★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111 > 588.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
◎「倒閣の檄文」は小沢の自民党への秋波(永田町幹竹割り)
http://www.asyura2.com/11/senkyo111/msg/588.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 4 月 14 日 13:30:28: igsppGRN/E9PQ
 

◎「倒閣の檄文」は小沢の自民党への秋波
http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/2011-04-14
2011-04-14 07:34 :永田町幹竹割り

 矛盾とは本来の意味に加えて両立しがたい力関係も意味するが、民主党内の対立の構図はまさにその通りだ。首相・菅直人が大震災を「盾」に保身につとめれば、元代表・小沢一郎は、やはり大震災を「矛」にして菅を突く。13日には倒閣の檄文を飛ばした。両者とも震災対策を口実にしているが、根底には「被災者」はなく権力闘争のみがある。いかんともしがたい政権がまさに自家撞着に陥った民主党政権であろう。

 小沢の動きが「大震災政局」の焦点となるとみて注目していたが、先月末ころから不満を口にし始めた。3月30日に「自分なりに情報を集めているが、政府や東電の発表より悪い事態になっているようだ」とまず菅政権の原発事故への取り組みを批判。そして統一地方選惨敗が判明した11日、側近に「このままでは日本は駄目になる」と漏らし、12日には動きを急浮上させた。前首相・鳩山由紀夫に政権批判の檄文を共同で発表しようと持ちかけたのだ。さすがに鳩山は統一地方選の後半戦があることを理由に尻込みした。結局一人で出した檄文の内容は「菅直人首相自身のリーダーシップの見えないままの無責任な内閣の対応は、今後、さらなる災禍を招きかねない状況となっています」と首相を名指しで倒閣を前面に出したものだ。まさに敵の罪悪などを挙げ、自分の信義を述べる檄文そのものだ。しかし同日夜にはアクセルをふかしすぎたと思ったか、「連休前にも菅を倒すべきだ」とする若手議員らに「統一地方選挙後半戦で負けても菅は辞めまい。今は動くべきタイミングではない。やがては政権がおかしいと思う人が広がりを見せてくる」とブレーキを踏むことも忘れなかった。党員資格停止中で刑事被告人の自分が動き始めたことに、野党や世論がどう反応するか見極めているのだ。

 小沢がどのような戦略を描いているかだが、ポイントの一つは自民党が菅を倒すためには「悪魔」とでも手を組むつもりになるかどうかだ。12日夜には筆者と全く同じ見解を若手議員らに示した。「首相を倒すのは内閣不信任案の可決しかない」と述べたのだ。この発言は明らかに野党と手を組むことも選択肢の一つに入れていることを物語る。小沢の行動の軌跡をたどれば、自民党に所属しながら宮沢内閣不信任案に同調、離党したことが物語るように目的の達成のためには手段を選ばない。朝日新聞によると「民主党がダメっちゅうなら憲政の常道として俺は谷垣総理でもいい」と漏らしているという。明らかに檄文は、自民党を意識したものであると同時に“大連立”まで視野に入れていることが分かる。自民党に対する秋波であることは明確だ。しかし自民党は「小沢批判」で、支持層を挽回してきたところがあり、いまさら「政治とかね」の象徴と表だって「組む」わけにも行くまい。もっとも小沢勢力が民主党を割るような場合にはどうなるかだが、政治は弾みがあるから、野党の提出する不信任案に同調することを拒むものでもあるまい。連休明けに向けてこの辺の裏取引が成立するかどうかも見所だ。不信任案が不可能なら野党だけで問責決議を可決させるという手もある。小沢グループは同調するかも知れない。

 こうした中で、震災を「盾」にするはずの菅がとんでもない発言をした。福島第一原子力発電所周辺の避難対象区域について、「当面住めないだろう。10年住めないのか、20年住めないのか。そういう人を住まわせるエコタウンのような都市を考えなければならない」と述べたのだ。さすがに後で気付いて急きょ否定したが、「20年住めない」発言となって列島を駆け巡った。現地の町長からは涙ながらの反発が生じた。広野町の山田基星町長は「首相という立場の人が、いとも簡単に発するべき言葉ではない。事前に自治体に説明もない」と憤まんをぶちまける。

 菅は原発事故直後「東日本が潰れるというようなことも想定しなければならない」と無知をさらけ出す発言をしているが、全く事故への判断を間違い“風評源”になってしまった。首相は三流評論家ではない。「住めない」なら何が何でも「住めるようにする」のだ。危機における首相は、自らがどうするかの明確な“意思”を前面に打ち出さなければならないのだ。「20年発言」は、小沢が檄文で、菅による「さらなる災禍」を予言した直後のことだ。まさに菅にしてさもありなんという発言であり、政界の追及材料に加わった。原発事故での初動の遅れと誤判断、もはや取り返しの付かぬ“風評”を招いた「レベル7宣言」、そして被災地の感情逆なで発言と、菅発の「失政」が止まらない。第1次補正予算案の処理など緊急地震対策が一段落した段階で、連休明けから終盤国会にかけて首相は代えた方がよい。いまや首相自身が「国難」と思いたくなる状況だ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月14日 14:13:36: iCmOv5EVUM
小沢さん声を上げてくれて有難う。
東北の民を代弁してくれて有難う。と、言う声が聞こえてくるような気がする。

今度はメディアも静かにしていてほしい。
協力してほしい。
本当に、被災者の方達を心配しているのならね。
本当に、日本の事、心配しているのならね。
人の心を持っているのならね。
協力してほしい。


02. 2011年4月14日 16:54:01: zgagq3xQ8I
これは、自民党に政権を早く奪還してもらいたい自民党信者である「永田町竹割り」氏による妄想・願望の類だな。

そもそも、マニフェスト遵守派の小沢派と、
「4K」を掲げ、マニフェスト全否定の自民党、
どうやって組むんだ?

菅政権に対して、「マニフェストを守れ!」といって批判してきた小沢派と
「マニフェストをすべて放棄せよ!」などと子ども手当てなどの白紙撤回を求めている自民党。

論理的に考えて、説明責任は困難。

絶対に有り得ないが、マニフェスト全否定の自民党の谷垣を総理にしたら、
小沢派はオシマイ。菅以下になってしまう。


03. 2011年4月14日 17:17:45: 4WV2HM1H9Y

国難どころか、世界的有事なのである、当初から国内外の全てに協力・動員を要請しなかった現内閣に問題の責任は帰結する。

これまでの諸処の問題と同様、他人の責任は激しく追及するくせに、自己の責任は平気で放棄する現総理・内閣を一刻も早く一掃しなければ事態は良い方向に向かわない。


04. 2011年4月14日 17:43:25: vvs9kptwvk
永田町のぼけ頭割りィ? で、ばか株検事ィ?

05. 2011年4月14日 20:37:48: tRdNTeoJ5o
産経系列のメディアが盛んに菅倒閣の狼煙を小沢一郎が上げたとおとといあたりから流している。
記事の文中に出てくる小沢の菅の対応に対する批判は倒幕とか降ろしとかいう前にトップとしてなっていないことへの苛立ちが主であり、辞めろとは言っていない。
辞めろというのは西岡であったり若手であったりしており、連立では亀井は考えを改めて小沢の力を借りろと菅を諌めている。
ピーチクパーチク言うのは端の連中や小言の多いご隠居衆の役目であり、重鎮や実力者が付和雷同に浮かれて政局を持ち出せばマスコミはそれ見たことかとまた批判するのだろうから、彼らはそんなことはやらないし言わない。
同じことを自民党がやりだした。自民党は表向き、菅の辞任を求めているがその実菅が居座ってくれるのを歓迎している。
解散もできまい。東北があんなでは総選挙などできない。菅はそれを見越して総理の唯一の専権事項、辞任解散総選挙が遠のいたので2年安泰だと嘯いた(発言が本当だったのかという疑問符はつくが)。
菅が降りれば自民にとって換骨堕胎、民主党の首根っこを押さえて連立が組める。
ただし、小沢とは一線を画す。
亀井はそこを読んで小沢を閣内に入れろと進言しているわけだ。小沢が閣内にいれば公明党は協力体制を組むだろうし、谷垣や石原の民主乗っ取り計画も終わってしまう。
下手をすれば自民のほうが小沢の磁場に吸い寄せられてしまうだろう。
菅が小沢の力を借りて自民の企てに対抗する決断の踏ん切りができれば苦労はないが、おそらく無理だろう。
熟した柿の実が落ちるまで待てない、党内外から竹ざおでつつかれて落とされるよう
に菅の寿命は尽きようとしているのは間違いはないが、それを小沢一郎が画策しているなどというアテ推量記事はいかにもマスコミの作文というほかないだろう。

06. 2011年4月14日 23:07:12: EHZGrxlplH
ついに馬脚を現したようだな
小澤は自民党の回し者だったということだろ
以前から自民党的利権政治屋臭がプンプンしてたけどね

07. 2011年4月14日 23:42:32: WBpywHtE5w
小沢氏は与党の幹事長に返り咲いて思う存分復興に力を注いでほしい。

もちろん菅を下ろしてのことだが。


08. 2011年4月15日 11:08:49: 5mLzBGNdZw
権力闘争との認識は、ナンセンス!
菅直人が一方的に怯えているだけの話。
分かったようなことをグダグダ書くなよ。

09. 2011年4月15日 15:29:00: SImKSU8Cjk
小沢氏は、小沢派、鳩山派、国民新党、西岡参院議長、河村減税党、自民党経世会を統合し、「国民主権党」を創設すべし。

このまま民主党に籍を置いていると菅一派と同一視され、国民は小沢氏をも支持しなくなってしまう。

菅と菅内閣は、衆議院でも少数派にして、自主解散へ追い込み、小沢氏か西岡氏が総理大臣になる政権への交代がベター。

災害復興税の創設は、本末転倒、国の組織を転換し、特別会計を湯水のように喰う無駄な独法廃止が先決事項、地震津波火事親父は、古来自己負担が原則、過去の津波高を教訓に、それ以下の地は住宅不適地、そのような危険地に自宅を建てた人は、天災に対し余りに無防備。
久慈市の海岸国道45号線には、過去の津波の高さが、至る所に表示されているのだ。これは絶対に守るべき指標であったはず。

今後はこの指標以上の地に、津波を避けて、住んで頂きたい。
東東北の方々は、山梨の移住者が多く、純粋な弥生人、一重まぶたで色白美男美女。その血を受けた可愛い子供達を守って頂きたい。

インフラ整備は、行政の責任、であるなら菅内閣は、国費のムダを先に無くしてその余剰金で行え。

ただし、福島原発災害は、国策の人災、菅内閣の責任で財源を創り、十分な保証をすべし。


10. 2011年4月15日 16:09:13: HalrJpixX2
mattaku sonotoori
まったく その通り、
、「20年住めない」発言となって列島を駆け巡った。現地の町長からは涙ながらの反発が生じた。広野町の山田基星町長は「首相という立場の人が、いとも簡単に発するべき言葉ではない。事前に自治体に説明もない」と憤まんをぶちまける。

 菅は原発事故直後「東日本が潰れるというようなことも想定しなければならない」と無知をさらけ出す発言をしているが、全く事故への判断を間違い“風評源”になってしまった。首相は三流評論家ではない。「住めない」なら何が何でも「住めるようにする」のだ。危機における首相は、自らがどうするかの明確な“意思”を前面に打ち出さなければならないのだ。「20年発言」は、小沢が檄文で、菅による「さらなる災禍」を予言した直後のことだ。まさに菅にしてさもありなんという発言であり、政界の追及材料に加わった。原発事故での初動の遅れと誤判断、もはや取り返しの付かぬ“風評”を招いた「レベル7宣言」、そして被災地の感情逆なで発言と、菅発の「失政」が止まらない。第1次補正予算案の処理など緊急地震対策が一段落した段階で、連休明けから終盤国会にかけて首相は代えた方がよい。いまや首相自身が「国難」と思える状況だ。

管は去れ 直人KANは去れ!


11. 2011年4月15日 17:27:50: LLyrxUA7Bw
菅よ去れ。私たちの願い、菅よ 去れ。
   菅よ去れ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK111掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧