★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111 > 512.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「菅政権は打倒せねばならない」原口一博氏本日講演(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/512.html
投稿者 祈り 日時 2011 年 4 月 13 日 07:47:08: HSKePa2Cm.aPs
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-5a1e.html
2011年4月13日 (水)
「菅政権は打倒せねばならない」原口一博氏本日講演


 『月刊日本』2011年3月号に
「菅政権は打倒せねばならない」
というセンセーショナルなタイトルの論文を掲載した民主党国会議員、元総務相の原口一博氏が『月刊日本』主催特別講演会に登場される。
 
特別講演会概要は以下の通り。
 
『月刊日本』特別講演会


 講師 原口一博 氏(衆議院議員)
 演題 危機の指導者とは(仮)
 場所 赤坂区民センター 第一会議室
港区赤坂4─18─13 赤坂コミュニティーぷらざ内
 日時 平成23年4月13日(水)午後6時〜
 会費 1000円(資料代)


参加希望者は『月刊日本』
TEL03−5211−0096
まで問い合わせをしていただきたい。
 
 菅直人氏が民主党代表に就任し、内閣総理大臣に就任したのは2010年6月である。民主党を小沢−鳩山体制から、菅−岡田−仙谷−前原−枝野体制に変質させたが、民主党を支持する主権者国民の意思を踏みにじる実質的なクーデターによって権力を不正に奪取したものだった。
 
@対米隷属からの脱却
A官僚主権構造の打破
B政治権力と大資本の癒着排除
が政権交代に課せられた課題であったが、菅直人氏はこの三つの主要課題をすべて投げ出した。
 
 米・官・業・政・電の利権複合体による日本政治支配の構造に時計の針を逆戻しする使命を帯びてクーデタ−を実行したのがこれらの対米隷属勢力である。

 菅−岡田−仙谷体制は民主党を私物化し、党中枢部から小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相に近い「正統民主党」勢力を一掃してしまった。
 
 そのうえで、2009年8月の総選挙で民主党が主権者国民と約束した主要な政権公約を片端から破壊する暴挙に進んだ。
 
 しかし、当然のことではあるが、この菅政権に主権者国民が鉄槌を下した。2010年7月に実施された参院選を菅政権は、菅政権に対する信任投票であると位置付けた。枝野幸男幹事長が応じた時事通信社インタビューにこのことが歴史の証拠として明確に残されている。
 
 この信任投票で菅政権が主権者国民から受けた審判は、「不信任」だった。
 
 その後も、菅政権はすべての選挙で惨敗を続けている。幹事長は岡田克也氏に代わったが、2011年4月10日の統一地方選前半戦では、与野党対決型の知事選で全敗を喫した。しかも、民主王国のひとつである岡田克也氏の地元三重県でも知事選で敗北を喫した。
 
 岡田克也氏は他人の責任は常に大声で追及するが、自分自身の責任問題になると、手の平を返して逃げの一手に転じる。まったく腹の座らない人物である。これほどの連戦連敗を繰り返した以上、自ら身を引くべきは当然だが、ポストにしがみつき、いかなる手段を用いてでも総理大臣の椅子を手中に収めたいとの、極めて低次元の発想にのみ縛り付けられているのも、菅直人氏そっくりである。
 
 民主党は党中枢を、もう一度「正統民主党」勢力に引き渡さねば再生はないだろう。もはや自民党とまったく差のない政策を掲げる、菅−岡田−仙谷−枝野−前原一派は、党から去って、自民党とでも公明党とでも一緒に暮せばよい。主権者国民の支持に応えられる民主党勢力は、「正統民主党」以外に存在しない。
 
 その「正統民主党」のなかで時代を担うと考えられる最有力候補の一人が原口一博氏であり、細野豪志氏である。
 
 本日3月13日の夕刻に、その原口一博氏の生の声を聞くことができる。万障繰り合わせて、原口氏講演会にご出席をいただき、第二平成維新を成就するための道筋を改めて考察いただきたい
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月13日 08:21:15: bWFvuWp34c
原口ねー ・・・ !

だいぶ遅いわい、こずるい 自民と同じで国民が音を上げるの待ってたのか?

正当民主党を極左ゴロツキ共から取り戻してから聞くよ。

まず当事者責任を果たせ!


02. 2011年4月13日 09:05:29: 4r0VcpFYPs
いつまでも遠吠え根性だ
勇士集めて倒閣運動もできん奴だろ 親友が枝野では脳みそがしれてるよ。

03. 2011年4月13日 09:08:31: RM0RXnxbT9
菅が鳩山政権で静かに居眠りをして「果報は寝て待て」

原口も同じ雰囲気を感じる。なぜもっと早くから打倒菅政権の運動に出なかったのか

もう民主のやつらは結構 顔も見たくない 半島へ帰ってくれ


04. 2011年4月13日 09:15:55: EYM7v5mtes
http://www.gekkan-nippon.com/
内容の一部は読める。他、原口一博氏のインタビュー記事も。

05. 無段活用 2011年4月13日 09:17:26: 2iUYbJALJ4TtU : UsExKLOGck
> 菅政権は打倒せねばならない

しろよ。これは、原口氏の身内の不始末だ。「講演」などと、外に訴えかけようと
いう時点で、原口氏は既に間違いを犯している。

始末は身内でつけるべきなのだ。

これ以上、党外の人間に迷惑をかけるな、と言いたい。


06. 2011年4月13日 09:20:37: LyN36jbHSQ
国民は、しっかり見ているぞ!
自主独立、脱官僚政治 大資本癒着排除は、実行しないと日本は滅びる。
09マニフェスト民主党は応援し続けている。
管一派は、アメリカ傀儡政権である、と米高官メールからばれた。
正体をばらされて、まだ政権にしがみつく、管は政治家ではない。
国民に信頼される政治家でない。統率力も無いことが明らかになってきた。
小沢たたきは、鳩山・小沢民主を支援した国民を冒涜するものだ。
管は人間性のひとかけらも無いことがわかった。
人間性の無い政治家が何やるにしても、たかが知れている。
助けてくれ〜と民主党の仲間に言えなく、なんとま〜ビックリ 自民党に言っている。
当然、袖にされる。 
目標軸がなく、さまよっている管政権。
一刻も早く、政界から排除せよ!
排除できない政治家も、仕事していないとみなすゾ。

岡田、前原、仙谷よ、連れ添ってクリントンおばあさんの元に行きなさい。
さようなら〜

原口さんに一言;NTTは国民の資産、民間企業の利益誘導会社ではないからな!


07. 無段活用 2011年4月13日 09:32:31: 2iUYbJALJ4TtU : UsExKLOGck
>>05に補足。

菅政権は、民主党内の都合で成立した政権であり、選挙による国民の信任を得たこ
とは一度もない。先の参議院選挙も、今回の知事選も、民主党は悉く負けている。

一連の不始末の責任は、昨年9月に、菅氏に投票した206人にあり、その結果を党
の総意として、菅氏を代表に選出した民主党ひとりにある。ましてや、その選挙に
はサポーター票の不正操作の疑いがある。執行部はこの疑いを晴らす努力をしてい
ない。

菅政権の不始末の責任は国民にはない。民主党が己の責任において菅政権を降ろ
せないということは、言い方は悪いが「自分の尻を自分で拭けない」ということ
だ。これは、人としての最初の躾ができていないということを意味する。

このような集団が選挙に臨んだところで、勝てるはずがないと思うが、どうだろ
うか?


08. 2011年4月13日 09:34:16: rWmc8odQao
うーん…個人的には小沢氏か森ゆうこ氏になってもらいたいけど、川内博史氏でもいいけど。

ただひとつ言えるのは、こういう輩は即刻クビにしてほしいし、次の政権でも入閣させないでほしいです。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381949EE3E0E2E7908DE3E0E2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

現実的には「公明党がOKを出す相手」ではないでしょうか。それとも永遠に「ねじれ」でいくつもりなのか…


09. 2011年4月13日 19:19:00: bAeNGmt5TI
いいから、うだうだ言ってないで打倒してよ。妥協じゃないよダトウだよ。

菅は年内もたない、2月危機だ、やれ3月危機だ、あら大震災だ。
「この危急存亡の折に打倒などと言ってられない」とかなんとか理由つけて・・・

結局この半年、掛け声ばかりで何も変わってないさね。
まさに負け犬の遠吠え。
あんたら腰抜けにはなーんも期待できません。きっぱり。


10. 2011年4月14日 06:14:13: cSzRBQUUZo
4さまの投稿して下さった記事。
原口氏「財源再建については、菅総理は翌日の記者会見で、わたしがその場で発言したことを踏まえた発言をして下ッていた。その点では心が通じたと思っている」
なんだかなー、原口さん 外野の私から見たら《カンの身に付いた癖 ただの抱きつき》しっかりしてよ。

11. 2011年4月14日 10:23:35: 5mLzBGNdZw
菅直人と同じく黙ったままじっと時期を待っている原口は信用できない。
小沢一郎に風が吹けば、総理の椅子が自分に転がり込んでくると錯覚しているのではないだろうか?
政界はそんなに甘くは無い。
親小沢派の議員としては、積極果敢な森ゆうこ議員の方が何倍も信用できる。


12. 2011年4月14日 11:02:39: F3XyWpQdbs
原口氏は次世代をになう民主党の第一候補であることは間違いないだろう。
全国的に民主党が退潮のなかで
自民党の強い佐賀県でも、民主党の県会議員を3名から4名に増やした。
常日頃から国民生活第一で一貫して小沢氏とも連携し
総務相時代からの地域主権改革へのぶれない姿が評価されている。
原発についてもヒバクシャ救済の活動を続けてきている。

ツイッターをみても、
いちはやく震災救済の方針と姿勢を明確にし、
維新の会のメンバーが現地にはいり
本当に必要な救援体制の確立に、総務省人脈をつかって迅速に対応している。

川内博史氏・森ゆう子氏、階猛氏らとの同志的結合もある。
菅派にも物がいえる1人でもある。
民主党外では、河村市長と小沢氏とを結びつける働きもしている。
あたりのやわらかさは、ウイングを広げることにつながっている。
ただし、長所は弱点でもあり、明確に強い姿勢が打ち出せるかが課題ではある。

したがって、
本来なら、原口氏、細野氏は次世代候補なので
小沢総理、原口官房長官、細野幹事長あたりが、逆でもよいが
現時点で最強の挙国一致内閣になるのだろうと考えるが、
まだ小沢氏が動けない状況であるならば、原口氏が代表になって
小沢氏に思う存分働いてもらう方向に転換するのもありかなと思う。


13. 2011年4月14日 14:56:15: g9jLm1zljE
情報不足による直感的な見解ですが、原口さんより樽床さんのほうが好感を持ちますね。
若い政治家は経験を積むためには、困難な局面でも立ち向う心意気、勝ち負けよりも挑戦する気構えが
志の実践に必要な修業でもあるだと思います。
樽床さんが去年6月の代表選に、駆って出た時の行動力を評価したいだけです。


14. 2011年4月15日 10:53:37: SImKSU8Cjk
投稿者は、
「正統民主党」のなかで時代を担うと考えられる最有力候補の一人が原口一博氏であり、細野豪志氏である。」との言葉だが。

TVタックルに出ている原口氏はまだまだ修業を要し、細野碁石に至っては、尖閣ビデオ公開に絶対反対した人物、今は菅内閣の一員、将来に渡ってだめな男だ。

小沢派の中には、小沢氏筆頭にきら星のごとく人材が多い。
参院議長西岡氏は、小沢氏に並んで、次期総理にしたい人物、原口や細野など、まだまだ出る幕はない。

小沢派は、そろそろ菅民主党から離脱する時期ではないか、しからずんば、菅内閣と同類に見なされ、国民の支持が得られなくならないかと心配。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧