★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116 > 886.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察調書大量却下、その裏側で (八木啓代) 真面目な検事が被疑者を脅す実態 
http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/886.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 7 月 22 日 22:03:24: igsppGRN/E9PQ
 

検察調書大量却下、その裏側で
http://news.livedoor.com/article/detail/5726838/
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-583.html
2011年07月21日22時39分 八木啓代のひとりごと


(やぎ・のぶよ)
ラテンアメリカと日本を拠点に活動する音楽家・作家。
CDに「Se Vive Asi」「Esta Mujer」(Ediciones Pentagrama)他、著書に「ラテンに学ぶ幸せな生き方(講談社)」「キューバ音楽(青土社)」他多数。
昨今の日本の司法のあり方のあまりのひどさに、昨年11月「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」を立ち上げ、前田恒彦元検事を特別公務員職権濫用罪で最高検に刑事告発。


 大手メディアはあまり積極的に報じていなかったようですが、陸山会事件で、東京地検特捜部の供述調書が大量不採用という未曾有の事態を受けて、先日、『ニコニコ生放送』の緊急特番「検証!徹底討論:検察調書大量却下は何故起きたか」に出演してまいりました。

 渦中の石川知裕衆院議員、郷原信郎弁護士、江川昭子さん、元暴言検事の市川寛氏、あたくしという顔ぶれでございます。
 こんなことになったのは、石川議員が、起訴後の取り調べの内容をICレコーダーで録音していたからで、その中にはっきり、取り調べた田代検事が利益誘導を行ったり、脅迫と取れるような表現を使っている、その言葉が残っていた。本来なら、言った言わないで水掛け論にしかならないことで、その場合は供述調書の特信性によって、検察の言い分の方が裁判所に採用される........ものなのですが、この録音があったために、
検察の言い分が崩壊する、動かぬ証拠となってしまったわけです。
 その結果としての、供述調書の大量却下。

 これだけでも、検察にとっては、あってはならない、血が引くような事態であるはずです。
 そして、それだけではない。この却下された供述調書の中には、政治資金報告書を小沢一郎氏が知っていたという内容の調書が含まれていて、その調書こそが、検察審査会が小沢氏を強制した根拠だったのですから、小沢氏強制起訴の根拠も崩壊したわけです。
 
 けれど、ニコ生スタジオ前で会った市川弁護士は、ちょっと悲しげでした。
「田代検事のことは、個人的に知っているんです。とてもよくできた真面目な人でした」と。
 優秀で真面目な検事が、被疑者を脅し、事実ではない供述をとろうとする。それってどこかで聞いたような構図ですね、ものすごく。

 実際、反訳書を見ても、田代検事は上から目線で恫喝しているわけではない。言葉はあくまでフレンドリー。もちろん、このフレンドリーさが逆に怖いと見えなくもないけれど、逆に、私たちはもう検察の構造をある程度、知っています。上の命令によって、担当検事が意に沿わぬ調書作成を強要されるという実態があることを。

 そういう視点でこの反訳書を読めば、たしかに、無理筋の説得をなんとか試みる田代検事の苦悩が見え隠れしているとも読めなくはない。
「彼の肉声が聞こえるようで.....辛かったんじゃないかな」

 かつてやってしまった意に染まぬ供述を撤回しようとする石川議員に、彼は言う。

「小沢先生の圧力があるじゃないかと、そういうことは勘ぐられずに済むんじゃないかと思いますけどね」

 いまになって供述を撤回したら、それは小沢氏の圧力だと思われるだろう。絶対権力者が圧力をかけたと。そんな印象を持たれたら、かえって小沢氏にはマイナスに働き、検察審査会の審査で不利に働くだろう、と。いまのままなら、検審もうち(特捜)も、小沢氏を起訴しない方向で動いている。しかしいまさら石川氏が供述を変えたら、それがひっくり返るので結論が変わるかもしれない。それが田代検事の苦しい論理です。

「だから一番良くないのは、やっぱり小沢先生が、組織ぐるみで口裏合わせをしているとかっていうような印象は、絶対に良くないわけだよ、これは、うん。」
「だから、いや、俺はね、絶対強制起訴、例えば検察庁でできれば起訴したいとかね、それがかなわなくても必ず強制起訴をして、小沢一郎を裁判にかけたいと、俺は思っていないわけ....」

 いうまでもなく、この田代検事の上司こそが、石川議員の前で、「小沢氏は不起訴になっても検審で強制起訴になる」と言ったとされる吉田正喜副部長です。

 起訴が済んでからの取り調べというもののの是非の問題は別としても、いずれにしても、本来あるべき問いである、事実はどちらなのか、という問いかけはそこにはありません。ここにあるのは、ただ、いったん取った供述調書の小沢氏が関与しているという供述をなんとかして維持させようという、ただそれだけ。

 そして、この、論理的に見ても破綻している説得に、柔らかな脅迫が重なる。

「しかるべき時期に、(石川氏が)議員辞職しますみたいな内容の調書があったじゃない」
「ま、それは、あのー、現状でいく限りね。そりゃそんなものは世に出そうなんていう気はないと思うけれど、うーん。これがまた変な方向にね」
「ま、そうならないようにさ、ずっと逮捕されてからやってきたけど、だけど、ま、なかなか吉田正喜も執念深いし」

「検察が石川議員再逮捕しようとして、組織として本気になったときに、まったくできない話かっていうとそうでもないわけじゃない。実際のところ。それは気持ち悪いよね。すごくね」

 そして、水谷建設から受け取ったと喧伝されている5000万円に至っては

「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、そんなのはべつに水掛け論になるから相手にしなくていいのよ。証拠ないんだから、べつに」
「あはは、吉田正喜もずるいから、そういうところは絶対に公に言わないけど。あの事実はありませんね、とかは言わないんだけど」

 上司を呼び捨てにして「ずるい」とか「執念深い」と評する会話。
 これって、居酒屋での他愛ない愚痴レベルであったとしても、それが録音に取られていて公開されたら、ふつうのサラリーマンだって青ざめると思います。言うまでもなく、その理由は明らか。少なくともこの件において、田代検事は上司を尊敬していなし、上司に理があるとさえ思っていない。これっぽちも。

 そして、問題の会話です。

石川「田代さんが言ってたように、逮捕される前にね、13日の強制捜査の前かな。早く認めないと。忘れてただけだって。ここは怖ろしい組織なんだから。なにするかわかんないんだぞって、諭してくれたことあったじゃないですか」
田代「うんうん」
石川「あそこまで言われて、(中略)それでも私が認めていないわけですよね」
田代「(中略) 俺も忸怩たるものがあんだけどさー」

 法廷では、田代検事は、そのような発言を否定してます。うんうんと言ったのは、気が緩んでつい相づちを打ってしまっただけだと。

 事実はどうであったのか。むろん、検察官が偽証で起訴された例はありません。
 あの前田検事ですら、偽証での告発は不起訴にされ、検察審査会でも不起訴相当の駄目押しをされる。弁護側の証人は簡単に偽証で有罪にされるとしても。

「こんなことで名前が出てしまって......。優秀な人をこんなかたちで潰してしまうから、駄目なんです....いまの検察は」
 市川さんの静かな呟きが耳に残りました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月22日 22:35:54: u4cqqCusdU
またペテン師赤かぶの世論誘導投稿です。避難されると正義に見せかけやがる。赤かぶよ****誰の指図でしているんだ。

02. 2011年7月22日 23:48:46: rWmc8odQao
うんとこしょ どっこいしょ それでも かぶは 抜けません (トルストイ)

03. 2011年7月23日 10:53:22: BOHMy9e7N2
赤かぶは世の中に蔓延する捏造記事や世論誘導情報を取り上げ問題提起しているだけであり他意はないと思います。


赤かぶを糾弾するのは無意味ではないかと。


04. 2011年7月23日 18:32:13: U9ju6hgBpc
田代検事が「優秀な人」だなんて、やめてもらいたい!
従来なら、吉田:田代の調書が採用され、それだけ田代のツラの皮が
熱くなっていくだけではないか。

八木さんは全く甘チャンだ。しっかりしろよ。


05. 2011年7月23日 19:05:24: WyxNWHk6DQ
2ヶ月ほど前か、元検事の市川弁護士が、佐賀の農協がらみの冤罪事件を偽造したことに対して、今はなき元被告人の親族に謝罪に行くという番組を、テレビで見た。その後、この元検事のことを注意してみているが、この人は、自分の犯した行為を、反省しているようには、思えない。いつも、研修でそのような方法を習った、とか先輩検事から脅し、すかして犯罪者を作り上げる方法を習ったなど、すべて自分はその被害者であり、すべてはその環境が悪いと持っていく。

今回の投稿の中でも、市川弁護士は、
「田代検事のことは、個人的に知っているんです。とてもよくできた真面目な人でした」
と、言ったと言う。ふざけるなだ。市川のいうまじめとは何か?それは、上司の指示に従うことでしかないではないのか?最近、市川を検事を辞めて反省している弁護士みたいに取り上げている風潮があるが、これは間違いであると、言わざるをえない。まじめな人間とは、不正は不正、正義は正義として、考えることの出来る人ではないだろうか。

それが出来なかった市川が、もと同僚をかばうのは、結局は自分もまだ未練があるとしかおもえない。彼のような不正義な弁護士は、早く廃業して欲しい。


06. 2011年7月24日 08:49:53: xPqDSL6apE
日本の首相の座を始めとして

兎に角、権力を最も行使できる

国のあらゆる組織のトップが

日本と日本の国民の為にならない

悪事に積極的に手を染め

本来の仕事もせず、天下りや

裏金工作に血道をあげ

あるいは米国その他、外国の為の

工作員もどきばかりが出世して

組織のトップになれるような

そんな、とんでもないシステムが

この国にも、特に小泉が首相の頃より

根付いてしまったようです。

まずは、日本と日本人の為に誠実に働く

勇気ある国士たちが、日本の重要な組織の

トップになれるような流れを作らなければならない!

その為にも、日本の権力の権化である首相を

「国民の生活が第一」の

小沢氏に引き受けてもらうべきです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧