★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113 > 822.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国難のいま菅政権打倒が日本再生の第一歩になる (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/11/senkyo113/msg/822.html
投稿者 祈り 日時 2011 年 5 月 29 日 15:27:20: HSKePa2Cm.aPs
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-1f4b.html
2011年5月29日 (日)
国難のいま菅政権打倒が日本再生の第一歩になる


 小沢一郎民主党元代表がウォールストリートジャーナル紙のインタビューで菅首相退陣論を明確に示した。
 
 大震災後、日本は非常事態を迎えている。この危機に直面するなか、内閣総理大臣の交代を実行するような政局の動きは避けるべきとの主張が流布されている。米国の意向を受けたマスゴミが意図的に流す情報だ。
 
 しかし、小沢氏は、
 
「国難の時期だからこそ、それにふさわしい人物を選び、それにふさわしい内閣を作るべきだ」
 
と述べた。まさに正論である。
 
 この国難に際して、多くの国民が生活の困難に見舞われている。東電福島原発が引き起こした放射能重大事故では、多くの国民が放射能の脅威にさらされている。また、日本経済は急激な悪化に直面し、経済財政運営の手腕が問われている。
 
 このような国難の局面に、国民の信任も受けておらず、国民の意思を無視して、ひたすら自分自身の利益のためだけに行動する内閣総理大臣が存在するなら、この総理を排除し、国難の時期にふさわしい人物を当てるべきことは当然の主張なのである。この主張の方が、はるかに国民の利益、国民の幸福を尊重する考え方である。
 
 本ブログでも
 
2010年12月21日
「人の道踏み外す空き菅政権が日本を地獄に道連れ」  
2011年4月21日
「内閣不信任案可決後菅直人政権は大政奉還すべし」  
2011年5月19日
「毎年恒例首相交代機到来・菅直人氏退陣七つの理由」  
などの記事を掲載してきた。

 小沢一郎元代表が指摘するように、菅直人氏退陣は一刻でも早い方がよい。
 
 なぜ、菅直人氏が退陣するべきであるのか。改めて整理しておく。
 
 第一は、原発事故に際して、国民の生命と健康を守る行動を取らなかったことだ。
 
 NYタイムズ紙が報道した下記グラフを見ていただきたい。
 
 
 
 原発からの放射性物質放出量が最大になったのは3月15−16日と見られる。1・3号機で水素爆発が生じた。2・4号機でも何らかの爆発的事象があった。原発原子炉1〜3号機で炉心溶融・燃料棒落下という、いわゆる「メルトダウン」が発生し、原子炉格納容器が破損し、大量の放射性物質が飛散した。
 
 政府は巨大な国費を投じて、SPEEDIと呼ばれる緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムを作っておきながら、それを活用する唯一の機会と言って過言でない今回の事故の局面で、政府はこの情報を隠蔽した。
 
 3月12日に菅直人氏が福島原発をパフォーマンスのために訪問した際にだけ、この情報を活用したとの疑いは消えていない。
 
 3月15日夜から原発周辺地域で雨が降った。震災後、初めて降った雨である。このとき、原発の風は南東だった。大量の放射性物質がこの風に乗って原発北西地域上空に飛散したが、降雨で原発北西地域に大量降下した。これが、原発北西部の放射線量が著しく高まった原因である。
 
 政府がSPEEDI情報を公開していたら、放射能大量被曝被害者を大量に生まずに済んだはずである。
 
 第二は、原発事故、大震災によって国民生活が破壊され、日本経済が危機に突入しているにもかかわらず、総合的な経済対策を打ち出さないことである。財務省は今回の震災対策に消費税大増税を組み込むことを最優先課題に位置付けている。菅直人氏は財務省に完全に取り込まれ、国民生活よりも財務省の求める増税を重視してしまっている。このような首相が居座れば、国民経済が破壊されることは明白である。
 
 第三は、今回の原子力事故に関連して、正当性のない東電救済策を提示したことだ。菅政権は今回の原子力事故原因を「異常に巨大な天災地変」であると認定していない。したがって、原子力損害賠償法では事業者に無限の無過失責任を定めている。
 
 ところが、政府は東電救済策を提示した。また、電力業界および関連団体に対する大量の天下りも温存したままである。政官業癒着の構造をそのまま維持して東電を救済することに、多くの原発事故被害者、および一般国民は強い反発を感じている。

 第四は、菅直人氏が昨年7月11日の参院選で惨敗し、主権者国民から不信任の判定を示されたことである。この選挙を菅内閣に対する信任投票だと位置付けたのは菅直人氏自身である。
 
 第五は、菅直人氏が2009年8月総選挙で示された主権者国民の意思をことごとく踏みにじってきたことである。小沢一郎氏は、
 
「正面切って民主党を応援してくれていた人たちが、本当に一生懸命やっただけに、頭にきちゃって、こんな民主党ぶっつぶせ、もう一度やり直しだと言うくらい失望している。」
 
と指摘したが、その通りである。
 
 主権者が支持したのは民主党の小沢−鳩山ラインである。菅−岡田ラインを支持したのではない。ところが、菅−岡田ラインは、小沢−鳩山ラインをことごとく迫害したのである。
 
 第六は、菅直人氏が政治資金規正法に明確に違反したことである。捜査当局は直ちに適正な捜査を実施するべきである。
 
 第七は、この国難の時期に国会を閉会してしまおうとしていることだ。
 
 6月2日は、昨年、菅直人氏が背徳のクーデターを実行した日である。6月8日には、首相の椅子を強奪した。日本にとって、国民にとって悪夢の1年間が経過する。悪夢はもういらない。
 
 2006年以降、総理大臣の交代は年中行事であり、内閣不信任案は、絶対に可決しなければならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年5月29日 15:46:07: rWmc8odQao
「2006年以降、総理大臣の交代は年中行事であり、内閣不信任案は、絶対に可決しなければならない。」

ヴォルテール「君主は権威を笠に着て宗教的権力を我がものとした」
ルネ・ジラール「君主は儀式を司る人ではない。人民が犠祭用にとっておく執行猶予付きの犠牲者なのだ」

現在の日本では、ジラールが正しい。最近は執行猶予が1年のようです。
植草氏、がんばってください。応援しております。


02. 2011年5月29日 15:48:17: PPAJr6WqwQ
初動でついたウソや隠ぺいのために、今の政府では正しい対応ができなくなっている。
いまさら言えないことがある。
嘘をつき通すために間違った行動をとることになる。

それでは、日本全国に汚染が広がる。
危機に対応できる体制がとれない。

だから政府首脳を一新する必要がある。



03. 2011年5月29日 16:11:43: hoHjPQlpFU
植草氏も自民党&自民党信者の手のひらで踊っているね。

内閣不信任案が可決されれば、解散総選挙となり
反小沢の谷垣自民党政権ができるだけなのに。

<話題>高まる解散・総選挙の可能性、再び政策不況の到来か?
「解散・総選挙」となれば政権交代が起こる可能性は大きい。
子ども手当など民主党政権が実施したあるいは、これから実施する予定の政策のほとんどは取りやめになるだろう。
そして、再び予算や政策の組み替えが行われることになろう。
そこには、政治の混迷、政策の停滞などによる政策不況が待ち構えている。
市場のテーマに再び政治が浮上してくる可能性は高い。(鈴木 透)
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=388742

これほど追い込まれた状態で衆院解散・総選挙になだれ込んだら、民主党が敗北するのは目に見えている。
特に「小沢チルドレン」と呼ばれる選挙基盤の弱い新人議員は全滅に近い被害を受ける。
だが、菅首相ならば、やぶれかぶれの賭けに出るかもしれない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101201-00000301-fsight-pol

民主党にとって真の敵は誰か?
言うまでもなく、真の敵は自民党。
もっと言えば、自民党という統治体制に象徴される日本全体に巣くう政官業の癒着体質、利権の構造です。
http://twitter.com/Asagaokunn/status/17102474171121664

■一方、「一新会」メンバーらが行動に慎重なのは、首相が衆院解散で対抗してくることへの警戒感や、
特例公債法案などの2011年度予算関連法案を成立させる手だてがない以上、
今国会会期末の6月ごろには政権運営が完全に行き詰まるという見立てもある。
 党員資格停止の処分で小沢氏の影響力は低下しているが、
グループは党内最大の130人規模とされ、その動向が政局のカギを握っているのは間違いない。
一新会幹部は「菅さんには辞めてほしいが、解散はさせない。これがみんなの思いだ」と指摘する。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011022700189
>一新会幹部は「菅さんには辞めてほしいが、解散はさせない。これがみんなの思いだ」と指摘する。

よって、菅に解散されれば、負けだ。
反小沢の谷垣自民党政権が誕生し、小沢氏は証人喚問・議員辞職させられ、
小沢氏は政治的に抹殺される。

小沢派は、菅に解散させずに、辞めさせる方法に知恵を絞るべきだ。

■小沢氏とは絶対組まない=自民・石破氏
自民党の石破茂政調会長は28日午後、津市内で講演し、
自民、公明両党が提出する内閣不信任決議案が民主党の小沢一郎元代表らの賛成により可決されたとしても
その後の政権運営のために小沢氏らと連携することはないと強調した。
石破氏は「(子ども手当など小沢氏の考えは)ことごとくわが党の主張と違う。
主義主張が全く違う人と組んで国政を運営することは絶対にあるまじきことだ」と述べた。 (2011/05/28-18:25)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011052800266

■自民・小坂参院幹事長「小沢氏と連携ありえず」
自民党の小坂憲次参院幹事長は28日午前のTBS番組で、民主党の
小沢グループと連携する可能性について「そう簡単に手を結ぶこと
はありえない」と否定した。「自民党は自民党としての主張がある」
と指摘し、子ども手当など政策面で隔たりが大きいことを理由に挙げた。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0EAE2E2968DE0EAE2E7E0E2E3E39C9C97E2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000

以上のとおり、自民党は反小沢だ。
小沢派は、「谷垣政権」樹立を目指す自民党に利用されてはならない。
ズル賢い自民党は、小沢氏を利用して、ポイ捨てするつもりだ。


04. 2011年5月29日 16:26:15: 0ruzAX9hXM
 ↑hoH・・・の投稿は一貫している。
 自民党の手助けとなるような不信任案提出ではなく、民主党内で菅降ろしをするのが筋である。政権を担っているのに自ら捨て去るようなことはおかしい。
 解散を示唆するだけでも現執行部には能力がないということに他ならない。
 民主党議員はこのくらいわからないのですか!

05. パルタ 2011年5月29日 16:52:10: BeExvDE2jO5d2 : fhqMEypoT6
>>03
当たり前だ。自民党はいかにして不信任案を可決しつつ、
菅以上に嫌いな小沢に有利にならない状況づくりを作るかで思案してる。
そんなもん不信任案可決しました、小沢内閣成立しましたで終わったら、
何の為の不信任案可決なんだよ。
それは自民党と公明党が民主党政権自体を打倒する為のものなんだ。
菅は不信任案で小沢は疑獄事件で倒すのが目標だ。
総選挙が行われる前に辞任したら小沢首相誕生で終わる可能性がある。
被災地は選挙どころではないが、自民党にとっては早期解散が良い結果になる。

06. 2011年5月29日 17:31:01: PgPBMdxElo
>>05.
自民党も民主党と同様に一枚岩でないのではないでしょうか。
小沢許容と小沢拒否の両者があるような気がします。
不信任が可決されるかどうかは知りませんが、不信任への賛否を機に政党再編へと進む可能性があるのではないでしょうか。
結果的にどの集団が政権を獲得するのかは分かりませんが、本来のあるべき2大政党制がその結果実現するかも知れません。

07. 2011年5月29日 17:50:44: txfDaJOpQg
とにかく菅政権はパフォーマンスだけの
無能集団だ。毒にも薬にもならないのならまだ我慢できるが
害毒ばかり垂れ流す最悪な政権だ。規約や基準を勝手に解釈し
自分たちだけの利益、供応のみを追求している。
こんな執行部連中が運用する民主党ならなくなってもいい。
真の政治家たちが本気で建国を考えるなら政党再編でもなんでも
やってほしい。

08. 2011年5月29日 18:18:23: hoHjPQlpFU
>>06-07
それはない。
なぜなら、自民党は選挙で連戦連勝し、割れる必要がまったくないからだ。
解散総選挙に追い込めば、確実に政権が転がり込んでくる状況だからだ。

自民党は、
・民主党マニフェストを全否定している。
・小沢氏に証人喚問や議員辞職を要求している。
・「政官業学報」癒着で原発を地震列島に乱立してきた。
・「失われた20年」と呼称されているように誤った経済政策を続け、貧困層や自殺者を増大させたてきた。

自民党政権などごめんだ。

自民党政権ができれば、菅氏の政治生命も終わりだが、
小沢氏の政治生命もオシマイ。

■恫喝? それとも瓢箪から駒? 不信任案をきっかけに「解散風」
一方、自民、公明両党にとり選挙は望むところだ。
「今やれば100〜150議席増で民主党から第1党の座を奪うことは間違いない。
破れかぶれ解散でも何でもやってくれていい」
自民党幹部の一人はこううそぶく。
党で定期的に行っている独自調査でも同様の傾向が出たとされ、
同党は震災後に一時停止していた衆院選候補予定者の公認作業を再開した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110529/plc11052900320000-n1.htm
>自民、公明両党にとり選挙は望むところだ。
>「今やれば100〜150議席増で民主党から第1党の座を奪うことは間違いない。
>破れかぶれ解散でも何でもやってくれていい」
>自民党幹部の一人はこううそぶく。
以上のように自民党は解散を恐れるどころか、大歓迎。

ズル賢い自民党の真意を見抜くことができなければ、小沢派は、自民党の政権奪還に利用されて、ポイ捨てされるだけ。
自民党政権が誕生した後は、小沢氏は、証人喚問、議員辞職と政治的に抹殺されるであろう。


09. 2011年5月29日 19:27:10: jmLqs7l4OQ
>>08

総選挙すれば、少なくとも小沢は当選するだろう。
さすがにそれで「みそぎ」は済んでいる。新たな問題が発生しない限り、「議員辞職」はないだろ。

小沢と小沢派を閉じこめ、ミスター自民党の与謝野を引っ張ってくる菅政権はすでに小沢とは実質「別の党」ですよ。

ここでおとなしくしていたら、小沢の影響力も「国民の生活が第一」のマニフェストと理念はすべて小馬鹿にされ、ゼロされる。

そして、どっちも保守の「2大政党」が晴れて完成する。

むしろ、ここで民主党を雲散霧消させて、新しい「国民のための政党」をつくっていった方が傷は小さい。

もっとも上記は菅が、解散という「自爆」をすればの話だが。

とにかく、相場の「損切り」が必要な場面だということを理解すべきですよ。


10. 2011年5月29日 21:30:20: ARJfYTfBXk
菅は不信任が可決されても常識では大負けする事が解る解散選挙はできないだろう  
何故なら菅一派が議席を失う可能性が大きいからだ それでも解散をするので   
あれば 裏で自民党と繋がっていると見るべきだろう              
それとも民主党を破壊する事が菅直人の仕事かも?

11. 2011年5月30日 12:44:55: UWENshfRjs
第八は、憲法上、ブタは総理になれない

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK113掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧