★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120 > 683.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日新聞と検察審査会事務局(補助員弁護士)が非公開なはずの審査会情報喋る!偽情報による誘導満載だ!(一市民が斬る!!) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/683.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 15 日 21:00:28: igsppGRN/E9PQ
 

朝日新聞と検察審査会事務局(補助員弁護士)が非公開なはずの審査会情報喋る!偽情報による誘導満載だ!
http://civilopinions.main.jp/2011/10/1015_1.html
2011年10月15日  一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog]


<検察審査会の平均年齢の嘘を暴いた!>

審査員平均年齢を2度も言い換えるという事態が発生した。
怪しすぎると思いあれこれ調べた結果、「平均年齢の嘘」の"カラクリ"がわかった。
その"カラクリ"を拙ブログに掲載したので、もう一度読んで広めてほしい。
『10月10日 検察審査会事務局の"審査員平均年齢の大嘘"を暴く! 最高裁よ!審査員と選管選出候補者の生年月日を公表しろ!』
http://civilopinions.main.jp/2011/10/post_44.html

審査員平均年齢を2度訂正したことで、国民は大きな疑惑を抱いた。事務局はこの疑惑を絶対に晴らすべきだ。
そのためには、選管選出候補者と選んだ審査員の生年月日を公開し、30.9歳→33.91歳→34.55歳になった経緯を説明すべきだ。
ところが、事務局は、生年月日は個人情報に当るから公開できないと、断り続けている。


<朝日新聞は、非公開なはずの審査会情報を流した!しかも偽情報を!>

検察審査会は、審議内容についても疑惑満杯だ。
会議録等の公開についても、「審査会法で情報非公開になっている」として、検察審査会事務局は何一つ情報を公開しない。

ところが、検察審査会事務局は、自分の都合のいい情報なら、とんでもない偽情報でも公開しているのだ。

朝日新聞は、小沢初公判の前日の10月5日第1面に以下の記事を掲載した。
朝日新聞10月5日『小沢氏起訴「素人判断ではない」 検察審同席弁護士』.pdf
http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY201110040710.html

朝日新聞が、審査会法で非公開と決められている「検察審査会の会議情報」を掲載したのだ。
内容もひどい。
「素人判断ではない」とはどういうことか。「くじで選んだ市民(?)が法律家のような判断をしたというのか」
事実に基づかない推論、嘘ばかりではないか。
そして、その情報ソースが吉田補助員(弁護士)だというから呆れる。
審査補助員は、検察審査会事務局が選んだ弁護士で、2回目の審査会議には必ず立ち会うことが、審査会法で決められている。従って、審査補助員は検察審査会事務局側のメンバーだ。審査補助員が情報を公開しているということは審査会事務局が公開しているのとみなされる。審査会事務局自体が審査会法を違えているのだ。

吉田補助員は、今頃こんな発言を何故しなければならなかったのか。
審査会の嘘情報を流し、「小沢有罪」の偽世論を作りたかったのだろう。

『...元秘書と共謀して嘘の記載をしたかどうか。質問を受けた吉田弁護士は、上下関係がある場合に共謀認めた過去の判例を解説した。』とある。このくだりをよんでいると、吉田弁護士が、「小沢氏は、元秘書と共謀して嘘の記載をした。過去の判例を見ると、有罪だよ」と、審査員を誘導しているように読める。

『「4億円を隠す偽装工作の疑いがある銀行からの融資書類に、小沢氏が自ら署名している」』など、「4億円は隠すお金だ」と根拠もなく決め付けている。

『小沢氏から「コピー用紙には裏紙を使え」と石川議員が指示された』というくだりから、小沢氏の共謀があったと決め付けている。なんと強引な論理なのだろう。

吉田弁護士と朝日新聞の力作(?)は、事務局の誘導半分、嘘半分だろう。

しかし、朝日新聞が報道すると、信じてしまう人が多いので厄介だ。


<朝日新聞は、検察・検察審査会と完全にグルになってしまった>

朝日新聞は、「法的な助言をするために同席した弁護士」と断って、審査会事務局・吉田補助員が作った嘘を積極的に報道した。朝日新聞が、吉田補助員を取材し、その発言を載せたということは、検察審査会事務局の画策の手助けをしたということだ。
マスメディアが、検察、検察審査会、最高裁の画策の悪仲間に加わっているということだ。

マスメディアがやらなければいけないことは「審査員平均年齢の呈示は疑惑だらけだ。まともに審査員を選んだか甚だ疑わしい。生年月日を明らかにし、説明せよ。」と国民に伝え、検察審査会を追及すべきことだろう。

マスメディアは、全く逆方向に走っている。

冤罪作りに加担している。
国民はマスメディアにも立ち向かわなければならない。
相手は、朝日新聞であり、読売新聞だ。

       ◇

小沢氏起訴「素人判断ではない」 検察審補助役の弁護士
http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY201110040710.html
2011年10月6日1時2分 朝日新聞

 民主党元代表・小沢一郎被告(69)の初公判が6日、東京地裁で開かれる。「起訴すべきだ」と決めたのは、11人の市民で構成する検察審査会による2度にわたる議決だ。法的な助言をするために同席した吉田繁実弁護士(60)は初公判を前に取材に応じ、「素人の感情的な判断という批判は見当違いだ」と語った。

 同席したのは、昨年8〜10月の2回目の審査。強制的に起訴するかを決める2回目は、慎重を期すために「審査補助員」として弁護士が立ち会う仕組みだ。

 「法律家としては、どうお考えですか?」「判例はどうなっていますか?」

 審査員11人の平均年齢は34.55歳。頻繁に集まって東京地検特捜部の捜査記録を読み、疑問をぶつけ合った。

 議論の焦点は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」の2004年の土地取引をめぐり、政治資金収支報告書に元秘書と共謀してうその記載をしたかどうか。

 質問を受けた吉田弁護士は、上下関係がある場合に共謀を認めた過去の判例を解説した。審査員らは、不起訴にした特捜部の副部長も呼び、判例への見解などを何度も聞いた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月15日 21:12:51: 6vEHRdEs7c
森ゆう子議員の仕事
川内さん有田さんたちは
引き継ぐ気はあるのか
法務委員会は守秘義務に違反し
漏洩した吉田弁護士
審査会および副部長を招致し
国政調査権を行使すrべきだ
もし、チョウニチにのみ
審査会が取材を許すのなら
不正の疑いあり
有田さん森さんを引継ぎ
追求お願いします

02. 2011年10月15日 22:40:58: oLYPlmPKz6

 検察審査会は『非公開』ではないと、思います。

なぜなら
検察審査会法
第26条 検察審査会議は、これを公開しない。
第28条 検察審査会議の議事については、会議録を作らなければならない。
     2 会議録は、検察審査会事務官が、これを作る。

となっています。会議は公開しないが、会議録は公開できると思います。

次の3人の答弁は ゴマカシ! です。
傳田みのり 第5検察審査会事務局長
      平成22年11月22日 通知書において
     『検察審査会会議録は事務文書であり、行政文書ではない。』?

江田五月  法務大臣
    平成23年2月21日 予算委員会において(社民党服部良一の質問に対し)
     『公開しないという検察審査会法の建前により非公開を理解して欲しい』?

菅直人   総理大臣
      平成23年2月21日予算委員会において(社民党服部良一の質問にて)
      『しばらく運用を見させて戴きたい』?

法治国家の番人である最高責任者は次のように陳述しています。

白木勇 (H13 最高裁判所事務総局刑事局長)(現在 最高裁判所判事)   
     平成13年通達において
    『検察審査会行政文書は情報開示するものとする。』

西川克行  法務省刑事局長
     平成22年10月12日 予算委員会において
     『会議録を公開しないという規定はございません。』

結論として情報公開法第1条目的
 この法律は、国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開を図り、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務が全うされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とする。


03. 2011年10月15日 22:46:31: z3KtiwHLAI
>4億円を隠す偽装工作の疑いがある銀行からの融資書類に、小沢氏が自ら署名している

これ昨日の公判で立ち会った証人にもろに否定されましたね。押印しに来たの
小沢さんじゃないって。

指定弁護士「これは融資申込書ですね」

 証人「はい」

 指定弁護士「小沢さんの押印ですね」

 証人「はい」

 指定弁護士「あなたの目の前で小沢さんが書いたもの?」

 証人「違います」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111014/trl11101416030010-n5.htm


04. 2011年10月16日 09:25:42: 9SlYaKe2pE

上下関係がある場合に共謀を認めた過去の判例を解説した。


厚生労働省の「郵政不正事件」で上村勉が偽造した書類は、
彼がひとりでやったのか。(村木厚子さんでなかった)
それのケースは一人でやったということになっている。

指示したのは誰か? 検察は追及してない。
上村勉係が「急に偽造を思いついた」のか?

石川知裕秘書(当時)は、偽造ではなく単なる期ズレ。
行政申請できちゃった、ことは違法ではない。


都合の悪いケースでは検察は、上下関係の追及を放棄する。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧