★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122 > 341.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小沢一郎 すべてを語る」TPP・消費税・原発・後継者…(サンデー毎日)  :日々坦々 
http://www.asyura2.com/11/senkyo122/msg/341.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 15 日 00:49:49: igsppGRN/E9PQ
 

「小沢一郎 すべてを語る」TPP・消費税・原発・後継者…(サンデー毎日)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1274.html
サンデー毎日11/27号 :日々坦々 


TPPも普天間も、そして原発も、官僚や米国に牛耳られゴリ押しされて、このままでは日本崩壊だ!

TPPといい、昨日行われた東日本女子駅伝といい、これだけネットやソーシャルメディアで批判されているにもかかわらず、結局は強行され、ゴリ押しされてしまった。

思えば、自民党長期政権で疲弊した国家、官僚主権、米国隷従から脱却するために、ようやく政権交代で一勝したものの、その後は連戦連敗。普天間基地にしろ、小沢裁判にしろ、民主党代表選挙にしろ、全て負け続けている。

もう、こうも負けグセがついてしまうと、なるようにしかならないのではないかと自暴自棄、疑心暗鬼、退廃的、刹那主義に陥ってしまいがちだ。

それでも、まだ一縷の望みを失わないのは、唯一の希望である、小沢一郎という100年に一度の逸材、稀有な政治家が今、この世に生きて存在しているからにほかならない。

そこで、原点に立ち返る意味でも、今週のサンデー毎日がちょうどいい企画をしてくれている。(要、必買!)

小沢さんと鳥越俊太郎氏との「独占90分スクープ対談」で、巻頭6ベージを使って特集しているので、今日はその要点を項目ごとに分けて、小沢さんの発言のみを書き写してみた。

(※4億円の原資や裁判のことにも触れているが、リードに付け足しただけにとどめ、省略した。各項目は管理人作成)


小沢一郎 すべてを語る

TPP、消費税、政治とカネ、原発… 聞き手 鳥越俊太郎

リード

▼「このままTPPに突き進んだら米国の意のままにやられる」
▼「消費税アップは反対。選挙やったらベタ負けだね」
▼「4億円の出所?全部ボクのカネ、その中身は…」・・・(※「親からの相続は(4億円の中では)大きかった。僕自身だって稼いでいます。印税だけでも1億何千万円もありますし。…」)

≪「僕なら米国と率直に話し合いをし、普天間問題にケリをつけられる」。意ならずも法廷に立たされた小沢一郎元代表(69)は健在だ。TPP (環太平洋パトトナーシツプ協定)から消費税、原発、あの「4億円」――。剛腕≠ヌジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(71)が縦横無尽に語り尽くす。≫


TPP

ひとつは自由貿易という基本的な経済原則の要素。もうひとつは米国特有の思惑があります。自由競争、自由貿易の原則は誰も否定できない。できる限り世界中で自由な経済取引が行われることは良いことですが、今、米国が主張しているTPPをそのまますぐ受け入れることとは別問題。日本の国民生活をちゃんと守るシステムをつくったうえで、吟味してやらなければならない。(現時点で交渉に参加すれば、米国の)意のままにやられてしまいます。
(参加国の間で)経済の深化の程度、レベルの差があったり、国情・民族の差があったりしますから、お互いうまく障害を取り除きながら、合意できるところからやっていくことしかない。米国の場合はちょっと金融で走りすぎて失敗しました。何とか挽回しなきゃいけないと、またもや米国のシステムでみんなを統一しちゃおうという思惑があるものですから、米国にビシッと言わないといけないと思いますね。

米国は農業でも自分の都合の良いことを言っているんですよ。自分の大事なものは保護しておいて、他国には「全部撤廃しろ」と。なんぼでも議論できるんですよ。農業だけじゃない。次に分かりやすいのは医療です。米国は国民皆保険ではありませんが、日本は皆保険。その制度を自由診療などで崩そう――という意図があるわけです。制度そのものが崩壊に導かれる可能性もあるし、米国の健康保険、医療制度でよいとは思えません。


消費税

野田総理も(安住淳)財務大臣も、消費税(増税)をやるって言っているでしょ?来年1月の通常国会に(関連法案を)出すとなると、来月にはおおよその成案を作っておかなければならない。消費税は直接、個々の国民全部に響きますからね。まして今は世界的大不況が来るかもしれないという時、国内では東日本大震災の影響がある時に、消費税増税というのは、僕は納得できない。
もうひとつ、2年前に「(衆院議員任期の)4年間は(消費税増税を)やりません」と約束して政権がスタートしたわけですから、それを反故にすることにもなる。両方の面で、ちょっとどうかなと思います。

今、現時点で上げることには賛成できないですね。ただ、総理と財務大臣が(消費税増税を)言っちゃってますからね。12月には成案、来年1月の通常国会には法案を出すと、よその国まで行って話しているわけですから、ちょっとこれはしんどい。このまま衆院選をすれば問題にならない。ベタ負けですね。


マスメディア

日本社会の悲劇ですね。これが戦前、「一億玉砕」を唱えたこともあり、 一度は国を滅ぼした。これから戦争が起きるということではありませんが、このままだと民主主義の否定になります。政治不信は民主主義の否定ですから。一体どういう社会をメディアは望んでいるのか、僕にはまったく分からない。ただ悲劇だと思う以外にないですけれど。


自立と共生

日本人が豊かな情緒と精神文化を持っているのはいいのですが、国際社会の中で生きているのですから、「民主主義」をきちんと理解することが大切でしょう。それから、もう少し理性的。論理的な発想で自立しなければダメですね。政治でも、みんなで何となく決めるでしょ?誰が決めたのか分からないうちに決まってくる。「日本の合議制」というのは、誰も責任を取らなくていいシステムなんです。うまくいっている時はそれでもいいが、問題が起きた時には「誰も決めない」ということになっちゃう。だから、さらに激変が予測されるような時は、論議を尽くしたうえで、その立場にある人が最終的に自分の責任で決める――「自立と共生」を僕はずっと主張しています。自分で考え、自分で決断し、自分の責任でやる。その要素をもう少し身に着けないといけません。


原発

原発事故は深刻ですね。1970年代、僕が科学技術政務次官だった頃に原発が始まりましたが、過渡的なエネルギーとしては仕方がないと最初から主張していた。新エネルギーを見いださないといけないという思いは、ずっと持っていました。今も原子力の結論は出ていないんですよ。高レベル廃棄物の処理はどこの国もできていない。高レベルは、どこも受け入れないでしょ?

最終処理が見いだせない限り(原発は)ダメ。新エネルギーを見いだしていくほうがいい。ドイツには石炭などの資源がありますが、日本はない。ですからドイツのように10年で原発を止めるわけにはいかないかもしれないが、新エネルギー開発に日本人の知恵とカネをつぎ込めば十分可能性はあります。思えば、過渡的エネルギーだと分かっていながら原発に頼りすぎました。「もう少し強く主張しておけば良かった」という反省はあります。

残り滓(かす)をどうするかが一番の問題です。使用済み核燃料棒をどうやって取り出すのか、取り出したものをどこに置くのか。できないことを言っても仕方がない。何十兆円かかろうが、何とか封じ込める策を講じないと日本の将来はありません。「冷温停止」と言いますが、爆発しないようにするだけで汚染はどんどん進むし、未来永劫、水をかけっ放しになっちゃいます。これを解決しないと日本はダメでしょうね。

東電を矢面に立て、国が後ろから支援する今のシステムはダメだど思います。国が前面に立ち、その下に東電や原子炉メーカーなどを付け、全力でやるようにしないと。原発の封じ込めは東電だけではできません。


今、どうしても言いたいこと

やはり原発問題。これを抱えていたのでは日本の未来はない。どんなにカネがかかっても衆知を集めて封じ込めないといけない。これが第一。それから役所中心の日本の仕組みを改める。そのためには、みんなが民主主義を正確に理解しないとね。個人の自立と民主主義。これがないと、いくらテクニカルな話をしてもダメ。日本に民主主義が定着するかどうか、今が胸突き八丁、境目だ。

(民主党の若手議員に対して)
官僚と闘うレベルを間違えているんです。もっと高い次元の理念・見識で闘わないといけない。細かいことは、専門家である官僚のほうが知っているに決まっています。「この理念に基づいて社会をつくりたい。だから協力しろ」と筋道の通った議論がなされれば官僚は抵抗できません。


普天間問題

僕は、いつでも米国とケリをつけられると思っています。あの沖縄のサンゴの海を埋め立てるなんてバカげたことをする必要はない。
普天間(に駐留する米軍)の必要はないですよ。前線から実戦部隊を引ぐのが米国の軍事戦略の基本。欧州からも兵力を引いている。米軍が引くと中国の軍事力にやられるというのは一面の事実ですが、日本が「こういう役割を果たすから、この部分はいなくていい」と言えないこ之こそが問題ですね。沖縄は日本の国上ですから日本が守るのは当たり前。3K(きつい、汚い、危険)はやらずにカネさえ出していればという感覚だから、米国人にバカにされちゃう。

(抑止力は)僕も必要だと思います。
米国のプレゼンス(存在)が極東アジアからまったくなくなるのは良くないっよく「日米同盟」と言いますが、だったら、それなりの役割を日本も果たさないといけない。「日本の領土はちゃんと日本が守る、トータルな抑止力の一部は担う、緊急の時には米軍が来てください」と。

(米軍はグアムなリハワイなりで)十分。情報を探ったり警戒・監視したりすることは日本でできる。尖閣諸島も日本の領上で、一度も中国の領土になったことはない。中国にも面と向かって言ってますよ。「どの王朝の時に、お前らの領上になった?」「ここは琉球王国の領上で琉球は日本と合併した」と。「その問題はケ小平(元最高指導者)先生が『後世に任せようと言った』」と言うが、あれから20年も30年もたっているじゃないか(笑)。


後継者

僕自身は別にどうでもいい。問題は、民主党の場合はみんな基礎的な訓練をしないままポッと偉くなっていること。ベースがないので、何か問題に突き当たった時に「これはこうしよう、ああしよう」という判断ができなくなっているのではないか。仕方ない面もありますが、世界、世の中は待ってくれない。

基礎的な勉強をさせなければダメですね。トップリーダーも、若ければ良いというものでもない。実務的な実践を段階的に積んでいかないと、イザという時の判断ができない。30代、40代で良い人たちはいると思いますよ。ただ、基礎的勉強をしなきゃね。すぐに偉くなることばかり考えていてはダメです。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月15日 01:28:08: RBVkeTssrk

ぼけぼけの民主党にも、有意の輩は多数いるであろう。

次の選挙でも勝ち抜くよう、ちゃんと精進してるかい?

それならいいが、それだけのものを背負っているなら、
ちゃんと発しないと。


02. 2011年11月15日 01:33:28: 6pFo7Hs8ow
鳥越相手ならば全てを語ります。

だけど、追求の厳しい国会やジャーナリスト相手には語りません。
もちろん地元岩手の被災者とも語りません。

それが小沢一郎です。


03. 2011年11月15日 01:57:50: aqxwHGwPds
売国奴とは、語りません。何か?02番もそうなの?

04. 2011年11月15日 02:00:12: DcxDg6lzRM
>だけど、追求の厳しい国会やジャーナリスト相手には語りません。
もちろん地元岩手の被災者とも語りません。


追求の厳しい?ただ単に勉強不足と小沢嫌いを刷り込まれたボンクラのブン屋のイミフな質問に答える徒労に辟易してるだけさ。
地元岩手の被災者と語らない?知事さんは小沢一郎の尽力があって東北の被災地では一番復興への着手が早かったと言ってたよ。

壊れたボイススピーカーは相変わらずバカなんだねw


05. 天橋立の愚痴人間 2011年11月15日 02:00:58: l4kCIkFZHQm9g : M1dRyg1AKE
この様な、一般論を話している時か。
原発もTPPの現実に動いているのだ。

また、この様な話しなど聞かずとも解かっている。

一点、注意を引くべき、最もらしい話がある。

官僚と戦う、民主党の若手議員に対して

>「この理念に基づいて社会をつくりたい。だから協力しろ」と筋道の通った議論がなされれば官僚は抵抗できません。

と言っているが、ここで言うべきは、その理念の内容であろう。

でも、言わない。
なぜか、そんなものは民主党に存在しないからである。

具体的なことを何も言わないで、国民との対話のつもりでいるならば、国民を舐めきった

実に無責任な話であるではないか。


06. 2011年11月15日 02:41:26: YRyE4hspJA
小沢はTPP賛成じゃなかったの?

ま、こいつも売国に変わりは無い。


07. 2011年11月15日 02:45:04: 25F6XNTVV2
>05氏へ
   ご意見、ごもっともです。 賛同いたします。

08. 2011年11月15日 03:11:56: JZtrCY6jEQ
02>>」ツ」ヒ」ト02に語る言葉などない。おまえは日本に必要ない。

09. 2011年11月15日 06:07:27: tSrfK2IuJE
>>05 具体的なことは何も言わない

小沢の政策は、すなわちマニフェストに盛られたあれこれのことでしょう?

それから、200人近くの議員に影響力をもつ小沢が、これだけ自主独立・改革の意志を明確に語ってくれている。調整型で、官僚の「しもべ」ばかりの日本の政治家の中で、有り難い事じゃないですか。

それに、彼にすべての期待と責任を押しつけ、思い通りに動かないからといって彼を罵るというもおかしい。

天橋立氏はちょっと、要求がきつすぎですよ。


10. 2011年11月15日 06:12:39: pphEUA8yso
聞き手が真面(TPOのわきまえ)なら、小沢氏はご自分のお考えを披露しますよ。
言い換えれば、国民が真面なら、とっくに小沢氏は総理大臣になっていますよ。

11. 2011年11月15日 07:04:50: GowS0gofE6
検察官僚、大手マスコミが真面目なら 小沢一郎元代表はすでに首相に
なっていて大震災対応も菅のように狂っていたりTPPも野田のように
ISD条項も知らずに日本を陥れるようなこともありません。

12. 2011年11月15日 08:38:49: jLYH3uUUCc
小澤一郎氏の主張は正論そのもので、これに反対する日本人がいることが不思議だと言うべきだろう。 普天間問題にしかり、TPPについての意見しかりだが、一番重要な意見は原発問題だと思う。 使用済み燃料の処理をどうするのかが解決できていない現在では、これ以上それを増やすことは大問題であろう。 小沢氏自身が自省して言っているように、原発開発を推進する以前に解決しておかねばならなかった問題である。 福島の原発についても、未来永劫に渡って水を掛けているわけにもいかない。 原発に変わる電力開発に努力すべきだが、日本の地勢から考えれば地熱発電がベスト・アンサーと思う。 何れにせよ政治家に限らず、日本人はもう少し自分で物事を良く考えて判断するようにならないと駄目。 役人と学者にその判断を任せていれば良いというのは間違いだと断言できる。 まして嘘ばかり書き並べているメデイアの言うがままでは、この国の将来はおぼつかない。 幸いインターネットの普及によって、知識はほぼ充分に獲得できるようになった。 インターネットを駆使し、かつ外国語も読むことが出来るようになれば、偏向したマスコミに騙されることも無くなる。 国と国民を愛する能力ある若者たちに期待したいと思うね。 N.T

13. 2011年11月15日 09:05:40: AQqyLULhMc
原発事故で小沢自身の発言、「東京もアウトになる」 はどうなった?

なかったことにするのは卑怯だよ。


14. 2011年11月15日 10:06:01: cbjrO8G7U6
何故新党を立ち上げないのだろう?次の選挙で民主党は惨敗するので小沢の理念を実現する機会は完全に失われる。評論家ではないのだから我々が投票できる受け皿を作って民主主義の土壌を維持してくれ。今更社民党ではどうもならんし「維新の会」というわけにもいかない。ベルルスコーニは75歳だというからまだ間に合う。遠回りのようでも結局新党立ち上げが一番早い。さもないとアマの橋立のようにケチをつけるだけで八方塞がりになってしまおう。杉並情報発信さんなんとか口利いてくれ。

15. 2011年11月15日 10:53:32: gsNYru0okc

 わけのわからない司法制度のもとで

 がんじがらめになってる小沢氏に

 どう動けというのだ

 司法の闇をコントロールしている仙石一派に
 
 完膚無きままに潰されちゃうよ

 


16. 2011年11月15日 10:54:37: lGQ9x4NIUs
>>12. 2011年11月15日 08:38:49: jLYH3uUUCc
> 小澤一郎氏の主張は正論そのもので、これに反対する日本人がいることが不思議だと言うべきだろう。

小澤一郎氏が自身のホームページに書いている憲法違反の「外国人参政権付与」の主張も正論そのもので、これに反対する日本人がいることが不思議だと言うべきだろう、なのですか?
小澤一郎氏の憲法違反の「外国人参政権付与」の主張に反対する日本人がいることは不思議ではなく、当然のことです。

> インターネットを駆使し、かつ外国語も読むことが出来るようになれば、偏向したマスコミに騙されることも無くなる。 国と国民を愛する能力ある若者たちに期待したいと思うね。

「外国語も読む」とは朝鮮語を読むと言うことですか?
「国と国民を愛する能力ある若者たち」とは、韓国・北朝鮮の国と国民のことですか?

小沢一郎がソウルの大学で韓国人学生に
「日本人は動物にも劣る民族」
「日本人の若者は漠然と他人に寄生し寄生虫として生きているとんでもない害虫だ」
「もともとむ日本人の親達もどうかしている。日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない」
「日本人はもともと民度が劣るから、君達韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ」
と発言したのは公然の事実[1],[2]。

[1] http://www.youtube.com/watch?v=UswizjEHAbk&feature=related
「日本は島国で、日本人は自立心に欠けるんですね、日本人は自分で勉強し、自分で判断し、自分で決断し、自分で責任を負う、こういう自立心が最も足りないない国民と言えばその通りなんです」4:44
[2] http://blogs.yahoo.co.jp/ayahiro1959/30631154.html
「日本人は動物にも劣る民族」


17. 2011年11月15日 12:27:07: LZQqGUA606
>16
[1]は残念ながら俺もそう思う、戦前はそうでもなかったけど、そもそも自国の領土に  他国の軍がいてそれを喜ぶなんて時点で感覚が狂っている
[2]は一体どこで言ってるのかわからなかった、何分あたり?

18. 2011年11月15日 12:31:06: tSrfK2IuJE
>>16

じゃ、菅直人や前原誠司が小沢をあんなに憎むのは、朝鮮閥どうしの争いってわけ?

君、洗脳されきってるよ。5年以上政治・宗教関係から離れた方がいい。


19. 2011年11月15日 12:50:03: jkDDl3DZzU
16さんへ

嘘を書いてはいけませんよ。1番は確かに言っていますが、2番の「日本人は動物にも劣る民族」等1言も言っていません。同じことを、さも言った様に、何度言ったら、信じてもらえるのか?そう思って書いているのでしょうが、私は最初から
最後まで3回聞きました。そんな事は1言も言っていません。

鉢呂大臣の「放射能つけたるぞ」発言の様に、言ってもいない事を、言ったと報道するマスコミと貴方は同じですね?
1番で言っている事は、間違いではないでしょう。日本人全体から見て。


20. 2011年11月15日 12:50:28: uzupVu3vxc
>12. jLYH3uUUCc 様の最もなご意見に賛同します!

>06. YRyE4hspJA さん
[小沢はTPP賛成じゃなかったの?ま、こいつも売国に変わりは無い。]
小沢氏は基本的には自由貿易賛成論者である事は、自身で述べられているが、現時点でのTPP参加には、幾多の問題があるので反対だと明確に述べられていますぞ。

>13.AQqyLULhMc さん
[原発事故で小沢自身の発言、「東京もアウトになる」 はどうなった?なかったことにするのは卑怯だよ。]

今朝は、北海道でも500ベクレル超が検出された場所もでてきた。
東京に原爆が落ち焼け野原になるという意味ではない。
姿の見えない敵(放射能)は、もうとっくに東京にも侵略している。宅配水を買っている人に聞いて見ると良い。きっと「東京もアウト」だって言いますZo!。


21. 2011年11月15日 13:11:36: GxhhRSEBuY
とかく無知と思い込みは救いようがない、遊びほうけていては折角のオツムがスカスカになってしまう。

22. 2011年11月15日 13:12:23: vtaXSg5Mqs
小沢氏の考えの一端を知るにはよい企画だったと思います。何をするにも基礎が出来なければ駄目だということですね。

23. 2011年11月15日 13:29:11: NMhAKJJiQk

小澤一郎氏の主張はわかりやすい。

ほかの政治家は、二枚舌か、玉虫色だね。
あるいは、もっともらしい芝居をしているだけ。

マスコミは、真偽の見分けがつかない。


24. 2011年11月15日 13:30:16: Voy4UmX362
>>16
ソースになってるブログには動物にも劣るだの何だのと小沢の発言として
並べてありますが、動画では全く触れてもいません。
嘘はいけません。
このでっちあげ発言を得意になって拡散しているあなたこそ
売国工作隊ですよ。
日本の政治家が言ってもいないことを言ったと記事にして
日本人を侮辱しています。
あなたは外国人ですね。

25. 2011年11月15日 13:31:16: TwD20Z9kC6
サンデー毎日を買って、読み終えたら拡散という意味で

親や親戚、友人などに読むように渡そう。

あとは、週刊ポストや日刊ゲンダイなども。

テレビや新聞報道がいかにいい加減かを地道に比較実例で
理解してもらうのがいい。


26. 2011年11月15日 13:37:15: TwD20Z9kC6
捏造拡散野郎 捏造拡散野郎 捏造拡散野郎 捏造拡散野郎
lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs
lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs
lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs lGQ9x4NIUs
捏造拡散野郎 捏造拡散野郎 捏造拡散野郎 捏造拡散野郎

何度指摘されても無視して同じコピペを貼り続ける

最低野郎。お前の家族の顔が見たいわwww

自分の顔を鏡で見ろw 馬鹿者。


27. 2011年11月15日 15:03:48: WQAXU8A03o
■「米国特有の思惑」で「米国の意のまま」に「またもや米国のシステムでみんなを統一」しようとしている。

小沢さんのTPPに関する発言のキーワードをつなぐとこんな風に理解できます。

TPPのどんな仕組みが「米国特有の思惑」で「米国の意のまま」に「またもや米国のシステムでみんなを統一」することになるのでしょうか?

この疑問に応えるキーワードが「ISD条項」「ラチェット条項」「条約と法律」です。

野田バカ総理はこれらのことを知らないと恥さらしな答弁をしました。

自分が知らないから国民にも説明のしようがないというわけです。

総理大臣が内容を知らない、国民にも内容を説明できない国際条約を締結する決断ってなんでできるのか、信じたくない日本の政治の貧困です。

このことは国際的に知れ渡っていますので、米国始め諸外国はますます日本籠絡にいそしむでしょう。

本当に国難です。

我々だけでもしっかりとキーワードを理解しTPPに反対しましょう。

以下、TPPのISD条項、ラチェット条項、条約と法律の関係、そしてカナダとメキシコで実際に起きたとんでもない話を見ていきましょう。

■『TPP ISD条項とラチェット規定』 
http://ameblo.jp/mappyyoppy/entry-11076952050.html

−−−−(引用させていただきます)

●ISD条項
ISD条項というのは、各国が自国民の安全、健康、福祉、環境を、自分たちの国の基準で決められなくする「治外法権」規定なのです。

米国とカナダとメキシコの自由貿易協定であるNAFTA(北米自由貿易協定)において導入された。その結果、国家主権が犯される事態がつぎつぎと引き起こされています。

【事例1】
たとえばカナダでは、ある神経性物質の燃料への使用を禁止していた。
同様の規制は、ヨーロッパや米国のほとんどの州にある。ところが米国のある燃料企業が、この規制で不利益を被ったとして、ISD条項に基づいてカナダ政府を訴えた。

そして審査の結果、カナダ政府は敗訴し巨額の賠償金(推定1000万ドル)を支払った上、この規制を撤廃せざるを得なくなった。

【事例2】
また、ある米国の廃棄物処理業者が、カナダで処理をした廃棄物(PCB)を米国国内に輸送してリサイクルする計画を立てたところ、カナダ政府は環境上の理由から米国への廃棄物の輸出を一定期間禁止した。

これに対し米国の廃棄物処理業者はISD条項に従ってカナダ政府を提訴し、カナダ政府は823万ドルの賠償を支払わなければならなくなった。

【事例3】(この項のみTPP怖い(愛媛県)さんの記事を引用させていただきます)
カナダで起きた例と同じ事がメキシコでも起きました。

メキシコでは、あるアメリカの企業が、あるメキシコのえー地方自治体で、工場を建てた。そしたらどうも地下水を汚染するっていうことになったので、地方自治体がその、設置許可を取り消したんですね。

そしたら、その企業はメキシコ政府を訴えて勝ちました。その結果メキシコ政府は、なんと自分の国の地下水を汚染した企業に、アメリカの企業に、1670万ドルの賠償金を支払ったんですね。


つまり・・・
「主権侵害条項」が含まれており、SPS(衛生植物検疫)ではアメリカ産牛肉に関する「非関税障壁(アメリカ側から見た)」が撤去されさらにTBT(貿易の技術的障害)では、遺伝子組み換え作物を流通させる際に「遺伝子組み換え商品」といった明示をすることができなくなるのです。
(アメリカの遺伝子組み換え作物のメーカーにとって、非関税障壁に当たるため)

●ラチェット条項
ラチェットとは、一方にしか動かない爪歯車を指す。
ラチェット規定はすなわち、現状の自由化よりも後退を許さないという規定である。

締約国が、後で何らかの事情により、市場開放をし過ぎたと思っても、規制を強化することが許されない規定なのだ。このラチェット規定が入っている分野をみると、例えば銀行、保険、法務、特許、会計、電力・ガス、宅配、電気通信建設サービス、流通、高等教育、医療機器、航空輸送など多岐にわたる。
どれも米国企業に有利な分野ばかりである。

なんとも難しく説明してしまったようですが、裁判が日常の米国という巨大国家と情状酌量が日常の日本という平穏で人を信じやすい優しい国家が、交渉ごとをしても主権を乗っ取ろうとしている国家に勝てるわけがありません。

TPPは日本という国家をぼろぼろにする協定である事は間違いありません。

どうかご自分でも勉強されて真実を知ってください、冗談じゃなく戦争です!!

■『条約は法律に優先する』ということ。

条約>国内法律という基本を理解しなければなりませんね。
しっかりと拡散しましょう。

Yahoo知恵袋を引用させていただきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148583349

−−−−−(引用)

条約;国際法上の主体間において、文書の形式により国際法の規律に従って締結される国家間の合意のことです。
締結は内閣の専権ですが、事前又は事後に国会の承認が必要です。

法律;憲法の定める方式に従い、国会の決議を経て制定される国法の形式のことです。

なお、国法の形式的効力は、憲法→条約→法律→政令・省令→条例の順番になります。

−−−−(引用終わり)

条約は法律に優先するんですよ!

即ち、TPP(条約)で決まったことは国内法より優先されるのです。

自国の法律で守れないということ。

●さー、これらのキーワードを知った上で我々の決断はいかに。


28. 2011年11月15日 15:44:10: lGQ9x4NIUs
>>17. 2011年11月15日 12:27:07: LZQqGUA606
> [2]は一体どこで言ってるのかわからなかった、何分あたり?

>>19. 2011年11月15日 12:50:03: jkDDl3DZzU
> 嘘を書いてはいけませんよ。1番は確かに言っていますが、2番の「日本人は動物にも劣る民族」等1言も言っていません。

>>24. 2011年11月15日 13:30:16: Voy4UmX362
> ソースになってるブログには動物にも劣るだの何だのと小沢の発言として
> 並べてありますが、動画では全く触れてもいません。
> 嘘はいけません。

「日本人は動物にも劣る民族」で検索すると沢山ヒットする。
架空の発言があちこちに書かれるとは思えない。

下のサイトに[スタートしてすぐ、1分30秒前後に、この小沢一郎の発言が紹介されます。]とあるが、音声が消されている。誰かが消したのだろう。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1450848679
http://www.youtube.com/watch?v=_JORrd3pu2Q

「小沢一郎は朝鮮人」と西村眞悟氏
http://www.youtube.com/watch?v=VWc5299z1E4
これは画像も音声も消されている。

下の記事を読むと、学生からの質問に答えて「日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない」と言ったと書いてある。
それ故、講演ではなく、公演後の質疑での発言で、
「ソウル発外電2009年12月 13日」を読まないと確認できない。
確認のためには朝鮮語が必要かも知れない。
確認できないから嘘のでっち上げとは断言できない。

小沢発言:日本人は動物にも劣る民族
小沢一郎幹事長、ソウルの国民大学で講演「日本人は寄生虫、害虫」http://yonaoshi.tumblr.com/post/285910780
民主党の小沢一郎幹事長は12日、ソウルの国民大学で講演後、約250人の学生と日本人について語り合った。

学生から、多くの日本人が学校にも通わず、仕事にも就かないニートについて聞かれ、小沢氏は「日本のニートの現状はみんな親が悪い。日本人の親は学校にも行かなで、仕事もしないぶらぶら遊んでいる子供を食べさせている」と持論を披露した。
小沢氏は「学校にも行かない無職の子どもを責める前に、日本人の親達は子供を甘やかしている。親に民族教育を確りしないといけない」と主張した。
「日本人の若者は漠然と他人に寄生し寄生虫として生きているとんでもない害虫だ」「日本人の親達もどうかしている。日本人は動物にも劣る民族といっても過言ではない」
「日本人はもともと民度が劣るから、君達韓国人のような優秀な民族の血を日本人に入れない限り、他人やアジアに寄生して生きる害虫日本人が増えるだけだ」
日本の古代歴史についても「韓半島南部の権力者が日本の国家を樹立したもの」と述べた。    ・・・・ ソウル発外電2009年12月 13日


29. 2011年11月15日 16:33:18: QDOXlxmHrs
小沢氏は至極当たり前のことを云つているだけで、これに耳を傾けない或は誹謗するマスゴミや評論家はカネに毒されたか、或いは第三者に脅迫されたのか、いずれかであろう。

カネは頂いてもよい。ただそれによつて筆を曲げなければよいのだ。筆を曲げればまともな人間なら、悔いが棺を蔽うまで残るであろう。


30. 2011年11月15日 16:42:36: zFtfNWXs62
天橋立の愚痴人間 は己が自立していない証拠。何かあれば誰かに頼り、思うようにならなければ捨て台詞。情けないあまちゃんである。lGQ9x4NIUs こいつも小澤ネタがでるとかならず砂を掛けにくる野良犬だね。言わないと気が済まぬのは病気か商売だろう。何かと言えば朝鮮人を引き合いに出す。お前さんが朝鮮人だから仕方ないか。まさに今の新興右翼と同じである。
そのうち破廉恥なVakという馬鹿が参入してくる。巷では、せんずり野郎だとか。
まったく稚拙な落書きをするので有名である。
いまは小澤氏の考えを知るだけで結構。小澤氏が平野氏に語ったように、「俺はそんなに期待されるほど大物じゃないよ」
それを上記の馬鹿たちが、大物扱いするから困ったものだ。少しは静かにしていろ。小澤さんはやる時はやる。ぺらぺらと自分事は言わない。それを言わせようと盛んなマスコミ。弱い犬ほどよく吠える。いまマスコミも大きな転機を迎えている。新聞社として喰っていけないことが解っているから売国の手先となっている。喰っていけるのであれば、魂は売る必要がない。哀れな姿を晒し続けている。


31. 2011年11月15日 16:56:20: EpPwjj68WP
>>28
小沢は、日本人がその島国であるがゆえに自立に欠ける民族である、
とは発言しているが、
どこをどう探しても、動物にも劣る、や、寄生虫、などという発言はしていない。

また、天皇家について、
始祖は大陸から渡来した、との発言も、それほどおかしくはない。

日本人は縄文人と弥生人であり、弥生人は大陸からの渡来人である。
また、日本の人口は、弥生時代には約60万人である。
1億2千万人の今日、いわば皆兄弟である。純血とはほとんど幻想である。
土着の縄文人にしても、最初から日本に生まれたわけではない。
つまり、祖先は皆、誰もが、いつか、どこからか来たわけである。

最後に、
小沢関連の動画に寄せられた悪意のコメントを見ると、
これは大変に言葉が汚い。
その言葉使いだけで、彼らに賛同する気が失せる。

西村氏も、小沢の寄生虫発言を何度もあちこちで喧伝しているが、
どこにその証拠はあるのか。真意を計りかねる。すでに狂気か。



32. 2011年11月15日 17:03:41: FUviF2HWlS
>>27

>なお、国法の形式的効力は、憲法→条約→法律→政令・省令→条例の順番になります。

別のところでもコメントしたが、日本国憲法第98条については、条約が憲法より効力が上であるとする解釈もある。

http://funakoshijimusyo.blogspot.com/2010/01/blog-post_14.html
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaisunao/ronbun/joyaku.htm

【日本国憲法第98条】
第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
○2  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。


33. 2011年11月15日 17:49:20: WQAXU8A03o
小沢批判あるいは誹謗・中傷、小沢支持者批判が跋扈していますが、文春などと同じレベルです。スルーするのが妥当かと・・・

法曹界の悪業などいよいよ本丸の実態も明るみに出始めたので、向こうの方々も必死な形相で書いているようですな。

さて時間がもったいないので本題です。

■TPPは恐い、米国の大好きな虐殺・略奪戦争の一形態だ。

米国はその200年の歴史で侵略、虐殺、支配、収奪を繰り返しその勢力を拡大してきた。

TPPはその延長線上にあり、米国のスタンダードで日本の支配を確実なものにし収奪するための道具である。

ヒロシマとナガサキの原爆のことを思い起こしてください。
一瞬で20万人、最終的には40万人の一般市民を殺したのですよ。
あれからわずか60〜70年ほどしか経っていないのです。
人間で言えば一世代しか経っていない。

従って、40万人の日本人一般市民を虐殺した米国の日本あるいは日本人に対する本質は変わり様がない。
あのときは原爆であり、今はTPPなのである。

歴史的に物事を考えデシジョンするのが政治家というものであろう。
TPPのIDS条項も条約が国内法に優先されることも知らずにTPP締結とは恐れ入った総理大臣であり、TPP慎重派を口汚くけなす仙谷、前原一派である。

●つらい事実に目をつむってはならない。くりかえし思い出すことです。

「1945年8月9日午前11時2分に2回目の原爆は長崎に投下された」
http://blogs.yahoo.co.jp/sanutohiromi/51976794.html

「原爆投下は人間以下の動物とみなされた日本人の大量虐殺が目的だった」
http://satehate.exblog.jp/7590315

TPPで日本は米国スタンダード(貧困率世界1位)の国に変質させられる。
米国に言いなりの小泉・竹中改革で日本は見事"貧困率世界2位"に躍進した。
TPPは更に日本を貧困率世界第1位の国である米国並みにしようということだ。

2000年の歴史を経てできあがってきた成熟した文化をもつ国である日本が200年の歴史の未成熟な欠陥国家である米国に同化させられてはならない。


34. ももん爺 2011年11月15日 17:50:28: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>05. 天橋立の愚痴人間 くん

君が分かってるというレベルと小沢さんが分かってないというのとでは内容に雲泥の差があるんだよ。彼は言葉をもて遊んでるのではないんだがね。

なぜ、一見して当たり前のことをいうのか?そこの問題を追及しないで君の成長はないだろうな。

それでも君の存在価値はあるのだが。いや、利用価値かな。


35. 2011年11月15日 18:00:07: JhAH5Tlhxf
しかし、西村眞悟って2chウヨと知能が同じじゃねーか。
弁護士バッチは実力だったのか?
それより、なんで未だに議員バッチつけてるんだよ
人間としてダメだろこいつは・・・・

36. 2011年11月15日 18:07:36: DWmiujB15o
一般紙の新聞記者もどうして記者会見の質問のときに
こういう回答を聞き出せないのだろうか。
記者のレベルが低いから質問の程度も低くなるのだ

37. 2011年11月15日 18:29:30: cLMSFzIdXE
全く小沢氏が首相だったらね、こんなことにならなかったのに、、

38. 2011年11月15日 18:55:21: WQAXU8A03o
天橋立の愚痴人間 さん

■小沢さんは今も尚桁違いの成果を上げ続けていることを正しく評価しましょう。

はがゆい思いは誰しも同じだと思います。

しかし、一番歯がゆい思いをしているのは誰でしょうか?

小沢さんご自身ではないでしょうか?

●仙谷を頭目とする法曹界の悪業を暴く。

仙谷を頂点とする法曹界ぐるみの犯罪行為に座敷牢に閉じこめられ、勝負に出た党首選ではサポータ票不正集計や選挙日程に合わせて第五検察審査会をにわかに作り選挙当日強制起訴議決をさせ情報を流して中間票を引きはがされ敗れた。

これほど大がかりな不正な攻撃を受けてなお小沢さんはたった一人で闘っているのです。目には目をのあくどい手を一切使わず、粛々と闘っています。

党籍無期限停止を食らっている今日、それでも影響力を堅持し国と国民のために闘っています。(小沢さんは裁判当日腎結石で緊急入院されました。今の裁判っでの闘いが鉄人小沢をして病に賦させるほど重いのです)

そして小沢さんの命懸けの闘いによって私たちの前にこの国の実態が次々と明らかになってきています。判検癒着、偽装裁判などの法曹界の悪業が次々と明らかになってきているのは小沢さんの功績が極めて大きい。

●歴史観に基づいた国と国民のための政治

小沢さんは国と国民を守るために米国一辺倒でない政治、官僚依存でない政治をめざし巨大な敵と戦い続けているのです。

それは、小沢さんが政治家として日本のよき文化を世界の新しいあり方に活かしてゆくという頂戴な歴史観に基づいた政治姿勢、そして選挙でミカン箱に乗って日本全国で国民に訴える国と国民のための政治を徹底するという政治姿勢の現れなのです。

小沢さんに具体的な政策説明を求める意見もありますが、それは短い文章や短い時間では伝えられるものではありません。基本的な考えを説明するだけでも実に大変なのです。どなたかがコメントされていましたが、現段階では民主党のマニュフェストを見ることです。

具体的な細部の政策は流動的なものでもあります。
特に、今日のような世界が非常に不安定な流動的な状況にあっては。

従って、今党籍剥奪の状態で、なおかつ裁判で被告席に縛り付けられている状態で具体的政策の細部を述べることは難しいでしょう。(もちろんできないことではないでしょうが)

●我々が息子や娘、そして孫達にどういう国を残したいか。覚悟が問われている!

天野橋立さん、我々ももどかしく思う気持ちは同じです。
小沢さんに一言いいたくなる気持ちも理解できます。

それだけ『小沢さん以外に日本と日本国民を守れる人がいない』というあせりが出ているということです。

そうして焦らせるのが従米・従官仙谷一派の思惑でもあるのです。

小沢さんが最終的に有罪であるか無罪であるかなんて仙谷一派の関心事ではありません。ただただ小沢さんの政治活動を拘束し、小沢支持者がしびれをきらして四散バラバラになることだけが目的なのです。

そんな手にのっかては日本は守れない。
自分の息子や娘、そして孫達にどういう日本を残したいのか、覚悟を決めて小沢さんを信じて揺らがないことです。

小沢さんと心中する覚悟をもって事にあたれるかどうかが問われているのです!


39. ももん爺 2011年11月15日 19:38:36: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>16さんへ

youtubeで見る限りでは、小沢さんの話のどこがオカシイのかわからないのだが?

後に書かれた内容が、youtubeにあるかと思ったが、あれは誰の創作なのだ?

日本の古代史は明治政府により作られた嘘の歴史を教えられてしまった方々にはとても了解し難い面がありますが、奈良の遺跡の発掘が進むとともに、事実が積み重なっている。むしろ宮内庁が事実を隠すために発掘を妨害(言葉がきついのだが)していると言うのが真実のようだ。

私も数年前から勉強を始めてびっくりさせられたが、事実こそ追求すべきものではないだろうか?

人類の歴史を遡れば、地球の各所で人類が発生したことが当然視できない現状では人類発祥の地域を出発点として、世界中に拡散して言ったと考えるのが理にかなうが、しかし仮説の要素も残るとは考えている。

その意味では、日本人の本来の祖先が中東からユーラシア大陸の南北のいづれかを通って外から来たというのが当然だろう。かの地には、それなりの史実や歴史があるとも聞く。

その中には神武天皇の来歴の可能性も、桓武天皇の母親が朝鮮からの渡来者であることも信じられているようである。

どこかで拝見したが、アブラハムの子孫であるイスラエル(今のイスラエルとは無関係)の消えた12氏族の一部が日本に辿り着いているともいう。

16さんの言葉には民族主義的な排他性を感じるが、むしろ日本が憧れの世界の果ての国とされて、コロンブスの東方探検の発端になったじじつからも、その位置づけが明確になることは喜ばしいことではないだろうか。

さらに日本人の視野が開かれ、大っぴらに事実の調査の進むのに期待すべきではないだろうか。近世の過ちの歴史は消せないが、だからこそわれわれの側から日本を開いて、真実の壮大な歴史を確定していくべきだと思います。

あなたの真意が示されていないので、憶測でコメントしましたが、あなたの真意が別のところにあるならお許し願います。


40. ももん爺 2011年11月15日 19:52:26: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>17さん。

小沢さんが政治家として発言していることは、他国の軍隊がいる現実は認めざるを得ないが、戦後の誤った民主主義の理解と無原則の平和願望に歪められた日本での自主防衛論議がふうじられている中で自立心の足りなさを言われていると受け取っていますので、私には違和感はないのですが。

本来なら日本が独自で国を守り、国の範囲を超えた場合の防衛については、同盟国としての義務と範囲において自主防衛をすべきだということと思っています。

言葉で表現することは難しいですね。特に、政治家は難しいと思いますよ。


41. 2011年11月15日 20:17:40: GB1y72Cjic
>36さん

新聞記者が聞き出せないのでなく、新聞記者は聞いたことと違うことを書くという作業を小沢さんが知っているから、公開の場所で以外では小沢さんが避けて話さないのだと思います。

先日の自由法同協会の会見での読売の記者の事件を思い出してください。


42. 2011年11月15日 20:26:49: xPpPhD93ZQ
サンデー毎日を買ってこよう。自分の考えできちんと読んでみよう。小沢さんが孤独に闘っていることは事実。政治家の価値が何なのか?教えてくれています。

43. 2011年11月15日 20:30:08: lGQ9x4NIUs
>>39. ももん爺 2011年11月15日 19:38:36: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
> 日本の古代史は明治政府により作られた嘘の歴史を教えられてしまった方々にはとても了解し難い面がありますが、奈良の遺跡の発掘が進むとともに、

その様なことは全く問題にしていません。

> あなたの真意が示されていないので、憶測でコメントしましたが、あなたの真意が別のところにあるならお許し願います。

当方の真意は最初に書いたこと、
小澤一郎氏が憲法違反の「外国人参政権付与」の主張への反対は日本人としては当然のことである、と言うことです。

日本の古代史や奈良の遺跡の発掘は、小澤一郎氏が憲法違反の「外国人参政権付与」の主張とは無関係です。

小澤一郎氏が憲法違反の「外国人参政権付与」の主張をするのは、彼の美人秘書が韓国人反日運動家であることと同じ線上にあると思います。

小沢一郎の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html
(4)小沢一郎の元国際担当秘書は反日活動家の韓国人女性
A韓国人秘書は反日活動家
しかも、この秘書は反日活動を行っている人物です。
小沢一郎・民主党代表を補佐する韓国人女性秘書の背景
金さんは去る7月にソウルで韓国女性家族部等の主催で開かれた第7回世界韓民族女性ネットワークに日本側代表として参加した。
「謝罪しろ!」ベルリンに響いた700回の水曜集会
「日本軍慰安婦問題解決のための水曜デモ」が700回を迎える中、
15日(現地時間) ドイツベルリン動物園駅近くのブライトシャイド広場で日本の謝罪と補償を促す連帯デモが開かれた。
在独韓国女性の集まりである「在独平和女性会」、「世界韓民族女性ネットワーク」、「ベルリン日本女性会」の主催で開かれた今回のデモには、
雪も解けない肌寒い天候にもかかわらず、ベルリン居住僑民を始じめ、
日本人、ドイツ人など、約80人が集まり、日本軍性奴隷被害者に対する日本の積極的な対応を要求した。

B国家機密が全て反日国家・韓国に筒抜けの恐れ
反日活動をしているような韓国人を秘書にしているということは、
日本の国家機密が全て、反日国家の韓国や中国に流れる(流れている?)恐れがあります。しかも、給料は日本の税金から支払われます。


44. 2011年11月15日 20:36:20: LswXhsgrbo
小沢クンは刑事被告人だよ。大善さんが有罪にして、ムショ入り。
それが日本のルールだもん。

45. 2011年11月15日 20:53:28: SYBnefOvOA

>>28. 2011年11月15日 15:44:10: lGQ9x4NIUs

↑コイツは意に沿わない相手をことごとく「半島出身者」呼ばわりにしては敵前逃亡うぃ繰り返す「卑怯クズ」w

http://www.asyura2.com/11/senkyo121/msg/612.html
>>76
>つまり、>>62. SYBnefOvOA は公然と嘘を吐く人であり、
>息を吐くように嘘を吐く半島人と同じだと言うことである。
>嘘吐きには、如何なる議論も無意味。



46. 2011年11月15日 22:02:45: jkDDl3DZzU
>16.28さんは同じ人の様ですね。いつも同じ事を書き込んでいますが、自分が自らユーチューブを見ているのではない様ですね?

ユーチューブは1〜5までありまして、全て私は聞いてみました。同じ事が書かれているので、3回聞きなおしました。が1事も16・28さんが書いている事は言っていません。

ただ「「日本は島国で、日本人は自立心に欠けるんですね、日本人は自分で勉強し、自分で判断し、自分で決断し、自分で責任を負う、こういう自立心が最も足りないない国民と言えばその通りなんです」と言われていました。
私はその様に感じても、今の日本人を見ていると、本当の事だと思います。

この言葉から全て連想して、>16・28さんは、その後の汚い言葉を、小澤元代表が言ってもいない事を言ったと言っているようです。ユーチューブを1〜5聞こうとすると長いので、多分皆さん聞く事は無いと思って、嘘を平気でついているのだと思います。


47. 2011年11月15日 22:21:53: xQJEFCSntI
>>43. 2011年11月15日 20:30:08: lGQ9x4NIUsは「在特会」
今日も本業のほうがヒマなんだろう。

48. Ryukyuan.isao-pw 2011年11月15日 22:30:54: YrP2vZDuHZBQs : u5btJ5mJr2
★対等な日米関係こそが普天間を解決可能だ!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/05/post_8beb.html
★ 原発災害で破滅する前に!全ての原発停止を!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/11/post_5624.html
枝葉末節に拘る方々には不満も有るでしょうが私は小澤一郎氏の全てを支持します。
それは私個人に限らず沖縄県民の大多数の総意ですから09年総選挙に於いて小澤一郎氏が主導して纏めた民主党のマニフェストに混迷を極めた普天間基地問題解決への唯一の希望を託して沖縄の全ての小選挙区で自民党候補を追い落として政権交代に導く圧倒的な勝利を収めたのです。
その後の民主党政権の果てしなき堕落と裏切りの中で沖縄では自民党県連と共に政府の沖縄差別に違和感を感じながらも国策を受入、容認して来た仲井真県知事を初めとする保守系政治家の多くが小澤一郎氏が提示した対等な日米関係を基にした普天間基地問題解決への道筋を実現させたいと期待して対米従属の政府に従わない決意を固めています。
沖縄県議会も政府が普天間基地の辺野古移設を前提とした環境影響評価書を県知事に提出する事に明確に反対する決議を全会一致で採択しています。

49. 2011年11月15日 22:37:20: SCtBz2iTO6
小沢さんがおっしゃっておられることは、なんの不思議もない、ごく普通のことです。普通のことを言わせない日本と言う国は狂っている。こういう狂った国で普通のことを言い続ける勇気のある政治家、小沢一郎氏を尊敬します。

50. 2011年11月15日 22:41:11: LJFnglI90U
愛国者のみなさん!!

J−NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)に会員登録して一緒に愛国活動しませんか?

現在無職の方、充電中の方、平日に書き込みが出来る時間に余裕のある方歓迎!
※引きこもりの人は特に歓迎!
麻生さんが好きな人はみんながJ−NSCに入会しています。

☆主な活動内容☆

●中国韓国や在日韓国人への憎悪を煽り、その憎悪を民主党に向けさせること。

●『ジミンガー』『ジミンモー』『ミンス』『国民は愚民』を連呼し、
自民党の悪口を言いづらい環境を作り上げること。

●麻生さんは漢字の読み間違えやカップラーメンの値段間違い、バー通い等、
 くだらないことで支持を失ったということにすること。

●小沢一郎は韓国人であると宣伝して廻ること。

日本を良くしましょう!

自民党ネットサポーターズクラブ募集中!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14085428
J−NSCサイト
http://www.j-nsc.jp/


51. 2011年11月15日 22:42:27: EwQPWj0d66
>12.38さんに共感
この記事にも共感。11月30日の公判で検察司法の腐敗が白日の下に晒され、マスゴミも衝撃の敗北を実感することになるのを楽しみにしています。

52. 2011年11月15日 22:54:24: JwDwgGy09c
>>28.

>音声が消されている。誰かが消したのだろう。
>これは画像も音声も消されている。
>「ソウル発外電2009年12月 13日」を読まないと確認できない。確認のためには朝鮮語が必要かも知れない。

ははは、自分でも確認できないのかよ(笑)
確認できないのに信じられる理由は何だい?


53. 2011年11月15日 23:30:33: CJRhwAIuD2

失われた20年、そして事態は悪化している。

日本国民は「まだコリナイのかよ」と言いたい。

独りの無職の男、小沢をあーだ、こーだと期待したり、愚痴ったり、

依存するのではなく、積極的に働きかけようとは思わないのか!

(私は活動しているが)

阿修羅の住民のほとんどが受け身だ!

大人とは社会である。社会とは国民で作るものだ。



54. 2011年11月16日 00:17:24: IFGvqe6pOU
>28. lGQ9x4NIUsさん

そろそろ「推認」で嘘を書くのはやめましょう。
ブログに書いてあるとかだけでは、あまりにも・・

38. WQAXU8A03o さんに同意。


55. 2011年11月16日 00:21:40: apx8Sjyy7A
<<6
小沢潰しの貴様らが、国賊、売国奴、国民の敵だ。遅かれ早かれ、必ずず撲滅される運命だ。

56. 2011年11月16日 00:46:12: stO3GjW8Sg
清和会ゴミ寄せ内閣同様に、民主政治ゴッコ内閣は品性も貫禄も無く、こんなヤツ居たんだっけ?という程度の国民総認識度です。
小沢議員自身「強面顔」で損をしていると仰っていて、異性としての女性は単純に悪印象を抱く人が多いかもしれないが、男性は「登石捏造判決」で一層の小沢擁護、小沢冤罪確信者が増大しています。

この国を破滅に導いたヤツは誰なんだ、小沢か?
小沢が何か悪事を働いたのか?
いつから、こんな国になったんだ?これも小沢のせいなのか?

以上の質問を、単純なヤツらに投げかけ、疑問に答えています。
38.さんのコメント末尾にある次、次々世代の為に私どもが本気で頑張らなければならないというご意見と、同様のコメントが時々当サイト寄せられていますね。
「猿役の政治ゴロ」「猿廻し役の役人」「手モミのアキんど」=既得権益御三家、そいつ等を操っているアメリカ似非ユダヤロックフェラ−?
アメリカは現在3,000万人がク−ポン券での生活を強いられ、嘗てのエリ−トたちもテント村で配給を受け、近未来に旧ソビエト連邦同様に音を立てての崩壊が始まり、州の独立、破綻が想定されつつ現実に動き出しているということを発信し、暗い日々を過ごしている日本人に少しの光明でも拡散していきたいと思います。


57. 2011年11月16日 02:04:36: 8MBEEfXyOI
小沢一郎って若者にあまり人気ないよね
麻生くらい熱心に応援してる一般の若者層がいたら本物に見えるのに

【総理の器】麻生さんの政治哲学、報道されなかった舞台裏「危機をチャンスに変えろ」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4010281.html


58. 2011年11月16日 02:34:47: JhAH5Tlhxf
糞ウヨに支持されてもしょうがねーよ

あのバカと比べるんなんて、小沢に失礼すぎる


59. 2011年11月16日 02:48:11: lE9Fn0YNAI
投稿を読んで、まあ確かに自立と共生については周りを見ても、
自分の考えを発言しそれを判断して責任を持つ事から逃げる人が多いとは思う。

まあそれに突き進みすぎると共生に難が出る人も見るけど。


60. 2011年11月16日 08:03:34: 5UPa2nCBEM
28 lGQ9x4NIUs
>。ヨ日本人は動物にも劣る民族」で検索すると沢山ヒットする。
>架空の発言があちこちに書かれるとは思えない。

 lGQ9x4NIUsら工作員どもがあちこちに書き散らしているだけでは?


61. 2011年11月16日 08:07:33: ogCW9CSIZg
 

やっぱり原発全廃、とは言わないね

東電会長の友達だけはある

 


62. 2011年11月16日 08:53:33: rH8LrsmnTD
自民党も経政会時代は、組織的に機能していたとおもうが、今は…。サポーターズクラブかなんか知らんが、安っぽいプロパガンダとネガティブキャンペーンじゃ、人は集まらんだろう。もっと、高尚な提言をしないと、効果はないのでは?アメリカンみたいに、脳がゆるゆるなヤツなら、知らんがね。

63. 2011年11月16日 10:05:21: XVTqXa8bkw
小沢さんは時が来るのをずっと待っているよね。
小沢さんの主張はもっとも。やっぱ日本は小沢さんに任せなければ。

ああ、小沢さんの寿命がつきないことを。


64. 2011年11月16日 11:55:42: TUPxsc98ho
>05. 天橋立の愚痴人間 さん
「この理念に基づいて社会をつくりたい。だから協力しろ」と筋道の通った議論
がなされれば官僚は抵抗できません。
と言っているが、ここで言うべきは、その理念の内容であろう。
でも、言わない。
なぜか、そんなものは民主党に存在しないからである。
---------------------------------------------------------------

天橋立さん、全くその通り。

ただ小沢に理念がないわけじゃない。
いわないだけ。

韓国ではもらしているけどね。
日本でもよく聞くと漏らしている。

民主党や小沢一郎の、本音、理念を知りたければ、
”小沢一郎 韓国 発言”でググれば良くわかる。

聖人君子面して、正しい理念、正しい筋道、と中身のない上っ面の言葉を繰り返す小沢に騙される阿修羅の馬鹿には笑うしかない。

これは、創価学会の馬鹿が池田大作にいかれてしまうのと同じ。
オウムの馬鹿が浅原彰晃にいかれてしまうのと同じ。

もちろん、騙されているのではなく、工作しているのであろうとも思うが・・・


65. 2011年11月16日 12:20:11: 42WLGuDM8Y
多くの国民が小沢先生に日本の総理になるのを願っている。なぜなら国民の声をしっかりと分かりやすく断言し実行してくれるから。それを権力者がメディアを使って潰している今の日本。ノウタリンの野田を使ってアメリカの思うように官僚が計画を立てる。すでに官僚は日本にいながらアメリカの官僚と見れば分かりやすい。
 日本を売る総理なんて始めて。農業を潰してなんになる。 企業なんかすでに外国へ行ってタイ国で泡を吹いているのでないか。今度はタイ人、多くの外人の中で嘘八百で騙される日本人が悪いと言う世のなかになるのでしょうね。
 野田よさっさと外国へ飛んでしまえ。


66. 2011年11月16日 14:26:09: TUPxsc98ho
小沢曰く:

自立と共生

論議を尽くしたうえで、その立場にある人が最終的に自分の責任で決める――「自立と共生」を僕はずっと主張しています。自分で考え、自分で決断し、自分の責任でやる。

*******

小沢の言葉は美しく踊っています。

一見、正論ですが、日本式でなく洋式の考えです。

ありがたいお言葉を拝聴したように聞き流してしまいますが、彼のこの考えは危険です。

「自分の責任で」という言葉は、皆、誤解します。
問題が生じた場合、自分の命を投げ出す、とか自分の財産を投げ出す、という意味の責任では決してありません。

そのようなことは全く起こりえません。

「自分の責任で」という言葉は、「自分が獲得した権限で」という意味です。

また、「論議を尽くしたうえで」とありますがこれもまた現実には絶対ありえません。
重要で難しい問題ほど論議は尽きないからです。

したがって、彼の言葉は正確には次のよう解すべきです。

「論議が尽きない場合、その立場にある人が最終的に、自分で考え、自分で決断し、自分の権限で決める」

これはユダヤ人600万人を殺戮したヒトラーの考えにきわめて近いものです。

「論議などしないで、俺が考え、俺が決断し、俺の権限で決める」

彼のこれまでの言動や政界活動を振り返ってみましてもこれが彼に最も近いものと思います。

これを身にしみて理解しているのが政界における反小沢の面々でしょう。

小沢は日本式を好みません。
日本的なやり方にはケチをつけます。
何しろ韓国系ですから。

小沢が民主主義を振りかざすのは”韓国人の生活が第一”の隠れ蓑です。

とにかく小沢が、一見、口当たりのいい言葉を使って聖人君子的な正論まがいを吐いているのをみるのはうんざりです。

野田も、国会の論議など無視して、そそくさとTPPへの参加や、増税に走っています。

小沢の独裁のもとではそれがもっとひどくなるということです。


67. 2011年11月16日 15:36:44: 2rHr2u3xgQ
そうですね!自民公明党に投票するのは美しいですね!

68. 2011年11月16日 16:44:08: SYBnefOvOA
>>66

そこかしこでキミが小沢について述べている説得力も
結局はヒトラーが「ユダヤは害毒」と言っていることと何ら変わらない


つまりキミこそが「ヒトラー」そのもの


wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


69. 2011年11月16日 18:18:12: n8usGiH2gg
09、12、38、49の皆さんに同意です。
サンデー毎日を買って読みました。小沢氏の実像を分かりやすく伝えていると思いました。25さんの指摘のように、周囲の人に知らせたいと思います。

70. 2011年11月16日 18:32:39: C3C6IqQMxo
やっぱり、小沢一郎は違う。
小沢氏には、政治家としての明確な哲学がある。
彼の話からは、いつもそれが伝わってくる。
リーダーとしての必須の条件である。
中身のない菅直人や野田佳彦とは雲泥の差。
私たちや未だにふさわしくない人物をリーダーに据えている。
何とかならないのだろうか。

71. 2011年11月16日 18:59:58: DrfEnlxz8Y
小沢党で選挙すれば、賛成です。
売国奴政治家を除き、愛国民主党を作れば、賛成です。
小沢党は、このまま選挙になれば抱きつかれ落選になる。
小沢党を立ち上げよう。

今の民主クーデター政権、菅―野田では、日本は亡びる。
野田民主クーデター政権;倒閣しないといけない。


72. 2011年11月16日 19:00:28: TUPxsc98ho
>67 そうですね!自民公明党に投票するのは美しいですね!

アホ!

自民や公明に投票するな!

自民も公明も韓国・朝鮮系ってことわかってるだろ。

しいてまともといえるのは自民から飛び出した党。

最悪は、公明カルト→民主→社民→自民の順
まあ、順番をつけることもないだろうけどね。


73. 2011年11月16日 19:19:26: EgJQJ07b1k

小沢信者はいい加減にしとけよ。事実から目をそむけるな。
もう負けてるんだよ。なにも出来ない奴なんだよ。夢見とけ。カス

     ∩___∩     /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
     | 丿     ヽ    i ノ       `ヽ'
    /  ○   ○ |    / `(○)  (○)´i、  先生助けてっ!、
    | U  ( _●_)  ミ  彡,U ミ(__,▼_)彡ミ   小沢信者ちゃんが
   彡、    |∪| ,,/   ,へ、,   |∪|  /゙       息をしてないのっっ!!
   /  ヽ  ヽノ  ヾ_,,..,,,,_ /  '  ヽノ `/´ ヽ
   |      ヽ  ./ ,' 3  `ヽーっ   /    |
   │   ヾ    ヾl   ⊃ ⌒_つ ソ      │
   │    \__`'ー-⊃⊂'''''"__,,,ノ   |
               ` ̄´  ` ̄´

[削除理由]:アラシかも
74. 2011年11月16日 20:07:30: pESvXR48nk
管理人さん!

段々と阿修羅も2ch化してますよ!

もう一人の道楽でやっている場合ではないでしょ!
削除人制度を設けなよ!


75. 2011年11月16日 20:40:55: Mn4CbAHpJg

 TPPは、GDPのシェアで見ると実質的に日米FTAです。日本とアメリカ以外のGDPは、ごくわずかです。しかし、国際的なルール作りにおける一国の発言権は、経済力の大きさを必ずしも反映しません。ブルネイもチリもベトナムも、一国としての発言権を有しています。そして、TPPのルールが、自国の利益になるように働きかけます。これらの国々は、アメリカと声をそろえて農産品の市場の開放を求める一方で、自国の国内市場も開きはしますが、その市場規模は極めて小さいのです。

 TPP交渉参加国の実質的な輸出先は、アメリカと日本しかありません。そしてアメリカの輸出先は、ほぼ日本だけであり、日本の輸出先も、ほぼアメリカだけです。しかし、そのアメリカには、輸入を増やす気は毛頭ないのです。

 このような関係から次のような状況が生まれ易くなると想像できます。まず、アメリカ以外の交渉参加国は、アメリカとの交渉が難航した場合、代わりに日本への輸出の拡大を目指すことになるでしょう。そしてアメリカの狙いも日本市場です。アメリカがごねれば、その時点で、全ての交渉参加国が日本市場をターゲットにするのです。

 ですから、私がアメリカなら、他の交渉参加国に対してさんざんごねた後で、こうもちかけるでしょう。「我々との交渉では譲歩してくれ。その代わりに、我々が日本市場をこじ開けるから、一緒にやらないか」。こうして、アメリカ主導の下、全交渉参加国が、日本に不利なルール作りを支持することになるのです。要するに、TPPのルール作りは、参加各国の経済構造から生まれた政治力学によって、アメリカ主導で進むように仕組まれているということなのです。

 TPPの交渉に参加したとたん、日本は、アメリカが主導する外需依存国・一時産品輸出国の連合軍に、完全に包囲されるでしょう。日本と同様に工業品輸出国である韓国は、それが分かっているからこそ、TPPではなく、アメリカとの二国間の交渉で勝負できる米韓FTAを選択しているのです。

 内閣官房の資料は、「逆にTPPに参加しなければ、日本抜きでアジア太平洋の実質的な貿易・投資のルール作りが進む可能性」などと書いて、危機感を煽っています。しかし、繰り返しますが日本だけではなく、中国も韓国も「抜き」なのです。

 逆に、中国と韓国がTPPに参加してから、その後で日本が参加した方が、日本に有利なルール作りが進む可能性がより高くなるというものです。中国は例によって、強力な外交力を発揮して、TPPに数々の例外措置を設けさせ、TPPのルールをよく言えば柔軟に、悪く言えば骨抜きにしてしまうでしょう。そうなれば、日本に有利なルール作りの余地も出てくるかもしれません。さらに韓国は、同じ工業品輸出国として、日本と連携してくれる可能性がないとも限りません。

 いずれにせよ、日本だけで、アメリカを先頭にした多くの農産品輸出国を相手にするよりは、中国と韓国がいてくれた方が、形勢が少しはましになるでしょう。TPPに早期に参加しない方が、かえってルールが有利になる可能性が出てくるということです。

 


76. 2011年11月16日 23:58:13: qrsmacl0Og
小沢を排斥しはじめたときから、
日本の不幸は始まった。

国民には統治者と被統治者がいる。
権力を握る統治者は改革者の小沢を恐れる。
だから、どんな手を使ってでも排斥する。
日本が不幸なのは被統治者が超馬鹿ということ。
マスゴミを無思考的に鵜呑みする。

まあ、それも仕方がない。
教育でそうマインドコントロールされている。
今、よくやったと褒められるべきは文部科学省。
もちろん、これアイロニー。

これからも文部科学省がこの国を牛耳っていく。
問題は日本がいつまで続くかだ。
もちろんその虚像的外郭は残るだろうが。


77. 2011年11月17日 00:43:59: P4JqbWfFGM
『<05天橋立の愚痴人間〜l4kCIkFZHQm9g : M1dRyg1AKE>様へ。まぁそうカリカリなさいますな。<オザワン氏>一人を責め立てたところで、何事も前へは進みませんませんよ。』

<オザワン氏>は、従来の主張とそこに至らなかった反省を込めて、至極“真っ当な事=平凡な事”を述べているのですよ。
<オザワン氏>は民主主義システムの中の、所謂“リーダーシップ”なんてものは欠片も容認してはいません。
<オザワン氏>という人物の本質は、とっても「シャイ」なんですよ。
「私は斯く斯く然然、こう思う。で、国民の皆様のご意見は如何?」って語りかけているのです。ですから「民主党」が政権交代を果たした、そもそもの「公約」に立ち返れ!って言ってるだけのこと。
…民主党政権が現況では一頓挫しているのは、悲惨な現実ではありますが、その切歯扼腕を、その責任を<オザワン氏>一人に求めるのは“筋違い”ってもんでしょう?
焦ってはいけません。<オザワン氏>はホットイテモ大丈夫なの。
貴兄と私が考えていることはほぼ同じなんだから(と、これまでの「阿修羅論議」で、私はそう思っています。)私達は自らの意思で、出来ることから、より積極的により粘り強く言動&行動して行くだけ…って私は思うんですけど?


78. 2011年11月17日 00:56:16: FRGkc6CjE8
>>76

私ら日本人が抱える問題は 反日運動をする在日シナ朝鮮人に支配されている事です。


私は 日本人ですが、戦後、中国・韓国・北朝鮮は 長期計画に基づき 日本の永住権を持たせるべく 人員を送り込んできました。
2・3世を含めると、既に 日本の人口の三割近くは シナ朝鮮人と言われます。

政治家も過半数以上が シナ朝鮮人系と言われ その他も支配下にあると言われます。

台湾は 親日家が多く、311被災地への義援金も 海外ではダントツの204億円を超過して
まだまだ 増えているとのニュースが流れていました。


フランス国営テレビの「お笑い日本の実態! 」総集編 
http://www.youtube.com/watch?v=kNR6NZm9Pps

の動画では、
  麻生政権を高く評価して
  統一教会と関係が深い 民主・鳩山政権になったら 中国・韓国の為の政治になる!
と予測しています。 実に 正確です。 私ら日本人は ここまで酷くなるとは思わなかった。

第二次 麻生内閣を切望して 署名活動をしている人達がいます。
 http://www.shomei.tv/project-1828.html

しかし、麻生政権時代は たぶん 責任の擦り付け合いのカケヒキが行われていたので
政治改革が 進んだのではないかと思います。

韓流ゴリ押しで 目覚めた日本人ですが マスコミだけでなく官僚・司法も 日教組も 在日シナ朝鮮人支配です。

財政難に追い込んだのも ユダヤと在日朝鮮人が結託して やった事。
株価チャートは その反日悪政を反映してます。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5075.html

90年3月に試行された 『土地取引に関する規制』が ユダヤの日本売りスタートでした。
日本から 2800兆円が消えたと言われます。


私達 日本人が打つべき手は、日本の中には韓国が存在している事実を公表するしか方法が無い。

明治天皇は 朝鮮人・伊藤博文が 山口県被差別村から大室寅之助を 連れて来てなりすまし天皇を 皇居に住まわせたのが始まりだと公にする。
暗殺されたと言われる 孝明天皇は 実は 生きていて 血は絶えていないと言われる。
すなわち 平成天皇の居る皇族は 分家にし 本家の孝明天皇の子孫を 本家として公表する方法がある。

神功皇后が 蘇我(秦)一族の新羅系の民族で 中国の侵略を防ぐ為に
朝鮮半島へ出兵させ三韓征服を 行った事実を表沙汰にする事。
つまり、百済系の(藤原、天智天皇系)と 新羅系の(秦=蘇我、天武天皇系)の
系統が 今の皇族だと言うのを 表沙汰にする。

そうすれば シナ朝鮮人が 捏造の歴史をネタに 日本をゆする外交を辞めるだろうと判断される。
朝鮮人野田首相も小沢一郎氏も 完全帰化した日本人が主役だと言うのを理解するだろう。

まずは 在日朝鮮人 VS 在日中国人の分離が必要。 

龍雲


[削除理由]:アラシかも
79. 2011年11月17日 01:09:58: TUPxsc98ho
騙されてはいけませんよ。

TPPは、まともに損得勘定ができる与党の政治家であればだれでも賛成するはずのものです。

小沢一郎だって、もちろん賛成です。

彼は、
「現時点では、アメリカに思うようにしてやられるから反対!」
「アメリカにはびしっと言わなければならない」
と言っているでしょ。

おわかりでしょ。

彼はTPPそのものには全く反対していない。

ちゃんとアメリカと交渉できる奴がいないからだめだ!と言っているだけです。

彼はTPPに参加し、アメリカとの交渉に参加したくてうずうずしているんですよ。

自分が交渉すれば大丈夫なんだと言わんばかりでじょ。

TPPは与党政治家にとって金にこそなれ損にはならないものなんです。
ですから与党政治家であれは誰でも本音ではTPPに賛成するのものなんです。

世の中の論調がTPPに反対であるのに合わせ、物分かりの良い爺であるかのように見せかけているところが小沢のずるがしこいところです。

TPPの根幹は次の原理です。

@自由貿易
Aグローバリゼーション(国際標準化)

この二つの原理に沿って条約を取り決め、国際間、国内間の経済効率をより高めて行きます。

理論的には、どの参加各国も経済のパイは拡大します。
つまり、国庫の収入が増えます。

これは与党政治家や官僚にとってはとても嬉しいことです。

官僚は公務員の給料や年金の配分に腕をふるい、
与党政治家は選挙基盤の団体や大手企業などとより強固な関係を築くことができます。

ですから普通、与党の政治家であればTPPに反対などしないはずなんです。

小沢一郎だってもちろん反対していません。
一見反対しているかのように見せかけているところが彼の許せないところです。

もちろんTPPのマイナス面はすでに皆さんご存じのようにたくさんあります。

富裕層、貧困層の格差はますます開くでしょう。
世界中どの街に行っても高層住宅とコンビニ、
ファーストフードの店ばかりの街並みになるでしょう。

今でももう半分そのような社会になっているのですが、
TPPによりそれがますます加速すると思います。

なぜならそれが経済的により効率の高い社会だからです。

TPPは、生産効率のたかい富裕層にはより資金を投入し、
生産効率の低い貧困層にはなるべく資金を投入しないという仕組みを加速させるものです。

そのようにして社会の生産性をより高めて行くものです。

したがって格差は必然的に広がります。

貧乏人は誰だってそのような社会は望みません。
もちろん私も望みません。

しかし、
日本は、中国、ロシアに対抗できる東アジアの軍事バランスを常に考えなければならない位置づけにあります。

そのために経済力、軍事力を常に高める努力が必須です。

阿修羅の皆さんには反しますが、
日本はアメリカとの強固な経済圏を構築しアメリカとの同盟の基で日本の軍事力をより高めていくことが必須でしょう。

中国、ロシア、韓国、北朝鮮との外交もその基盤の上でしか成り立たないと思います。


80. 2011年11月17日 01:22:35: TwD20Z9kC6
>>78,>>79

ネトウヨ系の古すぎる妄想ネガキャンは2ちゃんでやってください。

阿修羅の人たちはそんな正体バレバレのコメを読む時間が無駄だと
思っています。

そういうのは、ヤフーBBSとか2ちゃんあたりにウヨウヨしてるから
そのへんの仲間と勝手に盛りがってくださいね。

よろしくです。


81. 2011年11月17日 01:28:09: FRGkc6CjE8
>>76

>>78に もう少し補足します。

正しい歴史を学び 遠目で見ると日本の中に韓国が重なって居る事に気付くと思います。
だから 中国は親密な国交を避ける一つの要因になっています。

雛形日本には 中国も存在しています。
朝鮮人 小沢一郎氏は 勘違いしているようですが 日向族は 中国人。
神武天皇は 中国龍族です。


さらに、沖縄人・アイヌ人は 日本人と別扱いされてますが 伝説の楽園・ニライカナイ系の民族です。
国津神と言われる神々の純粋子孫に近い血統です。


龍雲

[削除理由]:アラシかも
82. 2011年11月17日 01:39:08: FRGkc6CjE8
>>76

朝鮮人 小沢一郎氏は 朝鮮人 竹下登首相とバブル化し 日本を財政難に追い込んだ犯人グループの一員ですから 犯罪者には間違いない。

裁判に持ち込んだのは 在日中国人と 米国系の勢力でしょ。
日本人には 主導権が無い日本だから。


龍雲

[削除理由]:アラシかも
83. 2011年11月17日 01:43:48: FRGkc6CjE8
>>80

嘘つきだけでなく 知ったかぶりをするのも シナ朝鮮文化ですね。(笑)
歴史を自分で 勉強してください。

龍雲




[削除理由]:アラシかも
84. 2011年11月17日 01:53:03: rWmc8odQao
いつも思う。
小沢氏の発言は、すんなり腑に落ちる。
そういうふうに話すのは、簡単そうにみえて、意外とムズカシイんだろうなと思います。

85. 2011年11月17日 02:09:20: FRGkc6CjE8
>>79

TPPは 米国がデフォルト寸前の財政難を救い 戦争の準備金にしたいのもあります。
ですから 日本が有利になるはずはありません。

中国が TPPへの誘いが無いと米国を牽制すれば 米国は TPPは強制ではなく自主的に参加するものだと反論する場面のニュースが流れていました。


オバマ大統領は ロシア正教の共産主義者に育てられた経緯から 実際は ロシアのスパイと見なして良いだろうと思います。
ユダヤ人・キッシンジャーも ロシアのスパイとの噂がありました。
日露戦争前に ロスチャイルド家とロシアが共同で バクー油田開発をしていた頃からの柵だと思います。
ロスチャイルド家は、バクー油田開発に成功し 当時は 世界の産油量の半分を占めていたと言われるほど 急速に富を増していきました。

米国そのものが、英国のカトリックから独立したプロテスタント系の国です。
米国を動かす組織が ユダヤの大富豪・ロスチャイルド家に援助されたロシアのスパイだとしても不思議ではありません。

ユダヤ・白人の人類抹殺計画・・70%を殺害し人口を減らす主な対象が
中国人と言うことだろうと 容易に推測 出来ます。

すでに 中国の富裕層27%は 米国などの海外に移住済み。47%が海外へ移住計画しているとのニュース。
中国の富裕層は 世界大戦の危機を知っていると思われます。

TPP絡みで 中国が米国を牽制したのは 戦争回避のための模索をしていると思われます。
日本人だけでなく 在日シナ朝鮮人も 白人至上主義者の人類抹殺計画の思想を理解していない。
マスコミ操作を し過ぎた弊害だろうと思います。


龍雲

[削除理由]:アラシかも
86. 2011年11月17日 03:51:58: Mn4CbAHpJg

 内閣官房の資料は、「TPPがアジア太平洋の新たな地域経済統合の枠組みとして発展していく可能性」があり、「TPPの下での貿易投資に関する先進的ルールが、今後、同地域の実質的基本ルールになる可能性」があると指摘しています。

 しかし、その可能性はかなり低いと言わざるを得ません。なぜなら、中国と韓国がTPPには参加しそうにないからです。その上、もし日本が参加しなければ、日中韓が参加しない貿易協定となります。それでは、アジア太平洋の新たな地域経済統合としての枠組みには発展せず、同地域での実質的基本ルールにもなり得ないでしょう。

 内閣官房の資料は、「TPP交渉への参画を通じ、できるだけ我が国に有利なルールを作り」と指摘しています。確かに、ゲームに参加しなければ、ルール作りもさせてはもらえないでしょう。しかし、日本がTPPに参加して自国に有利になるようにルール作りを主導できる可能性は、ほとんどありません。それは、TPP交渉参加国の顔ぶれを見ればわかります。2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国による経済連携協定(通称「P4」協定)が発行され、現在はこれにアメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアが加わり、9か国で交渉が行われています。

 そもそも、国際ルールの策定の場では、利害や国内事情を共有する国と連携しなければ、交渉を有利に進められません。多数派工作は、外交戦略の初歩です。ところが、TPP交渉参加国の中には、日本と同じような利害や国内事情を有する国はなく、連携できそうな相手がまったく見当たらないのです。

 まず、アメリカ以外の参加国は、日本と違い、外需依存度が極めて高い「小国」ばかりです。しかも、アメリカも輸出の拡大を望んでおり、これ以上、輸入を増やすつもりはありませんし、そうするための政策手段も持っています。つまり、TPP交渉参加国すべてが、今や、輸出依存国なのです。

 また、特異な通商国家であるシンガポールを除くすべての国が、一次産品(鉱物資源や農産品)輸出国です。マレーシア、ベトナム、チリなど、低賃金の労働力を武器にできる発展途上国も少なくありません。

 こうした中で、日本だけが一時産品輸出国ではなく、工業製品輸出国です。また、国内市場の大きい先進国として、他の参加国から労働力や農産品の輸入を期待されています。しかし、日本は深刻なデフレ不況にあるため、低賃金の外国人労働者を受け入れるメリットはありません。そんなことをしたら、賃金がさらに下落し、デフレが悪化し、失業者は増えてしまいます。そして農業については国際競争力が脆弱であるのは言うまでもありません。日本の置かれている経済状況だけが、TPP交渉に参加している国々とは際立って異なるのです。それどころか、むしろ、利害は相反すると言ってもいいでしょう。

 さて、日本は、いったいどの国と連携して多数派を形成し、自国に有利なTPPのルール作りを誘導することができるというのでしょうか。できるわけがありません。

 しかも、TPPのルールは、シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイによるP4がベースとなるものと考えられます。つまり、P4が今後のルール作りを制約するのであり、白地から策定されるわけではありません。そのようなハンディキャップを背負って、外需依存度の高い小国と一時産品輸出国を相手に、日本に有利なルールを作ろうというのは、あまりにも無謀というものです。


87. 2011年11月17日 03:57:31: Mn4CbAHpJg
 
 「自由貿易が国民経済に利益をもたらす」というのは、どんな時でも正しい原理原則というわけではないのです。貿易自由化は、デフレ下では、むしろやってはいけません。

 しかし、このように言うと、次のように反論する人が少なくないと思います。「何を馬鹿なことを言っているのか。歴史を知らないのか。1929年以降の世界恐慌はひどいデフレだったが、その世界恐慌を悪化させた主な原因は、各国が連鎖的に保護主義に走ったことではないか。現在のような不況の時も、警戒すべきは保護主義が台頭することだ。だから、TPPのような枠組みも提案されているのではないか」。

 確かに、かつての世界恐慌の時期には、保護主義が台頭していました。そして戦後長い間、保護主義が世界恐慌を深刻化させたと信じられてきました。しかし、近年、この説は、有力な経済学者や経済史家によって否定されているのです。

 例えば、ルディガー・ドーンブッシュとスタンリー・フィッシャーは、1929年から1931年の2年間の景気後退の要因を分析した結果、保護主義による要因は小さなものであったと推計しています。また、バリー・アイケングリーンは、1929年のアメリカの保護関税がアメリカ経済にもたらした効果は、保護主義の連鎖による世界貿易の縮小を考慮したとしても、プラスであったとすら推計しています。ピーター・テミンもまた、「大恐慌の教訓」の中で、保護主義が世界恐慌を深刻化させた主たる要因であるという説を否定しています。各国が保護主義に走ると確かに外需は減りますが、他方で内需が拡大するので、トータルの需要はそれほど大きく減らないからです。テミンは、世界恐慌を深刻化させたのは保護貿易ではなく、各国の指導者や政策担当者たちが断行した緊縮財政と高金利政策であると結論しています。

 ですから、「保護貿易はやってはいけないというのが、世界恐慌という歴史の教訓だ」という話は、正しくないのです。

 さらに、経済史の権威であるポール・ベロックは、19世紀後半のヨーロッパにおける貿易と経済成長の関係を調べ、保護主義の強化が、むしろ貿易の急速な拡大をもたらしているという事実を見出しました。特に、最も保護主義的な措置を取ったヨーロッパ諸国が、最も急速に貿易を拡大しており、しかも保護貿易を採用してから20年後には、さらに高い成長率を享受していました。逆に、自由貿易政策を採用していたイギリスは、この時期、成長率を著しく下げ、停滞に苦しんだのです。

 なぜ、保護主義的な国々の間で、貿易がより拡大するという逆説的なことが起きたのでしょうか。それは、保護関税がデフレを阻止し、内需を拡大し、その結果、経済が成長したので、輸入がかえって増えたためだと考えられます。

 同じような視点から、フランスの著名な人類学者であるエマニュエル・トッドも、次のように論じています。

 戦後、貿易自由化が進められてきたが、OECD諸国の成長年率は、1960年代には5.2%であったのに、1970年代に3.9%、1980年代に2.6%、1990年から1996年には2.1%までにまで下がっている。世界で毎年生産される1000人当たりの乗用車台数も、25年前から下がり続けている。また、アメリカ経済においては、輸入係数の上昇と、実質賃金の低下及び不平等の深化は、時期的に一致している。これは自由貿易による競争の激化が、国内の労働者の所得と賃金の上昇を抑制し、経済成長を鈍化させるからである。

 トッドは、このように主張し、保護主義を擁護するのです。

 主流派の経済学者をはじめ多くの人が、自由貿易は貿易を拡大させ、経済成長をもたらすものと信じています。しかし、貿易の拡大と経済成長については、どちらが原因で、どちらが結果なのか、その関係に注意が必要です。

 経済成長が貿易を拡大するというのは、おそらく正しいでしょう。経済が成長して、国民所得が増え、購買力が高まれば、貿易量が増えるのはほぼ確実です。しかし、その反対に、貿易が拡大することで経済が成長するものかどうかは、実は、はっきりとは分かっていません。ベロックのように、貿易自由化が経済成長をもたらさなかったという史実や実証結果を示している研究者もおり、論争に決着がついていないのです。

 このように自由貿易の意義については、疑う余地のない原理原則というわけではまったくありません。しかも、少なくとも次の二つのことは、ほぼ確実に言えると思います。

 第一に、貿易自由化は、より安い製品の輸入を促進し、物価を下げる効果を持つということです。これは自由貿易論者ですら認めていることです。

 そして第二に、デフレの時に、さらに物価が下がるのはよくないということです。

 この二つの事実を認めるならば、デフレの時に貿易自由化を進めるのは望ましいことではないという結論になるのは明らかではないでしょうか。


88. 2011年11月17日 03:59:53: Mn4CbAHpJg

 内閣官房の資料によれば、TPP参加の意義の一番目がGDPの増加となっていますが、次に挙げているのが、「国を開く」という強いメッセージ効果であり、それによって、「日本に対する国際的な信用及び関心の高まり」があるとしています。

 こんなせこい理由が、二番目に来ているのには驚きました。この程度のメッセージ効果のために、TPPに参加するというのでは、犠牲になるかもしれない農家の方々にとっては、たまったものではありません。

 しかも、もっと本質的な問題なのは、「国を開く」というメッセージは、日本のイメージをよくするどころか、逆に悪くし、日本の交渉上のポジションも悪化させるということです。なぜなら日本の平均関税率は諸外国と比べても低い方であり、その意味で、国はすでに開かれているからです。

 それにもかかわらず、日本が「これから、国を開きます」と自分から宣言するとしたら、世界の国々はどう思うでしょうか。「何をわけの分からないことを言っているのだろう」と首をかしげるでしょう。あるいは、「そうか、日本はこれまで国が開かれていなかったのか。高関税で守られた保護主義的な国だったのか」という印象を抱く、あるいは抱いたフリをするでしょう。つまり、日本のイメージが不当に歪められてしまうのです。

 しかも、日本が保護主義的な国だという印象をいったん外国に抱かれてしまうと、今度は、TPP交渉において、相当譲歩しなければ、この閉鎖的という印象は払拭できません。さらに、TPPがどんなに不利なルールになろうとも、「日本は閉鎖的な国である」というメッセージ効果を恐れる日本は、交渉から離脱できなくなってしまうでしょう。

 さらにまずいのは、関税率が低いのに「国を開きます」と宣言すれば、日本が開放すべき関税以外のもの、すなわち非関税障壁だということになるだろうということです。非関税障壁には、社会的規制、安全規制、取引慣行、果ては言語や文化まで、外国企業が日本市場に参入する際に面倒だと思うものすべてが含まれます。食に関する安全規制、環境規制、あるいは労働規制が厳しすぎるだとか、保険制度や医療制度がアメリカとは違うだとか、外資による参入が少ないのは取引慣行が不透明だからだとか、挙句の果てには、使用言語が英語ではないのが障壁だとか、ありとあらゆる因縁をつけられかねません。しかし、関税が既に十分低いのに、自ら「国を開きます」と言った以上は、必ず、非関税障壁の撤廃という形で落とし前をつけさせられることになるでしょう。我が国の安全上必要な規制や固有の慣習や文化まで放棄することを迫られるかもしれないのです。いや、下手をすると、日本政府は自分から言い出した「開国」の実を示すために、外圧がなくとも、自国の規制や文化を自ら進んで放棄しようとすらしかねません。

 そのような理不尽な市場開放で最もありそうなのが、対内直接投資に関する規制緩和です。日本の対内直接投資残高対GDP比率は4%程度であり、他の先進国と比べても低い数値です。もっとも、日本は世界最大の対外純資産国である以上、今はデフレで資金需要がなく、カネ余り状態にあるので、そもそも対内直接投資を促進する必要などありません。にもかかわらず、この対内直接投資の少なさが市場の閉鎖性を示す証拠として喧伝され、資本市場の規制緩和が進められる可能性があるのです。

 世界金融危機を経験したばかりだというのに、国際的な資本移動を規制するのではなく、それを促進しようなどというのは、まったく性懲りもない愚かな所業です。しかし、TPPに参加した日本がそのような方向に進むのを心配するのは、あながち杞憂とも言い切れないのです。2011年1月、ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツら257人の経済学者が連名で、アメリカのクリントン国務長官やガイトナー財務長官らに宛てて、ある意見書を提出しました。それは、アメリカが投資・貿易協定進めている資本移動の自由化が、金融危機を防ぐための政府の権限を弱めるものであることに対して懸念を表明するものでした。

 TPPが、国際的な資本移動を過度に自由化してしまう可能性は、現実のものとしてあるのです。日本の「開国」宣言は、そのお先棒を担ぐものとなりかねません。

 要するに、「国を開く」というメッセージをアピールすることは、TPP交渉における日本の選択の幅を著しく狭めてしまうことになるのです。ゲームが始める前から、自分の立場を不利にするメッセージを発することは、外交戦略上、極めて愚かな行為と言わざるを得ません。


89. 2011年11月17日 04:02:02: Mn4CbAHpJg

 アジアは今後の成長センターであり、アジアの成長ををいかに取り込むかが、日本の成長戦略のカギである。政府、財界、そして多くの経済学者やコメンテーターたちが、このように論じてきました。

 この場合、成長するアジアとして重要なのは、何と言っても中国であり、ついでインド、あるいは韓国といった国々でしょう。しかし、TPPには、この3つの国のいずれも入っていません。

 試しに、現在、TPP交渉に参加している9カ国に日本を加え、これら10カ国のGDPのシェアを計算してみましょう。するとアメリカが約67%を占め、次いで日本が約24%、そしてオーストラリアが約4%、残り7カ国合わせても約4%にしかなりません。

 つまり、日米で約90%を占めるのです。アジアなど、ほとんど誤差に過ぎないような小さなシェアです。これでは、TPPによってアジアの成長を取り込むなどというのは、まったくの誇大妄想としか言いようがありません。

 要するに、日本が参加した場合のTPPとは、実質的な日米FTAなのです。「アジア太平洋」というのは名前だけだと言っても過言ではありません。

 しかも、TPP交渉参加国には、GDPに占める輸出額の割合が高く、国内市場の小さい国が非常に多いのです。外需依存度が日本より小さい国は、アメリカしかありません。シンガポールやマレーシアに至っては、GDPより輸出の規模の方が大きいほどです。

 つまり、TPP交渉参加国に日本を加えた10カ国の中で、日本が輸出できる市場は、実質的にアメリカだけなのです。そして、この10カ国の中のほとんどのアジア太平洋諸国の成長は、輸出に大きく依存しています。しかも、TPP交渉に参加しているアジア太平洋諸国にとって、この10カ国の中における有力な輸出先は、アメリカと日本なのです。

 TPPによって「日本がアジア太平洋の成長を取り込む」などというのは、悪い冗談です。実態は、その反対に、アジア太平洋諸国の方が、日本の市場を取り込みたいという話なのです。

 もし将来、中国と韓国がTPPに参加したら、日本はTPPに参加することでアジア太平洋の成長を取り込むことができるようになるのでしょうか。私は、この2国の参加の可能性はかなり低いと思います。

 まず中国から見てみましょう。中国はリーマン・ショックに端を発した世界不況以降、人民元を安く維持し、輸出を拡大することで成長しようとしてきました。このため、アメリカは、中国の為替操作を激しく非難し、人民元の切り上げを求めています。

 しかし、そうすると外需依存度の高い中国の景気に悪影響が及ぶので、中国はアメリカの要求を拒否しています。このいわゆる人民元問題は、米中両国間で大きな懸案となっています。

 つまり、中国は自国の輸出に有利になるように為替を操作している国なのです。ですから、FTA(自由貿易協定)以前の段階で、米中関係はつかえてしまっているのです。自国の利益を利己的に追及するために為替を操作している国が、高度に進んだ自由貿易のルールであるTPPに参加するとは、とても思えません。実際、内閣官房の資料を見ても、中国がFTAを締結している国は少なく、しかもASEANのうちの1カ国のタイと、ニュージーランド、チリ、ペルーといった小国ばかりなのです。

 では、韓国については、どうでしょう。韓国はアメリカとのFTAに合意しています。韓国は、複数国間による急進的な自由貿易協定であるTPPよりも、2国間で交渉するFTAの方が有利であると考えており、それゆえ、TPPではなく、米韓FTAを選択しているのです。ですから、韓国もTPPには参加しそうにないと考えてよいでしょう。もっとも、仮に韓国がTPPへの参加を決めたとしても、それは韓国が大きな戦略ミスをしたというにすぎず、日本が追従しなくてはならない理由にはなりませんが。

 中国と韓国がTPPに参加しそうにないということは、実は、政府もうすうす分かっているようです。それは、内閣官房の資料にある「経済産業省試算」を見ると分かります。この試算では、「日本がTPP、EUと中国とのEPAいずれも締結せず、韓国が米国・中国・EUとFTAを締結した場合」の経済損失を計算しています。

 しかし、これはいかにも不自然ではないでしょうか。経済産業省は、なぜ日本についてはTPP、韓国についてはFTAで計算しているのでしょうか。

 普通は、「日本がTPPを締結せず、韓国がTPPを締結した場合」、あるいは「日本がFTAを締結せず、韓国がFTAを締結した場合」というように、日韓で条件を揃えて、試算を行いそうなものです。けれども、そうはしていません。その理由は明らかです。政府も、韓国がFTAを選択し、TPPを選択しないであろうと見込んでいるということなのです。

 中国と韓国が参加しそうになく、日米でほとんどのシェアを占めるTPPにおいて、日本はどうやってアジア太平洋の成長を取り込むというのでしょうか。


90. 2011年11月17日 04:03:25: Mn4CbAHpJg

TPP交渉参加に関する論議が、世論のレベルでは「開国か、鎖国か」といった単純極まりない図式の中で進められていたのには、恐怖感すら感じました。

 まず、そもそも現在の日本は、鎖国などしていないのです。

 例えば全品目の平均関税率について見ると、日本は韓国はもちろんアメリカよりも低いのです。それどころか、農産物に限定しても、日本は韓国やEUより関税率が低い。もっとも、農産物の関税率の試算方法には複数あるので、一概には言えないようですが、それでも日本だけが世界の中で突出して高いと言うことはできません。

 それどころか、日本の食糧自給率(カロリー・ベース)は4割程度しかなく、小麦、大豆、トウモロコシはほとんど輸入に頼っているのですから、日本の農業市場は閉鎖的どころか、あけっぴろげに開かれてしまっています。むしろ、農業の関税が低すぎるという議論すらあってもおかしくないのです。

 そして、日本は言うまでもなくWTOに加盟しています。他国よりも多少遅れているとはいえ、EPA/FTAについてもペルーとの締結も果たし、その数は13の国と地域に達しました。これのどこが鎖国なのでしょうか。

日本・シンガポール新時代経済連携協定:2002年11月30日発効
日本・メキシコ経済連携協定:2005年4月1日発効
日本・マレーシア経済連携協定:2006年7月13日発効
日本・チリ経済連携協定:2007年9月3日発効
日本・タイ経済連携協定:2007年11月1日発効
日本・インドネシア経済連携協定:2008年7月1日発効
日本・ブルネイ経済連携協定:2008年7月31日発効
日本・ASEAN包括的経済連携協定:2008年12月1日より順次発効
日本・フィリピン経済連携協定:2008年12月11日発効
日本・スイス経済連携協定:2009年9月1日発効
日本・ベトナム経済連携協定:2009年10月1日発効
日本・インド経済連携協定:2011年8月1日発効
日本・ペルー経済連携協定:2011年5月締結、発効待ち

 しかも、TPPの交渉参加国と言えば、アメリカ以外は小国ばかりです。2011年7月現在、TPPにはシンガポール、ニュージーランド、ブルネイ、チリ、米国、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアの9カ国が交渉に参加しています。TPPにはヨーロッパはもちろん、中国も韓国も交渉に参加していません。

 世界第3位のGDP(国内総生産)をもつ経済大国であり、WTOに加盟し、13の国や地域とEPA/FTAを結んでいる日本が、どうしてTPPに参加しないと「世界の孤児」になるというのでしょうか。


91. 2011年11月17日 04:04:45: Mn4CbAHpJg

 グローバル化した世界においては、国際競争力には、「関税」よりも「通貨=為替」の影響のほうが大きいのです。

 最近、韓国企業の国際競争力は、確かに著しく強くなっており、日本企業が韓国企業の後塵を拝するようなケースが目立っています。これについては、「韓国はトップの決断力が早いが、日本の意思決定は遅い」だとか「韓国企業は選択と集中を進めているが、日本はそれができていない」だとか、さまざまな説明がなされています。

 しかし、韓国企業の国際競争力の原因は、そんなもっともらしい経営学の話を持ち出さなくても、「通貨=為替」で十分説明できます。というのも、2010年11月は、2006年と比較して46%も円高・ウォン安となっているからです。この4年間で、ウォンの価値は円の半分程度にまで下落しているのですから、これでは、日本に対する韓国の国際競争力が強くなるのは当たり前です。韓国と日本の国際競争は、関税の有無以前に、為替レートで勝負が決まっているのです。ですから、仮に日本が欧米の関税を韓国同様にゼロにしてもらったとしても、ウォンがもしさらに20%下落したら、その効果は相殺されてしまいます。

 逆に、日本に対する関税の引き下げがなくとも、20%の円安ウォン高となれば、関税の存在は問題がなくなります。しかも、為替レートは、理論上は、貿易黒字が増えると高くなります。韓国の輸出の好調が続き、貿易黒字をため込んでいけば、少なくとも理論上は、ウォンは高くなる方向へと圧力がかかるのです。

 もちろん、為替レートが一定という条件の下で試算すれば、関税における日韓の違いは、両国の競争力に影響を与えることになるでしょう。しかし、グローバル化した世界では、「関税」より「通貨=為替」の影響がはるかに大きいのです。例えば、仮にEU市場やアメリカ市場において、日韓で差別的な関税の取り扱いをされたとしても、ユーロ安やドル安は、日本企業をして現地生産比率を高める方向へと動かすので、関税の有無は、そもそも関係がなくなってしまうのです。そして、世界不況で各国が自国通貨安を望み、EUもアメリカも不況の深刻化・長期化で金融緩和が続くことを考えると、ユーロ安とドル安は、当分続くと見込まれます。

 もっと問題なのは、EUとアメリカの不況の深刻化・長期化です。すでにEUもアメリカも、高い失業率や需要の縮小に悩んでいます。このように深刻な不況の長期化が予想され、需要が縮小している先進国の市場に向けて、輸出を伸ばすことがどうしてできるのでしょうか。経済産業省は、韓国との競争の勝ち負けにばかり関心が向いていますが、日韓ともに、欧米市場で輸出を伸ばせないという可能性も十分にあるのです。

 このような厳しい世界市場の情勢の中で、それでも韓国が輸出を伸ばそうと努力しているのは、韓国がGDPの4割以上を輸出に依存する外需依存国だからです。外需依存度の高い国は、世界市場へのアクセスを維持・拡大するしか、生き残る道がないのです。

 これに対して、日本は、GDPに占める輸出の比率は2割にも満たないという内需大国であり、韓国とは事情が違います。逆に言えば、日本が韓国との競争に勝って輸出を多少伸ばしたとしても、全体の2割しかない輸出で、日本経済全体を引っ張るのは至難の業です。しかも、円高が続くと見込まれる状況下において、それを実現するには、およそ現実には考えられないほど強力な国際競争力を身に付けなければならないでしょう。

 仮に日本が、そのような恐るべき国際競争力を身に付け、輸出を拡大し、貿易黒字を増したとしても、変動相場制の下では、貿易黒字が増えると円の価値は上昇してしまいます。そして、円高は、せっかく苦労して強化した国際競争力をあっさり減殺していくのです。「お疲れ様でした」と言うほかありません。


92. 2011年11月17日 09:57:07: FRGkc6CjE8
Mn4CbAHpJg さん、

私は 細かい 経済学の事は解りませんが、所詮 ユダヤ有利に出来た経済の仕組みです。
国際法も ユダヤ有利に制定されています。 日本国憲法もです。

いくら足掻いても 一国では 米英・ロシアには勝てません。
在日朝鮮人が、恩を仇で返す民族であり 頭が悪い民族だとは バブル・バブル崩壊で 海外には知られている事です。
朝鮮人野田首相も 小沢一郎氏も 利用されて居る事に気が付いているはずです。

NHKも 半分 バブルに加担しながら バブル崩壊後には 公的資金3兆円を 朝鮮系銀行に横流しした犯罪を犯してます。 


在日朝鮮人の反日思想が 問題なのです。捏造をされた歴史を真に受けて 日本を征服しようとするから それを利用されているのに
気が付いても止めない 頭の悪さです。


龍雲

[削除理由]:アラシかも
93. 2011年11月17日 10:24:59: FRGkc6CjE8
Mn4CbAHpJg さん、

ユダヤなどの白人の支配階級達は ルシファー(魔神)信仰の いけにえ契約から来る思想の経済活動と戦争の歴史を繰り返して来ました。

経済活動で大儲けして 各国の国家予算を吸い上げ 不況にしたら 戦争を引起しているパターンだと 調べれば 誰でも気が付くはずです。

戦争の殺し合いを引起して いけにえを捧げると言う 悪魔崇拝で 富栄えてきました。
世紀末思想も その人類抹殺計画の最終戦争を引起すと 天変地異が起きて 人類は滅びてしまうと言う物でした。
Black Mondayが世界恐慌なら そうなっていました。

Back Mondayへの介入は成功しましたが 在日朝鮮人と 創価学会企業・日本IBMが私の妨害をして
私を潰しました。
結果、神戸大震災・311震災の様な天変地異も 創造主・正神側からの断続的な人口減らしも発生しています。
創造主・正神は 要らない人間を霊界に返して 魂の救済をしています。 

再び 世界大戦の危機が訪れています。

複雑に見えるのは 支配者階層が 隠蔽し情報操作をしているからです。
根底の思想や パターンは 至極単純なものです。

龍雲

[削除理由]:アラシかも
94. 2011年11月17日 10:32:51: P4JqbWfFGM
『<91〜Mn4CbAHpJg>様へ。貴兄の仰っていることは現実認識としては全き「正論」だと思います。が、そのままでいいんでしょうか?』

恐らく貴兄は、そんなことは百もご承知で論評なさっているのでしょう。その明晰な透徹力には敬意を表します。
でもね、為替でも株でも債券でもジャンク債でもなんでもいいが、その“経済論的本質”をこそ解析して欲し〜の!って我々ど素人は思うんですよ。
解りますか?紙幣も株券も債券もジャンク債も全て“印刷”或いは“数値化”された“虚構”に過ぎないって、私は考えてるんだけど…。
外国だろうが内国だろうが「相互価値交換流通経済」(誤解を恐れずに極論すれば“物々交換”)ってのは原始以来、人類の根本的な“営み”の本質なんじゃないの?

消費者ニーズだって、今や、単に「安けりゃ買う」ってもんでもないし「高けりゃありがたがる」ってもんでもない。毎日「カツどんを食え!」って言われたって、只でも割引でも、やなこったって思うじゃん。資本主義的成熟市場なんて、高々そんなもんだよ。堅調なのは、代替需要と買い替え需要だけ…でもそれでいいじゃん。各企業はもっと儲けたかったら、海外に進出すればいいじゃん。

勿論、「内需」にまつわる諸々の<ヘドロ官僚機構&ブラサガリ既得権益族>の無駄は眼に余る…ってことは国民的な合意なんだから、サッサト始末しろってことなんですよ。
その上で、諸外国とイコールパートナーシップを摸索すればいい。
要は、「打って出る」ためには「内を固めよ」ってことにつきる。、


95. 2011年11月17日 10:58:48: lGQ9x4NIUs
>>52. 2011年11月15日 22:54:24: JwDwgGy09c
> ははは、自分でも確認できないのかよ(笑)

確認は各自で行ってください。
ははは、小沢狂信者は自分で確認もできないのかよ(笑)

> 確認できないのに信じられる理由は何だい?

小澤一郎氏が憲法違反の「外国人参政権付与」を主張をし、
彼の美人秘書が韓国人反日運動家であることです。

>>70. 2011年11月16日 18:32:39: C3C6IqQMxo
やっぱり、小沢一郎は日本人とは違う。
小沢氏には、在日の政治家としての明確な哲学、
「韓国・朝鮮国民の生活が第一」がある。
彼の話からは、いつもそれが伝わってくる。
在日のリーダーとしての必須の条件である。
中身のない菅直人や野田佳彦と大同小異だが。

私たち日本人には未だにふさわしくない人物をリーダーに据えている。
何とかならないのだろうか。


96. 2011年11月17日 17:32:01: Y6RqHHMKBQ

鳥越峻太郎さん「サンデー毎日」は、

いい仕事をしている。

すばらしい。
小沢一郎のいまの心境がよく分かった。

このリンクは盛り上がっているわ。さすが!


97. 2011年11月17日 17:41:40: VRsHwPeoEc
なぜ民主党は小沢一郎氏を総理大臣にしないのか?簡単な疑問で有る!政権を握って自民公明が長きに渡り税金で甘い汁を吸って来た事。美味しい事ばかりして来た事。国民を無視して来た事しか見ていない糞議員が自らの欲望と権力支配しか考えていない官僚と手を結び日本の将来など全く考えず欲望だけに時間を使う税金泥棒&税金横領チームが日本を良くしようと思う国民の立場で考えた真の議員達を権力で封じ込めている腐敗検察や腐敗司法行政。反省も無い学習能力も無い、ただずる賢い面々達が邪魔をしているに過ぎない。幼稚な悪ガキ集団が多いだけ!マスゴミも進歩が無いからテレビ離れが無くならない。楽して儲ける手段を長きに渡り行って来た連中は必死なのだ!既得権益集団を作ったのは誰の責任なのか?政治家は基本から学ばなければ成らない!景気が良くなるまで政治はボランティアでするくらいの覚悟で国家は行ってもらいたい!カネが絡むからややこしい糞議員官僚が増える!初心に戻ればいいだけ!腐った心を捨てる事だね!石井こうき氏の様な議員が増えてくれれば政治家の質も良くなるだろう!この意味が分かれば小沢一郎氏の現在の状況が分かる気がする。国民に向く政治家は抹殺される意味が分かる!

98. 2011年11月18日 09:41:29: SYBnefOvOA

例によってただひたすらに「半島ワード」を口にするだけの中身カラッポレスで
敵前逃亡を繰り返す「卑怯クズ」が、また何か叫んでますね→ >>95



99. 2011年11月18日 12:45:12: 8SBxIwlRbw
16.28 lGQ9x4NIUs さんは、
言ってもいないことを、いいはる人であることが判明しましたね。
在特会系か同様の思想をもった人でしょう。

79さんの、TPPが格差を拡大するという主張は賛成ですが
小沢氏の自由貿易論とTPP論をごちゃごちゃにしていますね。
小沢氏は、TPPを考えるには二つの要素があるといっています。
自由貿易という基本的な経済原則の要素と米国特有の思惑です。
で、自由貿易ということはどなたも反対しないし、小沢氏も当然賛成ですし
79さんもそれは賛成でしょう。
しかし、TPPが米国の思惑があり、米国のシステムでみんなを統一しちゃおうという思惑、ということも79さんは承知ですよね。
だから、小沢氏はTPPには賛成しかねると言っているのです。
明快ですね。
79さんがTPPに実は賛成ならいざしらず、TPPに反対ならば
小沢氏と同じ方向性なのです。

そうした意味で
88. 2011年11月17日 03:59:53: Mn4CbAHpJg さんの
政府資料の国を開く論へのていねいな分析と反論は理論的で
わかりやすいです。
つまり自由貿易論と今回のTPPとは違うことを丁寧に根拠をあげて
実証しています。
TPPを賛成する理由というものを
きちんとこのように根拠をあげて反論していくこと、
世論を盛り上げていくこと、
直接、地元国会議員にはたらきかけていくことが、
TPP参加を阻止する今、最も大切なことと思います。


100. 2011年11月18日 21:38:36: NJP10ZWV2k
金の出所毎回変わってるぞ
どれが本当なんだ

101. 2011年11月22日 12:42:26: qOOi1dpJZU
>>86-91Mn4CbAHpJgさん、
TPPについての、大変わかりやすい解説、
ありがとうございました。
エマニュエル トッドは、現在のアメリカの凋落、
アラブ諸国での民主化運動を
かなり以前から予言した、
すばらしい学者だと思っています。

彼が唱える保護主義も説得力がいっぱいですね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK122掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧