★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120 > 642.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP参加への米国大統領からの圧力=「TPPに関する私の立場は分かっているよな」発言を“封印”した野田政権
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/642.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 10 月 14 日 15:54:26: Mo7ApAlflbQ6s
 


共同通信の記事や植草氏のブログには書かれているようだが、静岡新聞ネタは珍しいと思われるので引用させていただく。

 TPP問題そのものについては別稿を考えている。

※ 鹿野道彦農相は民主党代表選で野田氏を選択したと記憶しているが、TPPは日本の今後を大きく左右する重要政策なのだから、そこで考え方が違うひとを選択するというセンスはどうだかねと思ってしまう。
=============================================================================
静岡新聞10月12日朝刊P.3


『表層深層

 野田政権は11日、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加問題をめぐる政府、与党内の調整を本格化させた。参加に前向きとされる野田佳彦首相は1カ月後に迫るアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までに決着させる意向。参加を求めるオバマ米政権の「外圧」と、与党や閣内の慎重論の闇で「板挟み」となる中、首相の党内融和路線は正念場を迎える。


TPP参加 首相板挟み

強まる米圧力 閣内に慎重論


 「TPP問題は11月がヤマ場になる。これまで安全運転で来ているが、TPP問題を含め難局を乗り越えたい」。首相は11日午前、民主党の最大支持組織である連合の古賀伸明会長と官邸で向き合い、TPP問題解決への強い意欲を示した。

同床異夢

 この後、政府は経済連携に関する閣僚会合で議論を開始。会合では、推進派の玄葉光一部外相と慎重派の鹿野道彦農相が結論とりまとめの時期をめぐり早速衝突した。ただ首相は出席を見合わせ、藤村修官房長官も記者会見で内容紹介を最小限に抑えた。首相出席の場で、のっけから閣内の「同床異夢」ぶりが露呈するのを避けたかったからにほかならない。

 推進派の古川元久戦略担当相らは「最大のハードルは農業問題」と分析。8月に中間提言を出したばかりの政府の「食と農林漁業の再生実現会議」による農業再生に関する基本方針を、10月下旬にとりまとめる方向で調整を始めた。決着の時期に合わせて「農業の再生と高いレベルの経済連携は両立できる」とのお墨付きを出すためで、首相が10日に群馬県で先進的な農業の取り組みを視察したのも、このシナリオに基づく。

 一方、ある官邸筋は鹿野氏が「農業再生とTPP問題は切り離す」との言質を首相から得ていると指摘、基本方針の策定が交渉参加に必ずしもつながらないと強調した。

 首相にとって厄介なのは、交渉参加の是非が日米関係を左右しかねない問題だからだ。


封印

 「TPPに関する私の立場は分かっているよな」。米ニューヨークで9月下旬に開かれた日米首脳会談。オバマ大統領は初対面の首相に対し、TPP参加を促した。「大統領による圧力ととられかねない」と懸念した両政府によってこの言葉は封印され、首相が「早期に結論を出す」と応じたことだけが公表された。

 来年の大統領選で再選を狙うオバマ氏はAPEC首脳会議の際に「日本の交渉参加表明」という“成果”を渇望している。日本政府高官によると、米側は高い失業率を受け再選が危ぶまれる選挙情勢に焦燥感を募らせているという。

 民主党内の意見集約も容易でない。

 「きちんとした方向付けは政権与党の責務だ」。民主党は11日、閣僚会合の後、TPP問題に対応するため新設した経済連携プロジェクトチーム(PT)の初会合を開き、鉢呂吉雄座長が出席議員に呼び掛けた。
 しかし、超党派議連「TPPを慎重に考える会」の会長を務める山田正彦前農相が「早急にやるべきでない」と主張。PTとしての最終意見取りまとめを「鉢呂氏に一任するべきだ」との意見にも異論を唱えた。


TPP問題をめぐる主な政治日程

10月
下旬・国家戦略会議(仮称)の初会合
  ・政府が農林漁業強化の基本方針とりまとめ
  ・臨時国会召集

11月
3〜4日・20カ国・地域(G20)首脳会合 (フランス・カンヌ)
12〜13日・APEC首脳会議(米ハワイ)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月14日 16:08:41: sWDtD0HhJI
野田クン、そろそろ正体がバレるよ。要するに隷米、既得権益者のいいなり。

失敗してまた辞任すればいいではないか。ここしばらくの首相の辞任理由。

安倍クン 参議院で過半数を失いインド洋での燃料補給が出来なくなりアメリカに顔向けできなりお腹をこわして辞任。

福田クン これも参議院で国会同意人事を拒否され、人事院の谷にもバカにされ行く詰まって辞任。

鳩山クン 外務大臣、防衛大臣、官房長官、と自分が任命した隷米裏切り者に囲まれアメリカの意向により沖縄問題で辞任。

菅クン マスゴミの応援で小沢排除をしようとして失敗。結局引きずりおろされ辞任

麻生クンは選挙大敗 当然辞任

野田クン 心配はいらない。小沢以外はみんな似たようなものだ。唯一ゴミに屈していないのは小沢だけだ。


02. 2011年10月14日 16:14:09: sWDtD0HhJI
「お前、わし(=アメリカ)の言うことを聞かなかったらどないなるかわかっとるやろな」ということ。

単純な話だ。


03. 2011年10月14日 16:38:53: OIxNYWfJog
ねえ、

アメリカの言うこと利かなかったらどうなるの???


04. 2011年10月14日 17:01:46: rWmc8odQao
TPPのための米国企業連合(はたともこ氏のブログより)

http://blog.goo.ne.jp/hatatomoko1966826/e/4db887c24f27218479d70f609f459211

AT&T なるほど。「サービス(電気通信)」も24項目に入ってます。
シティ、プリンシパル なるほど。あおぞら銀行がTPPに反対するわけです。
モンサント、カーギル、なるほど。農協が反対するわけです。
グラクソスミスクライン、 ファイザー、イーライリリー なるほど。
リーバイス、ギャップ、ヘインズ 意外でしたがよく見ると「市場アクセス(繊維・衣料品)」もありました。

そしてもちろん…APEC全米センター


05. 2011年10月14日 17:03:30: sWDtD0HhJI
03さん

小沢一郎のようになる。第7艦隊で十分と言ったらここまでシツコクしつこく何度も何度も攻撃される。小沢一郎でなければとうに失脚している。


06. 2011年10月14日 17:13:30: 3blrVjTZPA
>03

小沢になりたいかい???



07. 2011年10月14日 17:44:31: OIxNYWfJog
何だ、やはりスキャンダルを暴露されるか、造られるということか。

野田のスキャンダルなら、いくらでも出して欲しいんだけど。

日本国民の為に

お願いします! アメリカさん


08. あっしら 2011年10月14日 17:56:57: Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI
03.のOIxNYWfJogさんへ:

【引用】
「ねえ、
アメリカの言うこと利かなかったらどうなるの???」

【コメント】
 テーマによってさまざまだと思います。

 戦前日本の大陸権益拡張策は、米国らの言うことをきかなかったことで、彼らとの戦争につながり原爆まで落とされ敗戦を迎え、6年にわかる占領にもつながりました。

 TPPへの参加問題がそのようなレベルだとは思っていませんが、政治家が恐れているのは、“自分の首”が飛んだり、“冤罪に巻き込まれる”ことでしょう。

 もっと低いレベルの問題ですと、米国側のオボエ(評価)が悪くなることを恐れることになります。日本の政治家や官僚は、国民から高く評価されるより、米国など欧米先進国の支配層から評価されるほうがなぜかうれしいようです(笑)

 TPPの場合、「陰の経済的制裁」が行われやすいテーマですが、日本経済にそれほどの存在感はないのでそれほどの経済的制裁はないと思っています。

 このような国際関係はもっと複雑で奥深いものがあると思っていますが、ざっぱくなレベルで回答させてもらいました。


09. あっしら 2011年10月14日 18:07:18: Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI

08.の訂正です。誤記をお詫びします。

[誤]6年にわかる占領にもつながりました。
[正]6年にわたる占領にもつながりました。


また、「日本の政治家や官僚は」という部分は、「日本の政治家や官僚そして学者は」と学者を追加したほうがリアリティがあると思います。



10. 2011年10月14日 18:15:09: Un3d82yvLA
TPP?
都道府県境と違い、
国境なんやから
関税を無条件で外したらあかん。
関税もかけられるようにしとかんとあかん。

11. 2011年10月14日 18:40:04: txfDxGOXwI
関税自主権が無くなったらどうなるか考えただけでも恐ろしい。
幕末に国内の金が大量に流出したが、それを手を拱いているしか
なかった。そういうことが平気で起こるんですよ。
関税は国家の重要な主権ですよ。(経済的)自衛権を絶対に放棄
してはいけない。
TPP推進屋に同調する奴らは平和ボケしたとしか思えない。
隙あらば掠め取るというのが欧米諸国がアジア諸国に行って来たこと
という事を忘れちゃいかん。

12. 2011年10月14日 19:41:25: wvIa8k5UZ6
国内勢力が癪なやつらの書き込みだろう、口実付けにも都合のいい、横暴なアメリカが好みらしい。

13. 2011年10月14日 21:13:33: 4VAeTBh34s
TPPにも入られない国は潰れるだろうね、大平洋戦争前夜だねいずれにしても今のままでは農業は潰れるよ。

14. 2011年10月14日 22:02:01: EVuviquxbs

・・・・・米国は鳩山政権に対して、きわめて無礼な態度で応じた。鳩山前首相は首相に就任すると、米国の大統領を含む政府幹部と膝を突き合わせてさまざまな論議をすることを求めた。
 
 米国は鳩山首相の要望に応じないどころか、コペンハーゲンで開催された環境会議でヒラリー・クリントンと話す機会があったが、その後にヒラリー・クリントンが日本大使を呼びつけて鳩山首相がウソをついたと非難したのである。
 
二国関係のなかでアメリカのようなふるまいは決して許されるものではない。このような侮辱を受ければ、自国の大使を召還させることすらあるだろう。友人であるはずの日本に対して、アメリカがこのような態度をとるなど、信じがたいとしか言いようがない。」
『誰が小沢一郎を殺すのか?   画策者なき陰謀』
著者:カレル・ヴァン・ウォルフレン販売元:角川書店
http://esashib.web.infoseek.co.jp/ozawa01.htm

民主党が勝利した総選挙の後ゲーツ長官が来日した。
そこでは慣例通り日本の防衛大臣と晩餐会がセットされていた、しかし奴はそれを拒否して食事に出て来なかった、それだけではなく慣例の閲兵も拒否した。外交関係のある国との、ましてや友好を標榜する同盟国との間では考えられない侮辱的なことである。
オーストラリアの日本研究者ケビン・マコーミック氏も米国がここまで手荒い対応を日本にしたことはなかったし、敵国を含めた他の国に対してもそうだと指摘している。あたかもどこまでやれば日本人は怒り出すのか米国は試そうとしているのかのようである。
http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htm
裸にされ、死ぬまで強姦された。生後幾日にもならぬ赤ん坊は、その傍らで悲惨な泣き声をあげた。
び出され、射殺された。出産間近かの妊婦、ニョン〔Ngon〕さんも、やはり強姦されたが、そのあと米兵たちは彼女の腹に銃剣を突き刺し、


15. 2011年10月14日 22:32:36: zxRwWYtUnA
アメリカといえども日本国民の意志を踏みつぶすことはできない。彼らといえども、TPPに入らないというので日本にミサイルを撃つことはできまい。
アメリカさんが怒ってお追従ばかりしてくる日本の政治家をひねりつぶしてくれたら国民には有難いことだ。

アメリカの政権に踏みつぶされない唯一の方法は、国民の自覚と認識力である。小沢さんがいつも言っていることだ。


16. 一隅より 2011年10月15日 00:55:40: PnbUj1IYwR18o : RL2NgW8W3M
>>03さんの、ナイス突っ込みの質問、私もいつもそう思っていました。

>>08 あっしらさんの答えは当たっているとは思うのですが、でもそうすると、政治家や官僚が「我が身の心配」をしているということになってしまいますよね。

そうではなくて、日本の国は、日本国民は、「アメリカの言うことを利かなかいとどうなる」と連中は言う(=脅す)のでしょうか。

それが証拠にマスコミどもも、普天間など何かあるたびに、口をそろえて、「日米関係に懸念」、「すきま風」といっている。
連中に言わせれば、いったい何が「心配」なのでしょう。
われわれに、何を「心配」しろというのでしょう。

03さんの突っ込んだのも、そこだと思います。


17. あっしら 2011年10月15日 03:37:07: Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI

一隅よりさん、こんばんは。

確かに、おっしゃられるように、03さんの突っ込みにはきちんと答えていないものでした。


【引用】
「政治家や官僚が「我が身の心配」をしているということになってしまいますよね。
そうではなくて、日本の国は、日本国民は、「アメリカの言うことを利かなかいとどうなる」と連中は言う(=脅す)のでしょうか。
それが証拠にマスコミどもも、普天間など何かあるたびに、口をそろえて、「日米関係に懸念」、「すきま風」といっている。
連中に言わせれば、いったい何が「心配」なのでしょう。
われわれに、何を「心配」しろというのでしょう。」

【コメント】
メディアが「心配」しろというのは、北朝鮮や中国そしてロシアおまけとして韓国が日本に対して好き放題にふるまっても、米国は守護してくれなくなるぞ、という話でしょう。

 私に言わせれば、領土問題に関する軋轢や外交的障害の相当部分が米国の政策によってもたらされたものと考えているので、笑ってしまう「心配」の扇動なのですが...


 日米安保条約の一方的破棄など、米国政府に弓を引くに等しい反抗ではないかぎり、国民に影響する「心配」は、韓国や中国が経済的政治的に日本より優遇されたり、米国に目をかけてもらえない寂しさを感じるレベルだと思っています。

 弓を引くような政策に踏み切れば、ミサイルは飛んで来ませんが、国民生活に深刻なダメージを受けるようなお仕置きがあると考えています。
 でっち上げも得意な米国政権ですから、正当な権利の行使である条約の破棄を理由にすることはなく、日本が不埒な理由をあれこれと言い募ります。

 米国が世界に及ぼす政治的影響力や食糧から石油などエネルギーにおける対米依存度を考えると、実にやっかいな状況に追い込まれると思っています。

 TPP問題レベルであれば、断り方の問題もありますが、支配層の「我が身の心配」を超えるものはないはずです。



18. 2011年10月15日 14:42:05: roaBypcaXo
>05. 2011年10月14日 17:03:30: sWDtD0HhJI さん
>第7艦隊で十分と言ったらここまでシツコクしつこく何度も何度も攻撃される。

小沢氏はもう一つ言いました。
「対等でなければ同盟とは言わない」

小沢氏が叩かれるのはこの二つでないかい?


19. 2011年10月15日 16:45:10: wdBQoyNUvo
アメリカと議論の出来ない政治家は、国会議員のバッチを外すべきではないでしょうか?国会議員は日本の国民の生活を守るために、私たちの税金で生活しているはず。それをアメリカと対等に、議論できない議員ばかり増えては、私たちの税金はどぶに捨てる様なもの。きちんと、アメリカと向き合って、日本国民の多くはTPPに賛成で無いので、断る勇気も必要。そしてアメリカと議論を、重ねるべきだと思います。

アメリカの顔色を伺っている様な議員は、即刻バッチを外してもらいたい。それが
多くの国民の願いではないでしょうか?アメリカも最初は起こるかも知れないけれど、面と向かって議論すれば、必ず解る時が来ると思う。それよりもアメリカの言いなりになれば、もっとエスカレートして来るように思います。そう思うのは考えすぎでしょうか?国民もネットのおかげで、情報を得る事が出来、国会議員より
利口な人達が増えてきていると私は思うのですが・・・・・

ttp://www.youtube.com/watch?v=RA3KnhrgLEg&feature=BFa&list=PL21BB9CEC1722EB0E&lf=plpp

http://www.youtube.com/watch?v=RA3KnhrgLEg&feature=BFa&list=PL21BB9CEC1722EB0E&lf=plpp

http://www.youtube.com/watch?v=aC9CeVzft5c&feature=BFa&list=ULI_l9fAChOoQ&lf=mfu_in_order


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧