★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120 > 102.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「検察は水谷建設に騙されている!」―石川知裕議員 有罪判決後インタビュー(BLOGOS)「小沢一郎狙い撃ち」憤る石川氏 
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/102.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 9 月 29 日 04:37:00: igsppGRN/E9PQ
 

「検察は水谷建設に騙されている!」―石川知裕議員 有罪判決後インタビュー
http://news.livedoor.com/article/detail/5895426/
2011年09月28日14時37分  BLOGOS編集部


小沢一郎元民主党代表の資金管理団体「陸山会」を巡る裁判において、東京地裁は26日、元秘書である石川知裕議員に有罪判決を下した。翌9月27日、石川知裕議員は議員会館でインターネットTV局であるODAIBA TVのインタビューに応えた。石川氏は、インタビューの中で裁判所の判決に対し、怒りをにじませている。有罪判決直後の石川議員の心情をインタビューの書き起こしでお伝えする。


インタビュー動画(UstreamのODAIBA TV「時局放談」より)
http://www.ustream.tv/recorded/17549214


■「推認につぐ推認」には憤りを感じる

一先生、昨日は大変でしたね

石川議員(以下、石川):13時半から裁判が始まりまして、17時過ぎまで掛かりましたけど、ああいう判決がでるとはまったく予想しておりませんでした。

一証拠がない中での有罪判決を意外に思った方も多かったと思うのですが

石川:特に水谷建設からの5千万円に関してはまったく物証がないので。

それを隠したいから一連の経理操作を行ったんだという、正に「推認に次ぐ推認」で認めてしまったということには、私は非常に驚いておりますし、憤りを感じております。

―水谷建設の会長も「石川さんはかわいそうだ」と発言したと新聞で報じられていましたが

石川:水谷建設の会長に言われても複雑な感情がありますが…。

いずれにしても川村なるものが、まったくもって嘘でたらめを言っているわけです。私に金を渡したと。それで検察側は"自分が不利になることを言っているんだから"と事実だと主張して、それを裁判所も認定した。

私は、収支報告書の作成に関しては"違法だ"という認識はなかった。評価は裁判所が行うので、そこの評価が分かれるのは仕方ない。しかし、事実の検証がない、物証がないままというのには驚きましたね。

―今回の判決に関しては、非常に珍しい"一歩踏み込んだ判決"という評価が聞こえてきます。一歩踏み込んだというよりも既に俵を割っているんじゃないかという声もありますが

石川:まぁ推認に次ぐ推認ですからね。

―これは推定無罪の判決を覆す前代未聞の判決という声もありますが

石川:「小沢の秘書だから」という先入観が働いていると思います。小沢一郎狙い撃ちの裁判、検察の捜査ですからね。そういう先入観は当然あったと思います。

―推定無罪とは「被告人が有罪であると主張する検察官がその被疑事実について立証しなければ、被告人は有罪判決を受けることはない」ということなんですが、今回は裁判官が疑わしいと考えたから有罪ということのように思えます。これは控訴審では、どうなるのでしょうか

石川:私は控訴審の裁判では必ずいい判決を受けることができると思っております。あまりにも乱暴。これはもうびっくりでした。

―今回の公判においては、供述調書が却下されているんですよね。で証拠がないまま推定につぐ推定で判決が下っている。これでは、今後いろんな形で冤罪が起きるのではないかと危惧してしまうのですが

石川:私は今回の調書却下は、検察が脅迫や誘導でとった調書ではなくて、裁判所が自分たちが裁判所で聞いたことを基にして判決を下すという一つの転換点になると思っていました。しかし、実際にはあまりにも物証がないまま、乱暴な推認が続いたことに驚きました。

―これで「日本の司法制度は死んだも同然だ。今の日本はもはや法治国家の体をなしていない」と考えることも出来ると思うのですが

石川:昨日、「水谷5千万円」の認定を聞いたときには、そういう思いもありました。これでは"相手を貶めよう"と考えて、いろんな作戦を練った検察の作戦が成功したことになるんですよ。その前に検察がだまされている、水谷建設が何らかの形でだましているんです。

私が拘置所での検事さんの話で忘れられないのは「事実と裁判の結果は違う。裁判の結果は積み上げてきた証拠をもって、裁判官が判定するから。だから、事実と裁判の結果は違うんだよ」という話です。これは未だに頭にこびりついてますね。昨日からは特に。

―よく言われるのは「事実と"法廷の事実"は違う」ということですが、その通りになったということですかね。

石川:そうですね。だから、運転手が運んでいないといっているのに運んだことになっている。そして、経理担当者が5千万を川村に渡しました、それを石川に渡しましたという証言のみが取り上げられている。

私のアリバイを証明しろっていっても、5年も6年も前の何月何日の午後なんて証明できないですよ。その時政治家やってれば日程もありますけどね。本当に信じられないですよ!

―お怒りはよく伝わってきます。

石川:本当に信じられないですね。

■識者も今回の判決を疑問視

―NHKのコメンテーターである若狭弁護士は、今回の判決について以下のようにコメントしてます。

"今回は、供述調書を却下し証拠調べもしていない。供述に頼らず、状況証拠だけで有罪判決を出せるというのは、特捜部としては大きな力を得たと思う。"

これはかなり踏み込んだ発言ですね。またジャーナリストの江川紹子さんも

"裁判官の価値観、想像で物語を組み立てることには危惧を覚える。裏づけのないものを事実として断定してしまうのは非常に危険である。"

と感想を述べています。

石川:江川さんは、ずっと傍聴していらっしゃって比較的中立な立場でお話されていると思うのですが、やっぱり乱暴ですよ、裁判官は。いくらなんでも。

―下衆な話しになりますが、裁判官と検察の方が"お友達"であるケースもありますしね。

石川:判検交流という言葉もあるように、"お友達"になるようなシステムになっているんです。

―以下は、twitterで寄せられた、ある弁護士さんの意見です。

"やはり裁判所は信用してはいけないということがわかりました。
元々、最も検察よりの裁判長と言われていましたが、その通りになりました。判決の真意は証拠ないけど「小沢の秘書」だから有罪。こんな判決が許されるのでしょうか。"

石川:まぁ「悪党である小沢一郎に仕えた」という先入観をどうしても持ってますから。

―もう一人ご紹介します。この方は記者会見に出席した記者の方です。

"記者会見で、この一連の裁判および記者クラブ報道の政治性を痛感した。あれだけの報道陣がいながら、質問のために挙手したものが私以外4人しかいなかった。私にとって闇献金まで事実認定されたのは想定外だったが、それ以外の報道陣は驚きもせず想定内のような態度だった。"

石川:裁判所の判決は、想像以上にとんでもない不当判決でした。しかし、司法記者クラブの方から見れば、検察寄りで一番書きやすい判決なわけです。だからいちいち質問する必要はないんです。もし、これが比較的我々に有利な判決であれば質問が続出したと思いますね。「こういう部分に疑いが残るんじゃないですか」とかね。でも、我々の主張はすべて退けられましたから。

―今後については、どのようにお考えですか。

石川:現在27日16時過ぎですけど、もう控訴しました。弁護士にお願いしてます。

日程的には来年、控訴審の裁判が始まると思います。その前に10月6日に小沢一郎元民主党代表の裁判が始まりますので、私も10月28日、11月1日と証人尋問で呼ばれております。この裁判は来年4月ごろに判決が出る予定ですので、まだまだ裁判は続きます。

―裁判、裁判で大変ですね。

石川:そうですね、時間的にも精神的にも疲れます。費用もかかります。ただ、地元からの応援、全国からの支援カンパをいただいておりますので、そういう応援の声が自分を奮い立たせてくれます。

―当然裁判だけでなく、国政のほうも

石川:今まで地域間の要望に出来るだけ応えていけるように活動してきています。よくテレビや新聞で「石川はちゃんと政治活動できるのか」と言われてますけど、それは地域関係者の声を聞いたことがない人が言ってるだけなんです。

地域の町長さんや農業関係者の声から私の活動を知ってほしいと思います。

もう一つ宣伝がありまして、9月12日から有料のメールマガジン「石川ともひろの汚名返上」を始めました。昨日、正に汚名を着せられましたからね。裁判の様子や日常の身近なことを書いています。それと「小悪党の処世術」ということで小沢さんの傍でどういう立ち回りをしてきたかというようなことを書いています。まぐまぐでやってますので、どうか入会いただければと思います。

10月6日から始まる小沢氏の公判や控訴審では、どのような判断が下されるのだろうか。石川氏の今後の活動も含めて注目される。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月29日 04:55:22: uC8DKpjnU6
石川さん朝日新聞から悪党小沢一郎云々という題の本出してたけど
あれはあまり良くないね。

02. 2011年9月29日 06:42:50: 9WIbkAK4BI
私の思いは
犬察は水谷に偽証させた
ここまでやるか暗黒犬察

03. 2011年9月29日 06:57:08: g9mbw9zhYk
石川さんには同情はするが、やっぱり暢気だね。

「控訴審の裁判では必ずいい判決を受けることができると思っております。」って、仮に2審で多少引き戻しがあったとしても、最高裁では必ずやられる。

「その前に検察がだまされている、水谷建設が何らかの形でだましているんです。」って、違うだろう。相談の上、相互が取引してるんだよ。

裁判は裁判で、続けなきゃしょうがないが、もうちょっと司法不信をおおっぴらに出した、戦闘的な発言をした方がいいんじゃないの?

TVや街頭などでも「控訴すれば必ず認められます」みたいなマヌケ発言ばかりしてたら、みんなから嘲笑されるよ。

なんかもう、インタビュアーの方がずっとわかってるみたいじゃないの。

まな板に載ったコイなんだよ、あんたと小沢さんは。監獄行きがないとしても、議員退職・公民権剥奪に必ず追い込まれる。

たとえやられても、敵も深傷を負うような、そんな立派な戦いをしてくれよ、石川さん。


04. 2011年9月29日 07:41:35: MJCuURRj3o
03さん  貴方の言われる事はもっともです。私は、石川議員を支援しているのですが、彼は純粋過ぎて、真っ直ぐ過ぎて。「もっとワルになってほしい」と秘書に言ったこともあります。ただ、今回の判決を暗黒の世界への入り口だと、健全な国民だと感じるでしょう。政治家に全てをやれとまる投げする国民の体質が大きな問題です。もう、殆どの国民は諦めたのでしょうか? 折角、政権交代を成し遂げたのに、ちょっと、民主党がだらしないと諦めてしまう。ナチスと戦ったレジスタンスのような運動が必要でしょう。

05. 2011年9月29日 07:46:15: Kj0LzQlOJk
これが石川議員の本心だとすると認識が甘いと言わざるを得ないなあ。
今後の法廷闘争への影響を考えて敢えてこうした発言をしたのかも知れないけど

06. 2011年9月29日 07:58:37: llLgnMQvCw


>>。ヨ検察は水谷建設に騙されている!」―石川知裕議員 

知裕、たたかう気があるのか! 
ヌルイ寝言は寝てから言え!
子供を特攻させて生き延びた破廉恥国家なんだぞ!


戦前、特高警察の拷問などで命を奪われた人だけでも1697人以上。
戦後
日本国民弾圧虐殺の張本人が57人も国会議員になった異常な国家。

天皇制下の侵略強盗戦争時代、国民弾圧が常態化していた。

平和、自由、民主主義、人権…を抑圧し歴史を逆流させる「復旧派」を告発。
治安維持法によって逮捕されたものは数十万人、虐殺80人余、 送検75,681人、実刑5,162人に及ぶ。

http://esashib.web.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
戦後は実に戦前の延長に過ぎない。
戦前は今も生き続けている。
「歴史観」あるいは「歴史認識」という言葉がある。これは個人的な判断だと長く思ってきたが、実はそうではない。太平洋戦争の敗北によって新たな日本になったと思っている人がほとんどだろうが、単にたまたま負けた、つまりちょっと「ブレた」だけで、行政も国家も日本という国のコンセプトも変わっていないということをどれだけの人が知っているだろうか。
http://www.amazon.co.jp/%E5%91%8A%E7%99%BA%E6%88%A6%E5%BE%8C%E3%81%AE%E7%89%B9%E9%AB%98%E5%AE%98%E5%83%9A%E2%80%95%E5%8F%8D%E5%8B%95%E6%BD%AE%E6%B5%81%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B3%89-%E6%9F%B3%E6%B2%B3%E7%80%AC-%E7%B2%BE/dp/4889008357/sr=8-1/qid=1169506815/ref=sr_1_1/249-3098924-0697153?ie=UTF8&s=books
特高官僚は「休職」扱いで多くが復権、
要職についた。柳河瀬精氏の調べによると、国会議員には次の54人がなった。
当選順、主な特高歴
大久保留次郎・警視庁特高課長、増田甲子七・警保局図書課、松浦栄・秋田県特高課長、大村清一・警保局長、鈴木直人・広島県特高課長、岡田喜久治・警視庁外事課長兼特高課長、青柳一郎・熊本県特高課長、鈴木幹雄・警視庁特高部外事課長、中村清・京都府特高課長、西村直己・静岡県特高課警部、館哲二・内務次官、町村金五・警保局長、池田清・警視庁外事課長・警視総監、今松治郎・警保局長、大麻唯男・警保局外事課長、岡田忠彦・警保局長、岡本茂・新潟県特高課長、河原田稼吉・保安課長・内相、菅太郎・福井県外事課長兼特高課長、薄田美朝・大阪府特高課警部・警視総監、田子一民・警保局保安課長兼図書課長、館林三喜男・警保局事務官活動写真フィルム検閲係主任、富田健治・警保局長、灘尾弘吉・内務次官、丹羽喬四郎・京都府特高課長、古井喜実・警保局長、山崎巌・警保局長、吉江勝保・滋賀県特高課長、相川勝六・警保局保安課長、雪沢千代治・兵庫県外事課長、橋本清吉・警保局長、保岡武久・大阪府特高課長、伊能芳雄・警視庁特高課長、大達茂雄・内務相、後藤文夫・警保局長、寺本広作・青森県特高課長、広瀬久忠・内務次官、大坪保雄・警保局図書課長、岡崎英城・警視庁特高部長、唐沢俊樹・警保局長、纐纈弥三・警視庁特高課長、亀山孝一・山口県特高課長、川崎末五郎・警保局図書課長、高村坂彦・鳥取県特高課長、重成格・警保局検閲課長、増原恵吉・和歌山県特高課長、桜井三郎・警保局事務官ローマ駐在官、湯沢三千男・内相、安井誠一郎・神奈川県外事課長、奥野誠亮・鹿児島県特高課長、古屋亨・岩手県特高課長、金井元彦・警保局検閲課長、原文兵衛・鹿児島県特高課長、川合武・長野県特高課長


07. 2011年9月29日 08:02:53: Dw3Lcst19E
石川よ

「やられたらやり返せ。」

ただ、それだけだ。


08. 2011年9月29日 08:07:53: Dw3Lcst19E
 (07へ補足)

 無論、法的になのだが、

控訴だけではやはり生ぬるい。
本当に日本を変えるのなら、やり返さなくては何も進まない。

 現在、それができるのは、あんたたちだけだ。


09. 2011年9月29日 08:19:44: sWDtD0HhJI
石川議員を応援している。

ただここの何人かのコメント者がおっしゃられているように、その認識は甘いと感じる。相手は腹の底から悪意と利権で動いている。裁判官が真実を追求し公判を開いているわけでない。こんなヤツら全く信頼できる人間ではない。

もろに検察、裁判官を攻撃するのはまずいかもしれないが、相手の本性を認識して今後対処してほしい。


10. 2011年9月29日 08:25:17: yaBD8szKA2
元福島県知事汚職の時も水谷建設の名前がなかったかな?
私の勘違い?
その時も東京地検だったと思うけと

11. 2011年9月29日 09:38:01: 2tgOEBFfnP
石川も甘いが、彼の弁護士も頼りない。
検察や裁判所に対する彼らの憎しみが少しも伝わってこない。
彼らはまるで人事のようだ。
テレビで会見する弁護士ををはじめて見たが、彼はいったいどこから声を出しているのか?迫力が少しもない。会見するからには、ポイントをよく整理して相手を圧倒しなければならない。公判でも水谷建設の問題にしても、不記載・虚偽記載の問題にしても積極的に具体的な弁論を展開したようには見受けられない。
水谷問題も、金の流れの実務も絶対軽視してはならないのに、
これから彼らはどのように闘おうとするのか?


12. 2011年9月29日 09:45:53: FQuprmjf0A
10さんのおっしゃるとおり

水谷建設は検察に首根っこをつかまれた会社、検察のいいなり。
福島県の佐藤栄佐久前知事のときもそのとおり、根拠のない証言を検察のいいなりにした人物。それも刑務所の中から。

冷静に「推認」すれば、石川議員と水谷建設、ウソを言っているのがどちらかは明らか。

もはや日本の裁判所などこの世の存在する価値はない。


13. 2011年9月29日 10:17:53: ATRXZdmC92
検察は水谷建設社長の背任の証拠をつかんでいるのではないかと推測する。その証拠の存在をちらつかされれば、検察の言うなりになるのは自然だからだ。

14. 2011年9月29日 10:28:09: LKDXLDHvSk
石川さんには、権力のない水谷を悪者にする発言がせいいっぱいではないでしょうか?

あんまり踏み込んだ発言すると、マスコミや司法権力から倍返しで戻ってきますよ。
ない事実だって作れる、想像で人を犯罪者にできる無敵集団だから。
この国では、彼らが法律なのですよ。

裁判を控えている身では、司法を刺激する言葉は言えないでしょう。

本来監視の立場である新聞、マスコミが機能していれば、世論を味方につけられるところなんですけどね。
この国は野蛮な無法国家なのです。


15. 2011年9月29日 10:49:58: LeJdDOFziU
>11
そのとおり

石川の顔付きを見ても何かイマイチ。

これで小沢の秘書をよくやっていたな

裁判は勝つか負けるかだけ

水谷の受け渡し日の決定的な
アリバイが出せないようでは

勝てない。
レシート1枚で負けるようでは
甘すぎ
あとから悔しいとか言っても
意味なし

さっさと弁護士を変えて
作戦変更して
戦え。


16. 2011年9月29日 12:07:11: rO8NnUeo5U
石川氏をたしなめるような投稿が多いと感じますが、彼は被害者です。

自分に置き換えれば分かると思いますが、普通に生活していたのに思い出せもしない何年も前のスケジュールを問われ、有りもしない罪を急につきつけられて、強く行けと言われてもそれが出来るでしょうか。

ただ唖然とするばかりで、どうして自分が多額の裁判費用を払い悪者扱いされなければならないのか。

理不尽極まりないと思いますが。

結果はプロである弁護士の責任だと思います。

オウムサリン事件で被害者なのに犯人扱いされ連日叩かれ続けた方の気持ちと同じではないでしょうか。

自分だったらと考えると石川氏や大久保氏達が気の毒でなりません。

石川氏の秘書も普通のパートさんです、検察の取り調べで今でもトラウマになっているとのこと、いつ一般人である私達にも降りかかってくるかわかりません。

責めるべきは国家権力を利用し冤罪を作り上げて行く組織です。


17. 2011年9月29日 12:19:34: BIgfJMRMNE
>03さん

>「控訴審の裁判では必ずいい判決を受けることができると思っております。」って、仮に2審で多少引き戻しがあったとしても、最高裁では必ずやられる。

その為にも「戦い続けるなら弘中氏か郷原氏といった弁護士に変えた方が良い」とは思っているんだけど、石川は変えようとするそぶりも見せない。
本当に断固戦い無罪を勝ち取る心構えがあるのか?というくらい悠長に構えているね。


18. 2011年9月29日 13:03:23: W6vVdyixhE
ブログで小沢を擁護しているだけで
一時最高100通を超える嫌がらせメールが来たほど。
粘着が絡み付いてこちらが何も言う気がなくなるほど苦しめる。
大変だよ。小沢のそばにいるのは。
小沢に味方するだけで殺しても良いと本気で考えているよ、彼らは。
いったい誰なのか、その顔、経歴が全て見たいね。

石川はもしかしたら絶対に負けること、小沢も有罪或いは辞職を余儀なくされることを
予測しているかもしれない。
のんきな顔をしていられるだけ、強いかもしれない。
ただし、結論が出るまでには時間がある。
その時間が日本にとっては取り返しのつかない貴重な猶予。
忍従しながら抵抗を最低限にして、短い時間を最大限生かすしかないのだと思う。


19. 2011年9月29日 13:35:30: LeJdDOFziU
>16
石川も小沢の秘書をやっていたなら

毎日の行動表ぐらいはつけておくべき
石井のピンさんみたいに
手帳の覚えで検察のずさんさが
ばれる場合もある。
普通の会社員でも卓上日誌等はつける。
まして政治家それも小沢の秘書なら
小沢の行動表と自分の行動ぐらい
記録をつけろと言いたい。
それとも都合が悪く出せないのか。

自分の裁判の経験からやはりどんな小さな記憶でも
物証でも有利になる場合もある
後付?レシート1枚くらいの物証に負けるとは
情けないわ・・・


20. 2011年9月29日 13:58:46: CIYA8pTKrQ
石川氏も小沢氏も、はっきり言って人間が良すぎる。

先ずはヤメ検弁護士から換えるべき。


21. 2011年9月29日 14:07:00: 0J1kG32x1M
http://www.kanshin.com/keyword/5355685
水谷建設の1億円は内容がヒド過ぎて裁判で却下されたので、レシートは裁判長がつじつま合わせに利用しただけなのでは?

水谷社長が大久保さんに初めて会ったのは議員会館だと証言したけど、
大久保さんはもう一つの事務所担当でウソだとバレたし。
逮捕した時に大久保さんの顔も知らなかった検事達もおかしい。

マスゴミがこの「日刊ゲンダイ」のように裁判経過を正確に報道をしていたならこんなウソは通用しなかった。

私も石川さん達3人に同情します。ご家族も気の毒です。
小沢さん側のマスコミ対策の下手さ加減にいつもイライラします。
小沢さんこそもっと強力なブレーンが必要。、


22. 2011年9月29日 15:13:00: BDDFeQHT6I
上告すると言う事は一審判決が公式な判決になると言う事だ、こんな推認などと言う何の証拠にも基づかない裁判官の思い込みだけで書いた判決は徹底的に打破しなければ日本の裁判制度が崩壊する、断固裁判の無効を求める行政訴訟を起こせ。
このまま上告などしても同じ事の繰り返しに終るだけだろう、石川氏は今絶対絶命の窮地にあると言う認識を持たないと議員辞職させられるはめになる。
それから弁護士は替えた方が良いだろう、起訴事実と乖離したあたかも贈収賄事件の裁判の様な法廷運営を許す弁護士では勝てる裁判も負けてしまう。

23. 2011年9月29日 15:19:13: LeJdDOFziU
「控訴」は第1審に対する不服申し立てで、「上告」は第2審に対する不服申し立てのことをいいます。またこの「控訴」と「上告」は「上訴」とも言います。

24. 2011年9月29日 15:55:04: 6mp0wtFJYz
西松の時に検察が大久保さんが家族と住む自宅に家宅捜査に入る映像がニュースで流されました。

築二十年以上は経っていそうな小さなアパートでした。

岩手なら家賃3万位だと思います。

もちろん住む所で差別するつもりはありませんが、このアパートに住む大久保さんと天の声は余りにも不釣り合いに感じたものでした。


週刊朝日の大久保さんのインタビュー記事を読んで、彼の実直な人柄がひしひしと伝わって来ました。

今までは、裁判に影響する事を考え公の場は避けていたようですが、これからは三人の元秘書の方達はどんどん出るべきです。


特に大久保さんの真面目さは世論を動かす力があると思います。


やり方を変えなければ結果は同じですよ。


25. 2011年9月29日 16:54:52: BIgfJMRMNE
>20さん

小沢はまだ主任弁護士に弘中弁護士を添えているからまだ良いけど、問題は石川の方だね。


26. 2011年9月29日 17:54:32: 1WOIjZNs0I
・秘書三人が有罪【生方幸夫「今日の一言」】

http://ubukata.news.coocan.jp/cgi-bin/blog2/diary.cgi?no=395


27. 2011年9月29日 19:01:56: BhyQOAqhLo

石川はどこまで言い逃れをするのか。
卑怯にもほどがある。

水谷建設から小沢側への裏献金供与は、裁判での数多くの証言と物証によって事実認定されたのだ。

@ 水谷建設の元会長が小沢側への献金供与を了承し、金の用意を指示したと裁判で証言。

A 2004年10月、公共工事受注の見返りとして石川被告に5000万円の裏金を渡す際、現金の運び役を務めたとされる尾納忍元専務(56)が、証人尋問で、同社の元会長から現金の運搬を指示されたと証言。

B水谷建設元社長は、平成16年の10月15日に赤坂のホテルで5000万円を石川に手渡したと具体的かつ詳細に証言。

C 関連会社の社長が、水谷建設元社長が石川に手渡した現場に同席したと証言。

そして物証としては、当日のJRの領収証、ホテルの領収証がある。

以上のような証拠(裁判での当事者による証言は直接証拠)に基づいて、裁判所は水谷建設から小沢側への裏金供与を事実認定したのだ。

石川は潔く謝罪し、議員を辞職すべきなのだ。



28. 2011年9月29日 19:48:45: g9jLm1zljE

議論は言い尽されたと思います。自民・公明・その他の野党の議員たちは、政敵が有罪になって大喜び
でしょう!公正な裁判だったのか?正当性有るのかは、全く関心有りません。

司法行政とマスゴミの集団リンチを擁護したのですね。文明国家ではない。


29. 2011年9月29日 20:50:46: BhyQOAqhLo
>>28
>議論は言い尽されたと思います。

そのとおり。

>>27で述べたとおり、水谷建設から小沢側への裏金供与はかずかずの証拠で認定された事実。

これ以上議論の必要はない。


30. 2011年9月29日 20:52:06: yWEnOWGRHA
検察側の証人は嘘を言いました。何か弱みを握られていたのです。偽証すれば不問に付すと言われたはずです。今までの検察の手口から、そう推認(!)されます。

31. 2011年9月29日 21:01:20: BhyQOAqhLo
>>30
>検察側の証人は嘘を言いました。

4人もの証人がすべてウソをついたというのか。

ウソだと断言するなら、証拠を示すべきだが、お前は何も示していない。
つまり、お前のほうこそただのウソつきなのだ。

そして裁判で宣誓の上で証言を行なった人たちへの名誉棄損でもある。

気に食わない証言はすべてウソだと根拠もなく決めつける小沢カルト。
生きていテ恥ずかしくないのだろうか。



32. 2011年9月29日 23:12:09: g9jLm1zljE
>>29 ,27,31 BhyQOAqhLo 
28ですが、おたくみたいな卑怯人間と一緒にしないでくださいね!

経理・総務担当の経験者でした。だから、石川議員の証言内容を信じております。

給与が税金の公務員は世間知らずですね。社会の荒波で生きる一般人の苦労は理解できないでしょう。

水谷建設が「脱税処理」で捻出した裏金は、「簿外資産」となります。会長がお金を用意した。社長が
献金したけど、簿外記載が無いっなんて!あり得ないね!金庫のお金が記憶で使いえる会社?冗談でしょ!

二重帳簿を証拠としての提出が無いと、信用できませんね!


33. 2011年9月29日 23:18:12: 0J1kG32x1M
http://www.kanshin.com/keyword/5355685
記者クラブメディアに洗脳されているおバカ工作員さん。
どうせ自分の頭で考える力がないから、毎回、毎回同じことの繰り返し。
どこに証拠があるのか説明してください。
裁判を見たわけでもないのに、よく断定できますね!
検察側の調書は却下されて、全ては、裁判官の憶測で書いているのですよ。

さっき、BS11「INsideOUT」に石川議員が出演して説明していました。
社長に会ったことがないのは担当検事も承知していると。(再放送あり)それなのにどうして裏カネを受け取ることが出来るのですか?
これは、1億円の裏カネを断定して報じたメディアにも質問したい。

2011年9月29日 20:56:15: BhyQOAqhLo
水谷建設からの裏献金が数々の証拠によって裁判で事実認定された以上、小沢は闘ってももはや勝ち目はない。
これまでどおり、小沢は逃げ回るだけだろう。


34. 2011年9月29日 23:54:13: 0J1kG32x1M
http://www.kanshin.com/keyword/4304981
こんなお粗末な裁判だから、裁判官も判決文をねつ造するのに苦労したでしょうね!これは後世に汚点を残す司法の大スキャンダルです。
今後、裁判官もその家族もその罪を背負わなければならないから気の毒ですが、石川議員が判決後に挨拶にいった検事達がニタニタしていたそうです。マスゴミ共々、腐った悪魔です。

日刊ゲンダイ 2/9 【水谷建設社長車の運転日誌が語る真実】
何から何まで怪しい5000万円
≪本件は一体、何の事件なのか≫ 
東京地裁で始まった「陸山会」事件の初公判で、石川議員らの弁護側は冒頭から検察の立証姿勢を厳しく批判した。
 弁護側が怒るのもムリはない。今回の事件は、政治資金規正法違反事件であって、脱税や贈収賄事件ではない。簡単に言えば「陸山会」の不動産取得について、収支報告書の記載時期が「2カ月ほどズレていた」だけ。今までは修正報告で済んでいた話だ。それなのに、、検察は事件と直接関係のな「水谷建設からの裏金1億円」の立証に固執する。これは異例の展開だ。

「今回の裁判で検察、弁護側双方が申請した証人は14〜15人。うち、事件に関係ある証人は取り調べ検事と銀行員の計6人だけ。残りは全て水谷建設がらみです。起訴事実と直接関係のない“別件”の証人が大半を占める裁判など前代未聞。弁護側が『このような立証は断じて許されない』と断じたのも当然です」(司法ジャーナリスト)
その裏金疑惑にしてもすでに「論理破綻」しつつある。検察のネタ元となった水谷建設の水谷功元会長は本紙などに「知らない」と話しているし、弁護側は初公判で新しい証拠を突きつけた。

★裏金の原資も不可解
「検察は04年10月15日午後に 東京・赤坂の全日空ホテルで水谷建設の川村尚社長が石川に5000万円を渡したと主張している。しかし、社用車で川村を運んだ運転手の日誌があるのです。
それによると、04年の日誌で行き先に『全日空ホテ』の記述があったのは6月、9月、10月4日の三回だけ。1月15日は真っ白でした。(前述のジャーナリスト)

「裏金」の原資も不可解だ。検察は水谷建設が「中古重機売買架空計上で捻出した」というが、関係者は首をヒネッている。
水谷建設では06年に総額約11億4000万円に上る脱税事件が発覚した。
水谷元会長も所得法違反で逮捕・起訴されました。
この事件で主な捜査対象となったのは03〜04年の経理処理。04年といえば、ちょうど裏金と同じ時期です。
しかし、検察や税務当局が帳簿をスミズミまで調べたのに、水谷元会長をはじめ、当時の会社幹部の調書に『中古重機の架空売買計上による裏金捻出』話は一切ありません。それが今回、突然『裏金捻出の手口』として、出てきたのです。(司法記者)検察の描く「ストーリー」に客観性は感じられない。


35. 2011年9月30日 00:07:10: 7FqrdBIszA

石川知祐さん、お疲れ様でした。
やはり弁護士の先生替えたほうが良いと思います。
辞め検はよくないとの評判です。
頑張ってください、応援しております。

36. 2011年9月30日 00:23:17: BhyQOAqhLo
>>32
>二重帳簿を証拠としての提出が無いと、信用できませんね!

それはあなたの個人的な思い込みにすぎない。
犯罪を記録した裏帳簿を残しておく??

合理的に考えればありえません。
見つかれば、脱税と贈収賄の証拠になるんですよ。

私が知っている会社では、社長が残金を書いただけのメモで管理していました。
そうしている意味は、脱税での摘発の予防です。


37. 2011年9月30日 00:33:32: 0J1kG32x1M
http://gendai.net/articles/view/syakai/128721

「石川議員」の「イ」の字も知りません→水谷元会長

ウソを垂れ流し続けて、国民を洗脳する全員に質問します。

社長も会長も、石川議員を知らないのに、
どうして5千万円もの裏カネを渡せるのですか?


38. 2011年9月30日 00:36:36: NrdNmBGimQ
 小沢さんもあの弘中弁護士師をつけてまでも有罪になった。これはとんでもないことだ・・と新聞で叩かれることは目に見えています。今後この事実に対して毅然とおかしいと言える政治家が小沢派の中でいるかどうか?意外とこの事に対してきちんと反論できるのは民主党ではなく田中康夫さんではないかと思う。

39. 2011年9月30日 01:20:06: 0J1kG32x1M
36 ←裁判官同様、ねつ造好きみたい。

水谷側は、裏金作りの経過を説明して、帳簿はあると証言しましたよ。
その中には3億1千万円の自民党?への裏カネがあるので、裁判官は都合が悪いから隠しています。
裁判を傍聴していればハッキリしているのに、マスゴミは自分たちのウソがバレルから一切報じない。


40. 2011年9月30日 07:27:11: LeJdDOFziU
>38
弁護師
って詐欺師みたいじゃないか

弁護士。

で、
やはり石川の弁護士は替えるべき
勝ちたいのなら。


41. 2011年9月30日 09:16:22: wLzLwQjRoc
まったく、検察やら裁判所は日本の荷物だ。

なんでこんなのにカネ払って食わせなきゃいかんのか。


42. 2011年9月30日 09:19:04: BhyQOAqhLo
>>39
>水谷側は、裏金作りの経過を説明して、帳簿はあると証言しましたよ。


下記の証言のことを言っているのだろうが、証言は過去形だ。

「裏金を渡す際には1人では行かず、帳簿を作って厳格に管理するの
が会社のルールだった。」

かつてはそういうルールだったのだろう。

だが脱税や贈収賄の摘発を恐れて「ルール」を変えることは十分考えられる。
むしろ、裏帳簿がない方が合理的なのだから。
それは、>>36で説明した通り。

つまり公判で、あるのかないのかもわからない裏帳簿が提出されなかったから信用できないというのは、あなたのイチャモンでしかない。
弁護側も公判で裏帳簿を要求していないのだ。


43. 2011年9月30日 09:38:33: ZrMDpsyito
石川氏が5000万もらったのが事実なら、なぜ贈賄した側の水谷建設社長を検察は逮捕起訴しないのか。
めちゃくちゃな検察と裁判所。まさに日本暗黒村だ。

44. 2011年9月30日 09:43:05: LeJdDOFziU
だから石川は

顔も知らないというのだから

それを実証するための

アリバイを出すべきだった

石井ピンの手帳にゴルフの予定を書いていたように

石川の当日の行動がわかればレシートなど

糞の役にも立たない。


45. 2011年9月30日 11:45:29: BhyQOAqhLo
>>43
>石川氏が5000万もらったのが事実なら、なぜ贈賄した側の水谷建設社長を検察は逮捕起訴しないのか。

贈賄罪も収賄罪もすでに公訴時効となっている。
だから、贈賄罪や収賄罪で小沢側も水谷建設も起訴されていないのは当然だ。

そして時効になり、贈賄罪に問われることがなくなったからこそ、贈賄側が安心して裁判で真実を証言し、事実が明らかになったのだ。

逆に言えば、小沢側の悪行が明らかになったのは時効のおかげだったとも言える。



46. 2011年9月30日 11:48:02: BhyQOAqhLo
>>44
>アリバイを出すべきだった
>石川の当日の行動がわかればレシートなど糞の役にも立たない。

石川にアリバイがあれば、弁護側は率先して出しているよ。
裁判で出てこなかったのは、石川にアリバイがなかったということ。



47. 2011年9月30日 11:48:29: g9jLm1zljE
>>36<社長が残金を書いただけのメモで管理していました。> ← ならば、そのメモの提出を願いたい!

個人事業主の工事屋じゃないでしょ!会長、社長、専務の役職を設けている水谷建設が、動機不純の裏金を
記録したら犯罪の証拠になる。小学生でも判る事ですね。証拠隠滅は正しい行為だと言いたいのか?

会社の利害関係を共有する複数の役員が証言した事で、信憑性ありと認定、有罪に違いないか!恐ろしいね!

陸山会の普通預金に入金した記録・日付は参考にならない。小沢議員の元秘書だから何か何でも有罪だ!!


48. 2011年9月30日 13:40:22: BhyQOAqhLo
>>47
>社長が残金を書いただけのメモで管理していました。

それは私の知り合いの人の会社の場合だよ。

>会長、社長、専務の役職を設けている水谷建設が、動機不純の裏金を
記録したら犯罪の証拠になる。小学生でも判る事ですね。

そのとおり。
だから合理的な頭の持ち主ならば、そんなものを残しておくわけがない。


>証拠隠滅は正しい行為だと言いたいのか?

だれがそんなことを言った?
正しいか正しくないかを言っているのではない。

上記の通り、合理的な頭の持ち主ならば、そんなものを残しておくわけがないと指摘しているだけだ。


49. 2011年9月30日 13:58:06: 0J1kG32x1M
http://www.youtube.com/watch?v=_l2Du3bpX48 
http://www.youtube.com/watch?v=ckGSrvgS75k&feature=watch_response
http://www.youtube.com/watch?v=QMr8BzG1Atw&feature=watch_response

憶測で決めつけて工作員のみなさまへ。もう理解不能なようですが、
こづかい稼ぎで仕方ないのでしょうが、出現すればするほど、
おバカぶりが失笑を誘っていますよ。、

担当検事は石川議員が水谷会長・社長と面識はないことを承知済みで、
「運び屋であることは認めよ」
これが不当裁判であることは 中学生どころか物心ついた子供だって理解できる。

石川議員が地上波出演したら、マスゴミ報道のウソがばれるので
怖くて出来ないことがよく解ります。


50. 2011年9月30日 15:27:15: aNVZH5rBxs
石川さんお疲れ様でした。これからも大変厳しい日々が続きますが、お体には気をつけてください。私のような素人でも、ネットでとことん調べれば、「水谷建設」が「原発に反対して逮捕された前福島県知事佐藤えいさく氏」の事件にも登場して、既得権益に反する「でっち上げ事件」の「便利な駒」であることは嫌でも解ります。多分、マスコミなど関係者は承知のうえで、騒ぎたてているのでしょう。まともな裁判が行われることを願っています。

51. 2011年9月30日 15:32:43: BhyQOAqhLo
>>49
>担当検事は石川議員が水谷会長・社長と面識はないことを承知済みで、

ウソをつくな。

水谷元社長は、面識があったと裁判で証言している。

元会長は、面識があったともなかったとも証言していない。

小沢カルトはなぜこうもウソをつくのか。


52. 2011年9月30日 15:43:34: LeJdDOFziU
裁判を終えてから悔しがるのなら

もっと相手の証拠証人を崩す事を徹底的にやるべきだった。

結局水谷の5000万はTBSの捏造ビデオどおりになってしまった。

いくら自分は知らないといっても

アホ裁判長はレシート1枚で検察側に有利な判決を
出せると言う事。

終ってから不当判決だ!では甘すぎ。


53. 2011年9月30日 16:56:06: 0J1kG32x1M
51 どこに面識があったと言っているのか証拠を出してください。
一億円のウソの証言をしているので、会ってなくても
会ったことはないとは言えないからそれは証拠ではない。

@http://www.youtube.com/watch?v=_l2Du3bpX48 
Ahttp://www.youtube.com/watch?v=ckGSrvgS75k&feature=watch_response

@の12:20〜A参照


54. 2011年9月30日 18:15:56: vbpo0xLfR2
 【水谷流裏金の心得】
◆裏金の準備は原則、受渡日の朝。それから三重・桑名市の本社を出ても、相手先に着ける時間にアポを入れるべし。
◆受渡日の前に裏金を持ち出す場合は翌朝一番で相手先に届けるべし。
◆現金は1人で渡さず「見届け人」を立ち会わせるべし。
◆代理人が受け取りに来たら、約束の本人に電話で確認し、代理人でも預かり証を書いて貰うべし。


55. 2011年9月30日 19:14:28: dcJtHQYwT2
水谷自体が陰謀でっち上げの演技者で、その後ろにはとてつもなく黒く悪どいクズが控えているのだ。この栄えある日本村では、役人は税金にたかりまくる寄生虫、司法はペテンはったり機関、警察は制服着ただけの公務員ヤクザ、暴力団は私設ヤクザだ。右向いても左向いてもこんな不正で怖い手合いだらけのニポン、一体いつになったらまともな平和な人間の社会になるのだろうか。おそらくもうそうはならないだろうから、いっそのこと国民すべてがヤクザ、チュウピラ、チンピラ、ミニピラになり、皆入り乱れて戦い合うことだ。そして、本当にこの実にケチ臭く不正だらけの悪党極道島日本列島を爆発炎上させて、ピリオド打たせることだ。片や放射能汚染がバンバン進んでいることもあり、権力者らは極道そのものなので、もう日本がまともに復活することなど不可能だろう。

56. 2011年9月30日 19:42:19: LeJdDOFziU
2005年12月水谷子会社の助成金不正受給で
検察のガサ入れが社長宅にも入って
このときに例の金が見つかっていたらしいが、

検察との口裏あわせでは
善良な?石川ではまともに
勝てないか。
人が良過ぎるのも時と場合だ。


57. かちかちかち404 2011年10月01日 11:22:39: U6OSA/5xjcB0U : 6zkj8RmX6Q
これは作られた事件です。その、源流はどこか。作られた事件で、誰かが社会的位置を壊される事を憎みみます。小澤総理ができたら、増税路線を選ばない。財務相の敵です。財務省の事務次官はもし「増税」とくに「消費税」の増税ができたら、その次官の生涯の手柄になり名を残せる筈です、小澤系は潰さねばならぬ。この裁判は、その標的です。「電力は不足してる」。これは嘘だった。「日本の政府に金はない」。これも嘘、各省庁に、毎年の剰余金がプールされていて、40兆も50兆もある。レンホ―さんでわ、掴み出せない金です。ですから小澤を潰すのが、財務省の願いである。これが裁判を動かす源流。登石はそれの末端で動いた人。この状況のどこから崩していけばよいか。野田政権の法務大臣の履歴を聞いた時から、私はこの判決が心配でした。彼らもまた国民の声に弱い。とりあえず大きな【デモ】しか思いつけない。

58. 2011年10月01日 17:02:39: Zc4LsHROVM
石川議員には日本の民主主義を守ると言っても元々日本には民主主義はなかったのかもしれないが、是非控訴して無罪を勝ち取ってもらいたい。
プロ野球でも審判の判定を出来るだけ正しいものにしようとビデオ判定を取り入れるようになったのに、日本の裁判所は相変わらず冤罪製造元です。
時代に逆行するような、推論、証拠もなしに有罪にした裁判所をこらしめられるのは国民の厳しい目と団結しかありません。
本当はマスコミがまともであれば、こんな裁判長の出てくる余地がないところなんですが、今のマスコミには失望の連続です。

59. 2011年10月01日 19:05:19: Lgy1VkOIHk
石川には結婚を機に

もっと逞しく図々しくなって欲しい

人の良い政治家などいらない

したたかさをもっと

小沢さんから学んでいくべき

検事と仲良くなる必要はなし

こいつらをもっと徹底的に
裏切って叩きのめすこと。

食うか食われるかだ。


60. 2011年10月01日 19:34:38: P4EUT4j7uk
>>53
> どこに面識があったと言っているのか証拠を出してください。


下記の通り、元社長が裁判で証言している。


── あなたは石川被告人と面識がありましたか

「はい。パーティーにお邪魔した時や、議員事務所に行ったときに挨拶をしたと思います」

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/05/10_6.html



61. 2011年10月02日 01:04:49: Kf9MoiQtPk
この裁判では虚偽記載の他に水谷裏献金を裁判官はあったとしていますが
検察側証人の水谷元社長側も弁護側証人の水谷元会長、元運転手側の話は食い違っていたのは事実。(運転手はホテルまで送っていないと答えている)
どちらが正しいはともかくして当事者のコメントだけで第三者の証言はない。
特に水谷元社長側は被告側にホテルで会ったと証言しているがそれを見た第三者はいない。 物的証拠とした喫茶のレシートもホテルに来た事になるのかもしれないが被告側と会ったという証拠にならない。
ホテルのオープンエリアの喫茶なのだからそこで裏献金があったとするならばもう少し状況証拠(例:その場を見ている第三者(他の客)、ウエイトレスの証言など)を積むべきである。
それだけで裏献金があったと断定する裁判官の主張は無理があると思われます。
裁判官は自分のくだした量刑理由の根拠を示すのであれば裁判の中でもっと第三者の証言を検察側に求めるなどすべきだったと思います。
地裁の裁判官は議事進行も量刑説明もする能力がなかったが
次の高等裁判所ではまともな裁判官がきちんとした裁判をしてくれる事を望みます。

62. 2011年10月02日 09:46:37: JxPiuxSdlw
>>61
>検察側証人の水谷元社長側も弁護側証人の水谷元会長、元運転手側の話は食い違っていたのは事実。

捏造してはいけない。

元社長は、タクシーだったかもしれないと証言している。
だから証言に食い違いはない。


>それを見た第三者はいない。

これもウソだ。
関連会社の社長が受け渡しの現場に同席したと証言している。


捏造してまで小沢を盲目的に擁護する小沢カルト。
4億円の原資の説明を三転四転させた小沢と同じで、捏造とゴマカシばかりだ。

国民の敵である。


63. 2011年10月02日 14:49:28: vbpo0xLfR2
裁判で検察調書を却下したのに、裁判長が一方的に推測して1億円の裏金を認めたからこの社長も今後、ウソがばれて窮地に立たされてしまいますよ。
大きいことを言えるのは今のうちだけ。
http://www.youtube.com/watch?v=_l2Du3bpX48 
http://www.youtube.com/watch?v=ckGSrvgS75k&feature=watch_response 
http://www.youtube.com/watch?v=QMr8BzG1Atw&feature=watch_response
 
【水谷流裏金の心得】
◆裏金の準備は原則、受渡日の朝。それから三重・桑名市の本社を出ても、相手先に着ける時間にアポを入れるべし。
◆受渡日の前に裏金を持ち出す場合は翌朝一番で相手先に届けるべし。
◆現金は1人で渡さず「見届け人」を立ち会わせるべし。
◆代理人が受け取りに来たら、約束の本人に電話で確認し、代理人でも預かり証を書いて貰うべし。

64. 2011年10月02日 18:59:08: Kf9MoiQtPk
>>62.

>それを見た第三者はいない。
※これもウソだ。
※関連会社の社長が受け渡しの現場に同席したと証言している。

別に捏造もうそも言ってません。
関連会社の社長は元水谷建設社長側の関係者です。実質当事者です。
そのような当事者の発言ではなく私の言っているのは全くの第三者です。
例に上げたようにホテルにいた別の客や喫茶のウエイトレスなどの証言。
そのほうが裏献金があったというのであればより説得力のある根拠となると思います。


65. 2011年10月03日 13:35:54: Kf9MoiQtPk
>>62

>検察側証人の水谷元社長側も弁護側証人の水谷元会長、元運転手側の話は食い違っていたのは事実。
※捏造してはいけない。
※元社長は、タクシーだったかもしれないと証言している。
※だから証言に食い違いはない。

上記の件ですがTHE JOURNAL の陸山会公判傍聴記などで以下のように記述されています。
── 川村社長はこの公判で、全日空ホテルへの交通手段について『社用車かタクシーで』と答えていますが

社用車を使ったというのであれば元運転手との話とはくちがいがあります。
検察は元運転手が元社長をホテルに送った日を10月15日にしたかったようですが元運転手は否定しています。
また、タクシーの場合においても領収書などの根拠の提出がありませんでした。
裏献金を渡すのに証拠(タクシー領収書)を残さないという意見もありますがそれではこの裁判においてホテルへの移送手段を示す根拠はなにもなかった事を示します。
領収書はなくてもタクシー会社への確認をしたという話も聞きません。(数年前なのでタクシー会社にも記録はないのかもしれませんがそれでは実証できなかった事になります)
ですのではっきりした明らかな証拠がないのであれば状況証拠をもう少し積み重ねて説得力のある丁寧な量刑理由が話せるように裁判官は検察側に根拠となる説明を追加で求める必要があったと思います。
いずれにしても検察側証人と被告側ではホテルで会った、会わないと食い違いがあるのは事実。
会ったかどうかは当事者ではなく第三者の証言があったほうが説得力があるので本当に会っているのであれば以前記述したように全くの第三者(ホテルの他のお客や、喫茶のウエイトレス)の証言があったほうが説得力が深まると思います。
上記のように今回の裁判官は議事の進め方も悪く、量刑理由も推論ばかりだったのは事実です。(本人も推認という言葉を連発しています)
有罪、無罪、量刑について説得力のある説明ができる判決、裁判の進め方を裁判官にはしていただきたいものです。


66. 2011年10月03日 14:23:54: vbpo0xLfR2
7/14 証人をゾロゾロ出廷させながら根底から崩れ去った 検察の「裏金献金」シナリオ
 【裁判官も突き放した“証言”の薄さ】
 東京地裁が「決定書」で完全に無視した水谷建設からの裏金問題。大新聞テレビの司法記者はマッ青だろうが、「陸山会裁判」の公判経過を見ていると当然の結果だ。検察が証人で呼んだ水谷建設関係者の証言は,どれもクビをひねるような内容ばかりだったからだ。
 最大のヤマ場とされたのは、衆院議員の石川知裕被告(38)に5000万円を渡したと主張する水谷建設の川村尚・元社長(53)の証言だった。新証言が飛び出すのかと、大新聞テレビの記者が大挙して法廷に押しかけたが、“空振り”。川村氏が、検察の主張に沿って一方的に「カネを渡した」と繰り返しただけだった。 「川村氏は、本社のある三重と東北出張が重なった超多忙の合間を縫って、5000万円もの大金を運んだと証言しました。顔をよく知らない石川被告とひとりで会い、カネを“依頼”されたとする大久保隆規被告(49)に対し、届けたという連絡もしていません。つまり、何から何まで全てひとりで行動したことになっている。何の具体的証拠も示さず、『渡した、渡した』と言っても、到底、信じられないのです」(司法ジャーナリスト)
 空想で語れる証言だったのだ。あやふやな証言をしたのは、他の検察側証人も同じである。「三重の本社金庫から東京にカネを運んだとされた尾納忍・元専務(56)は、弁護側にカネの重さを問われたとたんにタジタジになり、『すみません』などと言い出す始末。運んだ現金も、検察調書では『川村元社長に渡した』となっていたのに、公判では『東京支社の金庫に入れた』と証言が変わりました。裏金を管理していた中村重幸・元常務(60)も、裏金の支出額や相手先などの詳細について『帳簿もメモもなく、記憶していない』とトボケながら、なぜか小沢側に5000万円ずつ、2回支出したことだけは覚えていた。あまりに不自然なのです」(前出のジャーナリスト)
 2度目の裏金授受現場に「同席した」という「日本発破技研」(大阪市)の山本潤社長(56)も、公判で「授受の現場はずっと忘れていた」と証言し、裁判長から「政治家に金を渡すような重要な場面をなぜ忘れるのか」と突っ込まれている。「裏金」に絡む検察側証人の証言はそろって“不自然”極まりなかったのだ。
 この程度のあやふやな材料をもとに、東京地検特捜部は大マスコミと一緒になって裏金疑惑を騒ぎ立てたのだから、驚きだ。裁判所が無視して却下したのは当然である。しかも、残った政治資金報告書の虚偽記載という瑣末な部分においても、裁判所は大半の調書を取り下げた。つまり、「陸山会事件」は、事件そのものが根底から音を立てて崩れ去ったのである。 「検察の作り話」に騙(だま)されて、その後、小沢元代表を強制起訴した検察審査会の市民11人は、どんな思いで今回の裁判所決定を聞いたのだろうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧