★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121 > 829.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP賛成派&CIA一派は、反TPP反米の嵐を誤魔化すため自作自演を謀るかもしれません (属国離脱への道)…もうやってる
http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/829.html
投稿者 新世紀人 日時 2011 年 11 月 08 日 10:26:39: uj2zhYZWUUp16
 

http://qualitysaitama-blog.at.webry.info/201111/article_17.html


TPP賛成派&CIA一派は、反TPP反米の嵐を誤魔化すため自作自演を謀るかもしれません
<< 作成日時 : 2011/11/08 07:58


 11月5日に行われた「TPP交渉参加に反対する街頭演説会」を動画で見ると、TPP拙速参加騒動が日本人の覚醒を急速に進めていることが分かる。
“【2011/11/5】TPP交渉参加に反対する街頭演説会【有楽町】”
http://www.youtube.com/watch?v=kFUpQsCCjUk&feature=related

 2年数か月前の政権交代時、「米圧力に屈するな!」「米国の謀略を阻止せよ!」などと表立って発言できる政治家や言論人などごく限られていた。

 山田正彦前農相、中野剛志京大准教授、田中康夫、川内博史、孫崎享、宮台真司らといった諸氏が、次々とTPPの真実を喝破。「TPP=米国のルールの押しつけ」だと、これほどまでに公然と述べられるような状況が出来上がったのは、ある意味、もうお尻に火が付いているからだ。

 どれだけ完全に賛成派を論破しようとも、売国連合は交渉参加を表明するだろう。

 しかし、批准、施行に向けて、反米の気運は嵐のように高まっていくはずである。

 今となっては仮定の話でしかないが、政権交代を成し遂げた鳩山内閣は小泉竹中時代の闇を解明し、見せしめに竹中を逮捕してしまうことができれば、その後の展開は大きく異なっていただろう。米国に飼われた売国奴たちが、国をボロボロにしてきた構造を、全て国民に見せてしまうことができれば、もっと簡単に洗脳は解けていたのではないか。

 構造売国が明らかになっていれば、菅や野田のような救いがたい奴隷は現れることができなかったのではないか。

 いまさら後悔しても始まらないが、ようやく対米隷属VS対米自立の2派の構図が明らかになりつつあることは不幸中の幸いだ。

 さて、ユダ金とその手先の方々は、頃合いを見計らって第2の尖閣ですか。矛先を中国に変えて、反TPP反米世論に終止符。「やっぱり、日米同盟って大切よね」。

(新世紀人コメント)

その為に小沢氏を検察とマスコミで動けなくしたのだ。
菅や野田といったBKDを首相に据える為だよ。
政治素人の鳩山に売国奴追及なんか出来る筈がないでしょ。

いきなり韓国で登場した「横田めぐみさん情報」と「チャイナ漁船追っかけ逮捕劇」はTPPごり押しの為の支援工作だろう。
在日アメリー工作機関の御指示による韓日下請け機関の出動劇で韓国や海上保安庁が動いていることからヒラリーのペット前原が絡んでいるのではないのか。

どうして今、めぐみさん情報が出てくるのかな。このタイミングで。

チャイナ漁船なんか常々に横暴な漁業はやっているのだろう。それを普段には海上保安庁は見逃してきていて事件を造る為に4時間以上追いかけて逮捕したのではないのか。
本当は直ぐに追いつけるのにわざわざゆっくりと楽しんで追いかけたのではないのか。
航海記録を見たいものだ。

「北朝鮮やシナは危険だ。米国に寄り添ってTPPで結束しろ」と愛国右派に対米警戒感が巻き起こっている事に水を差す積りではないのか。


http://qualitysaitama-blog.at.webry.info/201111/article_16.html

遺伝子組み換え利権の欲ボケ爺さんよ、日本はお前の持ち物ではない

<< 作成日時 : 2011/11/07 18:09 >>


「日本国にとって非常に重要なこと。経済連携で後れを取っている中で、ノーはあり得ない話」

 モンサントが日本の農と食を蹂躙し尽くす分け前にありつこうという醜い強欲爺さん。この男がTPP参加を訴えれば訴えるほど、一般人の覚醒が進む。

 モンサントと住友化学の長期的協力関係を報道しないメディアに正義は存在しない。

“経団連・米倉会長がTPPに前のめりなのは、モンサントと住友化学が長期的協力関係を結んでいるからか”
http://qualitysaitama-blog.at.webry.info/201110/article_19.html


TPP交渉参加「ノー」はあり得ない=経団連会長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24022120111107
[東京 7日 ロイター] 日本経団連の米倉弘昌会長(住友化学(4005.T: 株価, ニュース, レポート)会長)は7日の定例会見で、環太平洋連携協定(TPP)交渉の参加問題について「議論は大詰めに来ていると認識している。議論は収束に向かいつつある」としたうえで「日本国にとって非常に重要なこと。経済連携で後れを取っている中で、ノーはあり得ない話」と述べ、交渉参加を強く求めた。

 また、農業については「段階的なやり方で、十分に日本への悪影響は回避できると確信している」とし、農業を強化することは「TPPとは関係なく日本の将来にとって重要」と指摘した。

 電力不足に関連し、米倉会長は「電力は産業にとって血液に相当する重要な基盤。不足すると、製造業にとって先行き厳しい」と述べた。そのうえで、原子力発電所の再稼働について「政府は安全基準をもっと厳しく見直す作業をしているし、ストレステストもやっている。定期点検が終わり、ストレステストに合格し、住民にきちんと説明し、信任が得られれば、再稼働する方向でやってもらいたい。産業界も安心して投資計画をできるようになる」とした。


(新世紀人コメント)

老いぼれペット犬のような醜いヨネクラ爺だ。
時代に遅れているのはこの爺の頭脳の方だ。
こいつはオレオレ詐欺に騙されているのだ。
騙されて経団連の大企業も利益を吸い取られて打ち倒されて多くが倒産させられるだろう。
富のほうで逃げていってしまうのだ。
世の中に感謝することが出来ず、自分の才覚だけで金と地位を得たものと錯覚し、金を世のため人の為に使えない奴はギャングや詐欺士に金を奪われてしまうのだ。

経団連は山賊の米国オバマ政権に丸裸にされてしまうだろう。
大企業でエスカレーターを上っただけのサラリーマントップ上がりは官僚と同じで苦労知らずだから簡単に騙されるのだ。

日本国民は苦労知らずの秀才上がりばかりではない事を諸外国は知っておくべきだ。


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月08日 11:23:15: lRYfivAqeo
結局この爺爺は、日本国民の生活より一部の拝金主義者共だけバラ色の生活が、
出来ればいいと思っているだけだ!!!

小泉ペテン師変態爺=経団連奥田会長〜御手洗会長に交代〜コメ暗(米倉)
どいつもこいつも、売国奴共!!!


02. 2011年11月08日 12:30:11: tzmi4UKous
ほんとの人格者は名誉欲だけのために経済連会長などしませんよ(笑)
名誉欲などない人間こそ人格者です!

米倉爺など口元が危うくなっても役職にしがみついている!
恥ずかしい!
役がないと誰も相手にしてくれないのをわかっているからしがみつく


03. 2011年11月08日 14:11:13: kKmWh0hUlw
私は鳩山由紀夫という男を全く信用していません。何回も国民の前に、対米従属の小泉、竹中たちのした悪事をさらけ出せたはずなのに、それをわざとしなかった。それどころか自分が政権を摂ると、党の幹事長である小沢さんを内閣に入れず、口出しできないようにしてしまった。フリーメーソンの鳩山由紀夫は、本当にずるい影の売国奴だ。

04. 2011年11月08日 14:33:09: m4DeACTjsY
残念ながらこのお年寄りの脳組織には国の危険を感じる部分は残っていません
こんな隠居老人に舵を預ける経団連なる船の末路は氷山にぶつかって沈むしかありません、狡賢い連中は出航する前に金目の物をせっせっと運びだすつもりです。

05. 2011年11月09日 07:41:55: jIqbYbWdZ6

対米隷属VS対米自立の2派の構図が明らかになりつつある.

その為に小沢氏を検察とマスコミで動けなくしたのだ。


↑結局、政権交代しても、小沢ぬきなら、
自民党と同じ、いやより悪質かもしれない。

改革を期待させて国民をだました民主党の責任は重い。


06. 2011年11月09日 13:04:20: FHVyh15Kso
反TTP運動が単なる「農業問題」から一歩進んだのは、中野剛志の功績だが、
そのスタンスは、「お前らの乗っちまった電車の行き先を教えてやろうか・・・」というスタンスで、
ネット世代にはウケるだろうが、「おズラさんやみの司会者」といった世代の心を打つ様な訴えではない。
大学教授の立場であれば、ゼミの教え子などが「大学で反TTPの動きを起こす」
「反TTPの情報を集約した『プラットホーム』を作る」など、
できたはずだが、意図的に避けている様に感じる。

中野は、「隠れTTP推進」とまではいかないものの、「何の準備もなく市場開放の嵐に巻き込まれるのは気の毒」だから、
せめて心の準備だけはさせておこう、という「親心」の様に思える。
「その裏には」、真面目に仲間を集って反TTP運動を行った場合、自身や仲間に対する身の危険を真剣に考えたのかもしれない。

TTPの本質は日米同盟の「踏み絵」であって避けられないもの、と国内の親米の論客も主張している。
「推進派の自作自演」とは、TTPは「アメリカの要望だから断れる訳がないじゃいか」というムードを作り上げる事だろう。
「年次改革要望書」をTVで取り上げたのはフジテレビだ。中野剛志を取り上げたのもフジテレビ。


07. 2011年11月10日 01:07:32: JYZos92eqo
>>5
> その為に小沢氏を検察とマスコミで動けなくしたのだ。
>
>
> ↑結局、政権交代しても、小沢ぬきなら、
> 自民党と同じ、いやより悪質かもしれない。

いや、小沢一郎氏もTTP推進だし、小沢ありなら、小沢なしより悪質かもしれない。

小沢一郎氏の場合、単純小選挙区制推進・保守二大政党制推進が痛い。


08. 2011年11月10日 01:52:19: lLF53ddShd
私の周りの方々も「どうして政権交代したとき、自民党が戦後やってきた悪事をつまびらかにして
二度と再起できないようにしなかったのか?」と言っています。
米国、官僚、マスコミの寄生する場所を与えてはいけないのです。
自民党の悪事がバレてしまえば、国民の支持はなくなり、仙谷や前原も自民党と手を結ぼうなどと
思えないでしょうから。

私はその他にも鳩山についてはずっと疑問に思っていることがあります。

09年に民主党が政権を取った時、マスコミも官僚も自分たちが享受してきた既得権益を奪われることを
半ば覚悟していたように思います。
■マスコミは、記者クラブを解体して会見フルオープンになること
■官僚は、事務次官以下幹部職員に民主党の政策に従うか一筆取り、従わない人には
 省庁を去ってもらう。

これは首相であった鳩山の主導でやれたことだったはずです。
最初にコレをしなかったがために既得権益勢力に舐められたのですよ。
何事も最初が肝心だったはずなのに、なぜ、鳩山はやらなかったのか?

あの時、官僚と官僚のコバンザメであるマスコミの首根っこさえ押さえておけば今のような
こんな悲惨な日本にはなっていなかった。

鳩山の罪は本当に許しがたいほどに重い。


09. 2011年11月11日 23:54:44: F9ZNdYGdsI
FHVyh15Kso なる男の無知ぶりに驚く。
フジ、ウジテレビが好きらしい。どうかしてるぜ。フジの回し者か?

「年次改革要望書」をTVで取り上げたのはフジテレビだ。中野剛志を取り上げたのもフジテレビ

嘘つけ!


10. 2011年11月12日 21:10:06: 3pzJyybIjk
仮にあの時、−−−できないのはわかって言ってるのではないですか?

あの時を昨日にに移して考えてください。
もし昨日夜8時野田総理が熟慮の末覚悟を決めて、TPPに参加しない!と声明を発表したら、恐らく大騒ぎになり、その夜のニュースは、日本は後れをとるとかマスコミは今日も明日も、マスコミはどれほど騒ぐか、おそらく3カ月もたず、野田総理は退陣に追い込まれるか、何か身に覚えのない政治とカネか、スキャンダルで政治生命を断たれる。或いは命があるか。

私達がその時野田総理を守れるかなのだ。野田総理が私達のTPP反対という声の中に、TPP拒否したら野田総理をこの後も支えるぞ!という意思があるかどうかどのように聞き取ったか。

言うまでもなく私も私達もおそらく、拒否した後の野田総理を一時的に、祭り上げるかもしれないが、そのあと何処まで支えてゆく気があるか。

TPPは野田総理にとって既定路線であったろうから初めから余計な心配はしないでよいのだが、過去にもう一つ鳩山さんの件がある。

国外少なくとも県外、と言いつずけていたとき、鳩山総理の<国外県外>日本国民沖縄県人のすべての意思を代弁していたのだ。
だがマスコミのほとんどすべてが冷やかであったし、国民の側も、できるわけないだろう、とか、よく言うよとか、言ってるだけ、なぞひどい暴言で応え、言うだけでも覚悟の中で言ってるかもしれぬ鳩山総理を見殺しにしたどころか、あるいは敵側に、追いやったのかもしれない。

仮に鳩山総理がパフォーマンスだけであったかもしれなくとも、対アメリカを考えれば強力に、鳩山支持を国民の声として印象ずける事が必要であった。
最後に、日米合意は鳩山の大失敗であるが、国民の強いサポートがあったらどういう展開になったか、わからない。

日米関係を変えるのに、総理一人を選び、任せることでは変わらない。後ろに国民
の強い意志があることを、わからせなければならない。更に日米関係を変えるのには日本だけでは変えられない。
韓国、中国との連携が、アメリカの東アジア政策を変えさせる

しかし、どこまでいっても、私達自身がどこまでサポートできるか、民主主義の責任者としての国民がどこまで、その責任を果たしたかが結局問われるのだ。人のせいにしても民主主義は逃げるばかりである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK121掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧