★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113 > 654.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《第13回前半》陸山会公判傍聴記−水谷建設元運転手が調書の内容を否定「ハラがたってます」 (The Journal)
http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/654.html
投稿者 otoppi 日時 2011 年 5 月 25 日 18:13:05: cUHXG0u8x2am6
 

《第13回前半》陸山会公判傍聴記 ── 水谷建設元運転手が調書の内容を否定「ハラがたってます」
THE JOURNAL 西岡千史 2011年5月25日 15:17
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/05/post_768.html

5月24日雨。今日は水谷建設元会長の水谷功氏が出廷するため、傍聴希望者がいつもより多い。約55席の傍聴席に対して、90人ぐらいは並んでいた。たしかに、水谷元会長は日本全国を揺るがせた陸山会事件のキーマンの一人で、ウラ金の実態をどう証言するかでこの裁判の行方が大きく左右されることは間違いない。

そのほか、水谷元会長の前には水谷建設の元専属運転手が弁護側の証人として出廷する。ウラ金を渡したとされる時期に社用車の運転手をしていたのは彼だけで、これもまた重要な証言となる。まずは午前に行われたこの元運転手の証言から報告する。

10時開廷。午前中は、水谷建設の元専属運転手が出廷。元運転手は、事情聴取のときに川村元社長が04年10月15日に石川知裕氏に5000万円を渡した際、受け渡し場所となった全日空ホテル(現・ANAインターコンチネンタルホテル)まで川村元社長を送ったと話し、その時の様子が調書にまとめられている。石川氏に渡したとされる5000万円については証言や物的証拠が極端に少ないので、運転手の証言は検察側の立証にとって重要な意味を持つ。まずは弁護人による尋問。
(──は弁護人、「」内は元運転手、※は筆者注)

── あなたは川村元社長を全日空ホテルまで車で送ったことはありますか

「1回か2回ぐらいあると思います」

── 時期についての記憶はありますか?

「会長(注:水谷功元会長のこと)が脱税事件で逮捕された以降だと思います」

※補足。水谷功元会長が脱税容疑で逮捕されたのは06年7月。川村元社長がウラ金を渡したと証言しているのは04年10月と05年4月。つまり、元運転手はウラ金渡しの際に川村社長を社用車に乗せて全日空ホテルに行ったことはないと証言していることになる。

──そのことは検察官に説明しましたか

「はい」

── 検察官に何を聞かれましたか

「全日空ホテルで車を待機させるときのことを聞かれました」

── それは04年10月15日ではなく、全日空ホテルで車を停めるときの方法を聞かれたということですか

「はい」

── 車はどのように停めていたのですか

「川村社長だけではなく、会長を送るときも含め、2階のロビーで降ろして、ボーイさんに頼んでその近くで待機していました」

── 川村元社長の手荷物について聞かれましたか

「『覚えておりません』と答えました」

※補足。「手荷物」とは川村元社長が届けたとされる5000万円入りの紙袋を指す。検察は、何としてもこの運転手に「川村社長は、全日空ホテルに送ったときに手荷物を持っていた」という調書をとりたかっただろう。というのも、石川氏に渡したとされる5000万円については川村元社長の証言以外に証拠はなく、当日に本当に川村元社長が全日空ホテルに行ったという証拠もないからだ。しかし、その調書は元運転手の記憶とは異なるものだったことが明らかになっていく。

── あなたは調書を訂正したいと思っていますか

「はい」

── 川村社長を全日空ホテルに送ったときは、出発の直前に指示されたとの供述がありますが

「日常的にどこに行くのかは直前に言われることもあったので、こういうことを言いました」

── ということは、特定の時期の話ではなくて、一般的な話だったということですね

「はい」

── 検事は、その説明を(特定の日付の話であるかのような)こんな書き方をしたのですか

「はい」

── 調書を訂正するのなら、どのように訂正したいですか

「この日の記憶がほとんどなかったので、(日付を)限定できるということはないと思います。(検事には)この当時の記憶がほとんどなかったので『送った記憶がない』と言ったのですが、こういう調書になってしまいました」

── 検事から手荷物について聞かれたことについては

「手荷物については一般的なことで言ったので、川村社長を全日空ホテルに送った時の話をしたわけではないです」

── 調書にサインを求められたとき、どのように感じましたか

「10月15日ということで限定していたので、不安を感じました」

── 検事にはどのように話しましたか

「10月15日について限定されていることを指摘して、『サインできません』と言いました」

── 検事はどう言いましたか

「『サインしてもらわないと困る』と。私が『10月15日に限定しているのは直せないのですか』と聞いたら『直せない』と言われました」

── サインをしなくちゃいけないとも言われたのですか

「『サインして下さい』と言われたので、『サインはできません』と申し上げたのですが、『これは今日あなたが話したことをまとめたものだ』と」

── なぜサインしてしまったのですか

「『サインをしなきゃいけない』と言われました」

── 当時はなぜ(10月15日のことについて)聞かれているのかわからなかったのではないですか

「はい」

── サインしたことで後悔はしていますか

「10月15日に限定されたことが、私には覚えがありませんので、こういう書き方をされたのは直してほしいとおもっています」

── こういう調書がつくられたことについては

「できるならば、日付は削除してほしいです」

── こういう調書ができたことについて、どのように感じていましたか

「多少、ハラがたっていますね」

── 06年10月15日に、川村元社長を全日空ホテルに送ったという記憶はないんですね

「はい」

── 川村社長はこの公判で、全日空ホテルへの交通手段について『社用車がタクシーで』と答えていますが

「タクシーであれば、会社に領収書があると思います」

※弁護人の尋問終了後、検察側の反対尋問が行われる。運転手の調書否定証言に対し、検察側は川村元社長を議員会館の小沢事務所に訪ねていたことを尋問する。狙いがどこにあるかがよくわからなかったが、川村元社長が小沢事務所を訪ねていたことを証言させて、水谷建設と小沢事務所の関係の濃さをアピールしたかったのかもしれない。それに対し、元運転手は手帳に書かれているものは議員会館に行ったことを認め、一方で「日付はわかりませんが、手帳に書いた以外はないと思います」と答える。

最後に裁判官による尋問。
(──は裁判官、「」内は元運転手、※は筆者注)

── あなたが手帳をつけていた理由はなぜなのですか

「会社には日報があったのですが、私が行動していたことを自分で後で確認することも含めて、会社に聞かれたときのために書いていました」

※補足。会社に提出していた日報は、手帳に書かれているものに比べればおおざっぱなもので、詳細は書かれていないという。

── 手帳はどういう時に書いていましたか

「その時に応じて書く場合と夕方に書いていました」

── 何日かまとめてということは

「それはほとんどないと思います」

── 書き漏らしはありますか

「(仕事が)重なった時などはあると思うんですが」

── もうちょっと具体的にお話いただけますか

「時間的に会長と社長がバッティングしてしまったりした時ですね」

── 書き漏らすこともあったということですか

「忘れることもあったと思います。その日、書くのを忘れて、そのまま書いていないということはあると思います」

── 手帳はあなたのスケジュール表としても使っていたのですか

「そうです」

── スケジュールはあらかじめわかっているものなのですか

「先にわかっているというのは少ないですね。(指示が来るのは)当日か前の日で、事前に連絡がきていれば手帳に書きますが、当日に書くことが多かったです」

── それが当日が前日に書くことが多かったということですね

「はい」

── 直前に言われて書き忘れるということは

「それもあると思います」

── 10月15日に川村社長を送ったかどうかですが、あなた自信は記憶がないのですね

「はい」

以上で午前の部が終了。裁判官も、04年10月15日に元運転手が全日空ホテルまで川村氏を送迎したかどうかに強い関心を持っているようだ。

たしかに、元運転手が証言したように、川村氏が水谷建設東京支店で金庫から5000万円を引き出した後、全日空ホテルまでタクシーで移動したのであれば、領収書が何らかの形で残っている可能性が高い。しかし、それがないのであれば社用車で移動したことになり、それは元運転手の証言とは矛盾する。川村氏の移動手段をどのように事実認定するかも、裁判の重要なポイントとなるだろう。

そのほか、元運転手の証言によって検察による調書の取り方の問題点がまたもや明らかとなった。おそらく、元運転手の聴取を担当した検事は、上司の思い描くストーリーのままの調書をつくったのだろう。しかも、検察はこの調書の内容を一部の記者にリークして、「石川有罪」の空気作りまでしていた。リークをした検察関係者が、このような杜撰な聴取で調書が作られていたことを知っていたかは不明だが、検察の情報操作の巧さを感じさせる。

引き続き、午後は水谷建設元会長の水谷功氏が出廷する。ここでも石川氏に渡したとされる5000万円の流れについて証言が行われる。

※一問一答は筆者の傍聴記メモを元に主要部分を再構成したものです
(《THE JOURNAL》編集部 西岡千史)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月25日 18:32:41: 1EQxiOkWEA
この裁判官、何かおかしくないですか?

── 直前に言われて書き忘れるということは

「それもあると思います」 → 当日は社長を送迎したが運転手がメモをし忘れた。

── 10月15日に川村社長を送ったかどうかですが、あなた自信は記憶がないのですね

「はい」  → 送迎したがメモしていなかったので記憶にないだけ。

って誘導尋問の様な印象を受けますが・・・。

犬察と裁判所は一心同体ですから。

特に小沢攻撃に関しては。


02. 2011年5月25日 18:59:19: pRGpvXqmlU
>01
いやまともな質問だと思う
これが運転手が絶対書き忘れが無いと言うような答えの方が
不自然。日常の自然な行動が読み取れる。
タクシーの運ちゃんなら毎日必ず行き先距離金額を書くが

会社のお抱え運転手なら日報には余り細かことは書かない。
自分の手帳だから忘れる事もある。
元社長たちの検察に言われて記憶がよみがえった?方が不自然。

これは後から重要になると思う。


03. 2011年5月25日 20:47:05: nZyW97gXjA
都心の地理には不案内なのですが、
Nシステム(通行車両読み取りシステム)での
検証が不可能なルートなのでしょうか。



04. 2011年5月25日 20:49:23: 2x804j7Efk
>10月15日に川村社長を送ったかどうかですが、あなた自信は記憶がないのですね
「はい」

つまり記憶がないと言っているだけで、送っていないとは言っていない。

おまけに元社長の証言では、タクシーだったかもしれないということだから、要はこの運転手の証言はどうでもいいわけだね。

元社長はタクシーか会社の車で言ったといっており、その証言を覆すものではないね。



05. 2011年5月25日 20:52:08: af6l4BzqCk
検察の調書の取り方がいい加減で、信用に値するかが争点になりそうだな。いつの間にか攻守逆転だな。

06. 2011年5月25日 21:33:17: PgPBMdxElo
>>04.
見方が甘いです。
タクシーだったかもしれないということなら、検察は運転手に偽証を強要する必要がありませんね。
しかし、検察は署名を拒否する運転手に供述と異なる調書への署名を強要した。「署名してくれなくては困ります」と。



07. 2011年5月25日 23:11:57: tRdNTeoJ5o
>>04の2x804j7Efk
   ↑
こいつはここでもバカを晒している。


>つまり記憶がないと言っているだけで、送っていないとは言っていない。


記憶がないのだから送ってるわけないだろうが。もともと手帳に書いてあるのなら記憶が云々の話などいらない。04年10月15日としたのは運転手を取調べた検事が全日空ホテルに川村を乗せていったことがあるという話を勝手に日付を決めて書き換えただけのことで本人は記憶にないものだから否定させてくれと拒否を示していた。
どこまでも屁理屈をこねくり回す脳弱野郎だ。



08. 2011年5月26日 01:21:30: XjcdpiivmU
2x804j7Efk はあちこちで恥ずかしい見解を開陳しすぎでしょう。
そもそも、調書に「送った」とされたのを否定して、「送ったかどうか記憶がない」のが正しいと言っている。
すなわち検察の捏造であり、証拠にならないわけ。

09. 2011年5月26日 06:24:05: MmFYCaWl7J
>>04
タクシーで行ったとするなら領収書が会社に残ってるはずだよ、会社を勤めたことのないあなたにはわからないだろうけど、もしなかったら、社長の移動手段は何?ってことになる。だからう運転手の証言が必要だったわけ。わかったかな?
そのことはThe journalの人がわかりやすく解説してるよ。ちゃんと読みましょうね。


たしかに、元運転手が証言したように、川村氏が水谷建設東京支店で金庫から5000万円を引き出した後、全日空ホテルまでタクシーで移動したのであれば、領収書が何らかの形で残っている可能性が高い。しかし、それがないのであれば社用車で移動したことになり、それは元運転手の証言とは矛盾する。川村氏の移動手段をどのように事実認定するかも、裁判の重要なポイントとなるだろう。


10. 2011年5月26日 09:00:37: mFF6DOCj9g
06様の言われる通り!
検察は10月15日に川村社長を送ったかどうか?
のあやふやな証言が欲しかったのではなく
10月15日に「送った」という限定サイン!が欲しかった(笑)

検察の必死さがひしひしと伝わります!
タクシーで行ったって証明出来ないから
社用車で証明するしかな〜い!

検察のもくろみはずれは
元社長、元専務、水谷関係会社社長などは
検察には何かに付けお世話になってる輩達?
なので検察との取引には簡単に応じる体質(笑)

が、元運転手はいたって普通の会社員!
検察とも、今回の事件で取調べにあったのが初めてでビックリ仰天!
いたって普通の一般人には検察との取引などは今後一切する必要などない!
なので「ウソ」などはいえないでしょ(笑)
っていう一般人とその筋の者の区別がつかなかった!ってことでしょうか?


11. 2011年5月26日 09:04:04: 34D6cZYkHY
>>09
>タクシーで行ったとするなら領収書が会社に残ってるはずだよ

裏金を渡しに行くという犯罪行為をしたときのタクシーの領収証を取っておくわけないでしょ?

犯罪行為の証拠になってしまうからね。


12. 2011年5月26日 11:34:30: P7L3lXPoOM
>>11
お前は会社経営というものを知らないようだな。
馬鹿に教えてやろう、元会長は裏帳簿があったと
証言した。裏金を渡す時にはその帳簿に書いていたと、
JVの幹事を取るために裏金を渡すようにしてたと
ということは、それも会社の一つの業務であったと
考えられる。ならば必要経費である旅費交通費(タクシー代)も
表の帳簿に記帳されてなければおかしいことになる。
あなたは領収書を取っておくわけがないというが、
もしタクシーで行ったとするならば、書いてなければおかしい
だけど、その領収書が見つからなかった。もしくはそもそも無かった
だからこそ、運転手の供述をとった、しかし検察は運転手と異なる調書を強要した。どう考えてもおかしな話でしょって話。

13. 2011年5月26日 11:56:32: 6mp0wtFJYz
>>11


意味が分かってないな、もはや社用車もタクシーも関係ない、検察の杜撰な調書の取り方が問題なわけで、検察側の調書全ての信憑性が低下したという事だ。


本来なら新聞の一面を飾ってもおかしくない程の証言。

また検察の捏造が明らかになった。


14. 2011年5月26日 13:18:14: iaBaRwBWUI
統一地方選の埼玉県深谷市議選で二十数人を飲食接待したとして、市議の永田勝彦(67)と妻文恵(64)の両容疑者が公職選挙法違反(供応買収)容疑で埼玉県警に逮捕される事件があり、毎日新聞が接待を受けたとされる住民に聞いたところ、取材に応じた20人全員が「会費を支払った」と証言した。うち19人は「『会費は払っていない』という調書に署名させられた」と話し、中には、朝から晩まで連日聴取されたり、「払ったと言っているのはあなただけ」と言われたケースもあったという。県警が取り調べで虚偽の証言を強要していた疑いが浮上した。

毎日新聞(5月26日)

これが日本の警察、検察の実態なんでしょうか。
警察や検察内部にはまともな人も少なくないと思うが、
改革や内部告発をする者はすぐに排除されるのでしょうか。

それでは、警察、検察内部で改革するのは無理だと言うこと。
警察、検察組織自体が悪に手をどっぷり染めていながら処罰が無いのだから、
捏造をしても処罰されない犯罪者組織に改善しろといっても無理と言うこと。


15. 2011年5月26日 16:46:01: JbjRNIKokk
>>11

11. 2011年5月26日 09:04:04: 34D6cZYkHY
>>09
>タクシーで行ったとするなら領収書が会社に残ってるはずだよ

裏金を渡しに行くという犯罪行為をしたときのタクシーの領収証を取っておくわけないでしょ?

犯罪行為の証拠になってしまうからね。


おまえは残念な裏金コメントで大恥かいてあれほどみんなから教えてもらったのにまだこんなこと言ってるのかよ?

証拠になるから取っておかないなら証言の補強証拠にもならんだろうが?
おまえの言ってることはただこれだけ。

「証言者がああ言っているから事実だ。証拠がないのは証拠を残すと犯罪がばれるから。犯罪がばれるのがヤバイので証拠を残さなかったのだからそれが証言の裏づけ証拠になっている。」

いくら被告人質問でない証人質問でもこんな珍妙な解釈が通用するわけがない。
逆に言えば川村がなぜ被告人にならなかったかわかったよ。こんなもの、すぐ偽証罪に問われるようなデタラメ証言者を起訴したとして検察の信用がガタ落ちする負けを前提の裁判なんかできるはずがなかったってね。


16. 2011年5月26日 17:52:48: 5lSSeKxOHo
>>03

私もそう思いましたが、当時はNシステムは開発中だったと思われます。

悔しい。代わりにもしもホテルのビデオカメラの記録が残っていたら

この事件は事件にすらならなかったはず。(原則5年が保存期間)

必死で探せばもしかしたら・・・。


17. 2011年5月26日 18:03:35: pt0Butc0sk
元運転手の証言のポイントは、ここでしょう。
「『サインしてもらわないと困る』と。私が『10月15日に限定しているのは直せないのですか』と聞いたら『直せない』と言われました」

つまり、検察調書に信憑性が無いと云うことです。
従来、刑事裁判では、裁判官は検察調書は全て証拠として採用し、公判での証言は信用できないとして不採用でした。
今回の裁判官が従来と同じ態度で臨めば、このポイントを「嘘」だとするでしょう。それでは、国民が許さないぞとの態度を示すことだと思います。


18. 2011年5月26日 18:08:24: 7FeSOF1cLI
焼き菓子とヨーグルトドリンクの領収書を
ちゃんと経費精算するぐらいにセコイ役員なんだから、
タクシー領収書はとっとくだろ。

19. 2011年5月26日 20:42:35: xKJqKlCsYY
検察は、陸山会事務所を強制捜査したかっただけじゃないだろうか?
水谷の件を捜査したかったんじゃないだろう。
何も証拠が出なかったから、水谷建設の贈収賄で行こう、小沢氏の秘書の
寮の土地購入の期ずれで行こうとなったんだろう。

それを知らずに反小沢工作員は、何をしたいのか?

水谷建設贈収賄は、検察は、眼中なかったんだよ。
検察が狙っていたのは、小沢氏と大手ゼネコンだろう。

残念ながら、証拠が何も出ませんでした。
小沢氏真っ白を検察特捜が証明した結果になった。

小沢氏の乗る車はクラウンやセンチュリーじゃないんだよ。
車に金かけてないぐらいだからね。
政治献金は、大事に使っているんだよ。


20. 2011年5月26日 21:13:18: 0uAUVrLQgo

インチキ裁判所

どうせ石川有罪は既定の路線なんだろ。

裁判なんて茶番なのさ。

もう判決主文が透けて見えてるね。ハイ石川有罪。

しかし親小沢政権誕生なら一転石川は無罪だ。

そのぐらいインチキな役所が裁判所なのさ。

司法の独立?法の下の平等?こんなもん何処を探してもありゃしねえのさ。


21. 2011年5月26日 21:51:47: InMaNky1UQ
当の本人は当然として、頭に来る国民が少なすぎる。

原発安全神話にしても、マスゴミのデマから国は滅びる。


22. 2011年5月26日 23:21:04: GaerX0jM5g
全くだ!
こんな茶番な裁判に税金を使っているとは盗人猛々しい!!
小学校の学芸会か!!(の方がもっとマシだ!!)いい加減にしろ!!

検察はみっともない!!恥さらし!税金泥棒!!
とっとと小沢氏に土下座して謝れ!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧