★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK117 > 292.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相官邸前でナイフ所持容疑、男を逮捕
http://www.asyura2.com/11/senkyo117/msg/292.html
投稿者 尾張マン 日時 2011 年 7 月 28 日 18:06:33: YdVVrdzAJeHXM
 

TBS系(JNN) 7月28日(木)16時28分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110728-00000043-jnn-soci

 銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・清瀬市の無職・福島俊樹容疑者で、27日午後10時半ごろ、総理官邸前の路上で刃渡りおよそ11センチの果物ナイフを所持していた疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、福島容疑者は警備にあたっていた機動隊員に対し、「総理が辞めないから罰を与えるために来たが、警察官がいるので罰を与えられない」と話し、バッグの中にナイフが入っていることを明かしたということで、取り調べに対し容疑を認めているということです。

(28日15:27)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月28日 18:59:44: BIgfJMRMNE
福島俊樹という人は捕まったが勇者だ。

02. 2011年7月28日 19:03:20: tTrD7tBRQs

1929年3月5日、戦争利権に立ち向かった男が右翼に刺殺された。
彼は貧しい者、虐げられた人々に心からの愛情をもって、その人々の利益のために先頭に立ってたたかった。
彼、
山本宣治(通称山宣)(1889〜1929)は1929年3月5日、迫り来る暗黒の時代に抗し生命をかけて闘い、その夜、右翼七生義団の黒田保久二に短刀によって刺殺された。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/isiikoki15.htm
反動的な暴力団の育成である。
すなわち、内相床次竹二郎のキモ入りで全国の侠客を集めて結成された大日本国粋会がそれである。
 床次の故知にならった政治家が戦後にもいる。元保安庁(防衛庁の前身)長官だった木村篤太郎で、彼は昭和十八、九年ごろ、左翼勢力に太刀打ちするために、全国のヤクザ、テキヤを国粋会の傘下におさめこれを右翼と称した。
 安保闘争の時、このヤクザ右翼は大いに活動して、デモ隊の向こうを張った。戦前からの右翼には、動員カはほとんどない。ヤクザ右翼にはナニワブシはあっても理論はないが、全国にかけてのその組織的動員力は、無視できない。
 ともかく、単なるヤクザを、右翼というもっともらしいものにつくりあげたのが有力政治家なのだから恐れいる。それほどの規模のものではないとしても、山本宣冶代議士を計画的に刺殺した七生義団がうまれたいきさつを見ると、同工異曲のものが感じられる。
http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10022079321.html

03. 2011年7月28日 21:37:29: gDTAHYHtHs
ネトウヨがノルウェーの極右テロリストの共感しているように、
テロリストに共感するようになったら、人間オシマイ。

04. 2011年7月28日 21:40:47: c0UeqEikFs
右翼とか保守、つまり自称愛国者、それといわゆる体育会系、さらにヤンキー・アウトロー気取り、あと宗教家(新旧問わず)・・・こういった人たちは何だかんだいっても必ず権力ー国家や大企業等ーのお先棒を担ぎ、弱者抹殺の側に回るのだ。もちろん例外はいるけれど。
なぜだろう?

05. 2011年7月28日 22:44:08: AxIUBnmGNw
04さん
>なぜだろう?

これは私論ですが、おそらくこの人達は、「国家=自分」、「国家の利益=自分の利益」と考えているんじゃないかな。つまり、国家の意味とか、国家とは何かの分析が出来ていないんじゃないかなと考えますが。


06. 2011年7月28日 23:46:06: 7MqQHNKzzI

>>05さんの直観、「国家=自分」というのはかなり的を射ているように思います。

自分の体験ですが、ある人の前で菅政権のダメっぷりを批判したところ、
まるで自分の身内か自分自身が非難されたように、
ものすごく自尊心を傷つけられたかのように怒りまくり、反発されたことがあります。

あるいは、例えば戦前戦中の日本人の過ち、罪を絶対に認めようとしない人たちにも同種のものを感じます。
「われわれ日本人がそんなひどい人種であるはずがない」という盲信というか…

それは「自我の肥大」ではないか、と。空間的な(平面的な)広がりと時間的な過去への広がり。


07. 2011年7月29日 00:52:17: gDTAHYHtHs
自民党政権時代、鈴木邦男さんが、以下のようなことを言っていた。

★ひ弱なネット右翼――錯覚で強者になれる便利モノ
(前略)「中韓になめられるな!」という感情的な次元での反発が
排外主義的なナショナリズムへの傾倒を生むという。
「愛国心」や「ナショナリズム」は、
「国家と一体になり、自分が強くなった気がする」から
「自分たちはバラバラな個人なのに、一気に国家とつながって」しまう。
その結果、自分自身を国家と同一視してしまうため、
中韓からの批判に耐えられない。
また、国家を自民党政権と同一視しているネット右翼も多いため、
自民党政権を批判する国内勢力の存在にも我慢ならない。
(自民党批判者へ「反日ブサヨク」「反日極左工作員」「反日朝鮮人」などといった
レッテリングや誹謗中傷が行われるケースがしばしばある)。
なんせ、「自分は、国家と等身大の巨人なのだから」と鈴木氏は書く。(略)
しかし、かつてあった大きな物語の残りカスでしかない
「自虐史観への反発」から「愛国心」を持つに至った者が身につけるものも、
また、それ相応のものでしかないことは明らか。(略)
「都合のよい真実」で身を固め、マーフィーの法則よろしく
「必然的な偶然」にあてはめるだけでは、論も思想も成り立たない。
http://tkj.jp/book/book_70637201.html
【参考】「日本の右翼と左翼」(鈴木邦男著)「RARE]

>国家を政府や自民党と同一視しているネット右翼も多いため、
>政府や自民党を批判する国内勢力の存在にも我慢ならない。

2009年、政権交代し、自民党が下野したことによって、
政府は、民主党などの政府になったが、ネット右翼は、
検察をはじめとする官僚機構と自分を同一視し、応援しているようだ。
極右「在特会」が小沢氏を検察審査会に告発し、ネット右翼が狂喜乱舞して喜んでいたことも証拠のひとつ。


08. 2011年7月29日 01:26:34: MLi5MkhWOM
>07
「「愛国心」や「ナショナリズム」は、
「国家と一体になり、自分が強くなった気がする」から
「自分たちはバラバラな個人なのに、一気に国家とつながって」しまう。
その結果、自分自身を国家と同一視してしまう」

という指摘は、的を射ている。尊大なアメリカ人にその典型を見る。


09. 2011年7月29日 06:51:46: 8rNCXQYiW2
「福島」サンですか、意味有り気だナ〜。

10. 2011年7月29日 20:06:35: 4nJJ1i9xLs
これが鳩山相手なら
執務室まで素通りして
献金の領収書だけ破いて消滅させる気概を見せてた

11. 2011年7月29日 22:34:00: c0UeqEikFs
04です。<05はじめ皆様、レスありがとうございます。
本当にナショナリズムは両刃の剣ですよね。病んだ人間、心の乾いた人間にとっては「劇薬」として作用してしまうと思います。これは宗教でも同じですが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK117掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK117掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧