★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112 > 244.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
脱原発孫正義は経済界の小沢一郎だ (ryuubufanのジオログ )
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/244.html
投稿者 七転八起 日時 2011 年 4 月 25 日 22:31:57: FjY83HydhgNT2
 

http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/ryuubufan/view/20110425


 脱原発孫正義は経済界の小沢一郎だ

100億円寄付の孫正義、脱原発明言孫正義に非常な関心を持っている。

 統一地方選後半戦が終わった。赤い民主の大惨敗とまでは行かなかったがかなりの負けだ。予定通り菅降ろしが始まると期待する。

 ちょっと驚くのが、脱原発候補者が伸びていないという記事。この意味する所は、日本国民の民度の低さだ。デマゴミの誘導が功を奏している。直ちに健康に影響はないという呪文の繰り返しが、原発の争点化を防いでいる。保坂展人位の有名人にならないと、脱原発の訴えは有権者の心に浸透しない。有権者にとって無名の地方議員候補者あたりの脱原発の訴えは、デマゴミの安全のバカの壁を乗り越えられない。日本国民はデマゴミに意識を握られている。この部分を乗り越えなければならない。

 この意味で孫正義の100億円寄付と脱原発宣言のインパクトの意味を知る。孫という人物については本当のところ良く知らない。ネット上ではいろいろ言われている。特に副島氏の言説が気になる。しかしそれでも、今回の孫の脱原発宣言は巨大なインパクトを与えた。これは事実である。城南信用金庫の1万倍のインパクトと言わねばならない。

 ソフトバンクケータイを一体どれだけの人が持っているか。孫はもう自らの巨大メディアを持っている。企業家という者は冷徹な判断力を持っている。孫自身の脱原発宣言の意味を考えれば、ソフトバンクの経営にも大きなマイナスが出かねないのであり、一ヶ月悩み抜いたと言う孫の言葉が理解できる。しかし、孫が持つ資源を使いこなせば脱原発宣言が寧ろプラスに作用すると計算できたのだろう。孫の行動と発言は実現可能性の裏づけを持っていると見なくてはならない。100億円寄付と脱原発宣言のプレゼンテーションは、旧体制にとっては正に想定外の大激震であり、大津波発生の危険を伴うのだ。

 孫は原発について洗脳されていたと言った。国民皆そうである。その洗脳効果は今でさえまだ生きている。選挙がそれを示している。原発が2,3個大爆発しないとこの洗脳は解けないだろう。小沢悪人視の国民世論はそういうものだ。そんな国民世論に孫が強烈な働きかけをこれからヤル訳である。真実を知れば、国民は目覚める。洗脳は解ける。孫は洗脳を解く手段を持っている。孫は洗脳解除に乗り出したのだ。

 この事態を驚きを以て受け止めない事などあり得ない。一体孫とはどういう人物なのか? 根本から知りたい。孫は本当に信頼できるのか? 徐々に考えを深めて行きたいが、今思うのはあまりの衝撃が孫を一気に小沢に並ぶ程の存在としているというものだ。

 もしかして、孫と小沢は繋がっているんじゃないのか? 小沢の原発政策については過去の事は知らない。もしかしたら原発推進だったかも知れない。とに角国民皆が洗脳状態の中では、それもあり得たかも知れない。原発は全然争点になっていなかった。問題は、今である。小沢は原発は過渡期のエネルギーと言った。太陽光発電などに移行すべきと言った。ココが重要だ。政治は現実であり計算でもある。現実を踏まえて理想を目指すというのが、政治家たる者である。原発について小沢は当然OKだ。国民の命と生活が第一の小沢が、脱原発を今言うのは当たり前。

 政治の世界で最大の存在である小沢と、孫が脱原発に関して意思の疎通を図っていない事があるだろうか。政治の世界で小沢が脱原発を明言している事を孫が見逃している筈がない。100億円寄付のインパクトは小沢にも行ってる筈。小沢と孫が何らかの繋がりがあると見るのが合理的だ。孫の脱原発宣言はあらゆる計算の上に行われたと見るべき。

 孫は旧体制の一線を踏み越えた。国家の存亡の危機に立ち上がったのだ。このままではこの国は滅亡に向かうと判断して、興国の意志も持って孫は脱原発を大宣言した。これはもう歴史的行動であり、小沢と同じ領域の行動だ。旧体制を追い込む強烈な力が経済界から出てきた。小沢と孫はきっと両輪となって冷血政治を終わらせるだろう。

 今のところ、こんな判断を持っている。事態の流れを注意深く見て行く

 孫正義は正義のために命を懸ける覚悟していた!!


 孫脱原発宣言会見を全部見た。驚いた。この前は40分ほど見ただけだった。それでも十分わかったのだが、さらに驚きの念を禁じ得なかった。

 孫は権力に狙われる可能性も知っていた。権力の抵抗も勿論織り込み済みだった。従って、自らの行動がドンキホーテになりかねない事も予感するものがあった。シカシ、それでも敢えて行動を決意したのは、この日本を救う為、子供や孫の世代を救う為だった。正義の為にやらなくちゃいかん事もある!!と、孫は言ったのだ。武士の魂だ。企業を興す人間の魂というものは凄まじいものなのだ。官僚らと正に対極にある。自らが興した企業は今や大企業だ。何もそこから外れて行動する必要など全くない。シカシ、国が国民が国難に遭遇した時、企業を興した原点の魂が生々しく甦った。

 孫は人々の幸せの為にインターネット企業を興した。大成功した。総資産6000億円以上。100億円の寄付くらい大した話じゃない。おそらくさらに逐次投入して行くだろう。孫は大きな立場に立った。国家国民を捉えられる立場に立てた。そこで3・11大国難に遭遇した。孫にとって第2の創業の機会と状況が生まれた。孫にとっての覚悟は今回の方が遥かに大きい。前回はまずは自らの為があった。今回はそれは無い。あるとすれば、自らの究極の理想の為だ。孫は精神世界の満足に全ての目標を設定したのだ。国民、次の世代の国民の幸福、当たり前の生活が守られる事に、自らが生きている事の意味を見出す決意をした。

 これって完全に浮世離れした世界の話だ。普通人が言うならせせら笑われる。しかし孫は経済の世界で日本一成功した人間だ。孫が言うなら誰もが耳を傾け、熱い思いを共有できる。しかしだからこそ悪徳権力が立ち塞がる。孫は理想のために、現実と戦う決意をした。その事が見事に出ていた会見であった。その決意に驚いたのだ。100億円はその決意から出たのだ。単なる被災者支援じゃない。売名行為? アホか。権力と戦う覚悟が100億円を当たり前に出させたのだ。孫は現実の被災者のみならず、将来の被災者をも見据えていた。今の被災者も救い、未来の被災者を生まない。その為にはどうしても脱原発を国家エネルギー政策として確定させなければならない。戦う覚悟なくしてあり得ない事である。

 会見の最後の方で、質問者から小沢と孫のジョイントを促す意見が出た。孫は笑って答えなかった。答えられる訳がない。この場面を見た時、孫と小沢は繋がりがあると思った。目標が同じだよ。置かれた厳しい状況も同じだ。力を合わせるのは当然だ。小沢は権力を使って目標を実現しようとする。孫に今できる事は金を出す事だ。孫はネットメディアも育てるつもりだ。デマゴミ対抗だ。山崎氏が大っ嫌いな上杉が暫定代表の自由報道協会に支援をする。これはいい事だ。ネットメディアを力のあるメディアにすれば、デマゴミの力を殺ぐ事ができる。孫は小沢のパートナーになれるだろう。我々も徹底的に支援して行かねばならない!!  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月25日 22:35:42: qqCNcK3o9g
「大本営発表」とは何か?上杉隆よ、「大本営発表」による情報統制と情報隠蔽が240万人の日本人の命を奪うことになってしまったというのか?馬鹿も休み休み言いたまえ。 - 文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』


上杉隆が、原発事故報道批判の延長で、しきりに戦時中の「大本営発表」と同じようなものだという表現をしている。上杉は、「大本営発表」とは何か、についてまともに考えたことがあるのか。戦後、流通した「通説」(流言飛語)を鵜呑みにしているだけではないのか。「大本営発表」の何処が悪いのか? 上杉は、「週刊金曜日」「週刊読書人」で、まったく同じ内容の発言をしている。そこで「大本営発表=情報隠蔽=情報統制=悪」を自明の真理のごとく批判している。戦時下にも、情報隠蔽や情報統制はあってはならないのか。戦時中のような「非常事態宣言」下に「情報統制」が行われるのは当然だろ?上杉は、ガダルカナルやミッドウェーに関する「大本営発表」による虚偽報道や情報隠蔽が、「最終的に240万人の日本人の命を奪うことになってしまった。それとまったく同じことが、同じ構造の元に、今再び起こっている」(「週刊読書人」4/22号)と言っている。240万人の死者は「大本営発表」の結果だと?(笑) 上杉よ、「大本営発表」ではなく、「自由報道協会」レベルのフリージャーナリストがいて、「自由報道」を続けたならば、240万人の死者は出なかったというのか? たしかに「大東亜戦争」そのものがなかったら戦死者はゼロだったかもしれない。では、あの戦争は、やるべきではなかった、と言うのか?欧米政府、欧米メディアは、今回の中東ツイッターやフェイスブックというメディアによる革命劇において、さかんに情報統制や情報弾圧を批判・告発している。では、欧米先進国には情報統制や情報隠蔽がないのか。9.11以後の米国は?何故、ウイキーリークスの某は逃げ回らなければならなかったのか?「国家には生き残りの本能がある」と言ったのは佐藤優だが、もし国家が非常時を乗り越えて生き延びようとしたら、まっさきにやることは情報統制ではないのか。国家の存在そのものを否定するなら別だが、国家が自滅・死滅しないためには、国家機密、軍事機密など、最低限の情報統制は不可避だろう。情報公開がなされていたら戦争にはならなかった、と考えるのか?そもそも「大東亜戦争」に反対した日本人はごくごく少数である。小林秀雄や西田幾多郎のような一流の知識人も、そして多くの国民も、欧米帝国主義に対して、「欧米中心主義を排す」という世界史的意義を自覚して戦争に立ち上がったのだ。小林よしのりや上杉隆のような、知ったかぶり、パクリ、いいとこどり・・・という通俗きわまりない手法しか持ちえない連中が何を書こうと構わない。しかし、彼らを代表的な言論人として持て囃すマスコミや国民を見ていると、日本人の思想的レベルは戦前の、あるいは戦時中のそれに遠く及ばないと思う。ところが、嘘か真実か確認していないが、こんな書き込みが。「気になったのが上杉氏の最後の挨拶。孫さんからのスタジオやサーバー使用の便宜、寄付への感謝をしていた。記者クラブの地代や電話代を各省庁が負担しているのを、非記者クラブメディアは批判していたはず。」という情報が。えっ?上杉隆のスポンサーが孫ソフトバンクだと?笑える話である。


02. 2011年4月25日 23:03:51: UfzD6ugszE
確かに小沢さんと孫氏が連携すれば、バカげた現民主政権や自公政権のような状態から、脱却できる可能性がありそう。

その期待を込めて、孫氏についてもう少し勉強してみよう。


03. 2011年4月25日 23:33:42: S1Vn7LlGrs
>>01
もったいぶった、屁理屈こねるなよ。論理破綻。アタマ悪いのが、すぐ判るぜ(笑)。

04. 2011年4月26日 01:19:24: dv1PHh8yUs
ほんとだ、01は頭悪いな。

05. 2011年4月26日 02:54:03: 4IoFwq6fRU
孫さんの寄付は、営利団体としての報道機関に対してではなく、
「自由」報道協会に対してのもの。

そこには、ソフトバンクなり孫さんなりが不当な行為をすれば、
厳しい質問や論陣が張られてしかるべき、という意味も当然
込められている。

「スポンサー」などというものでないことは、誰の目にも明らかです。

山崎行太郎氏にこのところ幻滅しかかっていましたが、この文章で
決定的になりました。


06. 2011年4月26日 03:11:45: tgygGCo5OI
どうもこの国には「立ち上がる人をよってたかった叩くシステム」
が起動しているようだ。01もそうなんだろう。
孫正義さん、ありがとう&期待してます。

07. 2011年4月26日 05:36:14: uXNKx3i67U
国家が自滅しないためには情報統制云々・・・・

この場合

国家=管内閣
国家=東京電力
国家=保安院

ってことですよね。


08. 2011年4月26日 06:13:42: xwhpzGAcEs
01. 頭悪くないと思うよ バイト代のためにこれだけ自分でも思っていない理屈を作り上げられるんだから きちんと自分の思っていることにこの頭を使えばね
ア・・・仙石みたいになるか

--上杉隆が、原発事故報道批判の延長で、しきりに戦時中の「大本営発表」と同じようなものだという表現をしている。上杉は、「大本営発表」とは何か、についてまともに考えたことがあるのか。戦後、流通した「通説」(流言飛語)を鵜呑みにしているだけではないのか。

そのどこが悪い? 鵜呑み? 鵜呑みというのは一+一=二です はいそうですか
が鵜呑み
それであるにしても結果が正しいものはは正しい
ましてや彼は充分にこの概念を検証して使っている 
そのうえでの一+一=二です

--「大本営発表」の何処が悪いのか?

原発報道でもわかるように権力を持つものが 自己の利益のために
事実を捻じ曲げて多数の犠牲者が出ることを強いる情報操作をするわけだから
犠牲にさせられる側にとっては「全部」が悪い
その情報操作に自己利益を計る個人・階層にとっては
「どこが悪いか」となる


--上杉は、「週刊金曜日」「週刊読書人」で、まったく同じ内容の発言をしている。そこで「大本営発表=情報隠蔽==悪」を自明の真理のごとく批判している。

自明の理である 
国民が事実にもとずいた戦争指導で戦争協力をしたのでないから敗戦後事実と経過が知らされた時
そのショックとギャップで教科書に墨を塗られても容易に受け入れた
そして自分たちの歴史を経ずに中途半端な形で民主主義を押し付け?
られ 血と命の代償として勝ち取った民主主義との差異の生じる根本的原因になっている
日本にとって現在的には大本営発表=情報隠蔽は 敗戦の罪よりここにある

明治維新でフランス的理念を憲法の基本に導入したとして その意味をどれくらいの国民が理解できたか
誤解を承知の上で言うとイスラム教徒の国家に占領軍が男女同権を導入しようとしても簡単ではないはずだ

真の民主主義の尊さはその国民が払った犠牲の量だけ身に着く
だから日本ではあなたのような身に付かない逆説的な理屈で
アルバイト代を稼ごうとする馬鹿が出てくる

--戦時下にも、情報隠蔽や情報統制はあってはならないの戦時中のような「非常事態宣言」下に「情報統制」が行われるのは当然だろか。?

戦時中のような「非常事態宣言」下に「情報統制」が行なわれていること認めてているわけですね
では上杉はその問題では全く正しい

以下は全く言語・文脈 支離滅裂

--上杉は、ガダルカナルやミッドウェーに関する「大本営発表」による虚偽報道や情報隠蔽が、「最終的に240万人の日本人の命を奪うことになってしまった。それとまったく同じことが、同じ構造の元に、今再び起こっている」(「週刊読書人」4/22号)と言っている。240万人の死者は「大本営発表」の結果だと?

そのとおりではないか
国難・国の存在を分かつ時点で国民の支持を得られない国家政策は成り立たない
しかし士農工商の尻尾をつけたままの国民は民主主義や国際感覚もなく
「非常事態宣言」「情報統制」下の国の宣伝・朝日等マスコミの報道の中からしかその進路を考えられなかった
彼らは本土決戦まであおった
そして国民はそれを熱狂的に支持した
その中での「240万人の死者」だ
それが事実だ


--(笑) 上杉よ、「大本営発表」ではなく、「自由報道協会」レベルのフリージャーナリストがいて、「自由報道」を続けたならば、240万人の死者は出なかったというのか? 

現実はそういう人がいた 共産党等それに逆らった人たちも少数ながらいた
おっしゃるように当然力及ばなかった だけではなくその中から多数の特高・検察による犠牲者を出した
だがそれをまた「大本営発表」でまた240万人の死者をだすことを是とする事とどう結びつけるのだ
あなたは負けると思っていても「聖戦続行」叫び
その中で自分の金儲けを考える人でしょう

--たしかに「大東亜戦争」そのものがなかったら戦死者はゼロだったかもしれない。では、あの戦争は、やるべきではなかった、と言うのか?

当然やるべきではなかった
国として未熟で国際政治の動向 国家戦略 彼我の力関係 この戦争はすべてを計算から外していた
兵は勝つ計算のもとに起こすものだ
海軍のなんとか軍神のように一年間は暴れて見せますで始めるものではない

以下は文意・文脈不明 支離滅裂
しかしあえていう

--欧米政府、欧米メディアは、今回の中東ツイッターやフェイスブックというメディアによる革命劇において、さかんに情報統制や情報弾圧を批判・告発している。

批判・告発されているんだろ

--では、欧米先進国には情報統制や情報隠蔽がないのか。9.11以後の米国は?何故、ウイキーリークスの某は逃げ回らなければならなかったのか?

批判・告発されているんだろ
当然君も批判・告発される存在

--「国家には生き残りの本能がある」と言ったのは佐藤優だが、もし国家が非常時を乗り越えて生き延びようとしたら、まっさきにやることは情報統制ではないのか。国家の存在そのものを否定するなら別だが、国家が自滅・死滅しないためには、国家機密、軍事機密など、最低限の情報統制は不可避だろう。

国家には二つの意味がある
一つは郷土や家族・国民そういったもの
もう一つはそれを支配制御するための国家-軍隊・警察・官僚-
この二つは敵対する時もある
 国家機密、軍事機密など、最低限の情報統制が強ければ強いほど両者は対立している時
両者が融合している時そんなものは必要ないはず
あなたは前の国家を犠牲にして後ろの国家に奉仕しろと言っている
これは逆だというのが私の発想

--情報公開がなされていたら戦争にはならなかった、と考えるのか?
そもそも「大東亜戦争」に反対した日本人はごくごく少数である。

対中国戦争はともかく対米戦争は軍部内・政府上層部ですら
勝てる成算がない開戦をした
そのことを--情報公開されていなかったから「大東亜戦争」に反対した日本人はごくごく少数である--となったのでしょ
そして悲惨な敗戦
・・日清・日ロ・朝鮮併合・日中戦争・・この問題はあなたの思うほど単純じゃない

論理矛盾

--小林秀雄や西田幾多郎のような一流の知識人も、そして多くの国民も、欧米帝国主義に対して、「欧米中心主義を排す」という世界史的意義を自覚して戦争に立ち上がったのだ。

帝国主義「欧米中心主義を排す」そうですね
でも日本が変わって植民地主義侵略国家の汚名を着せられるような国家行動をとることは期待していなかったのでは

--小林よしのりや上杉隆のような、知ったかぶり、パクリ、いいとこどり・・・という通俗きわまりない手法しか持ちえない連中が何を書こうと構わない。しかし、彼らを代表的な言論人として持て囃すマスコミや国民を見ていると、


--小林よしのりや上杉隆を代表的な言論人として持て囃すマスコミや国民

そう有時代が来ればいいですね 彼らは大マスコミに敵視されやむを得ず
独自の道を切り開いていますよ
朝日等のサラリーマンジャーナリストたちと同列にしか見れないとしたら どこに目耳頭は付いているのです

--日本人の思想的レベルは戦前の、あるいは戦時中のそれに遠く及ばないと思う。

自省の言葉ですね 
最近のアルバイト右翼は黒龍会等のレベルにはとうてい及ばない
せいぜい満州浪人 満ゴロなみだ

--ところが、嘘か真実か確認していないが、こんな書き込みが。「気になったのが上杉氏の最後の挨拶。孫さんからのスタジオやサーバー使用の便宜、寄付への感謝をしていた。記者クラブの地代や電話代を各省庁が負担しているのを、非記者クラブメディアは批判していたはず。」という情報が。えっ?上杉隆のスポンサーが孫ソフトバンクだと?笑える話である。


こういうのをデマという
まず一つ
原発の風評被害の根本の発信源は東電 政府
この話はそれより質が悪い
「小沢問題も検察関係の話では」との無責任なリーク記事の大津波
発信源と自己検証したうえでの根拠をを明記しろ
あ・・ アルバイト工作員には無理か  
孫があの提案で最低120億の義捐金を出し
クリーンエネルギーを提案し開発して儲ける
それはエジソンが電球を発明してその結果大金儲けをしたように正しい

ありえないとは思うが
そこから上杉の活動に活動資金が出ていても
明治維新の長崎・大浦 下関・白石の志士支援というものだ
原発のように 政官財マスごみ学会の 自己利益だけのための大本営発表に援護され国民の長期的な犠牲と何万年かかるか分からない後始末の上に成り立つ金儲けとは根本的に違う

--「大本営発表」とは何か?上杉隆よ、「大本営発表」による情報統制と情報隠蔽が240万人の日本人の命を奪うことになってしまったというのか?馬鹿も休み休み言いたまえ。 - 文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』

ならなかったというのか 馬鹿も休み休み言いたまえ。
-えせ 文藝評論家=山崎行太郎


09. 2011年4月26日 07:13:52: 4KI5hpcmkQ

100億円寄付の孫正義、

検察は?脱原発明言孫正義に非常な関心を持っている。

検察は、孫正義氏を狙わないことを祈るのみだ。


10. 2011年4月26日 08:16:26: UfzD6ugszE
核武装推進論者の山崎としては、脱原発につながる話は認めたくないんでしょう。

だから孫さんや上杉さんを目の敵にするんでは?

所詮時代錯誤のウヨ評論家です。


11. 2011年4月26日 09:14:45: eJcwQUA9aU
脱原発は誰もが望むところです。危険な原発は好まないし、二酸化炭素を撒き散らす火力発電も要らない。家庭は太陽光発電とガス冷暖房で賄うとして製造業は如何すればよいのかわからない。原発は製造業のために在るのかな?!

12. 2011年4月26日 09:59:26: WXjIuOeGmg
08さんのコメントを読むと‘文藝や哲学を知らずして政治や経済を語るなかれ、
の山崎さんもガタガタだなあ。前は俺の好きな小沢さんを、擁護するようなブログ
だったのに、上杉さんが嫌いだから孫さんも小沢さんも嫌いになられたのですか?

13. 2011年4月26日 14:01:30: UUviYBAJUk
>8さん
長い!!
自分に酔っているみたい

文章は読みやすく分かりやすくお願いします。

頭が悪いので…。


14. 2011年4月26日 17:18:42: WXjIuOeGmg
08さん、がんばれ!

15. 2011年4月27日 00:24:37: XjcdpiivmU
大本営発表は別に太平洋戦争の時だけあった訳ではなく、満州事変、支那事変の頃からすでに軍部とマスコミはズブズブで、国民は扇動されていたのだ。
三国同盟や軍縮同盟脱退もしかりで、だから米英に対する開戦に対して、今の多くの国民同様、マスコミを盲信していた当時の国民も反対する事はなかった訳だ。

また、大きな勝利を目指して局地的に「敵を欺くにはまず味方から」で、誤った報道を意図的に流すのであればまだ理解できるが、そもそも大局的な勝利の目算も、終戦への手立てもなく、単にジリ貧を嫌って始めた戦争であり、勝った勝ったを連呼し続けて、どんどん戦場が本土に迫り、シーレーンは断たれ、生産活動は閉ざされ、連日連夜空襲に沖縄上陸に艦砲射撃、究極の特攻攻撃と、あたら貴重な生命を失ったのではないか。

国民を欺き続けたのは、単に開戦を決断した責任逃れ、終戦を決意し相手と交渉し、国民を導く責任逃れと思う。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧