★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 215.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP交渉参加表明 首相の会見、慎重派は「歓迎」 「離党は避けたい」本音が見え隠れ (産経新聞) 
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/215.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 12 日 01:42:33: igsppGRN/E9PQ
 

【TPP交渉参加表明】首相の会見、慎重派は「歓迎」 「離党は避けたい」本音が見え隠れ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111112/stt11111201340001-n1.htm
2011.11.12 01:33  産経新聞


 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する野田佳彦首相の11日の記者会見を聞いた民主党慎重派議員は「本当にありがたい」(山田正彦元農林水産相)と“歓迎”の意を示した。だが、首相が12日からのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で各国との交渉入りを表明することに変わりはない。それでも慎重派が首相を評価した背景には、離党だけは避けたいという本音が見え隠れする。(酒井充)

 「『交渉参加』でなく『事前協議』にとどまってくれた」

 山田氏は、首相の記者会見が終わると国会内で記者会見し、首相が「交渉参加」を明言しなかったことを喜んだ。

 外務省筋は「そもそも論」として「各国との協議を経ないと交渉参加は決められない」と指摘し、「交渉参加」と「事前協議」に大差はないと説明する。しかし山田氏らにとっては、首相に「交渉参加」という言葉を使わせないことが重要だったのだ。

 逆に、社民党の福島瑞穂党首は、首相発言を「既定方針通り」だとして強く抗議する談話を発表。民主党慎重派の若手議員の一人も首相の発言を「がっかりした。一番良くない結果だ」と受け止めた。

 慎重派は11日も、首相の交渉参加表明を阻止しようと朝から動いた。この日の狙いは、党両院議員総会の開催。総会開催に必要な所属議員の3分の1以上の署名集めを目指した。

 山田氏は国会内で樽床伸二幹事長代行に会い、両院議員総会の開催を要求。TBSテレビの情報番組では「首相が参加表明すれば、慎重な判断を求めた党の提言に背くことになる」と、首相を改めて牽制した。

 一方、輿石東幹事長は昼、国会内の院内大臣室で首相と交渉参加に慎重とされていた鹿野道彦農水相による3者会談を開き、まずは首相に対し「党の提言を、ぜひ尊重していただきたい」と要請。鹿野氏からは首相の交渉参加表明の受け入れの意思を確認した。

 次に国会内の幹事長室に山田氏を呼び、「今日(11日)中の両院議員総会は開かない」と通告。その後、慎重派が約140人分の署名を提出すると、執行部は来週に「議員懇談会」を開催すると伝えた。

 来週だと、首相がAPEC首脳会議で交渉参加を表明した後になる。しかも、懇談会では代表解任などの動議も出せない。

 それでも、山田氏はあっさり受け入れた。なぜか。

 10日夕、慎重派5議員が輿石氏に離党届を持参する、との報道が出ると慎重派議員は打ち消しに走った。名前の挙がった議員は「離党の思いで取り組んでいるが、本当に離党するつもりはない」と本音を漏らした。

 他党からは、慎重派がこれまで離党をちらつかせながら矛を収めるのは「名折れではないか」(自民党議員)との批判の声が出ている。別の自民党議員は「マッチポンプだ」と慎重派の言動を切り捨てた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月12日 01:49:59: ZHmHyqA2uU
反小沢の自民党広報機関紙の産経らしい記事だな。
小沢派のイメージダウンと民主党の分裂と自民党の政権奪還願望や意図がにじみ出た記事だ。

そもそも、産経はTPP積極推進派。

【産経新聞】
TPP 首相は迷わず参加決断を
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111110/plc11111002550003-n1.htm
TPP慎重派は、産経の記事に踊らされるな。

冷静に考えれば、
第一に、離党は小沢派の数が減って、ますます来年の代表選に勝てなくなるだけ。
小沢政権あるいは小沢派政権の可能性は永遠になくなる。

第二に、新党をつくっても議会内多数派は形成できない。
なぜなら、自民党など野党が小沢氏の証人喚問や議員辞職を求めているからだ。

小沢氏の証人喚問を要求する谷垣自民党総裁:

■代表質問の質疑要旨
【小沢氏国会招致】
谷垣氏:小沢一郎民主党元代表が証人喚問に応じ、国会で説明責任を果たすよう指導力を発揮すべきだ。
首相:説明責任については本人が法廷で果たすものだと考えている。現時点では裁判を冷静に見守るべきだ。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011103100918

■自民・谷垣総裁「野田首相は小沢氏の疑惑隠蔽に加担」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111006/stt11100616140016-n1.htm

自民党は、小沢氏の証人喚問や議員辞職を求めている。
今は与党だから、野田首相や輿石幹事長が自民党の要求を拒否して、
小沢氏を守ってくれるが、野党になれば誰も守ってくれない。

しかも、自民党は早期解散を求めているが、
それは政権を早く奪回したい一心でそういっているだけであり、
そもそも、自民党は公約に消費税引き上げを掲げている。
よって、消費税引き上げ反対で組めないのだ。

消費増税の方向性は民主、自民両党とも変わらず、
野田政権の増税路線を厳しく批判するのは自民党にとっても限界がある。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011110801009

第三に、残念ながら、小沢氏はいま「刑事被告人」の身。
いま動けば、手薬煉を引いて待っているTPP推進派のマスコミなどの思う壺。
叩きまくるだろう。
そうすれば、TPP慎重派はイメージダウン、TPP推進派を利することになる。
敵(大マスコミなど)の出方を予想できるなら、いま動くのは得策ではないとわかるはず。

小沢氏は、まさに耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、
来年4月の無罪判決を目指さなければならない。

小沢氏の復権は、来年4月の判決如何だ。
それまでは隠忍自重せざるを得ない。

仮に、TPPの発効には政府間交渉で署名にこぎつけた後、国会の批准手続きが必要。
<「勝負はTPP参加批准の時だ」(小沢派中堅)>
その頃にちょうど、小沢氏の無罪判決が出れば、勝負できるだろう。
今は、石川裁判判決の影響や小沢裁判公判中なので、勝負するタイミングではない。

それまでは今後、慎重派は交渉に参加した場合、途中経過の情報公開を政府に要求し、
医療や金融、食品安全などで悪影響が生じないかを同時進行で徹底して検証する方針で活動すればよい。

冷静に考えれば、以上が正解。
TPP積極推進派で、反小沢の産経に踊らされないように。


02. 2011年11月12日 06:49:33: 6vEHRdEs7c
11月11日首相動静より
>午後8時45分、執務室を出て特別応接室へ。同46分から同9時6分まで、キッシンジャー元米国務長官が表敬。日枝久フジテレビ会長、長島首相補佐官同席。dgh
不治酸刑は売国メディアであることがハッキリした
長島が隷米の使いパシリであることも
長島の動きは注意しなければならない
彼はアメリカのスパイだ

03. 2011年11月12日 07:36:35: GowS0gofE6
米国の世論操作機関であるマスコミはTPP反対派に対する
嫌がらせをけっこうやっている。
本当に記者クラブを潰さないと日本がどんどんおかしくなる。

今日のゴミ売り新聞の記事も酷い。
米国の願望「TPP交渉参加表明」と一面に大きく。
となりには「開国」と意味不明の大衆操作。&嘘記事ばかり載せている。

論点スペシャルではTPPについて3つの記事。
@  「良いルール」作りが重要。 ← 日本が圧倒的に不利だ。
A 議論の内容 国民に説明を アホの野田、仙谷、前原にはできないはずだ。
  読売も今頃何を言っているのだ。真実なんてどうでもいい新聞。
B鈴木東大教授 食料・医療へ影響深刻 
 こういう本当の記事をもっと前に報道すべきだ。


04. 2011年11月12日 07:38:33: oXjyYrHR4I
 民主党内の「慎重派」は甘い!
即刻、離党して抗議しなければ、足下を見透かされるだけだ。
そうすれば、国民の多くは支持するだろう。

05. 2011年11月12日 18:59:59: sJonVGpDJU
TPP交渉参加方針 APECで表明

06. 2011年11月12日 21:06:08: ipNCtQpEyM
>>04
無意味。

離党しても政治的影響力を失うだけで、
単なる自己満足に終わるだけ。

むしろ、自民党こそ、分裂するべきだ。

自民党の石破前政調会長や中川元幹事長、そして小泉進次郎議員らもTPP積極推進派。
「決断が遅すぎる!もっと早くTPP交渉参加を表明するべきだった!」と
野田首相を批判。


■小泉「自民党ならもっと早く(TPP参加を)決断して、交渉の場で(各国と)戦えた」

進次郎氏 TPPで委員交代 推進固持、自民党方針に歯向かう
自民党の小泉進次郎青年局長は十日、党の方針に反して
環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加推進の立場を貫いたため、衆院議院運営委員会の委員を外された。
同日の衆院議運委では自民党などが提出したTPP交渉参加表明に反対する決議案について、
民主党などの反対により、衆院本会議への上程が否決された。
ただ自民党内きってのTPP推進論者である小泉氏は、事前に党国対幹部から決議案への対応を問われ
「決議案には賛成できない」と、上程に同意しない意思を示していた。
このため、議運委の採決では、別の議員に差し替えられたという。
小泉氏は、党の処置について記者団に「納得している」と指摘。
その一方で「自民党が、一刻も早く衆院解散と言うなら、
なぜ『首相の(参加)判断は遅すぎる』と言わないのか」
「自民党ならもっと早く(参加を)決断して、交渉の場で(各国と)戦えた」と持論を主張した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011111102000026.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧