★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116 > 915.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
真実は隠される マスコミ報道にみる検察論告(徳山勝)
http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/915.html
投稿者 判官びいき 日時 2011 年 7 月 23 日 19:35:29: wiJQFJOyM8OJo
 

20日に検察が行った「陸山会事件」&「西松献金事件」の論告求刑。既にネットでは多くの人が、その内容について怒りに近い検察批判の声を挙げている。一方、あれだけ騒いだマスコミはどのように報道したのだろう。毎日新聞は論告の要旨を報道したが、他の新聞はどうだったのだろう。テレビニュースでは一部に論告求刑があったと報道したそうだが、筆者は本件に関するテレビ報道には全く接していない。

木曜日の本欄で述べた西松献金事件のことだが、毎日新聞の論告要旨には何も書かれていない。だが、論告では「小沢事務所は、談合における決定的な影響力を背景に、ゼネコンに対し、選挙の際の支援や多額の献金を要求していた」とか、「ゼネコンとの癒着が露見しないよう、実体のない政治団体を通じ西松からの献金を受けていた」と述べたらしい。(このニュースソースはネット内の投稿から)

しかし、「決定的な影響力」も「実体のない政治団体」も検察は立証してはいない。単に検察の憶測を述べただけだ。西松献金事件については、検察側証人として出廷した西松建設の元総務部長の証言(=検察が西松建設のダミーと主張した政治団体は、ダミーではない)を、検察は覆すことができなかった。これは検察が、その政治団体について調査・捜査もせずに、大久保元秘書を逮捕・起訴したことを示している。

本来、警察・検察は第三者から見て犯罪的行為が存在する場合、捜査をし、犯罪であれば犯人を捜し、逮捕・起訴すべきなのだ。処が、東京地検特捜部は事情聴取なしで大久保元秘書を逮捕した。逮捕後も補充捜査をせず、検察の描いたストーリーに従い政治資金規正法違反(=企業献金を政治団体と虚偽記載)で起訴した。これが、西松献金事件の本質であった。マスコミはこの事実に目をつぶっているのである。

では、陸山会事件の方はどう報道したかだ。論告を前にして、裁判所が38通の検事調書のうち11通を全面却下した。残りの調書も5通を除いて部分的に否定されていた。従って論告は、証拠に基づくと言うよりは、「・・を知らなかったはずはない」に始まり、「・・と考えられる」「・・とは到底考えられない」「・・としか考えられない」「・・と推認される」と推測に次ぐ推測のオンパレードであったようだ。

毎日新聞が報道しているのは論告要旨なので、上記のような微妙なニュアンスは全く伝わらない。しかも解説記事では、「会計責任者が不正を知らなかったはずはない」との推認を裁判官に求める形をとったと書いている。ジャーナリズムなら、検察論告は証拠に基づいて行なうべきだと解説すべきだ。刑訴法317条「事実の認定は、証拠による」を無視した検察を批判するのが、真のジャーナリズムと言うものだ。

毎日新聞の記事で、最もおかしいのが次の記述である。(以下引用)検察側は「小沢事務所の収入実態を世間から覆い隠した。政治とカネを巡る一連の事件で政治への不信感をまん延させた」と述べ・・(引用終り)。それは逆だろう。「政治とカネ」の問題を引き起こしたのは東京地検特捜部ではないか。そして「政治への不信感をまん延させた」のは、その検察と共犯者であるマスコミではないか。

何度でも同じことを書くが、西松献金事件から始まった一連の「政治とカネ」の問題は、全て小沢一郎総理を阻止したい既得権益者連合が行なっている「人物破壊キャンペーン」(K.v.ウォルフレン)の一環であった。そして1年余の間、約100人の検事を投入し、数度にわたって小沢事務所とゼネコンを家宅捜査した結果、何が出てきたのだ。出てきたのは20億円と言われる【検察の浪費】だけではなかったか。

マスコミに訊くが、あれだけ騒いだ「20億円の虚偽記載」はどこに消えたのだ。この検察論告の中に【20億円】という金額が一度でも出て来たか。毎日新聞は、検察の論告要旨とその解説を、総合面の四分の三ページ使って報道した。検察の論告はあくまでも有罪を目指す検察の言い分に過ぎない。従って、毎日新聞は8月に行なわれる弁護側最終弁論の要旨を、同じ様に報道する義務があることを忘れるな。

最後にネットで読んだ真実を端的に突いた印象的なコメントを二つ付記しておく。「そもそも陸山会関連の2つの事件は、実在する犯罪の冤罪ではなく、存在しない犯罪を捏造してまで起こした異常な事件です」と、「検察の論告の内容が事実であるかのような報道はおかしい。あくまでも有罪を目指す検察の言い分に過ぎない」。
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=111287
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月23日 20:51:32: c0FbhHZ2vo
原発報道含めて狂ってます。めしいた国民の眼前で繰り広げられた、あからさまの犯罪そのもの。

02. 2011年7月23日 22:25:39: A3hjKrVBlU
何度も言うがマスコミに正しい報道、公平・公正な報道を期待する段階は過ぎている。

今のゴミマスコミは叩き潰す以外にない。


03. 2011年7月24日 12:05:48: uwStzzqq22
これだけの事実をもってしても小沢一郎氏の起訴が取り消されない。
異常な日々に人々が気がつく時が来るはずだが、徳山勝氏などの意見が徐々に浸透することを望むだけである。
それにしてもマスゴミの犯罪は致命的であり、日本国の亡国の尖兵でさえある。
生活のためとはいいながら恥ずかしい限りである。

04. 2011年7月24日 17:48:58: aatWexSInw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%82%E5%88%91#.E6.A6.82.E8.A6.81

本来論告求刑は、事実と法律の適用について述べなければならないのだが、当方も毎日新聞購読者なので、新聞記事を切り取って何回も読んでみたが、どこにも、具体的に適用された法律が記述されていない。

検察審査会の議決文をと同様で、検察側の想像力逞しい妄想の文章〔市民目線という便利な言葉)だと思う、「国民に対する背信行為」や「真摯な反省の情は見られない」の文末は、そのまま、特捜検察に熨斗付けてお返しします、そして、記事の要旨では、いきなり求刑が4行記載されている。

38通の検事調書の全容を知る立場ではないのだが、11通を全面却下し、残りの調書のうち5通を除いて部分的に却下された、→(22通は部分却下され5通が全面採用された)とあるが、調書のどの部分が採用されたか知りたいものだ。

郵便不正事件の時は、証拠請求した供述調書計43通のうち、主要な34通が大阪地裁に証拠採用さず無罪になった、(毎日記事)に匹敵する事態だと思う、この時、検察側の捨てゼリフが、「違う裁判官なら違う結果になる可能性がある」であった。

よく新聞に掲載されている「判決文」の要旨で、「〜の証言は信用できる」とか「〜の供述調書は信用できない」で判決が出されるが、裁判官がどのような基準で決めているのか分からないが、論告求刑で具体的違法性を指摘できない情況では、検察側は、法廷闘争での武器を失い不利になっている事は間違いない。

しかしながら、法律に疎い人間でも何でこんな判決が出るの?と思う事があるので、無罪判決が出て検察が控訴断念するまで関心を持ち続けたい。


05. 2011年7月24日 19:34:50: y7baVAoFUE
残念なことですが、日本には過去においても今日でも、真のジャーナリズムが存在していないということです。
ネットが一条の希望の光を提供し出しており、やがては日本の社会に済む腐敗菌を駆逐してくれると思います。

06. 2011年7月24日 19:40:11: 0211GNuFdE
マスコミの報道が、判決を左右するもか? 
勘違いも甚だしい。

07. 2011年7月24日 20:48:54: DtCsI6Tk6E
さすがに検察って空想好きのおたく野郎の集団だな。

08. 2011年7月24日 21:04:51: i2LiZmraP2
検察の犯罪は、小沢氏に対する冤罪捏造だけではない。検察は最初から、小沢氏無罪しかあり得ないことはわかっていた。ない証拠は捏造するしかないのだ。水谷建設の何某かに嘘の証言を強要し、検察と口裏を合わさせた。冤罪捏造に要した20億は国民の血税である。しかし皆さん、これが20億もかかったと思われますか?水谷建設何某を呼びつけ、口裏合わせただけですよ。1万円もかかっていません。ということは、検察はまた20億ネコババしたということです。検察幹部は裏金作りと同様、小沢氏冤罪捏造事件で、血税20億をまた着服したのです。即ち検察は泥棒であります。

09. 2011年7月24日 22:24:49: mFzZGHDgCR
毎日新聞の記事で、最もおかしいのが次の記述である。(以下引用)検察側は「小沢事務所の収入実態を世間から覆い隠した。政治とカネを巡る一連の事件で政治への不信感をまん延させた」と述べ・・(引用終り)。それは逆だろう。「政治とカネ」の問題を引き起こしたのは東京地検特捜部ではないか。そして「政治への不信感をまん延させた」のは、その検察と共犯者であるマスコミではないか。

至極まっとうな意見です。本来の報道機関の役割・義務を逸脱した、下らん

既得権の死守。やはり政権交代でこのような、幼稚でちんけな報道姿勢が

国民に真実を語るきっかけになったんですね。

プロ野球のオールスターも、スポンサー企業のやらせで日本ハムのルーキー

が堂々と出場。どう考えても参加する技量のない、某斉藤祐樹とかいうやつ。

さすがに真のプロ野球ファンの間では、ブーイングの嵐です。

今の日本の企業はすべて、自己の利益のみを追及する、なんと愚かで

陳腐な姿勢。虚位の報道姿勢がこれからも、永遠に続くと思うと

何が真実で、何を信用すればいいのか・・・

検察も検審も特捜もすべて”やらせ”。原発もどっかの電力会社もやらせ・・・


10. 2011年7月25日 00:17:35: EaD7UyQFcE
 民主党の中にも素晴らしい人材はあります。

 マスゴミの中でも馬鹿は一握りのはず。 護美箱へ一部は入り出している。


11. ミッチー 2011年7月25日 10:56:15: WblIWO/HiuO06 : Cc23Z0mUsk
今回の事件を契機にいろいろな場面でマスコミの批判が出ていますが、
私は>05さんの見解を支持します。

曰く「日本には過去においても今日でも、真のジャーナリズムが存在していないということです。」

松本サリン事件のときの河野さんも然り、あらゆるニュースを取り扱うときの報道機関の態度に問題がありそうです。ちなみに同じニュースを外国の報道機関がどのように扱っているかを見れば一目瞭然です。

私の見解は「日本の報道機関はプロのジャーナリストの集団ではなく、俗に言う文(ぶん)やさんの集まり、即ち文筆業者の集団にすぎない」と思っています。
事象やもの事を、いかに文学的に美しく読者の感性に訴えるかに重きを置いて表現しているようです。要は新聞の黎明期であった明治時代、あの有名な尾崎紅葉(文語体で情感豊かに表現し、人々を酔わせた)の頃から進歩していないのです。ですから「ジャーナル」などとは程遠く、芥川賞や直木賞に応募する下手な小説家の卵に似た文やさんの集まりで、クールにしかも理性的にものごとを見る価値を有していないのだと思います。

これは昭和20年8月15日まで、日本国民に真っ赤な嘘であった「輝かしい帝国陸海軍の戦績」を鼓舞し続け、毎日毎日洗脳した当時の新聞報道と何も変わっていないのです。

この状況が二度三度と繰り返し続けば、これはマスゴミが悪いと言うよりも、日本国民の方が本当にバカだと言う証拠なのかもしれません。



12. 2011年7月25日 11:49:32: RbArg7f9O2

飯を食うためには仕方のない事。偏重報道も・・・。


お役人様には逆らえない。出入り禁止に成るから・・・。


裏を取ればそれだけの経費が掛る。記事は飯の種。


13. 2011年7月25日 16:58:48: xDcK6nSV25
今の日本のマスコミ(NHK始め大手5社新聞・テレビ)がが日本を悪くしている。マスコミと官僚は犯罪者。原発の事故そしてその後の対応も同じ過ちの犯罪者。

14. 2011年7月25日 17:49:24: Zc4LsHROVM
西松事件で検察側の証人に、ダミーの政治団体であることを証言させようとしたところ、検察側の証人はダミーの政治団体ではないと検察に不利な証言をした。そこで検察は窮地にたたされ、やむなく訴因変更と言うことで何とか対面を保ったことがあった。ほんとうは、そこで勝負がついているはずである。それらのことから裁判所と検察ベッタリの関係が視てとれるのである。
そんなことは一切報じないマスコミのうす汚さ、とにかく小沢の悪を国民に植えつけようとしたのである。それはそれで一応成功したのだろう。今度無罪判決がでた場合はマスコミは無傷であるはずがない。つまり途中までは勝っていても最後の段階で大きな「つけ」を払わせられる。そのことを思い知らされる日が確実に近きつつある。

16. 2011年7月25日 21:37:28: DNZTBAK9tY
日本のマスコミは腐りきってしまった。

福島から垂れ流す、放射能を撒き散らす核物質が太平洋へ流れ出し、
APEC全体へ環境危害を撒き散らす犯罪行為を
政府は隠し国民は知らない。
やがて来る各国からの日本人不信、
日本人蔑視、
忌避は
時間の問題。

日本官僚の腐敗から始まり国会議員の無知識無責任が横行している日本は救えない。さようなら日本、又来る日は来ないだろう。永遠にさようなら。


17. 2011年7月25日 22:50:07: z9xlzqvhhM
マスコミとジャーナリズムを一緒にする考え方は実態的に間違っている。
商売報道=マスコミ≠真実報道=ジャーナリズム精神

記者クラブ、官庁、スポンサー、アメリカ、政治家、右翼とかヤクザに逆らえない
商業マスコミ

第二官報=マスコミ
財界のパシリ=マスコミ
検察・警察のスピーカー=マスコミ


18. 2011年7月26日 06:52:01: okWB5wyA7A

北海道開拓時代、札幌県庁(今の道庁)の役人は、
開拓地におもむいて、開拓事業を助け尽くした。

しかし、しだいに組織が固まると、役人らしさが出て、
住民に親身になれない役人が増えて、役所的になってきた。

信念のある役人は、役人を辞めて、現地で開拓に尽くすようになった。

組織に戻ると、人間性が失われ、ダメな上司に従うようになるのか。
マスコミも検察組織も、正義の人は「つぶされる」ようだ。


19. 2011年7月26日 08:29:49: U3n3rrhRKg
サラリーマンも務まらない叩けば埃だらけの政治家、学者をやるにはノータリンの官僚、庶民にたかって食うことしか考えないダニの公務員、御用学者、マスゴミ。
米の手下の日本政府は、国壊し人減らしの手先。
世界の中のこの国の現実は、
http://tomiman-daitoku.blog.so-net.ne.jp/
国民が事実を知り、声をあげ続けなければモルモットにされたまま。
知恵も技術も持っている庶民の力で、この国はかえられる。
イタリア、すいす、ドイツ国民が政治を動かして原発停止を決めさせた。
武田邦彦氏、鬼塚氏、あべよしひろ氏の著書の併読をお勧めします。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK116掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧