★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112 > 450.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
在日朝鮮人帰国事業 9万人を北に送った日本政府(朝鮮日報)←日本が強制したとでも言いたげ 下朝鮮が引き取れ
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/450.html
投稿者 木卯正一 日時 2011 年 5 月 01 日 01:34:33: xdAt6v.ugMgqA
 

太平洋戦争が終わった直後の1945年、200万人余りの在日朝鮮人のうち約140万人が帰国したが、約60万人は日本に残っていた。

55年、北朝鮮は6・25戦争(朝鮮戦争)による労働力不足を解消するため、在日朝鮮人の帰国を推進した。
日本は58年、在日朝鮮人帰国協力会を結成し、北朝鮮に友好的な態度を取った。
表面的には人道主義を打ち出したが、実際には生活保護対象者の多くを占めていた在日韓国・朝鮮人に対する負担を減らすための「エスニック・クレンジング」だった。
59年2月、日本の内閣は(在日朝鮮人の)帰還を決定した。

韓国政府や国民の反対にもかかわらず、59年12月14日、在日朝鮮人975人を乗せた第1次帰国船が新潟港を出港した。
59年12月だけでも2942人が帰国船に乗った。
61年末までの2年間で、7万4779人が「地上の楽園」を約束され日本を離れた。

第1次帰国船が日本を出発してから程なくして、手紙が途絶えるなど事態は尋常ではない方向に向かっていたが、日本政府はむしろ帰国者の数を週1000人から同1500人へ増やすことを要請した。
帰国事業が終了した84年までに、日本人配偶者約1800人を含む計9万3340人が北朝鮮に渡ったといわれる。
帰国者の多くは韓国出身で、北朝鮮に親族はおろか知人もいないというケースが多かった。
帰国者のうち、相当数は強制労働収容所に連行され、悲惨な生活を送った。


朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2011年4月30日
http://www.chosunonline.com/news/20110430000050


キャンペーン張ったのは朝日で、実働部隊は朝鮮総連

だから朝鮮人が総連相手に裁判やった


そもそもの始まりは川崎あたりの総連支部

(当時は総連じゃなかったかも)で帰国事業の決議が出されたこと。

さらには港での坐り込みとか実力行使で

「北朝鮮に帰らせろ!」と示威行為を行った。

赤十字の会議でも

「日本と北朝鮮とで合意されたならイイんじゃね?」

と結論が出てます。

ちなみに当時の韓国政府は、

・金はすべて日本が出せ
・船も全て日本が用意しろ
・韓国側は何もするつもりはない

とのたまいました。


次の帰還事業は「南の楽園」だな 笑


>実際には生活保護対象者の多くを占めていた在日韓国・朝鮮人


在日の生活保護は、在特会のネタじゃなくて事実でした。

てことで外国人が生活保護、って段階でおかしい。

ちなみに


【在日朝鮮人の帰還事業】
日本は人道問題として、政治的問題とは切り離して扱い、在日朝鮮人の帰国意思を尊重した。
しかし一方で「厄介払い」の側面もあった。
在日朝鮮人には就労機会の困難さなどから生活保護を受ける者が多く、
1958年10月時点で8万1千人、在日朝鮮人全体の13.3%とされる。
これは日本人受給者の受給率1.8%を異常に上回っていた。
彼らが日本を去ることによって社会保障費を削減することができた。
また在日朝鮮人の犯罪率が非常に高く(当時の日本人の6倍といわれた)、 <−−−−ここ注目
戦後の一時期に在日朝鮮人が日本共産党の指導を受けて
暴動事件をしばしば起こしていたことから、彼らを帰国させることが治安向上につながった
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%B8%B0%E9%82%84%E4%BA%8B%E6%A5%AD
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月01日 02:20:49: A9uQjKMCFe
在特会を取材している安田浩一さんの話
私は1年ほど、在特会、正式には在日特権を許さない市民の会という市民組織なんですけど仕事で追いかけてきました。
本来は外国人労働者問題を取材してきたんですが、その過程で在特会問題とかちあうものですから、仕方なく取材してきました。
その間、在特会側からは「死ね」とか「馬鹿」とか「朝鮮人」とかいろいろ褒めていただきました。
良く言われたのは「安田って名前、お前は在日だろう」とここ1年ぐらい1万回ほど聞かれたんですが、
わからない、自分が在日かどうか、先祖から20世か〜30世の在日だったかもしれない。(爆笑)
なぜ、こんなことを云うのかと言えば、彼らにとっては属性が大事なんです。
安田がどういう人間なのか、国籍がどうなのか、どこの団体に所属しているのか。
つまり人間の所属を攻撃の判断材料にしているのが在特会なんです。
これは昨今、ナショナリズム、排外主義を主張する団体に共通することなんですね。
私は取材で映像に出てくる人たちの全員の自宅に行っています。
家庭訪問してお話を聞いているわけなんですけれども、抗議行動では暴言を吐いてますが、
1人1人は会ってみるとオトナシイ青年オトナシイ女性なんですね。
それでは何が彼らをそうするのかといいますと、結論めいたことになりますが、
排外主義の主張をするので彼ら右翼なのかと言われますが、
彼らの行動と言うのはナショナリズムでもパトリオティズムでもない。
土着的なものから距離を置いた彼らの運動は、一種の自己主張運動、自己承認運動だと思っています。
国家というものを借景として利用し、或いは国家への自己投影を利用し、誇りに思いながら、
自分自身をダイナミックにデザインすると。
そこに一種の排他主義的なカタルシスを生みだす運動ではないかと思います。…
じゃあ、いったい彼ら彼女らの他者に対する憎悪というのは、いったいどこから来ているのか。
あるいは、そこまでの跳躍を促したのは何なのか、これを一生懸命考えているところなんです。
実は回答は出ていません。共産党にしたって自民党にしたっていろんな顔があるわけで、ひとくくりには出来ない。
ただ共通しているのは少なくとも取材した限りにおいては「認められたい」「見てほしい」「自分の訴えを聞いてほしい」。
ものすごく強い要求なんですね。
彼らの差別排外主義の根底にあるのは「朝鮮人を見下すのが気持ち良い」が半分。
もう半分は「朝鮮人の地位まで行けない、そこまでも行けない自己嫌悪」が一緒くたになっているんですね。
彼らと話していて感じるのは強烈な被害者意識なんです。それから強烈な反エリート意識なんです。
彼らが敵とするのは決まっています。
在日朝鮮人、或いは日本にいる中国人労働者、マスコミ、労働組合、今日来ている人たちですね(笑)。
外国人は当然として、マスコミや労働組合が一番大嫌いなんですね。
なぜなら彼らは自分たちと一番遠い位置に居るから。
日本の言論を仕切っているのは左翼マスコミであって、
日本の教育を仕切っているのも左翼の教員であり、公務員を仕切っているのも左翼。
日本を仕切っているのは全部左翼となるわけです。
冗談じゃない、皆さんにすれば日本を仕切っているのは反動保守なんでしょうけれども、
彼らにしたら日本を支配しているのは左翼であり、それに付随する在日なんです。…
彼らは朝鮮人学校襲撃事件でTVでは報道されていないけど、結構酷いこと言っているんです。
「朝鮮人はウンコ喰っておけ」「朝鮮人は道の端っこを歩け」「朝鮮人が日本人の土地を奪った」、
有り得ないけれど本気で信じ込んでいるんです。
なぜなら彼らは保守言論から咀嚼して自分なりのロジックを作っていくわけです。
その過程で世の中のブラックボックスを解き放つカギはすべて左翼と在日が握っていると思いこんでいるわけです。
これは彼らの社会に対する復讐だとむしろ思っているんです僕は。
しょうもないことを言っていますが、しょうもないことを含めて磁力があるんです。
人を引き付ける力をもっている。そこが恐ろしいこととして、僕は捉えているんです。
確かに酷い運動ですよ。京都襲撃事件というのは一昨日、一審の判決が出ました。
全員が懲役1年から2年、執行猶予4年がついています。
少なくとも有罪判決が出て、こいつら粗暴犯だというのがハッキリしたんですね。
でも彼らは反省してない。1人1人取材しても反省していませんでした。
彼らにとっては正義の行動、正しい行動だったんです。…
彼らを生みだしたのは何かと言われれば、我々の足元に張り巡らされた広大な排外主義の地下系統です。
発芽しないで我々の足元で複雑に絡み合いながら、今もなお広大な地下系は広がりつつある。
外国人労働者の問題で、その地域で取材すればすぐわかるんです。
「ブラジル人は怖いんですよ、犯罪犯すから」「中国人はすぐ物を盗むんです」。
僕が知る多くのお爺ちゃんやお婆ちゃんは在特会のようなことは言わないけど、僕の耳元で囁くんです。
「ブラジル人てすぐモノ盗むんでしょ」「ブラジル人って犯罪者ばっかりだよ」。
僕はその言葉って在特会と地続きだと思っているんです。
そして在特会の運動に入らなくても、その運動に激励を送り資金援助をしている人たちがいっぱいいるのを私知っています。…
どこにでもいる普通の人間が在特会にメールを送っている「この運動やってくれ」と、「朝鮮人を追い出してくれ」と。
誰も手を汚さない、手を汚すのは在特会なんです。
在特会は酷い連中だと僕は思っています。
でもこの酷い連中を支えているのは私たちの日本社会であることを自覚しながら、
これからどう取材しようかと頭を悩ませている最中です。
http://www.edita.jp/x51pace/one/x51pace7776816.html

02. 2011年5月01日 02:24:31: A9uQjKMCFe
■在特会事件、幹部ら4人に有罪判決…京都地裁
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)周辺で2009年12月、拡声機で
「日本から出て行け」と騒ぎ、授業を妨害したなどとして、威力業務妨害罪などに問われた
「在日特権を許さない市民の会」(在特会、本部・東京)の幹部・西村斉(ひとし)被告(42)ら
4人の判決が21日、京都地裁であった。
笹野明義裁判長は「政治的表現の限度を逸脱し、違法で悪質」として、
西村被告を懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)とするなど4人に執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110421-OYT1T00798.htm?from=navr

■威力業務妨害などの罪に問われた在特会幹部らに有罪判決 京都地裁
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の授業を街宣活動で妨害したとして、
威力業務妨害などの罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)幹部、
西村斉被告(42)の判決公判が21日、京都地裁であった。
笹野明義裁判長は「被害者に与えた恐怖心や屈辱感は大きい」として、
懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)を言い渡した。
同罪などに問われた他の在特会メンバー3人も同日、懲役1年6月〜1年でいずれも執行猶予付きの有罪判決を受けた。
判決理由で笹野裁判長は「犯行は多くの児童が校内にいることを認識して行われており、授業が妨害された結果は重大」と述べた。
判決によると、西村被告ら4人は平成21年12月、同校前で、拡声器を使い「北朝鮮のスパイ養成所」などと叫び、授業を妨害した。
判決を受け、学校側は「今後このような民族差別が起こらないよう願う」とコメントした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/trl11042119060006-n1.htm

■威力業務妨害:「在特会」幹部らに有罪判決 京都地裁
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)に怒号を浴びせて授業を妨害したとして、
威力業務妨害と侮辱の罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)幹部ら
4被告に対する判決が21日、京都地裁であった。
笹野明義裁判長は「犯行態様は悪質だ」と述べ、
在特会関西支部会計だった西村斉(ひとし)被告(42)を懲役2年、執行猶予4年(求刑・同2年)
とするなど全員に有罪を言い渡した。
判決によると4被告は09年12月4日、同校の校門前で拡声機を使い
「こんなもんは学校でない」などと叫んで授業を妨害した。
判決は西村被告が主導したと認定した。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110422k0000m040141000c.html
共犯として両罪に問われた在特会副会長の川東大了(かわひがしだいりょう)被告(39)と
飲食店経営荒巻靖彦被告(46)は懲役1年6カ月執行猶予4年(求刑懲役1年6カ月)、
無職中谷辰一郎被告(41)は懲役1年執行猶予4年(同1年)と判断した。


03. 2011年5月01日 10:47:43: i7CGvypOTw
>>01
> そして在特会の運動に入らなくても、その運動に激励を送り資金援助をしている人たちがいっぱいいるのを私知っています。…
> どこにでもいる普通の人間が在特会にメールを送っている「この運動やってくれ」と、「朝鮮人を追い出してくれ」と。

本来、犯罪を犯す外国人を逮捕し、国外追放するのは国家の仕事。
それをせず、しかも外国人に生活保護費を支給して住ませる国は世界中に日本以外は存在しない。

> 誰も手を汚さない、手を汚すのは在特会なんです。

警察が本来の仕事をしないのが問題。

> 在特会は酷い連中だと僕は思っています。

本来、警察がすべきことをするのが酷い連中であるはずがない。
勿論、外国人犯罪者は酷い連中だと思うだろうが、まともな日本人は酷い連中とは思わない。

>でもこの酷い連中を支えているのは私たちの日本社会であることを自覚しながら、
> これからどう取材しようかと頭を悩ませている最中です。

外国人犯罪者が帰国すれば問題は解決です。
単に頭を悩ませるのではなく、外国人犯罪者の帰国推進運動をやりなさい。
日本人と外国人の双方に感謝されるはず。


04. 2011年5月01日 12:44:42: DPul0x5Ygs

たしかに生活保護目当てで来日する中国人が急増している。

国民の血税がこのような輩に大量に支払われているわけで、本当にひどい話だ。

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110422-OYO1T00688.htm


これに対する民主党の対応はザル。
これからも民主党の甘い対応のために、国民の税金が外国人の金づるになり続けることは必至だ。



05. ああ・・テロ国家 2011年5月22日 10:00:46: vqq5r8V1uG6Mk : xF0Olsw4wQ
北送阻止にテロリスト不法入国 ”南も北もテロ国家”

2011/4/30 朝鮮日報
在日朝鮮人帰国事業の阻止に向け動いた工作隊

事件から50年、補償法が国会を通過


 「同志たちよ、補償法案が国会を通過したそうだ。目を閉じる瞬間まで解けることのなかった恨み。今になって少しは解けたか。遅かったな。とても遅かった」

 29日午後「在日朝鮮人の北送(北朝鮮への帰国事業)を阻止する警察特殊任務遂行者の補償に関する法律案」が国会の本会議を通過したというニュースを聞いたキム・ホンユンさん(84)は、ぽつりとこうつぶやいた。

キムさんは、日本が扇動した(在日朝鮮人の)帰国事業を阻止するため、1959年に命をかけて玄界灘を越え日本に密航した、66人からなる工作隊の一員だ。この日、高齢のためシミができたキムさんの頬に、涙がこぼれ落ちた。

 「生きていれば、こうした瞬間が来る。50年間ずっと忘れられていた私たちにも…」。同じく工作員だったチョ・スンベさん(79)の声は震えていた。

「北送阻止工作事件」は、当時の李承晩(イ・スンマン)大統領の指示を受けた内務部(省に相当)治安局が、日本政府による帰国事業を阻止するために主導した事件だ。

治安局は1959年9月、警察試験合格者24人と在日学徒義勇隊出身者41人、予備役将校1人の計66人からなる工作隊を結成し、日本に送り込んだ。帰国事業を阻止する手段を探っていた韓国政府が選んだ「最後の手段」だった。

・・・・

59年12月12日午前、馬山港を出港した。船底で約30時間じっと待機した末、広島の呉港に到着した。在日韓国・朝鮮人975人を乗せた第1次帰国船が新潟港を出発した日だ。

 工作隊の任務は、当時の岸信介政権の指示を受けて帰国事業を主導していた日本赤十字社の建物を破壊すること、帰国事業を担当していた日本側要員の暗殺、帰国船が入港する新潟港に通じる鉄道線路を破壊することなどだった。密航の過程で、風浪により12人の隊員が命を落とした。・・」

北も北なら南も南のテロ国家〜やはり同じ民族だな


06. 2011年7月02日 04:27:50: ALlY9kP39k
>>03
違うな。
それは、ネトウヨ≒在特会などがよく使う詭弁だ。

犯罪を犯した者については、国籍を問わず批判されて当然だが、
犯罪を犯したという確証もないのに、
また、何の罪もない子どもの外国人に対してまで
憎悪と偏見を浴びせて、侮辱するのはまともな人間のやることではない。

精神異常者としか思えない↓

@korea2ch 日本が誇る愛国烈士のうひゃひゃひゃ動画です。朝鮮人!!朝鮮人うひゃひゃひゃ
http://twitter.com/#!/netuyobot/status/64047815025885184
【拡散】これが愛国活動?新大久保を練り歩く頭のアレな人たち
荒巻丈という方が、在特会のデモ解散後に数人の男と一緒に拡声器を持ちながら、
新大久保コリアタウンにて「大きなひとりごと」と称し、
誰彼構わず通りすがりの人間に罵声を浴びせかけ、
それに呼応して仲間の男達が「ギャハハハ」などと爆笑している動画です。
日本ももうここまできちゃったんですね。正直何も言うことはありません。
日本人として、ただただ悲しいとしか言えません。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11543851


07. 2011年7月25日 18:39:26: DeDEDk56jI
朝鮮王朝時代の朝鮮って国は、身分制度がものすごく激しい国で、自分の国では家畜並みの扱いしかされない人々が多数いたようだ。(1894年の甲午改革以後に、身分階級の打破が制度化されたようだが、社会に根を下ろした身分差別はそう簡単には消えはしないと思われる。)

これでは、人としての尊厳ある人生を取り戻したい人々が、戦前に母国を捨てて日本に移り住んだ(自らの自由意思による選択)としても一向に不思議ではない。

戦後には帰国事業が実施されたが、母国で家畜扱いされて苦しんできた系譜の人々の中に、なお日本に留まりたい(自らの自由意思による選択)と思う人々がいたとしてもこれまた不思議ではない。(日本に強制連行されたというなら、母国に帰りたくない人など普通は考えられないことだ。)

日本に留まった半島国籍の人たちに、支配階級の系譜をもつ人々はどのくらいいるのだろか?

それにしても、朝鮮の支配階級ってあまりに酷すぎる。このような社会から、被支配階級の人々が逃げ出したいと思ったとしても不思議ではない。

マリ・ニコル・アントン・ダブリュイ『朝鮮事情』より(Wikipedia引用)
「朝鮮の貴族階級は、世界でもっとも強力であり、もっとも傲慢である」
「朝鮮の両班は、いたるところで、まるで支配者か暴君のごとく振る舞っている。大両班は、金がなくなると、使者をおくって商人や農民を捕えさせる。その者が手際よく金をだせば釈放されるが、出さない場合は、両班の家に連行されて投獄され、食物もあたえられず、両班が要求する額を支払うまで鞭打たれる。両班のなかでもっとも正直な人たちも、多かれ少なかれ自発的な借用の形で自分の窃盗行為を偽装するが、それに欺かれる者は誰もいない。なぜなら、両班たちが借用したものを返済したためしが、いまだかつてないからである。彼らが農民から田畑や家を買う時は、ほとんどの場合、支払無しで済ませてしまう。しかも、この強盗行為を阻止できる守令は、一人もいない。」
「両班が首尾よくなんらかの官職に就くことができると、彼はすべての親戚縁者、もっとも遠縁の者にさえ扶養義務を負う。彼が守令になったというだけで、この国の普遍的な風俗習慣によって、彼は一族全体を扶養する義務を負う。もし、これに十分な誠意を示さなければ、貪欲な者たちは、自ら金銭を得るために様々な手段を使う。ほとんどの場合、守令の留守のあいだに、彼の部下である徴税官にいくばくかの金を要求する。もちろん、徴税官は、金庫には金が無いと主張する。」
「すると、彼を脅迫し、手足を縛り手首を天井に吊り下げて厳しい拷問にかけ、ついには要求の金額をもぎとる。のちに守令がこの事件を知っても、掠奪行為に目をつむるだけである。官職に就く前は、彼自身もおそらく同様のことをしたであろうし、また、その地位を失えば、自分もそのようにするはずだからである。」


08. 2011年7月25日 19:23:01: uL9JQG4VBc
■ 母国に戻っても、救われない人々なの? ■

■ 日本で一旗揚げれば、母国へ訪問する現実の意味するところは? ■

■ 日本にはいわゆるスラム街はないが、未だにある韓国スラム街 ■

■ 韓国、貧困層が300万世帯突破 09年、政府対策見直しへ (日経引用) ■

■ 韓国貧困層 総人口の三割? ■


09. 2011年7月26日 13:17:39: 8DiU1jUhIc
ペクチョン=百済民族=古代日本の支配地域の民

半島において被支配階級だった民なのだから、半島籍などさっさと捨てて日本国籍を取得すれば良いのに。新たな人生を切り開くために米国籍を取得する人がいるように、彼らもハングルなど学ばず、日本国籍を取得して日本人になるべきですね。


10. 2011年8月08日 12:10:30: ta5Zkvm0iA
>07
それにしても、朝鮮の支配階級ってあまりに酷すぎる。このような社会から、被支配階級の人々が逃げ出したいと思ったとしても不思議ではない。

ようするに、在日韓国人や朝鮮人は、いわゆる政治難民として日本に土着した人たちということになるのかな。


11. 2019年2月11日 17:28:06 : KyQWvFfzDk : sNpSKeCws5k[1] 報告
>10
ならない。残念w

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧