★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119 > 903.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<「東京の春」は近い> <覚醒する対米自立派> <崩壊した司法>など  本澤二郎の「日本の風景」(839)
http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/903.html
投稿者 五月晴郎 日時 2011 年 9 月 28 日 17:35:38: ulZUCBWYQe7Lk
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51911379.html

「ジャーナリスト同盟通信」の2011年09月27日 本澤二郎の「日本の風景」(839)から下記を転載投稿します。

=転載開始=

【「東京の春」は近い】

 「アラブの春」という言葉が氾濫している。筆者は「東京の春」も近いとみている。直感である。日本人も自立する力があるからである。超大国も消えた。その庇護のもとで甘い汁を吸ってきた対米従属派・官僚政治も、打つ手もなく内部崩壊する日本沈没を、ただ見守るだけだからである。比例して対米自立派が台頭してきている。既に与党内に半数近い勢力を保持している。売国奴・対米従属派に挑戦しているではないか。

 日本は独立国だという。嘘である。幻想・虚像でしかない。3・11が民衆を覚醒させている。小学生でもわかるだろう。地震大国になぜ54基もの原発があるのか。使用済み核燃料を数百数千年かけて保存できるはずもないのに、人類と共存できない核をなぜ?広島と長崎の教訓をどうして学ぼうとしないのか?

 福島原発惨事を「収束する」という政治家・政府発言を、多くの国民は信じていない。人間・生き物は住めない。被曝を覚悟しない限りは不可能だ。東電もマスコミも数千人の被曝作業員の実態さえ公表しない。公表出来ないからだろう。

【覚醒する対米自立派】

 産業革命で一歩先んじた欧米は、こぞって地球支配に乗り出した。いうところの植民地政策の蛮行である。実質的に戦後も継続している。やり方をやや上品にしているだけだ。後進国の資源を略奪している。イスラムの反乱は歴史の必然であろう。

 敗戦で自由と独立を、民主政府を勝ち取ったはずの日本である。だが、一皮むくと、日本政府もまた、ワシントンの新植民地政策の餌食でしかない。違うだろうか。

 自由で独立国の日本に、どうして米軍と米軍事基地が存在するのであろうか。それを容認する対米従属派・売国奴政府の存在にある。これを一握りのワシントンの対日政策担当者が操作している。それに甘んじる日本政府・政党・学会・言論人が存在した。戦後の66年間も、である。

 こんなおかしな日本・日本人でいいだろうか。

 ワシントンは沖縄を手離そうとしない。今も強化しようとしている。普天間基地問題がその象徴である。台頭するアジア抑制への前線基地としての布陣だ。アジアに緊張を作り出す装置を容認できるのであろうか。ワシントンの謀略家は、日本の政治家・官僚に対して「中国脅威論」「日本防衛」を口走り、中国など近隣国に対して「日本核武装阻止」を喧伝している。

 アジアを手玉に取るこうした謀略・詐術は、いかにも見え透いている。日本に右翼を温存・反中・反共勢力を育成保護する理由である。こんな罠から卒業しなければならない時であろう。

 本来、民主党による政権交代はここにあったのである。そのリーダーが小沢と鳩山とその支持勢力だった。社会党など革新勢力の任務だったのだが、同党の有能な指導者・浅沼稲次郎は右翼青年によって刺殺され、支援する労働組合も財界に懐柔されてしまい、遂には解体してしまった。フランスとの落差だ。

 残るは保守陣営からの対米自立派の誕生を待つしかなかったのだが、2009年にそれが遂に具体化したのだった。日米対等・アジア重視の日本自立路線である。対米従属派とワシントン・CIAが、対米自立派に死闘・決闘を仕掛けてきた原因である。小沢・鳩山のスキャンダル暴露と強制捜査が、その本質だとみたい。

 これは第2のロッキード事件なのである。対米自立派は、こうした分析を共有していると信じたい。小沢のいう単純な国内政治における権力闘争では全くないのだ。はっきりいうと、ワシントンは日本の政敵である小沢を葬るために、ロ事件同様に検察とマスコミを動員して、政界から抹殺しようとしている。

 ブルーベリーを食べて曇った目をすっきりさせると、自立する日本人であれば、こうした筆者の分析を理解してくれるだろう。普天間と福島原発を視野に入れるだけでも、十分に見えてくるはずだ。

【崩壊した司法】

 CIAの陰謀に片棒を担がされ、売国奴を演じさせられている司法界・マスコミ界の、ごく一部の日本人は、見方を変えると、哀れである。彼らは現在もCIAのお先棒を担いでいるのだから。実際は、古巣の司法界とマスコミ界の多くからも、軽蔑され尊敬されていないからでもある。ワシントンの犬を演じさせられるのも気の毒であろう。

 まともな日本人ならば、耐えられないだろうか。善良な、自立する日本人・主権者を裏切る行為なのだから。

 昨日、すなわち2011年9月25日の小沢秘書3人に対する政治資金規正法違反事件の判決は、対米従属派を安心させることが出来たであろうが、その実、対米自立派を決起させる引き金にもなっていのである。燎原之火のごとく対米自立派が日本列島に燃え広がっていると筆者には見えている。

 考えても見るがいい。小沢事件は、そもそも政治資金規正法の虚偽記載だ。形式犯に過ぎない。修正することで決着を付けてきた事案である。もしも、これを政治家全てに適用すると、全ての議員と秘書が引っかかるものである。

 しかも、3人の秘書の検察による供述書は、任意性が低いため裁判官が排除した。立件不能の事案だった。それでいて裁判官は「推認」なる特別用語を連発して、いうなれば検察とマスコミが目論んだ判断を踏襲した。形式的に自らの独善で決したものであろう。

 お笑いだ。執行猶予付き有罪判決を出した裁判官は、対米従属派政権が今後とも継続すれば、最高裁判事になれるだろうが、果たしてどうだろうか。変身の早い司法界・マスコミ界からも、胡散臭い裁判官というの評価しか得られないだろう。

【内政崩壊と改革派官僚】

 戦後の日本政治は、いわゆる官僚主導の政治、それも対米従属派の政権だったが、いまや彼らによって円高ドル安の中曽根バブル経済政策が、経済大国の座を喪失させた。

 その穴埋めを、官僚政治は借金でやりくりした。結果、遂に財政破たんへと突き進んできてしまった。9・11後の相次ぐ戦争でワシントンも疲弊してしまった。ドルの暴落に怯える世界が今である。超大国も沈没してしまった。

 世界恐慌に呑み込まれる日本には、さらに列島の半分が震災の憂き目にあい、史上空前の原発惨事が追い打ちをかけてきた。放射能被害の収束の目途は立っていない。司法も腐り、霞が関から離反する改革派官僚も出ている。官僚は、ひたすら自己保身に走るだけである。

 対米従属派の先導役を担っているマスコミも、経済不況で土台が崩壊している。金で報道の中身を変える体たらくだ。ジャーナリズムではない。

【大増税とTPP】

 松下政経塾内閣は、目の前の危機に対応する能力など無い。「A級戦犯は戦争犯罪人ではない。総理大臣は靖国参拝すべきである」という政経塾理論をかざす野田は、昨日の衆院予算委員会でも野党の追及にしどろもどろの発言で逃げていた。

 この対米従属派の官僚内閣は、行政改革も歳出削減も出来ないため、とどのつまりは、霞が関と財閥・ワシントンのいいなりになって大増税とTPPへと突進する。対米自立派がこれに待ったをかけることになろう。

 自立派は自民党や公明党内にもいる。いずれ与野党の自立派が連動することになろう。ワシントンのいいなりにはなるまい。自立派は、ワシントンの走狗である新聞の不買やNHK不払いにも打って出るだろう。

 民衆を覚醒する格好の材料である。

【対米自立派の決起】

 対米従属派の塊は外交官と防衛官僚、そして外交族・防衛族に集中している。米産軍複合体に取り込まれている面々だ。改憲軍拡派の牙城でもある。自立派の牙城は地方だ。地方から自立派は、従属派・売国奴の東京を包囲することになろう。対米自立派の決起に国民の期待が集まることになろう。

                             2011年9月27日11時50分記

=転載終了=

(投稿者記)
 
 これは投稿者の記で、上記記事の筆者とは関係ありません。 
 
 浅沼稲次郎は民族派の左翼だった。米国にとっては恐ろしい政治家、脅威だった。浅沼稲次郎は、山口二矢に演説中に刺殺された。山口二矢は獄中で首を吊り自決したとされる。山口二矢は生長の家の熱心な信者だった。CIAは生長の家を中心に戦前からの新興宗教を反共という旗印で糾合した。山口二矢は獄中で殺されたのだと思う。冥福を祈りたい。生長の家を中心にCIAに糾合された流れは統一教会、台湾ロビーと同体のように絡み合って今日まで来ている。

 浅沼稲次郎は労農派の流れだ。講座派の共産党の流れではない。労農派は、民衆の中へ、だ。労農派は戦後に旧社会党と自民党党人派に流れた。
 小沢と輿石の魂の絆は、民衆の中へ、である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月28日 17:55:56: AQqyLULhMc

「東京の春」?

小沢さんは放射能で 「東京もアウトになる」 って言ったはずだけど?

東京の沈黙の春ですか?


02. 2011年9月28日 18:22:33: FUviF2HWlS
日本自身も発展途上国の資源と労働を略奪することで成り立っている。
植民地支配には軍事圧力が不可欠だが、日本は軍隊を海外展開しなくとも世界の資源と労働を略奪できている。
それを可能にしているのは、米国の軍事力の威光を借りているからだ。
日本が略奪した資源と労働の成果の一部を米国に献納するのは理不尽ではない。

日本は米国の世界支配において徴税請負人の役割を担っている。
徴税請負人が明日からすぐに国王の庇護なしに生きていくことは難しい。
食料さえ自給できない国家が、今すぐ自立はできない。


03. 五月晴郎 2011年9月28日 18:39:28: ulZUCBWYQe7Lk : 3Bb8Gu23j2
>>1
記事中どこで小沢が「東京の春」って言ったの?
馬鹿じゃね?>AQqyLULhMc


>>2
>徴税請負人が明日からすぐに国王の庇護なしに生きていくことは難しい。
>食料さえ自給できない国家が、今すぐ自立はできない。

今すぐなんて、誰が言ってんの?
FUviF2HWlSの脳内、耳の中の小人さんでしょ。

>日本は米国の世界支配において徴税請負人の役割を担っている。

そうです。徴税請負人と金貸し(にカネを貸す金貸し)ですよ。ある面で親分の米国より好かれないと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK119掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧