★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112 > 425.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
住民の命守る金出さぬ菅直人氏を内閣参与が糾弾 (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/425.html
投稿者 祈り 日時 2011 年 4 月 30 日 12:25:07: HSKePa2Cm.aPs
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-0e74.html
2011年4月30日 (土)
住民の命守る金出さぬ菅直人氏を内閣参与が糾弾


 東京電力福島原子力発電所の放射能放出事故は、人類史上最悪のレベル7に区分された。原発原子炉は水棺方式で冷温停止に向かわせる方針が取られているが、放射能汚染水の原発地下への漏出の可能性が遮断されておらず、今後、重大な土壌汚染および地下水および海洋水汚染を引き起こす可能性がある。
 
 鳩山由紀夫前首相は菅直人氏にこの点を指摘したと考えられるが、現状ではこの提言が無視された形になっている。水棺方式では、原子炉格納容器の絶対的な強度が求められるが、この点に不安が残されており、早期にこの問題を全面的に解消することが求められる。
 
 福島原発放射能事故の処理に関しては、以下の三点を改めて確認しておく必要がある。
 
 第一は、近隣住民および近隣地域に居住する子どもの生命と健康を確実に守ることである。菅直人氏が今回の原発放射能事故への対応について、専門的見地からの助言を求めるため内閣官房参与に起用した小佐古敏荘・東京大教授が29日、30日付の辞表を提出した。
 
 小佐古氏は東京大工学部卒。東大助手などを経て05年に同教授。放射線の健康影響について勧告する国際組織、国際放射線防護委員会(ICRP)の委員を務めた経験があるほか、国の原子力政策を担う内閣府原子力委員会の専門部会でも委員を務めている。原子力の安全確保への貢献が評価され、08年に経済産業省から原子力安全功労者表彰を受けた。
 
 小佐古氏は、放射能に関する安全基準を設定するうえで専門的見地からの助言を受けるために、菅直人氏がわざわざ内閣官房参与に任命した学者である。
 
 小佐古氏は29日に行った記者会見で、なかでも福島県内の小学校や幼稚園などの利用基準で、被曝(ひばく)限度を年間20ミリシーベルトと設定していることを「とても許すことができない」と非難した。特に同県内の小学校などの校庭の利用に際し、この基準を使用することを問題視し、見直しを求めたが、政府はこの危険な基準を適用することを強行した。
 
 この点に関して小佐古氏は、「(小学生らに)無用な被曝をさせてはいけないと官邸に何度も言った。(このままだと)私の学者としての生命が終わる」と述べた。
 
 基準を厳しく設定すると、学童などの避難措置が必要になる地域が福島県伊達市や福島県福島市にまで拡大する。両市は人口密集地帯を含んでいるため、児童の健康被害を回避しようとすると、大きな財政負担が発生する。
 
 つまり、菅直人政権の基本スタンスは、国民の健康・安全と政府の財背負担を天秤にかけて、政府の財政支出負担を軽くするために、国民の健康や安全を犠牲にするというものである。この基本スタンスが改めて鮮明に示された。

 第二の問題もこれと密接に関わる問題であるが、東電福島原発で作業をしている労働者の被曝量管理が極めて杜撰であるとともに、その被曝量上限が場当たり的に撤廃されていることだ。小佐古内閣官房参与の辞任の原因のひとつでもある。
 
 原子力関連事業に従事する労働者の年間被曝量上限は100ミリシーベルトに定められている。一般個人の年間被曝量上限は10ミリシーベルトであるが、専門産業従事者には10倍の被曝が認められてきた。
 
 この基準が、今回、一気に250ミリシーベルトに引き上げられた。これも何ら明確な根拠のない暴挙である。
 
 菅直人政権は今回、さらにこの基準を撤廃して、年間500ミリシーベルトまで基準を引き下げようとしている
 
 そこまで、安全だと言い切るなら、少なくともまず、菅直人氏、枝野幸男氏、東電役員、原子力安全・保安院幹部、原子力委員会委員が全員、現場で作業して500ミリシーベルトの被曝をして、これだけ浴びてもまったく問題がないことを示してからにするべきである。
 
 事故を引き起こした責任ある者が安全な場所から命令を出すだけで、生命の危険を伴う作業を末端の名もなき労働者に強制することが許されるはずがない。
 
 枝野幸男氏は、原発から20キロの地点を視察する際に、防護服に防毒マスクで完全防護した姿でいたにもかかわらず、たった5分で現場をあとにした。腰ぬけである。
 
 政府と東電はこれだけの大惨事を引き起こしてしまったのである。すでに引き起こしてしまった過去を変えることはできないが、せめて、これ以上、原子力被害を出さないための万全の対応を取るべきではないのか。

 第三の問題は、東電の賠償責任である。原子力損害賠償法第三条には、「損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるとき」は、賠償責任が軽減されるとの規定があるが、今回の事故は、わずか115年前に発生した津波と同規模の津波によって発生したものであり、当然に求められた備えを怠っていたために発生したもので、100%の人災であるとしか言えない。
 
 したがって、東電に可能な限りの責任を求めるのは当然である。東電の能力を超える損害賠償責任は一般国民が肩代わりせざるを得ないが、一般国民に負担を求める限りは、資本市場のルールに基づく事故発生当事者の応分の責任処理が不可欠である。
 
 経営責任は厳しく問うが、事業そのものは継続させるのが
“too big to close”
(=大きすぎて閉鎖できない)
の原則である。
 かつての
“too big to fail”
(=大きすぎて倒産させられない)
では、責任追及が実現しないために構築された、新しい規準だ。
 
 責任ある当事者に応分の責任を問わず、救済してしまうと自己責任原則が崩壊してしまう。これを「モラル・ハザード」と呼ぶ。資本主義における企業責任処理においては、この「モラル・ハザード」を引き起こさないことが鉄則になる。
 
 財界首脳のなかに、「モラル・ハザード」を奨励する意見を示す例が散見されるが、そのような時代錯誤の発言を示す人物は、直ちに財界から身を引いて、企業経営を一から学び直すべきだ。財界そのものの見識が疑われる。
 
 政府は東電の免責を否定しているが、そうであるなら、その基本方針と整合的な問題処理スキームを提示する必要がある。
 
 同時に、国民の生命と健康を守ろうとしない菅政権を退場させることが先決である。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年4月30日 13:07:31: 8MsPo6spoo
被爆量の安全基準など世界中のどの学者もはっきりとは分からないのが現実だ。
人間からの安全数値を考えるか、国家経営の経済合理性の側からの妥協的な数値を
当てはめるかの選択であろう。
もちろん、菅政権の数値判断は予算執行の枠内でなるべく国家支出を削減することに重きが置かれている。
将来の日本を背負う幼少者の安全を守るまなざしなど少しも感じられない。
生命の危険の関するこのようなケースで、専門家の意見が分かれる場合、
より厳しい基準を尊重するというのが、対処マニュアルの基本である。
原則をはずす場合は、説明責任から逃れることはできない。
菅政権は被爆許容量に関し、よりゆるい基準の採用へと傾倒しているが、
十分な説明はどこにもない。
今回の小佐古氏抗議の辞任に対しても、専門家にはいろいろな意見があると
説明するのみである。

世界中が原発放射線漏れの被爆量に関し日本人の人体実験を注視しているのであるが、
日本はまるで菅直人歴史判断教の教祖に従っているようだ。
この状況の説明は、菅直人という人間が精神異常なのでも、発達障害なのだけでもない。
大きな歴史の切れ目に際し、日本国民が集団マゾヒズムに酔いしれているのではないか?
そう考えざるを得ない。


02. 2011年4月30日 13:26:01: rWmc8odQao
川内博史氏
「菅直人総理大臣が、学校の放射線量の基準値について、「原子力安全委員会の議論で決めた」と答弁。何度でも言います。安全委員会は、開会されていない。即ち、議論していない。なぜ、こんな答弁するのか、理解に苦しむ。」
https://twitter.com/#!/kawauchihiroshi/status/64181158258278400

菅氏はウソツキらしいです。
議論もしない。学者の意見も聞かない。すなわち経産官僚が決めたのです。それに文科省は反発した、ということでしょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。


03. 2011年4月30日 13:35:22: 6mp0wtFJYz
福島県最大の都市郡山市、第2の都市福島市は共に一時間当たり2マイクロシーベルト弱の線量があります。


仮に2マイクロで年間線量を計算すると


2×24×365=17520


約18ミリとなり偶然にも20ミリをなんとか下回ります。


04. 2011年4月30日 13:48:57: ez1tZHX06E
小佐古氏はこれで学者生命を生き延びたのであろうから、
これからは国民の生命を守る発言をどんどんして欲しい。
単に面倒から逃げ出したのではないと信じたいです。

05. 2011年4月30日 14:19:48: Cf7EUMRJzs

ついでに副島隆彦氏も「安全宣言」して福島まで行き、ビラまで配ってるそうです
から。廃炉の時は、学問道場会員60歳以上の皆様と決死隊になると宣言してたので
現場作業してユーチューブ動画配信してみれば?
小沢氏支持と言いつつ、随分、菅政権と同じ行動取られてますが・・・
支離滅裂発言連発。占いの本まで出してカルト教祖になる日も近し?

阿修羅カルト板は、副島氏に対する不信感で炎上中です。


06. 2011年4月30日 14:20:03: plVq8CgFAY
>>03さん

そりゃホントに偶然で、意味はないと思いますが。

メモっていた福島のデータ(郡山はなし)では3月20日前後には10〜5マイクロ程度を示していました。
2マイクロというのは下がってきての数字です。
そのあたりの数値を含めれば当然年20ミリは超えると思います。

枝野が今日、「(実際に)年に20ミリは超えそうもないから問題ない」と強弁したらしいが、超えようが超えまいが、「年20ミリ」に基準を引き上げたことが大問題なわけで。


07. 2011年4月30日 18:39:56: NP73wt64gs
細野も 菅一派になって年20ミリを変更する必要はないとのこと
この男も駄目だね 子供の命を守る人 誰もいないようだ民主党には

08. 2011年4月30日 18:56:28: AKqbdulKRg
>>05

ソエジーはもともと支離滅裂だよ。

郵政の西川前社長を「愛国者」とか言ってみたり、

酩酊記者会見した中川昭一を妙に犠牲者扱いしたり。

百歩譲って周囲に彼を陥れる意図があったとしても、
彼はもともと酔っぱらい常習で有名。
あだ名は中川(酒)ですから。
ふつうの人は突如体調が悪くなれば、記者会見欠席しますよ。
全然同情できません。

副島の文章は、おもしろい部分もありますが、こういう支離滅裂なデタラメが多く、とても信頼できない。
阿修羅のコメントも、今まで彼を高く評価しすぎだったと思いますね。


09. 2011年4月30日 21:42:02: u9iPW2UA4o
この小佐古先生、今日の日刊ゲンダイによると絵に描いたような御用学者
らしいけどね。でなきゃ東大教授になんてなれっこない。今のご時世。

そんな人まで逃げ出している空き缶政権って・・・・


10. 2011年5月01日 01:39:00: SJPHDnQY76
菅を馬鹿にしている5歳くらいの少女

http://ameblo.jp/toosheekeyblog/entry-10874455547.html


11. 2011年5月01日 10:20:54: ftVMerawgI
菅政権は、福島原発事故の責任を多少でも逃れるには、小沢氏に政権を
渡すしかない。
そうでなければ、福島原発事故の全責任を菅政権が背負うことに
なるだろう。

12. 2011年5月01日 11:06:16: UJMPw0D0X2

管と枝野、東電幹部はとにかく福島原発に常駐するべきだろう。
現場現物を見て行動しろ。低脳野郎。

13. 2011年5月01日 11:09:31: mFF6DOCj9g
『民主党の小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相が29日夜、
 東京都内で会談していたことが30日分かった。
 鳩山氏は会談で統一地方選敗北を受け、
 菅直人首相の責任を問う両院議員総会開催を求める署名活動について
 「批判がこちらに来る可能性があり、慎重に行動した方がいい」
 との考えを伝えた。これに対し、
 小沢氏は「世界では国難の時には政権交代が起きるのに日本はそうならない」と 語ったという』

鳩山さ〜ん!
あんたは一体何がしたいのか?
難局突破の決意もないならいちいち首っつこむな!

今菅政権を倒さないで何時倒す!
両院議員総会でも何でもやって菅政権を早く倒してほしい!
菅の顔など見たくもない!
精神衛生上悪い!

バカな菅は今国会答弁で閣僚の増加を懇願している(笑)
今から森ゆうこ氏の質問が始まった!
「少し辛口になるかもしれません」とのこと


14. 2011年5月01日 13:53:49: hTtIFXYdnA
どうでもいいことだが、菅直人は、いったい、いつまで総理を続けるのか。

15. 2011年5月01日 15:46:39: b0BBMkGSuM
13様どこのニュース?その通りなら、鳩山さんにはがっかりだね?今までもイマイチだったからね。唯、ネットニューすなら、必死で小沢さんの行動を牽制するために歪曲?何て思う次第。いずれにしても、空き管は一時も早く引き摺り下ろさなければ、何も始まらない。(拝)

16. 2011年5月01日 16:16:22: HC5XmRRPWQ
菅枝野玄葉清水勝俣自民原発推進派御用学者御用解説者、このようなクズどもに体内被曝の実証実験を、強制し受容限界の確認をすれば明確にご理解願える。
特に子供に20ミリシーベルトの高濃度被曝を容認するのであれば、文科省の大臣役人など、また厚労省の大臣役人など関連省庁の小役人および関連大臣の親子孫も含めて、ご一緒に実証実験に強制参加をし、子供の受容限界を確認する。
当然、財務省の小役人が国家の予算権を振りかざし、受容基準を引き上げている事を容認しているのだから、彼らも当然ご家族一族郎党この実証実験にご参加ですね。
当然経済産業省も原子力保安院の小役人もご家族そろって、一族郎党皆さんごと実証実験に強制参加でおねがいします。
当然この原子力のきっかけを作ったCIAは正力松太郎に工作員として日本国民を騙して、この悪魔の機械とシステムを供給し、世論形成を行っている。
中曽根康弘もこの一派である、彼らも実証実験に御家族一族郎党強制参加で行い、そしてこの、システムで大もうけをし国民を犠牲にし続けた輩共全員ご家族一族郎党実証実験に強制参加でお願いします。
もし実証が難しい場合は、ご家族で福島原発にお出かけ頂いて大きく息を吸い、地から生まれた野菜を食し、20年以上続けて頂ければわかります。
また、お伺いできなければ、福島の土をご自宅に置き家庭菜園で実証を重ねる、尚土はその時期と同一の土壌の方が実験がより正確になりますので、常時福島の土をご自宅に運んで頂くか、誰かに運んで頂くか、東電社員のボランティアにお願いし毎日新鮮な土壌で実験していただくようにすれば、福島の皆様のお気持ちがよく理解でき、尚且つ実証実験も可能になります。
尚、強制実験ですので愚痴はメールで、身体的変化は千葉放射線医学専門病院のお医者様か長崎大学の御用医者殿にお願いし、綿密な検査をお願いいたします。
もし、癌なり白血病なり放射線障害が出る場合は、どのくらいの時間で転移するか見極めるために、大きく医学的治療を行わず、ただひたすら、モルヒネで我慢してください。そのほうが福島の家畜や自殺なされた方の心境がご理解できます。
そしてマスゴミの皆様におかれましては、強力にアホカン政権政府の情報隠蔽を推し進め、国民の健康と安全を脅かしていたので、このマスゴミのかたがたも、電通のかたがたも、御一緒にその責任において、ご家族一族郎党、全員で実証実験に強制参加をしていただきます。
ご近所にお住まいの方には迷惑がかかりますので、東電社宅と公務員社宅を大活用しここで集団で隔離して実験を敢行いたしましょう。
場合によっては、鈴木宗雄さんやホリエモンさんの居られる刑務所を開放し、ここで、マスゴミ各社や電通などの実験場としましょう、それでこの実験で空いた各自宅を、福島の皆さんに開放し、避難していただく。また宮城岩手の皆様にもこのような空いた自宅にお住まいに避難すると、避難先の確保が簡単にできます。

17. 2011年5月01日 17:22:22: TTjdWcrhb2
植草さんのアピールに全面的に賛成です。子供を犠牲にすることは許されません。すぐ政府と東電は責任をもつて放射能の危険地から安全地帯へ疎開させるべきです。

18. 2011年5月01日 22:09:42: a1iHgFrO12
管政権・霞が関・大マスゴミは、国民の敵である事ははっきりしている。
管政権・霞が関は国民の生命と財産を守る事をそっちのけで、利権保持に腐心した。
既得権者の出先広報機関に成り下がった大マスゴミは、国民を見下し不幸のどん底に叩き落とす売国、買弁の謀略装置である。
むしろ既得権者の一部を構成しおり、本来のマスコミの精神と機能は投げ捨てられた。
国民による大マスゴミの粛清、解体を実現し、管政権を追放し、霞が関解体を断行できるかが国民一人一人の幸福に直結する。
既に管政権・霞が関・大マスゴミと国民との戦いが火ぶたを切った。
国民はもっと怒りを露わにし、ぶつけよう!
このまま大人しいだけでは、なめらるどころか骨の髄まで既得権者にしゃぶられ続ける。
諸外国も国民に害悪を垂れ流す為政者の追放を断行しているぞ。
まずは手始めに新聞購読、TVの視聴を止め、デモに積極参加しよう!
そしてネットで、国民の真の声を継続的に諦める事無く上げようではないか!
未来の子供達のために!!

19. 2011年5月02日 00:05:30: nBtUjhCB8Y
福島の子供たちを万難を排して疎開させることこそ、国家の第一にすべきことでしょう。

生きている意味は、極論すれば子孫を正確に残すことだけなのだ。

財源と相談云々と官僚たちが差配するなど、彼らは一体何を守ろうとしているんだろ。

子供たちを疎開させた後、その財源が足りなかったのなら、喜んでそのための負担を受け入れる覚悟をしているのは、私だけではないだろう。

しかし、官僚は国民を小馬鹿にあしらい続け、政治家は国民のご機嫌伺いに終始してきた挙句、国民の真の姿を見失い、とどのつまり国民を信じられなくなってしまったのだ。

国民と政府の相互不信の解消など何処に望めるのだろうか、不幸な国になっていたようだ。


20. 2011年5月02日 01:28:10: DkAqENTj8s
2011/4/15 福島市住宅地で放射線測定
http://www.youtube.com/watch?v=fUjidNs9Pfo

放射線測定@福島第四小学校前・福島駅前・福島市 20110416 25μSvh
http://www.youtube.com/watch?v=_ZT06RiAiv0

放射線測定@福島大学附属小学校前・福島駅前・福島市 20110416 25μSvh
http://www.youtube.com/watch?v=UvFgP8y4JbQ


21. 2011年5月02日 13:32:59: G5WaNp5SMk
福島市の放射能濃度は、4/29現在でグラウンドレベルで10から20msV/時です。2msV/時というのは地面から1メートル部の空間レベルです。子供にとってはかなり危険なレベルです。チェルノブイリの現在でも立ち入り禁止区域となっている場所でも2から4msV/時です。菅や枝野はこの事実を知っているのでしょうか。

22. 恵也 2011年5月02日 16:41:45: cdRlA.6W79UEw : KoRhvrO8sc
>>03 約18ミリとなり偶然にも20ミリをなんとか下回ります。

これは空間線量でしょう。
空気中でこんな被曝をするということは、空気中に多くの微粒子も
ホコリとして飛び回ってるわけだから、内部被曝も当然受けてるわけだ。

それも放射性ヨウ素など、身体の中で濃縮して内分泌腺に集める
本能があるのだから大きなダメージを子供らが受けて当たり前。
5年もしたら内分泌異常の方がたくさん出て来そうだ。

小佐古氏が学者の良心から「抗議の辞任」するのは普通だよ。
菅直人が思想的に異常というべき。
この時期としては、0.1μSv/hが子供の場合が限度でしょう。
だから俺なら福島市どころか、茨城県の水戸市も避難の対象だ。


23. 恵也 2011年5月02日 16:44:56: cdRlA.6W79UEw : KoRhvrO8sc
>>21 10から20msV/時です

これは間違いでしょう
μとmを混同しないように。


24. 2011年5月02日 20:08:47: CXqu0S8XJ6
Fukushima City Radiation Readings 63 kilometers From Daiichi 24.04.11
http://www.youtube.com/watch?v=_3NxTtNIlFw&feature=mfu_in_order&list=UL

原発から60キロ以上離れててもこれだからね
子供どころか大人もやばいでつ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧