★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 168.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPPに暴走する野田はCIAの代理人だったのか??(山崎行太郎)
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/168.html
投稿者 判官びいき 日時 2011 年 11 月 11 日 13:05:37: wiJQFJOyM8OJo
 

まさかとは思うが、野田の暴走と迷走を見ていると、野田がCIAの代理人だったことを証明しているように見える。残念なことだが、戦後日本の政権中枢にいる人間で、CIAの代理人でなかった政治家を探すのは困難である。吉田茂、岸信介から中曽根康弘、小泉純一郎に至るまで、米軍隊に占領された被占領国の常として、何らかの形でCIAの代理人たらざるを得なかったことは紛れもない真実である。

たしかに、吉田茂や岸信介などはCIAの代理人でありつつ、また同時にCIAをうまく利用し、日本の国益のために奮闘した政治家であったことも事実だろう。しかし、哀しいことに、小泉純一郎あたりから、日本の政治家はCIAの代理人であることを恥じることもなくなってしまったようだ。

TPP騒動における野田総理の沈黙や迷走を見ていると、ああ、彼もやっぱりCIAの代理人なのだなと思ってしまう。TPP問題を国会で最初に取り上げたのは、政権交代以前の野田佳彦だったそうである。野田が、総理になった途端に、突然、日本の世論を二分することは分かっていたにもかかわらず、敢えてTPP問題を持ち出し、しかもまだ日本国民の多くがTPPとは何かを知らない段階での米国大統領・オバマとの会談で、早々とTPP参加を約束した理由がよく分からなかったが、今なら、その政治的背景が分かりすぎるほど分かると言わなければならない。

野田は、かなり早い段階からCIAの代理人として飼いならされてきた政治家だったのではないか。まさかとは思うが、野田の暴走と迷走を見ていると、紛れもなく野田が、CIAの代理人として飼い慣らされてきたことを証明しているように見える。こういう話をすると、すぐに陰謀論や妄想論という疑惑が湧き起ってくるものだが、しかしながら、米国公立文書館で公開されたCIA文書を、有馬哲夫が実証的に分析した『CIAと戦後日本』を読むと、これが、陰謀論でも妄想論でもないことが、分かる。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20111110/1320936206
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月11日 13:11:29: RzqCBoHeak
この人はアホか?日米三極委員会、経団連、外交問題評議会、ダボス会議、ビルダーバーグ会議など、日本の官僚や政治家がエリートの集まりと思うものは、すべてCIA傘下のもの。日本人はCIAは日本の忍者のような下部組織だと思っているようだが、逆だ。CIAがすべてを牛耳っているわけだ。完璧な治外法権があるからだ。CIAよりNSAの方がさらに上だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧