のテレビで毎日繰り返されている福島原発事故の報道を、どのような気持ちで眺めているのでしょうか。
放射能汚染から逃れるために避難している人々の群れを見ながら、少しは「自省」しているのでしょうか。(後略)
http://igajin.blog.so-net.ne.jp/2011-03-22

05. 2011年4月09日 13:37:59: EdCg2eRhR3
闇から闇へ原発の完全犯罪 1/10
http://www.youtube.com/watch?v=x3x2fTeyzys

これをみたら原発を推進してきた議員・融資した金融機関・建設したゼネコン・安全のデマをながしたマスコミ・学者たちは犯罪者か共犯だと思うようになった。


06. 2011年4月09日 15:37:17: puGMM4v9DE
もう一人忘れてはならないのは、民主党の渡部恒三だ。

自民党の厚生大臣の時(1984年1月)に、原子力関係者との会合の席で「原発を作れば作るほど国民は長生きできる。日本のエネルギー問題の解決は原発だというのが私の政治哲学だ」と発言している。

福島県は渡部の地元であり、福島原発の建設には渡部が大きく関わっていた。
小沢一郎氏を非難するときにはよくテレビに出ていたが、今度の福島第一原発の事故以来一度もテレビでお目にかかっていない。
会津の偽黄門は、何処に雲隠れしているのだ。

それにいま東京電力を批判している福島県知事の佐藤雄平は、渡部恒三の甥で、もとは渡部の秘書をしていた人物だ。
福島第一原発3号機へのプルサーマル燃料の使用を許可したのは、他でもないこの佐藤雄平である。

2010年10月の福島県知事選挙では、民主、社民両党の支援に加え、自民党県連も「プルサーマル受け入れなど要望のほとんどを聞いていただき、政策は一致している」と表明し「原子力政策の推進」など20項目の政策申し入れ書を渡し、自民・公明両党の県連からの支援も受けて、日本共産党公認の候補を大差で破り再選したのだ。

今、東京電力を批判している福島県の民主党や自民党の政治家も、半年前は原子力推進派だったのだ。


07. 2011年4月09日 17:11:39: MLA0mPheMY
核武装するのに、54基も要るわけない。
孤島に3基程度で十分。後は廃止。

08. 2011年4月09日 22:35:56: GIc431ZUo6
もうナカソネ、ショウリキ、ゲンパツって
ネットでニュースを読む人にはセットで語られる事実。
なんとかこれをもっと多くの人の「常識」にしていかないと。

それと、ほんっとに、クソ肛門・渡部恒三はどこで
雲隠れしてる?
福島原発の土地所有者はこいつだよ?
毎年巨額の土地代を国から懐に入れてんだ。

甥の佐藤は、なんと今や悪名高きJヴィレッジの所有者
でもあり、社長なんだってさ!
大笑いだよ、東電に「早く収束させろ!」ってキレといて、
同じ口で、「汚れるから自衛隊にはJヴィレッジの廊下ででも
寝させとけ!!!」って言ってたことになるからね。

さすが血は争えん。サイテーの家系だね。


09. 2011年4月16日 11:15:34: E8oEvpP5cs
あまりにもあからさま‐厚顔無恥‐どんビ毛で、なんとも言いようもない。
しかしこれも民主主義‐一票を入れた県民も東電に文句だけでは、すまない。民主主義とは、かくも過酷な体制だった。
現福島県知事、今度は忘れないようにあんたの顔、よく見て覚えておく。渡・恒はしってる。誰、かくされ卵、一発お見舞い、私の分つけといてくれ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧