★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112 > 539.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主党議員に隠れ原発推進派(電力総連発行つばさ152)明日の環境とエネルギーを考える会とは?(おおしま公一)
http://www.asyura2.com/11/senkyo112/msg/539.html
投稿者 木卯正一 日時 2011 年 5 月 03 日 08:47:21: xdAt6v.ugMgqA
 

「明日の環境とエネルギーを考える会」第23回会合 出席者名簿 (注 当時)

・衆議院議員

鹿野道彦(山形県1区)
近藤洋介(山形県2区)
安住 淳(宮城県5区)
吉田 泉(福島県5区)
高山智司(埼玉県15区)
中山義活(東京都2区)
鷲尾英一郎(新潟県2区)
村井宗明(富山県1区)
奥田 建(石川県1区)※
細野豪志(静岡県5区)
古川元久(愛知県2区)
伴野 豊(愛知県3区)
吉田 治(大阪府4区)
平野博文(大阪府11区)※
長安 豊(大阪府19区)
松本剛明(兵庫県11区)
松本大輔(広島県2区)※
小川淳也(香川県1区)
高木義明(長崎県1区)
松野頼久(熊本県1区)
松岡広隆(近畿比例)

・参議院議員

小川勝也(北海道)※
山根隆治(埼玉県)※
檬葉賀津也(静岡県)
木俣佳丈(愛知県)
大塚耕平(愛知県)※
高橋千秋(三重県)
林久美子(滋賀県)
前川清成(奈良県)
岩本 司(福岡県)
藤原正司(全国比例)
小林正夫(全国比例)
加賀谷健(千葉県)

敬称略

※印は代理出席

メンバー39名中 33名出席

(うち代理出席7名)

www.denryokusoren.or.jp/kikanshi/tsubasa/152.pdf

「明日の環境とエネルギーを考える会」とは・・・


明日の環境とエネルギーを考える会
2011-01-13 17:00:00 | Weblog東電労組政治連盟埼玉県支部主催の標題研修会に参加させていただきました。新時代のエネルギー問題・環境問題を学ぶ場であります。民主党所属の国会議員と自治体議員計53名が参加しました。

第1部の講演会では、柏木孝夫氏(東京工業大学教授)を講師に迎え、「低炭素社会の実現に向けて」というテーマでご講演をいただきました。講師は、長年にわたり国の審議会で委員長並びに委員を務めた方であり、政策決定過程にも深い造詣を持たれているようでした。また、民主党がマニフェストに掲げた「新エネルギーの全量固定買取制」についても、かみ砕いたお話をされていました。講師からは、自然エネルギーはベースとなるエネルギー(原子力等)があって初めて有効活用できるものとの見解が示されました。

講演の途中で私は中座させていただきましたが、笑いも誘う講師のお話はきっと実感いっぱいまで盛り上がりを見せたことであろうと想像します。第2部の懇親会でも、活発な意見交換が行われるものと思います。

東電労組の皆様のご活躍を祈念いたします。


http://blog.goo.ne.jp/weboshima/e/807e6f6f57b2c05b04187c5013b43a21

講師からは、自然エネルギーはベースとなるエネルギー(原子力等)があって初めて有効活用できるものとの見解が示されました。

講師からは、自然エネルギーはベースとなるエネルギー(原子力等)があって初めて有効活用できるものとの見解が示されました。

講師からは、自然エネルギーはベースとなるエネルギー(原子力等)があって初めて有効活用できるものとの見解が示されました。


(他 明日の環境とエネルギーを考える会 - タカヤマブログ )

明日の環境とエネルギーを考える会が開催されました。

「原子力発電所の耐震について」東京工業大学 総合理工学研究科教授にご講演を頂き、質疑応答・意見交換を行いました。

http://blog.goo.ne.jp/takayama-satoshi/e/5f17719719e7fb7003bcac1f546d7b37
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月03日 09:59:15: 0O46ggCgig
脱原発・反東電なら、自民党議員を全員落選させるべきだ。

■負の遺産。自民党の原発推進議員に渡った東電からの“隠れ献金”
震災と原発対応で後手、後手に回る菅政権に、同情の声が上がりだしている。
政治部デスクがこう語る。
「地震と津波は天災だが、『人災』と言われる原発を推進してきたのは自民党。
『菅政権は尻拭いをさせられている』『自民党が内閣に手を貸さないのは無責任』との声が国民から出始めているのです。
このため、対岸の火事と見ていた自民党も、『いずれ批判に晒される』との見方が強まっているのです」
ちなみに、今ではこうした声は被災地でも聞かれるほど。
原発危機が収まれば、一転自民党が国民批判で被災する可能性も高いのだ。
だが、その自民党にさらに国民感情を逆撫でするような騒動が起こりだしている。
実は、永田町では福島第一原発の事故を起こした東京電力とのズブズブの関係が追及され始めたのだ。
政治部記者がこう語る。
「東電が、長らく自民党の票田だったことは知られているが、永田町では同社の隠れ献金がクローズアップされ始めたのです。
電力会社は企業献金を自粛しているが、『関西消費者団体連絡懇談会』という市民団体の発表によれば、
'06年〜'08年の間に東電の役員たちは、毎年、自民党の政治資金団体『国民政治協会』に個人献金をしていたのです。
これが事実上の企業献金だと話題になっているのです」
実際、この献金の悪質さは目を見張るほどだ。
というのも、指摘される役員らの献金額は会長と社長が30万円、副社長が24万円、常務12万円、執行役員が7万円
と職位ごとに差がつけられており、申し合わせがあったことは確実。
巧妙な“企業団体献金”だったことが指摘されているのである。
もっとも、こうした隠れ献金は、東電に限ったことではないとの指摘もある。
実は前出の市民団体の調査によれば、同期間には国内の電力会社9社の役員が自民党に同様の個人献金を行っており、
その総額は1億2300万円にも上っているのだ。
ただし、その中でも東電の悪質さは「群を抜いている」とも評判なのだ。
「突出した献金額を誇った東電は、過去にも様々な原発データを改ざんしていたのです。
その不正は'07年までで233件が報告されている。
要は、自民党と官僚が手心を加えてきたことは明らかで、今回の原発事故も起こるべくして起こったと言える状況なのです」(同)
これが事実なら、原発事故はまさに「人災」。
東電、自民党はどう弁明するのか。
http://wjn.jp/article/detail/9247859/

【国民政治協会(自民党の政治資金団体)へ個人献金した東京電力役員】
◇名前/役職/献金額(万円)
◆勝俣 恒久/取締役会長/30
◆清水 正孝/取締役社長/30
◆皷  紀男/取締役副社長/24
◆藤本  孝/取締役副社長/24
◆山崎 雅男/取締役副社長/12
◆武井  優/取締役副社長/12
◆藤原万喜夫/取締役副社長/12
◆武藤  栄/取締役副社長/12
◆山口  博/常務取締役/12
◆内藤 義博/常務取締役/12
◆西澤 俊夫/常務取締役/12
◆荒井 隆男/常務取締役/12
◆高津 浩明/常務取締役/ 7
◆小森 明生/常務取締役/ 7
◆宮本 史昭/常務取締役/ 7
◆木村  滋/取締役/24
(2009年分、政治資金収支報告書から)

■歴代自民党政権こそが原発事故の加害者
▼谷垣総裁よ、いい気になるな!
●日本全国にボコボコ原発を造った大罪
http://news.livedoor.com/article/detail/5489042/

福島第1原発:東電の免責求める 自民・吉野氏
29日の衆院予算委員会で、福島第1原発事故を巡る
東京電力の賠償責任免除を求める質問を自民党の吉野正芳氏が行った。
原子力損害賠償法には「異常に巨大な天災地変」時は免責する規定があり、
吉野氏は「莫大(ばくだい)な災害が起きた場合に東電の責任を無視して全部国がみる規定になっている。
東日本大震災を過小な災害と認定するのか」として国が一義的に責任を負うよう主張した。
◇首相「税金で全賠責、違う」
菅直人首相は「財源は国民の税金。国がすべての賠償責任を負うのは違うのではないか」と答弁。
枝野幸男官房長官も記者会見で「国会などでも大津波によって事故に至る危険性が指摘されていた。
免責条項に当たる状態ではないと明確に言える」と否定した。
吉野氏の主張について自民党の石破茂政調会長は「東電の社会的責任を認識したうえでの発言と理解している」と説明、
免責の是非については明言を避けた。
東電側は清水正孝社長が28日に「そういう理解があり得る」と述べるなど、
免責条項の適用を求める姿勢もちらつかせている。
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110430k0000m010036000c.html
【原発問題】 自民・吉野氏、東電の免責求める 
事故が起きた場合に東電の責任を無視して全部国が賠償金を払えと要求。
つまり、国民の血税で賠償しろってこと。
自民党議員の東電の犬っぷりはすごい(苦笑


02. 2011年5月03日 10:57:26: 7lTZ12GE1k
>>01

民主党にも原発推進議員は山ほどいるのに、それがOKとするのはなぜ?

あなたは民主党の関係者か。


『民主党は東京電力の「電力総連」という労組から合計8740万円もの献金を受けていた。
「電力総連」というのは東京電力の原発推進を図る労働組合で、東電の組織的な迂回献金のひとつと言われている。
民主党議員への献金額は、小林正夫議員4000万円、藤原正司議員3300万円、中山義活議員700万円、吉田治議員700万円、川端達夫議員30万円、近藤洋介議員10万円に献金をしていた。(AERA 4月25日号)』


03. 2011年5月03日 11:01:20: 7lTZ12GE1k

小沢が党の代表だったときに、民主党は原発政策をそれまでの原発反対から積極推進に変えてしまった。

それは小沢が代表だった時の、2007年政策インデックスとそれ以前の版を比べれば明らか。

小沢は自民党の幹事長で原発を進めてきたわけだしね。
一貫して原発を推進してきたわけだ。

つまり、原発推進の諸悪の根源は小沢一郎ということ。



04. 2011年5月03日 13:51:19: NmrzqXuD42
で?民主党だけを取り出しても、なんも説得力ないよ
01さんのように自民党のも出して、ここんとこが自民党よりも悪いって
指摘しないと自民党支持者によるただの当てつけにしか見えない。


>>03
では、小沢氏は具体的にどのように推進してきたのでしょうか?
wikipediaによると1989年8月-1991年4月が自民党幹事長時代のようですが
その期間で作られた又は承認した原発は何個あったのでしょうか?
答えを求めます。

>小沢が党の代表だったときに、民主党は原発政策をそれまでの原発反対から積極推進に変えてしまった。

そもそも、民主党は前から原発反対ではありません。
2003年〜現在のマニフェストを御覧なさい。どのマニフェストも
過度的ながらも推進すると、そのような文章になってますから。
2007年の政策インデックスを見ても、同じようなことが書かれてる。
具体的になっただけで、何も代わってません。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK112掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧