★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111 > 435.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
官邸機能せず(中)気張る首相の陰で… 産経
http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/435.html
投稿者 gikou89 日時 2011 年 4 月 11 日 11:10:15: xbuVR8gI6Txyk
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000096-san-pol

官邸機能せず(中)気張る首相の陰で…
産経新聞 4月11日(月)7時56分配信

 「自然災害に強い町、1次産業に根差す町、弱者に優しい町に再生したい」

 「いくつかの漁港を重点的に整備する必要がある」

 「仮設住宅は7万戸を当面の目標に進めたい」

 首相・菅直人は10日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市を視察し、行く先々で復興支援を約束して回った。

 避難所の石巻商業高校では女性らの前にひざまずき「つらいでしょうね。今何が一番必要ですか」。がれき撤去現場では自衛隊員らを「最高指揮官として誇りに思う」とねぎらった。

 地元FM放送にも出演し「元気よく復興への道を歩んでほしい」と呼び掛けた。

 日米共同調整所がある陸自東北方面総監部(仙台市)にも立ち寄り、米軍関係者に「トモダチ作戦は日米関係を強めた。一生忘れない」と謝意を表した。

 菅の被災地視察は実に3回目。「現場主義」を掲げるだけに面目躍如といったところか。久々に記者団のぶら下がり取材にも応じ「復興には相当の力が必要だ。新たな未来へのスタートだ」と決意を示した。

 11日には有識者らを集めた復興構想会議を発足させる。これに先立ち視察すれば指導力を示す絶好の機会となると考えたようだ。

 だが、意気込みと裏腹に被災者の目は冷ややかだった。菅に握手された漁師の男性は「がんばってくださいしか言えないのか…」。

 その陰で復興計画は官房副長官として首相官邸に復帰した民主党代表代行・仙谷由人の下で着々と進む。2人の亀裂は刻一刻と広がっている。

 ■省庁幹部ら「仙谷邸」詣で

 「震災対応について大所高所からぜひお話をうかがいたいんです」

 3月25日午前、首相・菅直人は電話口でこう頼み込んだ。相手は村山富市内閣の官房副長官として阪神・淡路大震災の対応に当たった石原信雄だった。会談はこの日午後に実現し、菅は半時間にわたり石原の話に耳を傾けた。

 東日本大震災発生後、菅は東京電力福島第1原子力発電所事故の対応で頭がいっぱいとなり、被災者支援は後手に回った。

 だが、原発問題の長期化は避けられず、被災地ではガソリン不足さえも解消できない。被災者の困惑は政府への怒りと変わりつつある。被災地支援で指導力を発揮しなければ政権を維持できない。菅はそう考えたようだ。

 「官僚が動こうにも官邸が機能不全で動けない」。こんな批判は石原の耳にも届いていたが、石原はあえて触れず、党代表代行・仙谷由人の官房副長官への起用をほめちぎった。

 「仙谷さんを災害対策に当たらせたのはよかったですね。特に事務次官を集めた連絡会議を作ったことの意義は大きいですよ」

 菅は不愉快そうな顔つきに変わったが、ある提案に大きくうなずいた。

 「復興政策を一元化する復興院などを作っても二度手間となる。対策本部で方針を決めたら直ちに各省庁が動く体制を作った方がよいのではないですか」

 ◆「乱暴副長官」本領

 大震災発生から6日後の3月17日、「原発問題に専念したい」と考えた菅は、被災者対策の要として仙谷を官房副長官に迎えた。

 仙谷を全面的に信用しているわけではない。しかも仙谷は参院で問責決議を受け、1月の内閣改造で外れたばかり。それでもその手腕を借りざるを得なかった。「仙谷を野放しにしたらわが身が危ない」との思いもあったかもしれない。

 官邸復帰後の仙谷の動きは素早かった。「乱暴副長官になる」と宣言すると直ちに被災者生活支援特別対策本部を設け、本部長代理に就任。3月20日に各府省の事務次官たちを招集し、こう鼓舞した。

 「カネと法律は後ろからついてくる。省庁の壁を破って何でもやってくれ!」

 菅の癇癪(かんしゃく)と無軌道な指示に幻滅していた官僚にとって仙谷は「救世主」に映った。事務担当官房副長官・滝野欣弥は仙谷と共同歩調を取り、省庁幹部はこぞって「仙谷詣で」を始めた。

 仙谷はすでに復興ビジョンも描き始めている。実動部隊として元官房副長官の古川元久らによる「チーム仙谷」を編成。週に数回、官邸の仙谷の執務室で策を練る。仙谷はこう力説した。

 「天国は要らない。ふるさとが要るんだ。造るのはふるさとなんだ!」

 ◆現代の後藤新平?

 官邸の雰囲気は一変した。仙谷が官房長官時代に起用した秘書官らはひそかに仙谷の元に戻ってきた。前国土交通相・馬淵澄夫や衆院議員・辻元清美の首相補佐官起用は仙谷の意向をくんだ人事だとされる。

 何より官房長官・枝野幸男は仙谷の弟分である。あっという間に、あらゆる案件を仙谷が差配する体制ができあがり、官邸は「仙谷邸」と化した。

 仙谷の相談役である内閣官房参与の評論家・松本健一はこう打ち明ける。

 「仙谷さんは『復興庁』を置き、自らが復興担当相になろうとしている」

 もしかすると仙谷はある人物に自らを重ねているのかもしれない。関東大震災後に内相兼帝都復興院総裁として復興の礎を築いた後藤新平である。

 ◆「俺は外されている」

 自ら招いたとはいえ、「陰の首相」の復活は、菅には面白くなかったに違いない。さっそく巻き返しに動いた。

 「山を削り高台に住居を置き漁港まで通勤する。バイオマスによる地域暖房を完備したエコタウンをつくる。世界のモデルになる町づくりを目指したい」

 菅は4月1日の記者会見で唐突に復興構想会議の創設を表明し、自らの復興ビジョンをぶち上げた。これは復興院構想の否定に等しい。石原からヒントを得て仙谷主導の復興を阻止しようと考えたに違いない。

 はしごを外された仙谷は周囲に不満を漏らした。

 「復興構想会議の具体的な話は一切なかった。俺は首相に外されている…」

 それでも仙谷は「今は我慢の時だ」と考えたようだ。政務三役や官僚が復興策を持ちかけると仙谷はこう戒めるようになった。

 「ここまでやったら首相が怒るぞ。待っておけ…」

 待ったら何が起こるのか。少なくとも仙谷が次の布石を打ち始めたことだけは間違いない。(敬称略)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月11日 12:38:02: SG8Oxw7fk6

復興の第一歩は菅政権の総辞職。

02. 2011年4月11日 12:51:37: 2DhoYTzYM6
国民の目から見たら、菅と仙谷が国民を地獄の底に突き落とそうと頑張っているように見えるな。
どちらも国民にとっては敵以外の何者でもない。

03. 2011年4月11日 14:28:44: PlDjPr5bcg
また、産経か。
産経は、反小沢反仙谷反菅反民主だから、
一刻も早く自民党に政権復帰してもらいたいという一心で記事を掲載している。

菅が本気で仙谷を斬るつもりなら、
結構なことだ。

菅首相が、本腰を入れて大震災復興&政権建て直しに臨むのであれば、
与謝野(非民主党議員・自民党の回し者)を更迭し、
小沢氏を副総理兼党幹事長に任命して全権を委任し、
小沢氏の“弟分”の田中康夫・新党日本代表、
リフレ派の小沢鋭仁元環境相や馬淵元国交相などを
財務相・経済財政担当相・金融相などに抜擢するべきである。
もちろん、統一地方選挙に惨敗した以上、岡田幹事長は更迭。

玉城議員が、建設的な提案をしている。

菅総理は今こそ、小沢一郎副総理兼災害復興特命大臣を任命すべし。
そうすれば野党との関係も改善される展望が持てる。
更に言わせていただくならば
党内の閣僚並びに委員長経験者を積極的に動いていただけるポジションにつけるべき。
それに繋がる党内の融和意識と連係がさらに強くなる。
玉城デニー
http://twitter.com/tamakidenny/status/49334335416963072


04. 2011年4月11日 15:46:34: 05UhnFBHRM
何を気張る、くそして退場しろ。管直人が政治家であること自体不思議。会社ならば雇ってもらえない。だって責任を取らない人間を誰が雇う。失敗すれば降格、普通なら首。それなのに日本国はこんな人間が総理大臣。

05. 2011年4月11日 16:45:28: u8T2aRIP9Y
役に立たないもの同士の争いだから、国民からすればどうでもいいことだ。
どうせ官邸の信頼なんて、かなり前に地の底に落ちてる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧