★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK115 > 575.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
[新聞チェック] 菅首相は「稀代のご都合主義者」 擁護派だった毎日新聞に批判コラム 首相支持する全国紙が皆無に  
http://www.asyura2.com/11/senkyo115/msg/575.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 6 月 24 日 00:27:33: igsppGRN/E9PQ
 

【新聞チェック】菅首相は「稀代のご都合主義者」 擁護派だった毎日新聞に批判コラム 首相支持する全国紙が皆無に 
http://news.livedoor.com/article/detail/5656247/
2011年06月23日13時11分 BLOGOS編集部


 「希代のご都合主義者の本領発揮である」。菅首相を猛烈に批判するコラムが、ある全国紙の一面を飾った。政権批判の急先鋒だった産経新聞ならともかく、主要紙の中では最後まで菅政権を擁護してきた毎日新聞に載ったのだから驚きだ。

 政治部長の古賀政氏の署名入りで“近い将来の退陣を約して強制退去を免れた人物が、身を翻して延命に猛進する。かつて「熟議の国会」を唱えていたことなど眼中にない”と切り捨てた。与野党からの辞任要求を無視して首相の座に居座り続ける菅首相に、ついに見切りをつけたようだ。朝日新聞は6月4日以降、菅批判に転じており、これで日本の全国紙で菅続投を支持する新聞は皆無となった。


「復旧・復興政策を人質に取る」と怒る

 22日の衆院本会議で、この日に切れる国会の会期が8月31日まで70日間延長されることが決まった。菅首相の退陣と引き換えに赤字国債発行に必要な特例公債法案などの成立を図るとした自民、公明両党と民主党との合意は、首相の退陣時期が明確にならなかったため破綻してしまったのだ。

 続投に固執する菅首相のせいで、国会審議の停滞は必至。産経新聞では、「この1週間、俺は何のために走り回ってきたのか…」と愚痴る岡田克也幹事長の姿を報じている。

 今回の毎日新聞のコラムは、通常国会の70日間延長が決まったこと自体は支持しているが、「本来中立的であるべき時間に、ギラギラした政治性を持ち込んだのは首相自身だ」として、以下のように首相への怒りの言葉を並べている。


首相は全体構想などお構いなしに、電力業界に風穴を開けろと迫る。相手が拙速を戒めようものなら、正義を振りかざして悪態をつく。

そんな「けんか民主主義」で衆参ねじれの国会をどう運営するつもりなのか。復旧・復興政策を「人質」に取るような首相の姿勢は、国政を私していると言うほかない。

議院内閣制は、国会の多数派が首相を選ぶ仕組みだ。すなわち菅首相は民主党議員の支持によって政治権力を得ている。しかし、現状はどうだろう。党側の支持を取り付けるどころか、党執行部の意見をはねつけて我を通した。

菅氏はこの政体が想定する首相像からかけ離れた存在になりつつある。

 このように菅氏に対して、首相の座にふさわしくない人間と引導を渡す記事となった。


これまでの毎日新聞の論調は

 今回の記事が出るまで、毎日新聞は首相続投を支持するような記事ばかり載せていた。

 6月4日の社説では、菅首相を「ペテン師」と批判した鳩山由紀夫・元首相を「密室談合の中身を金科玉条のごとく取りあげる感覚を疑う」と書いている。さらに同月7日の紙面では「家庭内野党」伸子夫人に聞くという首相夫人インタビューを掲載。「これまで首相がいともあっさり、簡単に辞めちゃった方が不思議ですよ」と続投に期待する声を紹介していたほどだ。

 各紙が首相批判に転じる中、唯一の首相応援団だったわけだが、民主党幹部の意向すら無視するようになった菅氏にはサジを投げざるを得なかったようだ。
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月24日 00:56:07: 78IL90wTo6
 これが新聞本来の姿である「真実を追求するジャーナリズム精神復活への第一歩」となるのか、はたまた、国民を欺くアザトイ「ガス抜き」なのか?
 今まで「情報操作をされてきた国民」は冷静に判断するだろう。

02. 2011年6月24日 01:38:37: GUOXNTUF1Y
菅と一緒に沈みゆくのはゴメンだ by 朝日新聞

しかし、もう遅い。スポンサーを失い、信用を失う。馬鹿にされる。もはやこれまで。


03. 2011年6月24日 06:17:34: cWM8vZF5bo
大新聞の嘘報道体質に国民が目覚めて欲しい。

大新聞はこれまでの罪滅ぼしをしてくれ!!


04. 2011年6月24日 06:51:40: pRjsNFz8BI
トウフの駄文屋イヤミや与太者に反省文かかせろ

05. 2011年6月24日 07:17:11: VoHQXX9kmw
朝日・毎日にだけは言われたくないだろうな、空き缶も。

一番のご都合主義者はお前らだろ、大マスゴミが。


06. 2011年6月24日 08:24:08: OTO1zimfcI
マスコミの世論操作の恐ろしさは、小沢さんへの執拗な排除の有様を見てよく解かった。マスコミは自分達の既得権の保持のためなら冤罪でも平気で語る。

菅はマスコミの利用には長けていたが、余りに毎度ペテンを遣り過ぎた。
これから、マスコミの恐ろしさを知るがいい。


07. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2011年6月24日 09:53:36: SM2DPWDDuBDzg : AdKaaFvNBE

★霞が関のおつかい係=菅の「政略的発想」による

“脱原発運動”(再生可能エネルギー固定価格買い取り法案)に対する

分断と混乱目的の策謀・・・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■共産党/吉井英勝 「エネシフ」の発展を願って
http://www.441-h.com/message.html

 超党派の国会議員が環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんやソフトバンクの孫正義さんらと共に呼びかけ人となって、「エネシフ=エネルギーシフト」と呼ばれる会を作っています。私も呼びかけ人の一人です。

 再生可能エネルギーを爆発的に普及させ、原発依存のエネルギー政策を変える――そのための法案を、私はすでに2年前(2009年6月)、経済産業委員会で提起しています。

 当時は、自民党・公明党による連立政権の時代でした。「原発=非化石エネルギー」だとして、原発推進を図ろうとする「非化石エネルギー法案」(内閣提出)の審議が行われました。その際に私は、この法案を根本的に修正して、非化石エネルギーの定義から原発を削除したうえで、すべての再生可能エネルギーの固定価格買い取りを義務付けるとともに、原発促進に使われている電源開発促進税等を活用して再生可能エネルギー導入コストを電気料金に転嫁させないこと。また、同時改正が提起されていた「代替エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律の改正案」についても、太陽光など再生可能エネルギー源ごとの供給目標について国会承認事項とし、政府への白紙委任ではなく、立法府としてもおおいに議論をつくすべき中身にする、との修正案を出しました。

 残念ながらこの修正案は、政権党の自民党・公明党はもとより、当時は野党であった民主党も原発推進の立場から反対し、実現しませんでしたが、私はいまもこの立場で、今開会中の国会でも、原発依存をやめて、再生可能エネルギーの全量・固定価格他買い取りを行うことで、再生可能エネルギーを爆発的に普及させる、その法案の実現のためにがんばります。また、再生可能エネルギーの開発や普及の仕事が、地域の農林漁業や中小商工業のみなさんに回るようにすることで、仕事と雇用、所得と消費がその地域の経済をも活発にするための努力を尽くします。地域で生み出した電力を地域で使う、エネルギーの『地産地消』が進めば、地域で余った電力を送電線に乗せる仕組みも重要です。そうなれば、電力供給を電力会社に地域独占させている、いまの仕組みそのものの検討も必要となるでしょう。いまだ収束しない福島第1原発事故が広範囲にわたり深刻な被害を与えている状況を見ても、原発依存から再生可能エネルギーへの切り替えは急務の課題だと言えます。

 しかし、国会状況は会期末を目前にいっそう複雑さを増しています。何しろ、一部に「政局」に利用することだけを熱心に考える人がいるからです。その一方、立法府である国会に身を置きながら、法案提出者である内閣に『早く法案を通して下さい』と陳情にいく動きまであります。これに悪乗りして、菅首相は「私の顔を見るのも嫌という人がいるが、それならこの法案を早く通せば、私の顔をみなくてもいいことになる。」などと下品な挑発的発言まで行っています。これらは、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を求める運動を、菅直人応援集会に変えようという「政略的発想」です。

 私は、法案を直接担当する経済産業委員として、政府提出法案の不十分な点をおぎない、より実効性ある再生可能エネルギー全量買い取り制度を実現するために、引き続き全力で取り組む決意です。

(2011.6.15)


08. 2011年6月24日 09:58:04: BIgfJMRMNE
>新聞チェック】菅首相は「稀代のご都合主義者」 擁護派だった毎日新聞に批判コラム 首相支持する全国紙が皆無に 

え?これはガス抜きではないのか?
毎日のクソ新聞に批判コラムがたまに載ったからって、いきなり「菅を支持する全国紙が皆無に」は無いだろう。
また少し経てば菅擁護に回るよ。


09. 2011年6月24日 11:38:14: 6hxOZrZYdI
毎日新聞は主筆の岸井一格は 妄想まじって小沢批判をやってきた馬鹿。
こんなのが主筆やってれば 毎日が見放されていくのは時間の問題。

6月2日の岸井はテレビのニュースにでて 不信任賛成派のぼろくそ批判を
必死の形相でやってたけど あまりに必死すぎてキャスターが唖然としていた。

毎日は主筆 岸井を切れ。


10. 2011年6月24日 11:45:12: jDne0wnu3s

擁護派だった毎日新聞に批判コラム.

テレビも新聞も、菅直人総理を、あげ底にもちあげればいいしょう。
どうせマスコミは、まともでない。
はんかくさいんだから。

菅直人をおだてた責任とってほしいわね〜
「菅直人総理の不信任案否決」したんだから、
菅直人さんは自信もったのかもしれない。(笑)
(道産子)


11. 2011年6月24日 12:29:14: 37ORD625wA

大手メディアが全部、菅降ろしだって!!

じゃこっちは菅、支持と行こう。

「脱・原発」「発送電分離」でも打ち上げたらどうかねぇ・・・


12. 2011年6月24日 19:09:56: E8EAZBKmXY
>11. 2011年6月24日 12:29:14: 37ORD625wA

脳内液状化のこの菅にかい?正体が全国民に知れ渡っているんだから・・・

沖縄へ行って「復興に燃え尽きたい」なんて言った反応の1番人気コメントは

なんだったと思う?

「カスは燃えません」・・・・w。これが全てを言い表しています。


13. 2011年6月24日 20:03:32: 37ORD625wA
>12

あんまり真面目に来られてもねぇ。

大手メディアの言うことは胡散臭いと言う一種の「パロディ」・・。

菅に代わった政権を原発利権擁護と推進派にしようと言うことなら真っ平御免だ。


14. 2011年6月25日 04:00:21: qPExNJiQAc
朝日新聞も最近まで管用語だったんだけどね・・・。
昨日やっと投書欄に管退陣を求める意見が載った。
それまでは非常時に政局やってる場合か的な意見ばかりだったから、
変わり身の早さにあきれるばかり。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK115掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK115掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧