★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116 > 176.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅直人は政党政治を破壊するモンスターになろうとしている - (ひょう吉の疑問)
http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/176.html
投稿者 七転八起 日時 2011 年 7 月 04 日 13:19:54: FjY83HydhgNT2
 

http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/f9ac88256d359a577f3a0055ae52c672


 日本は三権分立の国だ。
通常は三権分立の成立のあと政党政治が発達する。

アメリカ式の三権分立(大統領制)では、大統領(行政権)も国会議員(立法権)も直接国民から選ばれる。
だから、大統領が民主党でも、議会の多数派は共和党になるということは、常に考えられることである。

ところが議会の本場イギリスやそれを真似した日本では大統領制は取られていない。
イギリスや日本は議院内閣制を取っている。
これは国王が議会の多数派を占める政党の代表を宰相に任命するという慣例から生まれたものだ。
国王のいないアメリカではこのようなことができなかったから、大統領も直接国民から選ぶしかなかった。

このことを考えると、議院内閣制は大統領制と違って行政権と立法権の強い信頼関係の上に成り立っている制度であることが分かる。

日本の首相を選ぶのは国民ではない。国会議員の中から国会議員が首相を選ぶのである。
その意味で国会議員と首相との信頼関係は大統領制よりも強いものである。

ところが菅直人はこの信頼関係を裏切った上で首相を続けようとしている。
なぜ続けられるのか。
それは議院内閣制が、政党政治の上に立脚しているにもかかわらず、国民の信任を集めた政党(民主党)の代表としての責任を放棄した上で、行政権だけを行使しようとする禁じ手を使っているからである。

日本は歴史的には三権分立の成立よりも以前に政党の動きが活発であった。
政党政治の中から日本の民主主義が生まれてきた。
政党政治は日本の政治の要である。

アメリカ流の三権分立では三権はそれぞれ独立しているから、大統領に議会の解散権はない。
ところが議院内閣制の日本では、首相に衆議院の解散権がある。

これはよく指摘されることだが、首相の解散権を振り回せば、日本の首相はアメリカの大統領よりも強い権限を議会に対して持つことができる。
解散権を持つ日本の首相はアメリカの大統領よりも強大な権限を持つことができる。

ところがそう見えないのは、首相が与党(民主党)の代表として責任を持ち、それが実現されないときには自ら身を引くことが当然と考えられていたからだ。

菅直人はここに目をつけたのだ。
もし首相が与党(民主党)の代表としての責任を放棄したうえで、解散権だけを振り回せば、国会議員は手も足も出なくなってしまう。

しかしこれはおかしなことだ。
まず国民にとっておかしなことだ。
首相を選んだのは国民ではない。
一国の首相が国民から選ばれないということは、その前提として国民が選んだ国会議員が選んでくれるから直接国民が選ぶ必要はないという、国会議員と国民の間の信頼関係がある。
国会議員から選ばれた首相が国会議員を裏切るはずはないから、その国会議員を選んだ国民も裏切られることはないという前提がある。

ところが菅直人は、国会議員からの信頼をえていない。
野党からは内閣不信任案が提出された。
与党民主党からも多数の同調者が出る勢いであった。
これはまずいと思った菅直人は、鳩山前首相と会談して、事実上の退陣表明をして、与党民主党から同調者が出ることを防いだ。

『退陣するから、内閣不信任案に賛成しないでくれ』
ということは、菅直人は与党民主党の信頼をすでに失っていることを国民に向けて認めたということだ。
国民は『これで菅直人は退陣する』と思った。

ところが菅はその後首相の解散権をちらつかせながら、首相に居すわり続けようとしている。

このような『だまし』のテクニックを使えば、日本の民主主義の根幹である政党政治と議院内閣制は根本から崩れてしまう。

日本の憲政史上、与党の信頼を失った首相は存在しない。
いや存在できない。

菅直人がやろうとしていることは、与党の信頼を失った首相としてどこまでも首相として存在し続けようとしている。

『菅の顔を見たくなければ、この法案を通せ』


これは議院内閣制上あってはならない言葉だ。
この言葉は議院内閣制上、ものすごく大きな矛盾をはらんでいる。
これほど危険な言葉は憲政史上、存在しない。

首相が与党を裏切るということは議院内閣制では想定されていない。
菅直人はそれを、民主党の代議士会で与党を『だます』ことによって、その想定外のことを行った。
そのことは日本の政党政治の根幹を揺るがすことであり、議院内閣制を破壊することである。

先にも言ったようにこれが許されれば、日本の首相はアメリカの大統領よりも強大な権力を持つことになり、独裁的な政治を行うことができる。

18世紀のイギリスであれば、このような首相に対して国王が首相の任命を取り消すということもできたであろうが、今の日本でそれを求めるのは時代錯誤であろう。
あとに残るのはジョン・ロックの唱えた国民の抵抗権という日本らしからぬ国民の革命権だけである。

そうなる前に日本の議会は与野党一丸となって首相の暴走を止めるときである。

議会の信任を得られず、与党の信任も得られず、国民の支持もない一人の人間がいつまでも首相であり続けることが許されれば、日本の民主主義は本当に死んでしまう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 七転八起 2011年7月04日 13:29:28: FjY83HydhgNT2 : qqCNcK3o9g
菅伸子夫人の女の卑しさ - (ひょう吉の疑問)
http://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/cb3e3c6b06308dfcadabdff7d41b4cdc


天木直人のブログ  より
http://www.amakiblog.com/archives/2011/07/03/#001967


菅首相夫人の言葉に対極の生き様を見る

 菅首相がここまで首相の座にしがみつくのは伸子夫人の叱咤激励があるということはもはや様々なところで書かれている。

 送られてきた情報月刊誌「選択」7月号の政治コラムである「政界スキャン」もまたその事を書いていた。

 これまで首相の進退問題に夫人がむき出しの介入をした例はない、あったとしても主人の苦労を気遣う「お辞め下さい」がほとんどだ、ところが「今が踏ん張り時よ」と尻を叩いている、などと見たような事を書いている。

 しかし私がこの選択の記事で注目したのは、菅夫人の語ったとされる次の言葉だ。

 すなわち、母親から次から次へと見合い話を持ってこられた伸子夫人は対抗上、点数表をつくり、容姿、学歴、職業、将来性などを点数にし、合計点が菅よりも高い男がいたら、しょうがないかな、と考えていた、という。

 これもまた聞いてきたような作り話かと思ったら、自らの著書「あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの」(幻冬舎新書)の中で自ら述べている言葉だと知って驚いた。

 菅夫人の生き方は私の対極にある生き方である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【私のコメント】


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)
三砂ちづる
光文社


『人生において子どもを産んだり結婚をしたりということは、思い通りにならないことです。…………
結婚において相手をこと細かく選ぶようでは、ダメだと思います。
誰かとともに暮らすことを第一にして、とにかく縁があった人と、誰とでもいいから結婚するというぐらいが、大事だと思います。
そこで生活レベルが下がるとか、相手の顔が悪いとか、仕事が悪いとか、出身大学が悪いとか、…と言っているような余裕のある人は、まあ勝手にしてちょうだい、オニババになれば、というような感じです。』
(P183)

夫婦そろって自己チュウだな。
この夫婦そろっての肥大化した自己感情は本当に病気だ。


02. 2011年7月04日 13:48:27: vGnzn8KNv2

308議席を国民に付託された鳩山・小沢政権は番犬マスコミや番犬検察・官僚を総動員した違法デタラメな総攻撃によってあ308議席を国民に付託された鳩山・小沢政権は番犬マスコミや番犬検察・官僚を総動員した違法デタラメな総攻撃によってあっという間に潰された。
しかし、我われ国民は、番犬マスコミや番犬検察・官僚を総動員したその違法デタラメな総攻撃をそのままにしてしまった。
番犬マスコミや番犬検察の違法デタラメな犯罪を暴かなかった。
そんな中に菅政権を送り出してしまった。

鳩山・小沢政権へのデタラメな総攻撃をつぶさに見ていた菅が
308議席の民意を守るためにありとあらゆる総力を挙げるのは当然のことだ。
鳩山、小沢がつぶされた今、残されたトロイカは自分だけなのだから当然だ。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm

いま菅は、鳩山・小沢政権を引き摺り降ろしたこの構造に立ち向かっている。
菅は共産でも社民党でもない、半分腐敗した民主党なのだ。
立ち向かってはいるがどうしても中途半端である。
中途半端は左右から叩かれる。
菅もたまったもんじゃないだろうが残されたトロイカは自分だけなのだから踏ん張るしかない。

菅や小沢を叩いて来た腐り切った反国民の構造。
=三菱財閥、検事総長、自民党、東電など
これだ↓
http://keha.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_8e0/keha/photo.jpg
原発と三菱重工転換社債贈収賄事件揉み潰し考
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/jinsei/shifofuhaico/kawakamijikenco.html
http://otd10.jbbs.livedoor.jp/1000013618/bbs_plain?base=1691&range=1
調べてみて愕然とした。
国家の暴力装置を背景にのし上って来た3人のチンピラ、 大林宏と田母神俊雄61歳、そして漆間巌63歳。
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-40.html
http://livedoor.2.blogimg.jp/hanatora53bann/imgs/b/1/b1a8e4cd.jpg


03. パルタ 2011年7月04日 13:57:24: BeExvDE2jO5d2 : fhqMEypoT6
国会や政党自体が民主主義を破壊するモンスターになる事はあり得る。
しかるに菅が任命した松本のごときはいよいよモンスターそのものである。
表の建前を裏の本音が食い破ろうとしている。
民主党の権力が暴かれようとしているが、結局松本罷免、突き詰めて菅辞任で終わるだろうな。
首相は交代させても奥の院には行かせない。首相とは奥の院の門前で仁王立ちする者なり。

04. 2011年7月04日 15:49:48: HLFKhcE9tM
日本の3権分立はインチキだよ。

立法府が行政府を選んでいる←この認識は間違い。背後に官僚勢力がありこれを支える財界、各種公益団体、マスコミ、の支配力・影響力によって3権全てが運営されていると見るべきだろう。

国民が影響を与える方法として立法に対しては@選挙、行政に対してはA世論、司法に対してはB国民審査という制度がある。このうち何とか機能しているのは@の選挙のみ、Aの世論はゴミマスコミのデタラメ報道に歪められ、Bは政令で実質機能しないような制度で運営されている。

本来3権どれもが、国民主権でなければならない。


05. 2011年7月05日 11:50:43: eAqWhqoDZM
連合傘下労働組合員が主犯、なぜなら彼らが民主党の選挙母体。
売国労働者。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧