★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119 > 486.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
鉢呂大臣陥穽工作でボロを出したマスコミ:国民多数派が日本政治の悲惨さに気付くキッカケをつくった(新ベンチャー革命)
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/486.html
投稿者 メジナ 日時 2011 年 9 月 14 日 21:56:48: uZtzVkuUwtrYs
 

新ベンチャー革命2011年9月14日 No.445

タイトル:鉢呂大臣陥穽工作でボロを出したマスコミ:国民多数派が日本政治の悲惨さに気付くキッカケをつくった
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/archive/2011/9/14


1.鉢呂経産大臣辞任会見にて暴言吐いた記者の画像、ネットでばらされる

 本ブログ前号(注1)にて、鉢呂経産大臣を辞任に追いやったマスコミ記者クラブの横暴について取り上げました。

9月10日、鉢呂氏の辞任会見にて暴言を吐いた記者について、ネットでは時事通信社の記者であることがすでにばらされています。後任の枝野氏の就任会見場にて、フリージャーナリスト田中龍作氏(注2)が暴言記者に話しかけている画像がネットに載っています(注3)。

 この人物はネットで顔が割れているので、遅かれ早かれ、名前もわかるでしょう。

 この一連の騒ぎにて、悪徳ペンタゴンが正体を現したという印象です。

なお、上記、悪徳ペンタゴン日本人および彼らを操る米国戦争屋の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。

2.悪徳ペンタゴン日本人が居直り始めた

 現在の日本の政官財・マスコミに蔓延する悪徳ペンタゴン日本人はこれまで黒幕化しており、ネット依存ではなくマスコミ依存の国民多数派には直接、見えていませんでした。

 ところが、鉢呂辞任事件にて、マスコミに蔓延する悪徳ペンタゴン日本人がまず正体を見せ始めたと言えます。

 この事件の特徴は、鉢呂氏を嵌める手口が粗雑になって、そのあまりの強引さに、さすがのお人好し国民も今のマスコミはおかしいと気付き始めたのです。

 就任9日目の新任大臣をなぜ、あせってマスコミは陥穽工作のターゲットにしたのかが問題です。陥穽工作というのは、ばれないようにターゲットを陥れるのが常道ですが、今回のマスコミのやり方は強引すぎて、陥穽工作であることがバレバレとなったのです。

3.マスコミは鉢呂ネタで引っ張る予定だったのに、あっさり辞任されて肩透かしを食らった

 本ブログでは、鉢呂氏は前原氏のスキャンダルに国民の関心が行くのを阻止するための身代わりにされたと見ています(注4)。

 当初、マスコミは鉢呂氏を辞任に追い込むことより、鉢呂ネタで連日大騒ぎして、前原スキャンダルを国民の目からそらすことに主眼が置かれていたとみなせます。彼らは悪徳ペンタゴンの仲間である野田総理やその他、野田内閣の悪徳ペンタゴン閣僚を窮地に陥れるつもりはなかったのです。だから鉢呂後任の枝野氏には打って変わって猫なで声でした。

 そのため、突発的な前原氏スキャンダル発覚時期にアンチ悪徳ペンタゴン政治家・鉢呂氏への陥穽工作実行を無理矢理合わせたことが不自然な経過を生み、陥穽工作のボロを出す原因となったと思われます。

 特に、記者団のオフレコ・インタビューで大臣が言ったとされる放射能云々の言葉は、マスコミ各社、表現がマチマチであり、まったく正確性に欠けるわけです。そのため、国民多数派には、鉢呂氏がマスコミの言葉狩りによって辞任に追い込まれたように映ってしまったのです。

 悪徳ペンタゴンは野田内閣の閣僚の中に、鉢呂氏を含め、彼らに不都合な閣僚が何人か紛れ込んでいることがわかっており、いずれ順番に陥穽工作を仕掛けて不都合閣僚を次々に辞任の追い込む計画はもっていたはずですが、突発的に発覚した前原スキャンダルの隠蔽のため、その陥穽工作計画が急遽前倒しにされたということです、だから今回の事件ではマスコミ側の足並みがそろっていなかったわけです。

 さらに、彼らは、まさか就任9日で鉢呂氏があっさり辞任するとは予想しておらず、この鉢呂ネタをサカナに、前原スキャンダルのほとぼりが冷めるまで、鉢呂氏を追及しまくる予定だったのでしょう、だから、鉢呂氏にすぐに辞任され、当てがはずれて怒り狂ったわけです。

4.悪徳ペンタゴンはなぜ、こうも厚かましくなったのか

 悪徳ペンタゴン・マスコミによる今回の鉢呂陥穽工作は手口があまりに強引で杜撰であり、最悪、国民に自分たちの正体が知られてもかまわないという傾向が見られます。彼らはなぜ、こうも厚かましくなったのでしょうか。

 それは、一言、国民多数派が彼らに舐められているからです。だから彼らは今、非常に傲慢になっているわけで、上記、鉢呂氏辞任会見での幹事記者の高圧的態度や時事通信社記者の暴言に悪徳ペンタゴンの傲慢さが端的に表れています。

 彼らのあまりに傲慢な勘違い行為に怒っているのは、まだネット世論中心であり、国民多数派は大手マスコミが報じなければ、怒ることもありません。くやしながら、悪徳ペンタゴン・マスコミはそれがわかっているからこそ、堂々と厚かましい行為に走るのです。国民多数派よ、早く気付け!

5.暴言記者の属する時事通信社の正体

 さて上記、暴言記者は時事通信社の人間のようですが、この会社は悪徳ペンタゴン・マスコミの黒幕である悪名高い電通の関連会社です。

 電通が米国戦争屋CIAとつながっていることはネットの常識となっていますが、電通は戦後から一貫して、米戦争屋CIAの利益を最優先にして、日本のマスメディアを牛耳っています。だから、ときの日本の政権内に、米戦争屋CIAの利益に反する政治家がいれば、なんとかして、その政治家を無力化するメカニズムがマスコミ内で働くわけで、小沢氏が今、彼らの最優先の攻略ターゲットとなっています。

 したがって、悪徳ペンタゴン・マスコミが攻撃する政治家は、一般的に、愛国的政治家とみなせます。要するに、米戦争屋の利益より日本の国益を優先する政治家はことごとく、失脚もしくは排除の対象なのです。その意味で、マスコミ報道を鵜呑みにする国民多数派は、いつも墓穴を掘っていることになります、早くそれに気付きましょう。

6.鉢呂氏無念の辞任:禍転じて福となせ

 いずれにしても、マスコミによる鉢呂氏陥穽工作事件によって、国民多数派に、悪徳ペンタゴンの正体を気付かせるキッカケが生まれました。

 ネット愛好者は、この事件の真相をできるだけ世の中に広めて、国民多数派に、悪徳ペンタゴンの正体を気付かせるべく行動すべきです。

 9月26日、政治資金規正法違反容疑で起訴されている小沢氏元秘書の石川氏の裁判の判決が出るようですが、もし、有罪となれば、小沢氏の立場は悪くなります。今、悪徳ペンタゴンはあらゆる手段で、小沢氏を政界から排除しようと画策しています。なぜなら、小沢氏は米戦争屋に楯突いた勇気ある政治家だからです。

 小沢氏を無力化すれば、今の政界で、踏ん張れる愛国政治家は亀井・国民新党代表のみとなります。しかしながら、いくら亀井氏が米戦争屋に楯突いても、限度があります。

 もし、小沢氏が無力化されると、悪徳ペンタゴンにとって障害がなくなり、日本の政治は完全に、悪徳ペンタゴン独裁に転落します。

 とにかく、この鉢呂辞任事件をキッカケにして、国民多数派に、今の日本の政治対立軸は、民主vs自公では決してなく、小沢氏vs悪徳ペンタゴンであることを一刻も早く気付かせる必要に迫られています。

注1:本ブログ No.444『鉢呂経産大臣辞任劇:勘違いも甚だしい横暴なマスコミを糾弾し続ける必要あり』2011年9月12日


注2:田中龍作ジャーナル


注3:twitpic、2011年9月12日


注4:本ブログ No.442『福島県民はマスコミに利用されていると気付け:鉢呂経産大臣は前原氏を守るために身代わりにされた』2011年9月11日


ベンチャー革命投稿の過去ログ


テックベンチャー投稿の過去ログA
テックベンチャー投稿の過去ログB
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月14日 22:29:51: nR5DRblcxE
フリー出入り禁止にしないでこういう社を出入り禁止にするんだよ。
いいかげんマスゴミに足引っ張られてんの気づけよ民主党は。

02. 2011年9月14日 22:34:12: 9WIbkAK4BI
入試でもゴミの新聞から問題がだされる
ゴミは間違わないと教育される
ドイツではナチスの跋扈を許した反省で
メディアテラシーの理念で教育をうけるそうだ
教育の場で自分の頭で考える
安易に人の意見に同調しない
白熱教室と同様だ
チョウニチを各学校に配る話しがあるという
であるななら教師は各生徒に
新聞はウソをつくことを
ネットやら海外からの情報などの材料をつかい
教育せずに、手抜きの大本営発表を鵜呑みさせれば
亡国の道に一直線だろう
しかし、正しくゴミの意図が読めるようになると
希望の学校にうからないだろうな
バカな教授も多そうだし
悩ましい話だ

03. 2011年9月14日 22:43:44: Mqyt7NpHYo
・鉢呂大臣辞任は記者クラブの「言葉狩り」なのか?-1〜7(長谷川幸洋 他)

http://www.youtube.com/watch?v=AZuuEcLoodo&feature=bf_next&list=PL0B0C6BF1ECDB4061&lf=bf_prev


04. 佐助 2011年9月14日 22:55:11: YZ1JBFFO77mpI : jvYCCKp7RE
天罰が必ず下る

電通ファミリー企業のマスコミ既得権益死守の猛烈な圧力は、自然エネルギーによる最新鋭の産業革命は、なんと25年以上も遅延させます。この大マスコミの電通支配と社会の木鐸を捨てた大手マスメディアによって永田町と霞が関の論理が国民から遊離拡大してしまった。マスコミはCIAの餌食になり国民の25%はまだマジックから解けていませんが,半年前に比較すると大マスコミの正体に国民は気づき始めています。馬脚を露す,包み隠していた事柄や正体が現れ,化けの皮がはがれるとはこのことなんでしょうか。

昨今の大手マスメディアにおいて、政治的利害関係やしがらみがからまったために人間的なあたたかな人間関係がうすめられ、やがてふみにじられてゆく姿を見るのは悲しいことである。社会の善意は踏みにじられ人と人との結びつきも、利害関係によってくっついたり離れたりしている。利害関係を無視して産業、報道社会が動き得ないことは冷静な事実である。彼ら大手マスメディアは結局、弱者を小ばかにし、搾取されたり、虐げられたりするのは当然だと思っている。所謂、選民意識である。

2011年〜2020年間は政治的関心が高まり,その中心の概念が反転します。小泉ケケ中前原のように,日米の軍事同盟的固執の復古調カリスマを誕生させると同時に,政治的対立概念は大きく反転することになる。その反対の平和的革新的なカリスマも登場させることになる。その人は小沢氏なのか橋下知事なのか河村市長なのかなんとも言えません。言えることは小泉氏と逆回転の歯車のカリスマ氏がこの閉鎖された日本を救うことになるだろう。2013年の選挙で見えてくるでしょう。

現在の日本は、人類史上類をみない「泥棒国家」(クレプトクラシー)である。民主主義国家ではありえないとされる一部の特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)が行われている国であり、 本当の意味での国民の代表者が政治を行っていない。

大手マスコミとCIAと政・官・業の癒着は、この世のパラダイス、ヤクザと一緒に国民を食い尽くそう。どうせ、バカ国民は気がつかない。もしバレても、そのときは国家破産。全員沈没で誰も助からない。改革はまっ赤な嘘、国民からいかに金を奪うか、日本は今それしか頭にない、ゾンビたちに乗っ取られているのです。騙して、支配して、富を巻き上げる。これは日本がまさに闇の世界権力のミニチュア版になりさがったということです。

大手マスメディアはやりたい放題、したい放題の、権力者集団の大手新聞テレビ報道である。おまけに日本国民全員を侮辱した変態新聞テレビである。大マスコミは権力者を振り回し、弱い者は叩き、弱いフリした団体には媚び、自分達の不祥事にはとことん甘い,悪は怖くて叩けないくせに。市民や政治家が正義を主張すると,テレビ新聞は,それを悪法だとねじ曲げて報道されて、その人間は泥まみれにされてしまう。市民からの反論の言葉さえ,ねじ曲げて報道して、その人間は泥まみれにされ闇に葬ってしまうのである。

議会制民主主義国家となってから、自由民主党とCIA民主党により戦後唯一残された官僚組織が特権階級化し、メディアの腐敗と疲労劣化を招いてしまった。そこで国民は民主党に絶対多数を与えた、結局は特定の個人や階級(霞ヶ関)大マスコミの為の政治しか出来なかった。郵政民営化の改革は失敗し、国は破れ山河も荒れ果て、人心は離れることとなった。日本はいまや政官財メディア一体の独裁体制に組み込まれている,新聞やテレビが行なうデタラメ「世論調査」を「国民世論」だと報道して国民を騙し続けるメディア,なんとも情けない国に落ちたものだ。数人の意見を国民の考えだと煽る姿は哀れである。

大マスコミはガダルカナル化した旧大本営陸軍のように、砲弾が尽きて来たのか,もともとメディアはプロパガンダの道具 ラジオ,新聞,テレビ,今ではネットでさえそう。【ナチ宣伝手法】と言うごく自然に圧力をかけ国民を騙しワナに嵌める技がある。大活字で他紙を罵って読者の感情を揺さぶり、他紙の反論を招けば招くほどナチ党とその主張の宣伝になるという方法である。血をわけた赤いごろつきどもと非難したり昔から米隷属者マスコミ等はナチ宣伝手法を使い国民に赤だと圧力を掛けていた。今も盛んに使われている。真実を無理にへし曲げ悪人の血祭りのように騒ぎ立て、追い詰めるのである。

タレントの人気投票的なマスコミ報道に国民が踊らされ、大マスコミや政治家が国民の支持率ばかり気にしていては良い政治が育つはずがないし、敷いては衆遇政治となって国は滅んでしまう。自分達の人生をも左右する国の指導者を正しく評価できる社会になってもらいたい。

基軸通貨ドルとユーロの地位が、大きく揺らいでいる。とりわけ、EUでは、財政破綻した国々が増えつつある、ユーロ崩壊の危機は目の前に迫っています。ドルも崩壊します。大手マスメディアは真実を伝えていません,まさかのモラトリアムが発生します。消費税増税と関税高くしたり、通貨を切下げたり、外資導入して自国経済の救済のみを優先させたら世界恐慌が地獄絵図化します。そして大マスコミは世界的信用崩壊の過程では確実に破産する。天罰が下りるはず。


05. 2011年9月14日 23:09:21: tjp4Eexxvc

ウスラバカの国民はどうにでも操れる。
何しろイカレた教祖のために我が子を特攻させて生き延びたようなKITEGAI国家である。
小沢叩きと、菅降ろしが同じ根っ子から発せられているのさえ気が付かないバカが多いのも頷ける。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm

「重要なことは、人々の関心を核心から他へ逸らすことなのである。
 、、、彼らの考える民主主義社会とは、社会を支配する特殊階級と、組織化の手段を奪われた残りの国民からなる社会なのである。

一般大衆はテレビの前にじっと座り、人生で大切なのはたくさん物を買って、テレビドラマにあるような裕福な中流階級のように暮らし、調和や親米主義といった価値観を持つことだ、というメッセージを頭の中に叩き込まれていればよいのである。
 民主主義にとってはこの烏合の衆が問題なのである。
彼らが大声を発し、じたばたし始めないように彼らの関心をどこかよそへ逸らさなければならない。
彼らはスーパーボールやテレビドラマを見ていればよいのである。
そして彼らを襲う悪魔の存在を信じさせておかなければならない。
そうでないと考え始めるかもしれない。
それは危険だ。
なぜなら彼らは考えるべきではないからである。」
(『メディアコントロール』) ノーム・チョムスキー
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/29ccca663b23645d9044876e57310274
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-40.html


06. 2011年9月14日 23:23:52: 8Ys4incr0g
前原を起因として、今回の問題を考えると、たどりつく結論は、前原はそれほどまでに守るべき存在という事になる。

なぜなら、突発的に起こった前原発言を云々と、今回の件を見立てる以上、問題処理は日米で大掛かりに行う一方で、放言し放題の前原氏への圧力なり、命令なりは、あまりうまく行かないが故の行動と映るからだ。

私は前原という人物が、それほどの玉か?と思う。

閑話休題。

それほどの玉の具体例を、挙げるとするならば、黒澤映画における三船敏郎だ。
これぐらいの玉なら、何があっても守る程の黒澤映画の価値の維持に不可欠な人物だ。

はたして、前原は、アメリカが、日本との関係性において、政界、財界、官僚、そして一般国民を束ねる魅力ある人物と見立てるに足るものだろうか?

インターネットも無い、第二次世界大戦の頃、しかし、アメリカは日本の文化風習にまで、学者を動員して詳細に分析していた。
そのアメリカがどうして前原を壮大な日米挙げての援軍で擁護するのか?

ひょっとして、日本人の誰も知らない、前原のとてつもない才能を、アメリカは知っているのか?

と、前原がらみで脱線しましたが、今回の鉢呂大臣辞任問題を安易に、前原と結びつけるのは、弱いし、本当の要因がほくそ笑むだけだと思います。


07. 2011年9月15日 00:01:01: 9ySmpXugwk
辞任すべきは、鉢呂経産相ではなく、自殺に追い込まれている日本人(13年連続年間3万超)を見殺しにしてきた日銀総裁である。

■あえて「失言辞任」に異論を唱える。なぜ新聞、テレビは自分たちが知っているはずの「鉢呂発言」の事実を報じないのか
■本来、失言よりも問うべきは政策だ
鉢呂氏の発言は、政治家として脇が甘いが、辞任するまでの失言なのかとあえて言いたい。…
野田総理は、鉢呂経産相が失言で辞任したことを受けて、
「福島県民の心を傷つけ、深くお詫びいたします」と謝罪した。
言葉で謝罪するだけでなく、きちんと展望を与えたなくてはいけない。
そのために必要なのはおカネだ。
野田総理は財務省にいたときに教えてもらえなかっただろうが、
かつては政府紙幣さえも省内で極秘に検討したことがある。
少しの法律を変えれば、例えば10兆円政府紙幣を一枚作って、
それを日銀に持ち込めば、それで政府は10兆円の財源が作れる。
今のようなデフレならインフレになる心配もないし、むしろデフレ脱却にも役立つし、円高対策にもある。
それを被災者に一時金として配布すれば、政策としてもまっとうな話だ。
▼各新聞によって違う「鉢呂発言」の中身
ネットの上で、検索すると、9日深夜から10日にかけて各紙で報道されているのがわかる。
各紙のいいぶりと掲載時間は以下の通りだ。朝刊最終版に向けて、各社必死だったのだろう。

「放射能をうつしてやる」(産経新聞 9月9日 23時51分)
「放射能をうつしてやる」(共同通信 9月10日 00時07分)
「放射能をつけちゃうぞ」(朝日新聞 9月10日 01時30分)
「放射能をつけたぞ」(毎日新聞 9月10日 02時59分)
「ほら、放射能」(読売新聞 9月10日 03時03分)
「放射能をつけてやろうか」(日経新聞 9月10日 13時34分)
「放射能を分けてやるよ」(FNN 9月10日 15時05分)

面白いことに各紙でいいぶりが異なっている。
記者であれば、大臣の談話はオフレコであろうと、メモだけでなくボイスレコーダーで記録しているだろう。
それにも関わらず、各紙でいいぶりが違っているのは不可解だ。
話をおもしろ可笑しく膨らませた可能性はないだろうか。
こんなあやふやの話で閣僚が辞任する必要があるのか。…
こういう空気みたいなことで、オフレコ発言で閣僚が辞めさせられるなら、今後トラップをしかける輩もでかねない。
どうせなら政策論議で閣僚をとっちめてもらいたいものだ。
穿った見方かも知れないが、政策議論ができない記者ほど、こうした失言をあげつらうことを好む傾向がある。
▼白川日銀総裁のでたらめ発言のほうがよっぽど罪深い
▼問題なのは「比率」ではなく「変化」。アメリカと比べれば一目瞭然だ
マスコミは政策について不勉強なところがある。
鉢呂氏の失言より、日本経済にとって遙かに害悪となっている発言をしても、問題にしないのはまずい。
例えば、白川方明日銀総裁の発言だ。
各国中央銀行のバランスシート規模が拡大させ金融緩和する中で日銀だけが金融緩和をさぼり、デフレ・円高になっている
という指摘がある(本コラム2010年1月8日号 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/60 本コラム2011年8月1日号)。
これに対して白川日銀総裁は、「日銀のマネタリーベースの対国内総生産(GDP)比は24.6%に達しており、
米連邦準備理事会(FRB)の17.4%や欧州中央銀行(ECB)の11.5%を上回っている」とし、
金融緩和が足りないとの批判について「明らかに事実に反している」と反論した。
日本は現金決済取引が多いので、以前からマネタリーベースの対GDP比は、カード決済などで現金をあまり使わない欧米より高かった。
問題はマネタリーベースの対GDP比の「水準」ではなく「変化」である。
マネタリーベースの対GDP比の変化でみても、日本の金融緩和は足りない。(グラフ)
日銀クラブの記者は、日銀から教えてもらった話を書くばかりでなく、きちんとつっこんだらどうだろうか。
繰り替えすが失言スキャンダルなどよりも、本当に政治家や行政官の資質が問われるのは、政策なのである。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/19197?page=3


08. 2011年9月15日 00:44:12: jUru90qkUU
>>02
言論統制しているドイツは逆に考える事を一切許していない。

09. 2011年9月15日 06:18:05: 9ySmpXugwk
RT @ichigyo_only: 鉢呂経産相の物議を醸した発言の件。
同じ発言を、仮に石原東京都知事がしたケースを想定してほしい。
マスコミは同様に叩くだろうか?知事の個性で済まされ、いつの間にか自然消滅する筈。
もう一つ、マスコミと大衆は批判の矛先を何故東電に向けない?
このままでは日本は死の国と化してしまいそうで怖い
posted at 09:56:56
http://twitter.com/#!/T_akagi/status/112691058969804801

10. 2011年9月15日 06:21:33: W69pRMV5NY
前原隠し・・辞任した鉢呂・・情報が少ないのでわからんわ!!

11. 2011年9月15日 10:08:04: topEgSpnNU
ゴロつきや、ヤクザでもj時事通信社記者のような、コトバつかいは、最後の場面で無いと使わない。日本の大手メデイア11社と通信2社は官僚や既得権益勢力と連携し日本の非公式地下支配システム「フアシズムとナチズム」体制を形成し異分子を抹殺することを繰り返している。「コトバ狩りにで反原発の鉢呂大臣が狙われたのもその一環だ」死の町。表現はフクシマ原発放射能地獄を作り出した原発推進派の国賊たちの総本山である経済産業省の大臣は言うべきではない。「被害者に土下座して、全国50余基の原発や高速増殖炉やプルサーマルの撤去を誓うべきなのだ。日本の原発推進は日本の核武装と言う目的がある「石原都知事やタカ派の著書が公然と触れている」ので、核戦争視野に米。ロ。中と互角の対峙するために日本の核武装を目指す勢力も本を読むとわかるが相当精密に検討している。反原発の大臣が「読売」や、「フジサンケイ」、グループの記者に狙われるのは当然ある。対敵警戒心を高めて、挑発にのらず軽率にコトバを発せず、原則として両グループ記者は相手にするなと忠告する。

12. 2011年9月15日 13:05:45: w8mGIiFTks
今回のマスコミの動き=支離滅裂
大多数の国民=ハア?

一部のスーパーB層だけが、前後関係も発言の文脈も
何も考えずに、マスコミの言ったまんま怒ってる


13. 2011年9月15日 16:36:33: w8mGIiFTks
総合すると

マスコミ=スーパーB層
自民=スーパーB層
公明=スーパーB層
みんなの党=スーパーB層
前原=スーパーB層
枝野=スーパーB層
被災地でインタビューに答える人=スーパーB層


14. 2011年9月15日 17:59:15: 5lAkqDBvVg

マスコミ、何様。
そんなに正しくて偉大なのか。

15. 2011年9月15日 18:16:25: w8mGIiFTks
マスコミ=自民=ネトウヨ=工作員

こいつら言ってる事が全部一緒w


16. 2011年9月15日 19:40:46: TLMY1ule0c
時事通信の記者が上司と一緒に鉢呂事務所を訪ね、侘びを入れたとのことである。
どんな侘びを入れたであろうか? それを鉢呂は「お互いに仕事だ」と言って侘びをうけいれたそうだ。
メディアの横暴が民主主義の危機を招くことも自覚できない阿呆政治家では大臣どころか議員も辞めて欲しい。
時事通信はどんな侘びをしたのか?自分は何を考えて辞めたのか、国会で首相に批判されながら何を思って耐えたのかを国民の前に明らかにするのが政治家ではないのか?

17. 2011年9月15日 20:37:17: iGxLtcvUr2
 そのとうり、主義主張を申し立てることもなくやめちゃうなんて気弱な信念のない政治家、いい人そうなのは見ていてわかるが、あんなヤクザまがいの記者の言いたい放題に呆然自失、、、なんてほんとなさけなくて見てるほうも呆然!
 月夜の晩ばかりじゃねえぞっ!くらい言えよっ

18. 2011年9月15日 20:39:21: wdBQoyNUvo
鉢呂大臣は言った事を覚えてないと言っています。どうしても記者は「ほら放射能をつけるぞ」と悪意で言った事にしたかったので、あんな乱暴な言い方に成ったのではないか?と言っていた人がいましたが、私はどう考えても85マイクロシーベルトの放射能が有る所から、帰ってきて、記者が近づいて来るので、それを避けようと思い「ほら放射能がつくぞ」「ほら放射能がついちゃったぞ」と言う言い方をしたとしか思えません。知らない記者ばっかりだと言っていますので、そんなに気を許した発言をしているとは、どうしても思えません。

記者たちは鉢呂大臣の粗を捜していたと、言ってる人もいますので、その言葉を
悪用したとしか、私はどうしても思えないのです。オフレコ取材、記者倶楽部
を解体すれば、この様な事は起こらなくなると、私は思います。


19. 2011年9月15日 20:48:30: 3p6Bw0jFTQ
 鉢呂さんは、突撃の最前線で矢面に立った。

 信用出来ない片山さんが、かっては小沢氏・今は野田氏を避難。 だとすると、野田さんはマトモか。


20. 2011年9月15日 23:41:01: EwPR2irWWc
鉢呂し攻撃は、後任に枝野を差し込む為、マスコミが仕掛けた物

あるいは、野田内閣をハンドリングする為、見せしめに鉢呂氏を
袋叩きにした。


恐らくは両方だろうが、だとすれば、マスコミにとって鉢呂氏では
都合が悪かった。
野田内閣はマスコミにコントロールされてなかった。
そう言った事実が透けて見える。

今はどうなったか知らない


21. 2011年9月15日 23:47:13: EwPR2irWWc
とすれば、マスコミと仙谷の影響力から、野田内閣を守らなければ
ならない!

負けずに、仙谷一派を排除した党内融和を達成出来れば、
民主党は必ず立ち直る!

マスコミの雑音を一切排除しなくてはならない
恫喝を許してはならない!!


22. 2011年9月16日 03:27:06: ezqPTG9DzU
しかし緊張感のない大臣だったな
狙われているのが分かっているのに
危機管理能力が低い人間が多いということだろう
サバイバル能力は「学校」では教えてくれないからな
小沢氏のような壮絶な人生を送らないと身に付かないということだろう
そんな人間が国会に何人いるんだろうか?

23. 2011年9月16日 07:44:27: dpp0eXCVak
記者クラブ廃止が一番でしょ!
これしかない!

記者クラブなどと言って税金使っているなんて
世界広しと言えども日本だけ!
なんて非常識でしょ(笑)

ヨーロッパのマスコミに
日本のマスコミは東電と結託しているから
真実を追求できない!って真実書かれてたっけ(笑)


24. 2011年9月16日 07:56:51: 5UPa2nCBEM
 「死の町」発言に不快感を示した「福島県民」の実在性についても検証すべきかもしれませんね。

25. 2011年9月16日 10:03:01: QDOXlxmHrs
1、死の町の言葉云々は末枝末葉 福島を如何に復興するかが本題であるはず、
  人の揚げ足をとるのがマスコミの使命ではない。 幼稚にして視野狭窄のマス  ゴミには慨嘆。

2、以前死の灰問題があつた。このときマスゴミはアメリカに対し原爆実験中止を  訴えなかつた。 弱きを挫き、強きに尻尾をふるマスゴミ哀れ。


26. 2011年9月16日 11:15:09: 9nSS1u4FUc
鉢呂氏はよさげな人だったけど、大臣としては自覚がなかったね。
自分の周囲が敵だらけだって自覚が無いことが、今回の不幸を呼んだのよね。
原発利権は、日本の支配層にとって絶対手放せない利権中の利権なのだから、
「それをどうかします。」なんていったら、狙われるに決まっている。
脇が甘いわ。
民主党の方々は、
常在戦場の心構えがなければ、ごろつき連中に簡単に足元を掬われるよ。

27. 2011年9月16日 11:18:12: LxZTKqwj7U
毎日・馬場記者では無いのですか? 時事通信の名前は?記者の

鉢呂氏発言事実でない? 何でやめたの? 

軽率は事実でしょう!? 報道記者に馴れる!など論外だ

何故?マスコミ・検察が捏造主導の小沢事件に学ばないのかな!?
小沢を攻撃する側の人間には学習能力がない!?のかな? 

人の振り見て〜と云うよ!


28. 2011年9月16日 11:41:30: io785sfvRk
はちろ大臣を潰したのは時事通信の鈴木隆義
脱原発大臣はマスゴミに潰される

29. 2011年9月16日 12:53:58: ujlOhH4rwP
ヤクザは時事通信と鈴木隆義記者。さすが田崎史郎の後輩である。田崎は野中広務のふんどし担ぎ。星浩の親友。こんな世界に彼らはいる。今後、鈴木は田崎に変わってテレビでもてはやされるのか?
彼らに反し、鉢呂議員は立派。鈴木の謝罪を受け入れたそうではないか。これはヤクザなマスゴミに対する痛烈な回答である。国民はバカでない。我々の手でこんなヤクザな新聞やテレビをこの社会から追放しょう。

30. 2011年9月16日 19:44:39: LjDUeYansg
何時までも大本営発表を垂れ流している、NHK以下のテレビ、大新聞は信用できないが、
何時から、邪悪無理人(ジャーナリスト)に閣僚を罷免する権限が与えられたのか??

31. 2011年9月16日 20:04:19: 09UY9pDPBU
鉢呂氏の退任会見のときの時事通信の記者の暴言はひどいものだし、
たしかに時事通信の田崎史郎氏に鍛えられただけある。

しかし、今回の報道における一番の問題点は
8日の夜の懇談時に、その場にいなかったフジの記者が
「放射能つけた」発言を第一報とし、「スクープ」に遅れまいと
一斉に問題視し、
結果、鉢呂氏が辞任に追い込まれたことである。

つまり、一番の問題は、フジテレビの第一報にある。
そのフジは、長谷川氏の取材に対し、その囲みにはいなかったが、
取材場所にはいたというおかしな回答を寄せた。
朝日新聞の検証の回答でも、囲み取材の場にいたかどうか答えられないと
回答している。
ということは、放射能つけた発言の囲み取材の場にいなかったということを
証言していることになる。
フジテレビは、放射能発言の場にいなくて、放射能発言を第一報したことになる。
これは、何を意味するか。

やはり、フジテレビへのたれ込みがあったとしか考えられない。
それも単なるたれ込みであれば、信頼性がないので、無視されるはず。
つまり、そのたれ込みは確度の高いものと認められたものである。
確度の高い情報は、その場にいた朝日など4社からではない、
ではどこからか、
その場には鉢呂氏と4社以外にいた人物がいる。
それは経産省の役人である。
その人物から情報を得た経産省の幹部が、フジにリークした。
いつも情報をくれる経産省の幹部からだから、それを信じて
スクープと第一報をうった、ということだろう。

フジは記者がみていなかったこと、聞いていなかったことを
報道してしまったことを、きちんと説明すべきだし、
報道各社も、フジテレビにその取材、報道の検証を求めていくべきであろう。


32. 2011年9月16日 21:46:57: 03bw0jfJsI
鉢呂吉雄経済産業相が辞任に追い込まれた、いわゆる「死の町」発言。だが、4か月ほど前にも鉢呂氏同様、原発周辺地域を「死の町」と表現していた大臣がいた。

しかしこの時は、発言に対する非難が起きた形跡はない。一方、さかのぼること25年前のチェルノブイリ原発事故の際には、マスコミが「死の町」と使っていたケースもたびたび見られる。

細川前厚生労働相が参院行政監視委での答弁で

参院委員会での発言は問題視されなかった 「本当に町全体が死の町のような印象をまず受けました」
これは鉢呂前経産相の発言ではない。2011年5月16日に開かれた参院行政監視委員会で、当時の細川律夫厚生労働相が、民主党・石橋通宏氏の質問に答えたときのものだ。石橋氏は、細川氏が5月7日に東京電力福島第1原子力発電所を訪問して事故処理にあたる原発作業員に会い、現場環境を視察した件に触れて「政府の責任として作業員の皆さんの命、健康を守るんだという思いについて、改めて大臣のご見解をお願いしたい」と促した。

細川氏はこれに応じ、原発作業員の拠点として使われているサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町)から福島第1原発にマイクロバスで行く途中、人影が全く見えない風景に接して、冒頭の発言につながったとした。その後、現場で作業員を激励したエピソードを明かし、作業員の健康管理について「しっかりやっていきたい」と結んでいる。

鉢呂氏の場合、福島第1原発を視察後に周辺の自治体について「人っ子1人いない、まさに死の町」と話したが、現地の感想を語った内容としては細川氏と大差ないようにも思える。異なるのは、鉢呂氏が記者会見の場で報道陣にダイレクトに語ったのに対して、細川氏は国会の委員会で、議員の質問に答えたという点だ。

それにしても、細川氏の発言の際には特に問題視されたとは思えない。当日、行政監視委には野党議員も出席しているが、その場で訂正を求めたり非難したりといった記録は残っていないようだ。大きな騒動に発展したわけでもなく、細川氏は菅内閣が総辞職するまで厚労相を務めあげている。


33. 2011年9月16日 22:16:01: 03bw0jfJsI
2011年09月15日
フジテレビ広報が断言「鉢呂発言の現場にフジテレビの記者もいた」
この記事が公開された9月14日午後、フジテレビ広報から『現代ビジネス』編集部に対して「鉢呂氏との懇談にフジテレビの記者は出席していた。これについて当社に取材がなかったのは遺憾だ」と抗議があった。
そこで、13日の取材で聞き忘れていた「フジの確認取材があったかどうか」と「フジの記者が現場にいたかどうか」の2点について14日午後、二度にわたって鉢呂氏に追加取材した。

鉢呂氏の答えは「女性記者はいなかった」。顔を知らない男性記者がいた可能性についても「男性記者もいなかったと思うけどなあ」ということだった。
「鉢呂氏との懇談にフジテレビの記者は出席していた・・ならば、TV取材なのだから、撮影していたのだ。録音もしてある。TVカメラなしの取材は考えられないのだ。!!!
フジTVはこの時の映像を証拠として出さないとだめだ。!!


34. 2011年9月16日 22:25:19: 03bw0jfJsI
21>さん 野田氏はこんな人らしい。
2011年09月16日
本澤二郎の「日本の風景」(879)
<官僚政治は財閥主導>
 脱官僚を公約した鳩山内閣は、普天間問題で退陣、後釜に座ろうとした小沢は、松下財閥の政経塾に敗れ、官僚主導の菅内閣が誕生した。菅後継の代表選挙も、小沢―鳩山連合の海江田が松下政経塾の野田に逆転されてしまった。松下財閥政権の誕生は前代未聞、異様なる日本政治を印象付けている。さらなる官僚政治の再生・復活を意味する。霞が関の官閥と大手町の財閥は一体である。従って官僚政治は財閥主導で、反民意の政権ということになる。


<東電救済の原子力賠償支援機構法>
 原子力損害賠償支援機構法は、民間の株式会社である東京電力を救済する法律である。財閥研究の第一人者である奥村宏氏は、月刊タイムズ2011年10月号で「事故を起こした東京電力は民間会社だ。その株式は証券取引所で売買されている。もし株式会社が株主のものとするならば、この法律は東電株主を救済することになる。果たしてこのようなことが許されるか」と重大な懸念を表している。
 奥村氏の批判は、そのまま国民の怒りでもある。東電は地域独占企業として暴利をむさぼってきた。経営陣の給与は天井知らずであった。そんな悪しき民間企業を救済する?それは東電のメインバンクである三井住友銀行など株主を救済することなのだ。中曽根バブル経済崩壊で沈没したメガバンク救済にも公的資金が投入(小泉内閣)されたばかりである。
 東電救済は、三井住友などメガバンク救済なのだが、そこでは日本経団連会長の米倉も暗躍した。彼は住友財閥の出身者である。原子力賠償支援機構法は、財閥による国民を愚弄する背信的悪法なのである。それを官僚政治が強行したものなのだ。
 国民は「市民派」や「ドジョウ」に惑わされてはいけない。
<民主党の裏切り>
 民主党は公約の第一に「国民生活第一」を掲げて総選挙を戦って勝利した。しかし、高速道路料金無料化など国民期待の約束事を、官僚の意向に沿ってドブに捨ててしまった。問題の本質は官僚予算に大ナタを振るおうとしないからだ。財務省の手先で踊りまくった「仕分け」で誤魔化してしまった。肝心要の霞が関にメスが入らないからだ。
 普天間問題で明け暮れてしまった鳩山内閣にも責任があるが、菅内閣と今回の野田新政権によって永田町は完全に霞が関支配の官僚政治に逆戻りしてしまった。民主党が公約を実現するためには、官閥と手を組んでいる松下政経塾内閣を交代させる必要があるのだが、野田内閣に解散する力も考えもない。野党の力量いかんにかかっている。1年後の民主党大会で、野田を引きずり降ろさねばならないのだ。
 小沢決起を待たねばならないのだろうが、それにしても東電の天文学的借金を国民が負担しなければならないとは悲劇・悲惨である。官僚政治と決別しない限り、国民のための政治は行われない。
<野田内閣は自民党の右翼片肺政権レベル>
 野田内閣は財閥主導の政権である。とりわけ主体は松下政経塾である。PHP研究所が黒幕である。ここにリベラル色は存在しない。反共民族主義がぎらついている。改憲軍拡論が渦巻いている。9月16日、参議院本会議に登壇したみんなの党の江口克彦は、政経塾生みの親の幸之助側近で知られている。案の定、野田に対して「改憲」を強く求めた。

 筆者はこれまで、松下政経塾は民主党と自民党にのみ塾生を送り込んでいるものとばかり思っていたのだが、この機会に訂正せねばならない。みんなの党にも潜り込んでいた。政経塾の野望に改めて驚く。
 政経塾は平和軍縮派の大敵といっていいのだが、人気上昇中のみんなの党にも唾を付けていたのである。民衆が願う平和軍縮派が、政権与党から遠ざかっている現状を恐れるばかりである。
 日本の農漁業や福祉・医療に大打撃を与えると見られているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)について、野田内閣も菅内閣同様に熱心だ。理由は官閥と財閥が強力に推進しているからである。
 官財閥とワシントンの太いパイプがモノをいっている。自民党右翼政権とワシントンの関係もそうだが、野田内閣は自民党右翼片肺政権レベルと言っていいだろう。

 会期4日間という逃亡内閣も、野党攻勢に折れるほかなかった。野田の国会答弁は、すべて官僚が用意した答弁書のマル読みである。官僚任せの野田内閣をくっきりと印象付けた4日間だった。
2011年9月16日18時30分記


35. 2011年9月16日 22:27:19: GblXgXsFbk
本当に前原の暴力団フロント企業献金は、どうなったのだろう。
ハチロはもう辞任したからいいではないか。

前原こそ、『辞任』すべきではないか。
大臣でなくとも、党の要職なら、やめるべきだ。


36. 2011年9月16日 22:32:56: 09UY9pDPBU
33. 2011年9月16日 22:16:01: 03bw0jfJsI さん、
やはり、フジの記者は囲み懇談の場所にはいなかったのです。
だからテレビ取材の撮影なかったのです。

33さんの引用した長谷川さんの現代ビジネスの記事では
「フジテレビの記者がいた」と報じたのですが、
そのあと、フジテレビ広報部から
それは違う、「取材場所にいた」と書いてくれと言ったはずだ。
と言われたということなのです。
これをどう解釈するかだが、
囲みにいたのは4社のみ、だから、そこに「いた」と書けば
他社からウソがばれる。だから、「取材場所」というようなごまかしの表現にしているわけでしょう。
つまり、フジテレビの記者は、放射能発言の囲みの懇談場所には
いなくて、自分で確認せずに、放射能発言を報道したということなのです。

フジテレビはそういう伝聞情報を報道し、世論を誘導するテレビ局という
ことになりますね。
これは放送法違反ではないでしょうか。



37. 2011年9月16日 22:47:38: B9c09Nm5HY
田崎とみのもんた、自他とも認める小沢嫌いの小沢天敵コンビが、若造記者に責任転嫁しているが、唆されて暴走しただけだ。悪は田崎たちだ。

38. 2011年9月16日 22:55:05: EJniQ3GxYY
時事通信の暴言記者の件もあるが、時系列から分析して、鉢呂大臣解任事件の仕切りは、フジテレビでしょう。

本犯は、箕輪幸人の可能性が高い。報道局長の許可なくして一歩間違えば営業できなくなる謀略報道を実行するのは難しいと考えられる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%95%E8%BC%AA%E5%B9%B8%E4%BA%BA


39. 2011年9月16日 23:07:45: EwPR2irWWc
仕切りは電通ですよ

共同通信、時事通信
今回の件で主導的な役割をした2社


40. 2011年9月16日 23:17:00: jJ97KqWvOI
>>フジテレビ広報が断言「鉢呂発言の現場にフジテレビの記者もいた」

>>鉢呂氏の答えは「女性記者はいなかった」。顔を知らない男性記者がいた可能性 についても「男性記者もいなかったと思うけどなあ」ということだった。

鉢呂元大臣がはっきりと分からないところにいて、大臣の言動をリークした。これって、要はスパイ行為であって、全く取材行為ではないですよね。もし大臣へのきちっとした取材であったら、社名、名前を明らかにして取材を申し込むわですから。騙し討ちってことですか。なんかフジテレビはパパラッチと同程度ってことですかね。


41. 2011年9月17日 01:36:56: 03bw0jfJsI
今回は結果的に「原子力ムラ」に関係する勢力に完全に嵌められたと見てよい。特に長谷川氏は鉢呂氏から極めて重要な情報を聞き出している。鉢呂氏は、今後の原子力政策を決める経産省の調査会議の委員15名の内、反原発の委員は3名しかいないので、少なくとも委員の構成を賛成、反対委員を半々にするように人事を発表する寸前だったらいしい。原発政策を進めてきた経産官僚から見れば、鉢呂氏は明らかに邪魔な存在であることがわかる。急にオフレコの内容がマスコミから出てきた理由は、経産省、マスコミ、業界などから成る原発ムラ勢力が煽った結果らしい。

 番組の中で他の出席者が、今回の報道も問題だが、与党の幹部が早々に鉢呂氏の梯子を外したのは意外だったと述べた。この幹部の一人は前原氏であるが、与党内にも原発賛成がいる。鉢呂氏は与党内の議員にも梯子を外されたと言ってよい。

長谷川氏が鉢呂氏に、今回の辞任は野田首相から言われたのではないか?と質問したのに対し、鉢呂氏は自分から辞任を申し出たと答えたというが、これは甚だ疑問だ。なぜなら、真相を聞かれて、「ハイ、野田首相から引導を渡されました」などとは口が裂けても言えないからだ。

日刊ゲンダイ 『鉢呂前経産相を追い込んだ大マスコミ報道の不可解http://gendai.net/articles/view/syakai/132632』の記事に、原発推進派の枝野経産相には『報道陣も枝野には妙にやさしかったのが印象的だ。』と書かれていたことが物語っている。


42. 2011年9月17日 08:13:17: NRvAM7Ti0k
電通が関わってるならば構図は見えたろう、

英米が植民地支配に利用するのは少数民族、
ミャンマーではカレン族、
日本の場合は朝鮮人
GHQ支配下にはいった在日帰化人が日本を牛耳っている

独立系の報道機関の情報以外あてにならない


43. 2011年9月17日 09:49:52: nZEJXqFtVA

今回の件で一番問題なのは
フジテレビの一報だと思う
現場にいたとしたら記者の名前も
公開して記者自身が説明すべきである

44. 2011年9月17日 14:16:03: w8mGIiFTks
一番問題なのは、全てのテレビ局と
全ての主要紙

問題の無かった所は無い!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧