★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120 > 878.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「検察調書の不採用は裁判所の演出」(EJ第3165号)  (Electronic Journal) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/878.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 21 日 07:04:33: igsppGRN/E9PQ
 

●「検察調書の不採用は裁判所の演出」(EJ第3165号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/231358335.html
2011年10月21日  Electronic Journal


 石川知裕氏が逮捕され、検察の取り調べを受けたさい、石川氏
は政治資金収支報告書などの処理については、一括して小沢氏に
報告し、了承を受けていたと供述しており、それが検察の供述調
書になっています。
 そのとき検察側は、収支報告書への虚偽記載・不記載について
石川氏が小沢氏に報告し、了承を受けていたというストーリーを
調書にして、これにサインするよう何日にもわたって石川氏を追
い詰めたといいます。なぜなら、これを取れば小沢氏を有罪にで
きる可能性が出てくるからです。
 そのとき、検察官は石川氏に対し、次のように説得したといわ
れています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 小沢さんが起訴されることを心配しているのはわかるが、こ
 れぐらいのことで、小沢さんは起訴にはならないから・・。
―――――――――――――――――――――――――――――
 そのとき、石川氏の頭の中に佐藤優氏のアドバイスが浮かんだ
と思われます。実は石川氏は逮捕される前に佐藤優氏から次のよ
うにアドバイスを受けていたのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 すべての調書にサインを拒むと、ボクのようになかなか保釈
 が許可されないよ。いくつかの調書にはサインして保釈を勝
 ち取るべきだと思う。           ──佐藤優氏
―――――――――――――――――――――――――――――
 そのため、石川氏は小沢氏に報告し、了承を受けていたとする
調書にサインしたと思われます。もしかすると、佐藤氏のいうセ
リフは、取り調べ検察官も口にした可能性もあります。
 陸山会公判で登石裁判長は、その供述調書は心理的圧迫と利益
誘導があり、任意性がないとして検察側が求める証拠採用を却下
しています。今にして思えば、裁判所と検察はウラで共同作戦を
組み、裁判所が検察に厳しい態度で臨むフリをしたものと思われ
ます。この検察調書の不採用は、裁判所の正義の演出であり、世
間へのパフォーマンスであったのです。
 その証拠に登石裁判長は、小沢氏と石川氏の力関係から見て報
告がなかったとは思えないし、十分あったと推認できるとして有
罪判決を出しています。これは、これからの裁判では証拠などな
くても裁判官が推認することで有罪にできるということを示した
ものと思われます。恐ろしい話です。
 これについて、香川県弁護士会所属の生田暉雄氏は「私が裁判
長なら証拠不十分で無罪を出す」として、次のように述べていま
す。生田暉雄氏は、1970年から22年間にわたり裁判官を務
め、大阪高検判事まで登りつめたベテランです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 今回の裁判では供述調書に頼らず、客観的な証拠を評価しよう
 とした。この点はいい。問題はこの客観証拠をどう評価し、事
 実認定したかということである。判決文を読むと、裁判官の価
 値観や推測、憶測で証拠の評価を行っている。これは「事実」
 の認定とは違います。推測するなら、推測に至る資料や緻密な
 根拠、具体的な手順を示さなければならない。何でもかんでも
 許されるということではないのです。こうした手法がまかり通
 るのであれば、個々の裁判官の思惑で勝手に有罪、無罪を判断
 できることになり、恐ろしいことになります。──生田暉雄氏
           2011年9月30日付、日刊ゲンダイ
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、小沢氏の裁判では、検察官役の指定弁護士は陸山会公
判では却下された問題の石川氏の供述調書を拠りどころにして、
小沢氏を起訴しているのです。これが証拠として採用されるかど
うかは2012年2月になるそうです。まさにこの調書が裁判の
かぎを握っているといえます。
 もうひとつ、日本の裁判では欧米と違って有罪が多くなる原因
があるのです。それは日本の裁判所が無罪判決を出そうとするに
は、その理由を書く必要があるということです。それには相当の
手間がかかるし、労力が必要になります。
 有罪判決なら、検察が書いたストーリーに少し手を入れるだけ
で済むので、労力は少なくなります。しかし、無罪判決を出そう
とすると時間もかかるし、相当の手間もかかることになる──裁
判所が無罪判決を出したがらないのはそのせいであることを指摘
する識者もいるのです。
 水谷建設からの献金ですが、川村元社長は「渡した」といい、
その席に同席したという人物もそれを見たという。しかし、受け
取った側の石川氏は「もらっていない」と否定します。弁護側の
証人として出廷した水谷功元会長ですら「わからない」と証言し
ています。したがって、これを事実と認定するには無理があるの
です。しかし、裁判所はこれを事実と認定したのです。
 こんなやり方では、口裏を合わせた証人が出廷すれば、たちま
ち有罪になってしまいます。記者クラブメディアはなぜこの不正
義を報道しないのでしょうか。
 検察側証人として出廷した川村元社長やそれを見たという人物
は、2009年時点で検察から事情聴取を受け、調書を取られて
いるのです。しかし、この取り調べでは検察側は相当の威迫を加
えたと思われます。そのため、陸山会公判で検察側証人として出
廷し、調書の通り述べて欲しいといわれたとき、おそらく断れな
かったものと思われます。何らかの弱みを検察に握られているも
のと推認できるのです。それでいて検察は金を出した水谷会長の
証言はアタマから無視しています。
 検察側としては、陸山会公判で有罪の判決を取り、小沢裁判で
小沢氏を有罪にする──こうすれば、小沢政権の可能性は限りな
くゼロになると考えているものと思います。司法の場に政治を持
ち込むなど許されることではないのです。日本はここまで劣化し
てしまったのでしょうか。  ── [日本の政治の現況/91]


≪画像および関連情報≫
 ●ある司法のプロの意見/量刑の理由について
  ―――――――――――――――――――――――――――
  裁判長は、3人の量刑の理由として『自らの責任をかたくな
  に否認しており、反告の姿勢を全く示していない』と述べま
  したが、これもヒドイ詣です。窃盗や殺人の現行犯と違って
  不法行為があったかどうかを争っているのですよ。検察側の
  言い分と真っ向から対立しているのだから、否認するのは当
  たり前じゃないですか。それで『反省の姿勢がない』と罰せ
  られてしまうのなら、誰も裁判で無罪を主張できなくなって
  しまいます。  ──2011年9月29日/日刊ゲンダイ

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月21日 07:31:06: d07iybJkXA
 
覚醒剤130キロと大麻2トン。それを 北海道警察 と 函館税関 が 「組織的に密輸」していた!?
2000年に起きた驚愕すべき事件の真実とは。
 
10月21日(金)、午後 8時30分 開始予定の「ニコニコ生放送」
番組URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv67135960
 
銃器捜査の「エース」と呼ばれた、北海道警察元刑事の稲葉圭昭氏。
稲葉氏は2002年、覚醒剤使用などの容疑で逮捕され、9年間服役。
しかし、事件の「拳銃のやらせ摘発」を続けていた警察組織の思惑があった。
 
稲葉氏は本当に、ただの「悪徳刑事」だったのか?
警察が決して明らかにできない「組織の闇」とは何か?
事件を報道した北海道新聞は その後、どうなったのか?
 
刑期を終えたばかりの稲葉氏は 『恥さらし』(講談社)を出版。
裏金問題を凌駕する警察組織の闇に迫り、報道と警察の ただれた関係にも切り込みます!
 
【出演】
 
原田宏二(はらだ こうじ)氏
北海道警察 釧路方面本部長(警視長)を経て、平成7年2月退職。
平成16年2月10日、道警の裏金疑惑を記者会見で告発。これをきっかけに全国の県警で裏金疑惑が発覚。
「明るい警察を実現する全国ネットワーク」代表を経て、現在、「市民の目フォーラム北海道」代表。
著書に「警察内部部告発者」、「警察VS警察官」、「たたかう警官」。
 
青木 理(あおき おさむ)氏
共同通信社で警視庁警備・公安担当などを歴任。オウム真理教事件や公安事件に携わる。
その後、外信部勤務を経て2002年〜2006年ソウル特派員。2006年6月退社し独立。
 
高田昌幸(たかだ まさゆき)氏
元北海道新聞記者。1996年、取材班の一員として「北海道庁公費乱用の一連の報道」で新聞協会賞、
および 日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞。2004年、取材班代表として「北海道警の裏金問題取材」で
新聞協会賞、JCJ大賞、菊池寛賞、新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞。2011年、北海道新聞退社。
 
http://www.geocities.jp/shimin_me/cefh1.htm#23.10.14B
 

02. 2011年10月21日 10:23:54: lGQ9x4NIUs
> この検察調書の不採用は、裁判所の正義の演出であり、世
> 間へのパフォーマンスであったのです。
> これは、これからの裁判では証拠などな
> くても裁判官が推認することで有罪にできるということを示した
> ものと思われます。恐ろしい話です。

「この検察調書の不採用は、裁判所の正義の演出であり、世
間へのパフォーマンスであった」

は投稿者の単なる推認であり証拠は示されていません。
恐ろしい話です。

> それは日本の裁判所が無罪判決を出そうとするに
> は、その理由を書く必要があるということです。それには相当の
> 手間がかかるし、労力が必要になります。
> 有罪判決なら、検察が書いたストーリーに少し手を入れるだけ
> で済むので、労力は少なくなります。しかし、無罪判決を出そう
> とすると時間もかかるし、相当の手間もかかることになる──裁
> 判所が無罪判決を出したがらないのはそのせいであることを指摘
> する識者もいるのです。

それは日本の裁判所が無罪判決を出そうとするに
は、その理由を書く必要があるということです。
それにも手間がかからないし、労力も不要です。
無罪判決でも、弁護士が書いたストーリーに少し手を入れるだけ
で済むので、労力は少なくて済みます。

無罪判決を出そうとすると時間もかかるし、相当の手間もかかることになる
─裁判所が無罪判決を出したがらないのはそのせいである、
は真っ赤な嘘であることを指摘する識者もいるのです。


03. 2011年10月21日 11:21:22: 6mp0wtFJYz
裁判官による平等に裁判をやっています、というイメージ作りの為の調書不採用である。


この裁判官にとっては喧嘩両成敗的な自画自賛判決の可能性もある。


検察側の求刑に執行猶予を付けることで大岡越前にでもなったつもりだったのかも知れない。


04. 2011年10月21日 11:31:11: KU5x746LOQ
・江川紹子 「大阪地検特捜部 証拠改ざん・隠蔽」20111021(録音)

http://www.youtube.com/watch?v=letpxCrBIwE


05. 2011年10月21日 18:40:41: pgCNsczY7c
>>02

多少は工夫して書いているようだが判検はどちらもゴミはゴミ。
いつまでつまらんゴミのコメントを書いているのか。


06. 2011年10月21日 21:13:44: 7nGTnQinYI
調書は不採用にしておきながらその中身をしっかり「推認」とは、やはり弾劾裁判しかないでしょう。

登石郁朗判事の弾劾裁判を要求 http://www.shomei.tv/project-1844.html


07. 2011年10月21日 21:23:41: wxbc9jmsHc
>>02「この検察調書の不採用は、裁判所の正義の演出であり、世
間へのパフォーマンスであった」
は投稿者の単なる推認であり証拠は示されていません。
恐ろしい話です。

では何なのでしょう。調書は不採用、判決は調書通りでは、そう推認するしかありません。
それとも登石は基地外とでも言うのでしょうか。
恐ろしい話は、推認で有罪になったことです。
ネット上で意見を述べるのは、自由です。


08. 2011年10月22日 11:19:34: SbOURkUO8s

検察調書の不採用は裁判所の演出

いかにも、仕事しているフリをして、
実は、残りの「不正供述書」を採用する。


高田昌幸氏は、
新聞協会賞、日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞。

2004年、取材班代表として「北海道警の裏金問題取材」で
新聞協会賞、JCJ大賞、菊池寛賞、新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞。

しかし、2011年、北海道新聞退社。
道新は、彼の輝かしい功績を守れなかった。
無念!(読者より)


09. 2011年10月22日 20:33:30: mp6fw9MOwA
裁判所は法と証拠に基づき適正に判断する所で有り、三文芝居を演じる所ではない。
基本を無視して推認で判決を出す裁判所に正義は無い。
三文芝居を演じてまで、裁判所に正義が有ると見せかけて、実際には黒幕の言いなりとなった裁判所は解体への道以外に進む道は無い。
裁判所は最悪の選択をして国民を愚弄し、検察よりも悪質で有る事を自ら証明してしまった。
検察より悪質で有るとの理由は、冤罪作りを企む検察の言いなりになり自身の役目を理解していない事である。
裁判所は正義を守る最後の砦として法と証拠に基づき時間をかけて審議する所で有るが、検察の筋書きの推認に終始してしまった。

10. 2011年10月29日 03:29:51: 7FqrdBIszA
≫09さま
全く同意
あの判決が下されたとき私は無罪と強く信じておりましたからもうびっくり仰天でした
警察も、検察も、官僚も、政治家も、マスゴミもみ〜んな信じられない中
裁判所は・・・・・・
正義を守る最後の砦であるはずの裁判所までもが一蓮托生、
薄ら寒く空恐ろしい思いでいっぱいです。
私たちは一体何を信じたらよいのでしょうか
あれ以来私は魂が抜けたようです
今までは新聞もテレビも政治にかかわるものはなるべく見逃さないように観ておりましたが
今はもう新聞はもちろんテレビも興味が薄れました
登石郁郎判事を弾劾裁判にかけ正義を正さなければ何時までもこのような不幸が繰り返される事でしょう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK120掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧