★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119 > 859.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
司法の闇は我々の目の前にいまだに存在する(日々雑感)
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/859.html
投稿者 判官びいき 日時 2011 年 9 月 27 日 08:23:51: wiJQFJOyM8OJo
 

一人の政治家はかくして抹殺されてきたのだと、我々は司法の闇を目撃している。小沢氏の元秘書三人に言い渡された東京地裁判決を見てそう思った。政治資金規正法の収支報告書に不動産取得の記載に関する「虚偽記載」と「期ズレ」が直接の訴因だったが、それらは担当窓口へ出向いて指摘された個所を訂正し訂正印を押印すれば済むことでしかなかった。

実際に元秘書三人が逮捕された小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」の収支報告書が問題とされた以降にも、訂正印で済ました政治家は何人もいる。しかも驚くことは水谷建設から5千万円を2回に分けて収受したことまで認定していることだ。この裁判官は一体何を審理したのだろうか。「法と証拠」に基づく事実認定をどのような事実に基づいて行ったというのだろうか。

当時の水谷建設社長が小沢氏の元秘書たちに手渡しで渡した、という証言だけしかない「犯罪」だ。検察官に証言していた当時、彼は脱税で収監されていた。その施設内で証言したのが水谷建設による小沢氏への「贈収賄」事件の発端だ。米国議会でロッキードのコーチャン氏が田中角栄氏に5億円の賄賂を渡したと証言したのが田中氏が政治の表舞台から引きずりおろされたロッキード事件の発端だった。

讒訴によって政治家が犯罪の当事者に仕立て上げられるのは古今東西の歴史上枚挙に暇がない。小沢氏もかくして悪人にされてしまった。秘書たちは水谷建設の当時の社長から5千万円を2回にわたって受け取り、それを不動産購入資金の原資に充てたことを隠すために「期ズレ」を行ったというストーリーだ。

しかし判決では土地購入資金4億円の立替金や借入金の出入りまですべてを「虚偽記載」と認定して21億円もの犯罪に仕立てあげている。裁判官の悪意と身勝手な解釈に驚かざるを得ない。しかし水谷建設の収賄ストーリーは破綻していたのではなかっただろうか。不動産購入の現金決済日よりも石川氏が5千万円受け取ったとされる時期の方が後だったのだ。

しかし、なによりも裁判官は世間の常識を全く無視している。水谷建設がジョイント企業とともに贈収賄の対象とされたダム建設で受注した金額は1億円ほどでしかない。その受注のために1億円使うとは常識で考えられないことだ。業界の常識でも公共工事受注の礼金として政治家へ献金するのは工事費の3%程度だといわれている。

東京地裁の裁判官が収監されていた元社長の与太話をマトモな事実と認定したとは、彼の判断能力はマトモなのかと疑問を抱かざるを得ない。いや、そうすることが彼の使命だったとすれば反対にマトモなのかもしれないが。この国に司法の闇は存在する。政治家を抹殺し薬害被害者の声を無視し官僚たちの犯罪を揉み消す勢力は確実に存在する。

彼らが誰に奉仕しているのか、ネット市民はあらゆる利権から自由な立場で追及し、世間に公表していかなければならない。そうしなければ闇の勢力はいつまでも実質的にこの国を支配し、有能な政治家を冤罪により抹殺してしまう。今まさに小沢氏と元秘書三人に対して捏造された疑惑による冤罪が作られている。その当事者は検察であり裁判官であり司法当局だ。
http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/2455888/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月27日 09:42:41: BTrK5w3USA
随分昔の話しだが昭和37年に特許権が確定したにもかかわらず、二年ほど経った後にアメリカのメーカーが三菱重工との合弁事業で日本に進出すると、この特許に対して無効の訴訟を起こし、それが認められて特許が取り消しになったことがあった。 この特許については昭和29年に特許申請されて以来、特許が確定するまで10年以上にわたって論争が繰り返されたもので、十分な審査が行われた結果確定に至ったもの。 特許取り消しの審決に対し当然上告されたが、東京高裁での審理が長引くうちに、特許取得者の親会社が倒産した結果、うやむやの内に特許無効となってしまった。 要するに日本の司法はアメリカが出てくればどんな無法なことでもやってしまうと言うことだと思った。 ロッキード事件での田中元首相に対する裁判も、アメリカの圧力に屈して法を曲げたものと思う。 日本には司法の正義は、ことがアメリカと関係すれば、全く存在しないと知るべきだろう。 小澤関連の案件は、明らかに背後にアメリカの圧力があり、それと結託した特権官僚とマスコミの権益擁護の力が働いている。 この国の司法には、公正はあり得ない。 N.T

02. 2011年9月27日 13:37:53: pZ4CHUghM2
小澤本体の裁判も暗黒の結末が想定されるということか。ソレはソレで仕方が無いが、それで日本の心ある方たちが泣き寝入りは無いでしょう。自民、民主と国民を裏切り、形骸化した司法行政が形ばかり継続しても、コンナ体制は何年も持たないでしょう。

03. 2011年9月27日 13:57:07: pZ4CHUghM2
角栄裁判を全傍聴していた小澤氏が疑疑問符をついけていたが、最高裁裁判所の検察のコーチャン免責証言の嘱託調書の証拠能力を認める決議は今から考えても、事後法によって被告人を裁く違法なものでありました。
 最高裁に独自にそのような判断の権限は立法府の権限を侵すものでありえませんし、当時こうした行動を最高裁が取ったことは、黒船的な外圧しか考えられないことでありました。マスコミ、政府に沈黙を強いる圧力があったことか。

04. 2011年9月28日 12:46:21: topEgSpnNU
日本の実態は「フアシズムとナチズム」体制です。フランクルの小説「夜と霧」の世界が日本では今も生きているのです。小沢さんの元秘書さんへの判決は、悪意と妄想でデツチ上げた「状況証拠」なるものにもとずく、政治的判決です。バカバカしくてまともに論評したく有りません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧