★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121 > 760.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「農は商にあらず工にあらず」:亀井静香氏を応援し、脱原発を求めた菅原文太氏が農を語る
http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/760.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 11 月 06 日 15:54:04: Mo7ApAlflbQ6s
 


 TPP参加推進運動で血眼になっている日経新聞に掲載された菅原文太氏へのインタビュー記事を紹介させていただく。

 このインタビューのなかにはTPPのTの字も出てこない。
しかし、記事をじっくり読めば、TPP参加のメリットや農業競争力強化などのテーマで語られていることがいかに空虚なものかよくわかるはずだ。

 別に、農業や農民を賛美するつもりはない。

 現実的にはそうせざるを得ないのはわかるが、農業者の思いが商品化=企業化に傾き過ぎている農業には疑問を抱いているし、国家官僚機構にも似た利権組織になっている全農(農協)に対しても忸怩たる思いがある。

 菅原さんは、仙台で生まれ栗原市(宮城県で最高震度が計測されることが多い)で育ったという。
 その栗原市の瀬峰地区には、田んぼを売ったり貸したりするかたちでの集約ではなく、「水稲集団生産組合」による農地の再編とそれによる生産効率の上昇に向けた取り組みが先進的に行われていると聞く。

 中小規模農家に土地を売らせ、大規模農家や農業法人さらには株式会社に農地を集約させようと考えている政府とは、考え方が根本から違うためか、このような取り組みの実態はほとんど報じられていない。

 TPP参加政策や農政を見る限り、農水省を含む政府は、農村(農業基盤共同体)の破壊を厭わず、よくて農業の産業化へたをして農業が壊滅してもかまわないという道を推し進めているように思える。

 商品化農業は壊滅しても、親族を含む自家消費のための農業は消えないはずだ。それが百姓だ。
 このことからも、成田のように強制収用でもしない限り、農地の大規模集約化という政策は思うように進まないことが予測できる。
 兼業で自家消費のためだけという農家が残る限り、ぎりぎり農村共同体も維持されるだろう。

 TPP参加問題に関し官僚機構(政府)・大手メディア・学者の考え方を見聞きしていると、自分の利益のために悪意あるプロパガンダに励んでいるひとは別として、TPP参加の是非をめぐる対立は、理屈(論理)ではなく、価値観や国家社会=共同体観の違いによるものだと強く感じる。

 財政問題をどうするとか、年金など社会保障制度をどうするのかといった政策課題も深刻な対立を引き起こしているが、それは理屈で決着がつく範囲にあるテーマだ。
 しかし、TPP参加問題は、生きていくことや共同体=国家の在り様という根底をめぐる対立であり、近代的理屈の枠内でいくら議論しても水掛け論で終わってしまうテーマだ。

 日本社会はこれまでもズルズルと異様な姿に変容させられてきたが、TPPは、社会の在り方、生きることの何から何までを、人類史的には束の間しかも間もなく終わらざるをえない「近代の論理」に縛りつけ、生身の人間をじりじりと疲弊させていく方向に導くものであり、今後の日本がどうなるかを決定的に左右する重大政策課題である。
 
菅原さんが言う「農業というのは商にあらず工にあらず」というのは、実に正鵠を射ている。
 その意味は、農業万歳!であったり、農業従事者が商業や工業に従事する人たちより優れているといったものではない。

 現在も続く共同体=国家における「支配―被支配の関係性」も農業の発達に起因するものだ。
 東京に象徴される都市文明も農業の発達に起因する。

 農業はその成果によって、指導―被指導という共同体的関係性から支配―被支配という国家的関係性に人々の関係性を“進化”させるという“大罪”を働いた(笑)。

 徐々に発達していった農業が、生きるために必要な食糧の余剰(農業者の必要度を超えて)を大量に生み出すようになることで、支配層(祭祀者を含む)・学者・建築土木従事者・木材金属加工職人などの存在と活動を支えるようになったからである。

 農耕共同体と異なり遊牧共同体は、モンゴル帝国を思い浮かべればわかるように、農耕社会をターゲットに支配や略奪を繰り返したが、内部は緩やかな共同体性にとどまる。
 そして、壮大な建造物が残っていないことからもわかるように文明も起きなかった。

 この違いこそが、農業の本質を示すものだ。

 農業こそが「“利益”=余剰」を大きく生み出す営みであり、牧畜や漁業は“利益”が少なく、工業や商業ましてや金融業は“利益”をまったく生み出さない営みなのである。

「近代」に毒されている人たちには、それが見えない。

 「近代」は根っからのグローバリズムである。
 そのわけは、工業や金融では生み出さない“利益”をなんとかして生み出そうとすれば、共同体=国家の必要(需要)を超える過剰な量の製品を高い生産効率で安く造り、それを共同体=国家の外に売る(輸出する)しかないからである。

 輸出で得た(国家=共同体の外から得た)貨幣的富が、実際は一部の金融家や産業資本家などの手に入るが、国家=共同体の“利益”になるというのが「近代」の論理なのである。

 30年ほど前から盛んに言われ推進もされてきたグローバリズムないし世界新秩序は、生産効率を高めて製品を安く大量に造っても、それを輸出できる外なる共同体=国家がないという世界をつくるものである。

(ええっ、と思う方もいるかもしれないが、「近代」は、外見とは違い、産業家によって切り開かれたわけではなく、金融家によって切り開かれたものだから、とにかくカネが吸い取れればいい“彼ら”にはそれでもかまわない)

 13億人の中国や10億人のインドが、日本と同等の生活水準を目指し、そのために必要な日本ほどの生産効率を有する工業化を達成したとき、それらから溢れかえるように生産される製品をどこが買える(輸入できる)のか考えてみればすぐにわかるだろう。

 地球外共同体を見つけて、そこに宇宙ロケットで売りに行くというのならともかく、有限世界である地球内での「近代」の論理は持続性がないのである。

 少し考えればそのような未来が見えるというのに、共同体=国家の根底を支えるものを生贄に差し出すことで、「近代的利益」を得ようとしている(だからといって、ちょっと先に時点でもアテになるわけではない)政府・経済団体の姿はあまりに哀れである。

 マルクスは産業での“剰余価値”の発生とその搾取を説いたが、ひとの労働を通じて物質のかたちを変えたり性質を変える工業は、投入物以上の産出物を生み出すわけではなく、“剰余価値”なぞ発生しない。

 農耕社会から文明や国家が発生した歴史的事実からわかるように、農業のみが搾取と言えるほどの収奪が可能なひとの営みなのだ。

 日本は、江戸時代において、農耕共同体(農村)と国家的支配空間(幕藩)のあいだに絶妙な境目をつくり、ヨーロッパはもちろん中国や朝鮮半島とも異なる国家社会構造を生み出したと考えている。

 菅原さんの「農業はやり続けていく中で、いろんなありがたみや人の痛みや自然の尊さや太陽の恵みなんかを無意識に感じられる修業」は、まさに、日本的農村共同体であればこそ強く理解できる思いだろう。

 政治家・官僚・経済団体の人たちは、「政治家も官僚も本当のことを言わないからなあ。若者はもう分かっている。彼らを相手にしなくなっている。考えてみれば、国としてはもう寂しい話でね。若者に見放されたんじゃなあ」という菅原さんの言葉を噛み締めてもらいたい。

 TPPなんかまき散らした放射能と一緒に埋めてしまえ。
====================================================================================
農のあるべき姿 菅原文太さんに聞く

天地の恵み感じる修業  工や商とは本来違う

[若い人だけじゃなく、日本人そのものに農業に関心を持ってもらいたい]

 東京・日比谷公園の森の中のレストランで話を聞いた。窓外に大きなイチョウの古木が2本枝を広げている。豊かな銀髪を時折、かき分け、やや右前に姿勢を保つ。厚手のヘリンボーンジャケットからつりバンドがのぞく。その存在感。菅原さんの穏やかな低音が森の夕暮れと調和する。

 十数年前に東京から脱出して飛騨地方に移り夫婦で野菜作りを楽しんだことがある。
 「畑はあってもちょこっとで。イノシシにやられてね。それで断念した。なんぼやっても向こうの方の勢いが強い。かなわないよ、人間は。3段に有刺鉄線を張り巡らしたけどだめだね。そんなものものともしないな。くぐり抜ける時、きっと引っかかるんだろうけど、厚い皮膚で気持ちがいいんじゃないかな」

 ひょうひょうと「家庭菜園」を続けたが、途中、命にかかわる病で、田舎暮らしは頓挫した。膀胱がんで全摘しなければ「半年から1年」と宣告された。しかし、放射線(陽子線)治療と出合って切らずに完治に至る幸運。

 「あれから変わったといえば酒を飲まなくなっただけ。癖のものなのかなあ」
 病が癒えると、本格的な有機農業に参入した。2年前南アルブスを望む山梨県北杜市に、遊休農地を借り農業生産法人を設立、野菜作りに励む。また県の農業協力隊のコーディネーターに委嘱されるなど「農」が生活の大きな比重を占めてきた。

 若者には「農業はやり続けていく中で、いろんなありがたみや人の痛みや自然の尊さや太陽の恵みなんかを無意識に感じられる修業だと思う」と語っている。

 「農業へのきっかけ? そんなものないな」と言いながら少年時代の原点の土への思いが口をついた。それは子供時代の夢の続きでもある。
 「自分が70年前のガキのころ、はだしで立っていた農業の風景というのは人間忘れないもので、はかのことは忘れても、そういうのはありありと覚えている。現代の田んぼや畑、いろんな山や村を訪ねたりすると、やっぱり違うんだよ。何が違うのか、そのあたりを探しながらどういう方向へ行ったらいいのか考えざるを得ないということかな」

 農業は映画と違って実業のおもしろさがある 映画のことを聞くと即座に「もう過去の話だね、一応」と言う。「映画やめたなんて宣言はしていないけど、やりたいなあというものには巡り合ったことがない。この年なら映画でもないだろうというのもある。アナログが終わってフィルムで撮っている人も少なくなった。デジタル時代にはなじまない。やっぱりフィルムが回り始めないと。うーん、これも癖のものかもしれない。コンピューターなんか絶対になじめないし、ボタン一つ押せないよ」

 高倉健さんは80歳で映画を作っている最中だ。
 「あの人はあの人、道をまっしぐら。そういう生き方。おれみたいに横道にそれたり立ち止まったりはしない」
 この秋、NHKで放映された「クニ子おばばと不思議の森」でつとめたナレーションが評判だ。秘境と呼ばれる宮崎県椎葉村。伝統の森を若返らせる焼き畑農業を続ける椎葉クニ子さんを、カタツムリの目線で紹介する。
 「クニ子おばばの生き方にうたれるというのかなあ、ある種の感動を覚えながら自分もスーツとそういう世界に入っていける。撮る方も2年がかりで、彼らの本気さと努力が伝わってくると、自分の中に自然に意識しなくても気の入れ方が違ってくるんじゃないか。87歳のクニ子おばばの姿を見るとこっちもしょぼっとしてらんないよ」

 「おれたちのころ、映画会社は5社も6社もあって、多いところでは年に50本も60本も作った。俳優に上下はあっても何かにありついて飯は食っていたという時代。今はその映画会社が映画を作らない。ぼやいてもしょうがない。時代に合わせた映画、時代に合わせた農業を考えていかなきゃならんのだろうが、それが何なのかな」

[農業って本当はそんなに小難しいもんじゃない]

 生まれは仙台市だが、育ったところは宮城県北東部にある米どころの栗原市。父の実家は、そこで荒物屋をやりながら畑を耕していた。その栗原市で稲ワラからセシウムが検出され、大きく報道された。「山の方なのに放射能の被害でみんな参ってるよね」 3.11後の不信感はつのる。

「政治家も官僚も本当のことを言わないからなあ。若者はもう分かっている。彼らを相手にしなくなっている。考えてみれば、国としてはもう寂しい話でね。若者に見放され
たんじゃなあ」

 「原発がなきゃだめなのか、必要な根拠を何も述べていない。今はまた電気がこうこうとついている。節電して薄暗いところは、おれなんかかえってあんばいがいいんだが。人間の習性というのはあっという聞に前に戻るんだね」

 農業も、高度成長に入るあたりから様変わりした。

 「今の農業が農業といえるのかという疑問から無農薬の有機栽培や肥料も使わない自栽培の人たちが出てきた。そして違う道を歩いている。化学的な窒素とかそんなものを放り込んだって、それは本物じゃないよね。やっぱり。あてがわれた化学肥料と農薬とタネをバッパとまいて、それを農業だと人は思わないよ。戦後60年、農業は農業でなくなった。ある意味で工業とか、商業といっていいかもしれない。農業というのは商にあらず工にあらず。本当は原則があるはずなんだよ」

 農業とは単純に耕して、いい土を作って、植えて成長を見守ることと定義する。「小難しく考えても自分の頭の上に生えてくるわけじゃない」。農業をあるべき姿に戻したい。それが思いのすべてだ。

(編集委員 工藤憲雄)


 すがわら・ぶんた 俳優。1933年、宮城県生まれ。早大中退後、58年新東宝入社。松竹、東映で250本以上の映画に出演。農業に関心を抱き、2009年に山梨県 北杜市に農業生産法人「竜土自然農園 おひさまの里」を設立、 遊休農地2ヘクタールを借り、研修生と汗を流す。最近は、ナレーションなどで幅広く活躍。


[日経新聞11月5日夕刊P.5]

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月06日 17:59:23: bAEw71WIAI
菅原文太ごときがしゃしゃり出てくる幕ではないだろう。
「農業というのは商にあらず工にあらず。」なんてのは苦労知らずのぼんぼんのいうことだ。
たとえば13億の人口を抱える中国では飢餓が常態としてあった。それを救ったのが日本が提供した優秀な農薬だ。
13億の口と胃袋は「商にあらず工にあらず」なんて暢気な趣味人を気取ってられない。農薬をどんどん使わなければ数億の民が餓死していただろう。

ただし、原発についての意見は聞いておく。
おれは下着の洗濯は風呂場で手洗いし、ごはんは土鍋で炊いている。
遠くへ行くのもできるだけ電車に乗らず自転車。
何もスローライフを気取りたいからではなく、自分で一度、電気の不自由な生活というものを経験していないと、
反原発なんて主張できないと思ってね。

ネットを見ていると、山川健一あたりが新幹線で山形行って、山形の高級ホテルに泊まり、朝方まで反原発論議をしている。
とても楽しそうに反原発で盛り上がっている。いい肴だ。
しかし、そんなことでほんとうに反原発を実感として語っているのだろうか。

原発推進も反対派も、電気だけは盛大に使って議論しているようだが。


02. 2011年11月06日 18:03:05: WwrPHk8DeI
--少し考えればそのような未来が見えるというのに、共同体=国家の根底を支えるものを生贄に差し出すことで、「近代的利益」を得ようとしている(だからといって、ちょっと先に時点でもアテになるわけではない)政府・経済団体の姿はあまりに哀れである。--ーーーーーーーほんとうですね。自給のための野菜栽培を目指します兼業者です。余分に作り首都圏の知人に少しでも送りつけることを理想にしております。菅原さんにはお元気で頑張っていただきたいです。
 

03. 2011年11月06日 18:33:26: VakF4nKSH2
>農業とは単純に耕して、いい土を作って、植えて成長を見守ることと定義する。

趣味でやるならいいが、事業としてはそんなことでは勝ち残っていけない。

合理的、効率的、安全な農業を目指せばいいだけなのだ。
それが今までの農政は補助金漬けで、その進歩を止めてしまった。

補助金漬けではなかった製造業は競争にさらされたおかげで工夫を重ねて大躍進した。
農業でもそれと同じことをやればいいだけなのだ。

具体的には、大規模法人化して、小規模農家は現物出資者の役員となればいい。
これにより飛躍的な効率化が見込まれる。

レーザー測量による水田の平坦化により、機械化を最大限に進める。
耕運機などの器機も農家ごとに個別に持つのではなく共有化でき、肥料も一括大量購入でコストダウン。

作業者も効率的に働かせることができるようになる。

補助金漬けの甘やかし政策は、競争力を落ちさせ、農業従事者を堕落させるだけである。



04. 2011年11月06日 19:34:57: pphEUA8yso
01菅原文太兄いはご自分で新しい農業スタイルを模索して日夜努力しておられる。貴方は脱原発に向けて炊事洗濯、エネ節電エコ効果にトライアルしている。
程度の差こそあれ両者を批判されるに値しない。
農薬で中国国民の食を賄うは必要悪の域を脱していない。それが是なのかは議論の余地はある。

03の製造業と農業を同土俵で競争原理を持ち込むは論議の破綻を意味している。
自民党政権維持は農民票欲しさに補助金ばら撒きで農業衰退を招いたは周知の事実。この状況でTPP参加は日本農業のみならず、日本が立ち行かなくなるは火を見るより明らか。

原発事故で東日本のみならず、関東近県まで放射能汚染で食の安全に黄色信号が灯っている。GDP比率で農業(1.5%)を犠牲にする売国議員(前原誠司)を財界は後押ししている様は、前述の補助金漬けで日本農業を駄目にした自民党と同じ過ちを犯そうとしている。製造業と農業を同視点で論ずる滑稽さを回避したい。
農薬漬けの中国国民と放射能漬けの日本人、健康被害の程度の差こそあれ、不幸な現実からの脱却は民度を図る尺度となる。


05. 2011年11月06日 20:23:11: F5JoPenFCs
04さんに賛成。

06. 2011年11月06日 21:12:21: VakF4nKSH2
>>04
>自民党政権維持は農民票欲しさに補助金ばら撒きで農業衰退を招いたは周知の事実。この状況でTPP参加は日本農業のみならず、日本が立ち行かなくなるは火を見るより明らか。

当面は補助金を継続して、改革が進み競争力がついてきたら徐々に縮小していけばいい。
>>03で述べた方法で、効率のいい改革をしていくことは十分可能だ。
いつまでも江戸時代のような小作農業を続けることは、事業的にはナンセンスなのである。


07. okonomono 2011年11月07日 00:23:47: ufgCmUGS6CG6M : FQZgWaDzzs
> 徐々に発達していった農業が、生きるために必要な食糧の余剰(農業者の必要度を超えて)を大量に生み出すようになることで、支配層(祭祀者を含む)・学者・建築土木従事者・木材金属加工職人などの存在と活動を支えるようになったからである。

なんだこれは? ひょっとして、「ニワトリが先かタマゴが先か」のような問題に対するあっしらさんの見解が提示されているのか。つまり、経済学の初心者向けのありがちな解説などとは反対に、分業によって豊かになったのではなく、豊かになったからこそ分業が生じたのだと、単純にいってしまえばそういう意味あいになるようなことをあっしらさんが述べていると理解してもよいのだろうか。

それとも、農業の中でも分業があっただろうし非農耕民独自の歴史も考慮しなければならないかもしれないから、単純にいってしまってはいけないのかな。


08. 2011年11月07日 01:01:17: OMYRoX63tE
アップルコンピュータを立ち上げた一人、ウォズニアックさんの本から考えて見た。ウォズは我々と彼らという言葉を使っていた。農民は我々、政府は彼らである。
ウォズさんは彼らは我々の人生をもて遊ぶことがわかったので親父のように政府を信用することが出来なくなった。と述べている。
コンピューターの設計者、つまり生産者の立場の人は我々なのである。
菅原文太さんはウォズさんにコンピューターを教えてもらうと良い。我々どうし分かり合える。ウォズさんは本当のゆとり教育法で教えてくれるだろう。それをドキュメントにしたら最高の企画になる。ウォズさんにはそれが日本を救うといえば喜んでやってきてくれると思う。ウォズさんと菅原文太のコンピュータ教室。面白い。

09. 2011年11月07日 01:32:27: 1qmOy4Hy0U
生き(のび)る事と、保存食(穀物)。

保存食(日本だと主にコメ)と支配には密接なつながりがある(あった)。
その保存食をカネに換算するようにした事で、支配権が地主から金融(家)に移った。
自給自足をされると支配が及ばなくなる・・・

おれはこんなかんじの感想。


10. 五月晴郎 2011年11月07日 02:07:36: ulZUCBWYQe7Lk : DGPKB98cvu
>>9
>自給自足をされると支配が及ばなくなる

歴史の法則でもありますし、これに尽きると思います。

TPP反対! 


11. 2011年11月07日 09:46:32: 5rDBOPX16Y
ソ連が崩壊した時、メディアは、食料品店に並ぶ人々を映して、悲惨さを印象付けていた。しかし、飢餓者が大量に出たという話は聞かない。何故なら、彼等は
ダーチャと云う郊外別荘を持っていて、そこで栽培したジャガイモや野菜などで
十分生活していたのである。
ダーチャは土地の所有を禁止ししていたソ連政府が民衆に、約300坪の敷地を貸し与えそこに彼等は自分で家を建て(ほとんどが自力で)、休日や夏期休暇にダーチャ出かけ農作業をしたり、本を読んだり工作したりとしていたらしい。
矢張り、いざと言う時は、300坪位の土地に鶏を飼い、穀物・野菜等を育てる事が
最低での自己防衛となるのだろうと考える。
今後は、医・食・住が重要となると思う。
医者に掛からず、極力肉食を避け、住宅を確保する。又、エネルギーも電力一辺倒
にならず。薪・炭・天然ガス・太陽光発電他の自然エネルギーを利用する等、
賢くなろう。
農業やるなら地方では、無償で土地を貸してくれるところも有る。
サバイバルに勝ち残るのなら、政府を信用せず。
自立しよう。
農文教の「現代農業」は情報満載の優れた雑誌である。
一読あれ。
VakF4nKSH2殿のような何も解らぬ引きこもりの都会人の暴論には地方農家の体験をする事をお勧めする。
一般会計の殆どの税金は、役人の人件費に食われているらしい。
税金で食ってる人たちの為に、金を払うのも馬鹿らしい。
国が破綻しても生き残れるよう行動しようではないか。
一読あれ。

12. 2011年11月07日 16:47:33: NVvU9nwl6Y

農業は、工業や商業のように、

効率を求めだしたら、安全が犠牲になる。

高崎山のおさるさんが、輸入穀物を与えていたら、
障害のサルが増えてきた。サルは世代交代が早いから。

日本が、農作物の農薬やBSE規制を緩和したら、どうなる?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧