★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119 > 744.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
国の不幸を長期化させる霞ヶ関株式会社の「ビジネス・モデル」山崎元氏:「ダイヤモンドオンライン」
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/744.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 9 月 23 日 14:39:52: Mo7ApAlflbQ6s
 


日本の統治構造と昨今の政策課題についてなかなか鋭い見方をしている論考なので転載させていただく。

 同じ「ダイヤモンドオンライン」には、元大蔵官僚の森信茂樹中央大学法科大学院教授による「論理なき税制改正に陥る恐れあり 民主党の税制決定システムの落とし穴 」という論考があり、「芝居の脚本を書く側」らしく、山崎氏とは実に対比的な内容なので、これも転載させていただく。


==========================================================================================
国の不幸を長期化させる霞ヶ関株式会社の「ビジネス・モデル」 :山崎 元氏


芝居の脚本は官僚が書いている

 野田新内閣に対する「どじょう内閣」という言葉にもそろそろ飽きてきた。もともと、どじょう鍋は、久しぶりに思い出すと食べてみたくなるが、何日も続けて食べたいと思うような食べ物ではない。

 特に、官僚作文のつなぎ合わせのような新首相の所信表明演説原稿(「日本経済新聞」なら13日の夕刊に全文が載っている)を読み返すと、結局、この内閣は、官僚が脚本を書く田舎芝居の新しい演目に過ぎないことが分かって、早くも「もういい」という気分に傾く。前とその前の演目(内閣)では、演者達のわがままで「政治主導」というアドリブ重視を試したものの、役者の力量が追いつかず芝居にすらならなかった。今回の内閣は、教訓を踏まえて、ひときわ脚本家(官僚)に従順のようだ。

 いずれにせよ、現政権、前政権、前々政権、あるいはその前の自民党政権も含めて、政治は主体的に機能していない。政権毎のパフォーマンスに差はあるかも知れないが、集団としての官僚(以下、慣例に従って官僚を「霞ヶ関」と総称する)が日本の社会と経済を動かしていると考えるべきだろう。

 申し訳ないが、首相をはじめとして、今の内閣や党役員の面々に、官僚から見て「この人は出来る(=能力がある)かも知れない」、「この人にはかなわない」と思わせるに足るような能力や凄みを感じさせる人物は殆どいない。国会答弁でも、国際会議でも、閣僚のお世話をする官僚は、大学時代の家庭教師のアルバイトを思い出すような心境だろうと拝察する。これは、政治家に能力や凄みではなく、親近感程度のものを期待して、政治家(ひいては国のリーダー)を育成することに不熱心だった国民の気分がもたらした帰結だ。多くの政治家が「好感度」くらいしか磨いてこなかったわけだから、官僚に対する睨みもきかないし、選挙でも、テレビ芸人上がりの候補に負けたりする。


「霞ヶ関」には国民の不幸が好都合なのか?

 野田新首相に指摘されるまでもなく、現在の日本に課題は多い。経済に近いものを幾つか挙げると、先ず(1)東日本大震災からの復興に向けた動きが遅い、(2)長年続くデフレからの脱却が出来ない、(3)円高で多くの産業・企業が苦しみ雇用にも悪影響が出ている、(4)社会保障、特に年金の改革が予定通り進んでいない、(5)日本の財政問題に関する議論が混乱している、といった諸問題がある。

 これらに加えて、外部環境の問題として、欧州と米国の状況が、共に怪しいを通り越して「まずい」に変わりつつある(資産価格下落と未処理の「含み損」があるのだから、日本の経験からして「まだまだ終わらない」のが当然だ)。

 さて、日本にとっての諸々の課題を眺めてみて、一つの仮説に思い至った。それは、「霞ヶ関」は、震災や円高、あるいはデフレのような困難をむしろ歓迎しているのではないか、もう一歩進めて考えると、長引く困難を利用することが彼らの「ビジネス・モデル」として定着しつつあるのではないかということだ。

 推測(仮説)をそのまま事実であるかのように書くのでは、たちの悪い陰謀論と同類なので、以下、筆者が事実だと思っていることと、仮説がなるべくはっきり区別できるように気をつけて書くことにする。


たとえば、震災復興


 先ず、東日本大震災からも復興を考えよう。本格的な復興に対応する第三次補正予算がこれから審議されるという復興作業のペースは「非常に遅い」。これは事実だと思う。

 では、「霞ヶ関」にとって復興は早い方がいいのか、遅い方がいいのか。もちろん、個々の官僚が自分の利害のために意図的に復興を遅らせているとは思いたくないが、復興に関わる細目はある程度時間を掛けて決まる方が「霞ヶ関」がこれに深く、有効に関与して「利権化」することが容易である。

 ここでは、現役官僚の権限が強まることと、これを背景にして将来の天下りの機会が拡大することを、霞ヶ関の「利権」と考え、利権を拡大することが彼らの利害に叶う「ビジネス」なのだと考えてみることにする。

 本当は、時間的に早くて且つ即効性があり、個々の地域、ひいては個人のニーズに対応しやすいのは、被災者に主として現金を配布することだ。被災者は緊急に個々のケースで必要な目的にお金を使えばいい。被災地から他の地域に移りたい人もいるだろうし、地元に残りたい人もいるだろう。地域や個人に選択を与えつつ、両方に対応できる支援は現金支給だ。

 しかし、現金の交付、特に複雑な手続きや審査が伴わない単純な見舞金支給は、官僚(この場合、「霞ヶ関」と自治体両方だが)の「利権」につながらない。現金配布は、子ども手当が「霞ヶ関」に憎まれたのと同様、利権にならないばかりか、他の利権に活用すべき予算を圧迫する。

 従って、「霞ヶ関」としては、菅前首相をたきつけて(或いは、有効な手立てを教えずに)、具体策がまとまりそうにないメンバーで東日本大震災復興構想会議のような会議を作って時間を稼いだのではなかろうか(こちらは、私の仮説だ)。

 また、「霞ヶ関」としては、震災からの復興は増税のための仕掛けを仕組みたい重要なイベントだった。このためにも、直ぐに国債で資金調達できてしまう即効性のある復興作業ではなく、「財源」の議論と並行して、復興のあり方がぐずぐず論じられる展開が好都合だった。

 上記は、仮説にしても、あまりにも悪意が籠もった仮説であり、現実離れしているだろうか。


「円高」利用は完成されたモデル

 では、「円高」はどうか。実は、筆者が、今回の仮説を思いついたきっかけは、民主党代表選の少し前に「円高対策」として打ち出された、外為特会の外貨を使い海外投資を支援する数兆円規模の基金の構想のニュースを見たことだった。

 この記事を見て、筆者は、既に外貨になっている資産を海外投融資に回すことがどうして円高対策なのかはじめはピンと来なかったが、民間も合わせて資金を出すのでドル需給的に、ドル買いの呼び水くらいになるかも知れないということが何とか分かった。

 しかし、これは税金(政府資産)を使った一種の空洞化支援ではないのかという疑問が新たに生まれたことに加えて、今度こそピン!と来たのは、「ああ、これは『霞ヶ関』の利権拡大の手段なのだな」ということだった。

 どういうことか。先ず、この図々しくも円高対策を名乗る資金を扱う組織だが、新しく基金を作るならポストが増えるし、JBIC(国際協力銀行)がまとめて扱うとしても、JBICの案件と、従って権限を大幅に拡大し、これは、財務省の国際派人脈にとっては、豊かな利権の源になる。

 報道されているように、資源確保や海外のM&Aに使うお金を、好条件で融資ないし出資して貰えるなら(注;市場で得られる好条件でないと案件が増えないから、案件の存在は何らかのメリットの提供を証明することになる)、企業にとっては大きなメリットがある、大変嬉しい話だ。対象企業は、財務省OBが「行ってもいい」と思えるような世間体のいい大企業が中心だろう。しかも、融資や出資は条件審査が複雑だから裁量の余地がたっぷりある。

 円高という「苦難」に対して、海外投資を支援する基金のような仕掛けを「対策」を名目に導入し、「霞ヶ関」側では「利権」を拡大・確保する。これは、「ビジネス・モデル」として既にパターン化されているものの、典型的な応用例なのではないか。

 野田首相の演説原稿では、「円高阻止にあらゆる手段」とはいうものの、具体的に金融緩和の方法が述べられているわけではなく、具体的に書かれているは、「立地補助金を拡充」、「円高メリットを利用して、日本企業による海外企業の買収や資源権益の獲得を支援」といった企業のメリットと役人の利権に直結する「生臭い」話だけだ。

 民主党代表戦時も含めて、野田氏が述べる円高対策とは、「円高そのものを反転」させる徹底した金融緩和のような原因に働きかけるものではなく、先に挙げたような対策や中小企業の資金繰り支援のような、「円高になった後に、これを我慢するため」の対症療法ばかりだ。

「霞ヶ関」は円高を困ったことだとは思っていないのだろう。政策批判を多少受けたり、市場介入のための根回しに汗をかいたり、介入自体が十分効かなくて恥をかいたりしても、それらは所詮「お仕事」の一コマに過ぎないし、円高の困難が続く方が上記のように「利権」を拡大できるのだから、むしろ彼らの利害の上では円高歓迎ではないのか。

 付け加えると、円高になっても公務員の雇用は安泰だし、彼らの報酬は硬直的なので、実質所得が増す。

 上記の「財務省の利権拡大」のストーリーは、もちろん筆者の仮説であり、当事者から話を聞いたわけではないが、こうした「利害」が存在していることは注意に値すると思う。


増税は「霞ヶ関株式会社」の増資だ

 デフレでも、公務員の雇用と実質給与は安泰だし、デフレは、不況の原因となって、「霞ヶ関」による各種の「対策」の必要性を継続的に生む。

 もちろん、「霞ヶ関」のビジネス・モデルにとっては、予算の規模及びその維持が決定的に重要であり、「増税」は一般企業における「増資」のような余裕を霞ヶ関株式会社にもたらす。

「利権」が有効であるためには、(出来れば現在の現役が天下りするもっと先までの)継続性がなければいけない。増税を早く確保して、将来必要になる財政支出の削減をより小さく済ませることが、すべからく「長期」が大切な霞ヶ関の住人達の重大な関心事であることは当然だ。早期の増資は、将来のリストラの苦悩を和らげる。

 また、「霞ヶ関」のビジネスは、大根役者(政治家)達に脚本を書き渡して国会で法案を通し、予算に盛り込むことでこれを実行する形を取るので、基本的には、一年をサイクルとして進行する。しかも、長期的に利権に関わることが将来も期待されるからこそ、天下りに需要が発生する。

「ドッグイヤー」などという言葉さえある、せわしい民間のビジネスとは全く異なるスロー・テンポで物事が進むので、円高も、デフレも、そして利害の上では震災復興さえも、ある程度定着してゆっくり進むことが「霞ヶ関」には好都合なのだ。

 政治や経済への関心がある方の殆どが、「日本では、何に対する対応も信じられないくらい遅い!」と腹を立てたり、絶望したりされているのではないかと拝察するが、支配的集団である「霞ヶ関」のビジネス・テンポが影響しているので、やむを得ない側面がある。

 ここでは詳しく触れないが、利益集団であり実質的なビジネス体である「霞ヶ関」には特定個人の支配者なり黒幕なりがいる訳ではなさそうだ。人事制度的に彼らのメンバーが固定的である(実質的に40年以上の長きにわたって、お互いの面倒を見合う、固定メンバーの利益集団でこれだけ大規模なものは他にない)ことから、競争力・影響力を持ち、且つ長年にわたって形成・純化された、幾つかの自生的な行動ルールが、おそらく「官僚支配」といわれるものの正体だろう(想像するに、回遊魚の群れやオキアミなどの群れの振る舞いを規定するルールに近い少数の行動原理なのだろう)。

 従って、「個々の官僚」は、自分が自分のために利権確保に動いていると思っていないだろうし、国の困難に対しては、それぞれなりに国民のための努力をしているという自己認識を持っているのだろうと筆者は推測している。

 ポイントは、個々の官僚の意図や倫理観の問題ではなく、官僚集団の利益に着目した時に、国民が直面する不幸をむしろ歓迎する「利害」が存在することだ。この利害は、国民の不幸の解消に「霞ヶ関」(本石町辺りの金融子会社も含む)が不熱心であることの原因になりかねないし、下手をすれば国民の不幸の積極的な長期化につながりかねない。この構造は変えた方がいい。

 以上、筆者の仮説に過ぎない推測を述べてみた。

 もちろん、仮説だから間違っているかも知れないし、むしろ、この仮説が間違いである方が嬉しいくらいのものだ。

 仮に、官僚による裁量の余地が少ない現金による再分配がスピード感を伴って広く行われたり、デフレと円高をもたらしている金融政策と財政政策のミックス(筆者は、現在のデフレに関して、日銀だけではなく、財政政策にも問題があると考えている)が有効なデフレ対策に向かって直ちに修正されたりするような「嬉しい反証」があれば、今回の仮説は、喜んで撤回する。

 それまでは、折に触れて、この仮説を思い出しながら、脚本家(官僚)達の利害を推測しつつ、(主に政治家が演じる)田舎芝居を見物することにする。


http://diamond.jp/articles/-/14090

==========================================================================================
論理なき税制改正に陥る恐れあり 民主党の税制決定システムの落とし穴 :元大蔵官僚森信茂樹 [中央大学法科大学院教授]


生煮え代表選挙の「つけ」

 野田新総理は、民主党代表選で増税の必要性を訴えて当選し、総理の座についた。増税を訴えて総理になった例は自民党にもなく、おそらく初めての政治家ではないか。

 私は、この出来事の背景には、国民の過半が感じている、「いずれ増税はやむを得ない、そのことを正直に語る政治家を選ぶべきではないか」という意向が反映されたのではないかと考えている。その証拠に、就任早々に行われた新聞の世論調査をみると、総理支持率は6割を超えるものであった。

 そうはいっても、増税への道は簡単なものではない。党内には本音で増税反対の議員が多く残っている。前回のこの欄「民主党代表選では、党内融和優先ではなく政界再編の先駆けとなる政策論争を」で指摘したように、代表選で政策議論を徹底的に尽くさず、生煮えのまま選挙だけを行った「つけ」ともいうべきものが今後顕在化する可能性がある。増税に向けて党内の意見を集約することは容易ではない。

 自民党も、簡単には政策協議に応じないであろう。そもそも大平内閣、中曽根内閣、細川内閣という3代の内閣が、増税を志しながらもとん挫し、内閣の命を絶つ要因となったことからもわかるように、常に増税はホットイシューだ。
 望みは、野田総理の演説のうまさである。増税については、国民がやむを得ないと思うかどうかが決定的に重要である。たとえば復興増税についても、あれだけ民主党代表候補は反対したにもかかわらず、国民世論はむしろ賛成意見のほうが多い。このことは、いかに政治家が増税から逃げてきたかということを物語っている。

 その際重要なことは、国民の説得には、一体改革についてのもっとわかりやすい説明と、一層の歳出削減や社会保障改革の具体案を示す必要がある。消費税率を5%引き上げなければならない根拠についての説明は、あまりに複雑で、現状では国民に全く浸透・理解されていない。


 野田新総理には、派手なパフォーマンスこそ期待できないものの、地道に政策運営を行っていく姿勢は、きっと国民から評価されるであろう。国民からのそこそこ高い支持率こそが、党内や野党との政策合意を有利に進める唯一の方法・手段となる。

 成長戦略がないといわれるが、今の日本において、突然3〜4%もの経済成長をする条件は見つからない。むしろ、一体改革により、若者が安心できる社会を作ることが、最大の景気対策ではなかろうか。

 では、「落とし穴」はないのか。それは、民主党の新たな税制決定システムの中にある。


自民党の税制決定システムとは


 自民党政権下の政策決定の最大の特色は、党と政府の2元的意思決定であった。各省といわゆる族議員・政調部会との間で、利益団体の意向をくみ上げつつ、政策が決定されてきた。

 このやり方は、民主主義の意思決定方法としては、決して外れたものではないが、意思決定中枢機能が空洞化し、最終責任を不明確にし、パッチワーク的な政策しか打ち出せない原因であると非難されてきた。

 ところが、こと税制に関しては、予算編成とは異なる意思決定が行われてきた。自民党税制調査会という絶対的権威が存在し、○と×をつける最終決定を行ってきた。その意味では、党のもとでの一元的決定が行われてきており、責任の所在も明確であった。

 そして、どのような論理で税制改正を行うのかという論理・考え方は、民間有識者をメンバーとした政府税制調査会で議論・構築され、財務省(大蔵省)主税局が、自民党税調との間をつなぐという方法が採られていた。もっとも、政府税調の理論を無視した党税調の決定も多く見受けられたことも確かである。

 このように、政府税調は論理、党税調は意思決定と役割が分離され、個別の利害からは多かれ少なかれ距離を置いた専門的知識の豊富な長老政治家が、役人主導ではなく、自らの判断で決断してきたというのが自民党時代の税制の意思決定であった。


論理こそが税制改正の最後の「砦」

 この自民党時代の意思決定システムには、透明性に欠ける、責任の所在が政府ではなく不明という大きな欠陥があった。そこで民主党は政権交代後、政府意思決定一元化という考え方のもとで与党税調を廃止し、財務大臣の下に政治家をメンバーとする新たな政府税調を設置した。しかしこのシステムは、税調に議論を仕切る政治家がいなかったことから、うまく機能しなかった(この点については、稿を改めたい)。

 そこで今回、党税調を復活させ、税制に関する豊富な知識を持ち、個別利害から離れ大局的見地から判断できる政治家として、藤井裕久氏がにらみをきかすシステムを作り上げた。党税調の了解なしには政府の決定はない、という制度にしたのである。

 これは、自民党時代の長所を取り入れた、ということのようだ。

 しかし、重大な欠陥がある。政府税調も政治家、党税調も政治家で、税制改正の論理を作るところがなくなってしまった。政治家は、財務省や各省に資料を発注するしかない。それでは彼ら(財務省や各省)に都合のよい資料しか出てこない。

 この点をカバーするために、専門家委員会というのがあり、私もその特別委員を命じられているのだが、実際にはほとんど活動していない。税制改正には論理が必要だ。政府・党2つの税制調査会が、業界の個別利害から離れて意思決定を行うためには、論理こそが最後の「砦」なのだから。

http://diamond.jp/articles/-/14089

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月23日 16:11:59: GhEzPZmTeQ
同じく、山崎元氏の子ども手当ての解説
【山崎元のマルチスコープ】
◆「子ども手当」は、いったい何だったのか
子ども手当は、一見すると、「大きな政府」的な政策に見えるが、実は
官僚機構による裁量的な支出を、単純なルールに基づく非裁量的な経済力の
再配分に置き換える「小さな官僚政府」を目指す政策である。だからこそ、
子ども手当は、官僚の敵なのである。
http://diamond.jp/articles/-/13687
「官僚の敵」であるがゆえに、官僚と、官僚の代弁者である自民党に潰されたということ。
http://web.diamond.jp/rd/m1764277

山崎さんによる、こども手当てについての素晴らしい解説。
http://twitter.com/#!/junsaito0529/status/106129850846285824

■「子ども手当」は、いったい何だったのか
(前略)子ども手当は、いかにも民主党らしい、民主党の政策の長所を象徴するはずの政策だったが、
政権発足当初から、「バラマキである」、「財源の裏付けがない」といった批判を受けて、
何とも不人気な政策として、歪められて、その命脈が絶たれようとしている。
今にして思うと(当時もそう主張していたつもりだが)、
子ども手当は、政権初年から満額で実施して、その分追加で国債を発行し、
景気対策兼日銀の金融緩和の手段として用いれば良かったし、
もっと進めていうなら、「子ども手当」だけでなく、「大人手当」も創設すれば良かった。…
子ども手当、3つの特長
政策としての子ども手当には、3つの特長がある。
(1)子育てのインセンティブを強化する政策であること、
(2)使途が自由な経済力の再配分であること、
(3)単純なルールに基づく非裁量的な政策であること、
の3点だ。
政策のメリットが子どものいる家庭に限られることには、確かに議論の余地があった。
老人も含めて大人にも子どもにも、1人当たり一律の現金を支給する仕組みをベーシック・インカムと呼ぶが、
たとえば、基礎年金、生活保護、雇用保険などを廃止して、
1人当たり毎月数万円のベーシック・インカムに置き換えるような制度を考えると、
こちらの方が年齢による差別をしていない点で公平であり、経済力の再配分の仕組みとして、より網羅的なものになる。
▼75点くらいの評価をあげてもよかった子ども手当
ベーシック・インカムは、所得の把握が完全な場合には、
「負の所得税」(あるいは「給付付き税額控除」という冴えない名前もある)と同等の再配分効果を持つ仕組みだが、
「完全な所得把握」を前提とせずにシンプルに実施できる点で、負の所得税よりもさらにすっきりした再配分の仕組みだ。
こうしたベーシック・インカムと較べた場合に、子ども手当が、些か不公平だという批判は十分あり得ると思うし、筆者も賛成しないでもない。
しかし、ベーシック・インカムが90点の仕組みだとすれば、子ども手当も75点くらいは取れるのではないか。
そう捨てたものではなかった、と筆者は思う。…
「バラマキ」は本当に悪いのか。社会として、経済的な弱者への再配分の仕組みがある程度は必要であるとの立場に立つと、
問題はその再配分が「偏った再配分」なのか「公平な再配分」なのかということになるはずだ。
旧来の自民党政権で盛んであった、公共事業を通じた国から地方への経済援助や各種の社会保障的な政策は、
メリットを受ける対象者に偏りがあり、制度は概して複雑に細かく決められて官僚によって運営されていた。
これよりも、一定の年齢の子どもが居る家庭に一律の金額を裁量なしに機械的に配る子ども手当の方が、遙かにシンプルで公平ではなかろうか。
また、子ども手当が現金で支給される「自由なお金」であることも、大きな特長だ。
民主党の政策において、これだけ経済的な自由主義が尊重されたことは、ある意味では画期的なことでもあった。…
(自民党政権時代の)児童手当はもともと支給に計算が面倒な所得制限が付く制度だったが、
所得制限の少し下の収入と、所得制限を少し超える収入では、手当の有無によって、実質的な年収の逆転が起こる欠陥を持つ制度だった。
子ども手当の支給に所得制限は必要ない。
高額所得者にも支給されることが問題なら、高額所得者の税金の負担を増やせばいい。
「合計で、まあまま合理的」な制度を設計すれば良く、複雑で、経済行動のインセンティブを歪める
(今回の場合、年収を意図的に960万円未満に調整する誘因がある)制度を作るのは下策だ。

▼デフレ対策としての子ども手当
子ども手当は、本来、所得の再配分であって、景気対策やデフレ対策としての意味を持つ政策ではない。
長期にわたってならして考えると、子ども手当の財源は税金一般であるべきだ。
しかし、金融危機後に総需要が大きく落ち込み、同時にデフレが定着していた状況を考えると、
子ども手当は、経済政策の一部として有効な施策であった可能性がある。
特に、デフレ対策として有効だったのではないか。
たとえば、子ども手当の支給分(満額で年間5兆円)だけ追加で国債を発行しこれを日銀が引き受けていたらどうであったか。
財政赤字の拡大による短期的な需要の追加と、日銀による追加緩和になるが、
この場合、単に銀行が保有する国債(それも現金とほぼ代替的な残存期間短期の国債)を買って資金を注入するよりも、
子どものいる家計に広く支出される方が、民間に通貨が出回ることになっただろう。
子ども手当が、全て将来の税金支払いに備えて銀行に貯蓄され、
銀行がそのお金を日銀当座預金に預けてしまったら金融緩和の効果は無くなるが、全てが貯蓄に回ることはないだろう。
子ども手当は、将来にわたって継続的に支払われることが期待される所得となるので、
本来期待された形で制度として定着すれば、1回限りの定額給付金のようなものよりも、需要の喚起効果が大きかったはずだ。
財政赤字の拡大を日銀がファイナンスし続けるとインフレになりかねないが、
現在の問題はデフレなのだから、一定レベルのインフレ率になるまではそれでいいはずだ。
もちろん、将来、インフレが問題とされる状況が起これば、増税と金融引き締めを行うべきだ。
財政事情によっては、子ども手当も減額すべき状況があるかも知れない。
繰り返しになるが、子ども手当は、本来経済力の再配分の仕組みであって、景気対策の道具ではないが、
需要を追加したり削減したりする際のチャネルとして「まあまあ公平なバラマキ」である点が活用できる仕組みだ。
もっとも、この点を強調するのであれば、より完全な再配分の仕組みとしてのベーシック・インカムの実施を推奨すべきかも知れない。
▼「財政支出削減」と「子ども手当」の思想的共通点
民主党政権成立直後、少なくとも2009年度には、子ども手当を、
予定の満額、暫定的ではなく恒久的な法律に基づいて実施すればよかった。
経済の状況は、むしろそれにふさわしかった。
しかし、財源がないとして額を半分に値切り、時限的な立法で中途半端な形でスタートさせて、
早速メディアを使って子ども手当の「バラマキ」批判キャンペーンを展開したのが、
「霞ヶ関の方々」(個人ではなく集合的意思だろう)の機敏なところだったし、
これに乗せられたのが、民主党政権の頭の悪さの表れだった。
今頃になって子ども手当に拘るくらいなら、どうして、はじめから、この程度の企みに気付かなかったのか。
http://diamond.jp/articles/-/13687?page=4

■子ども手当は、官僚の敵
子ども手当は、官僚の敵だ。
考えてみよう。
子ども手当は、シンプルなルールに従って支給されるだけだから、官僚の権限・裁量を何ら増やさない。
また、年金を運用する基金のような天下り先につながる仕組みも作りようがない。
しかし、子ども手当が恒久的に実施されると、当初の予定では、年間5兆円強の予算を食う。
デフレ下の当初は赤字国債が財源でいいかも知れないが、やがて財政再建が問題になると、
子ども手当に食われた予算は、官僚の権限と(主に老後の)飯の種になっている数々の支出項目を圧迫するようになるはずだ。
歳入状況を一定とすると、子ども手当は、他の支出の削減を要求するのだ。
総選挙時の民主党のマニフェストによると、「ムダな支出の削減」があって財源が確保されて、
子ども手当の財源が確保される、というストーリーだったが、
子ども手当が確立・存続する場合、他の財政支出が圧迫される構図は変わらない。
つまり、子ども手当は、一見すると、財政支出を拡大する「大きな政府」的政策に見えるが、
実は、官僚機構(政治も関与するが)による裁量的な支出を、
単純なルールに基づく非裁量的な経済力の再配分に置き換える「小さな官僚政府」を目指す政策なのだ。
「脱官僚(利権)」という補助線を一本引いて眺めると、
「財政支出のムダの削減」という政策と「子ども手当」は、目指す方向性が同じであることが分かる。
そう考えると、「支出のムダの削減」が事業仕分けで巧みにガス抜きされてさして進展せず、
子ども手当がその重要部分を骨抜きにされる形で児童手当に吸収されることになった流れにも一貫性がある。
要は、子ども手当の現状は、民主党が「脱官僚」に失敗したことを示している。
http://diamond.jp/articles/-/13687?page=5
官僚支配打破を目指す「小沢マニフェスト」の象徴的政策だった子ども手当て。
小沢を潰したい自民党&官僚が子ども当て潰しに必死になるはずだ。


02. プロシー 2011年9月23日 17:19:05: 3gSfcx.5cSyYg : PIA7FCwelU
初めて投稿させていただきます。
阿修羅は、数年前から覗いていました。
主に、あっしらさんが書かれた内容を読むためでしたが、その頃は既にあっしらさんが阿修羅を去った後でした。

ですから、あっしらさんが復活して大変うれしく思います。
是非、以前に投稿を読んでいて感じた疑問などを聞きたいです。よろしくお願いします!


ところで、今回の投稿の内容について思ったことを少し。

僕が感じた、山崎さんの記事のポイントは二つ。

@自民党・民主党の首相も多少演じ方に個性があるが、役人が書いた台本を演じており、実権は官僚にある(官僚は利権漁りに熱中している)
Aそれは政治家の能力不足が原因であり、国民はきちんとした政治家を選ばねばならない。

僕も、この意見に賛成です。しかし実際問題として、国民が、国民のために働く、真に有能な政治家を選ぶことは不可能だと思います。
その理由は、国民の多くは政治に興味がないからです。

よって、既存のマスメディア(TV,新聞)の報道内容によって、政治家の選出が決まる、というのが実態ではないでしょうか。
そのため、好感度をあげることのみを重視する政治家が跋扈してしまうのでしょう。

この状況が変わるのは、多くの国民の生活がいよいよ厳しくなり、国民が政治に対して興味を持ち出す頃でしょうか。

今はまだそうはなっていませんね。しかし、今手を打たなければ、「いよいよ」の時に、手が残されてない可能性があります。


ですから、私が希望するの今よりも、ずっと強い実権が一部の官僚に集中することです。一部とは、財務省のことです。
(ベストは私も、真のリーダーに相応しい政治家が首相となることだと思っています(念のため))

僕はまだ学生であり世間知らずかもしれませんが、日本国には日本国全体に責任を持つ、強い権限を持った国家機構が必要に感じるのです。
(戦前でいえば、内務省の復活を望んでいるわけです。)

そして、それに相応しいのは、内閣府ではなく、豊富な人材がいるであろう、財務省です。

野田政権で打ち出されている、「国家戦略会議」を実際に仕切るのは財務官僚と考えていますが、具体的に「国家戦略会議」が設置され、大きな権限を振るって、日本経済の建て直しを期待しています。

反対意見として、利権漁りをする官僚に期待できるのかというのがあると思いますが、「無力感」が官僚を堕落させるのではないかなーと直感的に感じておりまして、強力な権限を一部の官僚に与えることによって、彼らの「覚醒」に期待しています。

希望的観測に過ぎないでしょうか。


03. 2011年9月23日 19:32:55: 1qmOy4Hy0U
1人目の筆者、“自然発生的な意志をもたない黒幕”が原発事故放置や増税で“人殺し”ですか。
黒幕の正体がこれなら日本単独で十分、解決可能だな。なんか希望がわいてきたw
「陰謀論」とはインチキを印象づけるためのレッテル。「正しい社会学の研究」と言って下さいw

あと2人目、「税制改正には論理が必要だ。」と言うけど、
絶対に必要なのは、本当にカネが足りない事の証明でしょ。

あっしらが「釣り」をやるとは思わなかったよ。釣られてみましたw


04. 2011年9月23日 19:34:18: VD5I7FIPVI
霞ヶ関株式会社だったらとっくに倒産してるでしょ。
霞ヶ関税金食いつぶし互助会といえるでしよう。

05. 2011年9月23日 19:59:58: h69tTYryng
霞ヶ関や公務員は定年延長で盤石の体制だ。

国家公務員の65歳定年延長が2013年から10年かけて
段階的に実施されることが人事院で本決まりとなった。
国家公務員の60歳時の給与は平均で1000万。
60歳以上は3割カットで700万となる。
これは民間大手でも60歳以上ではほとんど無い高給。
恐らく電力会社の再雇用位だろう。独占東電の再雇用給与を参考にしたのか。

また700万は新卒を2人雇える金額。
これで2013年からの公務員採用は総人件費と職員数は増やせないので
しばらく半分以下になる可能性が大きい。
主要大企業も国の定年延長にシブシブ従うだろうから2013年からの
大企業の新卒採用も半分以下になるだろう。
2013年から2025年卒業予定の新卒諸君は
ご愁傷様としか言えない。就職ウルトラ氷河期の到来だ。
新卒の半分も就職できれば恩の字になるだろう。
職のない若者が日本中にあふれる。
これで日本はますます少子化が進むことが決定。

また今後の超円高で公務員給与は先進国公務員に比べ益々高くなる。
一方で2025年には国の国債残高は1500兆円を超える。
公務員給与は益々上がる一方で国の債務は益々増えて行く。
日本では公務員待遇維持のための消費税大増税が必ず実施されることに
なるだろう。



06. 2011年9月23日 21:31:16: LKDXLDHvSk
地元ローカルテレビで、通行人に月収を聞くという企画があった。
子供3人もつシングルマザーは(時間にハンデがあるのか?)10万。
化粧品も身につけるものも100円ショップだとか。
片や全身ブランドにつつまれた専業主婦の旦那さまは国の出先機関勤務。
「去年退職して別な所に移ったので(天下り?)半額になって60万です。おっほっっほ」
貯金も相当ある様子で
「老後2人で生活するには月最低35万は必要っていいますでしょ?そのくらいは溜めてます。ほっほっほっ」と終始満面の笑みで、世間を舐めきった様子に憎悪を感じた。

貯金以外に高額な共済年金も待っている。  全部税金。


07. 2011年9月24日 00:58:16: QQGAmmFees
ウェーバーの、正当的支配の類型としての三類型、合法的支配、伝統的支配、カリスマ的支配を思い出します。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~kaoki/weber.html

他人と議論をしているときに、私たちがよりどころとしているものは、何なのでしょうか?
論理的な一貫性でしょうか、それとも、あちら側かこちら側かの識別か、あるいは熱狂への親和性か。
個々人の判断における偏差が、積分されてゆくと、社会を方向付ける大きな分岐として現象してしまう・・・
個々人の人間の判断が、類としての人間集団のすすみ行き方の偏差を帰結してしまう姿を見ると、人間の理性の限界に絶望すら覚えます。
でも・・・ニヒリズムは、思考の墓場・・・・



08. 2011年9月24日 04:30:09: 1qmOy4Hy0U
>>03です。訂正させてください。上から2行目の、
>黒幕の正体がこれなら日本単独で十分、解決可能だな。なんか希望がわいてきたw
を、削除で。皮肉のつもりでしたがわかりずらいので。よろしくお願い致します。

09. 2011年10月02日 04:38:17: 243HcxA0Ws
小沢さんを排除したくて躍起になる人は、なんだかんだへ理屈言いますがようは、中韓に乗っ取られる系の陰謀脳ではないですか?
陰謀論を信奉する人に道理を説いても無駄ってことで、お話にならない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧