★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120 > 647.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
登記を遅らせる提案は不動産会社から−読売、産経記事は意図的歪曲か(江川紹子twitter)
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/647.html
投稿者 otoppi 日時 2011 年 10 月 14 日 17:16:38: cUHXG0u8x2am6
 

江川紹子 Twitter 2011年10月14日

今日の小沢氏裁判に出廷した不動産会社担当者は、大久保氏からは、残金支払いも含めて全体を遅らせてられないか、という話だったと証言。「仮登記と本登記(を分ける)とかは大久保さんもよく分かってなかったみたいです」と。それを提案したのは「こちらからだった」と繰り返し証言しています。

ですから、「大久保さんから本登記と仮登記を分けるように頼まれた」とか「大久保さんから本登記を遅らせて欲しいと頼まれた」という報道があるとすれば、それは要約不相応かと。

1)開廷直後、裁判長が小沢氏の体調を気遣い、申し出ればいつでも休廷とることや、適宜水分補給をするように声をかけると、小沢氏は「ありがとうございます」と。前回のように気迫のこもった表情で、指定弁護士を睨むことはなく、口角が下がり、目もしょぼつき気味で、やはり病み上がり感がある、

2)午前中の証人は、本件土地の仲介をした不動産会社担当者の男性。土地の登記を送らせた経緯について、以下のような証言をした: たぶん大久保さんからだったと思うが、土地の売買手続きを遅らせて欲しい、と連絡があった。登記を、というのではなく、全体を送らせて欲しい、と。

3)売り主(T社)は、登記を送らせるのはいいが、残金の支払いは当初の約束通りやって欲しい、との回答だった。上司に相談したら、残金支払いの後、買い主を保護するために仮登記をして、その後本登記する方法でどうかと言われた。司法書士に確認するように言われ、T社指名のO司法書士に確認した。

4)O は、珍しいことだが、そういうやり方はできる、とのことだったので、自分から(陸山会)に提案した。O社は長いお付き合いの会社だが、非常に手続きに細かい会社で、売買契約から媒介契約まで、全て弁護士のチェックが入る。当然、この変更についても弁護士のチェックを受けていると思う。

5)登記に関しては、全てO司法書士に任せていた。「売買予約」など法律的なことは自分には分からない。Oが、登記を分けることについて渋ったりしたことはない。大久保氏からは、土地を買うのは、小沢先生の下で勉強したり仕事をしたりする人のためにアパート用意してあげるため、と聞いた。

6)陸山会裁判では、石川氏が司法書士のアドバイスで登記を分けたことを、亡くなった司法書士を持ち出していかにも嘘っぽい、と検察からも裁判所からも見られていたが、実際は、不動産会社が司法書士の助言を経て提案したことだった。石川弁護団は、なぜこの人を証人に呼ばなかったのだろう…

7)補足。弁護人は指定弁護士の尋問に少しでも疑問あると河津弁護士、弘中弁護士がすかさず異議を申し立て。村木さんの裁判で活躍した二人の連携プレー。指定弁護士は、馴れない役割に少々もたつくところもあるが、主任格の大室弁護士は、さすが鋭い。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月14日 19:04:48: JwDwgGy09c
産経新聞の伝えているこの部分のことですね。
傍聴には録音機の持ち込みは認められていませんから、傍聴した記者の記憶に基づく要約ですから、正確なやりとりの記録であるかどうかは分かりません。


指定弁護士「決済までに何か出来事はありましたか」
証人「(10月)29日の決済の直前になって、『登記を遅くしてほしい』といわれた。困ったな、というか…」
指定弁護士「誰から言われたんですか」
証人「大久保さんだったと思うが、はっきり覚えていません」
指定弁護士「陸山会側から言われたんですね」
証人「そうです」
指定弁護士「理由は聞きましたか」
証人「特に聞かず、何をされたいのかだけ聞きました」
指定弁護士「何を希望されたんですか」
証人「10月29日の登記予定を、年明けにしてほしいと言われました」
指定弁護士「登記を遅らせることをどう思いましたか」
証人「登記と残金決済を同時に行うのは、僕たちの原則論です。通常ではないので、(土地を所有する)不動産会社が納得するか聞いてみます、と答えました」

《不動産会社から「金は約束通り10月29日にほしい。登記について都合を合わせるのは構わない」という回答を得て、担当者の男性は陸山会側に伝えたという》

指定弁護士「それでどうなりましたか」
証人「お金は予定通り10月29日に決済し、本登記は1月前半、7日ごろにやりましょう、ということになりました」
指定弁護士「先ほど、残金決済と登記をずらすことに不安があるという話がありましたが、それは誰が不安になるんですか」
証人「私たちです。購入者が物件を手に入れられなければ、いくらなんでもダメでしょう。“保険”をつけておく感じで、こちらから仮登記を提案しました」
指定弁護士「あなたが司法書士に相談したんですね」
証人「上司に相談したところ、仮登記という方法があるようだから司法書士に確認してみろ、と言われました」
指定弁護士「司法書士の返答は?」
証人「『非常に珍しいことだとは思う。やり方としてはできる』と言われました」


02. 2011年10月14日 19:08:10: lRYfivAqeo
弘中弁護士、河津弁護士には頑張って頂きたい。無能マスゴミ共の誤報ニュース
が、いかに酷かったか国民の前に晒される事を願って居ます。

公判を重ねれば重ねるほど、検察官僚達と裁判所の八百長があぶり出される事は、
間違いないです。

盗石は推定有罪を下したばかりに、先の渋谷不当裁判糾弾デモやインターネットで
罷免請求されています。実に喜ばしい事です。国民を舐めたらいかんでよ!!!
私もデモに参加してきました。登石と原発はいらない!!検察と裁判所はグルだ!
シュプレヒコールをして来ました。

変H刑、ゴミ売り、惨軽、迷日、浅非、の落日を祈願します。


03. 2011年10月14日 19:31:36: cs4iIA4cuU
・『ソコトコ』10月14日放送分<江川紹子氏の1〜2> 他

http://www.youtube.com/watch?v=Ax6_fi3MpiQ&feature=bf_next&list=PL03F72937E1666448&lf=plpp


04. 2011年10月14日 20:33:47: nf1yeNP3nE
そう言う産経と読売は総務省の批判する記事ができるのか。できないはずだがね。

05. 2011年10月14日 21:13:45: 0EopofEgjc
これを読む限り、不動産屋は妥当な提案をしたと思われるな。
本登記は任意だから、買主の意向で本登記を遅らせたり登記自体をしないことも可能だ。
だが、売買自体をずらすとすれば、契約自体を一からやり直さなきゃならない(当然最初の契約の手付1,000万円は流れちまう)からちょっと難しいな。
でもなぜそこまで土地取得を翌年にずらす必要があったんだろうな?
なんか正当な理由があるんなら、それを証言で主張すればいいだけなのに・・・
理解に苦しむな。
ましてやそこが疑惑の原因ともいえる事なんだから尚更だよな。
しかし検察もそのくらいのこと長い事調べてたのにつかめてないのかねぇ。
情けない・・・

06. 2011年10月14日 21:15:54: cs4iIA4cuU
・江川紹子(@amneris84 )さんによる第二回陸山会公判傍聴記(午前と午後)ツイートまとめ

http://togetter.com/li/200506


07. 2011年10月14日 21:54:29: juFEXgPmVA
 読売新聞の記事では、売買取引が既に終了した土地物件について、陸山会側
が不正に登記日を翌年とするように要求したと書かれている。

 江川紹子氏の報告内容と比べると、読者に全く異なる印象を与える悪意に満ちた
歪曲した記事内容となっている。

 読売新聞の社会部が書く(社会面)政治関連記事は特に程度が低い。相当頭の程度
が悪い記者の集団と思われるので、信用できない。

 【読売新聞(14日夕刊、社会面)の抜粋記事】

>男性社員の証言によると、陸山会と売り主側の間で売買契約が締結された
のは04年10月5日、土地代金を29日に支払い、所有権移転登記も行うことが
決まった。ところが、支払い日の数日前に同会側から「登記日を翌年にしたい」
と要請され、05年分の固定資産税を同会が負担することを条件に登記を
05年1月7日に行うことが決まったという。<

 【江川紹子氏の報告内容】
>2)午前中の証人は、本件土地の仲介をした不動産会社担当者の男性。土地の
登記を送らせた経緯について、以下のような証言をした: たぶん大久保さんから
だったと思うが、土地の売買手続きを遅らせて欲しい、と連絡があった。登記を、
というのではなく、全体を送らせて欲しい、と。<


08. 2011年10月14日 23:32:01: rO8NnUeo5U
新聞社を新たにひとつ作った方が早いかも!


09. 2011年10月14日 23:44:32: EfmKOGKjk5
>>07

読売新聞は真実を伝えていませんね。
「登記日を翌年にしてくれと陸山会が頼んだ」というのと、「不動産屋が仮登記をして登記日を翌年にするように提案した」というのでは全く違う。
大手の新聞しか読まない人は、こうやって洗脳されていくのだと思うと、恐ろしい。戦前の新聞社と同じではないかと思う。
江川さんの貴重な報告がこうやってネットで知ることができるということが、現代の救いです。


10. 2011年10月15日 01:12:20: SX6m0aOFkg
>>01
>証人「(10月)29日の決済の直前になって、『登記を遅くしてほしい』といわれた。困ったな、というか…」

3億数千万円のデリバリー、政治家とか、企業とか、金融機関とか、主体にかかわらず大きな金額の動きであることは確かである。

それを直前になって、『登記を遅くしてほしい』といわれた。

その時に何があったのか、大久保さんも石川さんも正直に話して欲しい。

この仲介の不動産会社の担当者の証言を聞いていると、当時の様子が手に取るように分かる。

一体、その時になにがあったのか。本当に2人は正直に語っているのだろうか。

仮登記して本登記とか、そんなテクニカルのことはどうでもよい。

『登記を遅くしてほしい』その真意はなんなんだ。


11. 2011年10月15日 06:41:30: rHKwLVpZwI
>『登記を遅くしてほしい』といわれた

というよりも、売買契約を年明けにしたい、と言う申し入れが大久保秘書よりあったが、不動産会社としては、年が明けて気が変わられるとまずいので、仮登記:決済、年明け本登記、と言う提案をした、ということですね。 これが犯罪だとしたら不動産屋に引っ掛けられたという事になるのでは?


12. 2011年10月15日 08:39:53: Zc4LsHROVM
不動産売買の日時と不動産登記とずれることは、まったく珍しいことではなく広く行われていることである。
例えずらしても,登記の要項に登記の原因(この場合は売買である)という項目があるので、ずらしても隠したことにはならない。
私は推論するには、痛くもない腹をさぐられたくないから、登記をずらし政治資金報告を翌年にしたのではないだろうか。

13. 2011年10月15日 08:49:49: dpp0eXCVak
裁判は裁判で進む!
私たちは私たちでトイシの弾劾請求に協力すること!
そして、裁判所の不正が行われないように情報を公開する!

世界が断末魔の叫びを上げているときに
利権を食いつなごうとする検察、裁判所、アメリカ、マスゴミ、財界
などにまだ加担する馬鹿がいる!
負けてはいけない!

どちらの証人か!によって言い方が違ってくる
バブルがはじけて土地も売れない時代に
買ってくれるだけで有りがたい!
不動産会社は、のがしたくないから
「出来ません、やったことがないですね」と脅しをかける(笑)

普通の商売でも同じ!
「最後の一つですよ!もうこんな安いのは出ませんよ、今が買い時!」
「この仕入れ、来月に回しといて!」
日常茶飯事の事をやったことがない、あり得ない!とは片腹痛い!
別の不動産業者を証人に連れてきたらいかが?
不動産業者がそんなに法律に几帳面に従っているとは思いませんが(笑)


14. 2011年10月15日 08:50:52: zGELlE9ChM
江川さんの報道が正しくて、産経新聞が誤報道(意図的捏造?)であることを前提としますが、10さんのように洗脳される人がでてきます。「売買契約を遅らせて欲しい」と「登記を遅らせて欲しい」というちょっとした違いが、このような大きな効果を生みます。
この間の捏造が多発する大マスコミ報道の全体的な流れからすれば、やはり江川さんの報道が正しくて、産経の報道が間違っているということが真実だと思います。

15. 2011年10月15日 08:56:07: Vj9oewIO9A
>09読売新聞は真実を伝えていませんね。

新聞社が真実を伝えないと言う事が真実なのだろう。

読売のストーリーが出来上がっているから事実を捻じ曲げてでも
これに沿う証言内容に。

江川氏の内容では読売のストーリーが崩れてしまう。


16. ara 2011年10月15日 09:05:07: LNmFaEQpmm68w : CnZpAEELU6
良く昔は農業委員会というものがあって、農地を宅地に転用する際(不動産やさんは宅地転用する前にその農地を売買をしていた)仮登記をしてから宅地に転用する手続きを取る。従って農地を売買するには本登記はできず、仮登記後、農業委員会の宅地転用許可を待ってはじめて本登記できる事になる。
だから、仮登記と本登記の日付が違うのは良くある、あった話。
不動産さんやさんがそれをあまり理解していないのは、東京の真ん中辺りに在籍しているせいか・・・・?
陸山会の話はややこれとは違うが、売買を遅らせたかったのは資金目途が難しかったとか、その年の資金の遣り繰り流動性が激しかったせいなのかも知れないし、また政治上多忙を極める時期であったのかも知れない・・・・?何れにしろ年の暮れを控えて、お金の必要な時期を迎えるために準備金はいつでも出せるように用意しておかなければならないのだ。年末近くになって不動産の売買できる人は、お金に余裕のある人でなければできない相談である。

17. RT 2011年10月15日 09:45:13: 6SBtPYRwbD9c. : rrhrFN6JLd
悪徳不動産屋は競売で12月に取得した物件を翌年の1月2日以降に登記して固定資産税、都市計画税を以前の持ち主に支払わせるように仕組む。

18. 2011年10月15日 10:02:06: eTVUqn9eqw
江川さんのいうように、不動産屋が司法書士に提案して、仮登記だけして、本登記を遅らせた、ということが真相だろう。
ただ、大久保氏がなぜ全体を遅らせようとしたのかは疑問が残ることはある。
しかし、17さんのいうように、固定資産税等の税を以前の持ち主に支払わせるという意図があって、遅らせたことを提案したとするなら、それはそれで理屈があう。
いずれにしても、虚偽記載という意図はなく、登記の期日をどうするかという問題であったとみることはできる。
したがって、読売のような、意図的に(ウラガネを)隠すために期日を遅らせることを提案したというのは、かなりの推測記事であるといえよう。

19. 2011年10月15日 10:09:39: xFCL0YVMfk
14日の証言からは、「契約を遅らせたい」と言ったのは大久保秘書らしいですが、「何故そんなことを言ったのか」に興味がそそられますね。
このままでは小沢さんの意向と推認されてしまうでしょうね。このこと自体は法に触れることは何もないが、何かを隠したいと思っていたと受け取られてしまうでしょうね。
契約を遅らせること自体は何も法律に触れることはないが、何故そんなことをするのかに興味を待たれてしまう。
検察が推認したような理由だろうな。そんな大金を動かしたと思われたくないからだとは思うが、それを裏献金と結びつけてしまうところが何とも検察は困ったものだ。

20. 2011年10月15日 10:10:23: RQr0HSIrcE
16様の見解について、以前に聞いたことがあります。弁護側として、
「10月の時点で、その土地の地目はなんでしたか?」
「アパートを建設するには地目の変更が必要で、そのための手続きに時間がかかることを知っていましたか。またそのことは陸山会側または石川議員に伝えましたか?」と、社員に突っ込んだ内容の質問をするべきだろう。

また小沢氏側の秘書兼金庫番としては、その時点での政局もにらみながら金庫を預かっている。そのため、衆議院の解散・総選挙に備え、いつも手元に現金を置いておくということはなんら不思議ではない。


21. 2011年10月15日 11:15:53: NRvAM7Ti0k
マスコミによる印象操作はひどいね、
事実関係を重視しないと国民は騙され続けることになる、

同じ関連でTPP,太陽光がある、

小沢逮捕を喜んで太陽光パネルを付ける奴は典型的な愚民、
吸血鬼国民と言える。


22. 2011年10月15日 11:16:57: ATRXZdmC92
MNS産経ニュースの裁判報道は、おそらく一番早くて詳細なのが特徴なので何かと便利だが、永久機関の「発明」を堂々と記事にするくらい程度が低い記者と、根っからの感情的右翼記者の集団と見られることから、注意が必要。

実際、今回の例に留まらず、私が最初に小沢氏関連裁判の異常に気がついた2010年1月13日の西松事件第2回公判における、検察側証人による訴因の否定証言は見事に無視されていた。


23. 2011年10月15日 11:47:15: N2lVoYK5nk
石川の弁護士は辞め検だろう。弁護士料たんまり稼いで、検察にも恥をかかせぬ程度で折り合いをつける腹が見え見え。一審で終わったら金儲け材料が無くなるから何とか長引かせたい一心、ダニだよ。

24. 2011年10月15日 11:57:52: JDAHBC8ZLI

「仮登記をして登記日を翌年にできた」
ということと、裏金とむすびつけるのは飛躍だ。
珍しいが、できたということは、出来たのだろう。というのでは全く違う。

ところで、
江川紹子さんの「サンデーモーニング」降番理由。
「あいつを出すな」と野球解説者の張本様様。

江川紹子さんが「サンデーモーニング」に出なくなったのは、その公平すぎる鋭いコメントかと思ったが、遅ればせながらネットでその真実を知って心底たまげた。
2010年5月23日の放送で、
ご意見番として出演した野球解説者の張本勲氏が、楽天の岩隈投手に
「エースとしてマウンドを守るべき。途中降板は無責任」と断じたのに対し、
江川氏が「えーっ」と不満を漏らした。
これが、張本氏の癪に障ったようで、放送終了後に張本氏から番組スタッフに
「江川を番組に出すな。江川が出演するなら自分は今後番組に出ない」と
クレーム。これをTBS側が呑んだというものだ。
江川紹子さんのこの番組でのコメントを楽しみにしていた私は残念に思っていた。張本勲氏の野球での功績は文句なしだが、かように権威的で独善なのは問題だ、
というのが私の見解だ。
人の意見、少しは従うところがないと、この世の中成り立たないです。


25. 2011年10月15日 12:19:52: GEXiI4JUow
検察の恫喝で調書が証拠採用されなかったが、石川秘書が代表選があるので土地購入を公表したくなかったと言ってますね。それが動機だと思います。そして小沢さんはそんなこと気にする必要は無かったと。内心では石川さんにお前余計な事してくれたなあと思っていると思うよ。

26. 2011年10月15日 12:32:46: 3gFErnfx7I
結局石川元秘書は決して土地取引に詳しいわけでも会計業務に長けていたわけでもない、という前提で考えれば意外と辻褄が合ってくる。


要は小沢氏のイメージを守るため合法の範囲内でやるにはどうするか考え、前任者のやり方を見たり、不動産屋に聞いたり、自分なりに工夫するうちに訳が分からなくなったのが本音ではないだろうか?


訳が分からなくなっても法に触れるまでには至らなかったのは彼が真面目なのか臆病なのか知らないが幸いである。


弘中弁護士によれば、当時小沢氏が陸山会に四億を貸し付けた事は新聞で報道されたそうである。


つまり、石川元秘書が小沢氏の資金力を目立たないよう汗を流した効果は無かった訳である。

さて、そうなるとこの裁判には被害者が存在しない事になる。

不動産屋も地主も納得の上で契約しているし、最も重要な国民の知る権利も全く犯されていない。


結果的に隠れているわけでもない石川元秘書の事務処理であり、不動産屋及び司法書士に確認の上で行っている。


まさに税金の無駄遣いのアホらしい裁判である。


27. 2011年10月15日 13:26:32: M9p2zNbOTs

銀行の元支店長が陸山会との取り決めを暴露しました
やはり銀行融資は「原資の隠蔽工作」だったんですね


>また、元支店長は、陸山会との過去の取引を踏まえた稟議(りんぎ)書が
>存在していたことを明言。
>「『陸山会は世間的な影響を考えて融資金で購入する』という記載があったので、
>今回も同じ理由と思った」とし、陸山会が不動産購入のたび複雑な資金工作を
>行っていたことをうかがわせた
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111015/trl11101500100000-n2.htm


28. 2011年10月15日 13:33:59: ig81psVWGg

不動産の専門家として一言

決済、登記、引渡しを同時に行うのは取引の安全性を確保するためです。登記もせずに金を渡してしまうと、売主が第3者へ売却してしまう「二重売買」のリスクが生じてしまいます。

「法廷ライブ」では、大久保氏は全体を遅らせたかったとの証言があります。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/trl11101414100009-n4.htm
不動産取引の常識で言えば、全体を10月に行うか、翌年1月に行うかの交渉となり、折り合わなければ契約解除とするべきでした。ところが、ここで司法書士の老人が登場して仮登記により取引の安全性を担保して決済を前倒しにするとの提案を行い、関係者はそれに乗ってしまったということのようです。

ここで重要なのは、不動産の取得を翌年にしたいというのは別に違法でもなんでもないということです。決済も翌年に行えばよかったのですが、司法書士の提案を信じて先に払ってしまっただけのこととなります。つまり、取得時期を誤魔化すために様々な小細工を行ったとする犯罪事実の根幹が胡散霧消してしまいます。

ただ、このように書くと「登記と決済をずらすのは異常だ」という人がでてきそうですし、司法書士の名誉のためにも付け加えておくと、登記と決済がずれるケースは間々あります。その際たるものは、実は国や自治体へ不動産を売却するケースです。先に国へ登記名義を変更して、それが完了後に請求書を送ると1ヶ月後くらいに代金を振り込んできます。すごく複雑で素人目には異常な取引ですが、別に犯罪ではありません。

国だって「複雑で異常」な取引を行っているのですから、取引形態が複雑だという理由だけで人を裁くのは明らかな矛盾でしょう。



29. 2011年10月15日 13:43:01: FCbmyBaACQ
《続いて大善文男裁判長が質問する》

裁判長「当初、大久保さんと思われる人から『引き渡しを延ばしてほしい』と言われたんですか? それとも登記を?」

証人「どっちかというわけではなく、全体を延ばしてほしいと言われ、登記と残金決済が別だということを大久保さんも知らなかったんだと思います。不動産会社に相談したら、全体はだめ、お金は回収したいということだったので、では登記だけ、残金決済は10月29日に、ということになりました。登記は延ばしてほしいということになりました」

指定弁護人の質問の時には「登記・・・」
裁判長から再度の質問のときに正確に上記のように証言訂正
まあ、マスゴミの悪意はプンプンするけどな


30. 2011年10月15日 14:34:51: RQr0HSIrcE

22様のコメントを受けて
永久機関のソース発見 http://sankei.jp.msn.com/region/news/110624/stm11062411380000-n1.htm
馬鹿さ加減に絶句。理由は、ここで。 http://logsoku.com/thread/yuzuru.2ch.net/poverty/1308908397/
おまけに「平成22年10月に特許を取得した」というから産経記者は無論であるが、技術の中枢であるべき経産省・特許庁職員の方々は、すでに脳細胞が溶解していると言わざるを得ない。

24様の、
「江川を番組に出すな。江川が出演するなら自分は今後番組に出ない」と張本氏。
「はい、わかりました。出演料の安い江川さんに出演をお願いします」とTBSは返事すべきだった。そうすれば今よりも正確で的確な情報と評論が聞けたのだが、これを口実に江川氏を切ったそうな。

23様に深く同意。
・「裁判所がアンパイアの立場をしっかりやってくれていたら、検察が提出したものをダメなものはダメと蹴っていれば、検察がつけ上がることもなかった。司法の危機だ。」(木下貴司弁護士談)
・「とくにヒドかったのは、石川知裕・衆院議員の弁護を担当したヤメ検の木下貴司弁護士です。普通は被告人が有利になるような証言を引き出そうとするものですが、彼はダラダラと持論をぶつけ、石川被告に向かって『答えんでもよろしい』『頭詰まってしもうたか』なんて言って勝手に締めくくるのです。石川被告はシドロモドロになり、裁判官の心証を悪くする始末でした。質問なのか、何が言いたいのかサッパリ分からない。検察側も木下弁護士が話し始めると、『また始まったよ』と苦笑する場面が目立ちました」(裁判傍聴者)
*記者会見 http://iwakamiyasumi.com/archives/12712

木下はだめだ。せっかくの記者会見である。理路整然と1つずつ反論・批判すべきとても重要な場であるのに、会見の文書やメモも用意せずに下らないことを言い、自分の立場を守っただけにすぎない。会見での様子で判断すると、「人を見たら有罪に持ち込もう」という姿勢を貫いてきた権力の犬だ。正義と真実追求への意欲が感じられない。弁護士の何たるかも知らないだろう。宮崎学も言っているように、早急にクビにせよ。
*木下!ここを見ろ! http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/f8020591eb48a0a60213df5ce2fddd8e


31. 2011年10月15日 15:53:53: 6fU5BfqTG2
24>さん

張本氏をTV局が欲しいと思わせるほどの魅力も人気もない「過去の人」で監督、コーチなどどこも雇ってもらえない精神力のみの「頭の悪い体育会系アホ丸出しの野球界コバンザメ」の1人で、どうでもいい人です。
江川さんを辞めさすような圧力にTV局はアホの張本氏を利用したのでしょう。

張本氏ごときに吠えさせたのが誰か・・・読売のナベツネ悪ジジイですかな。


32. 2011年10月15日 16:07:48: 0EopofEgjc
>>28さん

不動産の専門家ならご存知の事と思いますが、所有権移転日=本登記日とは限らないですよね。
つまり、土地を取得した日を正式に翌年にするためには
@一度締結した契約を破棄し(手付が流れる事を覚悟の上で)、新たに契約を締結する。
A買主の要請を不動産屋が飲み、手付流しをせずに契約書自体を作り替える。
二つとも新たな契約を締結することには違いありませんし、本件では不動産屋はAを拒否している。
であれば残る選択肢は@しかありません。
そしてもしそうすれば何の疑惑も生まれなかったはずです。
今裁判での問題は、契約自体が従前のものである限りは所有権移転自体は16年に完了していたはずだ、という事じゃないでしょうか。
もはや本登記の時期の問題じゃありません(登記は売り主側は遅滞なく行う義務がありますが、買主の事情で遅らせる分には法的に何の問題もないはずですから)。
また所有権移転が16年に完了していたにもかかわらず、買主の要請で本登記を意図的に翌年にずらし、その本登記の日付をもって土地取得を収支報告書に記載したのならば、意図的な「期ズレ」との疑いには合理的根拠があると言えませんかね?
そうすると、なぜそこまでして16年度の収支報告書に土地取得を記載するのを避けようとしたのかという疑問を持つのはごく自然だと思われませんか?
ただし、その疑問をもってして裁判所が有罪判決を下すのは明らかに行きすぎです。
有罪にするには、「期ズレ」自体の動機や経緯(購入資金の出所やその流れ)を検察側が解明し、明らかに意図的に(それもどういう意図かを特定したうえでその方法も含めて)記載する年度をずらしたことを証明する必要があります。
オレの主観ですが、裁判所の判決がまるで国民の疑惑のレベル(つまり司法の専門家ではなくど素人の低レベルな主観)で判断されている全くお粗末な判決としか思えないですね。
しかし一般国民の疑惑は、例え本件で小澤被告が無罪になったとしても完全に晴れるとは思えません。
やはりなぜ16年に収支報告書に記載できなかったのか(正当な理由があるのなら)、被告の為にも裁判の結果を問わず国民に説明するのが一番得策だと思います(そんな義務はありませんけどね)。


33. 2011年10月15日 16:21:17: rO8NnUeo5U
弘中弁護士が発言した「マンガのような事件」というのが反小沢だろうが親小沢だろうが総じて国民が思っていることだろう。

検察側の聞かせたかった録音の一部に和やかな取り調べだと言う発言があったので、自分に置き換えて考えてみた。

○何事かわからないまま逮捕、連日の長時間取り調べで検事の恐ろしさは十分にわかっている。

○取り調べが続いて身も心もズタズタになり、誰も自分を助けだしてくれないんだと自暴自棄になって検事の繰り返す言葉に「どうでもなれ」と思ってしまい同意する。

○保釈された後の任意の取り調べ、周りから検事はねつ造するから自分を守るために録音するようにと助言されテープを隠して出向く。

○逮捕時の検事に対する恐怖は忘れてはいない、ましてや何度も録音確認される言葉に「もしや」と言う気持ちで平常心ではいられない。

○出来るだけ相手を高揚させるためには「否定」を最小限にして、相手の「本意」を録音しなければならない、もちろん5時間余り心中穏やかではなかった。

○長時間のストレスは並大抵ではない、隠し録音しているのだから。

○机を挟んで狭い部屋に閉じ込められ、これこそ「言葉狩り」でいつ再逮捕されるやもしれない状況、検事に親近感を持たせるために和やかな雰囲気をつくらなければならなかった。

私は石川氏の苦悩がにじみ出た録音テープだったと思う。

これを検察側が優位のために利用するのであれば、検事役に対して「人でなし」と叫びたい気持ちでいっぱいだ。


34. 2011年10月15日 16:41:50: 0EopofEgjc
>>33

そこですよ、オレが言いたいのも。
親小沢も反オザワもこの裁判の判決に疑問を持っている人は多い。
こんな機会を逃す手はないじゃないですか?
オザワ真っ白なんて言ってる場合じゃないですよ。
まずは正しい司法の在り方について司法に抗議し、それを正す事が第一。
じゃないとオザワ裁判だってどんな判決になるか分かったもんじゃないですからね。
だからオザワの件と裁判の判決の問題はなるべく区別して(じゃないとぐちゃぐちゃになっちゃいますよ)論じるべし。
オザワや元秘書が無罪かどうかはおいておいても、あの判決は異常だ。
でしょ?


35. 2011年10月15日 17:06:28: wasOWQLgHk
判決に疑問なんて抱いていませんよ。騒いでいる人達は小沢信者ぐらいでしょ?

4億円の不動産を買うのに、小沢個人から小沢事務所に4億円入れて、さらにりそな銀行から4億円借りて8億円動かしている。りそな銀行に470万円の金利を払ってまで偽装工作しているんだから。

江川紹子もつまらないチャチャ入れるより、小沢個人から小沢事務所への4億円が政治資金収支報告書に記載されていないことを問題にしなよ。証拠だってあるじゃ無い。

それとも小沢個人からの4億円は立替金だから記載の必要はありませんとか言う詭弁でも言い立てているの。


36. 2011年10月15日 17:09:04: roaBypcaXo
小沢氏の初公判後の江川紹子氏がNHKのTVで言った言葉

「小沢氏は自分は国策捜査に貶められたのだとかあたかも無罪だとか言いたいのであろうが、嘆き節であろう」

そう言ったのだ。
そしてTVのテロップには「小沢氏の恨み節」と流れた。
NHKだから見た人はたくさんいると思うのですが。

あれをどう思いますか?
江川紹子氏を信じて本当に良いのでしょうか?
私にはこの人はただの売名行為でやっているとしか思えないのですが。


37. 2011年10月15日 17:09:26: ig81psVWGg

32さん

そうではなくて最早「期ずれ」なんて関係ないということなんですが・・・

10月に取得した不動産を「故意に」翌年取得したようにみせかけたというのが「犯罪行為」の核心でしょう?

元々1月に取得したかったのが売主の都合で金の支払を前倒しし、法律知識が乏しかったので深く考えず司法書士の言葉を信じて1月に取得したものとして報告書作成したとすれば、もう「故意」に「虚偽記載」したと追求する理由はないでしょう。

まあそれでも収支報告書の記載について無理矢理有罪にしようとする可能性はありますが、「動機」の説明は苦しいでしょう。

この証言のあった時間帯から急にマスコミ報道が減少し、夜のニュースでも小沢批判が著しくトーンダウンしたような気もするのですが・・・


38. 2011年10月15日 17:12:02: wasOWQLgHk
>私は石川氏の苦悩がにじみ出た録音テープだったと思う。

>これを検察側が優位のために利用するのであれば、検事役に対して「人でなし」と叫びたい気持ちでいっぱいだ

うんざりですよ・・・

石川議員を支持している小沢信者なら検察の供述調書が裁判所から不採用になった事はよくご存知でしょうに。検察の供述調書がなくたって、金の流れは全部記録に残っているし、政治資金報告書に10月29日午前中に土地購入代金を支払ったのに翌年二月に支払ったと書いてある。

供述証拠なしでもそれだけで政治資金規正法25条違反でしょ。


39. 2011年10月15日 17:23:03: wasOWQLgHk
>10月に取得した不動産を「故意に」翌年取得したようにみせかけたというのが「犯罪行為」の核心でしょう?

こういう事書く人って政治資金規正法とか原典を読んでいるんでしょうかね?小沢信者がばらまいている陰謀論の裏とってないでしょう?

政治資金規正法は政治団体に入ったお金、出たお金を日時・金額など報告書に書いて出すように求めているんだよ。土地登記の「日付」なんて政治資金規正法には関知してない。

政治団体から出たお金。つまりお金を支払った日にちを04年10月29日とせずに、翌年2月に見せかけたから犯罪なんだよ。

>石川議員は2004年10月、小沢氏から借りた4億円で土地を購入したのと同じ日に、陸山会の定期預金4億円を担保に入れて銀行から同額の融資を受けていた。石川議員は、定期預金は小沢氏への返済用で、「うやむやにならないように」定期の形を取ったなどと説明した。
>裁判官は融資を受けることで年450万円もの利息負担が生じることに疑問を示し、「そういう形を取る利益は何か」「陸山会と小沢さんの間で借用書を作ったのでは済まないのか」と突っ込んで質問。石川議員は答えに詰まり、「その時々で思いついたことなので、すべてを合理的には説明できない」と述べた。
>小沢氏の4億円を複数の口座に5千万円などに分けて入金しに行った点については、裁判官は「出所を説明し、銀行に(一度に)取りに来てもらった方が安全では」と尋ねた。石川議員は「そういうサービスがあると知らなかった。大金を持って行くと銀行から性質を問われる」と答えた。裁判官は「5千万円でも大きいのでは」と納得しなかった。
http://www.asahi.com/national/update/0302/TKY201103020571.html

それ以外にも、04年10月上旬に小沢個人から小沢事務所に入れた4億円と、10月29日午後(土地購入代金を支払ったのが同日午前)にりそな銀行から借り入れた4億円と。小沢事務所は8億円のお金を「入れている」の収支報告書には4億円の記載しか無く。4億円が記載漏れになっている。

以上が、政治資金収支報告書虚偽記載罪の容疑事実だよ。

故意の立証に関しては不可解な資金工作を行っていることと、裁判官の尋問にまともに返答できていない石川議員の態度で認定されている。その点では状況証拠で4億円というのはウソでは無いけどね・・・。動かない証拠も多々ある事件だよ。


40. 2011年10月15日 17:23:50: 79xEP8DoCg
>>24様 >>30

江川紹子の「サンデーモーニング」降板劇
-------------------------------------

当時、張本の野球解説に対して、江川紹子が「え〜?」と疑問を呈し、張本がムッとしていたのは確かだが、それと前後して、岸井成格がダラダラと政局を語っていた時に、江川紹子が「こんな時にマスコミは政局ばかり語るが、もっと本質的な問題を語るべきで、おかしいと思う。」と発言したのが、降板の主たる原因だろう。
江川紹子発言の直後、岸井はブチギレて、脂ぎった黒い額に青筋を立てていた。
「江川が出るならこの番組を降りる。」と言ったのは、張本ではなく岸井ではないか?

TBSとしては、人気の高い江川紹子を降板させると、視聴者からのクレームが続出することが予想され、また、関係筋の岸井に火の粉がかかると何かと当たり障りがあるため、恰も江川紹子と張本が対立したかのように「降板劇」を仕立てたものと推測する。
「水戸黄門」以外にまともな数字の取れないTBSらしさが如実に出ている。


41. 2011年10月15日 17:46:07: BDDFeQHT6I
年末に話が決まった土地売買を翌年にしたいと言うのは固定資産税を売主と買主のどちらが持つかなど色々な条件を勘案して良く有る事で小沢事務所が売買自体を遅らせようとしたからと言って何も問題は無い、暮に来てお金が必要な時期であるし、翌年にしたい理由を一々説明しなければならないと言う話ではないだろう。

42. 2011年10月15日 18:01:44: LKDXLDHvSk
>>32さん

「16年に収支報告書に記載できなかったのか」
ってそんなに重要です?

犯罪があってそれを解明するのは分かります。
手続きが特殊だからそこに何か犯罪があるのではないか?と考えるのも個人の勝手です。
でもその貴方の疑問を解消する為に、何で小沢さんが説明しないといけないのですか?

石川さんだって検察には説明しているんですよ。
その結果そこは起訴理由に明記されていない。それで終わりでしょう。

日本中の「一般国民」とやらは知るべきです。「お前たちにそこまで知る権利はない」って事を。


そもそも「一般国民」は、別に真相を知りたいとは思っていない。
小沢氏を集団で袋叩きにする事を期待してわくわくしているのです。

100%政治の浄化とか、不動産の手続きを勉強しようなんて気持ちではない。

そういう下衆な人間に何を説明しようが、捻じ曲げてとらえ、第2、第3の疑問とやらを次々に浴びせかけるだけです。

屁理屈はいくらでも作れる。
だからこそ法という線引きをして、国民は全て法の下の平等が保障されているのではないのですか?

法にふれたという事を検察が証明しない限り、それ以上の事を曝け出す必要は小沢さんにも他の国民にも全くないはず。


43. 2011年10月15日 18:29:17: bbWxr5WbJY
江川さんの報告と新聞各紙の報道のいずれを信じるか。

大阪地裁で公判中の『犯人隠避事件(フロッピイ改竄事件)』の第二回公判を傍聴した。そのとき見聞したのは次のような姿であった。

江川さん・・・最初から最後まで約三時間半の間、一回も席を立たず終始メモを取       っていた。
記者席 ・・・30歳前後と見受けられる記者が頻繁に退席、退室した。それも入れ       替わり、立ち代りである。一人の記者が江川さんのように最初から
       最後まで全てを見聞きしていることはなかった。各社、複数人の記
       者による摘み食いのようなリレー取材であった。

江川さんが各紙の報道内容に対して要約不相応という文言を使うのはこのような取材の実態を知る者としてはさもありなんと納得せざるをえない。


44. 2011年10月15日 18:33:57: 0EopofEgjc
>>37さん

「期ズレ」は関係ないとおっしゃるのなら、一度契約した内容を変更するためなぜにオザワ側は売買時期を翌年に見せかけようと不動産屋に相談したり、取得時期をずらす方法を司法書士に相談したりしたんでしょうね。
実際仮登記なんて必要なかったみたいですしね(これだけをとっても取得時期をずらす目的であえて仮登記申請したとしか思われません)。
16年度の収支報告書に記載することに何の弊害があったんでしょう?
普通の庶民からするととても理解できませんよ。
それも結果的には虚偽記載してまで取得日をずらそうとしている。
売買当事者は16年中に所有権移転が完了することは双方承知のことだったと思われるのですが・・・
それだけ手間をかけて記載日をずらす画策をしていながら、特に理由はありませんなんて事は考えられないでしょう。
ちなみにこれは庶民の意見としてですよ。
法的に問題があるかどうかについてはあなたのご意見も一理あるし、また背後事情が明らかにされていない時点では判断は下せませんよね。


45. 2011年10月15日 18:42:22: 0EopofEgjc
>> wasOWQLgHk

涙目オマエまたID変わったのかw
オマエの同類だと思われてるオレに位教えておいてほしいもんだなwww


46. 2011年10月15日 18:42:54: R7y0GRYkvo

江川紹子さん、がんばれ!

検察の「不祥事、証拠偽造」で検察幹部と
討論したNHK番組は、よかった。

相手の検察側の擁護は、見苦しかった。


47. 2011年10月15日 18:50:53: iD29kNqt7M
指定弁護士に誘導された審査会参加者の一人ぐらい反省して、まじめな国民のために欺瞞の表決内容を話す者はいないのか。

48. pyuchan 2011年10月15日 18:57:40: SfzKBsZy62Qv2 : T2ESEOnd1m
どう考えても、なぜ本登記を遅らせたのかが最大の疑問点です。28(37)さんのコメントがこの疑問を氷塊させてくれます。32さんとその一味のコメントはこの疑問氷塊を疑わせるための巧みな攪乱コメントでしょう。

「手付け流れ」と「手付け倍返し」(手付け金は契約額の1割)という不動産取引の慣習や、「二重譲渡が発生した場合は登記が対抗要件となる」(契約時期の前後や代金支払い時期の前後に関係なく登記を受けた者に所有権が移転する)ことから仮登記の手続きが取られたと推認されます。

28さんの「司法書士の提案を信じて先に払ってしまっただけのこととなります」という解釈が自然です。議員秘書が自分の頭で考えて不動産取引上のひとつひとつの手続きを間違いなく進められるなら、不動産業者も司法書士もいらないわけですから。


49. 2011年10月15日 19:06:53: 0EopofEgjc
>>48

>なぜ本登記を遅らせたのかが最大の疑問点です

それを言うなら「なぜ本登記を遅らせる必要があったのか」じゃないの?
答えられんだろ?w


50. ぴゅ〜ちゃん 2011年10月15日 19:13:18: LyOWS9OSehr5. : T2ESEOnd1m
早速きたない蠅が沸いてきます。

51. 2011年10月15日 19:22:45: ig81psVWGg

44さん

あれでも難しかったですか・・・

16年に土地取得したのを隠したくて「虚偽記載」したといのがマスコミ等で言われていましたが、仮に「16年だと目立つので17年にしたい」と考えて17年に変更しようととしたのだとしても、それ自体はは違法でもなんでもありません。実際、契約の決済日を変更することは珍しくもありません。

司法書士の提案で取得日が17年になったと大久保氏が信じたとすれば、「虚偽記載」をする工作をする必要性がなくなりますよね。仮登記等の手続きは取引の安全を確保する記述的な問題であり、司法書士マターにすぎません。

その一連の取引の記帳方法が間違いだったと言う人もいますが、これは「期ずれ」を隠そうとした故意の犯罪とは言えないでしょう。

「普通の庶民」では理解できないとのことですが、不動産売買の手続き自体が複雑すぎて理解できず、なんだか「怪しい」ことをしているとお考えでしたら、どう説明しても理解してくれないかもしれませんか・・・


52. ara 2011年10月15日 19:51:49: LNmFaEQpmm68w : CnZpAEELU6
39さんはバカだなあ!
陸山会は土地の取引ができないんだよ。つまり、個人でないとダメなの、年末はやたらにお金を必要とする事があるから、空っぽになってしまってはまずいから、小沢さんの名義でもあるし、小沢さんから一時的に4億のお金を立替してもらったのだろう、しかし、すぐに陸山会が銀行から借りられる目途がついたので(これが「銀行の借金の目途が立たなかったから・・・」全部の土地取引を来年にしてくれ、といった理由かも知れない?でもないかも知れない?)すぐ小沢さんにお金を返したのであろう。不動産やさんは、年末の資金繰りは結構大変だから、何としてもお金を手に入れたいと思うのが人情だし、お金を頂けば売買の成立は確実なのだから嬉しいだろう・・・・陸山会はどうしてかこの不動産屋さんを全面信用して全額を払ってしまったが、普通は本登記分の3分の1位は残して置くのが通例だ。お互いの信頼感があるから全額払ったのだろう・・・それも不自然ではない。
本登記、仮登記に知識がない秘書さんや小沢さんでは、ややっこしい問題を年末にするには厄介なものだと、思うのも頷ける。
小沢さんはそれで無くとも何かとマスコミを含めていろいろな機関から詮索される立場にあるから、小沢さんから用立ててもらった、という実質を打ち消したかったのだろう・・・・だから、借金して、金利を払っても銀行から借りた形を選んだ、借りて土地を買えば、税金は助かるのだ?政治資金だから税金が掛かるかどうかは知らぬが・・・・?
固定資産税は、日割り計算だから、それを理由に翌年にした、というのは当たらない、意味も無い。
4億のお金は遺産で持っていた家と土地を売って残ったお金の2億と、奥さんの口座からのお金であると証言している、検事は裏を取っている筈である。だから最初に不起訴とせざるを得なかったのだ。


53. 2011年10月15日 20:09:33: 0EopofEgjc
>>51さん

全然難しくないですよ、素人じゃありませんから。
土地取引の交渉は9月頃から行われてたらしいじゃないですか(もっと前だったかな)?
それを支払い数日前になって16年度の収支報告書に記載するのはまずいって気付いたって事ですか?
契約書みればいつ物の引き渡しが行われるかも記載されてるはずだし、特約6を見ればその日までに手続きが完了する旨はっきり記載されている。
また普通は一度引き渡された土地がまだ自分に所有権がないなんて思わないですよ、特約事項でもない限りはね。
所有権が移転したから引き渡されるんでしょ?
銀行融資も依頼して用意万全だったのに。
それなのに司法書士の提案で本登記をずらせば、取得日を翌年に繰り越せると思ったってわけですか?
それこそ故意の証明になってしまいませんか?
取得日は16年度中って事は契約時点ではっきりしてると思うんですがねぇ。
大体なんで16年度に記載できないのかが分からない。
政治活動に必要なものなら別に隠す必要ないじゃないですか。
16年じゃ目立って記載できない根拠は(また17年なら記載できる根拠は)?
繰り返しますが、オレは法的に刑法違反に該当する事犯かどうかについては大いに疑問を持っています。
ちなみにオレは不動産取引を含め法律は一応深く学んでおります。
さらに>>16年に土地取得したのを隠したくて「虚偽記載」したといのがマスコミ等で言われていましたが、
>仮に「16年だと目立つので17年にしたい」と考えて17年に変更しようととしたのだとしても、
>それ自体はは違法でもなんでもありません。実際、契約の決済日を変更することは珍しくもありません。

でも実際は決済日も契約自体も変更していないじゃないですか。
また「16年だと目立つので17年にしたい」と「16年に土地取得したのを隠したくて」は結局契約自体(決済日も含め)変更していないんですから同じ事でしょ?
17年に決済する旨契約を変更したのならあなたのご主張はもっともです、何の法的問題もありません。
加えて仮登記や本登記はそもそも買主の権利保全のためのものであり、所有権移転とは直接関係がないので無視してかまわないと思います(特に今回のように意図的に日付をずらすという行為をしているんですから尚更です)。
いかがでしょうか。


54. 2011年10月15日 21:07:19: FMYVrJZdJc
>>42さん。

すべて同意です。
その通りだと思います。
人のことにどうしてそこまで首を突っ込むのか。
下種の勘繰りにもううんざりしています。
この国に小沢氏の人権を考慮する人が全くいません。
江川さんもツイーとしていましたが、小沢氏にも証言を拒否する権利が与えられてよいはずです。

そして今回の説明責任は明らかに検察、マスコミの側にあるのです。
事を起こした張本人なのですから。
検察はさんざん家宅捜査を繰り返し、不起訴に至った経緯の説明を国民に丁寧に示す責任があります。
検察審査会のメンバーは名前を伏せてでも起訴相当という議決に至った経緯を記者会見を開き国民に説明する義務があります。
大きく国政を揺るがす疑獄事件になるやもしれない、非常に重い決定を下した責任を全うするためにです。
マスコミに小沢氏を弾圧するかのような報道を行って来たことへの説明責任があります。
報道機関が小沢氏排除に向けて行って来たテレビ番組や新聞紙面は国民を狂った聴衆に仕立て上げたのです。

小沢氏はきちんと、政治資金については全て情報公開しているのだということを、マスコミは正直に報道すべきですし、疑った国民は誰もが確認するべきです。

そんなこともわからない人間に批判されるとなったら、もう、この世は終わりです。


55. 2011年10月15日 21:40:26: 0EopofEgjc
>>42さん

>。ヨ16年に収支報告書に記載できなかったのか」
>ってそんなに重要です?

重要だと思います。
なぜなら、16年度に収支報告書に記載さえしていればこのような事態は起きなかった。
また、17年度に記載をずらすため、わざわざ不動産屋や司法書士に相談までしている。
不動産屋に断られた揚句、司法書士の助言で本登記をずらした。
しかし所有権移転は登記とは無関係なので、結局それが虚偽記載の疑いを生んでしまったんですよ。
だから、それを説明できるもっともな理由さえあればこんな裁判無罪確定するはずです。
なのになぜ誰もそれを説明しようとしないのか(石川被告なんかオザワから提供された土地購入資金を「表に出してはいけない金だと思った」なんて供述してるんですよ)?
何があったんでしょう。
大いに疑問ですね。


56. 2011年10月15日 21:45:02: ig81psVWGg

53さん

言い方が悪かったかもしれません。すみません。

私が言いたかったのは、皆さんが「10月に取引が完了していたのに、登記時期だけを1月にずらした」という検察ストーリーに囚われすぎているのではないかということです。

所有権移転時期を変更するのは契約を解除しなくても契約変更の覚書で可能です。
どんな思惑であったとしても、所有権移転=登記移転=決済期日をセットで変更することは違法ではありません。証人の不動産業者が「全部」と言ったのはこのことでしょう。

証言内容を見る限り、司法書士の提案は上の3つのうち決済だけを前倒しにするスキームと思われます。少なくとも法律知識が乏しい大久保氏はそれで問題ないと理解したはずです。

大久保氏が1月の登記完了が収支報告書に記載すべき取得日だと思っていたなら、何も「ずらす」必要はないわけですから「動機」になりようがありません。
それ故「期ずれは関係ない」と言ったわけです。後は記帳方法の是非の問題となりますが、これは争えばいいんじゃないですか。


57. 2011年10月15日 21:55:08: 79xEP8DoCg
江川紹子 Twitter 2011年10月14日の要約
---------------------------------------

@ 不動産会社担当者の証言:
大久保氏から残金支払いも含めて契約の実行全体を遅らせてもらえないか、との要望を受け、それに対し当社は、残金の支払い直後仮登記を行ない、翌年年明けに本登記しては如何でしょうかと提案した。

A 「不動産会社が大久保氏から本登記と仮登記を分けるように頼まれた。」とか
「不動産会社が大久保氏から本登記を遅らせて欲しいと頼まれた。」という報道があるとすれば、それは記者による不正確な裁判傍聴記録に起因するもの。
--------
>>01様が転載したサンケイの偏向報道:
証人:「10月29日の登記予定を、年明けにして欲しいと(大久保氏から)言われた。」
-------
サンケイなどは論外だが、証言記録をややずらしたようなレスは、投稿不相応かと・・。


58. 2011年10月15日 22:05:38: RzqCBoHeak
どうして読売などマスゴミはねつ造記事を出しても警察に捕まらないのだろうか?

59. 2011年10月15日 22:24:58: LKDXLDHvSk
>>55さん

それは貴方の勝手な「興味」でしょう。
そこに違法性があると思うなら、自分で調べて証拠をつきつけて本人から聞けばよい。

>16年度に収支報告書に記載さえしていればこのような事態は起きなかった。

とは思わない。

検察、マスコミは何が何でも小沢氏を引きずり下ろしたいのです。
陸山会事件が起こった2日前、西松事件の訴因が消滅し、彼らは追いつめられていた。

これがダメでも、他に何かしら難癖をつけて事件を作ったでしょう。


>石川被告なんかオザワから提供された土地購入資金を「表に出してはいけない金だと思った」なんて供述してるんですよ)?

とはいつの公判で発言したものですか?
公判記録を見てもそのような発言を見つけられない。
それにしても表に出してはいけない金を、年を跨いで表に出したわけですか?
馬鹿ですか?


60. 2011年10月15日 23:05:58: FDkDmYcD3I
ホント、アホくさいこと限りなし。
一刻も早く、愚かな裁判は閉廷すべし。

61. 2011年10月15日 23:11:06: NizQOPCLy2
> 「仮登記と本登記(を分ける)とかは大久保さんもよく分かってなかったみたいです」と。それを提案したのは「こちらからだった」と繰り返し証言しています。

事実は、秘書はよく分かってなかったと。

産経みたいな自民の犬に正しい報道は期待できない。


62. 2011年10月15日 23:25:18: g9jLm1zljE
>>53 0EopofEgjc この投稿欄に限らず、最近よく見かけますね。この裁判の正当性を主張したいのかしら?
<オレは不動産取引を含む法律は一応深く学んでおります。>(羨ましい限りです)

言論の自由だが、あんまり感心しませんね!一般国民は、みんな法律に精通している訳じゃないでしょ!!

>>48さんが述べられた見解に同感です。専門知識を持つ司法書士や弁護士がチェックした取引の手続きに
問題があるとしたら、不動産業者に聞けば済む事でしょう!!

意図的な「期ズレ」と言いますが、それぞれの個人都合による状況判断をしたら、許されないって事!?

弘中弁護士が【マンガのような事件】全く、おっしゃる通りですね。


63. 2011年10月15日 23:26:25: 0EopofEgjc
>>56さん

覚書についてはよく理解しています。
確かにこれなら所有権移転時期をずらす事は可能だと思います。
通常は不備さえなければ契約書の一部として取り扱われますからね。
ただし問題は、本件のような双務契約の場合、同時履行が原則ですからあなたがおっしゃるように「所有権移転=登記移転=決済期日をセットで変更(ただし仮登記で権利保全をするという事なら本登記は買主の意向に合わせてもいいと判断したんでしょうね)」しなくてはなりません(同時履行の抗弁権を使ったトラブルを防ぐ為にもね)。
ですから、不動産屋がそれを拒むのも十分理解できますね(そうしないと4億円という大金の入金が翌年にずれこんでしまいます)。
そしてそれを考えればなおさら土地取得は16年内ということです。
で、やはり残る疑問は、何故にそこまでして16年に収支報告書に記載できなかったのか、という事だと思いませんか?
それは確かに法に触れているという証拠がない限り、いくら検察といえども返答を無理強いできる性質のものではありません。
しかし、一般庶民がこれほど注目している中で何の説明もしないのはやはり疑惑を深めるばかりだと思うのです。
小沢氏を支援している人達は「そんな事アンタ達の知ったこっちゃないだろ?」っておっしゃるかも知れませんが、そうでない人から見れば「うーん、やっぱりなんかあるんじゃないか」って思うのは致し方ないですよね。
で、最後にオレの考えを言います。
事の元凶は、石川被告の「土地購入資金として小沢被告から提供された金は表に出せないものだと思った」という証言にあると思います。
それを聞けば検察も「あーなるほど。だから何とかして取得日をずらそうとしたんだ」と思うのはごく自然でしょう(実は他にも何かあるんじゃないかと思ってるんですが、何の根拠もないので発言は控えさせていただきます)。
で、結局調べてみれば土地は16年中に所有権移転が完了し、勿論代金も全額その時点で支払い済み。
これが「所有権移転=登記移転=決済期日をセットで」翌年に変更できていたなら
「事務所の資金がショートするのを防ぐためにずらした」という理由は十分説得力もあるし、誰も文句のつけようもないはずです。
また他にもいくらでも尤もらしい理由は思いつくでしょう(単にそんな年末が迫った時期に急いで買う必要もないと思った、とかね)。
つまりオレは前述の石川発言が「期ズレ」疑惑の原因だと思っています。
またあなたのご指摘の

>大久保氏が1月の登記完了が収支報告書に記載すべき取得日だと思っていたなら
>何も「ずらす」必要はないわけですから「動機」になりようがありません。
>それ故「期ずれは関係ない」と言ったわけです。後は記帳方法の是非の問題となりますが、
>これは争えばいいんじゃないですか。

これについては後の祭りです。
だって、石川、大久保両被告が取得日(売買日)を執拗に翌年にずらそうと画策していた上に不動産屋から断られ、司法書士にまで相談していたんですから。
こういう経緯の中で、相談を受けた司法書士が「本登記を翌年にずらせば取得時期を法に触れる事なくずらす事ができる」と言うと思われますか?
まさに脱法行為の指南ですよ、それは。


64. 2011年10月15日 23:48:52: NRvAM7Ti0k
張本は球界の嫌われ者だからね、
TBSに出られているのは朝鮮人脈があるからだろう、和田みたいに

65. 2011年10月15日 23:55:52: 0EopofEgjc
>>59

http://president.jp.reuters.com/article/2011/03/04/C8AA76E0-40CC-11E0-8E0A-55193F99CD51.php?rpc=110

[以下転載]
陸山会は2004年に東京・世田谷区深沢に約3億5000万円の土地を購入したが、小沢氏は石川被告ら元秘書3人と共謀して04年分の政治資金収支報告書に記載せず、05年分に記載したとして強制起訴された。小沢氏側は起訴前、銀行から借りた4億円で購入したと説明したが、銀行融資を受ける前に土地代金の支払いが済んでいたことが判明すると、小沢氏が個人的に蓄えていた4億円で買ったと説明を変更した。

石川被告は東京地検特捜部の捜査段階での取り調べで、小沢氏の4億円を「表に出すのはまずいカネ」と思い、「原資を隠すために偽装工作をした」と供述したとされ、検察側は小沢氏の4億円の中に中堅建設会社、水谷建設からの裏金が含まれている疑いがあるとして裁判で争う構えだ(被告側は「検事に誘導された」として供述の信用性を争う方針)。
[転載終了]

だよ。
本件裁判の訴因は虚偽記載だから、16年度の収支報告書にちゃんと記載していれば本件での起訴はなかったはずだよ。


66. 2011年10月16日 00:00:28: txZGCUo5aE
 マスゴミはネット社会にも最期の足掻き的抵抗。

 陸山会の期ズレ(犯罪でもなんでも無い。そもそも、記入ミスとのデッチ上げしか出来ない。)裁判は日本の国体を証明している。それは官僚の(=カダフィー以上の)独裁国家を表に現した。

 もし大久保さんが「登記を早めたい。」との情報があれば、“官房機密費の二重金庫があった”とでも“現代版大本営発表”をかますことであったろう。何れにしても裁判官もマスゴミのトップも実態社会の化石の様な存在である。


67. 2011年10月16日 00:05:37: 0EopofEgjc
>>62

www
チンプンカンプンで理解できなかったんだね。
ごめんね。
でも、議論の相手の人も不動産関係の法律には詳しい人みたいだから、どうしても
専門用語が必要になるし、オレが法律の事は一応理解してるって分かれば手間が省けるんだよ。
ちょっとだけ我慢してね。


68. 2011年10月16日 00:32:50: CqTGvl7Gec
>>63
>一般庶民がこれほど注目している中で、、、

大手マスメディアの論調とそっくりですね。

「木を見て森を見ず」の典型です。

私は三年余りになる西松から始まって、訴因変更、違法な捜査、不起訴、検察審査会と、小沢より検察、マスメディア、司法のあまりの酷さに
あきれ返ってこの事件を注目してきました。

検察審査会一つとってもネタが多くてそれこそ聞きたいことが山ほどある。

あなたには、この事件の本質が理解出来ない。


69. 2011年10月16日 00:39:20: 0EopofEgjc
>>68

この裁判の事なら何でも聞いてよw
分かる事は返答するし、分かんないことは素直に分かりませんって言うから。
なるべく具体的に頼むよw


70. 2011年10月16日 00:59:55: 79xEP8DoCg
陸山会という組織がもし法人であれば、土地取引にかかわる契約行為をすることができるのですが、「陸山会」は権利なき社団なので、契約行為ができないため、契約者は小澤一郎氏個人なんですね。(契約書上の名義は陸山会代表小沢一郎です。)

ではその土地が一体いつ陸山会の所有になったのかというと、小澤一郎氏個人と陸山会代表の小沢一郎氏とが交わした確認書の日付である05年1月7日なのです。
Mr.smacの見解をまだ御覧になっていない方は、参考までに下記を御覧ください。
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/547.html#c9


71. 2011年10月16日 01:08:09: SX6m0aOFkg
>>63 他のコメント番号は省略する。
0EopofEgjcさんの一連の意見は理にかなっていると私も思う。

江川さんも小沢さんの当時の秘書のうち、特に石川議員については、「不動産購入の時期を翌年にずらしたことは事実であり、その点では政治資金規正法の虚偽記載として有罪はありうると思っていた」と発言している。

郷原弁護士も微罪での有罪ならばあり得ると発言していたと記憶している。

三井環元大阪高検公安部長も、著書「検察の大罪」の中で、「期ズレ」による規正法違反なら石川議員らを逮捕する必要はなく、在宅起訴で十分やれたはずだと書かれている。

石川議員自身も、判決前は、「期ズレ」では罪に問われるかも知れないといった発言をしていたと記憶する。

それでも私は3人の秘書の無罪、大久保氏や池田氏についてはかなりの確率で、石川議員についてはやや微妙だがありうると思っていた。

問われた罪に対し検察の職権乱用スレスレ、違法捜査スレスレの強引なやり方を比較考量すれば十分無罪もあり得ると考えていた。

判決の結果には開いた口が塞がらなかった。反論する気にもなれなかった。怒りというよりも司法はこれで大丈夫かという心配の方が頭をよぎった。

ただ、ここでの投稿の中にも極端過ぎたり、それはあり得ないだろうといった意見も目立つ。公になっている資料を見て冷静に思考すべきではないか。

以下、ネットに出ているものだが参考にして欲しい。官報に掲載された収支報告書を除いて、いずれも嘗て小沢さんサイドが公表したものだ。目に焼き付いている人もいるかも知れないが、特に契約書をもう一度よく見て欲しい。
http://deisui.sakura.ne.jp/
data436〜data445が陸山会関連の資料だ。
data435 土地の全部事項証明書(28番19)
data436 土地の全部事項証明書(28番5)
data437 確認書
data438 売渡証書
data439 売買契約書
data440 H16年収支報告書の一部(官報の一部か?)
data441以降は収支報告書や新聞記事の一部のようである

色々意見、批判はあるかも知れないが、下記、証券取引等監視委員会委員長(福岡高検検事長を最後に検事を退官)の佐渡賢一氏の意見は真っ当ではないかと思う。

『制裁システムの要、検察の不調が続いている。小沢一郎・前民主党幹事長の政治団体の政治資金規正法違反事件の捜査では一部のメディア、検察OBから「恣意的捜査」との批判を受け、小沢本人を不起訴処分にすると、今度は検察審査会から「不起訴不当」「起訴相当」議決を突きつけられた。郵便割引制度をめぐる虚偽有印公文書作成・同行使罪で村木厚子前厚生労働省局長を起訴した事件では、裁判所が、事件の核心部分の検事調書を証拠採用せず、判決前から無罪が確実視されている。このシリーズの最終回となる今回の記事では、有数の特捜検事でもあった佐渡賢一に、検察不調の原因と信頼回復の方策などを聞いた。』
以下↓
http://astand.asahi.com/magazine/judiciary/fukabori/2010071900010.html?page=1



72. 2011年10月16日 02:51:28: AYso885jns
随所に”画策”だとか、”意図的”だとか入れるとは
なかなかの煽りのテクニシャン。

この場合売る側の都合も
仲介業者の事情も
融資する銀行の事情も
考慮してみたら〜

法律にも詳しく、不動産取引の実務にも詳しい
あなたなら簡単でしょ。


73. 2011年10月16日 03:56:39: OYlmu223jY
石川議員は、保身に走った,だからぶれたのだ,司法取引など。毅然とした態度が取れていない。石川議員につく弁護士は、変わった方がいい。検察は、敵だという考えがなさすぎる。

74. 2011年10月16日 11:26:47: g9jLm1zljE
>>67

www
理解出来ない様なチンプンカンプンの「専門用語」!?何処にそんなの書いてあったのかしらね!?

>>72さんのコメントに同意です。(経理・総務の経験者として)


75. ara 2011年10月16日 11:50:57: LNmFaEQpmm68w : CnZpAEELU6
63さん
期ズレを疑問に思っているようだが、なるべく小沢さんからの借入金と思われたくないという気持ちからでしょう(実際には借入金ではなく、仮受金なのだが・・・)
いろいろと詮索するマスコミやら怪しい人間の坩堝であるから・・・・
それとも、本登記になってはじめて取得できるものと錯覚というか過誤していたか・・・?
実際には売買契約はすでに10月時点で成立していたし、支払いも済んで、名義も小沢一郎となっているし、仮登記であっても権利は小沢さんに十分保証されていたのだ。
しかしながら、小沢さんがやたらと土地取引をして儲けているような評判を立てる訳にはいかない・・・・という登記に詳しくない秘書さんたちの思いやりの判断だったと考えるのが良し。
社員は常に社長を擁護するように行動するものだ。それが現実には行き過ぎって事もありうる。

76. 2011年10月16日 12:45:18: LKDXLDHvSk
>>65

それは情報の捏造の常習犯であるマスコミの報道ですね?

裁判が終わった事件に関して、裁判での証言、裁判で採用された証拠を見ずに、なんでわざわざマスコミ情報を見るのか理解に苦しみます。

証拠であるICレコーダーの中に以下の言葉がありますよ。

03:07:03頃
検察官:「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけで、言ってるだけでね、そんなのは別に水かけ論になるから、相手にしなくていいのよ。証拠ないんだから別に。」

取り調べで検察がこのように発言した動かぬ証拠があるというのに、何で「表に出せない金だと思った」と”石川氏が”供述したという記事になっているのでしょうね?

貴方はこんなクズ記事を前提に話をしていたわけですか??

ちなみに石川さんのそのあたりの証言は第3回、4回あたりです。

http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/02/post_738.html
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/03/2254.html


77. 2011年10月16日 12:53:21: 79xEP8DoCg
6大学その他法学部出身のサラリーマンは山ほどいます。
そうであるならば、この阿修羅のレギュラー読者が1万5千人ほどだとして、4年間法律を専門的に学んだ人は、少なくとも1000人やそこいらはいるものと思われます。

不動産取引の実務を30年以上も携わってきた専門家は別格としても、ちょいと法律や不動産の知識を囓った程度で、「小沢の意図的な画策」だとか「この裁判のことは何でも聞いてよw」などと唯我独善的に大口を叩くのは如何なもんかと思いますね。
「自慢・高慢、Vakaのうち」と云うではありませんか。

また、法学部出身以外の人でも、95点以上の立派な卒論を書いた人であれば、優れた情報加工能力を駆使して、玉石混交、雑多な情報の中から真実を探求し当てることは可能だと思いますね。


78. 2011年10月16日 12:56:46: 0EopofEgjc
>>75

あなたの主張によれば、石川被告は最初は小沢被告を擁護するため虚偽記載をし、それが明るみに出て検察の取り調べを受けると今度は表に出せない金だと思ったなんて、まるであたかもそれが闇の金であるかのような供述をしたってこと?
親分を庇おうとして余計な事したばかりじゃなく、それで自分が窮地に陥ると今度は親分の足を引っ張るようないい訳をしたってわけだw
あり得ない話だとは言わないけど、もしそうなら石川って人は最低だなw


79. 2011年10月16日 13:40:55: 0EopofEgjc
>>76

あなたの言いたい事も分からんではないが、調書は逮捕前と逮捕後、ICレコーダーは保釈後の話だからなぁ。
それに調書には石川被告の署名もあるんでしょ?
あなたは多分検察に脅されたりすかされたりしてつい認めちゃったって言いたいんだろうけど、裁判での証言が真実ならなんでそれをかたくなに主張しなかったのかなぁ、真実なのに・・・おかしいね。
そうすれば、こんなに大事にはなってないはずだよ。

>>77

オレの>>66のコメントの事だろ?
ユーモアも通じないのかねぇwww


80. 2011年10月16日 14:02:30: 79xEP8DoCg
Are you vaka?
0EopofEgjcのガキっぽい文面からは「ユーモア」のカケラも感じられないが、
0EopofEgjcとは全く無関係な>>66様のコメントは、なかなかナイスで「世界の北野」よりもウワテだと思うね。

81. 2011年10月16日 14:20:05: 0EopofEgjc
>>80

>>70みたいなコメントしてるようじゃ話にならんぞw
smacや阿闍梨の問題点は事実はどうだったのかという事を無視して、虚偽記載などなかったという前提で主張を組みたてようとしている所だ。
だから、自分に都合のいい解釈を選んで論理立てようとしてるだけ。
オザワが無罪になりさえすれば事実なんかどうでもいいんだな。
オマエもそんな事くらい気付けよwww


82. 2011年10月16日 14:35:28: LKDXLDHvSk
>>79

>裁判での証言が真実ならなんでそれをかたくなに主張しなかったのかなぁ、真実なのに・・・おかしいね。


それは貴方の勝手な「興味」ですな。

じゃ、検察自身は何で「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけ。・・・」と言ったのかなあ?・・・おかしいね。


83. 2011年10月16日 14:54:29: 0EopofEgjc
>>82

>じゃ、検察自身は何で「汚い金だっていうのは、検察が勝手に言ってるだけ。・・・」と言ったのかなあ?・・・おかしいね。

その通りだね。
だからオレは今回の判決には大いに疑問を持っている。
石川被告の単なる虚偽記載での有罪はもう動かし難いと思うが(量刑については少し疑問の余地があるけどね)、贈収賄に絡んだ事実認定や、オザワの土地取得資金に違法な性質の金が含まれていたかのような判決は余りにも強引な判決だと思う。
ただし、それと国民の疑問とは別の話で、疑わしい事があれば世間から疑われるのは致し方ないし、もしそれを回避したいのなら疑いを晴らす努力をするべきだろうね。
別に訴えてる訳じゃなく、ただ疑ってるだけなんだからさ。
疑われてもいいのなら放っておけばいい。
でもそれじゃ疑いは晴れないよ。


84. ara 2011年10月16日 15:24:20: LNmFaEQpmm68w : CnZpAEELU6
78さん
表に出せない金だと思った・・・・と言ったかどうかは知らないが?
前々から、そのような段取りで土地を買っていたのだろうよ。
つまり、それもこれも親分小沢さんがつまらん連中に重箱の隅を突かれてしまうのを防ぐためなのだろう、政治をやる者としては当然の防衛策だ。
だから不動産やも銀行も秘書も司法書士もそのように動いている。
「表には出さない方が賢明だろう」という趣旨で解釈するのがよろしい・・・・
検察に追求されたから・・・といって自己保身に走る、というのはあなたくらいな者だ。そんなに簡単な師弟関係ではない、という事を強く言っておこう。

85. 2011年10月16日 15:53:43: 79xEP8DoCg
>>71様御提示のデータより;

@ 売買契約書の名義人: 陸山会 代表 小沢一郎 住所: 陸山会の住所

.........権利証の名義人: 陸山会 代表 小澤一郎  住所:小澤氏の本籍地

売買契約書及び権利証の買主名から、陸山会代表という文言を削除することは可能だが、小沢(小澤)一郎の個人名を削除すると、契約行為もできないし、権利証も受け取る事ができない。
なぜなら、陸山会は権利なき社団であるがゆえに、契約行為ができないのだ。

>>51 >>56 >>63の中で取得日という文言がしばしば使われているが、
これはcontracted dateでもなければ、execute dateでもなく、
また、registered date of the real propertyでもなく、
the receipt date of the registration certificate.を示すものと思われる。

04年10月29日に権利証を取得したのは「陸山会」ではなく、上述のように小澤一郎氏個人である。小澤一郎氏個人が土地を取得した場合、その旨政治資金収支報告書に記載する義務はない。05年1月7日がthe registered date of the real propertyであり、同日小澤一郎氏が「当該物件は陸山会の所有であるものとする。」と確認書で謳ったのであるから、陸山会による政治資金収支報告書への記載は同日以降可及的速やかに行えば良いだけのことである。
-----
>>81 and そんな事くらい気付けよ? Are you vaka?


86. 2011年10月16日 16:23:05: 0EopofEgjc
>>84

重箱の隅を突かれないために、防衛策として虚偽記載をしたって言うのか?
それじゃもはや同情の余地なしだなw
政治家としてはそれは当然のことなのか?
なんでそんな小細工してまで不動産買ったりするんだろうなw
オレは政治家たるもの正々堂々とした行動をとるもんだと思ってたよ。
オザワも含め政治家ってのは薄汚い奴の集まりって事かw
国民の生活が第一?
笑っちゃうよwww


87. 2011年10月16日 16:46:51: T0hroEK6Iw
>>86. 2011年10月16日 16:23:05: 0EopofEgjc

>それじゃもはや同情の余地なしだな

それがどうしたの、貴方の同情など何の意味もない

秘書が に触れない(と信じていたであろう)範囲で無用な
軋轢から逃れようとする事がなぜいけないか分からない

と言うか、これまでのマスコミなどの数々のバッシングを
考えれば当然の行動だと思うが、そう言うところを考えても

>オザワも含め政治家ってのは薄汚い奴の集まりって事か

なんて言えるの?まあ、”W”を使う様な方に何を言っても
無駄でしょうが・・


88. 2011年10月16日 17:02:55: 0EopofEgjc
>>85

あー、またそれかwww
いい加減もうその主張は聞き飽きたし、裁判の中でオマエみたいなあほな主張してる奴は被告側に一人もいないぞwww
もう説明するのも面倒くさい。
中国語止めて英文多用で自分の博識さをアピールしたいんだろうが、内容があまりにお粗末。
オマエはオレがカキコしてる他のスレでも見かけるから、オレが闇雲に小沢批判をしてる訳じゃないってこと位理解してるだろうが。
日中友好協会改め英文多用調子こき野郎だなw
まともな主張をしてきたらマジに相手してやるよwww


89. 2011年10月16日 17:25:27: 0EopofEgjc
>>87
オマエらがまともな主張をしない限りは何を言っても無駄だな。

>それがどうしたの、貴方の同情など何の意味もない

それを言ったらアンタの小沢擁護なども何の意味もないよw
なんたって筋が通ってないもんなw
オレの方がよっぽど小沢の役に立ってると思うんだが・・・

>秘書が に触れない(と信じていたであろう)範囲で無用な
>軋轢から逃れようとする事がなぜいけないか分からない

法に触れないと信じてたわけがないだろう。
取引自体を翌年にずらせないのが明らかになったら、本登記を遅らせて見かけ上取得日を翌年にずらそうとしたんだからな。
また軋轢から逃れようと小沢自身が不利になるような証言をしたって事か?
いけないとは言わないが、実に情けないヘタレだよw

wを使うからってその内容の正当さをも無視する訳か。
ご立派だよ、たかがw一文字でなwww


90. 2011年10月16日 17:43:19: 79xEP8DoCg
>>88 阿修羅の嫌われ者 0EopofEgjc君

>もうこれ以上説明するのが面倒くチャイ。
「陸山会」が権利なき社団だってことは知ってるし、オマエの言う通りだけど、契約の主体はあくまでも「陸山会」なんだってことくらい早く気付けよwww
小澤一郎がその物件を所有したことなんか、一度もないんだぞw

論理が支離滅裂な上に、おこちゃま口調の誹謗中傷止まり。
>>85に反論不能の0EopofEgjc君は、もうゴチゴチャと屁理屈股間で宜し。



91. 2011年10月16日 18:04:00: 0EopofEgjc
>>90

こんな小沢信者の巣窟だものオレを疎ましく思うのも当然だよ。
しかし、こんなに大勢で寄ってたかってオレを論破できないのはなぜだ?
特にオマエの主張はその中でも群を抜いてお粗末だw

>裁判の中でオマエみたいなあほな主張してる奴は被告側に一人もいないぞ

これに対して反論はないのかな?
少し見方を変えて冷静になって再考することをお勧めしたいところだが、どうせ無駄だなwww
まともに反論できなくなるとすぐに個人攻撃に走るオマエはとても見苦しい。

こんなオレの主張でも頭のいい人は何人かオレに同意してくれている。
またその人たちはとても冷静にこの件を見ている。
ま、オレとしては敵が多い方が議論のし甲斐があるってもんだ。


92. 2011年10月16日 18:40:40: T0hroEK6Iw
>>89 2011年10月16日 17:25:27: 0EopofEgjc

>オレの方がよっぽど小沢の役に立ってると思うんだが

貴殿の書いてる事は部分的に事実と適合している所はあるが、
全体として間違ってるから役に立たないよ

反面教師としては大いに役に立つが・・


93. 2011年10月16日 18:51:48: 0EopofEgjc
>>92

どこが間違ってる?
具体的に指摘してくれよw


94. 2011年10月16日 19:09:44: 79xEP8DoCg
>>91 阿修羅の鼻つまみ者

裁判の中で同様の主張をしている者は被告側にいないぞ。
--------------------------------------------------

@ その理由はなんだ?            ⇒ I don`t know.
A 被告らがアホだとは思わないのか?     ⇒ I don`t think so.
B いるべきだと思わないのか? ⇒ I don`t care. C 石川議員にメールしてやったらどうだ? ⇒ It`s not my business.
Anything else?

尚、>>90で指摘した論理的誤謬への反論は無理だろうし、また不要。
阿修羅投稿欄がガキンチョ語で穢れるだけ。


95. 2011年10月16日 19:36:38: 0EopofEgjc
>>94

バーカ
土地取得時期については被告原告双方異議なしだろうがw
いったい裁判の経緯を理解してるのか?
@〜Bはなんだ?w
自問自答か、あほらしい。
一人でやってろ。
あなたはえいごがうまいでちゅねー、とってもおりこうちゃんでちゅねーwww
ちゅうごくごもうまいんでちゅよねーwww
オマエみたいな奴の仲間になる位なら鼻つまみ者で結構、こっちが望むところだ。
それにしてもこんな厨房英語でいい気になってるオマエも哀れだな。
他にそんな奴いないぞwww


96. 2011年10月16日 20:02:04: hwdNfgmOcA
何で土地取得の話しているの?

政治資金規正法で問題になるのは資金の流れですよ?

>陸山会の会計責任者だった大久保隆規元秘書(50)と事務担当の秘書だった石川知裕衆院議員(38)は、2004年10月5日にこの業者を訪れ、東京都世田谷区の土地の売買契約を結んだ。同月29日に約3億5千万円の代金支払いを終え、所有権移転の登記をすることでいったん合意した。
>しかしその後、代金は29日に払うものの仮登記にとどめ、本登記は05年1月7日にすることを求め、売り主の了解を得たとされる。

代金の支払いが04年の10月29日なんだから、本登記の時期がいつだろうと関係いし、期ずれの口実にもできませんよ。

金の性質が云々も虚偽記載罪の成否とまるで無関係ですよ。江川女史の記事と良い、小沢信者と良い重箱の隅を突くのはみっともないです。

もともと勝ち目の薄い裁判に案の定負けたってだけでしょう。虚偽記載をサッサと認めて執行猶予の期間を短くすればいいのにねw


97. 2011年10月16日 20:42:14: 79xEP8DoCg
自称鼻つまみ者
--------------

Youの云う「土地の取得」という表現からして、契約上の文言としては曖昧な表現だから、別部分では特に英語で表現したものである。
陸山会は権利なき社団であるため、小澤氏が契約し、契約を実行したことは「確認書」に記載してある。当方は主語について主に言及しているだけ。
「土地取得時期については・。」?当方の何処にそんなこと書いてあったかしらね?
>>74様からも同様の指摘をされているね。)

反論先のレス番号を度々間違えるのもどうかと思うけれど、それはともかく、言及してもいないことを言及したかのように創作するから、Youは「鼻つまみ者」な訳。
お分かり?


98. 2011年10月16日 20:48:38: 0EopofEgjc
>>96

おっしゃる通りでございます。


99. 2011年10月16日 20:59:20: 0EopofEgjc
>>97

youってmeのこと?
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


100. 2011年10月16日 21:05:46: hSeJ2PnNDM

↑こんなのも鼻ツマミ者の証拠…


101. 2011年10月16日 22:42:57: T0hroEK6Iw
>>93. 2011年10月16日 18:51:48: 0EopofEgjc
>>92

>どこが間違ってる?
>具体的に指摘してくれよ

小沢氏の裁判、秘書の裁判、それぞれ何が起訴事実か知ってる?


102. 2011年10月16日 23:08:21: 0EopofEgjc
とんでもない事発見。
弘中弁護士、冒頭陳述でこんなこと言ってたんだね。

[以下転載]
〇収支報告書に虚偽記載がないこと
「不動産会社と陸山会は、遅くとも平成16年10月29日までに、『17年1月7日売買』を登記原因とする所有権移転登記の委任状を、司法書士に交付した。所有権移転を伴う売買契約日は平成17年1月7日であることを明確に示す証拠である」
「所有権が仮登記と本登記の2つに分けられた場合、本登記の時に文字通り所有権が移転すると考えるのが極めて常識的な理解というべきである」
〇「手続きの不自然さ」とその背景を追及する指定弁護士側の冒頭陳述に対する反論
「司法書士は不動産会社と陸山会の各担当者に対し、各手続きが犯罪に該当するなどとは一切説明していない。司法書士が適法な手続きであると判断して、登記申請をしたのは明らかだ」
[転載終了]

あーあ、こんなこと言っちゃたら小沢本人もタダじゃすまないよ。
だって仲介業者の証言(売買契約日を翌年にずらすよう依頼されたが断った)とも、元秘書の証言(売買契約日をずらせなかったので司法書士に相談して本登記を意図的に翌年にずらし、収支報告書の記載を翌年度にした)とも主張が合わないじゃないの。
問題はここ。

「不動産会社と陸山会は、遅くとも平成16年10月29日までに、『17年1月7日売買』を登記原因とする所有権移転登記の委任状を、司法書士に交付した。」

売買日は16年10月29日(仲介業者の担当者なんか10月5日だと思ってたみたいじゃんw)に決まってて、元秘書ら(石川氏と大久保氏)はそれを知っていたはずなのに。
だから、司法書士にわざわざ相談して翌年1月7日に本登記ずらすことになったんでしょ?
こんなこと裁判で言っちゃったら今度は下手したら売主ともども文書偽造罪(同行使も含む)だよ。
全部元秘書と司法書士(確かもう亡くなってるんだよね。死人に口なし?)に罪おっかぶせるつもりなのか、弘中は・・・
しーらないっとw


103. 2011年10月16日 23:25:23: 0EopofEgjc
>>101

めんどくせ―けど答えてやるよw
秘書の裁判は、@西松建設のダミーの政治団体からの不正献金に絡む虚偽記載
       A陸山会による土地取得に絡む虚偽記載
小沢の裁判は、 陸山会による土地取得に絡む虚偽記載の共謀

だろ?
それがどうした?


104. 2011年10月16日 23:37:23: 17UGC0myrQ

ここが「小沢信者の巣窟」だというのなら、

大手メディアの新聞、テレビ、ラジオ、司会者、コメンテイターの
ほとんどが反小沢信者の巣窟の住人じゃないかw

数多くあるネタのひとつ、例えば、検察審査会の天文学的数字があるけど
もしこれが小沢一郎側のカネに絡むデータだったらそれこそ飛びついて

「おいおい、小沢、やっちゃたなwww」と書き込むんだろう。


105. 2011年10月17日 00:04:57: hSeJ2PnNDM
>>102
> 元秘書の証言(売買契約日をずらせなかったので司法書士に相談して本登記を意図的に翌年にずらし、

不正確。自分がどこのスレに書き込んでるのか自覚ある?
このスレのタイトルは「登記を遅らせる提案は不動産会社から…」なのだが。
つまり小沢氏サイドは「売買を先送りすることを希望したが、売り手がお金は予定通り欲しいと言ったため、仲介不動産屋が司法書士に相談して、登記だけ遅らせることにした」と仲介不動産会社担当者が証言したという内容のスレ。
あんたはどこでもこれを否定してないよね?…なのになんで全然違うこと書くのかな?

> 元秘書ら(石川氏と大久保氏)はそれを知っていたはずなのに。
> だから、司法書士にわざわざ相談して翌年1月7日に本登記ずらすことになったんでしょ?

上に同じ。

> 売買日は16年10月29日(仲介業者の担当者なんか10月5日だと思ってたみたいじゃんw)に決まってて

「(仲介業者の担当者なんか10月5日だと思ってたみたいじゃんw)」

だから何?
10月5日というのは売買契約書を交わした日。
いくら何でも、「売買契約書を交わした日」を「売買が成立した日」と見なすのは無理。
この担当者の無見識が出た証言であるに過ぎない。
こういう、どうでもいいような話を何でわざわざ書くかなあ?

──あんたのコメントが胡散臭い理由がわかったよ。
全部「ウソ」や「デタラメ」ではないのだが、上のように、小さなウソや不正確なことや、全く関係のない話、レベルの違う話がごっちゃになっているからだ。
もしかすると自分でもポイントが分かってないんじゃないの?
だからどうでもいいことをグチャグチャと、ムダに饒舌に書いちゃうんじゃないの?
もっと整理してから書きなよ。


106. 2011年10月17日 00:52:22: 0EopofEgjc
>>105

胡散臭くて悪かったなw
じゃあ、丁寧にご説明してやるよ。

まず、元秘書が仲介業者に契約後に土地の売買手続き(売買-つまり代金支払い、土地取得、登記一切だ)を翌年に遅らせてほしいと依頼した。
で、仲介業者は売主に相談したところそれはできないと断られたが、登記を遅らせるだけなら構わないと言われた。
で、仲介業者の担当者は上司と相談の上、仮登記を売買日に行い買主の権利保全をし、後日(買主の依頼通り)翌年1月7日に本登記をすることにした。
で、それについて仲介業者の担当は非常に異例の措置だと言っている(それは本当だ。通常のやり方ではない)。
そこまではいいな?
そして問題は、売買日は本登記の際の登記原因の欄に「○年○月○日売買」と記載される。
それが16年10月29日のままなら元秘書にとってはまずいだろ?
売買自体が17年に行われたことにしなきゃならないんだから(普通の登記実務では仲介業者が言うように、遅滞なく売買日に行う。だから会計業務でも登記日を売買日とすることが当たり前に行われる。殆どの場合同じ日付だからだ)、登記申請をする時に添付が必要な「登記原因証明情報」という書類の「原因」欄には、「17年1月7日売買」と実際と異なる記載をしなくてはならない。またその書類には売り主、買主の署名、捺印も必要だ。
とすると、元秘書は仲介業者に売買日をずらす事を断られた訳だから、当然本当の売買日を知っていた事になる(これが単純に本登記手続きをする事だけを遅らせるのなら全く問題ない)。が、弘中弁護士が明かしているように、売買日も意図的に翌年にずらしている。
有印私文書偽造にならなきゃいいけどね。


107. 一隅より 2011年10月17日 01:21:51: PnbUj1IYwR18o : RL2NgW8W3M
>>96 氏に同意です。

まず、>>102さんの引用した弘中弁護士、「本登記の時に文字通り所有権が移転すると考えるのが極めて常識的な理解」、かどうかはかなり怪しい。

こんな主張で、「10/29全額支払いのあった時に所有権移転と考えるのが常識」という見方に勝てますか。


そもそも、「登記を遅らせる提案は不動産会社から」という、投稿記事の表題がおかしい。

投稿記事によれば、買主側の真意は、「土地の売買手続き全体を遅らせてほしいが、代金支払い延期はできないなら(当然だ)、せめて本登記は先延ばししたい」、ということになります。

だから、「本登記を遅らせる希望は買主から出た」、というのが正しい。


売主としては、約定どおり10/29に全額支払いがあれば買主が仮登記しようが、いつ本登記しようが、所有権移転がいつだろうが、そんなことはどうでもよい。

ところが買主のほうは、全額支払っておきながら本登記せず、仮登記というのはかなり異常です。普通やりません。というか、まずやりません。不動産売買としてはそんなことやる意味はまったく無いし、(あまり言われませんが)デメリットがないわけではない。

買主側がそんな危険を冒してまでなぜ、10/29にできる本登記をせず、1/7にしたのかは依然不明のままです。


もっとも、>>106さん、登記原因の欄に何と書いてあろうが、実態の判断はそれとは別にされると思いますよ。
(だからまた逆に、実態とちがう登記申請書類を作成・提出したからといって、それだけでは文書偽造にもならないでしょう。)

だからこの点は、>>96 氏が、

>何で土地取得の話しているの? 政治資金規正法で問題になるのは資金の流れですよ?
>代金の支払いが04年の10月29日なんだから、本登記の時期がいつだろうと関係(な)いし、期ずれの口実にもできませんよ。

とコメントしている(=実質が問題なのだといっているのだと思います)ことに、賛成です。


もっともだからといって、小沢一郎という政治家に対して不当な政治的攻撃がかけられていることには変わりはありません。
そしてそれがインチキ検察審査会、インチキ裁判というかたちでやられようとしていることも、見逃すわけにはいきません。


108. 2011年10月17日 01:43:17: 17UGC0myrQ
シュールだなw

109. 2011年10月17日 17:16:46: 0EopofEgjc
>>107一隅よりさん

>もっとも、>>106さん、登記原因の欄に何と書いてあろうが、実態の判断はそれとは別にされると思いますよ。

これが登記申請の事について言ってるのなら、オレは違うと思うな。
まずオレは必ずしもこれが私文書偽造で挙げられるとは思っていない(だからあえて「下手すりゃ」とか「ならなきゃいいのにね」と書いた)。
本来登記の際登記原因の日付が多少ずれていたとしても大した問題にはならないからね(なるとすれば税金の問題位だろう。それは本件じゃ買主が負担する約束をしていると思うので登記義務者・権利者双方には何も問題は発生しないだろう)。
問題はそこにあるんじゃないよ。
まず、不動産登記を実際にした事があれば分かると思うが、登記移転の際実質の所有者が誰か、実際にいつ売買されたかなんて法務局側はいちいち調べたりしないで、書類上の不備がなければその通り事務的に処理する。
だから普通は所有権移転登記の際は、登記義務者と登記権利者が共同で申請するのが原則だ(それは登記内容が真正であることを担保するための措置だ。ただし委任状があれば別だよ。またさらに、登記内容には公信力がない。つまり事実であるという保証にはならないという事だ。もし何か問題があれば訴訟なり何なり別の形で処理することになる)。
で、今回の一番の問題点は、政治資金収支報告書に事実と異なる記載をするためにあえて事実と異なる登記原因証明情報(普通は契約書をもってそれに替えるんだけどさ、今回はそうすると実際の売買日がばれてしまうからわざわざ登記原因証明情報の書類を別に作成せざるを得なかったんだろうね)を作成し、それをもって所有権移転登記をしたって事だよ。
やり方がちょっと悪質じゃないかな?
だから弘中弁護士がなんでその事を自分から持ち出したのか、不思議でならない。
大体物の引き渡しも代金支払いも終えてるのに登記した時が常識的な所有権移転時期だなんて辻褄が合わないだろうにね。
それに登記はあとにずらせる事も元秘書は当然知ってるんだから尚更だよね。
初めて不動産買った訳でもあるまいに。
ま、これはオレの個人的な意見だからね、オマエの勝手な思い込みだっていわれりゃそれまでだけどさw
余談だが、オレも元秘書の意思員の判決はおかしいと思う所が多々ある。
だけどそれとこれとは別問題だよ。


110. 2011年10月17日 19:46:45: 79xEP8DoCg
>>107

>買主側がそんな危険を冒してまでなぜ、10/29にできる本登記をせず、1/7にしたのかは依然不明のままです。

地目は畑ですから、10/29の本登記は不可能ではありませんか?
また、翌年1月7日に本登記した時、それを受け付けた登記所の職員が「今頃になって登記でお見えになるのには、何か原因があるのですか?」と聞かれた場合「農地転用の受理を頂くのに色々と手間取りまして・・。」と答えれば済むことでしょう。
ほかのレスに「別途登記原因証明情報を作成したやり口が悪質だ。」などとありますが、それこそ、bad intentionsのあるdisinformation、だと思いますね。


111. 2011年10月17日 19:58:02: 0EopofEgjc
>>110

横レス失礼。
東京都の場合、地目変更前に所有権移転をするのは可能だ。
よく小沢一郎に所有権が移転した後の登記簿を見てごらん。
地目は畑のままだ。
それに、登記に義務はないから

>翌年1月7日に本登記した時、それを受け付けた登記所の職員が「今頃になって登記でお見えになるのには、何か原因があるのですか?」と聞かれた場合

こんな事は聞かれないよw


112. 2011年10月17日 20:43:08: 79xEP8DoCg
>>111

工作員活動乙。 必死さが伝わってくるね。
でも、Youに贈呈したナイスな渾名は、きのうの本投稿閲覧者約3000人に拡散済みだが、今夜の本投稿閲覧者数は200人止まりだろうよ。
さてと、涙目wwでもからかいに行ってくるかな。
BIBI



113. 2011年10月17日 21:12:29: 0EopofEgjc
>>112

議論で太刀打ちできないと分かると、個人攻撃に走る情けない奴www
オマエの頭なら涙目にも議論で負けちまうぞw
まぁ、精々頑張るんだな。
あとそのきざな言い回し、何とかならんのか?w
バカ丸出しだぞwww


114. 一隅より 2011年10月17日 22:26:40: PnbUj1IYwR18o : RL2NgW8W3M
>>110さん

>地目は畑ですから、10/29の本登記は不可能ではありませんか?

1.農業委員会へ転用の届出・受理は、10/29までに可能と思います。
2.そもそも、上の1のようなスケジュールが想定されたからこそ、10/5手付け、10/29残金決済・登記・引渡しという契約を(10/5に)したのだと思います。
3.かりに(事実としてそんなことはなかったと思いますが)、10/29に農地転用届出受理通知書が入手できていなければ(=それが理由で本登記できないなら)、買主は決して残代金全額支払いなどしないでしょう。(受理通知書の用意は売主の義務ですから、買主はそれが用意されるまで支払う必要ない。)

というわけで、農地法はこの問題にはまったく関係がないと思います。地目については、>>111さんのいうとおり。


>>109さん、というか、>>109のコメントへ

なるほど確かにと思わせられる点、??と思う点、あります。お答えすべきだしお答えしたいのですが、今日はむり。私自身もう少し考えてからにさせてください。


115. 一隅より 2011年10月17日 23:34:02: PnbUj1IYwR18o : RL2NgW8W3M
>>109さん

登記実務がどうなっているか、登記官がどう形式的に処理するか、などは多少は知っているつもりです。

さらにいえば「登記内容の真正の担保」(=権利変動の実体的真実)などというものは、登記官が問題にしないだけでなく、売主買主とも(合意なら)問題にしません。(おっしゃるとおり税務は別。)
売主買主合意で、実体(=真実)と違う登記などいくらでもありますよね。

それが問題となるのは、合意がくずれ(あるいは別の者があらわれ)、争いになった場合だけです。

しかし今回は、売主買主の争いなどない。(それに税務署も検察庁も、登記の点で文句などいってはいない。)

だから、>>96さんが、「土地取得がどうの登記がどうのでなく、実質(=政治資金規正法で問題になる、資金の流れ)が問題なのだ」、と指摘されたことに賛同したのです。

もっとも、登記の実態やそんなことは109さん先刻ご承知ですよね。
売主買主は、さまざまな理由から、合意のうえで、真実とちがう登記をしているのが実態だということも、よくご存知のところです。

(なお蛇足。登記原因証明情報の書類はふつう「わざわざ別に」作成します。「契約書をもってそれに替え」しません。理由は・・・ご存知ですか?)


私が疑問なのは、なぜ10/29にしようと思えばできる本登記をせず1/7にしたのか、ということでもありますが、それはどうでもよいこと。
上にも述べたように、それにはいろいろな理由があるだろうからです。
また、96さんのいうように、あまりどうでもよいことだからです。

それよりも、多くの売主買主がさまざまな理由から合意のうえ真実とちがう登記をしているのが実態なのに、
なぜ今回だけは、>政治資金収支報告書に事実と異なる記載をするためにあえて事実と異なる登記原因証明情報を作成し(た)、
と、その目的を即断、臆断するのですか。
その憶断にもとづいて、(なぜ今回だけは)裁判までするのですか。

そこがいちばん疑問です。


116. 2011年10月17日 23:45:44: 79xEP8DoCg
>>114

なるほど・・・、了解。
ただ、被告側に本登記の遅延があったとしても、その遅延の目的が小沢氏と謀議の上、虚偽記載を行ない、4億円の出所を隠蔽することにあったと検察役弁護士が断定するのであれば、論理が飛躍しているし、それも含めて、ヤメ検・若狭の云う「質の高い状況証拠」が検察役弁護士側からは未だ提出されていないように思います。
常識的に考えて、現段階では、幽霊審査会による単なる言い掛かりのままなのではありませんか。むしろ大善裁判長が、例の検察調書をどう取り扱うかが「剣ヶ峰」のように思われます。

>>113 鼻ツマミ者

横レス失礼といいながら、議論のお相手をしてもらえないと、ぐずり出すガキンチョ。
そんなYouのヤンキー口調からして(昼は●金融でバイト、夜間・工作員程度の)卑賤な仕事にハマってることが十分に伺える。大手の銀行、商社、メーカー等担当者であるならば、普段から丁寧口調が抜けず、Youのような小汚いstreet系は皆無。
また、レス番号【40】の表示を【80】と視認ミスするほどだから、トラックの運ちゃんも勤まらないだろう。
Are you a genuine yankee?



117. 2011年10月18日 14:31:57: 0EopofEgjc
>>115一隅よりさん

>売主買主合意で、実体(=真実)と違う登記などいくらでもありますよね。
>多くの売主買主がさまざまな理由から合意のうえ真実とちがう登記をしているのが実態なのに

これについては実際どれくらいの頻度で実体と異なる内容の登記がなされているか不明なので同意も反論もしないが、登記義務者・権利者双方が合意の上であれば実体と異なる内容の登記をすることが容易であることは確かだね。

蛇足の部分の答えは幾通りも考えられるので(あなたが何を言わんとしているかよく理解できない。登記実務に関してこっちの知識を試すような問いかけはちょっと不愉快だな)、さらに人によっては買主自身で登記申請したいって人もいるしさ、そんな場合は契約書や領収書、売渡証書(コピーを原本と一緒に持っていけば原本は全部返却してくれる)を登記原因証明情報とすることは珍しくないよ。
あ、もしかして「登記原因証明情報兼土地所有権移転登記承諾書」の方が便利だって事?そりゃそうだね。
でも地番や地目・地積など正確に記載しなきゃなんないから面倒だけどね。
司法書士に頼めば費用がかかるしさ。

それはさて置き本題に入るよ。
やっぱりオレが言いたいことがちゃんと伝わってないみたいだね。
言い方が悪かったかな?
だいたい今回の事件に登記の内容の問題が関係していると言いだしたのは被告側の弁護人だよ。
実を言えばオレはだいぶ前に本件の登記簿の画像を見た時からおかしいなとは思っていた。
だって、明らかに契約や代金支払いは16年10月だし、農転届の受理なんか時間的にも期ズレの理由になんかならないもんね。
それなのに、登記簿の原因欄には「17年1月7日売買」って記載されてる。
で、どうして物の引き渡し日(=代金完済日、常識的にはね)に本登記していないのか疑問に思った(売り主側の事情で物の引き渡しが遅れるなら代金支払いもずらすだろうし)。
だとすれば、何らかの理由で売り主買主双方合意の上(合意の上じゃなかったらさらに大変な事になるね)で「登記原因証明情報」を実体とは違うものにいじった上で本登記をずらした事になるよね。
でもオレはあえてその事は今まで問題にしなかった(どんな理由でそうしたかなんて今回の訴因に関連してる事が明らかじゃないうちはオレの知ったこっちゃないからね。それにオレが問題にしないからって別にどうってことないってか屁でもないんだけどさ)。
あなたが言うとおり当事者双方に異議がなければ外野が文句付ける筋合いのものじゃない。
しかし小沢被告の公判で驚くことに被告側弁護人自ら冒頭陳述でその件を持ち出し、有ろう事かその登記内容を根拠に無罪を主張した。
被告側がそんな主張をするなら(被告自ら登記簿の件を本件と関連付けたんだから)もうその件を無視する理由なんかないよ。
弘中弁護士が持ち出した登記内容の件で窮地に陥るのは、かえって被告自身じゃないかって事をオレはいってるんだよ。
わざわざ登記内容の真正さや登記に至る経緯について吟味してくれって言ってるようなもんじゃいの。
それならその事について、外野のオレも吟味してみようかなって思ったのさ。
で、>>102以降のオレのレスに至った訳。
別に即断、憶断するつもりはないし、裁判だなんてとんでもないw
オレは被告側が持ち出してきた証拠をオレなりに考えて意見してるだけ。
分かってくれたかな?


118. 一隅より 2011年10月18日 22:00:23: PnbUj1IYwR18o : RL2NgW8W3M
>>117さん

前置き。
「蛇足」の部分での当方の書き方はたしかに失礼にもあたりうるものでした。お詫びします。
ただ、(117さんにではなく)、登記実務のウラのようなことを世間一般にあまり広める必要もないと思ったからでした。
失礼をお詫びさせていただいて、「本題」へいきます。


あなたのおっしゃりたいこと、当方が「やっぱりちゃんと」わかってなかったようです。今度はよくわかりました。いえ、私のわかりが悪かった。

おっしゃるとおり、「明らかに契約や代金支払いは16年10月だし、農転届の受理なんか時間的にも期ズレの理由になんかならない」ですものね。同感です。>>96さんも同様のことをおっしゃってました。

おっしゃるとおり、「どんな理由でそうした(本登記)かなんて今回の訴因に関連してる事が明らかじゃないうちは」、どうでもよいことです。
ここまでは、あなたも、96さんも、私もどうやら共通のようです。

これを踏まえて、言いたいことが、ここから先、各々少しずつ違うようですね。


あなたは、「被告人側が自ら登記の件を持ち出して無罪を主張したのだから、それについて吟味してみよう。別に即断、憶断するつもりはない」、とおっしゃるのですから、それはそれで私としては異論を述べるところではありません。

私はただ、その「吟味」の前提となる登記のじっさいについて、(117さんではなく)世間一般とくに小沢擁護派に、多少正確を欠く情報が広まっているようでしたので(たとえば農地法)、コメントさせてもらったのでした。

(これまた余談ですが、>>107で、「あまり言われないが仮登記には危険もある」、と書いたのも同じ理由です。
阿修羅板上では、全額払っておいて仮登記ということがどんなに異常なことか(そして多少は危険なことか)、あまり強く意識されていない意見が多いようです。
まるで仮登記で権利は保全されるから大丈夫、あとは買主側の事情で本登記すればよい、とでもいうような前提で論じられているような感じがしますが、そんなことはないと思います。)


さて、そこから先、>>96さんは、だから登記や何かの話ではなく、政治資金規正法で(実質的に)問題になる「資金の流れ」の話をしようとおっしゃる。
何度も書きましたが、賛成です。

私の言いたかったことは下に、>>116さんへのお返事とあわせて書きます。
 ↓

--------------------
>>116さん

>ただ・・・目的が小沢氏と謀議の上、虚偽記載を行ない、4億円の出所を隠蔽することにあったと検察役弁護士が断定するのであれば、論理が飛躍している・・・

まったく同感です。


私は、(われわれにとって)問題は登記や何かの話ではなく、それどころか一連の裁判の行方ですらないんじゃないかと思います。

一連の「事件」そのものは、事実無根のデッチ上げなのか、可罰性ない形式犯またはミスなのか(秘書のほう)、それとも本当に罰すべき犯罪があったのかは知りません(私はないと考えますが。)

説明しにくい資金流用や急の入用、規正法解釈、記載のミスなどが(かりに)あったとして、それは犯罪として罰しなければならないほどのものだったのか。
あるいはそうではなく、(こういうとそれだけで怒る人もいるだろうが)、小沢さんにだって「誰だって叩けばホコリくらい出る」という意味での資金調達の事情くらいあったかも知れない。
(もっとも、巨額・悪質の、いわゆる汚いカネがあったとは思いませんが。)

結果的に今回のことで小沢一郎の政治生命は失われる(奪われる)かも知れません。何とかもちこたえるかも知れません。
しかし裁判の行方がどう転んでも、(極論すれば、自ら必要と信じる政治活動資金のためかりに多少「汚いカネ」を受け入れたとしてさえ)、だからといって小沢一郎という政治家のもつ意味、その評価に変わりはありません。(私は変わらずえらい政治家だと思っています。)

そんなことよりも、一連の(秘書にたいする)捜査・起訴のありかた・タイミング、(検察で起訴できなかったものをインチキ検審で立件した)小沢本人に対する政治裁判、(マスコミなど)政治的攻撃の悪質さをこそ問題とすべきだ、と考えます。
そうでなく今のままでは、立証があろうがなかろうが、「有罪」判決にされてしまいかねません。
向こうはいずれにせよ(証拠にもとづく攻防がどうなろうと)、小沢=カネに汚い、と持っていきたいのだから。

だから、登記がどうとか裁判上の攻防は弁護人に任せておけばいい。
われわれのほうは、ここに政治・司法の問題として見逃してはならない不当・不法がある、これこそ国民のいま追及すべきことだ、と思うからです。


そう考えると、ここ阿修羅板上では、小沢批判派は「登記がこうだから小沢有罪。登記を説明しろ」とか、小沢擁護派は「登記がこうだから(あるいは登記がどうでも)小沢無罪」、などという議論に傾きすぎていませんか。

繰り返しになりますが、10/29仮登記、1/7本登記は意味不明です。
でも、これまた繰り返しですが、それはどうでもいいことです。小沢氏はこれを説明する必要はありません。
有罪の立証は、(できるものなら)他の事実をもってすればいいのです。


119. 一隅より 2011年10月18日 23:14:24: PnbUj1IYwR18o : RL2NgW8W3M
最後に具体例を書こうと思っていたのに忘れたので追加します。
 ↓

登記に関していえば、ひとつは、小沢擁護派は「10/29仮登記、1/7本登記」は別におかしくないという前提のようですが、そんなことはない、きわめて異例だということ。

もうひとつは、>>117さんが、>>109で、「今回の一番の問題点は、政治資金収支報告書に事実と異なる記載をするためにあえて事実と異なる登記原因証明情報(普通は契約書をもってそれに替えるんだけどさ、今回はそうすると実際の売買日がばれてしまうからわざわざ登記原因証明情報の書類を別に作成せざるを得なかったんだろうね)を作成し、それをもって所有権移転登記をした」、「やり方がちょっと悪質」だと書いたので、私は、そんなことはない、登記原因証明情報の書類はふつうはわざわざ別に作成する、契約書をもってそれに替えるなどということは普通はない、と書いたのです。

どちらも、登記の実際とちがう、と思ったものですから。


120. 2011年10月18日 23:49:10: 0EopofEgjc
>>118 一隅よりさん

あなたの>>118のコメントを読む限り、オレの意見と同じです。
小沢派も、反オザワ派も何が真実なのかを考えようともせずに、自分の主張に合った解釈を選んでそれをつなぎ合わせようとしているだけ。
それは>>116も同じです。
あなたに対しては者分かりがいい振りをしているが、実はつい最近までは農転届の件で期ズレのすべてが解決すると言い張っていたんですから。
それをオレが論破した事で感情的になり、オレに対して執拗に「鼻つまみ者w」とか言って挑発してきているんですよ。
ま、オレは真剣に相手してないからどうでもいいんですけどねw
またオレは一方的にオザワを攻撃している訳ではなく、その内容によっては擁護する側に回ったりもしているんですよ。
それがかえって、オザワ派と反オザワ派に分かれている今の阿修羅の中では奇異な存在として「一体お前は何が言いたいんだ」とある意味変人扱いされている理由なんでしょうね。
性格上思った事は、ずばずば言うたちなので誤解を受けやすいのは自分でも自覚しておりますし、ここでの皆さんの発言(誹謗中傷悪態何でもアリ)の中でオレがお行儀よくカキコする必要も感じませんし。
ただし、あなたのように礼儀をわきまえ、人の意見に聞く耳を持つ方はオレは尊敬しますし、その姿勢を尊重して議論に望みたいと思います。
これからもおよろしくお願いします。


121. 2011年10月19日 00:37:51: 0EopofEgjc
>>119一隅よりさん

仰るように登記原因証明情報を別に作成する場合も少なくありません(例えば特約事項が多い場合などかえって契約書だと提出書類が多くなったりしますからね)。
でも実際契約書や領収書などで登記原因証明情報とするケースも多いです。
不動産登記法では登記原因証明情報とは契約書など契約の実体を証明する書類となっていますので、特に個人で登記される方はそうですね。
ただ作り方さえ分かっていれば、登記原因証明情報の書類を別に作った方が申請が簡略化されるのも事実です。売主買主の署名捺印をしたA4ペラ1枚で済みますからね。
多分オレの言い方がさも「登記原因証明情報」の書類を別に作成することが特異なケースだと言わんばかりの発言だったからなんでしょうけど・・・


122. 2011年10月19日 00:44:07: 0EopofEgjc
>>119一隅よりさん

一つ言い忘れました。
それに今はオンライン申請が導入されていますからね。


123. 2011年10月19日 02:58:26: 79xEP8DoCg
>>119

>登記に関して、小沢擁護派は「10/29仮登記、1/7本登記」で別におかしくないと考えているようですが、これは極めて異例です。

需要家が納期と決済を2−3ヶ月遅らせて欲しいと言い出すのは、一般的に言って確かに異例ですが、
「江川紹子裁判レポート」の断片を張り合わせて、立てた仮説は以下の通りです; 
(元3秘書の公判の経緯と1審の判決とは無関係に)

【仮説部】
年末はどこの建築業者も多忙で、翌年年初にならないと【本格的な】基礎工事ができないということを大久保さんたちは10月中旬になってやっと気づいた。(お間抜けかも・・。)
「だったら契約の履行は年明けにしろ。」と天の声。
狼狽した大久保さんたちは、おっとり刀で不動産会社に契約の履行を翌年年初まで延ばしてもらいたいと掛け合い、司法書士の爺様まで巻き込み、アメンドするしないの一大ハード・ネゴシエーションを展開。

だが結局、決済日は動かせず、本登記だけを年明けとすることで決着。(トホホ・・。)
(不動産取得税の支払い等を含む、所有権の移転と登記が翌年になるので、「いわゆる土地の取得日」が最終的に年明け以降になると大久保さんたちは考えたのでは・・・。)
【仮説部終わり】

そうであれば、この裁判レポートとかなりの部分符合するし、もしそうであれば、それが何かを隠蔽するための小沢氏を含む共同謀議に問われる犯罪なのでしょうか?

>被告側が別途登記原因証明情報を作成したのは悪質とする>>109

同感です。ですから、私も>>109の上記部分はbad intentionによるdisinformationだと>>110で述べたのです。
当方のこの指摘に対して、>>109はこの部分のみスルーし、余分なことを記述。後になって言い訳多数。
Explanation is not required:
http://www.youtube.com/watch?v=ywqg9PorTAw
-----
>>118

こんな漫画みたいな出来事を弘中弁護士の云う漫画みたいな裁判沙汰にして、おまけにマスコミもほぼ原告側に肩入れしているから、中共独裁国家のマスコミからも小バカにされるのではないでしょうか。
中共だったら「言うだけ番長」だけをしょっ引いて、懲役5年の刑でしょう。
------
蛇足:

M社やS社といった大手不動産の担当者は不動産取引知識のカタマリですが、彼らはすべて個人の売上高だけで個人の技量がはかられ、また、各店舗にかならず1人はスーパー営業マンがいると言われています。
その一方本投稿では、変な一匹が不特定多数の阿修羅読者を相手に、ひたすら不動産知識のウンチクを傾け、エラソーに振る舞いつつ、他のコメント群に対していくつかの創作混じりの軽侮を投げつけてみたり、あるいは周りからは逆に;
***
随所に”画策”だとか、”意図的”だとか入れるとはなかなかの煽りのテクニシャン。
この場合、売る側の都合も、仲介業者の事情も、融資する銀行の事情も考慮してみたら〜。
法律にも詳しく、不動産取引の実務にも詳しいあなたなら簡単でしょ。
***
と皮肉られています。

本人はミスを突付かれると興奮し、つい喧嘩腰になる気の小さな男のようですが、小沢支持者の度量が狭すぎるから自分を攻撃するのだとの被害妄想にかられています。
上述の堂々たる営業マンたちに比べ、その卑小さは明瞭。 相手にしても無意味です。


124. 2011年10月19日 12:44:38: 0EopofEgjc
大笑いしちまったwww
匿名ってのはいいねぇ。
こんなアホな筋書き書いても面と向かって笑われたりしないもんな。
それにしてもひどい出来w
>。ヨ江川紹子裁判レポート」の断片を張り合わせて、立てた仮説?
これじゃただの空想だw
それに「一隅より」さんが

>登記原因証明情報の書類はふつうはわざわざ別に作成する、
>契約書をもってそれに替えるなどということは普通はない

と言った意味や

>登記に関していえば、ひとつは、小沢擁護派は「10/29仮登記、1/7本登記」は別におかしくないという前提のようですが、
>そんなことはない、きわめて異例だということ

の意味が全く分かっていないみたいw

上記の意味は、仲介業者から紹介された司法書士に登記を依頼したるすると、ボラれるっていうことなんだよ。本来は必要ない登記原因証明情報なんて書類まで作成したりするので、結果的にはまっとうな手数料の1.5倍から2倍近くとられる。これは不動産業界じゃ常識なんだよ。だから最近は買主が自分で登記手続きするケースが増えている。

また下の方は仮登記は本登記の順位保全の役割しかない。だから最悪のケース買主が本登記する前に売主の不動産屋が倒産したりすると大変な事になる。仮登記でリスクを防げるなんて考えるのは、不動産のように高価な売買の場合非常に危険だって事。

下手な空想ストーリー考える暇があったら、そこら辺をもっと勉強することをお勧めするwww


125. 2011年10月20日 12:39:20: 79xEP8DoCg
>>124 Me and beautiful Japan

Explanation is not required:
http://www.youtube.com/watch?v=ywqg9PorTAw

Environmental you、Do you know what I`m saying↑


126. 2011年10月20日 13:30:23: 0EopofEgjc
>>The too ignorant imagination writer

You are already dead.
Checkmate!

がはははは〜www


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧